洲浜を探して

 

2018年11月23日 (金曜日)

 

洲浜を探して

 

(hasuimo6.jpg)

(suhamadan3.jpg)

(suhama9.gif)

(salon22.jpg)

(sayuri55.gif)

デンマンさん。。。 洲浜を探しているのですか?

(kato3.gif)

。。。ん? 小百合さんは僕が洲浜を探していると思ったのですか?

だってぇ~、タイトルにそう書いてあるではありませんか!

でも、僕が洲浜を探しているわけではないのですよ。。。

じゃあ、どなたが洲浜を探しているのですか?

その質問に答える前に、まず次のリストを見てください。。。

 

(liv81114a.png)

『拡大する』

『肥後ずいきと洲浜』

 

これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の日本時間で11月13日の午後5時46分から 14日の午前3時42分までの約10時間の「生ログ」の一部です。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目して欲しい。。。

あらっ。。。 11月13日の午後6時39分にGOOGLEで検索して『肥後ずいきと洲浜』を読んだネット市民がいたのですわねぇ~。。。

そうなのですよ。。。 実は、石川県の金沢市に住む須崎菫 (すざき すみれ)さんが読んだのです。。。

また、IPアドレスを調べて、スミレさんが読んだと突き止めたのですか?

そうです。。。

(ip8063b.png) 

 

あらっ。。。 この上の写真の女性が須崎菫さんですか。。。 デンマンさんの『徒然ブログ』にアクセスする女性は、どういうわけで美人ぞろいなのですか?

ジューンさん、ジュンコさん、シルヴィーさん、それに小百合さんという美人がそろっているので、どうしても美人が安心してアクセスするのですよ。。。

信じられませんわ。。。 それで、スミレさんは金沢市で何をしているのですか?

 

(kanaza01.jpg) 

 

実は、金沢大学で歴史文化学コースをとりながら学生生活を送っているのですよ。。。

 

(kanaza02.png) 

 

金沢大学で歴史文化を勉強しているスミレさんが、どういうわけで『肥後ずいきと洲浜』を読んだのですか?

その質問に答えるには、まず次の検索結果を見てください。。。

(gog81114a.png) 

『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

あらっ。。。 「肥後ずいき 洲浜 徒然」と入れて検索したのですわねぇ~。。。

そういうことです。。。 スミレさんは「徒然ブログ」の常連さんなのです。。。

それで「徒然」加えて検索したのですか?

そういうことです。。。 上の検索結果の赤枠で囲んだリンクをクリックすると次のページが出てきます。。。

 

(liv30206e.png) 

『拡大する』

『実際のページ』

。。。で、スミレさんは、何を調べようとしたのですか?

肥後ずいきと洲浜が関係あるのだろうか? スミレさんは、それを調べようとしたのです。。。

。。。で、どのような結果になったのですか?

もちろん、関係があることが判ったのですよ。。。

どのように。。。?

簡単なことです。。。 まず、次の箇所に出くわしたのです。。。

道鏡と孝謙女帝は

性具でも有名

 

Doukyou Armor and Helmet (doukyox1.jpg--332x436)

 

デンマンさん。。。 今日はやらしい話題ですわね?

。。。ん? やらしい話題?

そうですわ。。。 「肥後ずいき」がタイトルに出ていますわ。

やだなあああァ~。。。 小百合さんは「肥後ずいき」はおとなのオモチャだと思っているのですか?

私ではなくデンマンさんこそ、そう思っているのですわ。 だから、「道鏡と孝謙女帝は性具でも有名」というような事を書いているのですわ。

あのねぇ~。。。、僕は短絡的に「肥後ずいき」がおとなのオモチャだとは思ってませんよ。

だったら、どう思っているのですか?

「肥後ずいき」は食べ物なのですよ。 僕の好物です。 次の写真を見てくださいよ。

(hasuimo4.jpg)

(hasuimo5.jpg)

(hasuimo6.jpg)

(hasuimo91.jpg)


『肥後ずいきと洲浜』より

(2013年2月6日)

つまり、「肥後ずいき」はおとなのオモチャだと思っている人もいるけれど、実は食べ物としても知られているとデンマンさんは言いたいのですか?

そうですよ。。。

で、「洲浜」は。。。?

もともとは次のようなモノなのですよ。。。

すはま 【州浜・洲浜】

 

1) 海に突き出た、州がある浜。

(suhama20.jpg)


2) 州浜⑴をかたどった輪郭の台。

   これに岩木・鶴亀(つるかめ)などの飾りをつけたもの。

(suhama21.jpg)

。。。で、この「洲浜」が食べ物になった。

マジで。。。?

鎌倉時代に食べ物として作られたということをスミレさんは知ったのですよ。。。

州浜(すはま)

(suhamadan3.jpg)

 

州浜とは、大豆、青豆を煎って挽いた州浜粉に砂糖と水飴を加えて練りあわせて作る和菓子の一種。

鎌倉時代の京都にあった菓子店「松寿軒」の考案による。

江戸時代には「豆飴」と呼ばれ、のち京都の和菓子店「植村義次」によって作られた豆飴の断面が州浜紋に似ていたため、「州浜(すはま)」という名前になった。

現在では、州浜粉を使った菓子全体を「州浜」・「すはま」と呼ぶようになっている。

(suhamadango.jpg)

すはまだんご


出典: 「州浜」

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小百合さんは、知らない振りをしているけれど、「州浜」が食べ物であることをちゃんと知っていたのですよ。。。

あらっ。。。 デンマンさんは、どうして そんなことまで知っているのですか?

僕とメールの交換をしながら、小百合さんは次のように書いていたのですよ。。。

Subj:小百合さんの風邪が全快するように

バンクーバーの空からマリア様に

お願いいたしますよ。

(maria05.jpg)

Date: 19/12/2007 12:39:12 AM

Pacific Standard Time

From: barclay1720@aol.com

To: fuji@adagio.ocn.ne.jp

 

少し 頭痛が残ってますが薬を飲むほどでなく

今日は母のところに行くつもりです。

健康第一ですよ。

無理しないようにね。

ヽ(´ー`)ノ

健全な心は

健全な体に宿る。

幸せを感じる心は

健全な体に宿る、ですからね。

日曜の納骨はとても遠いところでした。

朝はやく8時半に家をでて、実家の仏壇に父の遺骨を

迎えにいき、群馬の榛名山まで午後の供養に

間に合うよう連れて行きました。 

榛名山ですか。。。

懐かしいですよ。

僕の親父がまだ生きていた頃だから、

(亡くなったのが1999年の1月でした。)

確か1998年の11月か1997年の11月でしたよ。

僕が運転して家族で水上へ行き

その帰りに榛名山までドライブしました。

榛名湖が凍っていて公魚釣り(わかさぎつり)をしている人がたくさん居ましたよ。

 

(haruna12.jpg)

 

なぜ水上(みなかみ)だったのか?

今思い出したら、親父が小学校の校長先生をしていたので、退職後も共済会で安く泊まれる旅館が水上にあったのです。

その旅館を利用するために水上にしたのでした。

親父がビデオ撮影に凝っていて、

カメラを始終動かしていましたよ。

その時のビデオもあるはずです。

家族旅行のビデオを得意げに見せる愚か者が多いのですが、あれを面白がるのは写っている家族だけですよ。(微笑)

でも、いつか機会があったら小百合さんにも見せますよ。(爆笑)

うへへへへ。。。

\(@_@)/

その日はとても風が冷たく

屋根に雪の積もった車がずいぶん走ってました。

うん、うん、うん。。。

分かりますよ。

“赤城おろし”は寒いですからねぇ~。

“榛名おろし”と言うのは、(なぜか?)聞いた事がないですが。。。

帰りの途中 前橋、伊勢崎は

ここ佐野市より大きな町で

子供の好きな本屋 おもちゃ屋 かわったレストラン(外見)があり、せっかく遠くまできたからあちこち寄り道して…

家につくと夜7時。

1日中私の運転でずーっと つかれて

帰り道 頭痛がはじまって風邪をぶり返しました。

そうですよ。

うちの家族も、ドライブインに寄って山菜そばやうどんを食べるのが何よりの楽しみでしたね。

 

(tenzaru5.gif)

 

あれは、前橋の近くだったか?

名物の“黒豚”のトンカツ屋を探しても見つからず、

前橋警察署まで聞きにいったのですよ。

(前橋だったか?はっきりと覚えていませんが。。。)

父はどんな風景を毎日をみていくのかな~?

と思い、墓石のうしろにまわり正面をみました。

何もさまたげる物もなく180度いっぱい

大地と空だけでした。

大地なんておおげさで 普段使わない言葉です。

榛名山の裾のように広がる だだっ広い高原です。

子供達も「ここに納骨するの?」と寂しそうでした。

うん、うん、うん。。。

榛名山のあたりは、なぜか、寂しそうですよね。

群馬の寒々とした空風(からっかぜ)のイメージですよね。

(apple03.gif)

父の好きだった、ビールや どらやき りんご 赤飯 

手ずくりしたクッキー、すはま(ピンクのもち)を備えて

しばらく一緒に冷たい風の中にいたのです。

うん、うん、うん。。。

小百合さんは父親思いですねぇ~

父と娘のほのぼのとした家族ドラマが思い浮かぶようですよ。

(#´ー`) フッ

ん。。。? “すはま”? 初めて聞きました。

ピンクと白のもちは、お供えなどで、よく僕の母の実家でも目にしますが。。。

私の祖母、祖父も先にはいってます。

父はやっと病気に開放されて、親の元に戻っていきました。

うん、うん、うん。。。

そうでしょう。。。そうでしょう!

一緒に仲良く眠っている事でしょう!

(kakizu3.jpg)

来春、暖かい日にお弁当でも持っていきます。

そうですよ。

亡くなってからでも親孝行は大切ですよね。

そう言う僕は墓参りなど全くしない新人類ですよ。うしししし。。。

でも、カナダの空の下から、いつも亡くなった父親の冥福を祈願しています。

小百合さんのお父さんも、小百合さんの心温まる墓参を草葉の陰で、きっと喜んでいると思いますよ!

軽井沢の“山の家”をお父さんに見せる事ができないので残念でしょうが、でも、軽井沢の“幸福の谷”はお父さんの眠る榛名山の裾に続いていますからねぇ~。

バーナビーとは違いますよねぇ。

ヽ(´ー`)ノ

そう言う訳で、いつか、“幸福の谷”を小百合さんと歩きながら、亡くなった人の冥福を祈りたいですね。

そして、このメールの話もしたいものですよね。

(・_・;) 

これは、全く脇道にそれてしまいましたア。

(#´ー`) フッ

ところで、今日(日本時間の19日)は“レンゲ物語”の記事を書きました。

H系のすっご~♪~いレンゲさんの恋愛詩が載せてあります。

時間があったら小百合さんもぜひ読んでみてくださいね。

風邪がすっかり治りますよ!

(^ー^*)

僕が保証いたします。 

(^_-)

 

『恋心とロマンがムカつかせるのよ』

(2007年12月19日)

では、風邪を治すために上のリンクをクリックしてくださいね。

僕も小百合さんの風邪が全快するようにバンクーバーの空からマリア様にお願いいたしますよ。

(foolw.gif)

では。。。 \(^-^)/


『肥後ずいきと洲浜』より

(2013年2月6日)

亡くなったお父さんのお墓参りをした時に、小百合さんは手ずくりしたクッキー、すはま(ピンクのもち)を備えて、しばらく冷たい風の中にいたのですよ。

デンマンさんは、たぶん忘れているだろうと思って、わざと知らない振りをしたのですわァ。。。 うふふふふふふ。。。

僕は、まだ物忘れするほど年をとってませんからねぇ~。。。

だから、それを確かめたかったのですわァ~。。。

(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】

(himiko22.gif)

ですってぇ~~

あたくしは“州浜”よりもバンクーバーで“たい焼きクロワッサン”をデンマンさんと一緒に食べたいと申し出たのでござ~ますわァ。。。

ところが、つれなくも、デンマンさんは拒んだのでした。

ふんとにもおおおォ~。。。

 

デンマンさんが住んでいるバンクーバーにある次のお店で

たい焼きクロワッサンをいただきたいと思ったのでござ~ますゥ。

 

(snowy01.jpg)

(snowy02.jpg)

『Snowy Village Dessert Cafe

  @ Robson Street』

 

バンクーバーでもクロワッサンたい焼きが食べられるのでござ~ますわァ。。。

仕方がないので、京都で“たい焼きパフェ”を食べて我慢しますゥ。

 

(taiyaki5.png)

 

ところで、小百合さんが なぜ「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれているのか?

ご存知でござ~♪~ましょうか?

なぜ。。。?

実は簡単な事なのですわよう。

 

(sayuri80.jpg)

 

小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。

小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですってぇ~。。。

分からない事ではござ~ませんわァ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。

現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。

 

(suikyu9.jpg)

 

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

 

軽井沢・雲場池の紅葉

軽井沢のイルミネーション

秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩

 

とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。

だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。

じゃあねぇ~~。

(hand.gif)

(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事

(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

(house22.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

(noten15.jpg)

■ 『月夜の美人』

■ 『ふるさと 行田』

■ 『愛の偶然と必然』

■ 『田中角栄と軽井沢』

■ 『うさぎ追いしかの山』

■ 『アブラッソ不在の美』

■ 『ロマンの昔話』

■ 『海を渡ったバレンタイン』

■ 『バレンタインが老人を狂わせた』

■ 『マルちゃん海を渡る』

■ 『銀座からバレンタイン』

■ 『仙台からバレンタイン』

(sayuri811.jpg)

■ 『パリからバレンタイン』

■ 『ジャズ@バンクーバー』

■ 『タイからバレンタイン』

■ 『たまご麺@バレンタイン』

■ 『愛犬とゴッド』

■ 『ザ・バレンタイン女』

■ 『週刊誌deヌード』

■ 『愛と天の夕顔』

■ 『ジェミマおばさんのシロップ』

■ 『夏日に、お帰りなさい』

■ 『コイ、鯉、恋がいっぱい!』

(fragran11.jpg)

■ 『スープカレーなのね』

■ 『忍城時代まつり』

■ 『夜道のルート66』

■ 『上を向いて歌おう』

■ 『霧積温泉のロマン』

■ 『元気が一番!』

■ 『行田のスープカレー』

■ 『パンツとブラジャーと餃子』

■ 『軽井沢を文学散歩する』

■ 『ばァ~の面影』

■ 『バレンタイン@行田』

■ 『軽井沢タリアセン夫人@遠藤家』

■ 『桃の節句@天国』

■ 『古代米カレー』

■ 『愛のジェローを探して』

(coffeeluv1.jpg)

■ 『コーヒーと愛の香り』

■ 『愛の馬車道』

■ 『亀姫と香芽子さん』

■ 『愛の夕顔を探して』

■ 『ケネディ暗殺の謎』

■ 『行田物語 ピラミッド』

■ 『由梨さん@コルシカ』

■ 『黒い行田市長』

■ 『ヒシしようよ』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri

(godiva05.jpg)

■ 『天の川de思い出』

■ 『天の川の思い出』

■ 『行田物語 古代蓮』

■ 『チーズ@シルクロード』

■ 『ラーメン@バクー』

■ 『行田物語 饅頭』

■ 『ぶんぶく茶釜だよ』

■ 『ぶんぶく阿波踊り』

■ 『食欲の秋です』

■ 『カレーdeパリ』

■ 『パワースポット』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人

(30june.jpg)

■ 『日本男児@パワースポット』

■ 『タケモトピアノ 苦情』

■ 『母と暮せば』

■ 『国道17号バイパスの奇跡』

■ 『伽哩夫人』

■ 『年賀状@富岡』

■ 『愛のジェローだよ』

■ 『愛の果実』

■ 『桜を想いながら』

■ 『去年の秋の食欲』

■ 『パンツとブラと餃子』

■ 『軽井沢タリアセン夫人@バンクーバー』

■ 『釜めし@バレンタイン』

■ 『タリアセン夫人と洋画』

■ 『ロマン@尾瀬ヶ原』

■ 『タリアセン夫人の夢』

■ 『夢の素遺伝子』

■ 『さけ茶づけ@バレンタイン』

(compie1b.jpg)

■ 『コンピエーニュから』

■ 『焼きそば@バレンタイン』

■ 『思い出のバレンタイン』

■ 『酒巻ミステリー』

■ 『縄文人と弥生人は惹かれあう?』

■ 『バレンタインを探して』

■ 『ラビオリ物語』

■ 『キャドバリーチョコ』

■ 『ジュネーブの休日』

■ 『定禅寺ジャズ』

■ 『いしぶみ』

■ 『軽井沢夫人@雲場池』

■ 『イタリアの空の下』

■ 『トロントの空の下』

■ 『チンチン@ロブソン』

■ 『バレンタイン@スイス』

■ 『熟女4人5脚@神戸』

■ 『中将湯と華宵御殿』

■ 『枯葉とチョコレート』

■ 『ロマン電車』

■ 『グルメの思い出』

■ 『上流夫人@水原市』

■ 『七つ星ロマン』

■ 『富士山@ルート66』

■ 『カフェdeロマン』

■ 『機内映画』

(bare02b.gif)

こんにちは。ジューンです。

日本のハーブティーは、なんといっても桜湯だそうですけれど、

(sakurate.jpg)

カナダ、アメリカ、イギリスではハーブティーとして

ローズティーが好まれています。

普通、ローズヒップティーと呼ばれます。

ローズヒップ(rose hip)とは

バラ科バラ属の植物の果実。

つまり、バラの実です。

ローズヒップ生産のため、バラの特定品種、

特にRosa canina(ドッグ・ローズ)が栽培されています。

ハイビスカスとブレンドしたハーブティとして飲用されることもあります。

また、ローズヒップオイルは食用油として、

ジャム、ジェリー、マーマレードにも用いられるほか、

スキンケアにも用いられます。

こんなエピソードがありました。

第二次世界大戦中、

イギリスはドイツ海軍Uボートの海上封鎖により

オレンジの輸入がストップしたのです。

ビタミンCの補給ができなくなったのです。

それで、英国の学童たちは生垣に生えている

ローズヒップの採集を命じられました。

ローズヒップティーにして飲んで

ビタミンCを補給したのですって。。。

(rosehip.jpg)

なんだか信じられないようなお話ですよね。

ところで、英語の面白い話を集めました。

時間があったら覗いてみてください。

■ 『あなたのための愉快で面白い英語』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。

(chirashi.jpg)

(bravo.gif)