海外美女 新着記事

 

2019年7月25日 (木曜日)

 

海外美女 新着記事

 


(bijo01.jpg)

『拡大する』


(himiko32.jpg)


(himiko22b.gif)

デンマンさん。。。 海外美女 新着記事に あたくしのズロース姿が出てくるのでござ~ますかァ~?


(kato3.gif)

そうなのですよ。。。 卑弥子さんのズロース姿がネットで人気が出ているのですよゥ。

マジで。。。?

卑弥子さんは信じられないのですか?

だってぇ~、これまでにもデンマンさんは あたくしがネットで人気が出てきたと何度も何度もおっしゃったのですわァ~。。。 でも。。。、でも。。。、あたくしには未だに素敵な殿方が現れず、プロポーズしてくださらないのでござ~ますわァ~。。。

あのねぇ~、今度の人気は確かですよ。

その証拠でもあるのでござ~ますかァ~?

ちょっと次のリストを見てください。


(liv90715a.png)


『拡大する』

『パンツと戦争』

これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の日本時間で7月14日の午後3時29分から 15日の午前3時39分までの約12時間の「生ログ」の一部です。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目してください。。。

あらっ。。。 「にほんブログ村」からデンマンさんの「徒然ブログ」にやって来て『パンツと戦争』を読んだネット市民がいたのですわねぇ~。。。

そういうことです。。。 実は、福岡市に住んでいる海城益雄・内科医師が読んだのですよ。。。

あらっ。。。 マジで。。。? また、IPアドレスを調べて海城医師が読んだことを突き止めたのでござますかァ?

そういうことです。。。

 


(ip161216b.png)

 

あらっ。。。 もしかして、上の地図の緑の丸の中に出ている佐田病院で海城医師は患者さんを診ているのでござ~ますかァ~?

そうです。。。 

。。。で、赤いアンダーラインが引いてあるリファラをクリックすると、どのようなページが出てくるのですかァ?

次のページが表示されるのですよ。。。

 


(mur90715a.png)


『拡大する』

『実際のページ』

 

あらっ。。。海城先生は 海外美女・海外美少女 のページを開いたのですわねぇ~。。。

そうです。。。

でも、佐田病院の内科の先生が どういうわけで 海外美女・海外美少女 に関心があるのでござ~ますかァ?

海城先生は30代の独身の医師なのですよ。。。

つまり、お嫁さんを探しているのですか?

卑弥子さん。。。 卑弥子さん。。。 落ち着いてくださいよう! 目がギンギラギンに輝いて、呼吸が激しくなって、ヨダレが口元からタラタラたれていますよ。。。

そのようなことは、どうでもよいのでござ~ますわァ~。。。 つまり。。。、つまり。。。、注目記事 に目が留まって、それで『パンツと戦争』をクリックして読んだのですわねぇ~。。。

その通りですよ。。。

それで、あたくしのパンツ姿が目に留まって、お嫁さんにしたいと思ったのでござ~ますかァ~?

 


(mur90715a2.png)


(himiko32.jpg)

 

でも。。、でも。。。、卑弥子さんは“平成の紫式部”であってぇ、 海外美女・海外美少女 ではないのですよ!

そんなことはござ~ませんわァ!

あれっ。。。 海城医師は卑弥子さんのことを 海外美女 だと確信した。。。、卑弥子さんは、そう思うのですかァ~?

そうですわァ。。。 だってぇ~、あたくしが“卑弥子”だとわかると、男性は次のように検索するのですわァ~。。。

 


(gog60409a.png)

『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

このように多くの男性は「卑弥子 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索するのでござ~ますわァ。。。 つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにする男性が多いのですわよう。。。 うふふふふふふ。。。

そうかなあああァ~。。。?

デンマンさんは信用なさらないのでござ~ますかァ~? あたくしはジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわァ。。。 内科の先生ならば、あたくしの次のお写真を見れば、日本人離れした海外美女の体形だということがすぐに分かるのですわァ~。。。

 


(buttdimp5.jpg)

 

そうかなあああァ~? 内科の先生よりも外科の先生の方が、すぐに見分けがつくのじゃありませんかァ!?

この際、内科とか外科とかはどうでもよいのでござ~ますわァ。。。 海外美女を髣髴(ほうふつ)とさせる、このお尻を見れば、男性はもう絶対に あたくしの虜(とりこ)になってしまうのですわァ~。。。 デンマンさんだって、そう思うでしょう?!

確かに、卑弥子さんの臀部は形がいいのですよ。。。 でも、尻よりもフロントが問題だと思いますよ。。。

分かりましたわァ。。。 では、デンマンさんのためにフロントをお見せしますわァ~。。。

 

  タラあああああァ~!


(curtain5.jpg

 

どうでござ~ますかァ~?

あのねぇ~、卑弥子さん。。。 気持ちはよく分かるけれど、残念ながら海城先生は「卑弥子 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索しなかったのですよ。。。

じゃあ、どうなさったのですか?

だから、海外美女を見るために次の映画を見たのです。。。

金陵十三釵


(flowers2.jpg)

『金陵十三釵』(英語題:The Flowers Of War)は、2011年公開の中国映画。
張芸謀(チャン・イーモウ)監督作品。
日本未公開。
題名は『紅楼夢』の『金陵十二釵』に由来する。

南京事件を題材としたフィクション作品で、中国映画史上最高額となる製作費6億元(約78億円)を投じた超大作であり、2011年の中国の年間総興行第1位(約71億円)と大ヒットし、中国社会に大きな影響を与えた。
第84回アカデミー賞外国語映画賞中国代表作品。

ストーリー

舞台は日中戦争下、1937年の南京。

南京へ侵攻してきた日本軍から迫害を受け教会の建物の中へ逃げ込んだ中国人女子学生ならびに娼婦らを米国人納棺師ジョン(クリスチャン・ベール)が聖職者になりきり匿い救う。

日本軍士官長谷川は女学生たちを保護する約束をするが、同時に彼女等がパーティーで賛美歌を合唱するよう要求する。

女子学生たちを助けるために、一緒に避難していた12人の娼婦と1人の少年侍者が女子学生に扮装し身代わりとして日本軍の南京陥落パーティーに赴き、その隙にジョンは修理された教会のトラックと密かに入手した通行証で女子学生たちを南京から救出する。

中国社会への影響

日本兵によるリアルで残虐な戦闘シーンや、中国人女性への強姦や輪姦、殺戮シーンなど反日感情を刺激する日本軍の残虐性を強調するシーンが多く、上映中、中国の映画館内では、すすり泣きと日本人を罵倒する声があちこちから聞こえ、またインターネット上にはこの映画の影響を受け反日を叫ぶ書き込みが溢れたという。

この映画を鑑賞した人気歌手の韓紅が中国版ツイッター・新浪微博に日本を罵倒する書き込みをしたところ、インターネット上ではそれに対する賞賛の書き込みがあふれる。

一方で、韓紅の書き込みは「愛国主義の濫用」「品位に欠ける」などの批判もなされるなど、賛否両論の論争となった。


(flowers3.jpg)

  予告編


出典: 「金陵十三釵」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


(flowers5.jpg)

  全編

 

すぐ上の写真を見れば判るように中国の美女がたくさん出てくるのですよ。。。

つまり、あたくしでは“海外美女”として物足りないのでござ~ますかァ~?

あのねぇ~、卑弥子さんは大和撫子(やまと なでしこ)なのですよ。。。 “平成の紫式部”と呼ばれる卑弥子さんは純粋の日本人ですよ。。。 そうでしょう!?

そうでござ~ますわァ~。。。 だったら、“海外美女”と呼ばれることには抵抗があるでしょう?

いいえ。。。 お嫁さんにしてくれる立派な殿方であれば、あたくしのことを“海外美女”と呼んでもかまいませんわァ~。。。

あれっ。。。 卑弥子さんには日本人としての誇りはないのですかァ~?

そのようなけち臭い誇りなど、とっくに捨ててしまいましたわァ~。。。

やだなあああァ~。。。 あの紫式部女史が生きていたら、卑弥子さんのその言葉を聞いて嘆き悲しむと思うのですよ。。。

かまいませんわァ~。。。 素晴らしい殿方がプロポーズしてくださるならば、平安の紫式部が幽霊になって嘆き悲しんだとしても屁とも思いませんわァ~。。。

やだなあああァ~。。。 そこまで結婚に対して卑弥子さんは、なりふり構わずに貪欲なのですかァ~?

いけませんかしら。。。? おほほほほほほ。。。

おほほほほじゃないですよ。。。 「金陵十三釵」に対抗するためにも大和撫子の誇りを持ってくださいよう。。。


(foolw.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif) 

ですってぇ~。。。 

あなたは、「金陵十三釵」に出演している女優さんよりも あたくしの方が魅力的だと思うでしょう?

ええっ。。。 「そんな事は、どうでもいいから、もっと他に面白い話をしろ!」

あなたは、そのように あたくしにご命令なさるのでござ~ますか?

いけすかないお方ァ~。。。

分かりましたわ。

では、話題を変えて 天の川の不思議に迫るクリップを お目にかけますわ。。。

 


(milkyway2.jpg)

 

どうでした?

ええっ。。。 「夜眠れなくなるから、そういう動画は見せるな! 気分直しに何か他に もっと面白いことを話せ!」

あなたは、あたくしに向かって、更にご命令なさるのでござ~ますか?

いけすかないお方ァ~。。。!

分かりましたわァ。。。 あなたが、そうおっしゃるのだったら、まずジューンさんの次の写真をご覧になってくださいまし。。。

 


(senya020b.jpg)

 

千夜一夜物語の衣装を着たジューンさんに魅せられて、女性に成りすます男性が たくさん居るのでござ~ますわァ!

ええっ。。。 信じられないのですかァ?

じゃあ、ちょっと次のYouTubeのクリップを見てくださいまし。。。

 


(xdress02.jpg)

 

いかがでござ~ますかァ~?

男性が女装していると思いますかァ?

あたくしは、素直に信じることができませんわァ~。。。

どうですかァ~? けっこうなものでしょう!?

いつまでも見とれていても仕方がありませんわよゥ。

あなたのために古代史の面白い記事を用意しました。

ぜひ お読みください。

では。。。

天武天皇と天智天皇は

同腹の兄弟ではなかった。 

天智天皇は暗殺された 

定慧出生の秘密 

藤原鎌足と長男・定慧 

渡来人とアイヌ人の連合王国

なぜ、蝦夷という名前なの?

平和を愛したアイヌ人

藤原鎌足と六韜

古事記より古い書物が

どうして残っていないの?

今、日本に住んでいる人は

日本人でないの?

マキアベリもビックリ、

藤原氏のバイブルとは?

とにかく、次回も興味深い記事が続きます。

だから、あなたも、また読みに戻ってきてください。

じゃあ、またねぇ~。。。


(hand.gif)

 

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』


(surfing9.gif)


(sayuri5.gif)

ところで、平成の紫式部こと、卑弥子さんは見かけによらず、京都の女子大学で腐女子に「日本文化と源氏物語」を講義している橘卑弥子・准教授という肩書きを持っています。

卑弥子さんの面白い話をもっと読みたい人は
下のリンクをクリックして読んでみてくださいね。


(maria05.jpg)

『ブログ村のマリア様』

『萌える済子女王』

『ピンク桃色@徒然』

『富沢金山の桜』

『ピンク桃色村』

『紫式部@徒然』

『絵里香@ペルー』

『ペルシャ人の楊貴妃』

『ん?佐伯今毛人』

『文学と歴史とウソ』

『百人一首ミステリー』

『芭蕉と遊女再び』

『映画とロマン@仙台』

『源氏物语中的性描写』

『忘れられた歴史ロマン』


(costa04b.jpg)

『おばさんパンツ@サンホセ』

『聖徳太子のチューター』

『オナラの曲芸』

『死海』

『漱石とオナラ』

『絵里香さん』

『美女とオナラ』

『アンバパーリー』

『ゆっくりと愛し合う』

『見ちゃだめ!』

『二重マチ付きズロース』


(miya08.jpg)

『麻生元総理』

『ネットのバカ女を捜して』

『額田王の歌』

『聖女と娼婦』

『済子女王@萌える』

『ん?堀内亜里?』

『松平春嶽が黒幕?』

『旅行者的早餐』

『なぜ蝦夷なの?』

『プリキュアとヒトラー』

『戦争絶対反対よね』

『怨霊の歴史』

『色欲@歴史』

『紫式部と敗戦』

『ラピスラズリと源氏物語』


(annasalleh.jpg)

『性と愛@古代史』

『仙台を離れて』

『美人とブス@大奥』

『絵の中のウソ』

『阿倍仲麻呂@ベトナム』

『バイクガール』

『六条御息所』

『卑弥子さんの大学』

『元寇と捕虜』

『マキアベリにビックリ』

『痴漢が心配』

『びた一文』

『卑弥子@ブカレスト』

『エロい源氏を探して』

『ラピスラズリの舟形杯』

『平成の紫式部』

『隠元豆と国性爺合戦』

『おばさんと呼ばれて』


(zurose2.jpg)

『女帝の平和』

『アタマにくる一言』

『悪女レオタード@昌原市』

『スウィートビーン』

『ガチで浦島太郎やし』

『ご苦労さま』

『デンマンのはなし』

『卑弥呼の墓』

『室生犀星と人間学』

『松平春嶽ダントツ』

『英語は3語で伝わる』

『くだらない物』

『漢字で体操』

『面白い漢字テスト』


(hama10.jpg)

『放屁女に罰金』

『アヤメとカキツバタ』

『日本の閨房術』

『大団円』

『ペルシャ人@Anzio』

『紀元前のメイフラワー号』

『あたまにくる一言』

『更級日記の作者も見た』

『平安のスバル』

『行田市長選挙@黒い霧』

『日本のエロい文化』

『女のオナラ』

『紫式部と宮本武蔵』

『頼朝の死の謎』

『パンツと戦争』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)


(byebye.gif)