おすすめ

泣きっ面に蜂

 

泣きっ面に蜂

 


(bee101.jpg)


(june001.gif)

デンマンさん。。。お呼びですか?


(kato3.gif)

おおおォ~。。。ジューンさん。。。さっきから待っていたのですよう。

でも、レンゲさんが来るのでしょう?

日本の師走は、誰でも忙しいのですよう。

レンゲさんも忙しいのですか?

もちろんですよう。。。さっきメールが届いて、今日はどうしても都合がつかないので誰かに代役してもらってくださいと言うメッセージがあったのですよう。

それで、わたしをお呼びになったのですか?

そうですよう。

わたしだって新年を前にして忙しいのですわ。

でも、ジューンさんはサンタ以外のことがやりたいと、言っていたでしょう?


(santa18.gif)

メリークリスマス!

元気でクリスマスを

迎えましたか?

わたしは今年も

サンタの役を

させられてしまいました。

デンマンさんが

どうしても、わたしに

サンタになって

欲しいと

言うのですわよう。

どうして?って

尋ねたら

じじいのサンタでは

面白くないと

言うのですわ。

うふふふふ。。。

確かに考えてみれば、

おじいさんの

サンタなんて

白けますわよねぇ~。

あなたも素晴らしい

新年をお迎えください。

では、小百合さんに

バトンタッチです。


『もう一度クリスマス』より
(2009年12月26日)

ジューンさんはサンタが嫌だと言うので今日は違うことを企画したのですよう。

その企画ってなんですか?

だから、タイトルに書いたでしょう。

「なきっつらにはち」ですか?

そうですよう。。。ジューンさんに意味が分かりますか?

デンマンさんは、わたしをからかっているのですか?

いや。。。僕はマジですよう。

じゃあ。。。わたしの日本語の能力を試すつもりなのですか?

いや。。。滅相(めっそう)もない。。。ジューンさんの日本語の能力が平均的な日本人よりも上だということを僕は良く知っているのですよう。

だったら、何もわたしをこの場に引き出すことはないではありませんか!

あのねぇ~、ジューンさんは2ちゃんねるでも有名なのですよう。

わたしがですか。。。?

そうでうよう。

【毒舌】バークレーのブログのヲチ

【自己増殖】

 

デンマン注: 2005年当時、僕は“バークレー”というハンドル名を使っていました。
バークレーと書くと、それだけで削除されるようになったので、デンマンを使うようになったのです。



(chiwawa5.gif)

65 :名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! :2005/06/24(金)
10:26:43 ID:+/2nZsCu

>>63

うは、相変わらずキモいコラwww
この金髪のお姉さんの顔、よっぷど好きなんかな。災難だな。


2ちゃんねる
『【毒舌】バークレーのブログのヲチ【自己増殖】』より

デンマンさんがわたしの顔写真をベタベタと、どこにでも貼り付けるからですわア。んも~♪~

とにかくねぇ、こうして2ちゃんねるでもジューンさんのことを知らない人が居ないほど有名になってしまったから、このクリスマスの時期にジューンさんを登場させないわけにはゆかないのですよう。うししししし。。。

マジで。。。?

半分冗談ですよう。。。ところで、ジューンさんにタイトルの諺の意味が分かりますか?

やっぱり、わたしの日本語の能力を試すのですわねぇ~?

もちろん、この程度のことはジューンさんは分かっていると思いますよう。

だったら、何も私に聞かなくてもいいではありませんか。

でも、せっかくジューンさんが出てきてくれたので挨拶代わりですよう。

分かりました。次のような意味ですわ。

泣きっ面に蜂


(bee101.jpg)

 

泣きっ面に蜂とは苦痛で泣いているところへ、更に蜂がやってきて苦痛を与えるということ。
苦痛・不幸・不運といった悪い状況の中、更に悪いことが起きるさまを表す言葉です。

例えばパソコンが故障し、高額な修理代がかかった上に仕事のデータを消してしまった責任でお給料を減らされたしまった。
このような時に「泣きっ面に蜂」と言います。

要するに、悪いことに、さらに悪いことが重なることを言います。

さすがですねぇ~

デンマンさん。。。このようなことで煽(おだ)てないでくださいなァ。

。。。で、英語ではどのように言うのですか?


(bee105.jpg)

A bee stings a face

already stained by tears.

なるほどねぇ。。。泣きっ面に蜂ですね。

次のように言うこともできます。

■Misfortunes never come singly.

■Hardships seldom come alone.

なるほどねぇ~。。。不幸だとか、困難な事は一度だけでは終わらずに、2度も3度もやってくるかもしれない、と言うことですね。

そうですわ。

日本語にも、良く似た諺が他にもありますよう。

どのような。。。?


(yowarime.jpg)

“弱り目に祟り目”

 

それならば、英語で次のように言えますわ。

■One misfortune rides upon another’s back.

■One calamity follows on the heels of another.

■When it rains, it pours.

■Bread always falls buttered-side down.


(betterdown.jpg)

 

さすがはジューンさんですね。

この程度のことならば、いつでもデンマンさんのために登場しますわ。。。でも、どうして「泣きっ面に蜂」を持ち出してきたのですか?

めれんげさんが「泣きっ面に蜂」を体験してしまったのですよう。

マジで。。。?

そうなのです。。。まず、めれんげさんは次のようにムカついたのですよう。

じいさん、永久に近づくな。


(angrygal.gif)

 

めれんげは自分の思うままに
詩を書きたいのだ
自由に心のままに。

ネガティブな詩だってある。
そこに喰らい付いてきて、
気持ちの悪い文章を書くじいさん。
アンタは本当に面倒くさい奴だ。

アクセス禁止にしたところで、
どうせipを偽装するんだろうな。

ハッキリ言う。
一度はアンタと和解したが、
そんなことはもう、決してありえない。
なぜかと言うと、
めれんげの気持ちをわかったつもりで、
見当違いのコメントを書いて
わたしのブログを汚すからだ。

何より許せないのは、
アンタの「言葉泥棒」だ。
都合のいいところだけ抜き出して、
さも、アンタと通じ合っているような
文章を垂れ流していることだ。

それに、何年も前の文章を
いつまで使い続けるつもりなんだ。
わたしはいつまでも
同じ所に立ち止まっているわけではない。
アンタが同じネタを使っていることで、
アンタの進歩のなさを露呈しているんだ。

気持ち悪い「愛のコラボ」ってなんだ?
それも結局は、アンタの脳内で
わたしの創作を侮辱しているってことだ。

アンタとわたしとではレベルが違う。
アンタは人の書いたものなしでは、
何も書けない貧困な人間だ。
クリエイティビティもないくせに、
「文学的素養」について語るな。
わたしが心の底から苦心して絞り出した言葉を
アンタはのうのうと使いまわして
さも自分が知識人であるように装っているだけだ。

そして、さもしいアンタは、
他人を馬鹿呼ばわりして、
自分のブログのネタとして使う。
オリジナリティもないアンタには、
自分で何かを創りだす能力なんて
ないからだろうな。

じいさん。
アンタは自分が思う以上に、
ネットの中で、飽きられているぞ。
アンタに構ってくれた人たちは、
もうアンタになんて目もくれていないだろう?
それはアンタの薄っぺらさを
みんなが気付いたからだ。

わたしはアンタにつきまとわれているから、
こんな文章を書かざるを得ない。

とにかく一言言いたいのは、
「死ぬまでわたしに関わるな。ネタにもするな」

ということだ。

 

by merange (めれんげ)

October 05, 2009 19:36


『極私的詩集 永久に近づくな』より

『相手にされない成りすまし馬鹿』に掲載
(2009年11月22日)

うふふふふゥ。。。で、めれんげさんがムカついた後に悪いことが重なったのですか?

そうなのですよう。

緊急報告!!

 


(angrygal.gif)

 

昨日、車にはねられました(泣)

頭を強打しちゃって、イタイイタイ!!

ちょっとしばらく、静養します・・・

 

by merange (めれんげ)

2009.12.16 Wednesday 13:09


『即興の詩 緊急報告』より

『華麗なる休息』に掲載
(2009年12月20日)

めれんげさんはマジで交通事故に遭ったのですか?

そうなのですよう。

。。。で、かなりの重態なのですか?

いや。。。命には別状無かったそうですよう。。。オツムにも異常はなかったそうです。(微笑)

良かったですわねぇ~。。。で、今日は、このためにわたしを引っ張り出してきたのですか?

いや。。。違いますよう。

まだ他に御用があるのですか?

あるのですよう。。。僕はクリスマスの朝、パソコンに向かってメールをチェックしようと思ったら AOL の画面に次のようなモノが表示されたのですよう。


(grinchy.jpg)

この上の画面のどこに興味をそそられたのですか?

Grinchy ですよう。

あらっ。。。デンマンさんはご存知なかったのですか?

知りませんよう。。。これまでに僕は一度も聞いたことがない。。。ジューンさんに尋ねるのは恥ずかしかったので調べてみたけれど、僕の三省堂『コンサイス英和辞典』にも出ていない。僕がいつも使っているポップアップ英英辞典(http://wordweb.info)にも出ていない。更に、これまた僕が良く使う『英辞郎 on the Web(http://www.alc.co.jp/)』にも出ていない。

ずいぶんと調べたのですわね?

これだけ調べればジューンさんに聞いても恥ずかしいことではないと思って呼び出したのですよう。

でも、デンマンさんのことですからネットで調べて突き止めたのでしょう?

一応調べて、それなりの回答を得たのですよう。

どのように出ていたのですか?

次のように書いてありました。

1. grinchy 【9 up, 6 down】

Mean, Sour, Ugly, Grimmy

Ayo son yo moms is fuckin grinchy as hell

by scott Mar 18, 2005


2. Grinchy 【4 up, 4 down】

to get down; to make a scene i.g. act a donkey; also an abbreviation for ‘Grincy Gaffix LLC’

“I’ma gettin’ GRINCHY with it! Na na naaa!”

“Tay and Kevz get GRINCHY on stage!”

“Grinchy Gaffix LLC is a top design firm in the United States.”

by The Grinch Machine Jul 30, 2008


3. Grinchy 【3 up, 5 down】

Ugly, Smelly, Skanky

Ayo son ur moms is a grincy ass whore

by scott Mar 19, 2005


4. grinchy 【6 up, 10 down】

that good superb chronic usually very green and smells as good.

yeah i got that grinchy in this weekend u wanna sacc?

by cze Jul 19, 2005


“Urban Dictionary”より

これは専門家ではなく、僕やジューンさんのような素人が定義を書き込んだものなのですよう。それに対して、素人が良い(up)とか悪い(down)とかを判定しているのです。

つまり、一番評判の良い定義が1番ですか?

そうなのですよう。良い(up)が9で、悪い(down)が6つです。つまり、この4つの定義のうちでは良いと判断した人が悪いと判断した人よりも多いのですよう。

要するに、grinchy の意味は Mean(意地悪な、不親切な、みすぼらしい), Sour(すっぱい、不機嫌な、不愉快な), Ugly(醜い), Grimy(汚れた、きたない) だと言うのですね。 grimmy は grimy と書きたかったのだと思いますわ。

やっぱりね。。。

それで、何が問題なのですか?

イマイチ、僕にはピンとこないのですよう。

どうして。。。?

This will help

Adorable animals to melt your heart

These fireballs are ridiculously cute.

Grinchy に続いて、上のように書いてあるでしょう。Grinchy はネガティブな意味ですよう。でも、adorable とか cute は“可愛い”と言う意味ですよう。

つまり、 grinchy の意味と “可愛い”と言う意味がしっくりしないと、デンマンさんは言いたいのですか?

まあ。。。そう言う事ですよう。

。。。で、記事には、どのようなことが書いてあったのですか?

Warning:

Absurdly Cute Holiday Animals Ahead

Fun & Entertainment

Dec 25 2009

By AOL Staff


(catanta2.jpg)

Cute animals have been a web favourite for a while now,
but 2009 was a particularly good year for fluff of the fluffy variety.

This year there was so much cute that we started classifying it.
Whole new genres of cute popped up,
from Cute Things Falling Asleep to Cute Things in Casts.

Still, we prefer a simpler version,
something that harkens back to more innocent times.

So here is our stocking stuffer to you:
Dozens of images of the cutest holiday kittens,
puppies, koalas, pandas, bunnies and more that you can imagine. Enjoy!

要するに、可愛いペットの写真がたくさん貼り付けてあるギャラリーの説明なのですよう。 このような可愛い動物たちを見ているうちに、ムカついた気持ちも忘れて、メロメロになってしまうと言っているのですよね。

そうでしょうね。

ジューンさんは、マジで知ってたァ~?

もちろん知ってましたわ。。。grouchy(機嫌が悪い、不平ばかり言う)と言う単語がありますわ。だから、すぐに grinchy の意味が分かりましたわ。

なるほどねぇ~

【ジューンの独り言】


(bare04e.gif)

ですってぇ~。。。
grinchy の意味を知らなくても grouchy を知っていれば、画面を見ただけで、すぐに意味が分かりますわ。
連想ですよね。

可愛い動物たちを見れば、不機嫌なあなたの気持ちもルンルン気分になりますよ。
そのように言っているのですよね。
言われてみれば、それ以外に意味の採りようがないと、あなたにも分かるでしょう?

とにかく、デンマンさんは、このクリスマスシーズンも休まずに
もちろん、お正月も休まずに記事を書くそうです。

そう言う訳ですので、あなたも、寝正月と決め込んで、何も他にすることが無かったら、読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。


(byebye.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger49.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』


(30seal.gif)

■ 『漢字馬鹿の再来 (2009年2月13日)』

■ 『漢字馬鹿の悦楽 (2009年2月15日)』

■ 『漢字馬鹿の自己矛盾 (2009年2月17日)』

■ 『あなた、おかえり (2009年2月19日)』

■ 『脳内漢字馬鹿 (2009年2月21日)』

■ 『他人の不幸は蜜の味 (2009年2月23日)』

■ 『漢字馬鹿の恋 (2009年2月25日)』

■ 『馬鹿のモデル (2009年2月27日)』


(angel03.gif)

『プッタネスカ(2009年10月18日)』

『国敗れて山河あり(2009年10月22日)』

『鰻重と阿波踊り(2009年10月26日)』

『人のための医療(2009年10月30日)』

『病める日本(2009年11月5日)』

『住めば都(2009年11月15日)』

『猫ちゃんの出迎え(2009年11月17日)』

『名物先生(2009年11月19日)』

『ぶんぶく茶釜(2009年11月21日)』


(june09b.jpg)

こんにちはジューンです。

わたしはデンマンさんとご一緒に

Pacific Cinematheque で

『主婦マリーがしたこと』を観ました。


(huppert2.jpg)

この写真の女性がヒロインを演じた

イザベル・ユペール(Isabelle Huppert)です。

フランスを代表する演技派女優の一人です。

英語では“Story of Women”という

タイトルでした。

編み棒を使って、まったくの素人の女性が

堕胎手術をするのです。

この話は実話で

女性の実名は

Marie-Louise Giraud です。

1943年7月30日に

実際にギロチンにかけられて処刑されたのです。

27人の女性に堕胎手術を施したそうです。

映画の中でも、手術に失敗して

出血多量で大変な場面も出てきます。

アメリカでも、つい最近まで

堕胎はできなかったので

堕胎天国の日本へ子供をおろしに行った

映画女優が居ました。

そういう噂がカナダまで流れてきたものです。

ギロチンにかけられて処刑されるシーンは

映画には出てきませんでしたけれど、

驚いたことに1981年9月までギロチンが

フランスでは死刑に使われていたのですって。

ちょっとビックリですよね。


(june06.jpg)

ところで、デンマンさんがレンゲさんの記事を集めて

一つにまとめました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

■ 『最近のレンゲ物語 特集』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。


(biki14c.jpg)


(kissx.gif)

三島由紀夫の謎

 

三島由紀夫の謎

 


(mishima79.jpg)


(question.gif)


(sylvie702.jpg)


(sylviex.jpg)

ケイトー。。。、どうして急に三島由紀夫の謎を持ち出してきたわけぇ~?


(kato3.gif)

実は、バンクーバー市立図書館で借りていた本を読んだら次の箇所に出くわしたのですよ。。。

 


(mishima3.jpg)

 

近代日本が生み出した最高の知性が、なぜこれ以上ないほど「愚か」な最期を選んだのか?

そして、「究極の小説」を目指して執筆した最後の長編『豊驍の海』のラストは、なぜ支離滅裂ともいうべきものになったのか?

1970年11月25日、三島は市ヶ谷駐屯地に向かう前に、編集者へ『豊驍の海』の最後の原稿を渡すよう準備を整えている。

つまりこのふたつの謎には何らかの繋がりがあると考えるべきなのだ。

だが、これまで誰もそれを「合理的」に説明できていない。

あの日、作家の内部でいったい何が起きていたのか?

 

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


『三島由紀夫 ふたつの謎』
著者: 大澤 真幸
2018年11月16日 発行
発行所: 株式会社 集英社

。。。で、上の箇所を読んで、ケイトーは何が気になったわけぇ~?

あのねぇ~、この本の著者は「このふたつの謎には何らかの繋がりがあると考えるべきなのだ。 だが、これまで誰もそれを「合理的」に説明できていない」と断定しているけれど、これまで誰も説明していないのは、ほとんどの人が、その関連を重要だとは思ってなかったからですよ。。。

つまり、ケイトーも、その関連は重要じゃないと思っているわけぇ~?

そうです。。。 だいたい、作家と作品というのは、別物ですよ。。。 一つの作品の中に、作家の人生観や価値観がすべて込められていると考えるのは、妄想か幻想ですよ。。。 司馬遼太郎さんが次のように言ってました。。。

 


(shiba3.gif)

“作品は作者だけのものと違うんやでぇ~。。。

作者が50%で読者が50%。。。

そうして出来上がるモンが作品なんやでぇ~”

 

でも、作品の中には、作者の人生観、世界観や価値観が多少なりとも含まれているのじゃないのォ~?

いわゆる「私小説」と呼ばれるジャンルの作品には、シルヴィーが言うように確かに作者の人生観、世界観や価値観が含まれる可能性があるのは納得できますよ。。。 でもねぇ~、例えば、司馬さんが書いたような歴史小説の中では、作者の人生観、世界観や価値観が歴史的人物(主人公)と同じだったら、読者は納得しませんよ。。。

それも、そうねぇ~。。。

だから、原則として作者と作品は別物なのですよ。。。 だから、作品を精査して謎を解くなんて、無理な話です。。。 作品を理解するのに、50%の読者の主観や人生観、経験、感性、教養などが入り込むのだから。。。

上の本の著者は「『豊饒の海』のラストはあれでいいのか?」と問題を提起しているけれど、ケイトーは どう思うのォ~?

あのねぇ~、作者がそのようにラストシーンを書いたのだから、それでいいに決まってるでしょう! 不満ならば、読まなければいいし、読んで作者と意見が違ってムカついたら、その後、その作者の本を買わなければいいのだから。。。

著者は「なぜ切腹したか?」とも 問題を提起しているわねぇ~。。。

三島は切腹したかったから切腹したのですよ。。。 なぜなのか? そんなこと、本人に訊く以外に、誰もはっきりと理由は分からないですよゥ。。。 ただ、はっきり言える事は、どのような理由であれ、三島由紀夫は切腹したかったのですよ。。。 だから事実、三島由紀夫は切腹して自死を遂げたのです。。。

でも、それじゃあ、身も蓋もないじゃない。。。 上の本の著者は、そこを考えましょうということで、本を書いたのだから。。。

あのねぇ~、僕は上の本が図書館にあったから、読んだわけで、本屋でタイトルを見たら、ちょっとだけ立ち読みして買ってまで読みませんよ。。。

どうして。。。?

だってぇ~、死人に口なしですよ。。。 『豊饒の海』は書評を読んで、興味がわかなかったから読んでないし、それに、切腹なんて、時代錯誤も甚(はなは)だしいですよ。。。 僕は、その報道を初めて聞いた時 「馬鹿な事をしでかした!」としか思えなかったですよ。。。

そう言えば、そのことで、かつてケイトーと話したわよねぇ~。。。

 

慈椰 春香(じや はるか)さんは昭和45年当時、日本航空のスチュワーデスをしていたわけぇ~?

そういうことです。。。

 


(attend01b.jpg)


(attend04b.jpg)

 

あらっ。。。 マジでスチュワーデスの制服を着ているわねぇ~。。。

あのねぇ~、春香さんが小学生の頃に『大空に乾杯』という映画を観たのですよ。。。

 


(attend08.jpg)

 

つまり、この映画を観て春香さんは日本航空のスチュワーデスになろうと決めたわけなのォ~?

そうなのです。。。 その当時、日本ではスチュワーデスというのは少女の憧れの職業だったのですよ。。。

最近のカナダとはずいぶんと違うのねぇ~。。。 私は小学校の教師をしていたのだけれど、生徒の数が減ったのでレイオフになったのねぇ~。。。 つまり、人員カットで生徒が増えるまでの間、自宅待機というわけよ。。。 でも、食べるために何かしなければならないので、私は外国語をけっこう話せるから 手っ取り早くエア・カナダのキャビン・アテンダントになったのよ。。。

 


(attend02b.jpg)


(attend03b.jpg)


(attend06b.jpg)

 

シルヴィーがエア・カナダのキャビン・アテンダントをしていたという事は話には聞いていたけれど、こうして写真を見ると、“孫にも衣装”でシルヴィーはまるで人気女優のようにサマになってるねぇ~。。。

煽(おだ)てても何もでないわよ。。。 ケイトーは知っていると思うけど、カナダではキャビン・アテンダントというのは、少女があこがれるような職業じゃないのよ。。。

どうして。。。?

仕事がきつい割りに お給料がよくないからよ。。。

それで、シルヴィーは少し勤めて止めてしまったわけぇ~?

そうなのよ。。。 生徒が増えてきたので、教師に再雇用されたわけなの。。。 で、春香さんは、どういうわけで『ジャルパックと国際化』を読んだわけなのォ~?

検索結果に次の写真を見たからですよ。。。

 


(always2.jpg)

 

春香さんが生まれて 物心ついた頃の時代ですよ。。。 それが、この『ALWAYS 三丁目の夕日』という映画なのですよ。。。

つまり、「1970年昭和45年日本航空スチュワーデス画像」と入れてGOOGLEで画像検索して、「もしかして自分の写真が出てるかなァ~。。。」と思って検索結果を見ていたら、懐かしい『ALWAYS 三丁目の夕日』という映画のポスターが出てきたので、その写真をクリックしてケイトーのブログにやって来たというわけなのねぇ~。。。

ネットをサーフィンしていると、つい興味深い写真とかイラストに目が移って わき道へそれてしまうということがシルヴィーにもあるでしょう!?

言われてみれば、確かにそういうことってあるわよねぇ~。。。

昭和45年(1970年)には、いろいろな出来事があったのですよ。。。

たとえば。。。?

三島由紀夫が1970年11月25日に割腹自殺しているのですよ。

 


(mishima79.jpg)

 

つまり、この三島事件は多くの日本人にショックを与えたわけぇ~?

日本人だけじゃないでしょう! 今時、「ハラキリ」をするなんて海外では“野蛮”だとか“時代錯誤”だとか。。。、そう思ってショックを受けた人も大勢いたのですよ。。。 シルヴィーはどう思ったのォ~?

やっぱり、日本人は太平洋戦争の時代の“カミカゼ”の伝統がなんとなく受け継がれているのかなァ~、と思ったわねぇ~。。。

あのねぇ~、戦後生まれの僕らの世代では、「ハラキリ」をする人など まず居ませんよう。。。 そんなのは日本の伝統などではない!

要するに、三島由紀夫は例外だと言いたいわけぇ~?

そうですよ。。。 一般の日本人とはかけ離れていましたよう。。。 当時の日本人は、あの悲惨な戦争の事を忘れたように万博で浮かれていたのですからねぇ~。。。

 


(expo70a.jpg)

 

つまり、大阪で万国博覧会が開かれたことがきっかけで、古い日本からケイトーは世界に飛び出して行ったわけなのねぇ~。。。

そういうことです。。。 僕にとって、三島由紀夫は最後の古い日本人なのですよ。。。

つまり、慈椰 春香(じや はるか)さんも、ケイトーと同じように古い日本から飛び出した新しい日本人なのねぇ~。。。?

僕は、そう思います。。。


『日航スチュワーデス』より
(2017年7月8日)

 

つまり、三島由紀夫にとって、1970年代の日本は極めて住みにくかったわけなのねぇ~。。。?

そういうことですよ。。。 彼の理想とする世界は大義に生きて大義に死ぬことだった。。。。 上のクリップのNHKのインタビューで、そう語ってますよ。。。 しかも、その自分の想い描いた世界を『憂国』というタイトルで映画をつくった。。。 その映画の中で三島自身が主人公になって切腹もしている!

要するに、自分が思い描いた世界と現実があまりにも乖離していたので、そのまま生きることは「大義に反している!」それで、自分の理想の世界の大義のために切腹して果てた! ケイトーは、そう信じているわけぇ~?

上の2つのクリップを見たら、そうとしか考えられないでしょう!

要するに、1970年代の経済大国になろうとしている日本に絶望して、死に場所を求めていたということォ~?

そうです。。。 そして、切腹する場所を陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地と決めたわけですよ。。。

でも、近代日本が生み出した最高の知性が、なぜこれ以上ないほど「愚か」な最期を選んだのかしら?

あのねぇ~、確かに、素晴らしい作品も書いているけれど、さっきも言ったように作品と作者は、別物ですよ。。。 作者が亡くなっても作品は生きてゆくのだから。。。 僕も『金閣寺』は読んだけれど、実際の事件にインスピレーションを得て、素晴らしい作品に仕上げていると思いましたよ。。。 でもねぇ、三島由紀夫本人に対しては失望しました。。。 結局、時代錯誤に殉じて自殺した、その程度の知性しか持っていなかった。。。 哀れな人間だと、僕は個人的には考えていますよ。。。

厳しいのねぇ~。。。

“終わり良ければすべて良し!” という格言があるけれど、三島由紀夫の場合は、自分では最後に大義のために死んだつもりでも、少なくとも僕の目には、時代錯誤もはなはだしい切腹までして世の中を騒がし、人生の最後で汚点を付けまくったダメ人間という印象でした。。。 哀れとしか言いようがない! たぶん、多くの平凡な日本人は、当時 そう思ったと思いますよ。。。


(laugh16.gif)

【ジューンの独り言】


(bare02b.gif)

ですってぇ~。。。

あなたも、今でも三島由紀夫は近代日本が生み出した最高の知性だと思っていますかァ~?

ええっ。。。 「そんなことは、どうでもいいから、他に、もっと楽しいことを話せ!」

あなたは、そのように強い口調で私に命令するのですか?

分かりましたわ。

シルヴィーさんが出てくる面白い記事は たくさんあります。。。

次の記事の中から面白そうなものを選んで読んでください。


(sylvie500.jpg)


『角さんと原発と天罰(2013年1月5日)』

『真紀子落選(2013年1月14日)』

『野火(2013年1月18日)』

『タイタニックと国際化(2013年2月1日)』

『宮澤理恵@Macao(2013年2月28日)』


(sunwind2.gif)

『チョコレートと軍産複合体』

『チョコレートと甘い権力』

『CIAの黒い糸』

『美しい日本語再び』

『宮沢りえブーム?』

『また、宮沢りえ?』

『浅間山噴火とフランス革命』

『なぜアクセスが急増したの?』

『気になる検索ワード』

『なぜ塩野七生批判』

『その検査、ムカつく!』

『宮沢りえと床上手な女』


(mh370a.jpg)

『MH370ミステリー』

『なぜ死刑廃止?』

『真犯人はそこにいる』

『MH370ミステリー裏話』

『お裁きを信じますから』

『ジャルパックと国際化』

『古代ローマのセックス』

『CIAとノーパン』

『エロいローマ再び』

『エロいけれどためになる話』

『えろあくにめ温泉』


(jump009.jpg)

『エロいけれどためになる』

『地球上のネット普及率』

『原発はダメだったのに』

『スカートをはいた兵隊』

『行田シンドローム』

『幻の暴走機関車』

『CIA@NOパンツ』

『やっぱり、セックス』

『セックス風呂具村』

『CIAの黒い手再び』


(banana82e.jpg)

『アダムとイブは何を食べたの』

『舞踏会 明子』

『波乱の人生』

『国際化だよね』

『イングナさんを探して』

『美しい日本語 チェーホフ』

『横の道@ニコライ堂』

『また塩野七生批判』

『日航スチュワーデス』


(cleopara2.jpg)

『クレオパトラ@塩野批判』

『テルモピュライの戦い』

『思い出の蓮』

『角さんと天罰』

『ラーメン@リガ』

『角さんと天罰がなぜ?』

『南京事件と反知性主義』

『あけびさんの卒論』

『愛は降る星の彼方に』

『サイバー戦争』

『エロくて、ごめんね』

『モバイル社会とガラケー』

『元老のアメリカ』

『ケネディ家の呪い』

『欧米を敵に回す』

『ソフィアからこんにちわ』

『ドイツが原爆をロンドンに』

『いまだに謎』

『さらば大前研一』


(superm3.jpg)

『空飛ぶスパイ』

『愛情はふる星@ベトナム』

『ヒラリーと塩野七生』

『ケネディ夫人@インドネシア』

『究極の大前研一批判本』

『フェルメールの謎』

『女に文句を言う女』

『あなたの祖国』

『宮沢りえ@韓国』

『正しい戦争』

『ゴールデンシャワー』

『死刑廃止』

『かまびすしい』

『今、新たな戦前』

『クレオパトラ@アラビア』

『政府は嘘をつく』

『犬と人間と戦争』

『未来予測』

『知られざる悲劇』

『量子活動家』

『アンネの運命』

『10次元の世界』

『ポーランドの犬』

『熟女ヌード@デンマン』

『ロッキード事件の真相』

『政府と役人と嘘』

『ジュンガル』

『地球温暖化は避けられない』

『国際平和連合』

『鬼島』

『悪徳サイト』

『あげつらう』

『過ちを犯す』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。 バーィ。


(hand.gif)


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)

『卑弥子の源氏物語』

『平成の紫式部』

■ めれんげさんの『即興の詩』

■ めれんげさんの『極私的詩集』

Jagel - Soft Japanese Bagel
(bagel702.jpg)

■ “JAGEL – Soft Japanese Bagel”


(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(beach02.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(rengfire.jpg)


(byebye.gif)

きみ慕う心

 

きみ慕う心

 


(ojogaku3.jpg)





(net010.jpg+renge62c.gif+bikini83.gif)


(merange12.jpg)

デンマンさん。。。 あんさんはきみ慕う心を持ちはったん?


(kato3.gif)

。。。ん? わてがめれちゃんを慕(しと)うていると思うとるんかァ~?

そやかて、タイトルを見たら そう思うのが素直な受け止め方やん。。。

実は、きみ慕う心を持つようになったのは、わてやのうてぇ めれちゃんやがなァ~?

ホンマかいなァ~。。。

めれちゃんは、忘れてしもうたのかァ~? 

そないなことを わたしは短歌や詩に書きましたのやろかァ~?

忘れてしもうたようやなァ~。。。 ちょっと次のリストを見て欲しいねん。。。

 


(liv00121a3.gif)


『拡大する』

『愛の現実@ネット』

 

これはライブドアの わての「徒然ブログ」の日本時間で1月20日の午後11時6分から 翌日21日の午前5時50分までの生ログやねん。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目して欲しい。。。

あらっ。。。 1月21日の午前4時16分に ライブドアの わたしの「即興の詩」サイトから あんさんの「徒然ブログ」の『愛の現実@ネット』を読みはったネット市民がおったのやねぇ~。。。

そういうことやァ~。。。 実は、大阪市に住んでおる喜美田阿佐美 (きみた あさみ)さんが読みはってん。。。

 


(kgal15.jpg)

 

きれいな人やんかァ~。。。 あんさんは、またIPアドレスを調べはって、阿佐美さんが記事を開いたと突き止めはったん?

そういうことやァ。。。

 


(ip33132b.gif)

 

ところで、あんさんのブログにアクセスする女性は、どういうわけで美人ぞろいやのォ~?

めれちゃんを始め、ジューンさん、美由紀ちゃん、小百合さん、真由美ちゃんと美人がたくさん登場するさかいに、きれいな女性が安心してアクセスすることができるねん。。。

そないなことをネット市民の皆様が信じるかいなァ~。。。で、阿佐美さんは、大阪市で何してはるのォ~?

大阪女学院大学で国際・英語学部に籍を置いて学生生活をエンジョイしてるねん。。。

。。。で、どないな勉強をしてはるのォ~?

国際コミュニケーションコースを専攻して、将来は留学して、さらにその道を極めようとしておるねん。。。

 


(ojogaku2.jpg)

 

。。。で、阿佐美さんは、わたしの『即興の詩』サイトの どのページを開きやはったん?

それは赤いアンダーラインを引いたリファラをクリックすると判るねん。。。

 


(liv00121a4.gif)

 

上の リファラ をクリックすると次のページが出てきよる。。。

 


(mer40512h.png)


『拡大する』

『実際のページ』

 

あらっ。。。 『きみ追う心』のページやん。。。

そうやァ。。。 そやから言ったやないかいなァ~。。。 めれちゃんはかつてきみ慕う心を持っていたのやでぇ~。。。

字が違いますやん。。。

『きみ追う心』きみ慕う心 も同じようなものやんかァ~。。。

 

きみ追う心

 


(renge102.jpg)

 

 

雲流れ

いずこともなく

さまようは

この身はなれて

きみ追う心

 

by めれんげ

 


(renge37.gif)


『即興の詩 きみ追う心』より
(2014年5月12日)

。。。で、阿佐美さんは、上の短歌を読みはったあとで、トラックバックの9番をクリックして 『愛の現実@ネット』 を読みはったん?

そういうことやがなァ~。。。

。。。で、どないなわけで 『愛の現実@ネット』 を読もうと思いはったん?

それは、ページの下の方にあるコメントを見たのやがなァ~。。。 そこに わてと めれちゃんの短歌のやり取りを読みはってぇ~、さらに愛の短歌のやり取りが読めるのやないかいなァ~? そう思うたからやん。。。

 

 

2. Posted by Denman

2014年05月23日 06:44

 

今日は『かわいい@ネット』を書きましたでぇ~。。。

古い記事を引用したので めれちゃんも

懐かしくなると思うでぇ~。。。

そやけど、“あんさん! めっちゃ古い記事を持ち出さんといてぇ~なァ!

わたしは、古い皮を脱皮して新しい女に生まれかわっとるねんでぇ~。。。”と言う

めれちゃんの声が聞こえてくるようやなァ~。。。

きゃははははは。。。

では、めれちゃんの短歌に対する返歌を。。。

 

 


(valent6.gif)

 

さまよえる

身からはなれた

恋ごころ

永久(とわ)の絆(きずな)と

われ見つけたり

 

 

。。。つうような返歌ですけど

お気にめさんでやんすかァ~?

(苦笑)


 

3. Posted by めれんげ

2014年06月05日 11:33

 

デンマンさん、コメントありがとうございます!

では、返歌の返歌を。

 

 

 

永久にある

絆と思い

この身抱き

離れずにきみ

朝も忘れて

 

 

 

即興の詩でしたー

(´・(ェ)・`)

 

そいで、阿佐美さんは期待したような短歌を見つけやはったん?

残念ながら『愛の現実@ネット』の中には期待していたような短歌はあらへんかった。。。 そやけど、諦めきれずに次のように検索して めれちゃんの愛の短歌を探したのやがなァ~。。。

 


(gog00124d.gif)


『拡大する』

『愛と心の構造探して』

『現時点での検索結果』

 

徒然ブログ 愛の短歌 ”恋を忘れて” を入れて検索しやはったのねぇ~。。。

そういうことやァ~。。。

そおやけど、どないなわけで“恋を忘れて”をキーワードとして付け加えはったん?

阿佐美さんは、次の短歌を覚えてはってん。。。

 

恋を忘れて


(gal02.gif)

 

秋は来ぬ

夏のめまいは

時を知り

わが身むなしく

恋を忘れて

 

by めれんげ

2008.09.20 Saturday 16:30


『愛と心の構造探して』より
(2017年6月27日)

そいで、他の短歌も見つけやはったん?

阿佐美さんは、すぐ上のめれちゃんの短歌に引き続いて わてが詠んだ短歌も読みはってん。。。

 


(miroku3.jpg)

 

夏は過ぎ

恋を忘れた

きみなれど

命とうとし

愛あればこそ

 


(redleaf7.jpg)

 

秋が来て

きみを想えば

懐かしや

紅(くれない)萌ゆる

もみじ葉を見つ

 

いつまでも

 

きみを思いて

 

書き綴る

 

愛のブログは

 

星のごとくに

(star4.gif)

時は過ぎ

夏のめまいも

去りにけり

秋はふけゆく

きみを思いて

(sunset85.jpg)


(pikachu12.gif)

 

なせばなる

なさねばならぬ

なにごとも

命はかなく

短きゆえに

めれちゃんが気持ちを入れ替えて

新しいケータイに向かって

打ち込んだ短歌にインスパイアされ、

ボクちゃんは、うれしくなって

思い浮かぶままにカキまくってみましたよう。

秋ですねぇ~

天高く馬肥(こ)ゆる秋!

焼き芋がうまくなるときですよねぇ~


(ass350.gif)

めれちゃんも

焼き芋をたくさん食べて、

オナラで短歌を詠んでみてねぇ~

\(^_^)/キャハハハ。。。

関東人のくちゃ~いギャグでしたぁ~

うちちちち。。。。

by デンマン

2008/09/21 2:42 AM


『愛と心の構造探して』より
(2017年6月27日)

。。。で、こないな けったいな短歌を読みはって 阿佐美さんは満足しやはったん?

満ち足りた気分になりはったのやがなァ~?

ホンマかいなァ~。。。 信じられへん。。。

昔の人は “信じる者は救われる!” と言わはったのやでぇ~。。。 そやから、めれちゃんも わての言うことを信じて救われたらええやん。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。

あなたも、めれんげさんとデンマンさんの短歌を楽しむことができましたかァ~?

ええっ。。。? 「そんな事はどうでもいいから、もっと面白い話をしろ!」

あなたは、そのように あたくしに命令なさるのでござ~♪~ますか?

分かりましたわァ。。。 では、ちょっと次の検索結果を見てくださいまし。。。

 


(gog60409a.png)

『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

「卑弥子 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわよう。

うふふふふふふ。。。

あなたも、ビックリするでしょう?

ジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわァ。

 


(buttdimp5.jpg)

 

どうでござ~ますかァ?

ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?

どうしてよう?

ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ~ますかァ~?

あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、

最後には上のようなおヌードになるのですわよう。

信じてくださいましなァ~。。。

 

ところで、話は変わりますけれど、

かつて、レンゲさんの親友の めれんげさんは 一生懸命にブログを更新していたのでした。

でも、時には、他のことに夢中になって、会費を滞納したことがあったのでござ~ますわァ。。。

そのために、サイトを削除されてしまったのです。

それでも、2013年の6月にライブドアで『即興の詩』サイトを再開しました。

めれんげさんの『即興の詩』サイト

再開して間もないのに 検索結果 3,960,000件中の 9位に躍り出るなんてすごいですよねぇ~。。。


(gog30703.gif)

『現時点での検索結果』

現在、めれんげさんは お休みしています。

でも、これからも、ブログを通して「愛のコラボ」を続けて欲しいですよねぇ~。。。

かつて めれんげさんの「即興の詩をはじめました!」の『極私的詩集』サイトは 次の検索結果で見るようにトップを占めていたのです。


(gog30928a.png)

また、ブログを更新して トップに返り咲いて欲しいものです。

ところで あなたは「どうしたら、上位に掲載されるのォ~?」と考えているかもしれません。

その秘訣を知りたかったらデンマンさんが面白い記事を書いていますわ。

次のリンクをクリックして読んでみてください。


(seo001.png)

『おばさんの下着に見るSEO』

話は変わりますけれど、めれんげさんは可愛い猫を飼っています。

あなたも、猫ちゃんを飼っていますか?

ええっ。。。 ワンワンちゃんを飼っているのですか?

そういえばデンマンさんが『ワンワンちゃん』という面白い記事を書いていました。

気が向いたら下のリンクをクリックして読んでみてください。


(dog202.jpg)

『ワンワンちゃん』

とにかく、次回も興味深い話題が続きます。

あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。

では、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事


(linger49.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(babdol6.jpg)

『死に誘われて』

『愛と心の構造なのね』

『愛の心が広まる』

『いとしき言霊』

『カミュを読みたい』

『日本の神話』

『素敵な人』

『吉祥天に恋をして』

『ウィルスアタックだ!』


(kimo911.jpg)

『めれちゃん、ありがとう!』

『萌える愛長歌』

『思い出のハロウィン』

『萌える愛』

『愛の死刑囚@バルセロナ』

『愛の地獄なのね』

『淫らな恋なのね』

『愛の構造』

『純毛のズロース』

『坊っちゃんとチンドン屋』

『あふれ出すしずく』


(renge37w.jpg)

『愛と性@破綻』

『淫らな恋』

『人間失格@マレーシア』

『身を焼く恋心』

『愛と性の悦び@東京』

『堺まち歩き』

『イギリス領インド洋地域』

『思い出の夕顔@ジャカルタ』

『大宮五郎と野口五郎』

『千代に再会@即興の詩』

『月岡芳年を探して』

『断絶夫婦』

『きみ追う心』


(sayuri201.jpg)

『ニンフォマニア』

『一人で酒を飲む女』

『ブチギレたの?』

『ノルウェイ@即興の詩』

『きくた まなみ』

『永遠の愛』

『平安の愛と性』

『猫に誘われて』

『わが青春に悔なし』

『日本で一番長い五月』


(rengfire.jpg)

『出会えてよかった』

『月さえも』

『知られざる蚤』

『死刑囚の気持ち』

『私を見つけてね』

『未来は愛と共に』

『愛と心の旅路』

『片思いで絶望』

『休息と幸福』

『今でもあなたを』

『出会えたね』


(renge62e.jpg)

『愛ある未来だね』

『愛のしずく』

『こんにちわ@チェシャム』

『二人の未来』

『熱いファン』

『夢の中』

『別世界』

『ソフィア@ビックリ』

『永遠の愛なの』

『幻想世界』

『リタリン』

『ファンタジー@愛と性』

『デンマン生態研究』

『スミレの花 阿部定』

『愛すること』

『浜美枝の愛犬』

『浜美枝@パリ』


(june06.jpg)

こんにちはジューンです。

バンクーバーでは例年に無い暑さを記録しました。

1960年7月30日に記録した33.3度を破って

今年の7月30日に 33.8度を記録したのです。

でも、日本の暑さと比べれば

たいしたことはありませんよね。

Hottest Day Ever Recorded

in Vancouver

Source: The Canadian Press
Posted: 07/30/09 8:09AM
VANCOUVER, B.C.


(june08c.jpg)

The city of Vancouver has registered its hottest day on record.

Environment Canada says a temperature of 33.8 C was recorded at Vancouver airport on Wednesday, shattering the previous high of 33.3 C that was set in 1960.

“A very strong ridge of high pressure is currently dominating all of B.C.,” said Gary Dickinson, a meteorologist with Environment Canada.

“The ridge of high pressure also brought up from the south very warm air, which was responsible for the record-breaking temperatures.”

ところで、今日は8月7日ですけれど、

最高気温は18度でした。

夏というよりも、もう秋という感じです。

わずか1週間しか経っていないのですが

変われば変わるものです。

あなたの地方では、いかがですか?

まだまだ暑さが続いているのでしょう?


(valent1.gif)

話は変わりますが、

デンマンさんがレンゲさんの記事を集めて

一つにまとめました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

■ 『最近のレンゲ物語 特集』


(wildrose.jpg)

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。


(bikini84b.jpg)


(kissx.gif)

おこがましい

 

おこがましい

 


(okogama1.jpg)


(cleovani.gif)


(june901b.png)

 


(june001.gif)

デンマンさん。。。 デンマンさんが2011年に投稿した『星空の記憶』という記事を先日、読んでいたら次の箇所に出くわしたのですわ。。。

 

司馬さんと旅して

 

By 須田剋太

 


(suda003b.jpg)

 

「街道をゆく」の連載が「週刊朝日」で始まってもう14年、ずっと絵のほうを受け持ってきましたので、ずいぶん司馬さんとは取材旅行を御一緒しました。 司馬さんは最初から、事々しいことはよして、ありのままにぶつかりましょう、須田さん、トボトボ歩きましょう、とおっしゃって、この方針は一貫してつらぬかれてきたんじゃないでしょうか。
名のある人に会うわけではなく、タクシーの運転手さんやその辺のオバちゃんに話しを聞いたりして。。。

 (中略)

九州へ行ったときのことでしたか、飛行機の中でスチュワーデスがおもちゃの飛行機を子供たちに配った。 私、それが欲しくて頼んだんですけれど、大人はいけません、といってスチュワーデスはツンツンしている。 これはお書きになってますね。 でも続きがあるんです。 司馬さんはそれを見てましてね、内緒で掛け合ってくれて、あとで、ハイッ、須田さん、ておもちゃを渡してくれたんです。 断られたときのあの須田さんの絶望的な顔! そして今のうれしそうな顔! って笑うんですけれど、いつもこういうやさしい心遣いをしてくれる人なんです。

大分私の方が年上なんですが、非常識なところがあって、助けられてばかりいるんです。 宇和島へ行ったときでしたかね。 司馬さんの友人のKさんが一緒だったんですが、私、Kさんがカメラを持ってらしたんで、あとで絵を描くために、あそこを撮ってくれ、こっちも撮って欲しいって、頼んでいたんです。
そのあと司馬さんにうんとたしなめられましてね。 Kさんはあなたの写真を撮るために来たんじゃないんですよ、須田さん、私はあなたのことをよく知っているからそうは思わないけれど、他の人にはずいぶんえらそうな人だと誤解されますよ、と。。。

私、どうもこういうことに気がつかなくて、親でも言ってくれないことを言ってくれて、本当にありがたいことだと感謝しました。
あの人は権力風をふかす人が身震いするほど大嫌いなんです。 人を愛すること、これだけですべてが成就する、と考えている人なんです。

 (中略)

司馬さんと出会えたということは、私は本当にめぐまれていると思う。
道元に同事ヲ知ルトキ自他一如ナリ、という言葉がありますけれど、いっしょに仕事をしておりますと、心が深いところで響きあって、自他の区別がなくなる、そういう瞬間を、おこがましいけれど司馬さんにある時ふっと感じるんです。

司馬さんも、私がとにかく一所懸命に絵を描いていることだけは認めてくれているんだと思います。
そうでなくてはこんなに長く続かなかった、と考えているのですけれども。

 


(suda007.jpg)

 

(注: 写真はデンマン・ライブラリーから貼り付けました。
赤字はデンマンが強調)

110ページ
『別冊 太陽 日本のこころ – 130
司馬遼太郎』
2004年8月20日 初版第1刷発行
編集人: 湯原公浩
発行所: 株式会社 平凡社

『星空の記憶』に掲載
(2011年4月4日)

 

上の文章を読んでいて、おこがましいという言葉に出くわしたのですわ。。。 もちろん、これが初めてではなくて、何度か出くわしていたのですけれど、辞書を引くのが面倒なので、解っているつもりで、なんとなく読み飛ばしていたのですわァ~。。。

うん、うん、うん。。。 分かりますよ。。。 僕も、英字新聞を読んでいると、解らない単語に出会っても、いちいち辞書を引くのは面倒なので、大体の意味を文脈で意味を推測しながら、読み飛ばすことがありますからねぇ。。。

。。。で、改めてその意味をデンマンさんからお聞きしたいのですわァ~。。。

ジューンさん。。。 ネットをやっているんだから、面倒と思わないでネットで検索してください。。。 僕だって、はっきりと100%確信もって言えないのですよ! ジューンさんのためにネットで調べました。。。

 


(okogama1.jpg)

 

おこ がまし・い

【痴▽がましい】

【烏▼滸▼がましい】

 

( 形 ) [文] シク をこがま・し

② が原義

① 分不相応である。 さしでがましい。 出過ぎたことだ。

[例文]:

「自分のことは棚にあげて、そんなことを言うとはおこがまし・い」

「おこがまし・くも口出しする」

 

② いかにもばかげている。 全くばかばかしい。

[例文]:

「おりたちて乱るる人は、むべ、おこがま・しきことも多からむ/源氏 紅葉賀」

[派生] おこがましげ ( 形動 ) おこがましさ ( 名 )


「烏滸がましい」に似た言葉

» 類語の一覧を見る

わやく 不合理 荒唐 可笑しい 馬鹿臭い


(注: 写真はデンマン・ライブラリーから貼り付けました。
赤字はデンマンが強調)

『weblio辞書』より

 

上の文章の場合、「① 分不相応である。 さしでがましい。 出過ぎたことだ」 という意味ですよ。。。 つまり、次のように言い換えることができます。。。

 

 


(suda003b.jpg)

 

いっしょに仕事をしておりますと、心が深いところで響きあって、

自他の区別がなくなる、そういう瞬間を、

おこがましいけれど司馬さんにある時ふっと感じるんです。


司馬さんといっしょに仕事をしておりますと、心が深いところで響きあって、

自他の区別がなくなる、そういう瞬間を、

こんな事を申し上げては出すぎたことだとは思いますが、

司馬さんにある時ふっと感じるんです。

なるほどォ~。。。 このように説明してもらうと、実によく分かりますわァ~。。。

いや。。。 浦島太郎の僕こそ勉強になりますよ。。。 うへへへへへへ。。。

ところで、デンマンさん。。。、次のような動物を表す難読漢字に出くわしたのですわァ~。。。 

 

動物を表す難読漢字

 

1.更格廬 2.子守熊 3.海狸 4.駱駝 5.馴鹿

 

6.土竜 7.鼬 8.猟虎 9.羚羊 10.儒艮

 

ジューンさんは、僕の日本語力を試そうとしているのではありませんか? もしかしたら「おこがましい」の意味も解っていて僕に、わざと意味を尋ねたのではありませんかァ~?

わたしは、それほど悪い性格の持ち主ではありませんわァ~。。。 うふふふふふふ。。。

解りました。。。 じゃあ、写真を貼り出すので それを見て上の難読漢字が表している動物をじっくりと眺めてね。。。

 

1.


(kangaro2.jpg)

 

2.


(koara2.jpg)

 

3.


(beaver2.jpg)

 

4.


(camel02.jpg)

 

5.


(tonakai2.jpg)

 

6.


(mogura2.jpg)

 

7.


(itachi2.jpg)

 

8.


(rakko2.jpg)

 

9.


(kamoshika.jpg)

 

10.


(jugon2.jpg)

 

あらっ。。。 これまでに見たこともない動物もいますわァ~。。。

まさかァ~。。。?

もしかして、上の写真の中にはデンマンさんがコラージュしてデッチあげた架空の動物も入っているのではありませんかァ~!

僕は、そのような不誠実な事はできない性分です。。。

でも。。。、でも。。。、これまでに わたしの写真を ずいぶんとコラージュして デッチあげたではありませんかア!

 


(june72c.jpg)


(stalker03.jpg)

『犯罪サイトと現実主義者』より

 

しかし、上の動物の写真は、すべて本物の動物の写真です。。。 昔の人は “信じる者は救われる!” と言ったのですよ。。。 だから、ジューンさんも僕の言葉を信じて、幸せにな気分で日本語を勉強してねぇ~。。。


(laugh16.gif)


(june902.jpg)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。

あなたもネットストーカーにまとわりつかれると思って、心配になってきましたか?

ええっ。。。 「そんなことはどうでもいいから、他にもっと楽しい話をしろ!」

あなたは、そのような命令口調で あたくしに強要するのでござ~ますわねぇ~。。。

分かりましたわぁ。。。 では、ちょっと次のクリップを見てくださいなァ。。。

思わず笑ってしまいますわ。。。

 


(dog807.jpg)

 

 

 

ええっ。。。? 「犬や猫のことは どうでもいいから他のもっと面白い話をしろ!」

あなたは、更に あたくしに そのような強い口調でご命令なさるのでござ~ますかァ~?

分かりましたわァ~。。。

あなたが、そうおっしゃるのならば、あたくしの個人的なお話しをいたしますわァ。

実は、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”が殿方の注目を集めているのでござァ~ますわよう。

うふふふふふふふ。。。

ええっ。。。 信じられないのでござ~ますかァ?

じゃあ、ちょっと次の検索結果を見てくださいまし。。。

 


(gog60409a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

「卑弥子 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわァ~。。。

うふふふふふふ。。。

あなたも、ビックリするでしょう?

ジムで汗を流して “ヴィーナスのえくぼ”をゲットいたしました。。。


(buttdimp5.jpg)

スタイルもよくなったのでござ~ますわァ~。。。


(curtain5.jpg)

いかがでござ~ますか?

でも。。。、でも。。。、“天は二物を与えず”と申します。。。

これほどスタイルが良くなったというのに、あたくしは未だに独身でござ~ますのォ。。。

世の中は、なかなか思うようにゆかないものですわァ~。。。

ところで、あなたは『万夜一夜物語』を読んだことがござ~ますかァ~?

“千夜一夜物語”ではなくてぇ、“万夜一夜物語”ですわ。


(manya02.jpg)

『万夜一夜物語』

デンマンさんが書いたのでござ~ますわよう。

ええっ。。。 10,001の話が書かれているのかってぇ~。。。?

とにかく、上のリンクをクリックして読んでみてくださいませぇ~。。。

あなたも、絶対にビックリするようなお話が出てきますわァ。

『万夜一夜物語』だけでは、物足りないのでしたら、

ジューンさんが登場する面白いお話もたくさんあります。

興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましねぇ~。。。

(roten101.jpg+cleoani.gif)

『エレクトラde中国』

『熟女パンツ』

『ラーメン@カイロ』

『スパム@クルーズ』

『えくぼ@ヴィーナス』

『孀婦岩』

『モナリザ描きたい』

『ジューンさんの下着』

『やっぱり熟女下着』

『じゅくじょのぱんてー』

『事実と芸術』


(miro0018.jpg)

『パクられたパンツ』

『タイタニック@スリランカ』

『蜂@泣きっ面』

『外人が知っている美しい日本』

『腰使い 熟女』

『熟女の下着姿』

『腰を使う熟女』

『ブログランキング』

『曇ってきた@英語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『出会い系より腰を使う熟女』

『ブリスベンの従妹』

『アヒルが行く』

『英語ペラペラ勉強法』

『ブラウザとOS』

『二千二夜物語』

『大晦日のおばさんパンツ』

『下着の人類学』

『万夜一夜@ロンドン』

『ヒトラーとトランプ』


(malata019c.jpg)

『ロマン@マルタ島』

『下着の人類学@大阪』

『ハロー@ロックビル』

『孀婦岩の人気 なぜ』

『マグダラのマリア 娼婦か聖女か?』

『マグダレンの祈り』

『女子大生の多い混浴』

『アンネフランクの言葉』

『ビクトリア朝の慎み』

『銭湯と円タク』

『女装ブログ』

『注目記事』


(sylvie122.jpg)

『風邪が治るまで』

『ひょうたんde徒然』

『アヒルが並んだ』

『なぜ骨なの?』

『にべもない』

『やぶさかでない』

『おかしなパンツ』

『みもふたもない』

『自動翻訳はダメ』

『慫慂』

『ヤンキー』

『及び腰と二の足』

『ジューンさんの従妹』


(fan004.jpg)

『ナマズにされた』

『美術解剖学』

『太ったチャンス』

『ジューンさんの下着を探して』

『おおどかさ』

『高級娼婦@パリ』

『つい見たくなった』

『混浴 女子大生』

『FBI捜査官のツブヤキ』

ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『熟女下着 投稿ブログ』

『おばさんパンツ@ネット』

『がめつい奴』

『二股ラジウム@VIDEO』

『手塩にかけて』

『ジューンさんのパンツ』

『女子大生の秘湯』

『百姓と農民』

『庇と屁』

『2002夜物語』

『機械翻訳イマイチ』

『出か知りおばさん』

『リチャード3世』

『マルタ島ロマン』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)

 


(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。 バーィ


(juneswim.jpg)


『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』


(byebye.gif)

犯罪サイトと現実主義者

 

犯罪サイトと現実主義者

 


(kai91210a.gif)


(fool940.jpg)


(fool911d.jpg)


(fool902.jpg)


(fool911.jpg)

『現実主義者 馬鹿の見本』

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺
(masuo01e.png)

デンマンさん。。。 どういうわけで 犯罪サイト とオイラを並べたのですか?


(kato3.gif)

オマエは不満なのォ~。。。

当たり前じゃありませんか! オイラは確かに嫌がらせのコメントを書きまくって、ネット市民の皆様から蛇蝎(だかつ)のごとく嫌われています。。。 しかも、恩師と慕っている伊藤先生から破門されてしまいました! でも。。。、でも。。。、偏差値30台のクソ大学を出たといえども、まだ犯罪と呼ばれる卑劣な行為で警察のお世話になった事はありません!

マジで。。。? 一度ぐらい留置所に収容されたことがあるんじゃないのォ~?

デンマンさん! 言っていい事と悪い事があります! オイラの母親が、聞いたら涙を浮かべるようなことを言わないでください。。。 そんな事よりも、どうして 犯罪サイト とオイラを並べたのか?。。。 その理由を訊こうじゃありませんかア!

オマエが、そのようにムカついて、不満を述べるのならば、まず次の検索結果を見て欲しいのだよ!

 


(gog00121a.gif)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

あれっ。。。 現実主義者 馬鹿の見本 と入れて検索したのですねぇ~。。。

そうだよ。。。 すると、なんと 1,850,000件もヒットするのだよ!。。。 その検索結果のトップに出てきた赤枠で囲んだ箇所に注目して欲しい!

馬鹿の見本なのね (PART 1) | 海外旅行情報まとめサイト と書いてありますねぇ~。。。 デンマンさんが新しく始めた旅行情報まとめサイトですか?

いや。。。 僕が立ち上げたサイトじゃないのだよ!

それなのに、どうして検索結果のトップに躍り出てくるのですか?

日本語が分かる世界のネット市民の皆様の間でオマエが有名になっているからだよ。。。 だから、悪事を企んでいる愚か者が、オマエのことが書いてある記事をコピペして自分のブログに貼り出せば、こうして検索結果のトップに躍り出ると考えて、悪徳サイトを立ち上げたわけだよ。。。

。。。で、上の赤枠で囲んであるリンクをクリックすると、どのようなページが出てくるのですか?

リンクをクリックすると次のページが表示されるのだよ!

 


(baka00121a.png)

 

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

あれっ。。。 悪事がバレて プロバイダーに悪徳・犯罪サイトが無期限に停止させられてしまったのですかァ~?

そういうことだよ。。。 もともとは次のページが表示されていた。。。

 


(kai91210a.gif)


『拡大する』

『実際の記事』

『コピペした元のページ』

 

この悪徳サイトについては次の記事で詳しく書いたのだよ!

 


(akutoku2.png)


(kai91210a2.gif)

『悪徳サイト』

 

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

つまり、上の記事をプロバイダーの管理人が読んで 規約違反を犯しているので悪徳サイトの『海外旅行情報まとめサイト』を無期限・停止処分にしたということですか?

そういうことだよ。。。 実際、悪徳・犯罪サイトの『海外旅行情報まとめサイト』は他人が書いた多くの記事をコピペして自分のブログに貼り付けたので、そのページ数はすごいことになっている。。。 次の検索結果を見て欲しい。。。

 


(gog00121b.gif)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

海外旅行情報まとめサイト kaigai.orgと入れて検索したのですねぇ~。。。

そうだよ。。。 すると 97,400件ヒットする。。。 上のページに出てきたリンクをクリックすると すべて次のページが出てくる!

 


(baka00121a.png)

 

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

つまり、『海外旅行情報まとめサイト』を立ち上げた愚か者は 他人の記事をコピペして自分のサイトに貼り出したのに、すべてのページは表示停止処分になってしまったのですか?

そうだよ。。。 要するに、ブログを丸ごと削除されたのも同然なのだよ。。。

著作権違反を知りながら、他人の記事をコピペして 自分のブログに貼り付けるということが、見つからないとでも思ったのでしょうか?

馬鹿だから、そう思ったに違いない!

オイラよりも馬鹿ですねぇ~。。。! うへへへへへへ。。。

オマエも そう思う?

当たり前でしょう! オイラは、自分のブログをまだ立ち上げてませんけど、もし立ち上げたとしても、他人の記事をコピペして自分のブログに貼り出すような、そんな破廉恥な真似はできません。。。

マジで。。。?

デンマンさん! 信じてください。。。 昔の人は “信じる者は救われる!” と言ったのですから。。。

それは、僕が言う台詞(セリフ)なんだよ。。。

うへへへへへへへ。。。 とにかく、オイラよりも馬鹿が居るということを知って、オイラは安心しました。。。

そうやって、うすら馬鹿笑いを浮かべている場合じゃないのだよ。。。 ちょっと次の検索結果を見て欲しい。。。

 


(gog00121c.gif)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

ネット不適応者 と入れて検索すると、なんと 21,700,000件もヒットする。。。 そのうちのトップ・ページに、オマエのことが書いてある記事が 金魚のウンコのようにズラズラと出てくるのだよ!。。。

 

ネット不適応者とは

 


(futeki03.png)

『現実主義者 馬鹿の見本』

 

1) ネットでコメントを書き込むのだけれど他者との間での
   コミュニケーションがうまく取れない。

2) ある特定の人物を妄信的に信じるけれど、
   他の人に対しては全く信用しない。
  (例えば、「現実主義者」の場合は伊藤先生)

3) 協調性に乏しい。 
   従って、仲間や同調者がほとんどいない。

4) 人を見下して、例えば相手を
   「人類のウンコ」呼ばわりする。

5) ネットでコメントをやり取りする相手を
   大切に思うことがない。

6) 嘘をつく傾向がある。

7) 何でも言い訳する。

8) ネット上の議論で逃げ癖がある。

9) 誰かの批判をしたり、非難したり、
   不平不満ばかりをネット上で書き込む。

10) 独断と偏見で他人の言うことをまず聞かない。

11) 反省することがない。

12) 常識や教養に欠ける。

13) 努力して自分の教養を高めようとする
    気持ちがない。

14) ネット上で良好な人間関係を
    構築することができない。

 

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

オイラがネットでますます有名になっているということですねぇ~。。。

あのさァ~。。。 そうやって喜んでいる場合じゃねぇ~だろう! 最近 ネット不適応者が問題になっているのだよ!

マジで。。。?

最近、ジューンさんまでが、ネット不適応者のストーカーに付きまとわれて 被害を受けているのだよ!。。。

 


(june901b.png)


(stalker03.jpg)

 

こういうストーカーばかりじゃなく、ネットをやるべきでないネット不適応な人間が、ネットで愚かな事をやっている。。。

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

つまり、オイラはネットでコメントを書くべき人間じゃない、とデンマンさんは主張するのですか?

そうだよ。。。 僕ばかりじゃないのだよ! まず、次のリストを見て欲しい。。。

 


(ame90223m.png)

『拡大する』

 

2019年3月2日現在で 162個の“いいね”が付いていた。。。 つまり、僕の主張に賛同して“いいね”を付けているわけだよ! ついでに最近の“いいね”リストも見て欲しい!

 


(ame00112m.gif)

『拡大する』

 

今年の1月14日現在、つまり、上のリストから約半年後に “いいね”が 162個 から 366個、つまり、2倍以上に増えているのだよ!

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

なるほどォ~。。。 アメブロだけでも、これほどオイラの人気が高まって記事が読まれているのですねぇ~。。。 要するに、オイラが有名になって国民栄誉賞をもらえるのも時間の問題だということですよねぇ~。。。 うへへへへへへへ。。。

馬鹿な事を言っている場合じゃないのだよ! 絶対に、そういうことはありえない!

どうしてですか?

次の検索結果を見てごらんよ!

 


(gog90827b.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

「悪名高い現実主義者」 と入れて検索すると 254,000件もヒットするのだよ! これを見たら国民栄誉賞・選考委員の皆さんがすべてオマエに背中を向けるのだよ!

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

オイラが国民栄誉賞をゲットするには どうすればよいのでしょうか?

あのさァ~、オマエの場合、元校長先生のおじいさんの素晴らしい遺伝子を隔世遺伝で受け継いでいるのだよ。。。 でも、その遺伝子が眠ったままなんだよ! 反省しない、努力しない、それで相変わらず蛇蝎(だかつ)のごとく嫌われるコメントを書いている! ニーチェのおっさんの次の言葉を思い出せよ!

 

脱皮して生きてゆく


(nietzsche9b.jpg)

脱皮しない蛇は破滅する。

人間もまったく同じだ。

古い考えの皮をいつまでもかぶっていれば、

やがて内側から腐っていき、

成長することなどできないどころか、

死んでしまう。


(snake3.gif)

常に新しく生きてゆくために、

わたしたちは考えを新陳代謝させていかなくてはならないのだ。

 

『曙光』 ニーチェ


043 『超訳 ニーチェの言葉』
訳者: 白取春彦
2010年3月20日 第11刷発行
発行所: 株式会社ディスカバー・トゥエンティワン

『脱皮しない蛇』に掲載。
(2014年1月20日)

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

つまり、オイラが脱皮してない!…とデンマンさんは断定するのですかァ~?

当たり前だろう! “馬鹿の一つ覚え”で、悪口や、嫌がらせのコメントを書き廻って毎日を過ごしている! そして、オマエは誰からも嫌われている!

やっぱり、悪口や、アクタレ、誹謗・中傷をすることはいけないのでしょか?

当たり前だろう! このままオマエが反省しないで、いやがらせのコメントを書き続けると、やがてオマエは家族からの経済的援助が断ち切られて次のような状態になるのだよ!

 


(homeless.jpg)

 

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

オイラは このように“ゆでガエル”のような哀れな状態になりたくありません!

だから、僕は、オマエから初めてコメントをもらってから かれこれ足掛け4年にもわたって、オマエがこのような状態にならないようにと、口をすっぱくして反省するようにと助言をしてきたのだよ!

つまり。。。、つまり。。。、オイラが引きこもって、嫌がらせのコメントを書く暇があったら、反省して努力して、まともなブログを立ち上げ、結婚できるような まともな人間になって欲しい。。。 そして女性に感動を与えるような記事を書いて欲しい。。。 デンマンさんは、そう思ってオイラを呼び出してくれたのですか?

その通りだよ。。。 オマエは、ちゃんと僕の心が読めるじゃないか! オマエは、元校長先生のおじいさんから素晴らしい遺伝子を受け継いでいるのだよ! だから、反省して努力してオマエのブログを立ち上げれば、“ゆでガエル”にならずに、りっぱなブロがーになれるのだよ!

分かりました。。。 じゃあ、反省して自分のブログを立ち上げ、国民栄誉賞がゲットできるように努力します。。。

 


(foolw.gif)


この男は 馬鹿だから

今日のことなどすっかり忘れて

また嫌がらせのコメントを

書き始めると思うのですよ!

仕方がないから 長い目で見ながら

付き合ってゆきます。


(laugh16.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

 

ですってぇ~。。。

馬鹿バカしいと思いながらも、最後までよく読んでくださいました。

デンマンさんも喜んでいると思います。

とにかく、ネットには、いろいろと変わった人がいますわァ。。。 

ヴァイアグラを飲みすぎて オツムがイカレた人もいれば、

他人に成りすまして ヤ~らしいコメントを書き込む人もいます。

また、誰彼かまわずに“スパム”を飛ばす嫌われ者もいます。

とにかく、ネットには。。。 特にアメブロには “めちゃキモい”人たちがウヨウヨしています。

まるで得意になって、愚かな事をして遊んでいます。

また、見かけは普通のブログでも、悪徳スパマーが手を変え品を変えて 悪徳サイトへ誘い込もうとしています。

コメントスパムで褒められると、ついついその気になって、相手のブログへ飛んでゆき、お返しに、あるいはお礼にと思って 読者に登録してしまったりするものですわァ。

どうか スパマーの思う壺にはまらないでくださいね。

悪徳スパマーは悪徳サイトへ誘おうと てぐすね引いて待っているのですから。。。

悪徳サイトを利用して、メールアドレスで登録したりすると、あなたのメールアドレスは第3者や第4者に売られてしまう危険性があります。

あなたは、そのようなスパム・コメントや 成りすましスパマーには騙されないと思い込んでいるでしょう?

でもねぇ~、もしかすると騙されているかもよ。。。

とにかく気をつけてくださいね。

次回も、さらに面白い話題が続きます。

あなたも、どうか、また記事を読みに戻ってきてください。

では。。。


(hand.gif)

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『ちょっと心にぐっと来る動物物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』



(spacer.png+betty5de.gif)
(hiroy2.png+betty5d.gif)
『スパマー HIRO 中野 悪徳業者』

 


(bigcash.jpg)

■ 『東大バカと現実主義者』

■ 『いいねボタン廃止?』

■ 『片山さつきと現実主義者』

■ 『Unurl スパマー』

■ 『パクリブロガーと現実主義者』

■ 『skato スパマー』

■ 『現実主義者のバカ人気』

■ 『SwodE スパマー』

■ 『愚かなスパマー』

■ 『パクリ屋 エロ松永』

■ 『チュンチュンと現実主義者』

■ 『パクリ馬鹿と現実主義者』

■ 『エロ犯罪者と現実主義者』


(bitcoin20b.jpg)

■ 『横文字スパマー』

■ 『現実主義者de新年も馬鹿』

■ 『愚かな国際スパマー』

■ 『パクリブログ しきらら』

■ 『ネット荒らし 現実主義者』

■ 『グローバルスパマー』

■ 『ゆでガエルと現実主義者』

■ 『リファラスパマー Alexa2』

■ 『杉山がパクリ』

■ 『英字スパマー』

■ 『松本清張と現実主義者』

■ 『荒らしの現実主義者』

ベクトル成城店に注意 悪徳 不誠実 いいねスパマー
(vector2.jpg)

■ 『アルファベットスパマー』

■ 『ネット不適応者 現実主義者』

■ 『ネット犯罪者 しきらら』

■ 『愚かなチュンチュン』

■ 『悪徳ブログ しきらら』

■ 『ネット不適応者 現実主義者』

■ 『ネット犯罪者 しきらら』

■ 『愚かなチュンチュン』

■ 『悪徳ブログ しきらら』

■ 『ネット不適応者と由香さん』

■ 『英文字スパマー』

■ 『テンモウカイカイ』


(uncg05b.jpg)

■ 『犯罪者しきらら 自滅』

■ 『悪ガキ 現実主義者』

■ 『英字スパマー自滅』

■ 『バカは遺伝する?』

■ 『現実主義者と美ギャル』

■ 『英字スパマー殺虫剤』

■ 『チュンチュンと馬鹿の見本』

■ 『中華スパマー』

■ 『ネット不適応者探し』

■ 『fukachina スパマー』


(bikini901.jpg)

■ 『ネトウヨ 現実主義者』

■ 『不倫スパマー』

■ 『なぜ どうして?』

■ 『薬局スパマー』

■ 『アホノミクスと現実主義者』

■ 『無能な歌手スパマー』

■ 『書き方スパマー』

■ 『DNAと現実主義者』

■ 『狭心スパマー』

■ 『チュンチュンと馬鹿の見本』


(yuri03.jpg)

■ 『薬屋リファラスパマー』

■ 『ロシアリファラスパマー』

■ 『ヴァイアグラ・リファラスパマー』

■ 『ネット不適応者』

■ 『強壮剤リファラスパマー』

■ 『ヴァイアグラ馬鹿 スパマー』

■ 『ネット不適応者を探して』

■ 『ロシア投資スパマー』

■ 『ケネディ家と現実主義者』

■ 『またヴァイアグラ馬鹿』


(rengey5.jpg)

■ 『京都アニメ放火事件と現実主義者』

■ 『ニャースと大介スパマー』

■ 『ビットコインバブル』

■ 『ニャースと大介 悪質スパマー』

■ 『ニャースと大介 反省』

■ 『ニャースと大介 現実主義者』

■ 『Limitedheart 現実主義者』

■ 『ニャースと大介 無反省』

■ 『美容ブログ スパマー』

■ 『現実主義者の女』


(hooker08.gif)

■ 『ニャースと大介 Limitedheart』

■ 『現実主義者 海外美女』

■ 『ネット不適応者とは』

■ 『現実主義者@ランキング』

■ 『エロいけれど』

■ 『犯罪者ブロガーつなんち』

■ 『悪名高いニュースと大介』

■ 『馬鹿の見本なのね』

■ 『パクリブロガーつなんち』

■ 『愚かなニャースと大介』

■ 『馬鹿の見本が増えてる』

■ 『詩と馬鹿の見本』

■ 『いいね馬鹿』

■ 『ベルばらと現実主義者』

■ 『悪ガキ 現実主義者』

■ 『現実主義者の生き方』

■ 『現実主義者@Singapore』

■ 『現実主義者@クリスマス』

■ 『北海の女と現実主義者』


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

菊ちゃんと忍藩主

 

菊ちゃんと忍藩主

 


(kiku50.jpg)


(tadaaki1.jpg)


(salon22.jpg)


(sayuri55.gif)

デンマンさん。。。、 どういうわけで 菊ちゃんと忍藩主 を取り上げるのですか?


(kato3.gif)

ちょっと次のリストを見てください。。。

 


(goo00117d.gif)


『拡大する』

『リチャード3世』(PART 1)

『製鉄が下った』

『菊ちゃんと阿部忠秋』(PART 1 OF 3)

『菊ちゃんと阿部忠秋』(全文)

 

この上のリストはGOOの僕の『デンマンのブログ』の1月17日の午前5時4分から午前11時4分まで6時間の「リアルタイム アクセス解析」のリストなのですよ。。。  アクセス元ページ  の4番に注目して欲しい。。。 

あらっ。。。  阿部忠秋 大長寺 毘沙門堂 を入れてGOOGLEで検索して  菊ちゃんと阿部忠秋(PART 1 OF 3)  を読んだネット市民がいたのですわねぇ~。。。

そういうことです。。。

 


(goo00117d2.gif)

 

ところで、午前9時から9時半までに 293人がアクセスしてますけれど、これはどういうことですか?

 


(goo00117d3.gif)

 

あのねぇ~、 293人がアクセスしていることになっているけれど、実は一人の可能性が強いのですよ。。。

どういうことですか?

URL をクリックすると次の画面が出てくるのです。。。

 


(dict01.gif)


『拡大する』

『実際のページ』

 

上のページのどこを探しても 僕の「デンマンのブログ」へのリンクが無いのですよ!

それなのに、デンマンさんのブログにアクセスしたということは どういうことですか?

GOOのスタッフが GOOの辞書を使うようにと 宣伝目的で飛ばした リファラスパム だと思うのです。。。

 

HTTPリファラ


(http001.jpg)

 

HTTPリファラ あるいは単にリファラは、HTTPヘッダの1つで、インターネット上の1つのウェブページまたはリソースから見て、それにリンクしているウェブページやリソースのアドレスを指す。
リファラを参照することで、どこからそのページに要求が来たのかを知ることができる。
リファラをログすることでウェブサイトやウェブサーバで訪問者がどこから来ているかを把握でき、プロモーションやセキュリティの目的に使うことができる。

リファラの活用はクロスサイトリクエストフォージェリ対策としても一般的だが、リファラが無効化されているとそのようなセキュリティ機構は働かない。
リファラは一般に統計的用途に使われている。

デリファラとは、要求を起こすべくクリックされたページを目標ウェブサイトが識別できなくするため、要求から元のページ(サイト)の詳細を除去する手段である。

 

詳細

あるページにあるリンクをクリックして別のウェブページを訪れるとき、リファラはそのリンクが置かれているウェブページのURLである。

より一般化すると、リファラはその要求を発生させる原因となったアイテムのURLである。
例えば、或るウェブページ内に画像を表示するとき、リファラはそのHTMLページのURLとなる。
ウェブブラウザからウェブサーバへのHTTP要求の仕様上、リファラフィールドはオプションである。

ほとんどのウェブサーバには全トラフィックのログがあり、ブラウザが要求毎に送信したHTTPリファラを記録している。
ウェブログ解析ソフトの多くはこの情報を処理できる。

リファラ情報はユーザーのプライバシーに関わる場合があるため、リファラ情報を送信しないよう設定できるブラウザもある。
プロキシやファイアウォールソフトウェアにもリファラ情報をフィルタで除去できるものもあり、外部に公開していないロケーション情報を漏らさないようにできる。
このことは問題を発生する要因ともなる。

Webサーバはサイトの一部について、正しいリファラを送ってこないブラウザに対してアクセスをブロックしていることがある。
これはディープリンクを防いだり、画像の不正使用(直リンク)を防ぐためである。
プロキシソフトウェアの中にはそのサイトのトップレベルのアドレスをリファラとして与えるものがあり、ユーザーが最後に訪問したサイトを暴露することなく問題を回避できる。

最近では多くのブログはリファラ情報を公表し、あるブログにリンクしているサイトにブログ側からもリンクすることで会話を広げようとしている。

これを悪用し、スパマーのサイトへのリンクを大量に貼らせるリファラスパムが登場している。

アダルトサイトなどの有料サイトの多くはコンテンツを守る目的でリファラ情報を利用している。
すなわち、ログインしないと参照できないなどの極少数のページからのアクセスのみを許可するのである。

これにより、協力関係にあるアダルトサイト間での素材の共有が容易になる。
このようなサイトへのフリーなアクセスを実現する手段としてリファラスプーフィングがある。


出典: 「HTTPリファラ」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

GOOのスタッフが そういうことをするのですか?

おそらく管理人は知らないのでしょう。。。 でも、スタッフの中には、暇つぶしに悪さをする愚か者がいるのです。。。 僕は、かつてGOO で日記(2009年にサービス終了)を書いていた時に、そういうスタッフの愚か者が暇つぶしに僕の日記に下らないコメントを書いたことがあったのです。。。

マジで。。。?

Nobody is perfect! ですからねぇ~。。。 いい奴もいる代わりに、悪い奴もいるのですよ。。。

。。。で、菊ちゃんの記事を読んだネット市民は、どのようにして検索したのですか?

次のようにして検索したのです。。。

 


(gog00117b.gif)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

あらっ。。。  阿部忠秋 大長寺 毘沙門堂  と入れて検索したのですわねぇ~。。。

そうです。。。 実は、「かな丸」さんというネット市民が読んだのです。。。

どうして「かな丸」さんが読んだと判るのですか? またIPアドレスを調べたのですか?

いや。。。 次のようなコメントを書いてくれたのですよ。。。

 

はじめまして。 (かな丸)

 


(stars.gif)

 

2020-01-18 04:34:22

 

はじめまして。

忍藩の藩主だった阿部忠秋の事を調べています。

 


(tadaaki1.jpg)

 

阿部家の菩提寺だった大長寺の毘沙門堂の事を調べるうちにこちらのブログに辿り着きました。

古い本には毘沙門堂のみアップの写真しか載っていなかったので、大仏の後ろに毘沙門堂がある写真は初めて見ました。

 


(bishamon2.jpg)

 

大きな木があったり今のコンクリートの多い大長寺とはだいぶ雰囲気が違うように見えます。

また、毘沙門天像が京都の方にあったやつかもという事に驚きです。

詳しく毘沙門堂について書かれていて興味深い内容でした。


『菊ちゃんと阿部忠秋』(PART 1 OF 3)のコメント欄より
(2015-01-15)

毘沙門堂は、京都市にありますよねぇ~。。。

そうです。。。 京都の毘沙門堂が いわば本家ですよ。。。

 

毘沙門堂

 


(kikubisha.jpg)

 

毘沙門堂(びしゃもんどう)は、京都市山科区にある天台宗の寺院。
山号は護法山。正式名は護法山安国院出雲寺。
本尊は毘沙門天。天台宗京都五門跡の一つであり、山科毘沙門堂、毘沙門堂門跡とも呼ばれる。

 

統合前の歴史(1195年以前)

寺伝によれば、毘沙門堂の前身の出雲寺は文武天皇の勅願により、大宝3年(703年)行基が開いたという。
平親範置文(『洞院部類記』)という史料によると、建久6年(1195年)、平親範は平等寺、尊重寺、護法寺という平家ゆかりの3つの寺院を統合し、出雲路に五間堂3棟を建てたという(「五間堂」とは間口の柱間が5つある仏堂の意)。
こうしてできた寺は出雲寺の寺籍を継ぎ、建久6年(1195年)に塔ノ垣にあった旧出雲寺の地に護法山出雲寺として建立され、最澄自刻の毘沙門天像を本尊とした。
なお、比叡山延暦寺の根本中堂に倣い、西に平等寺、東に尊重寺、中心に護法寺を据える配置となった。

 

出雲寺

前身寺院である出雲寺は、京都市上京区の相国寺の北、上御霊神社付近にあったと推定される。
付近からは奈良時代前期にさかのぼる古瓦が出土しており、行基の開基であるかどうかは別としても、この付近に平安京遷都以前にさかのぼる寺院のあったことがわかる。
また、一帯には現在も「出雲路」の地名が残されている。

この出雲寺は平安時代末期には荒廃していたことが『今昔物語集』の記述などから伺われる。
また、中世には出雲寺は桜の名所として知られ、藤原定家の日記『明月記』や、『沙石集』(無住道暁編)にも言及されている。

 

平等寺

置文によれば、平等寺は桓武天皇の皇子で桓武平氏の祖である葛原親王(786年 – 853年)の創建で、太秦(現京都市右京区)に所在。

 

護法寺

護法寺は平親範の父・平範家が伏見(京都市伏見区)に創建したもので、応保元年(1161年)北石蔵(京都市左京区岩倉)に移転するが、長寛元年(1163年)に焼失し、最澄(伝教大師)自作と伝える毘沙門天の本尊だけが大原(京都市左京区大原)来迎院に移されていたという。

 

統合後の歴史(1195年以降)

室町時代の応仁元年(1467年)、応仁の乱によって焼失するが、文明元年(1469年)には再建される。
しかし、元亀2年(1571年)再び焼失した。

江戸時代の慶長年間(17世紀初頭)に至り、天台宗の僧で徳川家康の側近であった天海によって復興が開始された。
江戸幕府は山科の安祥寺(9世紀創建の真言宗寺院)の寺領の一部を出雲寺に与え、現在地に移転・復興される。

天海没後はその弟子の公海が引き継ぎ、寛文5年(1665年)に完成した。
後西天皇皇子の公弁法親王(1669年 – 1716年)は当寺で受戒し、晩年には当寺に隠棲している。

以後、門跡寺院(皇族・貴族が住持を務める格式の高い寺院の称)となり、天台宗京都五門跡の一つ「毘沙門堂門跡」と称されるようになった。


出典: 「毘沙門堂」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

。。。で、大長寺の毘沙門堂は本家とはどういう関連があるのですか?

大澤さんの本には次のように書いてあります。。。

 

大露仏と毘沙門堂


(bishamon2.jpg)

行田で唯一つの露坐の大仏で、「丈六の仏」といわれていたが、昭和19年、鉄の供出を強調され、大仏と半跏(片足だけくみ、片足は下におろす)の地蔵と金鐘とを戦争の為に、供出してしまった。
せめて、この大仏だけは、行田町の文化財として出したくはなかった。
『忍名所図会』には座像高さ“1丈2尺余”と書いてある。
今もその台石は残っているが、その上に1丈2尺の大仏であるから、子供心にすごく大きいものだと思った。

この大仏の由来について、何らの手がかりがないので、大長寺に何か記録がないかと探して貰ったが、住職が替わったばかりで、なんらの引き継ぎもなかった由である。
不思議なことには『忍名所図会』『北武八志』その他にも、何ら建立由来がない。
大仏に後背銘があったように覚えているが、今では致し方ない。
せめて拓本しておいて貰いたかった。
『忍名所図会』に「浄土宗沙門信阿和奉納す」とある。

大仏の後方、東に、西方を向いて、彫刻の沢山あった毘沙門堂があった。
昭和40年代、国道拡張の折、移築を余儀なくされた。
しかし、そのまま移転することもできないほどの荒廃で、戦中、戦後、乞食の棲家になって、失火しなかったのがせめてもの幸せという位、所々がこげていて、廃屋そのものであった。
教育委員会と交渉し、ついに取り壊し以外ない事になり、その彫刻をいかし、浅草の古物商(百万弗)に売却し、今は、奥日光の金精峠に、そのおもかげを留めている。

そもそもこの毘沙門堂は、藩主阿部豊後守忠秋が、念珠仏毘沙門天を江戸屋敷より移し、立派なお堂を菩提寺大長寺に建立寄進した。
像高37糎の毘沙門天である。

 (中略)

この毘沙門堂は寛文7年(1667年)の建立なので、京都出雲寺の最澄の作った毘沙門天を江戸に移し、寛文年代、法親王が住持となり、毘沙門堂門跡というようになったという事が記録にあるから、筆頭老中が阿部忠秋であるから、時代が合うので、その故事にゆかりある毘沙門の分身ではなかろうか。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


20-22ページ 『行田史跡物語』
著者: 大澤俊吉
1979(昭和54)年12月20日 初版発行
発行所: 歴史図書社

 

でも。。、でも。。。、この上の毘沙門堂と菊ちゃんがマジで関係あるのですか?

関係ありますよ。。。 小百合さんも僕と菊ちゃんのエピソードを読んだでしょう! 改めて読んでみてください。。。

それで、どうしてこの毘沙門堂と菊ちゃんが関わりがあるのですか?

実はねぇ~、僕が小学生の頃、菊ちゃんは僕のお袋になついて、よく遊びに来たのですよ。

その頃から菊ちゃんはデンマンさんのお嫁さんになりたかったのですか?

当時の菊ちゃんは20歳を出ているか出ていないか。。。とにかく子供の僕の目には、もう大人でしたよ。

でも、精神年齢は7つぐらいだったのですか?

そうなんですよ。 でもねぇ、いくらなんでも、まだ小学生の小さな僕を見て僕のお嫁さんになろうとは思わなかったでしょうね。 菊ちゃんが僕のお嫁さんになりたくて、お母さんに頼みに帰ったのは僕が中学生の時のエピソードですよ。

それで、デンマンさんが小学生の頃、どのようなエピソードがあったのでござ~♪~ますか?

時々、僕の家に興奮して駆け込んで来たのですよ。

一体何があったのですか?

大事件が持ち上がった訳ではないのですよ。 実は、菊ちゃんは言葉がはっきりと話せないのですよ。 確か“お嫁さん”のことを“いーやん”と言っていたように思うのですよ。 毘沙門堂の方を指差して、息を切らせながら“いーやんがきたぁ~。。。いーやんがきたのよゥ”。。。そう言いながら、アイドル歌手がやって来たように、うれしそうにはしゃぎ回ったのですよ。

それで、お嫁さんが毘沙門堂にやって来たのでござ~♪~ますか?

そうなんです。 “お宮参り”なんでしょうね。 上の説明にある通り、毘沙門天は七福神の一つですからね、縁起のいい神様ですよね。 それで、大長寺の檀家の娘さんが末永く婚家で幸せで居られるようにと願(がん)をかけるために毘沙門天にお参りにやって来るのだと思いますよ。

 


(bride12.jpg)

 

上の写真には男が写っているけれど、やって来るのは決まってお嫁さんだけなんですよ。 花婿が一緒に来たのを見たことがありませんでしたね。 ほぼ間違いなく付き添いの中年婦人と一緒に二人でやってくるのですよ。 多分その中年婦人は仲人さんだと思うのですよ。

それで、菊ちゃんは必ずデンマンさんの家まで知らせに飛んでゆくのですか?

そうなんです。 お袋だって忙しい時がありますからね。 菊ちゃんが来るたびに一緒に見に行けませんよ。 だから、お袋が忙しい時には、せっかく知らせに来たのだから僕に一緒に見に行くようにと言うのですよ。

それで、デンマンさんは菊ちゃんと一緒に見に行ったのでござ~♪~ますか?

小学生で暇をもてあましている事が多いからねぇ、付き合いましたよ。うへへへへ。。。1年に4,5回そう言うことがありました。 菊ちゃんは、もう、アイドル歌手がやって来たように嬉しそうにはしゃぐのですよ。“ちれいねぇ~、ちれいねぇ~” 感に耐えないような声を上げながら、うらやましそうにはしゃぎ回るのですよ。 よっぽど白無垢の衣装が素晴しいものに見えたのでしょうね。 だから、お嫁さんになる事がいつの間にか菊ちゃんの夢と言うかロマンになったのですよ。 いつか、自分もあのような白無垢の衣装を着て毘沙門堂にお参りしよう! そう思っていたのでしょうね。

そう言う“お宮参り”の風習が行田にはあるのですか?

実は、この記事を書くまで僕は良く知らなかったのですよ。 それで、ちょっと調べてみました。 つまり、“仏壇参り”の延長ですよ。 この毘沙門堂は大長寺にありますからね。 ご先祖様のお墓にお参りするついでに毘沙門天に願いをかけるのでしょう。

 


(bishamon2.jpg)

 

でも、菊ちゃんは白無垢の衣装を着ることもなく あの世の人になってしまったのでござ~♪~ますか?

そうなんですよ。 可哀想だけれど。。。奇病にかかってねぇ、40代で亡くなってしまったのですよ。 でもねぇ、エピソードはそれだけで終わりじゃないのですよ。“馬鹿の一つ覚え”という言葉があるでしょう?

ええ。。。よく聞きますわ。うふふふふ。。。

この菊ちゃんは、同じ事を切りもなく話すのですよゥ。お嫁さんがやって来てから1週間ばかりは、その話を飽きること無く繰り返すのですよ。“いーやんがちれいなおべべを着てきたにィ~”。。。で始まって、お宮参りの様子を何べんも何べんも話すのですよ。もちろん僕だけに話すのではなく、顔見知りの人には誰にでも話すのですよ。僕はお袋から「7才のバカ」 じゃなく、「7才の女性」として付き合うのですよ、と言われているから、よほどの事が無い限り、適当に相槌を打って、うん、うん、うん。。。そうだったねぇ~。。。と聞き役になるのですよ。

子供の頃からデンマンさんは話を聞くのが好きだったのでござ~♪~ますわね?

聞き上手になったのは菊ちゃんと付き合うことが多かったからでしょうね。うしししし。。。でもねぇ、他の子供は正直ですよゥ。きりもなく同じ事を繰り返すから。。。“バカァ~!同じ事を何度も何度も言うなア!あっちへ行ってろォ~!” たいていの子供や中学生ぐらいまでは、このように怒鳴りつけますよ。大人は無視して歩き去りますよ。そうすると最後には僕のところにやってくるのですよ。

デンマンさんは、菊ちゃんの話を聞いてあげるのですか?

もちろん、内心では“んも~~ またかよウ!?”。。。と思いますよゥ。でもねぇ、菊ちゃんが怒鳴り散らされたのを知っていますからねぇ~、なんとなく可哀想じゃないですかァ~。。。だから、半分上の空(うわのそら)で相槌打ってやるのですよ。

つまり、そう言う訳で菊ちゃんに好かれるようになった訳でござ~♪~ますわね?

多分、そうだと思うのですよ。まともに相手になってあげるのはお袋を除くと僕ぐらいでしたからね。。。

納得しましたわ。 それで菊ちゃんはデンマンさんのお嫁さんになりたかったのですわね?

 


(bride15.jpg)

 

おそらくそうでしょう。。。

でも、小百合さんのお話にどうして菊ちゃんのことを持ち出したのでござ~♪~ますか?

実は、大仏の前で小百合さんと会った時に白い椅子に座りながら、この話をしようと思ったのですよ。

。。。んで、お話になったのでござ~♪~ますか?

いや、途中で気が変わりましたよ。

どうしてでござ~♪~ますか?

毘沙門堂は日光に移築されて影も形も残っていないのですよ。今では、そのあたりは更地(さらち)になって駐車場になっていますよ。

それで、どうしたのでござ~♪~ますか?

上の毘沙門堂の写真をよく見てください。

上の写真がどうだとおっしゃるのですか?

よく見ると毘沙門堂の向かって左側に小さなお堂があって、その中に石像が見えるでしょう?

 


(bishamon2.jpg)

 

ええ、ええ。。。見えますわ。。。

これはお地蔵さんなんですよ。“塩なめ地蔵”と言うのですよ。このお地蔵さんが白い椅子のすぐそばに移されたのですよ。だからねぇ、僕はそこへ小百合さんを連れて行って、“僕が小学生の頃は、このお地蔵さんがアソコにあったのですよ。” そう言って毘沙門堂がある辺りを指差したものですよ。

それで。。。?

なんだか菊ちゃんの姿が思い出されてきましてねぇ~。。。それ以上話すのがつらくなって、話題を変えましたよ。

小百合さんはデンマンさんのその時の微妙な気持ちが分かったでしょうか?

菊ちゃんの事は一言も話しませんでしたからねぇ、小百合さんは何も分からなかったでしょうね。僕は、ただ、全く関係ない話を長々と続けましたから。。。

いつものようにでござ~♪~ますか。。。?

そうですよ。。。。でもね、おそらく、この記事を小百合さんが読めば、“塩なめ地蔵”の事をなつかしく思い出すと思うのですよ。


『毘沙門堂と菊ちゃん』より
(2008年1月7日)

でも、上のエピソードは大長寺の毘沙門堂が建てられたこととは全く関係ないじゃありませんかァ!

あのねぇ~、菊ちゃんの祖先の「お菊さん」が捨てられているのを拾って育てたのが藩主の阿部忠秋さんですよ。。。 小百合さんも PART2 を読めば理解できますよ。。。

 


(kiku92.jpg)

『菊ちゃんと阿部忠秋』(PART 2 OF 3)

 

つまり、「お菊さん」のような捨て子の未来が明るいようにと祈願して忍藩主の阿部忠秋さんが建立したのが大長寺の毘沙門堂ですか?。。。

その通りです。。。

ちょっと信じられませんわ。。。

あのねぇ~。。。 昔の人は “信じる者は救われる!” と言ったのですよ。。。 だから、小百合さんも僕の言うことを信じて、幸せな人生を送ってねぇ~。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~~

あなたも、忍藩主の阿部忠秋さんが「お菊さん」のような捨て子の未来が明るいようにと祈願して建立したのが大長寺の毘沙門堂だなんて 信じられないでしょう?

ええっ。。。 「そんなことは どうでもいいから他にもっと面白い話をしろ!」

あなたは、あたくしに そのようにご命令なさるのでござ~ますかァ~?

分かりましたわァ。。。 あなたがそのようにおっしゃるのであれば、

2020年元旦にバンクーバーで第100回寒中水泳があったのでござ~ますわよう。

その模様をお見せしますわねぇ~。。。

 


(polswim03.jpg)


(polswim01.jpg)


(polswim02.jpg)


(polswim04.jpg)

 

ええっ。。。 「寒中水泳など つまらんから、もっと面白い話をしろ!」

あなたは、さらに、そのような強い口調で あたくしにご命令なさるのですかァ~?

分かりましたわァ~。。。

個人的なお話ではありますけれど、

次の検索結果を見てくださいまし。。。

 


(gog60409a.png)

『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

「卑弥子 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわよう。

うふふふふふふ。。。

あなたも、ビックリするでしょう?

ジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわァ。

 


(buttdimp5.jpg)

 

どうでござ~ますかァ?

ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?

どうしてよう?

ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ~ますかァ~?

あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、

最後には上のようなおヌードになるのですわよう。

信じてくださいましなァ~。。。

 

ところで、小百合さんが なぜ「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれているのか?

ご存知でござ~♪~ましょうか?

なぜ。。。?

実は簡単な事なのですわよう。

 


(sayuri80.jpg)

 

小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。

小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですってぇ~。。。

分からない事ではござ~ませんわァ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。

現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。

 


(suikyu9.jpg)

 

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

 

軽井沢・雲場池の紅葉

軽井沢のイルミネーション

秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩

 

とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。

だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。

じゃあねぇ~~。


(hand.gif)


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『日本男児@パワースポット』

■ 『タケモトピアノ 苦情』

■ 『母と暮せば』

■ 『国道17号バイパスの奇跡』

■ 『伽哩夫人』

■ 『年賀状@富岡』

■ 『愛のジェローだよ』

■ 『愛の果実』

■ 『桜を想いながら』

■ 『去年の秋の食欲』

■ 『パンツとブラと餃子』

■ 『軽井沢タリアセン夫人@バンクーバー』

■ 『釜めし@バレンタイン』

■ 『タリアセン夫人と洋画』

■ 『ロマン@尾瀬ヶ原』

■ 『タリアセン夫人の夢』

■ 『夢の素遺伝子』

■ 『さけ茶づけ@バレンタイン』


(compie1b.jpg)

■ 『コンピエーニュから』

■ 『焼きそば@バレンタイン』

■ 『思い出のバレンタイン』

■ 『酒巻ミステリー』

■ 『縄文人と弥生人は惹かれあう?』

■ 『バレンタインを探して』

■ 『ラビオリ物語』

■ 『キャドバリーチョコ』

■ 『ジュネーブの休日』

■ 『定禅寺ジャズ』

■ 『いしぶみ』


(noten15.jpg)

■ 『軽井沢夫人@雲場池』

■ 『イタリアの空の下』

■ 『トロントの空の下』

■ 『チンチン@ロブソン』

■ 『バレンタイン@スイス』

■ 『熟女4人5脚@神戸』

■ 『中将湯と華宵御殿』

■ 『枯葉とチョコレート』

■ 『ロマン電車』

■ 『グルメの思い出』

■ 『上流夫人@水原市』

■ 『七つ星ロマン』

■ 『富士山@ルート66』


(sayuri811.jpg)

■ 『カフェdeロマン』

■ 『機内映画』

■ 『洲浜を探して』

■ 『夢のような話』

■ 『軽井沢の夜光』

■ 『恋人たちの小径』

■ 『サワークリームグレーズド』

■ 『優美な日本女性』

■ 『氷河期がやってくる』

■ 『カラスとおばさんパンツ』

■ 『花のまわりで』


(fragran11.jpg)

■ 『優美な女性@コルドバ』

■ 『バレンタインを見つけて』

■ 『ケリスデール』

■ 『オペラ@バンクーバー』

■ 『ヴィクトリア女王とアブドゥル』

■ 『愛とお馬さん』

■ 『チョンタ 点心』

■ 『胸が苦しく懐かしい』

■ 『レンコンの挟み揚げ』

■ 『若返りホルモン』

■ 『自作バーガー』


(coffeeluv1.jpg)

■ 『しょうがパン』

■ 『埼玉村の不発弾』

■ 『愛の果実を探して』

■ 『ジェミマおばさん』

■ 『世界のパン屋さん』

■ 『インド料理屋』

■ 『命の値段』

■ 『ケリスデールはどこ?』

■ 『ヤブ医者にうんざり』

■ 『酢卵のすすめ』

■ 『新城と映画』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『虹のケーキ』

■ 『軽井沢ブーム』

■ 『こんにちわ@ベナン』

■ 『レオニダス』

■ 『恋している人の前で』

■ 『バターミルクビスケット』

■ 『軽井沢で』

■ 『軽井沢南口』

■ 『ロマン@雲場池』

■ 『皇后のトイレ』

■ 『M女史とは誰か?』

■ 『ゼリーフライのふるさと』

■ 『災難は忘れた頃にやって来る』


(bare02b.gif)

こんにちは。ジューンです。

日本のハーブティーは、なんといっても桜湯だそうですけれど、


(sakurate.jpg)

カナダ、アメリカ、イギリスではハーブティーとして

ローズティーが好まれています。

普通、ローズヒップティーと呼ばれます。

ローズヒップ(rose hip)とは

バラ科バラ属の植物の果実。

つまり、バラの実です。

ローズヒップ生産のため、バラの特定品種、

特にRosa canina(ドッグ・ローズ)が栽培されています。

ハイビスカスとブレンドしたハーブティとして飲用されることもあります。

また、ローズヒップオイルは食用油として、

ジャム、ジェリー、マーマレードにも用いられるほか、

スキンケアにも用いられます。

こんなエピソードがありました。

第二次世界大戦中、

イギリスはドイツ海軍Uボートの海上封鎖により

オレンジの輸入がストップしたのです。

ビタミンCの補給ができなくなったのです。

それで、英国の学童たちは生垣に生えている

ローズヒップの採集を命じられました。

ローズヒップティーにして飲んで

ビタミンCを補給したのですって。。。


(rosehip.jpg)

なんだか信じられないようなお話ですよね。

ところで、英語の面白い話を集めました。

時間があったら覗いてみてください。

■ 『あなたのための愉快で面白い英語』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。


(chirashi.jpg)


(bravo.gif)

村上春樹を読む

 

村上春樹を読む

 


(gohou99.jpg)


(question.gif)


(junko05.gif)


(junko11.jpg)

デンマンさん。。。 最近、村上春樹さんの小説を読んだのですか?


(kato3.gif)

いや。。。 僕は自慢じゃないけれど、村上さんの小説は一冊も全ページを読んだことがないのですよ。。。

それなのに、どうして村上春樹を読むというタイトルにしたのですか?

あのねぇ~、僕は彼の小説は読んでないけれど、ノンフィクションは読んでいるのですよ。。。 つい最近、バンクーバー市立図書館で借りて『約束された場所で』を読みました。。。 僕は、なぜ、彼の小説を読まないのか?

なぜですか?

その答えが本の中の次の箇所に書いてあるのですよ。。。

 


(yakusoku2.jpg)

 

ひょっとしてこれは本当に

オウムがやったのかもしれない

 

狩野浩之 1965年生まれ

大学在学時に体をこわし、オウム真理教の主宰するヨーガ道場に通うようになり、わずか20日後に麻原彰晃から出家を勧められ、その5ヵ月後に出家した。
古参のサマナ(出家者)で、地下鉄サリン事件当時は科学技術省に所属し、そこで主にコンピュータを扱う作業に従事していた。

6年間におよぶ教団内での生活は、地下鉄サリン事件によって、その平穏が破壊されるまでは、彼にとっては曇りひとつなく素晴らしいものだった。

 (22ページ)

狩野: 現代の科学というものはすごくよく考えられたものだし、よくできたものです。
ですからそれを使って数学的に理屈を組み立てていけば、かなり精巧なレベルの体系だできると思います。
オウムの中にも、すごく価値のある部分はあります。

私としてはそういう血とか肉になる部分を残していきたい。
宗教という形ではもう駄目だなと、個人的に思うんです。
自然科学として理論化しないといけないと。

科学的に測定できないものにはあまり興味が持てません。
興味がないというか、それじゃ説得力がないから、まわりの人たちにもその利益を還元することができませんよね。

測定できないものが力を持つようになると、その結果オウムみたいになっちゃう可能性もあるわけですしね。
測定できるということによって、そういう危険性はかなり排除できると思うんです。

村上: ただその測定がどこまで真実かというのは、立場やものの見方によって違ってくる場合もあります。
データの採用が恣意的になるおそれもあります。
これだけの測定で充分なのかどうかを判断しなくてはならないし、測定する機械がどこまで信用できるかということもあります。

狩野: そのへんの統計的な構築の仕方というのは普通の医学と一緒でいいと思うんです。
こういう症状が出たらこうですよとか、こういう症状にこういうことをやったらこうなりますとか。

村上: あの、あなたは小説って読めないでしょう?

狩野: ええ、小説読めないです。 3ページくらいで忍耐力に限界がきちゃいます。

 (34-35ページ)

村上: 僕は意識の焦点をあわせて、自分の存在の奥底のような部分に降りていくという意味では、小説を書くのも宗教を追求するのも、重なり合う部分が大きいと思うんです。
そういう文脈で、僕は彼らの語る宗教観をある程度正確に理解できたという気がします。

でも違うところは、そのような作業において、どこまで自分が主体的に最終的な責任を引き受けるか、というところですよね。
はっきり言って、僕らは作品というかたちで自分一人でそれを引き受けるし、引き受けざるを得ないし、彼らは結局それをグルや教義に委ねてしまうことになる。
簡単にいえばそこが決定的な差異です。

 (295ページ)

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


『約束された場所で』
underground2
著者: 村上春樹
2015年1月15日 第13版発行
発行所: 株式会社 文藝春秋

 

村上さん自身が、理系の狩野さんに対して「あなたは小説って読めないでしょう?」 と尋ねて、狩野さんも「小説読めないです。3ページくらいで忍耐力に限界がきちゃいます」と答えてますねぇ~。。。 デンマンさんも、日本では理系でコンピューターをやっていたのですよねぇ~?

そうです。。。 でも、あのサリン事件が起きた時には僕はバンクーバーで暮らしていたのです。。。 アサハラ・ショウコとラジオ・ニュースのアナウンサーが言ったので、初め、僕は教祖は女だと思い込んでいたのですよ。。。 あとでネットで調べたら、ヒゲモジャの男の写真が出てきたので、笑いましたよ。。。

事件当時デンマンさんが日本で暮らしていたら、オウム真理教の信者になって地下鉄でサリンを撒いていたんじゃありませんかァ?

やだなあああァ~。。。 僕は宗教に対して、ある種の拒否反応を示すのですよ。。。

あらっ。。。 マジで。。。?

実は、僕が日本で暮らしていた当時、僕の家族は宗教が てんでんバラバラだったのですよ。。。 お袋と次男は創価学会の会員です。。。 親父は日蓮宗。。。 三男は密教系の阿含宗。。。 長男の僕は無宗教。。。 だから、僕は死んでも葬式一切しないのですよ。。。

デンマンさんは亡くなったら、どうするのですか?

遺書には、「ついでの時に、南太平洋のサンゴ礁の海に散骨して欲しい」と書いてあります。。。

マジで。。。? そういう人は珍しいのではありませんか?

カナダでは死んだあとで、墓に埋めずに散骨する人は意外に多いですよ。。。

。。。で、デンマンさんが小説を読めない理由は、狩野さんと同じ理由ですか? 「自然科学として理論化しないといけないと。 科学的に測定できないものにはあまり興味が持てません」と言うことですか?

いや。。。 全く同じ理由ではありません。。。 司馬遼太郎、山本周五郎、城山三郎、杉本苑子、新田次郎、藤沢周平、松本清張、吉村昭、有吉佐和子、森鴎外、夏目漱石が書いた歴史小説や時代小説などは、けっこう読んでいるのですよ。。。

村上さんの小説が読めないというのは、どういうことですか?

村上さんは「自分の存在の奥底のような部分に降りていくという意味では、小説を書くのも宗教を追求するのも、重なり合う部分が大きいと思うんです」と言っている。。。 僕は、村上さんのエッセーやノンフィクションは、けっこう読んでいるのです。。。

でも、村上さんの小説は読めないのですか?

自分の存在の奥底のような部分に降りていくという書き方は、上に挙げた小説家の書き方とは完全に違っているとジュンコさんは思いませんか?

確かに、自分の存在の奥底のような部分に降りていくと、少なくとも歴史小説は書けないでしょうねぇ~。。。

歴史小説というのは、他の小説と違って、例えば、SFなどとは違って、歴史的事実に即して書いている。。。 そういう点で、読んでいて僕には受け入れ易いのですよ。。。 ところが書評で読むと、村上さんの小説は、「自分の内的な夢想の世界をつむぎだす」というように、なんとなく事実性や科学性が感じられない。。。 少なくとも、僕には自分の存在の奥底のような部分に降りてゆき、「自分の内的な夢想の世界をつむぎだす」小説は、事実性や普遍性や科学性が感じられないから嫌いなのですよ。。。

つまり、りんごが嫌いな人はりんごを食べない、という理由ですか?

端的に言えば、そういうことです。。。 村上さんの存在の奥底と、僕の存在の奥底では、かなりの開きがあるような感じがするのですよ。。。 それは狩野さんの言うとおり、僕にとって、彼の小説は3ページくらいで忍耐力に限界がきちゃいます。。。 でも、海外でも、これだけ読まれているし、彼のファンはたくさんいるのだから、そろそろノーベル賞をあげるべきだと僕は思います。。。

でも、評論家の中には、村上さんの小説は無国籍だから、ノーベル賞に値しないと言う人もいますよね。。。

確かに次のように書いていた人がいた。

 


(osakaben2.jpg)

 

関西弁を捨てた村上春樹

 

「週刊朝日」連載の『村上朝日堂の逆襲』は1986年に単行本化されたが、そこに「関西弁について」という文章がある。 (略)

東京に出てきていちばん驚いたことは僕の使う言葉が1週間のうちにほぼ完全に標準語ーーーというか、つまり東京弁ですねーーーに変わってしまったことだった。
僕としてはそんな言葉これまでに使ったこともないし、とくに変えようという意識はなかったのだが、ふと気がついたら変わってしまっていたのである。
気がついたら、「そんなこと言ったってさ、そりゃわかんないよ」という風になってしまっていたのである。

同じ時に東京に出てきた関西の友達には「お前なんや、それ。 ちゃんと関西弁使ったらええやないか、アホな言葉を使うな」と非難されたけれど、変わっちゃったものはもうどうしようもないのである。(新潮文庫、25頁)

 (中略)

毎年のようにノーベル文学賞候補に上がる「村上春樹のブンガク性」は、無国籍的だと指摘され続けてきたが、母語であった関西弁を捨てたところから始まっているといえるだろう。

 (111-112ページ)

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


『大阪弁ブンガク論』
著者: 江 弘毅
2018年7月2日 第1版発行
発行所: ㈱ミシマ社

 

りんごが嫌いな人は、めったに居ません。。。 僕は例えで「りんごが嫌い!」と言うわけだけれど、村上春樹の小説が嫌いなのですよ。。。  でもねぇ~、日本を含めて、世界にはおそらく少なく見積もっても4000万人のハルキストが居ると思うのですよ。。。

つまり、村上さんの小説を読んで、素晴らしいと思う人が世界にはたくさん居るということですか?

そうですよ。。。 彼の小説は、他のどの日本人小説家よりも多くの国(36言語)で翻訳されているし、売り上げだけを見ても、世界の読者を合わせれば、少なくとも4000万人は居るはずですよ。。。

 


(norway20.jpg)

 

『ノルウェイの森』の発行部数1000万部突破

2009-08-05 14:00

 

作家・村上春樹氏の長編小説『ノルウェイの森』(講談社)の国内総発行部数が、5日に増刷を行ったことで上下巻合計1000万部を突破したことが明らかになった。

同作は1987年に発表された村上氏の代表作品で、2010年には松山ケンイチ、菊地凛子を主演に同作の映画が公開されることでも話題になっている。

発行元の講談社によると、同作は単行本、旧版・新版の文庫本が発行されているが、今回文庫本の上巻を6万部、下巻を5万部増刷したことで、総計1000万3400部に達したという。

同作は主人公と友人の恋人を軸に、青春の葛藤や恋心、喪失感、死生観、成長などが描かれた作品。

欧米、アジア圏など多数の言語で翻訳され、国内外で読まれている。

同作の映画化以外にも、今年2月には村上氏がイスラエルの文学賞『エルサレム賞』を欧米言語以外の作家として初受賞し、今年5月に発売された5年ぶりの新作『1Q84』(新潮社)が早くもベストセラーになるなど、同氏の作品への注目度がひときわ高まっている中での1000万部突破となった。

 

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


『ORICON NEWS』より

 

それなのに、どういうわけでノーベル文学賞がもらえないのですか?

簡単な理由ですよ。。。 リンゴが嫌いなように、ノーベル文学賞選考委員の多くが村上さんの小説が嫌いなのですよ。。。 現在の選考委員を若い人に入れ替えない限り、村上さんがノーベル賞をもらう可能性はありません!


(laugh16.gif)

【ジューンの独り言】


(bare02b.gif)

ですってぇ~。。。

あなたも、村上春樹さんの小説は嫌いですか?

ええっ。。。 「そんなことはどうでもいいから、他に何か面白いことを話せ!」

あなたは、そのように わたしにご命令なさるのですか?

分かりましたわ。。。 じゃあ、面白い動画をお目にかけますわ。。。

ワンワンちゃんが人間の言葉をしゃべります!

 


(dog810.jpg)

 

ええっ。。。? 「そんな馬鹿バカしい動画など、どうでもいいから、何か他に面白い話をしろ!」

あなたは、また そのような命令口調で わたしに強要するのですか?

わかりましたわァ。。。

では、たまには日本の歴史の話も読んでみてくださいなァ。

日本の古代史にも、興味深い不思議な、面白いお話がありますわァ。

次の記事から興味があるものをお読みくださいねぇ~。。。


天武天皇と天智天皇は

同腹の兄弟ではなかった。 

天智天皇は暗殺された 

定慧出生の秘密 

藤原鎌足と長男・定慧 

渡来人とアイヌ人の連合王国

なぜ、蝦夷という名前なの?

平和を愛したアイヌ人

藤原鎌足と六韜

古事記より古い書物が

どうして残っていないの?

今、日本に住んでいる人は

日本人でないの?

マキアベリもビックリ、

藤原氏のバイブルとは?

ところで、他にも面白い記事がたくさんあります。

興味のある方は次の記事も読んでみてくださいね。

 


(sunwind2.gif)


『宮沢りえと床上手な女』

『MH370ミステリー』

『なぜ死刑廃止?』

『真犯人はそこにいる』

『MH370ミステリー裏話』

『お裁きを信じますから』

『ジャルパックと国際化』

『古代ローマのセックス』


(nopan05.png)

『CIAとノーパン』

『エロいローマ再び』

『エロいけれどためになる話』

『えろあくにめ温泉』

『エロいけれどためになる』

『地球上のネット普及率』

『原発はダメだったのに』


(sylvie500.jpg)

『スカートをはいた兵隊』

『行田シンドローム』

『幻の暴走機関車』

『CIA@NOパンツ』

『エリュトゥラー海案内記』

『伊藤若冲 ランブータン』

『知的快楽』


(teacher9.jpg)

『シャフリ・ソフタ』

『閨房でのあしらい』

『漱石とグレン・グールド』

『女性の性欲@ラオス』

『美学de愛と性』

『女の本音』

『にほん村からの常連さん』

『日本初のヌードショー』

『可愛い孫』

『ネットで広まる』

『なぜブログを書くの?』

『アルゼンチンから』

『潮吹き』

『ヨッパライが帰ってきた』


(ken203h.jpg)

『後家殺し』

『奇想天外』

『下女のまめは納豆』

『オペラミニ』

『三角パンツ』

『サリーの快楽』

『ラーメン@ゲブゼ市』

『安心できない@病院』

『ブルマー姿@自転車』

『女性の性欲研究』

『頭のいい馬』


(miya08.jpg)

『トランプ@マラウイ』

『きれじ』

『コッペパン』

『くだらない話』

『大蛇が破裂』

『グルーヴ』

『タスマニアデビル』

『女と反戦』

『裸女に魅せられ』

『素敵な人を探して』

『カクセンケイ』

『博士の異常な愛情』

『パレートの法則』

『こんにちわ@ブリュッセル』

『いないいないばあ』

『食べないご馳走』

『10分間に900件を越すアクセス』

『5分間に340件のアクセス』

『縦横社会』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に
ネットサーフィンしましょう。
じゃあね。バーィ。


(hand.gif)



(spacer.png+betty5de.gif)
(hiroy2.png+betty5d.gif)
『スパマー HIRO 中野 悪徳業者』

 


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)

『卑弥子の源氏物語』

『平成の紫式部』

■ めれんげさんの『即興の詩』

■ めれんげさんの『極私的詩集』

Jagel - Soft Japanese Bagel
(bagel702.jpg)

■ “JAGEL – Soft Japanese Bagel”


(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(beach02.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(rengfire.jpg)


(byebye.gif)

Richard III

 

Richard III

 


(richard3k.jpg)


(richard3.jpg)


(richard3e.jpg)

 


(diane02.gif)

Kato. . . Why do you pick up Richard III?


(kato3.gif)

Actually, I rented a DVD at Vancouver Public Library and watched the following documentary. . .

 


(lib00113c.gif)


“Zoom In”

“Actual page”

 

 

Are you interested in the history of England during the medieval period?

I’m not particularly interested in the Middle Ages of England. . . However, I pick up Richard III today because I find a grammatically wrong sentence in the cover of the said DVD. . . Please have a look at the following sentence. . .

 


(richard3p.jpg)

 

In 2001, a group of archaeologists made an incredible find:Buried beneath a parking lot they uncovered the bones of King III, hunchbacked, with an arrow through the spine.

Richard is considered by many as the most evil king to have ruled England.

He is also renowned as a fearsome warrior, despite the extreme curvature of his spine.

Now, scientists are testing the bones to learn and training a “body double” in medieval battlefield techniques to determine

whether Richard could have fought so ferociously with such a severe deformity.


The back of the DVD (Branch Call Number:942.046 R43s)

Don’t you think the above sentence in red is grammatically wrong?

What’s wrong with the above sentence?

Well, when I studied English grammar in high school, my teacher taught me that such a “past participle clause” is a typical mistake. . .

 


(richard3a.jpg)

 

Buried beneath a parking lot,

the archaeologists uncovered the bones

of King III, hunchbacked,

with an arrow through the spine.

 

Is there a grammatical error in the above sentence?

So, Diane, you think the above sentence has nothing wrong, don’t you?

I don’t think it’s particularly wrong. . .

Well, the part in red above is called “past participle clause”. . . For example, the correct usage is as follows. . .

 


(battery2.jpg)

 

Used efficiently,

the PC’s battery will last longer.

 

If you write a full sentence, it will be as follows. . .

 


(battery3.jpg)

 

If it is used efficiently,

the PC’s battery will last longer.

 

Sure, it sounds alright to me. . .

If I write the above problematic sentence in full, it will be as follows. . .

 


(richard3q.jpg)

 

While the archaeologists (NOT the bones) were

buried beneath a parking lot,

the archaeologists uncovered the bones

of King III, hunchbacked,

with an arrow through the spine.

 

In the above sentence, you see, the archeologists were buried in the parking lot. . . It sounds quite wrong, if not extremely funny. . . The correct sentence shoule be written like this:

 


(richard3p.jpg)

 

Buried beneath a parking lot,

the bones were uncovered by the archaeologists.

 

I see. . . . “Past participles clauses” are rarely used in conversation, so even the native speakers tend to make a mistake. . . Now, I know that both subjects (“bones” in this case) must match, huh?

That’s right. . . In addition, Richard III had an abnormal spine, but it was not a so-called hunchback. . .

 


(hunchbk2.jpg)

The Hunchback of Notre Dame


hunch·back

/ˈhən(t)SHbak/

noun: hunchback; plural noun: hunchbacks

a back deformed by a sharp forward angle, forming a hump, typically caused by collapse of a vertebra.

•dated•offensive

a person with a hunchback.


Definition by GOOGLE

 

In fact, Richard III had severe scoliosis.

 

Richard III

 


(richard3k.jpg)

 

Richard III (2 October 1452 – 22 August 1485) was King of England and Lord of Ireland from 1483 until his death in 1485.
He was the last king of the House of York and the last of the Plantagenet dynasty.
His defeat and death at the Battle of Bosworth Field, the last decisive battle of the Wars of the Roses, marked the end of the Middle Ages in England.
He is the protagonist of Richard III, one of William Shakespeare’s history plays.

When his brother Edward IV died in April 1483, Richard was named Lord Protector of the realm for Edward’s eldest son and successor, the 12-year-old Edward V.
Arrangements were made for Edward’s coronation on 22 June 1483.
Before the king could be crowned, the marriage of his parents was declared bigamous and therefore invalid.

Now officially illegitimate, their children were barred from inheriting the throne.
On 25 June, an assembly of lords and commoners endorsed a declaration to this effect and proclaimed Richard as the rightful king.
He was crowned on 6 July 1483.

The young princes, Edward and his younger brother Richard, Duke of York, were not seen in public after August and accusations circulated that they had been murdered on Richard’s orders.

There were two major rebellions against Richard during his reign.
In October 1483, an unsuccessful revolt was led by staunch allies of Edward IV and Richard’s former ally, Henry Stafford, 2nd Duke of Buckingham.
Then in August 1485, Henry Tudor and his uncle, Jasper Tudor, landed in southern Wales with a contingent of French troops and marched through Pembrokeshire, recruiting soldiers.

Henry’s forces defeated Richard’s army near the Leicestershire town of Market Bosworth.
Richard was slain, making him the last English king to die in battle.
Henry Tudor then ascended the throne as Henry VII.

Richard’s corpse was taken to the nearby town of Leicester and buried without pomp.
His original tomb monument is believed to have been removed during the English Reformation, and his remains were lost, as they were believed to have been thrown into the River Soar.

In 2012, an archaeological excavation was commissioned by the Richard III Society on the site previously occupied by Greyfriars Priory Church.
The University of Leicester identified the skeleton found in the excavation as that of Richard III as a result of radiocarbon dating, comparison with contemporary reports of his appearance, and comparison of his mitochondrial DNA with that of two matrilineal descendants of Richard III’s eldest sister, Anne of York.
He was reburied in Leicester Cathedral on 26 March 2015.

 

Discovery of remains

On 24 August 2012, the University of Leicester and Leicester City Council, in association with the Richard III Society, announced that they had joined forces to begin a search for the remains of King Richard.

The search for Richard III was led by Philippa Langley of the Society’s Looking For Richard Project with the archaeological work led by University of Leicester Archaeological Services (ULAS).

Experts set out to locate the lost site of the former Greyfriars Church (demolished during Henry VIII’s dissolution of the monasteries), and to discover whether his remains were still interred there.

By comparing fixed points between maps in a historical sequence, the search located the Church of the Grey Friars, where Richard’s body had been hastily buried without pomp in 1485, its foundations identifiable beneath a modern-day city centre car park.

On 5 September 2012, the excavators announced that they had identified Greyfriars church and two days later that they had identified the location of Robert Herrick’s garden, where the memorial to Richard III stood in the early 17th century.
A human skeleton was found beneath the Church’s choir.

Improbably, the excavators found the remains in the first location in which they dug at the car park.
Coincidentally, they lay almost directly under a roughly painted R on the tarmac.
This had existed since the early 2000s to signify a reserved parking space.

On 12 September, it was announced that the skeleton discovered during the search might be that of Richard III.
Several reasons were given: the body was of an adult male; it was buried beneath the choir of the church; and there was severe scoliosis of the spine, possibly making one shoulder higher than the other (to what extent depended on the severity of the condition).

Additionally, there was an object that appeared to be an arrowhead embedded in the spine; and there were perimortem injuries to the skull.
These included a relatively shallow orifice, which is most likely to have been caused by a rondel dagger, and a scooping depression to the skull, inflicted by a bladed weapon, most probably a sword.

Additionally, the bottom of the skull presented a gaping hole, where a halberd had cut away and entered it.
Forensic pathologist Dr Stuart Hamilton stated that this injury would have left the individual’s brain visible, and most certainly would have been the cause of death.
Dr Jo Appleby, the osteo-archaeologist who excavated the skeleton, concurred and described the latter as “a mortal battlefield wound in the back of the skull”.

The base of the skull also presented another fatal wound in which a bladed weapon had been thrust into it, leaving behind a jagged hole.
Closer examination of the interior of the skull revealed a mark opposite this wound, showing that the blade penetrated to a depth of 10.5 centimetres (4.1 in).

In total, the skeleton presented ten wounds: four minor injuries on the top of the skull, one dagger blow on the cheekbone, one cut on the lower jaw, two fatal injuries on the base of the skull, one cut on a rib bone, and one final wound on the pelvis, most probably inflicted after death.
It is generally accepted that postmortem, Richard’s naked body was tied to the back of a horse, with his arms slung over one side and his legs and buttocks over the other.
This presented a tempting target for onlookers, and the angle of the blow on the pelvis suggests that one of them stabbed Richard’s right buttock with substantial force, as the cut extends from the back all the way to the front of the pelvic bone and was most probably an act of humiliation.

It is also possible that Richard suffered other injuries which left no trace on the skeleton.

British historian John Ashdown-Hill had used genealogical research in 2004 to trace matrilineal descendants of Anne of York, Richard’s elder sister.
A British-born woman who emigrated to Canada after the Second World War, Joy Ibsen (née Brown), was found to be a 16th-generation great-niece of the king in the same direct maternal line.
Joy Ibsen’s mitochondrial DNA was tested and belongs to mitochondrial DNA haplogroup J, which by deduction, should also be the mitochondrial DNA haplogroup of Richard III.

Joy Ibsen died in 2008.
Her son Michael Ibsen gave a mouth-swab sample to the research team on 24 August 2012.
His mitochondrial DNA passed down the direct maternal line was compared to samples from the human remains found at the excavation site and used to identify King Richard.

On 4 February 2013, the University of Leicester confirmed that the skeleton was beyond reasonable doubt that of King Richard III.
This conclusion was based on mitochondrial DNA evidence, soil analysis, and dental tests (there were some molars missing as a result of caries), as well as physical characteristics of the skeleton which are highly consistent with contemporary accounts of Richard’s appearance.


Source:”Richard III of England”
From Wikipedia, the free encyclopedia

 

Scoliosis

 


(richard3e.jpg)

 

Scoliosis is a medical condition in which a person’s spine has a sideways curve.

The curve is usually “S”- or “C”-shaped over three dimensions.

In some, the degree of curve is stable, while in others, it increases over time.

Mild scoliosis does not typically cause problems, but severe cases can interfere with breathing.

Typically, no pain is present.

The cause of most cases is unknown, but it is believed to involve a combination of genetic and environmental factors.

Risk factors include other affected family members.

It can also occur due to another condition such as muscles spasms, cerebral palsy, Marfan syndrome, and tumors such as neurofibromatosis.

Diagnosis is confirmed with X-rays.

Scoliosis is typically classified as either structural in which the curve is fixed, or functional in which the underlying spine is normal.

Treatment depends on the degree of curve, location, and cause.

Minor curves may simply be watched periodically.

Treatments may include bracing, specific exercises, and surgery.

The brace must be fitted to the person and used daily until growing stops.

Specific exercises may be used to try to decrease the risk of worsening.

They may be done alone or along with other treatments such as bracing.

Evidence that chiropractic manipulation, dietary supplements, or exercises can prevent the condition from worsening is weak.

However, exercise is still recommended due to its other health benefits.

Scoliosis occurs in about 3% of people.

It most commonly occurs between the ages of 10 and 20.

Females typically are more severely affected than males.

The term is from Ancient Greek: σκολίωσις, romanized: skoliosis which means “a bending”.


Source:”Scoliosis”
From Wikipedia, the free encyclopedia

 

The staff in charge of DVDs at Vancouver Public Library recognized the mistake, and rewrote as follows:. . .

 


(richard3p.jpg)

 

In 2011, a group of amateur historians made an incredible archaeological find:the bones of King Richard III, hunchbacked, with an arrow through the spine.

Now, scientists are testing the bones to find out more about the king and also conducting fascinating experiments to determine whether Richard could have fought so ferociously in battle with such a severe deformity.

 

But hunchbacked remains as before. . .

Nobody is perfect. . . .


(dianelin3.jpg)


(laughx.gif)

【Himiko’s Monologue】


(himiko22.gif)

You might wonder how King Richard III remains were discovered and confirmed.

Here is the answer for you, and take a close look at the following video clip.

 


(richard3r.jpg)

 

Wnat do you think about the above movie?

You don’t like an excavation story, do you?

Well… here’s a mood-changing clip just for you.

Gess what?… You can now laught to the last tears.

 


(mrmathane.jpg)

  Mr. Mathane

 

In any road, I expect Kato will write another interesting article soon.

So please come back to see me.

Have a nice day!

Bye bye …


(hand.gif)


(renge400.jpg)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:


(cook002.jpg)

“JAGEL”

“JAGEL Again”

“Say NO!”

Happy Gal in Canada

Roof of Vancouver

Aftershock

Whiplash

Sex Appeal

Better Off Without Senate

Fire Festival

Sweets@Paris

Scary Quake

MH370 Mystery

Putin’s Way

Trump @ Vancouver

Otter & Trump


(juneswim.jpg)

Changeling

Fiddler on the Roof

Flesh and Bone

Maiden’s Prayer

Romeo & Juliet

Trump @ Joke

Halloween in Shibuya

Trump Shock

Happy New Year!


(biker302.jpg)

Life or Death

Way to Millionaire

Adele Hugo

Middle Sexes

Romance@Madison

Hacksaw Ridge

Eight the Dog

Halloween@Shibuya

Chef Babette


(dianesun.jpg)

Ramen Boom

from Korea

Omakase@Sushi

Crocodile Meat

Killer Floods

Climate of Doubt

Glory of Death

Big Mystery

Hitler and Trump

Hot October

2018 BC Ballot

Bach Collegium Japan

Dolly the Sheep

Golden Shower

Cleopatra

Strange Love

Quartet

Unknown Tragedy

World War B.C.

Mystery of Dimension

Call Girl Mystery

Typhoon & Emperor

Popes@Spotlight

Fireflies


(surfin2.gif)


(bare02b.gif)

Hi, I’m June Adams.

Kato is a real movie lover, who tries to watch 1001 movies.

As a matter of fact, he has already accomplished his goal.


(lib81126a.png)

『Actual List』


(june001.gif)

Kato watched “The Arabian Nights” or “One Thousand and One Nights” as his 1001th movie.

You might just as well want to view it.


(1001nite.jpg)

 


(1001nite10.jpg)

 

The stories in “the Arabian Nights” were collected over many centuries by various authors, translators, and scholars across West, Central, and South Asia and North Africa.

The tales themselves trace their roots back to ancient and medieval Arabic, Persian, Indian, Egyptian and Mesopotamian folklore and literature.

In particular, many tales were originally folk stories from the Caliphate era, while others, especially the frame story, are most probably drawn from the Pahlavi Persian work Hazār Afsān which in turn relied partly on Indian elements.

What is common throughout all the editions of the Nights is the initial frame story of the ruler Shahryār and his wife Scheherazade and the framing device incorporated throughout the tales themselves.

The stories proceed from this original tale.

Some are framed within other tales, while others begin and end of their own accord.

Some editions contain only a few hundred nights, while others include 1,001 or more.


(bellyan15.gif)

ところで、愛とロマンに満ちた

レンゲさんのお話をまとめて

『レンゲ物語』を作りました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

『愛とロマンのレンゲ物語』


(renge730.jpg)

『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。


(bikini901b.jpg)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)