熟女下着 投稿ブログ

 

熟女下着 投稿ブログ

 


(june264b.png)


(june802c.png)


(june901.jpg)


(june001.gif)

デンマンさん。。。 どういうわけで わたしの下着姿を貼り出すのですか?


(kato3.gif)

実は、ジューンさんの下着姿が人気があるのですよ!

マジで。。。?

ちょっと次のリストを見てください。。。

 


(liv91006a.jpg)


『拡大する』

『熟女下着に見るSEO』

 

これはライブドアの僕の「徒然ブログ」の日本時間で10月5日の午前9時38分から 翌日6日の午前3時40分までの約18時間の「生ログ」の一部です。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目してください。。。

あらっ。。。 GOOGLEで検索をして『熟女下着に見るSEO』を読んだネット市民がいたのですわね~。。。

そうです。。。

 


(liv30821e.jpg)


『拡大する』

『熟女下着に見るSEO』

 

。。。で、赤いアンダーラインが引いてあるリファラをクリックすると、どのようなページが出てくるのですか?

 


(liv91006a2.jpg)

 

次の検索結果が表示されるのですよ。。。

 


(gog91006a.gif)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

あらっ。。。 「熟女下着 投稿ブログ」と入れて検索したのですわねぇ~。。。で、どなたが検索したのですか?

東京都に住んでいる下木熟太郎 (したぎ じゅくたろう)君が検索したのですよ。。。

 


(ip197185b.png)

 

あらっ。。。 いつものように男性が記事を読んだ場合には、扱いがそっけないのですわねぇ~。。。 もうちょっとハンサムな男性の写真を貼ってもらいたいですわァ~。。。

ジューンさんの気持ちは分かるけれど。。。  「熟女下着 投稿ブログ」と入れて検索した本人にしてみれば、恥ずかしくってネットで自分の正体を晒したくないのですよ。。。

そういうものでしょうか?

晒されると分かっていたら「熟女下着 投稿ブログ」と入れて検索しませんよ。。。

そういうものですか?

そういうものなのです。。。

。。。で、熟太郎君は記事を読んで満足したのですか?

いや。。。 満足できなかったのですよ。。。

それで、どうしたのですか?

仕方がないから、次のようにして画像検索したのですよ。。。

 


(gog91007c.gif)

 
『現時点での検索結果』

 

あらっ。。。 ジューンさんの熟女下着 と入れて画像検索したのですわねぇ~。。。

そうなのですよ。。。 熟太郎君は、次のようなジューンさんの熟女下着が気に入ったのです。。。

 


(june500.jpg)


(harrison8c.jpg)


(june999b.jpg)


(june72c.jpg)


(june88c.jpg)


(june510.jpg)


(senya020b.jpg)

 


(smilerol.gif)


わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

ネットサーフィンして

やっと素敵なジューンさんの

熟女下着を見つけました!

 

時間をかけて検索した

甲斐がありました

うれしいなあああァ~!

 

下木熟太郎、男一匹

迷わずネットで

ジューンさんの熟女下着

に出くわすことができました!

とってもうれしいなァ~♪~!

 

でも、オイラがあの「現実主義者」の

真似をしてスキップして

喜んでいると思わないでくださいねぇ。

オイラは あいつほど馬鹿じゃありません!

 


(fool911.jpg)

『現実主義者 馬鹿の見本』

 

とにかく、もうこうなったら、

恥も外聞もなく

天にも舞い上がる気持ちで

スキップしたいと思います。


(smilejp.gif)

わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

ルンルンルン ランランラ~♪~ン

もう一つおまけに

ルンルンルン ランランラ~♪~ン

ああァ~、うれしいなあああァ~。。。

デンマンさん! ここまでやると、デンマンさんも含めて、3人とも相当の馬鹿ですわよう!

やっぱり、ジューンさんも そう思いますかァ~!?


(laugh16.gif)


(june902.jpg)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。

あなたも、呆れたでしょう!

ええっ。。。 「そんなことはどうでもいいから、他にもっと楽しい話をしろ!」

あなたは、そのような命令口調で あたくしに強要するのでござ~ますわねぇ~。。。

分かりましたわぁ。。。 では、ちょっと次のクリップを見てくださいなァ。。。

思わず笑ってしまいますわ。。。

 


(dog807.jpg)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ええっ。。。? 「犬や猫のことは どうでもいいから他のもっと面白い話をしろ!」

あなたは、更に あたくしに そのような強い口調でご命令なさるのでござ~ますかァ~?

分かりましたわァ~。。。

あなたが、そうおっしゃるのならば、あたくしの個人的なお話しをいたしますわァ。

実は、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”が殿方の注目を集めているのでござァ~ますわよう。

うふふふふふふふ。。。

ええっ。。。 信じられないのでござ~ますかァ?

じゃあ、ちょっと次の検索結果を見てくださいまし。。。

 


(gog60409a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

「卑弥子 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわァ~。。。

うふふふふふふ。。。

あなたも、ビックリするでしょう?

ジムで汗を流して “ヴィーナスのえくぼ”をゲットいたしました。。。


(buttdimp5.jpg)

スタイルもよくなったのでござ~ますわァ~。。。


(curtain5.jpg)

いかがでござ~ますか?

でも。。。、でも。。。、“天は二物を与えず”と申します。。。

これほどスタイルが良くなったというのに、あたくしは未だに独身でござ~ますのォ。。。

世の中は、なかなか思うようにゆかないものですわァ~。。。

ところで、あなたは『万夜一夜物語』を読んだことがござ~ますかァ~?

“千夜一夜物語”ではなくてぇ、“万夜一夜物語”ですわ。


(manya02.jpg)

『万夜一夜物語』

デンマンさんが書いたのでござ~ますわよう。

ええっ。。。 10,001の話が書かれているのかってぇ~。。。?

とにかく、上のリンクをクリックして読んでみてくださいませぇ~。。。

あなたも、絶対にビックリするようなお話が出てきますわァ。

『万夜一夜物語』だけでは、物足りないのでしたら、

ジューンさんが登場する面白いお話もたくさんあります。

興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましねぇ~。。。

(roten101.jpg+cleoani.gif)

『マルタ島のロマンだ』

『宮沢りえ人気@海外』

『癒しを奏でるパンツ』

『マルタ島deロマン』

『生ログdeロマン散歩』

『宮沢りえ@クールジャパン』

『混浴風呂ガー』

『ウェルカムバック』

『コペンハーゲンからやって来た』

『ロシアからやって来た』

『海外美女ランキング』

『ブログを解剖する』

『スイスからトランプ見に来る』


(fan004.jpg)

『海外美女を探して』

『パンツde大晦日』

『Tバック@三賀日』

『とっちゃん坊や』

『また千夜一夜』

『初恋の思い出』

『乳房振動とブラ』

『白木屋お熊』

『肥後ズイキ@セルビア』

『紐パン熟女』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『美尻のビーナス』

『紐パン熟女に惹かれて』

『あの二人が気になって』

『肥後ズイキ@セルビア』

『私は下着女装です』

『ドリアンを探して』

『パリの日本人』

『ペンタゴン式己を疑う』

『薄命な女と映画』

『ラーメン@ベリーズ』

『うるさい夏』

『芭蕉と英語』

『晩香坡物語 生誕150年』

ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『エレクトラde中国』

『熟女パンツ』

『ラーメン@カイロ』

『スパム@クルーズ』

『えくぼ@ヴィーナス』

『孀婦岩』

『モナリザ描きたい』

『ジューンさんの下着』

『やっぱり熟女下着』

『じゅくじょのぱんてー』

『事実と芸術』


(miro0018.jpg)

『パクられたパンツ』

『タイタニック@スリランカ』

『蜂@泣きっ面』

『外人が知っている美しい日本』

『腰使い 熟女』

『熟女の下着姿』

『腰を使う熟女』

『ブログランキング』

『曇ってきた@英語』

『出会い系より腰を使う熟女』

『ブリスベンの従妹』

『アヒルが行く』

『英語ペラペラ勉強法』

『ブラウザとOS』

『二千二夜物語』

『大晦日のおばさんパンツ』

『下着の人類学』

『万夜一夜@ロンドン』

『ヒトラーとトランプ』


(malata019c.jpg)

『ロマン@マルタ島』

『下着の人類学@大阪』

『ハロー@ロックビル』

『孀婦岩の人気 なぜ』

『マグダラのマリア 娼婦か聖女か?』

『マグダレンの祈り』

『女子大生の多い混浴』

『アンネフランクの言葉』

『ビクトリア朝の慎み』

『銭湯と円タク』

『女装ブログ』

『注目記事』


(sylvie122.jpg)

『風邪が治るまで』

『ひょうたんde徒然』

『アヒルが並んだ』

『なぜ骨なの?』

『にべもない』

『やぶさかでない』

『おかしなパンツ』

『みもふたもない』

『自動翻訳はダメ』

『慫慂』

『ヤンキー』

『及び腰と二の足』

『ジューンさんの従妹』

『ナマズにされた』

『美術解剖学』

『太ったチャンス』

『ジューンさんの下着を探して』

『おおどかさ』

『高級娼婦@パリ』

『つい見たくなった』

『混浴 女子大生』

『FBI捜査官のツブヤキ』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)

 


(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。 バーィ


(juneswim.jpg)


『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』


(byebye.gif)

つい見たくなった

 

つい見たくなった

 


(futomomo2.jpg)

 

助手席の女性の太股が

気になりますよねぇ~!?

 


(june901.jpg)


(june001.gif)

デンマンさん。。。 最近、ドライブして助手席に乗った女性の太股が気になったのですかァ~? うふふふふふふ。。。


(kato3.gif)

いや。。。 僕は車には乗らないことに決めたのですよ。。。

どうしてですか?

地球温暖化の影響で世界的に気象異常が起こっているでしょう!? 最近では、東京を直撃した台風15号が時速200キロの暴風雨をともなっていた、ということがバンクーバーでもニュースになって流れたのですよ。。。 ジューンさんも聞いたでしょう?

 


(typhoon15.jpg)

 

台風15号が東京を直撃したこととデンマンさんが車に乗らないと決めたことが関係あるのですか?

関係ありますよ。。。 地球温暖化は、明らかに車からの二酸化炭素の排出量が多くなったことで起こるグリーンハウス効果によるものですよ。。。 海水の温度が上がることによって、それだけ多くのエネルギーが台風を大型化して、今回の台風15号のような かつてないほどの暴風雨を伴ったジャンボ台風が出現したわけですよ。。。

それで、いくらかでも二酸化炭素の排出量を抑えようとして、デンマンさんは車に乗らないことにしたのですか?

そうです。。。 いけませんか?

マジで。。。?

それは建前で、最近ガソリンは上がるし、保険は高くなるし、車の維持費も上がるし、馬鹿らしくなったことと、健康のためにも、車に乗るよりも歩いたほうがいいというわけで、車に依存する生活をきっぱりと止めにしたのですよ。。。

それと、つい見たくなったが関係しているのですか?

だから、車に乗らなくなったから、助手席に乗ったジューンさんが太股をむき出しにしても、僕にはつい見たくなったというようなことは無くなったということですよ。。。 うへへへへへへ。。。

つまり、この事を言うために、わざわざ台風15号を持ち出してきたのですか?

いや。。。 台風15号とは全く関係ありません。。。 ちょっと次のリストを見てください。。。

 


(liv90919a.png)


『拡大する』

『おかしなパンツ』

 

これはライブドアの僕の「徒然ブログ」の日本時間で9月18日の午後10時28分から 翌日19日の午前2時39分までの約4時間の「生ログ」です。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目してください。。。

あらっ。。。 「にほんブログ村」からやって来て「徒然ブログ」の『おかしなパンツ』を読んだネット市民がいたのですわねぇ~。。。

そうなのですよ。。。 ジューンさんがおばさんパンツを穿いて登場する記事です。。。 

 


(liv90919e.jpg)


『拡大する』

『おかしなパンツ』

 

あらっ。。。 わたしの穿いているおばさんパンツがおかしいのですかァ~?

いや。。。 そういうわけではありません。。。 でも、見る人によっては、おかしいと思う人もいるかもしれません。。。

。。。で、どなたが読んだのですか?

福岡市に住んでいる亀頭亀雄 (きとう かめお)君が読んだのです。。。

また、いつものようにIPアドレスを調べて亀雄君が読んだことを突き止めたのですか?

そうです。。。

 


(ip47178b.png)

 

女性が読む場合には、デンマンさんは美人の写真を貼り出しますけれど、男性の場合には、いつもこの むさくるしい スケベそうな男のイラストを貼り出すのですわねぇ~。。。

いけませんか?

たまにはハンサムな男性の写真を貼り出して欲しいですわァ~。。。

でも、話題がエロいだけに むさくるしいスケベそうな男のイラストの方がふさわしいと思うのですよ。。。

。。。で、リファラのリンクをクリックすると どのようなページが出てくるのですか?

次のページです。。。

 


(mur90919a.jpg)


『拡大する』

『実際のページ』

 

あらっ。。。  オヤジ日記ブログ  のページですわねぇ~。。。

そういうことです。。。 亀雄君は、このページを開いた時に 新着記事  のコラムに目が留まったわけです。。。

それで、亀雄君はすぐに おかしなパンツ が目に入ったのですか?

そういうことです。。。

 


(mur90919a2.png)

 

。。。で、亀雄君はつい見たくなった わけですわねぇ~。。。

そうです。。。 ジューンさんが穿いているおばさんパンツが見えたので、つい見たくなった わけですよ。。。 (微笑)

やっぱり、気になるものですか?

あのねぇ~、上のページを見れば ジューンさんのブラとおばさんパンツのウェストのあたりが見えるアバターは、ちょうど助手席に座った女性のむき出しの太股のように見えるわけです。。。

 


(futomomo2.jpg)

 

それで、亀雄君は、ついリンクをクリックして『おかしなパンツ』を読みに行ったわけですよ。。。

それで、亀雄君は期待していたおかしなパンツを見て満足したのですかァ~?

満足しました。。。 画面いっぱいに小さなハートが湧き上がってきて、面白いパンツがたくさん出てきたので、亀雄君はスキップして喜んだのですよ。。。

 





(fpant01.jpg)


(fpant02.jpg)


(fpant03.jpg)


(fpant04.jpg)


(fpant05.jpg)


(fpant06.jpg)


(fpant07.jpg)


(fpant08.jpg)


(fpant09.jpg)


(fpant10.jpg)

(lily.jpg+heartx.gif+bikini07c.gif+spacer.png+rodin009.png)

 


(smilerol.gif)


わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

きれいなジューンさんが

おばさんパンツを穿いて

優しくほほ笑んでくれます。

 

たくさんのパンツが

小さなハートの中で

パンツの滝登りのようです!

 

いい年したオヤジですが

久しぶりに童心に戻って

コイノボリを見るような気分で

マジで楽しみました!

 


(deba01.jpg)

 

こうしてスキップして

喜んでいるオイラを見て

あの愚かな「現実主義者」の

真似をしていると

思わないでくださいね。。。


(fool911.jpg)

『現実主義者 馬鹿の見本』

 

愚かさにおいて、この男には

オイラは負けます。。。(笑)

とにかく、オイラもパンツのコイノボリ

になったつもりで

天にも舞い上がる気分で

スキップしたいと思います。


(smilejp.gif)

わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

ルンルンルン ランランラ~♪~ン

もう一つおまけに

ルンルンルン ランランラ~♪~ン

ああァ~、うれしいなあああァ~。。。

 


(foolw.gif)


ここまでやると、

やっぱりやりすぎですよねぇ~。。。

でも、たまには、こういう悪ふざけも

いいと思います。


(laugh16.gif)


(june902.jpg)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。

あなたも馬鹿バカしいと思ったでしょう!

真似してスキップして喜ばないでくださいねぇ~。。。

ええっ。。。 「そんなことはどうでもいいから、他にもっと楽しい話をしろ!」

あなたは、そのような命令口調で あたくしに強要するのでござ~ますわねぇ~。。。

分かりましたわぁ。。。 では、ちょっと次のクリップを見てくださいなァ。。。

思わず笑ってしまいますわ。。。

 


(dog807.jpg)

 

ええっ。。。? 「犬や猫のことは どうでもいいから他のもっと面白い話をしろ!」

あなたは、更に あたくしに そのような強い口調でご命令なさるのでござ~ますかァ~?

分かりましたわァ~。。。

あなたが、そうおっしゃるのならば、あたくしの個人的なお話しをいたしますわァ。

実は、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”が殿方の注目を集めているのでござァ~ますわよう。

うふふふふふふふ。。。

ええっ。。。 信じられないのでござ~ますかァ?

じゃあ、ちょっと次の検索結果を見てくださいまし。。。

 


(gog60409a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

「卑弥子 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわァ~。。。

うふふふふふふ。。。

あなたも、ビックリするでしょう?

ジムで汗を流して “ヴィーナスのえくぼ”をゲットいたしました。。。


(buttdimp5.jpg)

スタイルもよくなったのでござ~ますわァ~。。。


(curtain5.jpg)

いかがでござ~ますか?

でも。。。、でも。。。、“天は二物を与えず”と申します。。。

これほどスタイルが良くなったというのに、あたくしは未だに独身でござ~ますのォ。。。

世の中は、なかなか思うようにゆかないものですわァ~。。。

ところで、あなたは『万夜一夜物語』を読んだことがござ~ますかァ~?

“千夜一夜物語”ではなくてぇ、“万夜一夜物語”ですわ。


(manya02.jpg)

『万夜一夜物語』

デンマンさんが書いたのでござ~ますわよう。

ええっ。。。 10,001の話が書かれているのかってぇ~。。。?

とにかく、上のリンクをクリックして読んでみてくださいませぇ~。。。

あなたも、絶対にビックリするようなお話が出てきますわァ。

『万夜一夜物語』だけでは、物足りないのでしたら、

ジューンさんが登場する面白いお話もたくさんあります。

興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましねぇ~。。。

(roten101.jpg+cleoani.gif)

『マルタ島のロマンだ』

『宮沢りえ人気@海外』

『癒しを奏でるパンツ』

『マルタ島deロマン』

『生ログdeロマン散歩』

『宮沢りえ@クールジャパン』

『混浴風呂ガー』

『ウェルカムバック』

『コペンハーゲンからやって来た』

『ロシアからやって来た』

『海外美女ランキング』

『ブログを解剖する』

『スイスからトランプ見に来る』


(fan004.jpg)

『海外美女を探して』

『パンツde大晦日』

『Tバック@三賀日』

『とっちゃん坊や』

『また千夜一夜』

『初恋の思い出』

『乳房振動とブラ』

『白木屋お熊』

『肥後ズイキ@セルビア』

『紐パン熟女』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『美尻のビーナス』

『紐パン熟女に惹かれて』

『あの二人が気になって』

『肥後ズイキ@セルビア』

『私は下着女装です』

『ドリアンを探して』

『パリの日本人』

『ペンタゴン式己を疑う』

『薄命な女と映画』

『ラーメン@ベリーズ』

『うるさい夏』

『芭蕉と英語』

『晩香坡物語 生誕150年』

ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『エレクトラde中国』

『熟女パンツ』

『ラーメン@カイロ』

『スパム@クルーズ』

『えくぼ@ヴィーナス』

『孀婦岩』

『モナリザ描きたい』

『ジューンさんの下着』

『やっぱり熟女下着』

『じゅくじょのぱんてー』

『事実と芸術』


(miro0018.jpg)

『パクられたパンツ』

『タイタニック@スリランカ』

『蜂@泣きっ面』

『外人が知っている美しい日本』

『腰使い 熟女』

『熟女の下着姿』

『腰を使う熟女』

『ブログランキング』

『曇ってきた@英語』

『出会い系より腰を使う熟女』

『ブリスベンの従妹』

『アヒルが行く』

『英語ペラペラ勉強法』

『ブラウザとOS』

『二千二夜物語』

『大晦日のおばさんパンツ』

『下着の人類学』

『万夜一夜@ロンドン』

『ヒトラーとトランプ』


(malata019c.jpg)

『ロマン@マルタ島』

『下着の人類学@大阪』

『ハロー@ロックビル』

『孀婦岩の人気 なぜ』

『マグダラのマリア 娼婦か聖女か?』

『マグダレンの祈り』

『女子大生の多い混浴』

『アンネフランクの言葉』

『ビクトリア朝の慎み』

『銭湯と円タク』

『女装ブログ』

『注目記事』


(sylvie122.jpg)

『風邪が治るまで』

『ひょうたんde徒然』

『アヒルが並んだ』

『なぜ骨なの?』

『にべもない』

『やぶさかでない』

『おかしなパンツ』

『みもふたもない』

『自動翻訳はダメ』

『慫慂』

『ヤンキー』

『及び腰と二の足』

『ジューンさんの従妹』

『ナマズにされた』

『美術解剖学』

『太ったチャンス』

『ジューンさんの下着を探して』

『おおどかさ』

『高級娼婦@パリ』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)

 


(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。 バーィ


(juneswim.jpg)


『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』


(byebye.gif)

おかしなパンツ

 

おかしなパンツ

 





(fpant01.jpg)


(fpant02.jpg)


(fpant03.jpg)


(fpant04.jpg)


(fpant05.jpg)


(fpant06.jpg)


(fpant07.jpg)


(fpant08.jpg)


(fpant09.jpg)


(fpant10.jpg)

(lily.jpg+heartx.gif+bikini07c.gif+spacer.png+rodin009.png)


(june001.gif)

デンマンさん。。。 またパンツですか?


(kato3.gif)

いけませんか? (微笑)

デンマンさんは絶対にパンツに拘(こだわ)ってると思いますわァ~。

ジューンさんはどうして、そう思うのですかァ~?

わたしのおばさんパンツ姿を貼り付けて、その下でデンマンさんは「考える人」になって、いろいろなパンツを妄想しているじゃありませんかア!

やだなあああァ~。。。  僕はトイレでジューンさんのおばさんパンツ姿を妄想しているわかじゃありませんよう。

じゃあ、いったい便座に座りながら何をしているのですか?

だから、考え込んでいるのですよ。

何を。。。?

たまたまバンクーバー市立図書館で借りていた本を読んでいたら次の箇所に出くわしたのです。。。


(fpant06.jpg)

 

あんなおかしなパンツだけは、絶対にはきたくない!

子供の頃、銭湯の脱衣場で、小さな小さなパンツをはいている大人のお姉さんたちを見て思った。

けれど、はくのである。

はいちゃうのである。

 


(fpant11.jpg)

 

中学生になると、リボンやレースがついた小さなパンツが欲しくなる。(略)
お尻もお腹もほとんど隠れないそのパンツをはいてみれば、急に大人になった気分だった。

やがて月日は流れ、今の我がパンツといえば、もはや、パンツなのかどうか微妙な代物になっている。

パンツと腹巻が合体しているのである!

「わっ、あったかそう~」

お店で見かけ、吸い寄せられるように接近。
買って試してみれば思った以上にホカホカだった。
おへその上まで隠れて、おまけにお尻もすっぽりつつんでくれる。

 


(fpant14.jpg)

 

今のわたしが、10代の頃の自分にひとつだけ忠告できるとしたら、迷わず「冷えとり」だろう。

真冬でも征服のスカートの下はぺラペラの小さなパンツと、薄手のタイツだけ。

授業中は座ぶとんもない椅子であるからして、一日中、下半身は冷え放題。

そりゃあ、便秘や肌荒れもするはずである。

 

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


84-85ページ 『そう書いてあった』
著者: 益田ミリ
2015年5月9日 第1刷発行
発行所: ㈱ ミシマ社

こういう箇所に注目してじっくりと読んで、こうして記事で取り上げるということは、やっぱりデンマンさんは女性のパンツに拘りがあるのですわァ~。。。

あのねぇ~。。。 僕はこれまでにたくさんの“おばさんパンツ”の記事を書いてきたのです。。。

なぜですか?

それは、「おばさんパンツ」で検索して僕のブログにやってくるネット市民が多かったからですよ。。。 その検索結果を見てください。。。

 


(gog90328b.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

つまり、こうしてジューンさんのおばさんパンツに拘っているネット市民が たくさん居るということなのです。。。

それは、デンマンさんが“おばさんパンツ”の記事をたくさん書くからですわァ~。。。

そうじゃないのです。。。 ネット市民の皆様がジューンさんの“おばさんパンツ”を目指して僕のブログにやってくるので、どうしても“おばさんパンツ”を取り上げる機会が多くなるというわけです。。。

だから、デンマンさんが書かなければいいのですわァ~。。。

でもねぇ~、僕が書かなくても、上の本のようにパンツを取り上げてエッセーを書く作家が居るのですよう。。。

だから、わざわざデンマンさんがパンツを取り上げて記事を書かなくても、そういう作家に任せておけばいいのですわァ~。。。

だけど、その作家はジューンさんの“おばさんパンツ”は取り上げませんよ。。。

わたしの“おばさんパンツ”をわざわざ取り上げて記事を書かなくてもいいのですわァ~。。。

あのねぇ~、ジューンさんの“おばさんパンツ”を見たいというネット市民の皆さんがたくさん居るのですよ。。。

 


(gog90328c.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

「ジューンさんのおばさんパンツ」と入れて検索すると、こうして 140,000件もヒットするのですよ。。。

デンマンさんが狂ったように わたしの“おばさんパンツ”の記事を書くからですわァ~。。。

あのねぇ~、僕は狂ったようにジューンさんのおばさんパンツの記事を書いてませんよ。

こうして書いているじゃありませんかァ!

それは、上の本を読んだからです。。。

上の本を読むと、どういうわけでパンツの話をこうして書くのですか?

だから、考えさせられたわけです。。。

 

 

何を考えさせられたのですか?

ジューンさんも益田ミリさんのように “小さなパンツ” から “おへその上まで隠れて、おまけにお尻もすっぽりつつんでくれるパンツ” に進化したのだということを、しみじみと考えさせられたのです。

 


(bikini08.gif)

 

 


(june802c.png)

 

つまり、この事を言うために、わざわざ わたしをお呼びになったのですか?

そうです。。。 いけませんでしたか?


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。

あなたも、“小さなパンツ”から“大きなパンツ” に進化したのでござ~ますかァ!

ええっ。。。 「そんなことはどうでもいいから、他にもっと楽しい話をしろ!」

あなたは、そのような命令口調で あたくしに強要するのでござ~ますわねぇ~。。。

分かりましたわぁ。。。 では、ちょっと次のクリップを見てくださいなァ。。。

思わず笑ってしまいますわ。。。

 


(dog807.jpg)

 

ええっ。。。? 「犬や猫のことは どうでもいいから他のもっと面白い話をしろ!」

あなたは、更に あたくしに そのような強い口調でご命令なさるのでござ~ますかァ~?

分かりましたわァ~。。。

あなたが、そうおっしゃるのならば、あたくしの個人的なお話しをいたしますわァ。

実は、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”が殿方の注目を集めているのでござァ~ますわよう。

うふふふふふふふ。。。

ええっ。。。 信じられないのでござ~ますかァ?

じゃあ、ちょっと次の検索結果を見てくださいまし。。。

 


(gog60409a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

「卑弥子 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわァ~。。。

うふふふふふふ。。。

あなたも、ビックリするでしょう?

ジムで汗を流して “ヴィーナスのえくぼ”をゲットいたしました。。。


(buttdimp5.jpg)

スタイルもよくなったのでござ~ますわァ~。。。


(curtain5.jpg)

いかがでござ~ますか?

でも。。。、でも。。。、“天は二物を与えず”と申します。。。

これほどスタイルが良くなったというのに、あたくしは未だに独身でござ~ますのォ。。。

世の中は、なかなか思うようにゆかないものですわァ~。。。

ところで、あなたは『万夜一夜物語』を読んだことがござ~ますかァ~?

“千夜一夜物語”ではなくてぇ、“万夜一夜物語”ですわ。


(manya02.jpg)

『万夜一夜物語』

デンマンさんが書いたのでござ~ますわよう。

ええっ。。。 10,001の話が書かれているのかってぇ~。。。?

とにかく、上のリンクをクリックして読んでみてくださいませぇ~。。。

あなたも、絶対にビックリするようなお話が出てきますわァ。

『万夜一夜物語』だけでは、物足りないのでしたら、

ジューンさんが登場する面白いお話もたくさんあります。

興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましねぇ~。。。

(roten101.jpg+cleoani.gif)

『サモトラケのニケとミロのヴィーナス』

『薄命な女のパンツ』

『ロトの娘たち』

『もう一人のモナリザ』

『万夜一夜の謎』

『自由という誘惑』

『驚異の大洪水』

『おつまみミステリー』

『混浴風景を探して』

『ハレルヤ』


(sylvie122.jpg)

『マルタ島のロマンだ』

『宮沢りえ人気@海外』

『癒しを奏でるパンツ』

『マルタ島deロマン』

『生ログdeロマン散歩』

『宮沢りえ@クールジャパン』

『混浴風呂ガー』

『ウェルカムバック』

『コペンハーゲンからやって来た』

『ロシアからやって来た』

『海外美女ランキング』

『ブログを解剖する』

『スイスからトランプ見に来る』


(fan004.jpg)

『海外美女を探して』

『パンツde大晦日』

『Tバック@三賀日』

『とっちゃん坊や』

『また千夜一夜』

『初恋の思い出』

『乳房振動とブラ』

『白木屋お熊』

『肥後ズイキ@セルビア』

『紐パン熟女』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『美尻のビーナス』

『紐パン熟女に惹かれて』

『あの二人が気になって』

『肥後ズイキ@セルビア』

『私は下着女装です』

『ドリアンを探して』

『パリの日本人』

『ペンタゴン式己を疑う』

『薄命な女と映画』

『ラーメン@ベリーズ』

『うるさい夏』

『芭蕉と英語』

『晩香坡物語 生誕150年』

ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『エレクトラde中国』

『熟女パンツ』

『ラーメン@カイロ』

『スパム@クルーズ』

『えくぼ@ヴィーナス』

『孀婦岩』

『モナリザ描きたい』

『ジューンさんの下着』

『やっぱり熟女下着』

『じゅくじょのぱんてー』

『事実と芸術』


(miro0018.jpg)

『パクられたパンツ』

『タイタニック@スリランカ』

『蜂@泣きっ面』

『外人が知っている美しい日本』

『腰使い 熟女』

『熟女の下着姿』

『腰を使う熟女』

『ブログランキング』

『曇ってきた@英語』

『出会い系より腰を使う熟女』

『ブリスベンの従妹』

『アヒルが行く』

『英語ペラペラ勉強法』

『ブラウザとOS』

『二千二夜物語』

『大晦日のおばさんパンツ』

『下着の人類学』

『万夜一夜@ロンドン』

『ヒトラーとトランプ』


(malata019c.jpg)

『ロマン@マルタ島』

『下着の人類学@大阪』

『ハロー@ロックビル』

『孀婦岩の人気 なぜ』

『マグダラのマリア 娼婦か聖女か?』

『マグダレンの祈り』

『女子大生の多い混浴』

『アンネフランクの言葉』

『ビクトリア朝の慎み』

『銭湯と円タク』

『女装ブログ』

『注目記事』

『風邪が治るまで』

『ひょうたんde徒然』

『アヒルが並んだ』

『なぜ骨なの?』

『にべもない』

『やぶさかでない』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)

 


(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。 バーィ


(juneswim.jpg)


『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』


(byebye.gif)

字が汚い人

 

字が汚い人

 


(badmoji2.jpg)


(ireba03.jpg)


(laugh16.gif)


(ohta03.png)

デンマンさん。。。、また自分のことを話題にするのですかァ~?


(kato3.gif)

。。。ん? 僕の字が汚いとオマエは主張するわけぇ~?

だってぇ、そうでしょう! デンマンさんから自筆の手紙をもらった人ならば、誰だって“字がマジで汚い!”と思うはずですよ!

オマエは、確信を持っているようだねぇ~!?

デンマンさんの字が汚いと自覚したからこそ、字が汚い人というタイトルを付けてオイラを呼び出したのでしょう!?

いや。。。 実は、「自分は汚い字を書いている」と思っている人が意外に多いのだよ。。。

マジで。。。?

ちょっと次のリストを見て欲しい。。。

 


(liv90120a3.png)


『拡大する』

『字が汚い!』

 

これはライブドアの 僕の『徒然ブログ』の日本時間で1月18日の午後10時47分から 20日の午前3時23分までの「生ログ」の一部なんだよ。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目して欲しい。。。 

なんでジューンさんがおばさんパンツを穿いて出てくるのですか?

オマエがジューンさんのおばさんパンツ姿がいいと言ったから、僕が気を利かせてジューンさんの写真を貼り付けたのだよ。。。

そこまで気を使わなくてもいいですよ。。。で、先日、オイラとデンマンさんで語り合った記事『字が汚い!』を読んだネット市民が居たので、オイラを呼び出したのですか?

そういうことだよ。。。 オマエは意外にネット市民の間で注目されているのだよ。。。

マジで。。。?

あれっ。。。 オマエは僕の言う事が信じられないのォ~?

信じられません。。。

だったら次の検索結果を見たらいいよ。。。

 


(gog90125c.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

オマエの名前「太田将宏」を入れて検索したのだよ。。。

4,440件もヒットするのですねぇ~。。。 でも、この上のリストの緑の枠で囲んである記事は、デンマンさんが書いたものですよ。。。

誰が書いたのか? それは関係ないのだよ。。。 オマエの名前を入れて検索すると、4,440件もヒットするということが重要な点だよ。。。 つまり、それだけネット市民の間で注目されるということなんだよ。。。

。。。で、今回、誰が『字が汚い!』を読んだのですか?

大阪市天王寺区に住む 久慈 如月(くじ きさらぎ)さんが読んだのだよ。。。

またIPアドレスを調べて久慈 如月さんが読んだことを突き止めたのですか?

そういうことだよ。。。

 


(ip227b.png)

 

この上の写真の女性が久慈 如月(くじ きさらぎ)さんですか?

そうだよ。。。 オマエが出てくる記事が美人に読まれてうれしいだろう?

そうやって、オイラを煽(おだ)てて、あの愚かな「現実主義者」のようにスキップさせて喜ばせようとしても、そのデンマンさんの手には乗りませんよう。。。

 


(fool911b.jpg)

『現実主義者 馬鹿の見本』

 


(smilerol.gif)

 

わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

40過ぎても 結婚できない

オイラのために デンマンさんが

オイラの事で記事をたくさん

書いてくれました。

 

このぶんだと、読者の中から、

オイラにプロポーズしたい女性が

現れると思います。

オイラはウハウハしながら

男性ホルモンを全開しているのです。

きゃははははは。。。

 

こうなったら、もう無条件に

スキップして喜びたいですゥ!


(smilejp.gif)

わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

ルンルンルン ランランラ~♪~ン

もう一つおまけに

ルンルンルン ランランラ~♪~ン

ああァ~、うれしいなあああァ~。。。

 

オマエは、あの「現実主義者」のようにスキップして喜ばないわけぇ~?

当たり前でしょう! あの馬鹿とオイラを一緒にしないでください!。。。で、久慈 如月(くじ きさらぎ)さんは大阪で何をしているのですか?

卑弥子さんが教えている京都女子大学で古典文学を勉強しているのだよ!

 


(kyojo02.jpg)


(kyojo01.jpg)

 

つまり、久慈 如月さんは自分の書く字が汚いことで悩んでいるのですか?

そうらしいのだよ。。。

。。。で、記事を読んで、久慈 如月さんは どういう感想を持ったのですか?

次の箇所を読んで、少しは救われた気持ちになった、と言うのだよ!

オマエは、自分では字がきれいに書けると思っているようだねぇ~。。。

少なくとも、デンマンさんのマジで汚い字に比べれば、オイラの字は数段に美しい字ですよ。。。

あのさァ~、それはオマエの独断と偏見だと思うのだよ。。。

あれっ。。。 もしかしてデンマンさんは自分の書いた字がきれいな字だと思っているのですか?

あのさァ~、僕は日常生活では、とりわけきれいな字を書こうと思っているわけではないのだよ。。。 自分が読む日誌だとかメモ帳などには、きれいな字を書こうなんて思ってない。。。 自分が後で読んで判読できれば十分なのだよ。。。 きれいな字を書こうとして、消しゴムで消したりして、何度も書いて時間をかけるだけ馬鹿らしいというのが僕の率直な意見なんだよ。。。

じゃあ、手紙を書くときには相手のことを考えてきれいな字を書くのですか?

そうだよ。。。 これでも中学1年生の習字の時間には、ちゃんと5をもらっていたのだから。。。

10段階の内の5ですか?

違うよ! 5段階のうちの一番優秀な5だよ!

マジで。。。?

オマエは信じられないのォ~? いつだったか、軽井沢タリアセン夫人の小百合さんに書類と共に、自筆の手紙を書いて送ったら、僕の字をほめていたのだよ!

 


(sayuri5.gif)

「達筆なお手紙をいただいて

ありがとうございました」

こういう返信が帰ってきたことがあったのだよ。。。

嘘でしょう!? 信じられません。。。 デンマンさんはオイラが書いたコメントを読んだことがあるのですか?

どのコメント?

次のコメントですよ!

Identity theft をした

デンマンこと加藤明へ (Ⅱ)。

(V. T.) 2015-11-06 10:51:57 その一:

 

 

私は、今から三十年ぐらい前に、加藤氏に初めて会いました。
当時の国際協力事業団から電話があり、何が何でも、一寸だけでも、話し相手になってくれ、と依頼されたからでした。

会って話をしてみれば、まあ、今日の彼のように何処か異常にも見えるところ(加藤さん、異常と言ってはいないですよ。気をつけて読んでくださいね。(静かに彼を諭すような微笑。))は見られなかったので、まあ、少しは付き合いました。

しかし、今、思い出すと、一つだけ非常識な事があったのです。
彼の就職活動に於いて、私に断りなしに私の名前を使っていたのです。
私は、彼に、それを、冷静に注意したのですが、今思い起こすと、彼には、私に何を言われていたのかが理解できない程度のmentalityしかなったのではないか、と思います。

彼は、今でも、同じような事を繰返しているのですから(苦笑)。
その後も彼からは、毎年年末になるとカードが届き続けていました。

 


(xmas911b.jpg)

 

そこに書いてあった事には、さして、異常、非常識なところは見られなかったので、私からも彼に季節のカードを送ってはいたのです。

ただ、彼の、死んだハエを並べたような文字を判読するのは、少しばかり吐き気もしなかったわけではなかたのですが
(加藤さん、これには、確かに、本当に、ムカツキました。けれど、私は、これについては、今日までに何も書かなかったですよね。いま、吐き気を抑えて冷静に書いておりますよ。満足ですか。(爆笑、爆笑、爆爆笑))。

 


(hakike5.gif)

 

とにかく、それで、彼の非常識は、最近まで忘れていた、という次第です。

2006年末にも来ました。
その中で、これは彼からの私宛の私信ですが、加藤氏も私の私信を公表したことなので、私も少しだけ致しましょう
(加藤さん、このように断ってするところが、私は貴方のようには非常識ではないのですよ(またまた、冷静に彼を諭すような微笑。))。

 

ネットでは数々の言葉上の失礼は

あったかと思いますが、

感謝の念、尊敬の念を

忘れているわけではありません。

“インパクト”を世界のネット市民に与えないと

“読まれない”という過去の経験に元づいて。。。

(ママ、加藤さんよ、人の英語の単語を注意するのならば、こういう、みっともない当て字は書かない方がいいですよ(またまた、冷静に、静かに彼を諭すような微笑。))。

”表面的な無礼“をやもすると(皆さん、ここ読めますか?汚いのは彼の字だけではないですよね(笑声))。
増巾(またまた、「増幅」でしょうが。(堪えきれずに、爆笑、爆笑、爆爆笑))
することもありました(誤魔化しなさんな、いつもの事でしょうが。(苦笑))。

意に反した(無自覚、無神経な、という、もっと適切な言葉を使う事を私は薦めましょう。
(例によっての、静かに、冷静に彼を諭すような微笑))。

失礼を与えたことを(”与えた”ですと?それで”尊敬の念“ですと?、皆様、彼にはこの程度の、言語能力しかないのです。
(満場の爆笑、爆笑、爆爆笑)

加藤さん、貴方のような、ド百姓は、私たちのような貴族には<差上げた>と言うべきなのです(尤も、この場合は<いたしました>でしょうが。)
忍び笑いがcrescendoして大爆笑))

おわびします(”おわび“の漢字もかけないのですかね。世話がやけるけど教えましょう”お詫び“です(再びの満場の爆笑))。

皆様、後は略します。
私は、加藤氏の感謝、尊敬の念などは、もう、気持ち悪いのでいらないのです。
ただ、私は、彼に、私に対しての彼の公開の場所でなした無礼は公開の場所で謝罪することを要求します。

<世界の>皆様、人の見てないところに隠れて、そっと謝るなんぞは、英語では、silly、日本語では、姑息、と言うのですよね
(加藤さん、貴方が勝手に転写した私の貴方宛の私信には、私からの謝りの言葉などはありませんよ(念のため)。限りなく嘲笑に近い爆笑))。

皆さん、彼は、”インパクト“を世界のネット市民に与える、なんぞと言ってますが、<口幅ったい>と言うことは、こういう事ですよねぇ。

しかも、<与える>ですと?(割れんばかりの大爆笑)。
だから、自分自身を振返りなさい、と忠告していたのです。
みっともない(爆笑、爆笑、爆爆笑)。


(monalaugh.jpg)


『相変わらず馬鹿か?』(PART 1)のコメント欄より
(2014-09-24)

うん、うん、うん。。。 思い出したよ。。。 思い出したよ。。。 オマエは嫌なコメントを書き込んだよねぇ~。。。 とにかく、ちょっと普通の人には考えられないほど、くどくどとオマエは僕の記事にコメントを書き込んだのだよ! それも、長い、長い、読みづらい、英語を満足に話せないくせに、嫌味な英単語を散りばめたりして。。。

オイラは、どうしても言わねばならないことを書いたまでです。。。

あのさァ~、読む人の身になって分かり易く書いて欲しいのだよ。。。 2度も3度も読み返させるようなコメントは、オマエが自分本位の独断と偏見で書いていることを立証しているようなものだよ。

とにかく、オイラの言いたいことはデンマンさんの汚い字は、読む相手に吐き気を催させるようなひどい字だということですよ。。。

それを言いたいのならば、こんなに長いコメントを書かずに「デンマンさんの汚い字は、読む相手に吐き気を催させるようなひどい字です」とだけ書けばいいじゃないかア! それなのに、どうでもいいことをグダ、グダ、グダ、グダと書き連ねて、(爆笑、爆笑、爆爆笑)と、下らない擬音効果まで付けて。。。 まるで、誰にも相手にされない孤独な老人が、暇をもてあまして、時間つぶしにダラダラと書いたとしか思えないじゃないかア!

デンマンさんは不満なのですか?

いや。。。 不満と言うよりも、どうしてオマエが僕の字を見て「吐き気を催させるようなひどい字です」と言わねばならなかったのか? その事を少しでも考えたことがある?

つまり、「吐き気を催させるようなひどい字」を書いたことには、理由があるということですか?

そうだよ。。。 オマエは、その事について、今まで考えたことがなかっただろう?

ありません! デンマンさんは相手に吐き気を催させる汚い字だけしか書けないものだと思っていました!

それが、オマエの独断と偏見なのだよ! 前にも言ったように、中学1年生の習字の時間には、僕は ちゃんと5をもらっていたのだよ。。。 それに、軽井沢タリアセン夫人の小百合さんに書類と共に、自筆の手紙を書いて送ったら、「達筆なお手紙をいただいてありがとうございました」 と返信が帰ってきたのだよ。。。

だから、どうだと言うのですか?

だから、手紙を送る相手によって、当然、書き手の気持ちが字に表れてしまうのだよ! 僕は習字の時間には、きれいな字を書くことができる。。。 素晴らしい女性に対して手紙を書く時には、素晴らしい達筆な字を書くこともできる。。。

つまり、オイラに対して書いた手紙には、当然、デンマンさんの気持ちが表れるということですかァ~?

そうだよ。。。

要するに、オイラがデンマンさんの手紙の字を見て吐き気を催したのは、デンマンさんがオイラに対して吐き気を催すような嫌な気持ちを抱いていたからだ、ということですかァ~?

その通りだよ!

信じられません。。。!

あのさァ~、昔の人は「信じる者は救われる!」と言ったのだよ! だから、オマエも僕の言ったことを素直に信じれば、反省して やがて まともな人間になれて救われるのだよ。。。

馬鹿バカしい。。。!


『字が汚い!』より
(2018年12月23日)

つまり、上の箇所を読んで久慈 如月さんは少しだけ救われた気持ちになった、と言うのですか?

そうだよ。。。

どうしてですか?

だから、気持ちの問題だと思ったわけだよ。。。 それで、久慈 如月さんは これからは大好きなボーイフレンドに手紙を書くつもりになって、丁寧に字を書くことに決めたと言うのだよ。

あのねぇ~、デンマンさん。。。 世の中は女子大生が考えるように、うまくゆくわけがないのですよ。。。 昔の人は“言うは易し行うは難し!”と言ったのですよう。。。 これまで汚い字を書いてきた女性が、好きなボーイフレンドに手紙を書くつもりになったからって、きれいな字が書けるわけないでしょう!

でも、僕が軽井沢タリアセン夫人の小百合さんに手紙を書いて送ったら、僕の字をほめてくれたのだよ! 「達筆なお手紙をいただいてありがとうございました」と。。。 だから、久慈 如月さんも大好きなボーイフレンドに手紙を書くつもりになって、今後 字を書くようにすれば、きれいな字が書けるようになるのだよ。。。

馬鹿バカしい! そんなに簡単に字がきれいに書けるよになれるわけないのですよゥ! んもおおおおおおおおおおおおォ~!


(laugh16.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。

あなたは、どう思いますか?

デンマンさんの説明は理にかなっていると思いますか?

 

ええっ。。。 「そんな事はどうでもいいから、他にもっと面白い話をしろ!」

あなたは、そのようにあたしにご命令なさるのですかァ?

わかりましたわァ。。。

 

デンマンさんは 太田さんに対して かなり辛らつな批判をしています。

太田さんにしてみれば、コケにされたと思えるので、

次のサイトで抗議録を公開したのですわァ。。。


(kogiroku9.png)

『実際の抗議録』

デンマン注:しかし太田将宏が上の抗議録を掲載したサイトは消滅してしまいました!

 

デンマンさんも上の抗議録を読んで ムキになって反論しています。

『嘘を書く日記』

 

太田さんは、これに対しては反論ができないのか、それ以降 無言で通しています。

でも、そのうち 忘れた頃にまたコメントを書き込むかもしれません。。。

あなたは、どう思いますか?

とにかく、ネットには “めちゃキモい”人たちがウヨウヨしています。

太田将宏さんは、まだ良い方ですわ。

中には、まるで得意になって、愚かな事をして遊んでいる オツムの足りない人たちがたくさん居ます。

例えば、あの“馬鹿の見本”の「現実主義者」と名乗る悪名高い人物です。

 


(tenan02.jpg)

『現実主義者 馬鹿の見本』

 

また、見かけは普通のブログでも、悪徳スパマーが手を変え品を変えて 悪徳サイトへ誘い込もうとしています。

スパムコメントで褒められると、ついついその気になって、

相手のブログへ飛んでゆき、お返しに、あるいはお礼にと思って

読者に登録してしまったりするものですわァ。

どうか スパマーの思う壺にはまらないでくださいね。

悪徳スパマーは悪徳サイトへ誘おうと

てぐすね引いて待っているのですから。。。

悪徳サイトを利用して、

メールアドレスで登録したりすると、

あなたのメールアドレスは第3者や第4者に売られてしまう危険性があります。

あなたは、そのようなスパム・コメントや 成りすましスパマーには

騙されないと思い込んでいるでしょう?

でもねぇ~、もしかすると騙されているかもよ。。。

とにかく気をつけてくださいね。

次回も、さらに面白い話題が続きます。

あなたも、どうか、また記事を読みに戻ってきてください。

では。。。


(hand.gif)

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『ちょっと心にぐっと来る動物物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』


(yuri03.jpg)

■ 『クラシックを愛すれど』

■ 『女性を愛せない老人ボケ』

■ 『ボダとキレた老人』

■ 『母という病』

■ 『日本人は嘘つき』

■ 『マジでピッタリ!』

■ 『成りすまし老人』

■ 『バカな大人にならない』

■ 『成りすまし老人の告白』

■ 『だまそうとする老人』

■ 『バカの壁の増設』

■ 『ウソの雪ダルマ』


(satomi02.jpg)

■ 『知らずの自分史』

■ 『新渡戸稲造と太田将宏』

■ 『ショーペンハウエルと太田将宏』

■ 『ホーキング博士と太田将宏』

■ 『加藤清正と太田将宏』

■ 『老人の性と太田将宏』

■ 『ノブレス・オブリージュと太田将宏』

■ 『世渡りの道と太田将宏』

■ 『フェアプレーと太田将宏』

■ 『ネット恋愛と太田将宏』

■ 『日本語と太田将宏』

■ 『坊主の袈裟と太田将宏』


(hokusai08.jpg)

■ 『葛飾北斎と太田将宏』

■ 『女の性的飢餓感』

■ 『敵に塩を送る』

■ 『虚構とウソ』

■ 『手紙と絶交』

■ 『短気は損気』

■ 『不思議な日本語』

■ 『乙女の祈りだわ』

■ 『自作自演じゃないよ』

■ 『マリリンdeアイドル』

■ 『マリリンに誘われて』

■ 『かい人21面相事件』

■ 『悪名と名声』

■ 『嘘を書く日記』

■ 『増長慢』

■ 『自然に耳を傾ける』

■ 『老人極楽クラブ』

■ 『伯母と叔母』

■ 『民主主義とロックンロール』

■ 『後奏曲集@危険』


(hooker08.gif)

■ 『女3人で姦しい』

■ 『クラシック鑑賞 1』

■ 『クラシック鑑賞 2』

■ 『クラシック鑑賞 3』

■ 『クラシック鑑賞 4』

■ 『クラシック鑑賞 5』

■ 『クラシック鑑賞 6』

■ 『クラシック鑑賞 7』

■ 『クラシック鑑賞 8』

■ 『クラシック鑑賞 9』

■ 『クラシック鑑賞 10』

■ 『クラシック鑑賞 11』

■ 『レゲエ@ジャマイカの夜』

■ 『クラシック鑑賞 12』

■ 『クラシック鑑賞 13』

■ 『クラシック鑑賞 14』


(yuri02.jpg)

■ 『クラシック鑑賞 15』

■ 『ヒルデガルトとジャンヌ・ダルク』

■ 『クラシック鑑賞 16』

■ 『クラシック@ルブリン』

■ 『田原総一郎と出版業界』

■ 『クラシック鑑賞 17』

■ 『ヒルデガルトと紫式部』

■ 『グールドとバッハ』

■ 『乙女の祈りと子猫のワルツ』

■ 『クラシック鑑賞 18』

■ 『クラシック鑑賞 19』

■ 『信じて跳べ』

■ 『クラシック鑑賞 20』

■ 『クラシック鑑賞 21』

■ 『クラシック鑑賞 22』

■ 『愛と赦し』

■ 『テルミン』

■ 『ヘンデルと自殺』

■ 『バッハとビートルズ』

■ 『人生と偏差値』

■ 『サルトルと現実主義者』

■ 『政治について』

■ 『クラシック馬鹿とエロ松永』

■ 『ティンパニストの本』

■ 『男の美学』

■ 『バッハ・コレギウム・ジャパン』

■ 『中村紘子とワンワン』

■ 『字が汚い!』

■ 『美しき青きドナウ』


(juneswim.jpg)


『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』


(byebye.gif)

カラスとおばさんパンツ

 

カラスとおばさんパンツ

 


(karasu89.jpg)


(karasu60.jpg)


(valent6.gif)


(full102.jpg)


(sayuri55.gif)

デンマンさん。。。 今日はなんだかヤ~らしいお話ですわねぇ~。。。


(kato3.gif)

あれっ。。。 小百合さんにとってカラスとおばさんパンツというタイトルを見るとヤ~らしいイメージが思い浮かぶのですかァ~?

だってぇ~、なにも、よりによってカラスとおばさんパンツを結びつけることはないじゃありませんかァ!

あのねぇ~、僕が結びつけたわけじゃないのですよう。。。

でも、上のタイトルを書いたのはデンマンさんでしょう!?

確かに、タイトルを書いたのは僕ですよ。。。 でも、そのタイトルを書くように促したのは、愛媛県松山市に住む加瀬 亀雄(かせ かめお)君なのですよ。。。 ちょっと次のリストを見てください。。。

 


(liv90120a.png)


『拡大する』

『カラスの初飛行』

 

これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の日本時間で1月19日の午後11時50分から 20日の午前3時23分までの約3時間半の「生ログ」の一部です。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目して欲しい。。。

あらっ。。。 1月20日の午前1時30分にGOOGLEで検索して『カラスの初飛行』を読んだネット市民がいたのですわねぇ~。。。

その記事を読んだネット市民が愛媛県松山市に住む加瀬 亀雄(かせ かめお)君なのですよ。。。

また、IPアドレスを調べて、亀雄君が読んだことを突き止めたのですか?

そうです。。。


(ip14314b.png) 

 

デンマンさんの記事にアクセスしたネット市民が男性の場合だと、上のイラストを貼り付けるのがデンマンさんの癖ですわねぇ~。。。

いけませんか?

たまには、写実的な写真を貼り出して欲しいですわァ~。。。

でもねぇ~、さきほど小百合さんが「今日はなんだかヤ~らしいお話ですわねぇ~。。。」と言ったように、この記事を読み始めた読者は先入観を持つかもしれないのですよ。。。 だから、その人を特定できるような写真を貼り出すと、あとで僕は訴えられるかもしれない。。。

つまり、裁判になると煩わしいので、問題のないようにイラストを貼り出したのですかァ~?

そういうことです。。。

。。。で、亀雄君は愛媛県の松山市で何をしているのですか?

愛媛大学に通う学生ですよ。。。

 


(matsuyama1.jpg) 


(matsuyama2.jpg)


(matsuyama3.jpg)

 

亀雄君は愛媛大学で何を勉強しているのですか?

法文学部で人文社会学科を専攻しているのです。。。

あらっ。。。 理学部の生物学科ではないのですかァ~?

どうして小百合さんは亀雄君が理学部の生物学科の学生だと思うのですか?

だってぇ~、『カラスの初飛行』を読んだのでしょう!? カラスを研究しようとしているのではありませんか?

いや。。。 亀雄君はカラスには興味がないのです。

それなのに、どういうわけで『カラスの初飛行』を読んだのですか?

あのねぇ~、その質問に答えるには、上のリストの赤いアンダーラインで示したリファラーをクリックすると判るのです。。。 すると次の検索結果が出てくるのですよ。。。


(gog90120a.png) 


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

あらっ。。。 「おばさん パンツ」と入れて画像検索したのですわねぇ~。。。

そういうことです。。。 亀雄君はカラスよりも「おばさんパンツ」に興味があるのです。

なぜ、「おばさんパンツ」に興味があるのですか?

あのねぇ~、さっきも言ったように亀雄君は法文学部で人文社会学科を専攻しているのですよ。。。 それで、「おばさんパンツ」をプレゼントする男性がいるだろうか? そのことを人文社会学的に調べようとしたわけです。。。

それで、上のように「おばさん パンツ」と入れて画像検索したのですかァ~?

そういうことですよ。。。

でも。。。、でも。。。、亀雄君が、上のリストから次の画像を選んだのはどういうわけですか?

 


(full102.jpg)

 

このパンツが亀雄君の美的感覚にもっとも魅力的に映ったわけです。。。 それで、もしかすると、この「おばさんパンツ」を女性にプレゼントした男性がいるのではないか? そう思って上の「おばさんパンツ」をクリックしたら『カラスの初飛行』の記事が表示されたわけです。

それで、記事を読んでみたら、亀雄君が思ったとおりに上の「おばさんパンツ」を女性にプレゼントした男性がいたのですか?

そうです。。。 その箇所を読んでみてください。。。

Subj:小百合さん、おはよう!

日本は、そろそろ梅雨ですか?

元気でがんばってね。

きゃははははは。。。


(ajisai02.jpg)

Date: 25/05/2010 12:17:07 PM
Pacific Daylight Saving Time
日本時間: 5月26日(水)午前4時17分
From: denman@coolmail.jp
To: sayuri@hotmail.com
CC: barclay1720@aol.com

5月27日の記事を夕べ書いたよ。
題して「パンツをツンパする」です。


(smilerol.gif)

『パンツをツンパする』

(2010年5月27日)

5月にはいって、これまでに2回ほどパンツのことで記事を書きました。

それで“おばさんパンツ”を入れてGOOGLEで画像検索したら、2008年に書いたパンツの記事が出てきたよう。


(full102.jpg)

小百合さんにパンツのプレゼントをした記事ですよう!
きゃはははははは。。。

それで、あのパンツを小百合さんは穿いただろうか?
ふと、そう思ったのですよう。


(angry13.gif)

“しょうもないものをくれやがって!

んもお~~”

こう言って小百合さんは捨ててしまったのかな…?


(funny2.gif)

きゃははははは。。。

安子さんがかつて言っていたことだけれどカナダで売っている安物のパンツは、たいてい中国製なのだそうです。
ひどいのになると一度はいただけで縫製部分がほころびてくると言うのですよ。
だから、パンツは日本製に限ると言ってました。

男性用ブリーフも安物の中国製になると、2,3度でほころびますね。
日本製はパンツでも品質がしっかりしているようです。

添付した記事は5月25日に書いた『パンツを旅する』です。

 


(ass350.gif)

『パンツを旅する』

(2010年5月25日)

 

面白いから読んでみてね。


(vancouver.jpg)

今日のバンクーバーはどんよりとしていますよ。

カラスの母子は、ちょっとじゃれているように見えたけれど、母カラスが子供にかなりきつい口調で次のように言っているように見えました。


(karasu60.jpg)

“オマエ!。。。いつまでも

ヒナじゃないんだから

いい加減に

空を飛んでみたらどうなのよ!”


“でも。。、なんだか おっかないよ。”

子供カラスは母カラスと同じくらい大きくなったのだけれど、やっぱり、巣の外は不安なのか?巣から一歩も出ないのですよう。

母カラスが心配になって、いろいろと手を尽くしているように見えます。


(laughx.gif)

きゃはははははは。。。

では、いつものように小百合さんがバンクーバーにやってくることを祈りながら、バンクーバー・タリアセン夫人になれるように応援しますね。


(pray08.gif)


(funny3.gif)

ラーメン。。。

きゃはははははは。。。


(denman01.gif)


(sayuri55.gif)

思い出しましたわ。。。 そうです。。。 そうです。。。 デンマンさんはキモいプレゼントをするヘンな人だと思ったのですわ。。。


(kato3.gif)

。。。で、ムカついて捨ててしまったのですか?

もちろん捨てませんわ。。。 もったいないですもの。。。 2度洗濯して穿いてみましたわ。。。

なんで、2度も洗濯するのですか?

デンマンさんの手垢がついていると思って、気持ちが悪かったのですわ。。。 うふふふふふふふ。。。

やだなああああァ~。。。 僕に恥をかかせるようなことを言わないでくださいよう。。。

つまり、こういう馬鹿バカしいことを私に言わせるために、カラスとおばさんパンツというタイトルで記事を書いたのですか?

そうです。。。 いけませんか?

 (小百合さん、無言で呆れています。)

 


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~~

あなたは下着を女性にプレゼントしたことがありますか?

ええっ。。。 「そういう変態趣味はないので、くだらない事を言わずに、他にもっと面白い話をしろ!」

あなたは、あたくしに そのようにご命令なさるのでござ~ますかァ~?

分かりましたわァ。。。 あなたがそのようにおっしゃるのであれば、

元旦にバンクーバーで第99回寒中水泳があったのでござ~ますわよう。

その模様をお見せしますわねぇ~。。。

 


(polswim03.jpg)


(polswim01.jpg)


(polswim02.jpg)


(polswim04.jpg)

 

ええっ。。。 「寒中水泳など つまらんから、もっと面白い話をしろ!」

あなたは、さらに、そのような強い口調で あたくしにご命令なさるのですかァ~?

分かりましたわァ~。。。

個人的なお話ではありますけれど、

次の検索結果を見てくださいまし。。。

 


(gog60409a.png)

『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

「卑弥子 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわよう。

うふふふふふふ。。。

あなたも、ビックリするでしょう?

ジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわァ。

 


(buttdimp5.jpg)

 

どうでござ~ますかァ?

ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?

どうしてよう?

ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ~ますかァ~?

あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、

最後には上のようなおヌードになるのですわよう。

信じてくださいましなァ~。。。

 

ところで、小百合さんが なぜ「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれているのか?

ご存知でござ~♪~ましょうか?

なぜ。。。?

実は簡単な事なのですわよう。

 


(sayuri80.jpg)

 

小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。

小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですってぇ~。。。

分からない事ではござ~ませんわァ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。

現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。

 


(suikyu9.jpg)

 

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

 

軽井沢・雲場池の紅葉

軽井沢のイルミネーション

秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩

 

とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。

だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。

じゃあねぇ~~。


(hand.gif)


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』


(fragran11.jpg)

■ 『スープカレーなのね』

■ 『忍城時代まつり』

■ 『夜道のルート66』

■ 『上を向いて歌おう』

■ 『霧積温泉のロマン』

■ 『元気が一番!』

■ 『行田のスープカレー』

■ 『パンツとブラジャーと餃子』

■ 『軽井沢を文学散歩する』

■ 『ばァ~の面影』

■ 『バレンタイン@行田』

■ 『軽井沢タリアセン夫人@遠藤家』

■ 『桃の節句@天国』

■ 『古代米カレー』

■ 『愛のジェローを探して』


(coffeeluv1.jpg)

■ 『コーヒーと愛の香り』

■ 『愛の馬車道』

■ 『亀姫と香芽子さん』

■ 『愛の夕顔を探して』

■ 『ケネディ暗殺の謎』

■ 『行田物語 ピラミッド』

■ 『由梨さん@コルシカ』

■ 『黒い行田市長』

■ 『ヒシしようよ』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『天の川de思い出』

■ 『天の川の思い出』

■ 『行田物語 古代蓮』

■ 『チーズ@シルクロード』

■ 『ラーメン@バクー』

■ 『行田物語 饅頭』

■ 『ぶんぶく茶釜だよ』

■ 『ぶんぶく阿波踊り』

■ 『食欲の秋です』

■ 『カレーdeパリ』

■ 『パワースポット』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『日本男児@パワースポット』

■ 『タケモトピアノ 苦情』

■ 『母と暮せば』

■ 『国道17号バイパスの奇跡』

■ 『伽哩夫人』

■ 『年賀状@富岡』

■ 『愛のジェローだよ』

■ 『愛の果実』

■ 『桜を想いながら』

■ 『去年の秋の食欲』

■ 『パンツとブラと餃子』

■ 『軽井沢タリアセン夫人@バンクーバー』

■ 『釜めし@バレンタイン』

■ 『タリアセン夫人と洋画』

■ 『ロマン@尾瀬ヶ原』

■ 『タリアセン夫人の夢』

■ 『夢の素遺伝子』

■ 『さけ茶づけ@バレンタイン』


(compie1b.jpg)

■ 『コンピエーニュから』

■ 『焼きそば@バレンタイン』

■ 『思い出のバレンタイン』

■ 『酒巻ミステリー』

■ 『縄文人と弥生人は惹かれあう?』

■ 『バレンタインを探して』

■ 『ラビオリ物語』

■ 『キャドバリーチョコ』

■ 『ジュネーブの休日』

■ 『定禅寺ジャズ』

■ 『いしぶみ』


(noten15.jpg)

■ 『軽井沢夫人@雲場池』

■ 『イタリアの空の下』

■ 『トロントの空の下』

■ 『チンチン@ロブソン』

■ 『バレンタイン@スイス』

■ 『熟女4人5脚@神戸』

■ 『中将湯と華宵御殿』

■ 『枯葉とチョコレート』

■ 『ロマン電車』

■ 『グルメの思い出』

■ 『上流夫人@水原市』

■ 『七つ星ロマン』

■ 『富士山@ルート66』


(sayuri811.jpg)

■ 『カフェdeロマン』

■ 『機内映画』

■ 『洲浜を探して』

■ 『夢のような話』

■ 『軽井沢の夜光』

■ 『恋人たちの小径』

■ 『サワークリームグレーズド』

■ 『優美な日本女性』

■ 『氷河期がやってくる』


(bare02b.gif)

こんにちは。ジューンです。

日本のハーブティーは、なんといっても桜湯だそうですけれど、


(sakurate.jpg)

カナダ、アメリカ、イギリスではハーブティーとして

ローズティーが好まれています。

普通、ローズヒップティーと呼ばれます。

ローズヒップ(rose hip)とは

バラ科バラ属の植物の果実。

つまり、バラの実です。

ローズヒップ生産のため、バラの特定品種、

特にRosa canina(ドッグ・ローズ)が栽培されています。

ハイビスカスとブレンドしたハーブティとして飲用されることもあります。

また、ローズヒップオイルは食用油として、

ジャム、ジェリー、マーマレードにも用いられるほか、

スキンケアにも用いられます。

こんなエピソードがありました。

第二次世界大戦中、

イギリスはドイツ海軍Uボートの海上封鎖により

オレンジの輸入がストップしたのです。

ビタミンCの補給ができなくなったのです。

それで、英国の学童たちは生垣に生えている

ローズヒップの採集を命じられました。

ローズヒップティーにして飲んで

ビタミンCを補給したのですって。。。


(rosehip.jpg)

なんだか信じられないようなお話ですよね。

ところで、英語の面白い話を集めました。

時間があったら覗いてみてください。

■ 『あなたのための愉快で面白い英語』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。


(chirashi.jpg)


(bravo.gif)

美しき青きドナウ

 

美しき青きドナウ

 


(donau2.jpg)


(ireba03.jpg)


(laugh16.gif)


(ohta03.png)

デンマンさんは、どういうわけで美しき青きドナウを持ち出してきたのですか?


(kato3.gif)

実は、久しぶりに過去の記事を読んでいたら次の箇所に出くわしたのだよ。。。

僕は上の文章を何度も何度も読んで、更にYouTubu のクリップを何度か聴いたのだよ。。。 でもなァ~、ハッキリ言ってミサ曲の厳(おごそ)かな雰囲気は理解できたものの、全曲をじっくりと聴くだけの忍耐がなかった。。。 どの曲も5分も聴くと退屈になって、全曲をすべて聴く気になれないのだよ!

だから、それはクラシックに対する感受性の問題なのですよ!。。。 百姓育ちのデンマンさんには高尚なクラシックを理解するだけの教養も素養も無いという事なのですよ!

オマエがクラシックの事になると僕を馬鹿にしたい気持ちは解るよ。。。 でもなァ~、僕は百姓育ちではないのだよ!。。。 オマエのように百姓育ちを馬鹿にするということは職業により農家の人たちを差別するということなのだよ!

別に職業によりデンマンさんを差別するつもりはありません。

あのさァ~、僕は こう見えても小学生の時には合奏部に所属してコントラバスを担当していたのだよ。。。 NHKの関東甲信越の予選で行田市中央小学校の合奏部は入賞したこともあるのだよ。。。 その時の演奏曲は『美しき青きドナウ』。。。、もしかすると『ハンガリア舞曲第5番』だったかもしれない。。。 とにかく、審査委員の先生から、コントラバスの響きがよかったと褒められたことがあるのだよ! それにクラシックで恋をしたこともある!


(cute0015.gif)

『ん? クラシックで片思い?』

 

マジっすかあああァ~? 信じられません。。。 そのデンマンさんがオイラが上の文章の中で紹介したミサ曲が 全く いいとは思えないと言うことですかァ~?

そうだよ。。。 ハッキリ言ってミサ曲は退屈なのだよ!。。。 僕が赤字で強調したところで オマエは感心したり、感銘を受けているようだけれど。。。、実は、僕も期待しながら曲を聴いてみたのだけれど、感心どころか、感銘も受けず、全く退屈しただけなのだよ!

だから、デンマンさんにはクラシックを堪能するだけの教養も素養も素質も無いのです。。。

それは違うと思うよ。。。 僕にだってクラシックの曲で、素晴らしいと思える曲もあるのだよ。。。

たとえば。。。?

例えば次の記事の中で紹介しているバッハの曲だよ。。。

癒しを奏でるパンツ

 


(bikini07c.gif)


(bikini08.gif)


(bikini231d.png)

(music987.jpg+spacer.png)

 


(june001.gif)

デンマンさん。。。 なんだか格調が高いような。。。 それでいて おシモっぽいような妙なタイトルを付けましたわねぇ~。。。 いったい“癒しを奏でるパンツ”ってぇ、どういうパンツなのですか?。。。 デンマンさんは、ちょっとばかりパンツに拘(こだわ)り過ぎているのではありませんかァ~?


(kato3.gif)

あのねぇ~、僕は別にパンツに拘っているのではありませんよゥ。。。

でも、また わたしの“おばさんパンツ姿”をこの記事の冒頭に たくさん貼り付けているではありませんかァ!

あのねぇ~、ジューンさんの“おばさんパンツ姿”に拘っているネット市民がたくさんいるのですよ。。。

マジで。。。?

こういう話題の時に、僕はウソやデマカセは言いません。。。 お稲荷さんに誓って、弁天様に誓って、八幡様に誓ってウソは絶対につきませんからねぇ~。。。

分かりましたわ。。。 じゃあ、その拘っているネット市民の人たちは、どこのどなたなのですかァ~?

(中略)

次の演奏はジューンさんも呆れるほど面白い演奏ですよ。


(gsen04.jpg)

あらっ。。。 ヒモパンで演奏したのですわねぇ~。。。 うふふふふふ。。。

そうなのです。。。 黒いTバックや白いレースのゴージャスな下着などいくつかのパンティを組み合わせて美しいメロディを奏でる変態さんはアンドリュー・ファンというカナダ人なのですよ。

若い頃のデンマンさんかと思いましたわァ~。。。 (微笑)

いや。。。 僕は それほどの才能はありません。 「G線」に掛けて「Gストリング」で演奏するというアホな目論見なのですよ。。。 でもねぇ~、Gストリングで4オクターブの音域が出たのを発見したそうです。


『クラシック鑑賞 1』より
(2017年12月17日)

つまり、デンマンさんが小学校の合奏部でコントラバスを担当して音楽コンクールの予選で、同級生と一緒に『美しき青きドナウ』を演奏したということが言いたいのですねぇ~。。。

そういうことだよ。。。

それで、どうしたのですか?

思い出すと、合奏部で演奏している時には、この曲に対して全く関心がなかった。。。で、記事を読み返した時に、調べてみたわけだよ。。。

美しく青きドナウ

 

『美しく青きドナウ』(An der schönen, blauen Donau)作品314は、ヨハン・シュトラウス2世が1867年に作曲した合唱用のウィンナ・ワルツ。

『ウィーンの森の物語』と『皇帝円舞曲』とともにシュトラウス2世の「三大ワルツ」に数えられ、その中でも最も人気が高い。
作曲者およびウィンナ・ワルツの代名詞ともいわれる作品である。
オーストリアにおいては、正式なものではないが帝政時代から現在に至るまで「第二の国歌」と呼ばれている。

『美しき青きドナウ』とも表記され、また「青」ではなく「碧」という漢字が用いられることもある。
当記事では、『ヨハン・シュトラウス2世作品目録』(日本ヨハン・シュトラウス協会、2006年)の、『美しく青きドナウ』に従う。

なお、オーストリアでは単に『ドナウ・ワルツ』(Donauwalzer、Donau-Walzer)と呼ばれることも多い。

ちなみに、『美しく青きドナウ』という邦題は、原題「An der schönen, blauen Donau」のうちの「An(英語のbyに相当)」を無視したもので、正確に訳すと『美しく青きドナウのほとりに』といった題になる。
原題と異なる邦題が定着しているのは日本だけではなく、たとえば英語圏では『The Blue Danube(青きドナウ)』となっている。

 

ニューイヤーコンサート

 

 

大晦日から新年に代わるとき、公共放送局であるオーストリア放送協会は、シュテファン大聖堂の鐘の音に続いてこのワルツを放映するのが慣例となっている。
それに続いて元日正午から始まるウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサートでは、3つのアンコール枠のうちの2番目としてこのワルツを演奏するのが通例である。

つまりオーストリアでは毎年元日に少なくとも2回は『美しく青きドナウ』が公共放送から流れてくるのを聴くことができる。
ニューイヤーコンサートでは、序奏部を少しだけ演奏した後、聴衆の拍手によって一旦打ち切り、指揮者や団員の新年の挨拶が続くという習慣となっている。

なお、父シュトラウス1世の『ラデツキー行進曲』も同コンサートを締めくくる定番の曲であるが、こちらも国家的な行事や式典でたびたび演奏される曲である。
これら二つの曲が同コンサートにきまって取り上げられるのは、ただ人気が高いからというだけの理由ではなく、オーストリアを象徴する曲だということも大きな理由なのである。

ちなみに、カラヤンとケンペはステレオ初期にウィーン・フィルを指揮して録音した「シュトラウス・アルバム」に、この曲を含めていない。


出典: 「美しく青きドナウ」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ヨハン・シュトラウス2世が1867年に作曲した合唱用のウィンナ・ワルツだということが解ったのだよ。。。

デンマンさんは作曲者の名前も知らないまま演奏していたのですか?

そうだよ。。。 演奏曲目は指揮者の先生が選んだんで、僕が選んだわけじゃない。。。

でも、常識的に演奏曲目ぐらいは小学生でも解っているんじゃないですか?

合奏部の他の生徒は知っていたかもしれないけれど、僕は当時クラシックに全く興味がなかった。

それなのに、どうして合奏部に加わったのですか?

指揮者の五月女先生が僕のオヤジの従弟だった。。。 部員が少なかったので、五月女先生が僕の実家にやって来たときに、勧誘されたというわけだよ。。。

つまり、好きで合奏部に入ったわけじゃなかったのですねぇ~。。。

演奏するのが好きなわけじゃなかったけれど、コントラバスを弾くのは面白そうだったから、やってみる気になったわけだよ。

。。。で、ヨハン・シュトラウス2世が『美しく青きドナウ』を作曲したということが判ってデンマンさんはうれしくなったのですか?

別に、うれしくなったわけじゃないけれど、オーストリアにおいては、正式なものではないが帝政時代から現在に至るまで「第二の国歌」と呼ばれているということを知って、これはすごい事だと思ったわけだよ。。。 つまり、オーストリア国民からも愛されているからこそ、オーストリアでは毎年元日に少なくとも2回は『美しく青きドナウ』が公共放送から流れてくるのだよ。。。

だから、どうだというのですか?

そういう曲を作曲した人間は、いったいどういう人間なのだろうか? そう思って調べたわけだよ。。。

ヨハン・シュトラウス2世

(1825年10月25日 – 1899年6月3日)


(strauss21.jpg)

3番目の妻アデーレと共に

 

ヨハン・シュトラウス2世(Johann Strauss II)は、オーストリアのウィーンを中心に活躍した作曲家・指揮者。

ヨハン・シュトラウス1世の長男。
弟にヨーゼフ・シュトラウスとエドゥアルト・シュトラウス1世が、甥にヨハン・シュトラウス3世がいる。

生涯のほとんどをウィンナ・ワルツ、ポルカなどの作曲に捧げ、『美しく青きドナウ』、『ウィーンの森の物語』、『皇帝円舞曲』などのよく知られたワルツを数多く生み出した。
オーストリアのみならずヨーロッパ中で絶大な支持を獲得し、「ワルツ王」、「ウィーンの太陽」、当時のオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世と対比する形で「ウィーンのもう一人の皇帝」などと呼ばれた。

のちにオペレッタの分野にも進出して、オペレッタの最高傑作といわれる『こうもり』などを生み出し、「オペレッタ王」とも呼ばれるようになった。

毎年元日に行われる「ウィーン・フィルのニューイヤーコンサート」では、彼を中心とするシュトラウス・ファミリーの作品をメインにプログラムが組まれる。

 

死後

ヨハンが死去したという知らせを受けたウィーン市は、ただちにウィーン中央墓地の中に特別墓地を設けることを決定した。
葬式には10万人の市民が参列したとされ、この際ヨハンの「新曲」がいくつも追悼として演奏された。

未亡人となったヨハンの妻アデーレが、夫の未発表作品を世に送り出し、さらには遺された膨大なスケッチを集め、別の作曲家に依頼してそれらをたくみにつなげさせ、新作として発表したのである。
死後数年を経てからも、ヨハンの「新曲」は次々と世に出された。
その後ウィーンでは、『我らがワルツ王の思い出』『シュトラウスの家』などの歌が流行した。

ヨハンの死から5年後の1904年、シュトラウス記念像を建立しようとする動きが高まった。
その名を知らぬ者はいないほどの有名人であったにも関わらず、その銅像は一つもなかったのである。
委員会が設置され、記念像建立のための募金が始められたが、その途上でサラエボ事件が起こり、活動も挫折を余儀なくされる。

第一次世界大戦に敗北して共和制に移行したオーストリアについて、「ヨハン・シュトラウスとともに、ハプスブルク帝国も死んだ」といった評価がされることもある。

1921年、ついに黄金に輝くシュトラウス記念像が建立されたが、贅沢すぎるとの批判を受けて黒色に塗り替えられた。
1991年にあらためて元の金色に塗り直されたヨハン・シュトラウス記念像は現在、ウィーンの代表的な観光名所のひとつとして親しまれている。

 

女性関係

ヨハン・シュトラウス2世は、生涯に3度の結婚を経験している。
3人の妻との間に子女はいない(3人目の妻・アデーレに前亡夫の娘がいたのみ)。

ヨハンは生前さまざまな女性と浮き名を流しており、肉体関係を結んだ相手も数知れず、好色がたたって性病にかかったこともある。
性病のために子供ができなかったという噂や、早世した弟ヨーゼフの未亡人カロリーネに手を出したとの噂もささやかれた。
未亡人となった最後の妻アデーレはこのような噂を必死になって否定し、ヨハンの清潔さを喧伝した。

毎夏パヴロフスクへ演奏旅行していたヨハンは、30歳の頃にオルガ・スミルニツキーというロシア貴族の娘と知りあった。
ふたりは結婚の約束まで交わしたが、彼女の両親の反対によって別れたという。

アデーレはこの件に関して、亡夫の遺したオルガとの手紙を残らず世間に公表した。
この清純な悲恋物語は、アデーレによってかなり誇張されて世に出回った。
アデーレは、世間に知られたくない夫の側面を隠し通そうとしたのである。

オルガの他にも、シュトラウスの自宅付近に住んでいたエリーゼという女性との結婚を考えたこともある。
エリーゼは母アンナが息子の花嫁候補と考えた女性であり、実現はしなかったがヨハンも彼女との結婚に乗り気で、『エリーゼ・ポルカ』(作品151)を作曲している。

 

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


出典: 「ヨハン・シュトラウス2世」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

つまり、デンマンさんは女性関係に注目したのですねぇ~?

そうだよ。。。 やっぱり音楽を愛する人間は女性も愛するのだよ。。。

そうでしょうか?

そうだよ。。。 オマエも次のように書いていたじゃないか!

恋愛は、年頃の男女が肉体に

触発された心理現象?


(tantra20.jpg)

音楽は、けっして、世界共通の言語などではない。
異なる時代にも亘る言語ですらなかった。

それでは、ヨーロッパ音楽の伝統とは、
そもそも、いったい何であったのだろうか。

小澤征爾が言っていたことであるが、彼が若い頃、
東洋人がヨーロッパの音楽をする意味、
可能性について問われたとき
(そういうことを聞く田舎者が
 世界のどこにもいるものである。)、

音楽は、世界の共通の言語であるからと、
(当たり障り無く)返事をしていたところが、近頃では、
何か自分が壮大な実験をしているのではないか、と思うようになってきたそうである。

壮大な実験、これは、彼だけのことではないであろう。
ようやく我々が西洋音楽を扱うことに関して
欧米(を超える)水準に達した今日の、この倦怠は何であろう。

かといっても、我々が邦楽に戻るなどとは、
一般的にいって、非現実的であり、できない相談である。
バスク語を話せ、と言われた方が、まだしも抵抗が少ないのではないか。

(中略)

いつだったか、小澤征爾と H.V.Karajanの指揮する M.Ravel の 
“Bolero” を聞き比べたことがあった。

小澤の演奏は、英語で言う too square であったが、
Karajanのそれは、なんとも sexyで妖艶ですらあった。
フランス人でもないのに。
やはり、小澤のような指揮者でさえ日本人では及びがたいところが今なおある。

(中略)

わたしは、何々至上主義、といったものが嫌いである。
例えば、恋愛至上主義。

大体、恋愛感情などというものは、ある年頃の男女が肉体に触発された心理現象にすぎないのではないか。
そもそも、成熟した夫婦が、夫婦であるのにもかかわらずに仲が良い、などというのは、どこか異常ではないか。
長い間、生活を共にしていて、まだ互いにsexualityを感じたとしたならば、それは近親相姦に近くはないか。

J.S.Bach は、
前妻、後妻と共に仲が良かった様子であるので、
私はここを書いていて、少し、困っているが。

芸術至上主義も同じ。
人生は芸術を演出する時空ではない。


pages 5 & 6 間奏曲集 (主題なき変奏) その2 
著者: 太田将宏
初版: 1994年1月 改定: 2006年6月


『老人の性と太田将宏』より
 (2016年8月20日)

分かるだろう!? 音楽家というのは女性を愛するのだよ。。。 オマエは、本当に女性を愛したことがないから音楽家にはなれないのだよ。。。

ちょっと、そう言い切るには飛躍があるのではありませんか?

いや、飛躍じゃないよ! オマエは奥さんや娘を本当に愛していなかったから、次のようなことになってしまったのだよ。。。

私は、この曲集を書き終えたとき、老人見習いから、正真正銘の老人になるのではないか、と思うこの頃である。
真の老人とは、もはや、失うべき何ものも無くなった人のことを言うのではないか。

長女は、私から去った。
次女は、中立を保つ為に、この家に寄りつかない。
家内と言えば、日本語も通じなくなってから何年にもなる。

私には、S.Kierkegaard の言った、一番易しく一番難しいこと、すべてを捨てること、が、案外、無理なくできるのではないか。
いや、その時には、捨てるべき何ものも見当たらなくなった境地であろう。

その意味では、老人になる前に、不慮の死で亡くなった人は気の毒である。
私は、若い時に、死ぬのはいいが風邪をひくのは嫌だ、などと言って、粋がって与太をほざいていた。
今も、願わくは、あまり苦しむことなく死を迎えられたなら、それにこしたことはない、と考えている。

Kierkegaard は、また、永遠とは有限が無限に出会う瞬間である、と言っていた。
私の人生に、かつて、そのような瞬間があったであろうか。
いや、それもまた、超越の命題であろう。

私の人生は、無明に迷ったそれに終わるのかもしれない。
しかし、私の背後には、母の祈りがあった。

ある麻薬中毒患者が、お母さん、僕は、こんな遠くまで来てしまった、と淋しげに呟いていたが、私は、麻薬中毒者ではないけれど、その気持ちが解かっている、と思う。
どのみち、人生は、rehearsal無しの、ぶっつけ本番なのである。

しかし、私は、F.M.Dostoevsky の「白痴」にある、あの「イッポリトの告白」に書かれているように、もし、生まれる前に、この条件を知らされていたとしたならば、私は、生まれるてくることを肯(がえ)んじなかったであろう、とは思っていない。
私は、感謝して死ねるように、今からでも、心の準備をしておこう。

S.D.G

コーダ(蛇足):

私の懐疑なるものが、深いのか、深くないのか、私自身も知る由もない。
仮に、深かったとしても、そもそも、懐疑の深さというものは、誇るべきものであるのか、という疑問が残る。


【デンマン注:】 改行を加え読み易くしました。あしからず。

S.Kierkegaard: キルケゴール (1813-1855) デンマークの哲学者

S.D.G.: Soli Deo Gloria (ラテン語) To God Alone the Glory(英語) 神に栄光あれ。

F.M.Dostoevsky: ドストエフスキー (1821-1881) ロシアの小説家・思想家


56ページ Michel-Richard de Lalande
『後奏曲集(後書きばかり)』 作品3
著者: 太田将宏
初版: 1994年1月 改定: 2006年9月

『馬鹿やって人気?』にも掲載
(2015年8月18日)

デンマンさん! 何度この箇所を引用すれば気が済むのですかア~♪~!

オマエは自分が書いたものを引用されるのがいやなのォ~?

何度も何度も引用されたら、ムカつきますよう! つまり、この事が言いたかったので、わざわざ『美しき青きドナウ』を取り上げたのですねぇ~!?

いや。。。 もちろんそうじゃないよ! オマエの夫婦関係を語るために『美しき青きドナウ』を取り上げたんじゃない!

じゃあ、いったい他に何が言いたいのですか?

僕が小学生の頃には知らなかったけれど、『美しき青きドナウ』は世界的の多くの人の心をつかんだんだよ!

つまり、オーストリアでは第二の国家にもなるほどに、国民に親しまれたと言いたいのですか?

いや。。。 オーストリアばかりじゃない! イギリス国民にもマジで親しまれているのだよ。。。

その証拠でもあるのですか?

あるのだよ! 次の演奏を聴けば、イギリス国民が、どれほど『美しき青きドナウ』に親しみを感じているのかがオマエにも分かるよ!

 


(mrmathane.jpg)

 

どうだい。。。 イギリス国民が熱狂的に親しんでいるだろう!?

馬鹿バカしい。。。!


(laugh16.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。

あなたは、どう思いますか?

最後のオチで、グッと格調が落ち込みましたよねぇ~。。。

うふふふふふふ。。。

 

ええっ。。。 「そんな事はどうでもいいから、他にもっと面白い話をしろ!」

あなたは、そのようにあたしにご命令なさるのですか?

わかりましたわァ。。。

 

デンマンさんは 太田さんに対して かなり辛らつな批判をしています。

太田さんにしてみれば、コケにされたと思えるので、

次のサイトで抗議録を公開したのですわァ。。。


(kogiroku9.png)

『実際の抗議録』

デンマン注:しかし太田将宏が上の抗議録を掲載したサイトは消滅してしまいました!

 

デンマンさんも上の抗議録を読んで ムキになって反論しています。

『嘘を書く日記』

 

太田さんは、これに対しては反論ができないのか、それ以降 無言で通しています。

でも、そのうち 忘れた頃にまたコメントを書き込むかもしれません。。。

あなたは、どう思いますか?

とにかく、ネットには “めちゃキモい”人たちがウヨウヨしています。

太田将宏さんは、まだ良い方ですわ。

中には、まるで得意になって、愚かな事をして遊んでいる オツムの足りない人たちがたくさん居ます。

例えば、あの“馬鹿の見本”の「現実主義者」と名乗る悪名高い人物です。

 


(tenan02.jpg)

『現実主義者 馬鹿の見本』

 

また、見かけは普通のブログでも、悪徳スパマーが手を変え品を変えて 悪徳サイトへ誘い込もうとしています。

スパムコメントで褒められると、ついついその気になって、

相手のブログへ飛んでゆき、お返しに、あるいはお礼にと思って

読者に登録してしまったりするものですわァ。

どうか スパマーの思う壺にはまらないでくださいね。

悪徳スパマーは悪徳サイトへ誘おうと

てぐすね引いて待っているのですから。。。

悪徳サイトを利用して、

メールアドレスで登録したりすると、

あなたのメールアドレスは第3者や第4者に売られてしまう危険性があります。

あなたは、そのようなスパム・コメントや 成りすましスパマーには

騙されないと思い込んでいるでしょう?

でもねぇ~、もしかすると騙されているかもよ。。。

とにかく気をつけてくださいね。

次回も、さらに面白い話題が続きます。

あなたも、どうか、また記事を読みに戻ってきてください。

では。。。


(hand.gif)

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『ちょっと心にぐっと来る動物物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』


(yuri03.jpg)

■ 『クラシックを愛すれど』

■ 『女性を愛せない老人ボケ』

■ 『ボダとキレた老人』

■ 『母という病』

■ 『日本人は嘘つき』

■ 『マジでピッタリ!』

■ 『成りすまし老人』

■ 『バカな大人にならない』

■ 『成りすまし老人の告白』

■ 『だまそうとする老人』

■ 『バカの壁の増設』

■ 『ウソの雪ダルマ』


(satomi02.jpg)

■ 『知らずの自分史』

■ 『新渡戸稲造と太田将宏』

■ 『ショーペンハウエルと太田将宏』

■ 『ホーキング博士と太田将宏』

■ 『加藤清正と太田将宏』

■ 『老人の性と太田将宏』

■ 『ノブレス・オブリージュと太田将宏』

■ 『世渡りの道と太田将宏』

■ 『フェアプレーと太田将宏』

■ 『ネット恋愛と太田将宏』

■ 『日本語と太田将宏』

■ 『坊主の袈裟と太田将宏』


(hokusai08.jpg)

■ 『葛飾北斎と太田将宏』

■ 『女の性的飢餓感』

■ 『敵に塩を送る』

■ 『虚構とウソ』

■ 『手紙と絶交』

■ 『短気は損気』

■ 『不思議な日本語』

■ 『乙女の祈りだわ』

■ 『自作自演じゃないよ』

■ 『マリリンdeアイドル』

■ 『マリリンに誘われて』

■ 『かい人21面相事件』

■ 『悪名と名声』

■ 『嘘を書く日記』

■ 『増長慢』

■ 『自然に耳を傾ける』

■ 『老人極楽クラブ』

■ 『伯母と叔母』

■ 『民主主義とロックンロール』

■ 『後奏曲集@危険』


(hooker08.gif)

■ 『女3人で姦しい』

■ 『クラシック鑑賞 1』

■ 『クラシック鑑賞 2』

■ 『クラシック鑑賞 3』

■ 『クラシック鑑賞 4』

■ 『クラシック鑑賞 5』

■ 『クラシック鑑賞 6』

■ 『クラシック鑑賞 7』

■ 『クラシック鑑賞 8』

■ 『クラシック鑑賞 9』

■ 『クラシック鑑賞 10』

■ 『クラシック鑑賞 11』

■ 『レゲエ@ジャマイカの夜』

■ 『クラシック鑑賞 12』

■ 『クラシック鑑賞 13』

■ 『クラシック鑑賞 14』


(yuri02.jpg)

■ 『クラシック鑑賞 15』

■ 『ヒルデガルトとジャンヌ・ダルク』

■ 『クラシック鑑賞 16』

■ 『クラシック@ルブリン』

■ 『田原総一郎と出版業界』

■ 『クラシック鑑賞 17』

■ 『ヒルデガルトと紫式部』

■ 『グールドとバッハ』

■ 『乙女の祈りと子猫のワルツ』

■ 『クラシック鑑賞 18』

■ 『クラシック鑑賞 19』

■ 『信じて跳べ』

■ 『クラシック鑑賞 20』

■ 『クラシック鑑賞 21』

■ 『クラシック鑑賞 22』

■ 『愛と赦し』

■ 『テルミン』

■ 『ヘンデルと自殺』

■ 『バッハとビートルズ』

■ 『人生と偏差値』

■ 『サルトルと現実主義者』

■ 『政治について』

■ 『クラシック馬鹿とエロ松永』

■ 『ティンパニストの本』

■ 『男の美学』

■ 『バッハ・コレギウム・ジャパン』

■ 『中村紘子とワンワン』

■ 『字が汚い!』


(juneswim.jpg)


『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』


(byebye.gif)

おばさんと呼ばれて

 

おばさんと呼ばれて

 


(rie29.jpg)


(rie52.jpg)


(himiko002b.jpg)


(himiko92.jpg)

 


デンマンさん。。。、どういうわけで おばさんと呼ばれて というタイトルにしたのでござ~♪~ますかァ?

卑弥子さんにも思い当たることがあるのではありませんか?

つまり、あたくしが「おばさん」と呼ばれていると想定して お呼びになったのでござ~♪~ますかァ?

そうだと言いたいところだけれど、そう言うと 卑弥子さんが絶対にムカついて帰ってしまうと思うのですよ。。。

もちろんですわ。。。

。。。でしょう!? 実は、バンクーバー市立図書館で借りていた本を読んでいたら次の箇所に出くわしたのですよ。。。

「おばさん」という言葉について

 

「おばさん」は本来、中年以降の女性を「親しみを込めて」指す呼称だそうです。
しかし、いつの日からか、この言葉もネガティブな意味を持つようになりました。

私は、30代に入ってから、「おばちゃん」「おばさん」と呼ばれる機会が、ゼロではなくなりました。(略)
親しい同性同士で「もう、おばちゃんよねぇ~」と言い合うこともあるでしょう。
親しい間柄なら軽い自嘲と慰めにもなりますが、こちらが親しみを感じていない相手からその言葉を投げかけられるのは、ババアほどではなくとも、イマイチ納得がいきません。 (略)

試しに「おばさん」をGOOGLEで検索してみたところ、検索結果のいちばん上に「みなさんはどういう人をおばさんだなと感じますか?(年齢に関係なく行動、思考等で)」という発言小町のトピックが出てきました。

それに対し、図々しい、うわさ話が好き、所帯じみている、贅肉が付いている、無駄の多い行動、流行外れのファッションやメイク、などが「おばさん」の特徴として挙げられていました。
なんとネガティブな言葉ばかりなのでしょうか!

これでは、加齢したからと言って、やすやすと「おばさん」の称号を受け取る気にはなれません。
「おばさん」は年齢域だけでなく、対象者の性質を表す言葉でもあるようです。

発言小町で挙げられていた「おばさん」の特徴に共通するのは、恥じらいの欠如。
それは、単に女らしくないということではありません。
恥じらいのなさとは、客観性の欠如とも言い換えられるでしょう。

客観性がないということは、社会性がないと見なされているのと同義。
社会性とは、集団を作って生活し、他人との関係などの社会生活を重視する性質です。
大人になればなるほど、備えていて然るべしとされています。

道理で私が「おばさん」という言葉に嫌悪感を抱くわけです。
社会性と客観性がないなんて言われたら、ひどいダメージを受けますから。

 

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


77-79ページ 『貴様はいつまで女子でいるつもりだ問題』
著者: ジェーン・スー
2014年9月10日 第6刷発行
発行所: 株式会社 幻冬舎

なるほどォ~。。。、 私は、30代に入ってから、「おばちゃん」「おばさん」と呼ばれる機会が、ゼロではなくなりましたと書いてありますわねぇ~。。。

卑弥子さんにも思い当たることがあるでしょう?

確かに、あたくしも30歳を過ぎた頃から、近所の小さな子供たちに“おばさん”と呼ばれたことがありましたわァ~。。。

それで、ムカついて卑弥子さんは、その子供をひっぱたいて、そのお母さんが卑弥子さんの家に怒鳴り込んできたのでしょう!?

まさかァ~。。。

そういう事はなかったのですか?

ありませんわァ~。。。 どうして、おしとやかで繊細な“平成の紫式部”と呼ばれている あたくしが、そのような はしたない事をいたすものですかァ~! デンマンさんの独断と偏見による誹謗・中傷でござ~♪~ますわァ~。。。

それは、おみそれしました。。。 卑弥子さんのことだから、必ずそういう事件を起こしただろうと思ったのですよ!

だから、それがデンマンさんの独断と偏見なのでござ~♪~ますわァ~。。。 もし、そういう忌(い)まわしい事件を起こしていたなら、あたくしは“平成の紫式部”などとは呼ばれていませんわァ~。。。

卑弥子さんはマジで“平成の紫式部”と呼ばれているのですか?

あらっ。。。 デンマンさんは知らなかったのでござ~♪~ますかァ!? ネットでは常識になっておりますのよう。。。 次の検索結果を見てくださいましなァ~。。。

 


(gog80718a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

「平成の紫式部」と入れてGOOGLEで検索すると、このように 206,000件もヒットするのでござ~ますわァ。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目してくださいませぇ~。。。

あれっ。。。 これは僕の Denman Blog のタグのページですよ。。。

デンマンさんのブログであろうが、どなたのブログであろうが、こうしてあたくしが“平成の紫式部”と呼ばれていることは事実なのでござ~ますわァ~。。。

つまり、卑弥子さんは、“おばさん”と呼ばれるよりも“平成の紫式部”と呼ばれる方が多いと言いたいのですか?

その通りでござ~ますわァ~。。。 おほほほほほほ。。。

要するに、その点で上の本の著者のジェーン・スーさんとは、事情がまったく違っていると言いたいのですかァ~?

その通りですわ。。。 あたくしは、たとえ“おばさん”と呼ばれようともプラス思考で応じているので、全く悲観することなどござ~ませんわァ~。。。

マジで。。。?

だってぇ~、次の検索結果ご覧くださいませぇ~。。。

 


(gog60409a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

「卑弥子 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ~。。。

つまり。。。、つまり。。。、おばさんの“ヴィーナスのえくぼ”を見たいというネット市民がいるということですかァ~?

いいえ。。。 おばさんじゃなくてぇ~、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”でござ~ますわよう。。。

。。。で、上の写真の“ヴィーナスのえくぼ”はマジで卑弥子さんの後姿なのですかァ~?

そうですわァ~。。。 デンマンさんは お目が悪いのでしょから、拡大してご覧に入れますわよう。。。

 


(buttdimp5.jpg)

 

あれっ。。。 これはマジで卑弥子さんの後姿なのですか?

デンマンさんは、信じてくださらないのでござ~ますかァ~?

だってぇ~。。。 だってぇ~。。。

だってぇ~も、あさっても、しあさってもござ~ませんわよう。。。 あたくしが十二単を一枚一枚脱いでゆくと、最後には このような後姿になるのでござ~ますわァ~。。。

しかし。。。、しかし。。。、なんだか、卑弥子さんが写真をすり替えたようなァ~。。。 顔が。。。、顔が。。。、見えないので、卑弥子さんは何とでも言えるでしょう!?

だったら、正面から撮った お写真をお目にかけますわよう。。。

 


(curtain5.jpg)

いかがでござ~ますか? “天は二物を与えず”と申しますけれど、天の神様は、あたくしに美貌と知性をお与えになってくださったのですわァ~。。。 さらに美しい肉体までも。。。 おほほほほほほ。。。

つまり、ジムに通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットした卑弥子さんは、もし 言い寄る男が“おばさん”とでも、言おうものなら、裸になって“ヴィーナスのえくぼ”を見せてぇ、「てめえぇ~、これでも文句あるのかァ~!」と啖呵(たんか)をきるのですか?

そうですわァ~。。。 

でも。。。、でも。。。、そのように裸になったりしたら、草食系の男はドン引いてしまいますよう!

問題ありませんわァ~。。。 そういう草食系の男子に対しては、ジューンさんが穿いてるような“おばさんパンツ”を穿いて見せ付けるのですわァ~。。。

 


(bikini07c.gif)

 

“おばさんパンツ”の威力で草食系男子も あたくしの魅力の虜(とりこ)にしてしまうのですわよう。。。 おほほほほほほ。。。

でも。。。、でも。。。、“おばさんパンツ”の威力はそれほどすごいのですかァ~?

当たり前でしょう! “おばさんパンツ”の人気はただ事ではござ~♪~ませんわァ~! 次の検索結果を見てくださいませ。。。

 


(gog51230a.png)

『現時点での検索結果』

 

こうして“おばさんのパンツ見せてください”と入れて検索する男性がたくさんいるのですわァ~。。。 つまり、“おばさんパンツ”の人気がすごいのですわよう。。。

 

でも。。。、でも。。。、ジューンさんの“おばさんパンツ”姿は、確かに威力があるように見えるけれど、卑弥子さんも“おばさんパンツ”を穿くと男心を引き寄せてしまうだけの威力があるのですかァ~?

つまり、デンマンさんは、あたくしの“おばさんパンツ”の威力を見たことがないのですわねぇ~。。。 じゃあ、ここでお目にかけますわ。。。

 

  タラァ~♪~!

 


(himiko32.jpg)

 

この姿で、草食系男子も、肉食系男子も、悩殺するのでござ~♪~ますわァ~。。。 何か、文句がござ~♪~ますかァ~?

ありません!


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif) 

ですってぇ~。。。

あなたも、あたくしの言うことが信じられるでしょう!

“おばさん”と言われたからってぇ、女性は卑屈になることはないのでござ~ますわァ~。。。

 

ええっ。。。? そんなことはどうでもいいから、

「もっと面白い話をしろ!」と言うのでござ~ますかァ?

分かりましたわァ。。。

あなたが、そうおっしゃるのだったら、まずジューンさんの次の写真をご覧になってくださいまし。。。

 


(senya020b.jpg)

 

千夜一夜物語の衣装を着たジューンさんに魅せられて、女性に成りすます男性が たくさん居るのでござ~ますわァ!

ええっ。。。 信じられないのですかァ?

じゃあ、ちょっと次のYouTubeのクリップを見てくださいまし。。。


(xdress02.jpg)

いかがでござ~ますかァ~?

男性が女装していると思いますかァ?

あたくしは、素直に信じることができませんわァ~。。。

どうですかァ~? けっこうなものでしょう!?

いつまでも見とれていても仕方がありませんわよゥ。

あなたのために古代史の面白い記事を用意しました。

ぜひ お読みください。

では。。。

天武天皇と天智天皇は

同腹の兄弟ではなかった。 

天智天皇は暗殺された 

定慧出生の秘密 

藤原鎌足と長男・定慧 

渡来人とアイヌ人の連合王国

なぜ、蝦夷という名前なの?

平和を愛したアイヌ人

藤原鎌足と六韜

古事記より古い書物が

どうして残っていないの?

今、日本に住んでいる人は

日本人でないの?

マキアベリもビックリ、

藤原氏のバイブルとは?

とにかく、次回も興味深い記事が続きます。

だから、あなたも、また読みに戻ってきてください。

じゃあ、またねぇ~。。。


(hand.gif)

 

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』


(surfing9.gif)


(sayuri5.gif)

ところで、平成の紫式部こと、卑弥子さんは見かけによらず、京都の女子大学で腐女子に「日本文化と源氏物語」を講義している橘卑弥子・准教授という肩書きを持っています。

卑弥子さんの面白い話をもっと読みたい人は
下のリンクをクリックして読んでみてくださいね。


(annasalleh.jpg)

『オルフェと聖徳太子』

『源氏物語とおばさんパンツ』

『霊仙はなぜ毒殺されたの?』

『紫式部が地獄へ』

『破戒僧円載』

『アショーカ王の愛と苦悩』

『どら平太の世界』

『三四郎とデンマンさん』

『ヒトラーの姪』

『ゴヤと三島由紀夫』

『仏陀とキリストと娼婦』


(zurose2.jpg)

『ズロースと戦争』

『伊藤若冲ブーム?』

『ブッダと物理学』

『加藤清正ブーム?』

『愛憎と三輪山』

『松原智恵子 お尻ペンペン』

『坂本龍馬は流れ者か?』

『野ざらし』

『紫式部堕獄説』

『日本最古のポルノ?』

『源氏物語の性描写』

『寅さんの本棚と急行まつしま』

『ヒトラーは草食系?』

『ブッダとキリストと娼婦』

『顔文字とオナラ』


(hama10.jpg)

『宝暦の恨みを明治維新で』

『デウキと紅葉@行田』

『薄い陰毛と紅のボートピープル』

『江戸の閨房術』

『ずるがしこい現代人』

『春画@源氏物語』

『千早振る』

『あれっ、松本清張』

『キスと源信』

『伎楽は呉から…?』

『紺瑠璃杯に魅せられて』

『神聖娼婦 マリア』

『安徳帝は生きていた』

『白石川の桜』


(maria05.jpg)

『ブログ村のマリア様』

『萌える済子女王』

『ピンク桃色@徒然』

『富沢金山の桜』

『ピンク桃色村』

『紫式部@徒然』

『絵里香@ペルー』

『ペルシャ人の楊貴妃』

『ん?佐伯今毛人』

『文学と歴史とウソ』

『百人一首ミステリー』

『芭蕉と遊女再び』

『映画とロマン@仙台』

『源氏物语中的性描写』

『忘れられた歴史ロマン』


(costa04b.jpg)

『おばさんパンツ@サンホセ』

『聖徳太子のチューター』

『オナラの曲芸』

『死海』

『漱石とオナラ』

『絵里香さん』

『美女とオナラ』

『アンバパーリー』

『ゆっくりと愛し合う』

『見ちゃだめ!』

『二重マチ付きズロース』


(miya08.jpg)

『麻生元総理』

『ネットのバカ女を捜して』

『額田王の歌』

『聖女と娼婦』

『済子女王@萌える』

『ん?堀内亜里?』

『松平春嶽が黒幕?』

『旅行者的早餐』

『なぜ蝦夷なの?』

『プリキュアとヒトラー』

『戦争絶対反対よね』

『怨霊の歴史』

『色欲@歴史』

『紫式部と敗戦』

『ラピスラズリと源氏物語』

『性と愛@古代史』

『仙台を離れて』

『美人とブス@大奥』

『絵の中のウソ』

『阿倍仲麻呂@ベトナム』

『バイクガール』

『六条御息所』

『卑弥子さんの大学』

『元寇と捕虜』

『マキアベリにビックリ』

『痴漢が心配』

『びた一文』

『卑弥子@ブカレスト』

『エロい源氏を探して』

『ラピスラズリの舟形杯』

『平成の紫式部』

『隠元豆と国性爺合戦』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)


(byebye.gif)