明治屋 圧力ジャム

 

明治屋 圧力ジャム

 


(meijiya2.jpg)


(meijiya3.jpg)


(mayumi55.jpg)

デンマンさんは明治屋の圧力ジャムにハマっているのですか?


(kato3.gif)

。。。ん? 明治屋の圧力ジャム?

だってぇ、タイトルにそう書いてあるじゃありませんかァ!。。。

僕は特に圧力ジャムにハマっているわけじゃないのですよ。

じゃあ、どなたが明治屋の圧力ジャムにハマっているのですか?

実は、大阪市に住んでいる明石比佐世 (あかし ひさよ)さんがハマっているのです。。。 ちょっと次のリストを見てください。。。

 


(liv81206a.png)


『拡大する』

『category:食べ物・料理・食材』

 

これはライブドアの 僕の「徒然ブログ」の日本時間で12月5日の午後7時11分から 6日の午前3時17分までの約8時間の「生ログ」の一部です。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目して欲しい。。。

あらっ。。。 ドコモの検索エンジンで調べて「食べ物・料理・食材」のカテゴリーのページを開いたのですわねぇ~。。。 つまり、このページを見たネット市民が大阪市に住んでいる明石比佐世さんなのですか?

そうです。。。

もしかして上のリストに写っている写真の女性が明石比佐世さんですか?

そうなのですよ。。。 IPアドレスで調べると次のようなことが分かります。。。

 


(ip43175b.png)

 

。。。で、比佐世さんは、大阪市で何をしているのですか?

大阪市立大学の学生です。。。 生活科学部で食品栄養科学科を専攻しているのですよ。。。

 


(osakacityu.jpg)

 

それで、圧力ジャムを研究しているのですか?

そういうことです。。。

。。。で、どのように検索したのですか?

次のように検索したのです。。。

 


(doc81206a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

あらっ。。。 「明治屋 圧力ジャム感想ブログ」と入れて検索したのですわねぇ~。。。

そうです。。。

。。。で、「食べ物・料理・食材」のカテゴリーのページを開くと、どのような記事が表示されるのですか?

次のページが出てきます。

 


(livcat642.png)


『category:食べ物・料理・食材』

 

。。。で、上のページの中に明治屋の圧力ジャムが出てくるのですか?

出てきません。。。

明治屋の圧力ジャム出てこないのに、デンマンさんのブログの「食べ物・料理・食材」のカテゴリーのページが検索結果に表示されてしまうのですか?

そうです。。。 検索エンジンのミスですよ。。。 検索エンジンのプログラムを書いたのは完璧でない人間が書いたものですからね。。。 間違いを冒すのですよ。。。

でも、どうして間違ってしまったのですか?

カテゴリーのページに「明治屋のジャム」が出てくるのですよ。。。

 


(doc81206a2.png)

 

“明治屋のジャムは歴史もので、私の視点からすると他の品より幾分値”を入れてGOOGLEで検索すると次のような結果になります。

 


(gog81206a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

つまり、「徒然ブログ」に投稿された『ピーナツバター』の中に「明治屋のジャム」が出てくるのですか?

そうなのです。。。 アメブロに投稿された記事はライブドアの「徒然ブログ」にも投稿されているのです。。。

 


(liv80924e.png)


『拡大する』

『ピーナツバター』

 

上の記事の中で僕の叔母(真由美ちゃんの大叔母)が書いたメールの中に出てくるのですよ。。。


(gal132.jpg)

件名:

9月6日、16:00時の便で

封書を投函しました。

 

差出人: 九条多佳子
発信: beautiful948@outlook.jp
送信日時: ‎Sep 7, 2018, 11:02 PM
宛先: bavclay1720@aol.com

ピーナッツジャムの代金として2000円同封しました。
私からの依頼なのでデンマンさんに支払って貰うのは心苦しい、お気持ちが何よりのお土産と受けています。

バンクーバーに早く着くように16:00時に間に合わせたくて書いたので
確認の意味でE-mail をします。
ダブルかもしれませんが悪しからず。

以前この地に住む前に、千葉市周辺に居住しようかとうろついた経緯が有り、
駅の物産展で純粋なピーナッツジャムを販売していましたが、
買う気も失せる程高価でした。

明治屋のジャムは歴史もので、私の視点からすると他の品より幾分値がはりますが、
アオハタマークは市販としては一番人気で信用品です。
因みに100g 200円弱ですので、カナダの市場はわかりませんが、この線でいくと300g位のものが3個かえるかしら?

眩暈はなくなったと多分書いたと思いますが、昨晩少しぐらつきが有りました。
心体のバランスをとって大事にしています。

眩暈の中枢はストレスで、中島敦の言葉を借りれば
「臆病な自尊心と尊大な羞恥心」これに尽きると明確にいえます。

ストレスから睡眠障害に波及するというこの図式、まるで中国の政策一帯一路に似ていませんか。
私の体内では完成間近なのかなぁ?
どこかで断ち切らなくては…。

睡眠障害と言えば病気だと丸投げしているようですが、
実は不摂生な生き方にも大きな一因が、例えば私の場合 夜10:00時、軒並みあるドラマに観入っています。

 

マスケティアーズ パリの四銃士


   スコーピオン


エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY


   The Night Manager


   Criminal Mind


刑事フォイル Foyle’s War

 

あとは番組表を見てピックアップ、ほぼ洋ものが多い。
最近 回帰したのか仏や伊そして英映画、アメリカ映画は世相を反映しているのか荒め、木綿と絹の違いを感じ。

今 私の心情から言うと私のアカウントと同じ Beautiful, Beautifulに魅かれています。
そこにある自然とか人間の道を映像から受けて
PH 7の心を保っているそんなところです。

なぜこのようなドラマを羅列したかと言うと、デンマンさんが私に配信してくれているテルミン。

 


(theremi2.jpg)

『テルミン』

 

このような類は苦手です。
せっかくが無駄になるので正直に言いました。

実際のところ最近 認知能力がおちました。
先日MRI を撮ったのでドクターに「スカスカですか?」と尋ねたところ「そんなことはありません」まさに麗句ですね。

一時間前の言葉も擦り込めず、特にアルハベット横文字言葉を噛んでくれません。
鉄は熱いうちに…。
後悔先に…。
頭のなかでグーグルと回っています。

 

P.S:

デンマンさん、6日の手紙前と同じようにメモリーしておいてくださいますか。
おねがいします。
私の家には何日でも Welcome!
待っています。


(aunt201.jpg)

かしこ


『ピーナツバター』より
(2018年9月24日)

つまり、上の明治屋のジャムに目がくらんでドコモの検索エンジンは「食べ物・料理・食材」のカテゴリーのページが検索結果に表示したのですか?

そういうことです。。。 「圧力」、「感想」、「ブログ」は同じカテゴリーのページの他の記事の中にあるので、このカテゴリーを選んだのですよ。。。

じゃあ、ドコモの検索エンジンが全く間違ったわけではないのですね。。。

でもねぇ~。。。、「明治屋の圧力ジャム」を探している明石比佐世さんにしてみれば、検索結果を信用して、僕の長~♪~い、長~♪~いカテゴリーのページを最後まで見てゆき、結局、「明治屋の圧力ジャム」の事は書いてないのだから、ムカついたわけですよ。。。 最低でも20分かけて探したはずだから、ドコモの検索エンジンの不十分で不正確な検索結果のために、ずいぶんと時間をロスしたわけです。。。

。。。で、「明治屋の圧力ジャム」というのは、あるのですか?

僕も、なんとなく責任を感じて調べてみたのだけれど、僕が検索結果を調べた限りでは、「明治屋の圧力ジャム」を見つけることはできませんでした。。。 でもねぇ~、「圧力ジャム」については、いくつかの記事で取り上げられていますよ。。。

たとえば、どのような。。。?

次のような記事がありました。


(atsukama2.jpg)

 

圧力ジャム(圧力鍋使用のジャムのこと)を約4キロ、今までの煮込みジャム10キロを原料にがんばりました。

煮込みジャムに使用するスモモは前日、下準備として刻んでおいたので、すぐに煮込むだけです。

さて、圧力鍋にはいっぺんに入らないので、半分づつ茹でます。

水分を少しだけいれて、すももを丸のまま入れます。

 


(sumomo2.jpg)

 

おもりが回ったら10分、蒸して10分。

こんな風にスモモが溶けます。

すくって、種の部分だけをとりだして捨てます。

液を違う鍋にうつしておきます。

それを何度か繰り返して、スモモ液を作り、鍋で煮込んでいきます。

途中、砂糖1.8キロ入れ、さらにジャム化するまで煮込みます。

ここには種が溶けたカスなども入っているので、アミですくい、きれいにします。

アクもとります。

ビンをお湯で煮沸消毒し、中を水分のないように乾かして、おきます。

ビンが熱いうちに、熱いジャムを入れていきます。

口のところから5ミリ程度あけてください。

フタを軽くしめて、蒸し器で蒸します。

蒸し終わったら、ふたをきつく閉め、ビンを逆さにして冷めるまで置いておきます。

これで殺菌終了です。

 


(sumomo3.jpg)


『圧力鍋、快調』より
(2008年7月25日)

面白そうなので、私もイチゴを使って圧力ジャムを作ってみますわァ。。。

圧力イチゴジャムができたら、僕に味見させてくださいねぇ~。。。

はい。。。


(laugh16.gif)

【デンマンの独り言】


(kato3.gif)

真由美ちゃんは僕の従妹(今田 とも子)の娘です。
僕の言う事は素直に信じてくれる、とても性格のいい子です。(笑)

カナダにやって来てからはノース・バンクーバーでホームステーしながら
VCC (Vancouver Community College)にかよって
パン職人・ベーグル職人の勉強と実習に励んでいました。

2016年9月に卒業式を終えて、現在、バンクーバー市内の
旨いベーグルを提供するカフェ・レストランで働いています。

学生時代には、先生やクラスメートとの英会話には、まごつくことがあったそうです。
外国語というのは習得するのが実に大変です。

あなたは英会話を勉強してますか?
できれば、英語を話している国へ行って英会話を勉強するのが一番です。

でもねぇ~、英会話を勉強する方法に王道はありません。
人それぞれです。。。
自分に合った勉強法を見つけるのが、英会話の上達の早道だと僕は思いますね。

同じことを同じように勉強しても、人によって上達が違うのですよ。
僕の経験で言っても、人によって、語学の才能というのはまちまちです。

太田将宏老人のように、40年もカナダに住んでいるのに
英会話が満足にできずに 6人に成りすまして日本語でブログにコメントを書きなぐって余生を過ごす人もいます。

なかには、日本語を忘れてしまうほど、英語にどっぷりと浸かってしまう人もいます。
20年以上英語圏で英語を話してますけれど、
僕は、漢字を忘れることはあっても、日本語を忘れることはありません。

もちろん、今でも、英語を話すよりも日本語を話す方が楽に話せます。
僕自身は語学の才能があるとは思ってませんが、
僕が、カナダ人と笑いながら話しているのを聞いていると、
真由美ちゃんには さっぱり 何を話しているのか解らないと言うのですよね。

僕がペラペラと英語を話しているように見えるのだそうです。
早くデンマンさんのように 英語がしゃべれるようになりたい、と真由美ちゃんは言います。

しかし、僕は、常に、英語を日本語のように しゃべれたら いいなと思っているのですよ。
外国語を母国語のように話すのは、本当に難しいと思います。

いずれにしても、真由美ちゃんは小さい頃からの夢が叶ってぇバンクーバーにやって来たのです!

 


(inflight2.jpg)


(airport1b.jpg)

 

ところで、あなたはバンクーバーに行ったことがありますか?

とっても素敵な街ですよ。

 


(stanley50.jpg)


(seawall3.jpg)


(seawall2.jpg)

世界で最も住みやすい街バンクーバー


(wetsuit.jpg)


(wetsuit3.jpg)


(gastown20.jpg)


(canplace22.jpg)

 

ビデオを見ても、なんだかワクワクしてくるでしょう?

卑弥子さんが バンクーバーにやって来たのは 2008年の元旦の2週間ほど前でした。

クリスマスをバンクバーで過ごして、それから元旦の“Polar Bear Swim (寒中水泳)”に参加したのです。

 


(polar10.jpg)

 

上のビデオを見ると、まるで真夏のようでしょう?

ところが気温は確か2度ぐらいでした。 

水の中の方が暖かかったのです。

とにかく、バンクーバーには面白い人たちがたくさん居ますゥ。

あなたも、お暇と お金の余裕があったらぜひ出かけてみてください。

では、また興味深い、面白い記事を書くつもりです。

だから、どうか、あなたも またやって来てくださいねぇ~~。
じゃあね。


(hand.gif)

 

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:


ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』


(santa85b.jpg)

『ピラミス@美術館』

『夢のバンクーバー』

『バンクーバーの屋上で』

『オランダ移住』

『カナダ移住の夢』

『ディープコーヴ』

『浴衣のバンクーバー』

『黒豚テリマヨ』

『イタリアのベーグルとサルサ』

『花火大会』

『乙女老い易く学成り難し』

『真由美ちゃん@英語』

『真由美ちゃんダントツ』

『日本よい国天国だ!』

『やっぱりどこか狂ってる』

『日本で再会』


(utsunomiya10.jpg)

『乙女力@宇都宮』

『いい出会いの連鎖』

『笑顔の乞食おばさん』

『ニュートンの暗い秘密』

『新年@バンクーバー』

『スープキッチン@新年』

『猫と癒し』

『猫と犬と癒し』

『大通りde水の滑り台』

『イルカとワンちゃん』

『カワウソ@スタンレー公園』

『生パンツ系男子とベトナム兵』

『愛と癒しの涙』

『ダンスとノーベル賞』

『おもてなし』

『思い出ポロポロ』

『ロブソンの5月』


(biker302.jpg)

『ネットが不倫を連れて来る』

『ペットと良心』

『夢のデニッシュ』

『パンツァネッラ』

『12歳少女の短命』

『行田の伯母さん』

『パン職人修行』

『タイムマシーン』

『ルンルンdeサルサ』

『天国のワンちゃん』

『万の風になって』

『プロシュット』


(mayumi76.jpg)

『なせば鳴る音楽』

『日本人女学生行方不明』

『日本人女学生死亡』

『ガレット』

『那須高原の紅葉』

『希望とロマン』

『錯視 錯覚』

『マンボ@バンクーバー』

『オリーブオイル』

『スコーンとプディング』

『5月のロブソン』

『病院食の間違い』

『プレミアム・ジャパン』

『自然の摂理を無視すると…』

『夢のデニッシュ・悪夢のマーガリン』


(juneswim.jpg)

『パリ風カフェ』

『どこか狂ってるわ』

『行田遠野物語』

『行田物語 ピアノ』

『行田物語 猫』

『行田物語 母の懐』

『行田物語 ケネディ暗殺』

『行田物語 病院食』

『行田物語 お股の花々』

『晩香坡物語 ジャズ』

『行田物語 悪夢』

『行田物語 社長』

『行田物語 棺桶に入るまで』

『宝田百合子@インド』

『行田物語 ちゃぶ台』

『行田物語 アカギレ』

『行田物語 にぼし』

『ノーベル賞がなぜ?』


(dance011.jpg)

『トゥーランドットとかぐや姫』

『ゲソとワケギ』

『シェフ バベット』

『まんじゅう@富岡』

『ん?トゥーランドット』

『女の子の夢』

『イヴォワールのレストラン』

『151歳の誕生日』

『お皿をぺろぺろ』

『ポップス@蕎麦屋』

『検便と回虫』

『スコーンとプディング』

『スコーン姉妹』

『ピラミス 美術館』


(surfin2.gif)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

医者に殺されないため

 

医者に殺されないため

 


(doctor90.png)


(egg006.jpg)


(doctor81.png)

 

不要ながん治療が患者を殺す?

がん診断の9割は間違い?

治療やめたら治る例も

 


(kuroki01.jpg)

 

2015.12.31

文=渡辺雄二/科学ジャーナリスト

1年がもう少しで終わりますが、今年も芸能界やスポーツ界では多くの人ががんで亡くなりました。

すぐに頭に浮かぶ名前を挙げても、
歌舞伎役者の坂東三津五郎さん(すい臓がん、59歳)、

俳優の今井雅之さん(大腸がん、54歳)、

フリーアナウンサーの黒木奈々さん(胃がん、32歳)、

女優の川島なお美さん(肝内胆管がん、54歳)、

大相撲理事長の北の湖敏満さん(大腸がん、62歳)と多数に上ります。

もちろん一般の人でもがんで亡くなっているケースは非常に多く、我が国では統計上3人に1人ががんで死亡しています。
また、がんを発病している人は2人に1人といわれています。
これは、国立がん研究センターが2014年に発表した、男性の60%、女性の45%ががんを発病しているというデータに基づいています。

ところで、一括りにがんといっても、それらにはさまざまな状態があり、本当にがんといえるのか疑われるケースも多いようです。
『医者に殺されない47の心得』(アスコム)の著者である近藤誠医師(元慶應義塾大学医学部講師)は、がんと診断されているケースの多くは「本当のがんではない」、すなわち“がんもどき”であると指摘しています。
特に、乳がんと前立腺がんの9割以上は、がんもどきであるといいます。

赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えてます)


『不要ながん治療が患者を殺す?』より

 


(kato3.gif)

件名:

小生にとっても、多佳子さんにとっても

ためになる本を読んだので。。。


(stars.gif)

From: barclay1720@aol.com

To: beautiful948@outlook.jp

Time: Nov 9, 2018, 5:40 PM

現在、図書館から本を借りて ためになる本を読んでいます。

題して『がん治療で殺されない七つの秘訣』


(cancer01.jpg)

この本を借りて読むのは2度目です。。。

知らずに手に取ったけれど、読んでみて2度目だとわかった。

でも、ためになるので、また始めから読んでます。

著者は近藤誠。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』にも出ています。

近藤 誠(1948年10月24日 – )は、日本の医師。
元慶應義塾大学医学部専任講師。
現在は近藤誠がん研究所の所長である。

癌の放射線治療の専門家で、癌の放射線治療、抗がん剤治療を一部否定している。
癌の治療に対しては基本的には「放置」という方針も提案している。

1979年からアメリカ合衆国に留学しロスアラモス国立研究所のパイ中間子治療施設で勤務。
1980年に帰国し「各種心疾患例におけるタリウム-201心筋イメージング」で慶應義塾大学医学博士の学位を修得。

国立東京第二病院(現国立病院機構東京医療センター)核医学センターを経て、
1983年に慶應義塾大学医学部専任講師に就任。

1988年に慶應義塾大学専任講師の肩書きで「乳ガンは切らずに治る」を『文藝春秋』に寄稿。
2013年近藤誠がん研究所セカンドオピニオン外来を設立。
2014年3月慶應義塾大学定年退職。

癌のセカンドオピニオン外来を専門とし、独自理論による著書を通じて外科手術・化学療法・放射線療法を批判している。
2012年、第60回菊池寛賞を受賞。
ほかに文藝春秋読者賞などを受賞。

医学界では異端児のようで、だいぶ批判されてます。
でも、この本を読むと、なるほどと思うことがたくさんあるのですよ!

多佳子さんの体調が優れないのも、
薬の副作用と、
手術を受けたことが考えられますよね。

でも、院内感染や悪い外科医に当たらなかったので
多佳子さんは、現在 生きていられるのだと思います。

多佳子さんのポリープがんは「がんもどき」なのですね。
つまり、この本によれば 本物のがんではないようです。

近藤医師の主張:

以前は近藤医師は縮小手術を薦めていた。
手術、抗がん剤で治るという医師らを批判。
「がんもどき」は悪化しないので放置しても良く、治らないがんは発症時に生命予後が決まっているため放置して静かに死を迎えるべきだと主張。

 

近藤への批判:

独自の「がんもどき理論」を提唱し、外科手術・化学療法・放射線療法に警鐘を鳴らし「放置」も提案している。
これら既存の治療法を批判した近藤は、専門家に、「思考停止」しており、「どんどん主張が過激になり」、もはや「原理主義的な信念をもって突き進んでいるだけ」などと再批判されている。

1986年まではFirst Authorとして放射線治療に関する論文を投稿、その後はLast Authorとして乳癌に関する論文を複数所有。

独自理論に関する論文はなく一般向けでのみ展開主張している。
以前は縮小手術を薦めていたが、次第に「がんもどき」理論が有名になったため、放置しても構わないという主張に変わっていった。
手術、抗がん剤で治るという医師らを批判しており、「がんもどき」は悪化しないので放置しても良く、治らないがんは発症時に生命予後が決まっているため
放置して静かに死を迎えるべきだという主張が近年では強くなっている。

近藤の理論では「本当のガンとガンもどき」が混在しているはずであるが、実際には「本当のガン」は全くその存在を確認されていない。
セカンドオピニオンを求めて受診した患者に対しては、がん治療に関する自分の主張を展開してみせた後に患者に自分で決めさせており、
これを自らが責任逃れをするための手法であるとして批判されている。

このような批判があるようですが、近藤医師と同じようなことを言っている医者は北欧にも、北米にも、結構いるのですよ。
病院や外科医が儲けるために、抗がん剤を飲ませたり、しなくてもよい手術をしているということは実際にあるようですから。。。

多佳子さん自身が読んで判断してください。。。


(doctor80.png)

 

手術のためになくなる直接原因はなにか。
うっかり血管を傷つけて(大出血し)貧血で死ぬ、というような明らかなミスは少なく、直接原因の多くは感染、それも細菌感染です。

術後の細菌感染は、生じた場所等によって、肺炎、縦隔炎、腸炎、腹膜炎、敗血症、膿瘍などと呼ばれます。
死亡の確率は体力に反比例するので、高齢者や病弱な人が感染から回復しにくく、亡くなりやすい。

皮肉なことに、細菌をやっつけるための抗生物質が死亡の原因となることが大変多く見うけられます。
抗生物質の使いすぎで生じた「メチシリン耐性黄色ブドウ球菌」(MRSA、マーサ)が有名ですが、これに感染すると(通常の黄色ブドウ球菌より)死亡率がずっと高くなります。

 (69ページ)

「本物」にも「もどき」にも抗がん剤は無意味

「本物のがん」であれば、臓器転移があるので、抗がん剤治療を受けても直らず、毒性で命を縮めます。
これに対し「がんもどき」の場合には、臓器転移がないので、そもそも抗がん剤治療の必要がない。
抗がん剤で毒性を被るのはまさに丸損で、命を確実に縮めます。

 (98ページ)

ビタミンCは新鮮な野菜や果物に多く含まれ、1日の必要量は100ミリグラム以下で、普通の食事で十分間に合います。
これに対し、ビタミンC大量療法では、1日10グラムも服用させます。
がんが縮小したなどの報告があり、ノーベル賞を二度も受賞(化学賞、平和賞)したポーリング博士が熱心に推奨したことでも有名です。

ただし彼は、化学の専門家であって、がん治療や臨床試験の専門家ではなかった。

がんは自然経過に任せても、縮小・消失することがあります。
それゆえ何か投与した後にがんが縮小しても、それだけでは有効性が証明されたことになりません。
ポーリング博士はこの点を見逃していました。

 (185ページ)

免疫系にがん細胞を排除できる能力があるとすると、その可能性が最も高いのは、がん細胞が数個から数百個程度と数少ない時期であるはずです。
ところが、がんと診断された患者の体内には、最低でも10億個の細胞があり、末期がんともなれば1兆個に近い。

がん腫瘤がその大きさに育っているのは、免疫系が闘いに負けた何よりの証拠なのです。
相手(がん細胞)の数が少なくても負けたのに、億倍になっても勝てると思うのは非合理な話です。
免疫細胞療法は、理論的にも現実的にも破綻しています。 (略)

それなのに免疫細胞療法クリニックが隆盛である理由は、宣伝上手にあるでしょう。
ネットに免疫療法の広告バナーが数限りなく出現するのがその一例ですが、信用力があるマスコミを巻き込むことも怠らない。

 (224ページ)

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真とイラストはデンマン・ライブラリーより)


『がん治療で殺されない七つの秘訣』
著者: 近藤誠
2013年4月20日 第1刷発行
発行所: 株式会社 文藝春秋

小生は、癌と診断されても、抗がん剤と手術は拒否するつもりです。
食事療法と自然免疫力強化で 癌をなんとか押さえ込むつもりです。。。

駄目だと思っても、抗がん剤と手術だけは拒否します。

病院任せ、医者頼りもほどほどにして
多佳子さんも自分の人生を満ち足りた気持ちで完成させるつもりで
一日一日を有意義に過ごしてください。

終わり良ければすべて良しです!

すべて良しと思えるような満足のゆく人生を全(まっと)うしてください。。。

禅の教えにもあります。
心を空にして、その日、一日一日を生きていることに感謝して、
今日、一日をしみじみとルンルン気分で生きてください。


(smilejp.gif)

何事もポジティブに、プラス思考で。。。
心の持ち方次第です。。。

では、また来年の再会を約して、小生も元気にカナダの生活を楽しむつもりです。
それでは、元気で。。。


(byebye5.gif)

デンマンより


(denman01.gif)


(foolw.gif)

【ジューンの独り言】


(bare02b.gif)

ですってぇ~。。。

免疫細胞療法は、理論的にも現実的にも破綻しています、と本文の本には書いてありますけれど、

癌に対して、あなたの体内にも自然に獲得されている免疫力とナチュラル・キラーの威力を最大に保つように努力することが大切だということをわたしは信じていますわァ。

癌の治療法にも、そういう免疫力とナチュラル・キラーの威力に頼るものがあるのです。

 


(nkiller01.jpg)

どうですか? ナチュラル・キラーの威力がお分かりいただけたでしょうか?

 

ええっ。。。 そんなことよりも、何か面白い話をしろ!

あなたは、そのように わたしに命令なさるのですか?

分かりましたわ。。。

じゃあ、あなたのために可愛らしいクリップを貼り出します。

可愛い動物たちのアクビを見て 楽しんでください。。。


(yawnpup.jpg)

あなたもつられてアクビをしましたか?

では、おやすみなさい。。。

またねぇ~。。。


(byebye.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事

■ 『埼玉りそな銀行 行田支店 悪い評判』


(linger49.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(june501.jpg)

『顔文字とオナラ』

『宝暦の恨みを明治維新で』

『デウキと紅葉@行田』

『薄い陰毛と紅のボートピープル』

『江戸の閨房術』

『ずるがしこい現代人』


(linger65.gif)

『おつまみミステリー』

『混浴風景を探して』

『ハレルヤ』

『マルタ島のロマンだ』

『宮沢りえ人気@海外』

『癒しを奏でるパンツ』

『マルタ島deロマン』

『生ログdeロマン散歩』


(curryind.jpg)

『宮沢りえ@クールジャパン』

『混浴風呂ガー』

『ウェルカムバック』

『コペンハーゲンからやって来た』

『ロシアからやって来た』

『海外美女ランキング』

『ブログを解剖する』

『スイスからトランプ見に来る』


(biker302.jpg)

『なせば鳴る音楽』

『日本人女学生行方不明』

『日本人女学生死亡』

『ガレット』

『那須高原の紅葉』

『希望とロマン』

『錯視 錯覚』

『マンボ@バンクーバー』


(rengfire.jpg)

『目覚めぬ夢』

『熱烈なファンの軌跡』

『花火とロマン』

『恋に染められ』

『恋に染めごろう』

『皆さん、ありがとう』


(noten15.jpg)

■ 『ジェミマおばさんのシロップ』

■ 『夏日に、お帰りなさい』

■ 『コイ、鯉、恋がいっぱい!』

■ 『スープカレーなのね』

■ 『忍城時代まつり』

■ 『夜道のルート66』

■ 『上を向いて歌おう』

■ 『霧積温泉のロマン』

■ 『明けましておめでとうございます』

■ 『車掌さんの松島音頭』

■ 『上州散策』

■ 『埼玉りそな銀行 行田支店 悪い評判』

■ 『ネットリンチ』

■ 『IPアドレス 0.0.0.0』

■ 『現実主義者のコメント』

■ 『寂しい現実主義者』

■ 『引きこもった現実主義者』

■ 『哀れな現実主義者』

■ 『愚かな現実主義者』

■ 『鼻であくびをする』

■ 『よしださん、久しぶり』

■ 『おもいきり生きてね』

■ 『オーロラに想いをはせて』

■ 『初夏 もうすぐ梅雨』

■ 『ピーナツバター』

■ 『クラムチャウダー』


(bellyan15.gif)


(hand.gif)

おばさんと呼ばれて

 

おばさんと呼ばれて

 


(rie29.jpg)


(rie52.jpg)


(himiko002b.jpg)


(himiko92.jpg)

 


デンマンさん。。。、どういうわけで おばさんと呼ばれて というタイトルにしたのでござ~♪~ますかァ?

卑弥子さんにも思い当たることがあるのではありませんか?

つまり、あたくしが「おばさん」と呼ばれていると想定して お呼びになったのでござ~♪~ますかァ?

そうだと言いたいところだけれど、そう言うと 卑弥子さんが絶対にムカついて帰ってしまうと思うのですよ。。。

もちろんですわ。。。

。。。でしょう!? 実は、バンクーバー市立図書館で借りていた本を読んでいたら次の箇所に出くわしたのですよ。。。

「おばさん」という言葉について

 

「おばさん」は本来、中年以降の女性を「親しみを込めて」指す呼称だそうです。
しかし、いつの日からか、この言葉もネガティブな意味を持つようになりました。

私は、30代に入ってから、「おばちゃん」「おばさん」と呼ばれる機会が、ゼロではなくなりました。(略)
親しい同性同士で「もう、おばちゃんよねぇ~」と言い合うこともあるでしょう。
親しい間柄なら軽い自嘲と慰めにもなりますが、こちらが親しみを感じていない相手からその言葉を投げかけられるのは、ババアほどではなくとも、イマイチ納得がいきません。 (略)

試しに「おばさん」をGOOGLEで検索してみたところ、検索結果のいちばん上に「みなさんはどういう人をおばさんだなと感じますか?(年齢に関係なく行動、思考等で)」という発言小町のトピックが出てきました。

それに対し、図々しい、うわさ話が好き、所帯じみている、贅肉が付いている、無駄の多い行動、流行外れのファッションやメイク、などが「おばさん」の特徴として挙げられていました。
なんとネガティブな言葉ばかりなのでしょうか!

これでは、加齢したからと言って、やすやすと「おばさん」の称号を受け取る気にはなれません。
「おばさん」は年齢域だけでなく、対象者の性質を表す言葉でもあるようです。

発言小町で挙げられていた「おばさん」の特徴に共通するのは、恥じらいの欠如。
それは、単に女らしくないということではありません。
恥じらいのなさとは、客観性の欠如とも言い換えられるでしょう。

客観性がないということは、社会性がないと見なされているのと同義。
社会性とは、集団を作って生活し、他人との関係などの社会生活を重視する性質です。
大人になればなるほど、備えていて然るべしとされています。

道理で私が「おばさん」という言葉に嫌悪感を抱くわけです。
社会性と客観性がないなんて言われたら、ひどいダメージを受けますから。

 

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


77-79ページ 『貴様はいつまで女子でいるつもりだ問題』
著者: ジェーン・スー
2014年9月10日 第6刷発行
発行所: 株式会社 幻冬舎

なるほどォ~。。。、 私は、30代に入ってから、「おばちゃん」「おばさん」と呼ばれる機会が、ゼロではなくなりましたと書いてありますわねぇ~。。。

卑弥子さんにも思い当たることがあるでしょう?

確かに、あたくしも30歳を過ぎた頃から、近所の小さな子供たちに“おばさん”と呼ばれたことがありましたわァ~。。。

それで、ムカついて卑弥子さんは、その子供をひっぱたいて、そのお母さんが卑弥子さんの家に怒鳴り込んできたのでしょう!?

まさかァ~。。。

そういう事はなかったのですか?

ありませんわァ~。。。 どうして、おしとやかで繊細な“平成の紫式部”と呼ばれている あたくしが、そのような はしたない事をいたすものですかァ~! デンマンさんの独断と偏見による誹謗・中傷でござ~♪~ますわァ~。。。

それは、おみそれしました。。。 卑弥子さんのことだから、必ずそういう事件を起こしただろうと思ったのですよ!

だから、それがデンマンさんの独断と偏見なのでござ~♪~ますわァ~。。。 もし、そういう忌(い)まわしい事件を起こしていたなら、あたくしは“平成の紫式部”などとは呼ばれていませんわァ~。。。

卑弥子さんはマジで“平成の紫式部”と呼ばれているのですか?

あらっ。。。 デンマンさんは知らなかったのでござ~♪~ますかァ!? ネットでは常識になっておりますのよう。。。 次の検索結果を見てくださいましなァ~。。。

 


(gog80718a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

「平成の紫式部」と入れてGOOGLEで検索すると、このように 206,000件もヒットするのでござ~ますわァ。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目してくださいませぇ~。。。

あれっ。。。 これは僕の Denman Blog のタグのページですよ。。。

デンマンさんのブログであろうが、どなたのブログであろうが、こうしてあたくしが“平成の紫式部”と呼ばれていることは事実なのでござ~ますわァ~。。。

つまり、卑弥子さんは、“おばさん”と呼ばれるよりも“平成の紫式部”と呼ばれる方が多いと言いたいのですか?

その通りでござ~ますわァ~。。。 おほほほほほほ。。。

要するに、その点で上の本の著者のジェーン・スーさんとは、事情がまったく違っていると言いたいのですかァ~?

その通りですわ。。。 あたくしは、たとえ“おばさん”と呼ばれようともプラス思考で応じているので、全く悲観することなどござ~ませんわァ~。。。

マジで。。。?

だってぇ~、次の検索結果ご覧くださいませぇ~。。。

 


(gog60409a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

「卑弥子 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ~。。。

つまり。。。、つまり。。。、おばさんの“ヴィーナスのえくぼ”を見たいというネット市民がいるということですかァ~?

いいえ。。。 おばさんじゃなくてぇ~、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”でござ~ますわよう。。。

。。。で、上の写真の“ヴィーナスのえくぼ”はマジで卑弥子さんの後姿なのですかァ~?

そうですわァ~。。。 デンマンさんは お目が悪いのでしょから、拡大してご覧に入れますわよう。。。

 


(buttdimp5.jpg)

 

あれっ。。。 これはマジで卑弥子さんの後姿なのですか?

デンマンさんは、信じてくださらないのでござ~ますかァ~?

だってぇ~。。。 だってぇ~。。。

だってぇ~も、あさっても、しあさってもござ~ませんわよう。。。 あたくしが十二単を一枚一枚脱いでゆくと、最後には このような後姿になるのでござ~ますわァ~。。。

しかし。。。、しかし。。。、なんだか、卑弥子さんが写真をすり替えたようなァ~。。。 顔が。。。、顔が。。。、見えないので、卑弥子さんは何とでも言えるでしょう!?

だったら、正面から撮った お写真をお目にかけますわよう。。。

 


(curtain5.jpg)

いかがでござ~ますか? “天は二物を与えず”と申しますけれど、天の神様は、あたくしに美貌と知性をお与えになってくださったのですわァ~。。。 さらに美しい肉体までも。。。 おほほほほほほ。。。

つまり、ジムに通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットした卑弥子さんは、もし 言い寄る男が“おばさん”とでも、言おうものなら、裸になって“ヴィーナスのえくぼ”を見せてぇ、「てめえぇ~、これでも文句あるのかァ~!」と啖呵(たんか)をきるのですか?

そうですわァ~。。。 

でも。。。、でも。。。、そのように裸になったりしたら、草食系の男はドン引いてしまいますよう!

問題ありませんわァ~。。。 そういう草食系の男子に対しては、ジューンさんが穿いてるような“おばさんパンツ”を穿いて見せ付けるのですわァ~。。。

 


(bikini07c.gif)

 

“おばさんパンツ”の威力で草食系男子も あたくしの魅力の虜(とりこ)にしてしまうのですわよう。。。 おほほほほほほ。。。

でも。。。、でも。。。、“おばさんパンツ”の威力はそれほどすごいのですかァ~?

当たり前でしょう! “おばさんパンツ”の人気はただ事ではござ~♪~ませんわァ~! 次の検索結果を見てくださいませ。。。

 


(gog51230a.png)

『現時点での検索結果』

 

こうして“おばさんのパンツ見せてください”と入れて検索する男性がたくさんいるのですわァ~。。。 つまり、“おばさんパンツ”の人気がすごいのですわよう。。。

 

でも。。。、でも。。。、ジューンさんの“おばさんパンツ”姿は、確かに威力があるように見えるけれど、卑弥子さんも“おばさんパンツ”を穿くと男心を引き寄せてしまうだけの威力があるのですかァ~?

つまり、デンマンさんは、あたくしの“おばさんパンツ”の威力を見たことがないのですわねぇ~。。。 じゃあ、ここでお目にかけますわ。。。

 

  タラァ~♪~!

 


(himiko32.jpg)

 

この姿で、草食系男子も、肉食系男子も、悩殺するのでござ~♪~ますわァ~。。。 何か、文句がござ~♪~ますかァ~?

ありません!


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif) 

ですってぇ~。。。

あなたも、あたくしの言うことが信じられるでしょう!

“おばさん”と言われたからってぇ、女性は卑屈になることはないのでござ~ますわァ~。。。

 

ええっ。。。? そんなことはどうでもいいから、

「もっと面白い話をしろ!」と言うのでござ~ますかァ?

分かりましたわァ。。。

あなたが、そうおっしゃるのだったら、まずジューンさんの次の写真をご覧になってくださいまし。。。

 


(senya020b.jpg)

 

千夜一夜物語の衣装を着たジューンさんに魅せられて、女性に成りすます男性が たくさん居るのでござ~ますわァ!

ええっ。。。 信じられないのですかァ?

じゃあ、ちょっと次のYouTubeのクリップを見てくださいまし。。。


(xdress02.jpg)

いかがでござ~ますかァ~?

男性が女装していると思いますかァ?

あたくしは、素直に信じることができませんわァ~。。。

どうですかァ~? けっこうなものでしょう!?

いつまでも見とれていても仕方がありませんわよゥ。

あなたのために古代史の面白い記事を用意しました。

ぜひ お読みください。

では。。。

天武天皇と天智天皇は

同腹の兄弟ではなかった。 

天智天皇は暗殺された 

定慧出生の秘密 

藤原鎌足と長男・定慧 

渡来人とアイヌ人の連合王国

なぜ、蝦夷という名前なの?

平和を愛したアイヌ人

藤原鎌足と六韜

古事記より古い書物が

どうして残っていないの?

今、日本に住んでいる人は

日本人でないの?

マキアベリもビックリ、

藤原氏のバイブルとは?

とにかく、次回も興味深い記事が続きます。

だから、あなたも、また読みに戻ってきてください。

じゃあ、またねぇ~。。。


(hand.gif)

 

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』


(surfing9.gif)


(sayuri5.gif)

ところで、平成の紫式部こと、卑弥子さんは見かけによらず、京都の女子大学で腐女子に「日本文化と源氏物語」を講義している橘卑弥子・准教授という肩書きを持っています。

卑弥子さんの面白い話をもっと読みたい人は
下のリンクをクリックして読んでみてくださいね。


(annasalleh.jpg)

『オルフェと聖徳太子』

『源氏物語とおばさんパンツ』

『霊仙はなぜ毒殺されたの?』

『紫式部が地獄へ』

『破戒僧円載』

『アショーカ王の愛と苦悩』

『どら平太の世界』

『三四郎とデンマンさん』

『ヒトラーの姪』

『ゴヤと三島由紀夫』

『仏陀とキリストと娼婦』


(zurose2.jpg)

『ズロースと戦争』

『伊藤若冲ブーム?』

『ブッダと物理学』

『加藤清正ブーム?』

『愛憎と三輪山』

『松原智恵子 お尻ペンペン』

『坂本龍馬は流れ者か?』

『野ざらし』

『紫式部堕獄説』

『日本最古のポルノ?』

『源氏物語の性描写』

『寅さんの本棚と急行まつしま』

『ヒトラーは草食系?』

『ブッダとキリストと娼婦』

『顔文字とオナラ』


(hama10.jpg)

『宝暦の恨みを明治維新で』

『デウキと紅葉@行田』

『薄い陰毛と紅のボートピープル』

『江戸の閨房術』

『ずるがしこい現代人』

『春画@源氏物語』

『千早振る』

『あれっ、松本清張』

『キスと源信』

『伎楽は呉から…?』

『紺瑠璃杯に魅せられて』

『神聖娼婦 マリア』

『安徳帝は生きていた』

『白石川の桜』


(maria05.jpg)

『ブログ村のマリア様』

『萌える済子女王』

『ピンク桃色@徒然』

『富沢金山の桜』

『ピンク桃色村』

『紫式部@徒然』

『絵里香@ペルー』

『ペルシャ人の楊貴妃』

『ん?佐伯今毛人』

『文学と歴史とウソ』

『百人一首ミステリー』

『芭蕉と遊女再び』

『映画とロマン@仙台』

『源氏物语中的性描写』

『忘れられた歴史ロマン』


(costa04b.jpg)

『おばさんパンツ@サンホセ』

『聖徳太子のチューター』

『オナラの曲芸』

『死海』

『漱石とオナラ』

『絵里香さん』

『美女とオナラ』

『アンバパーリー』

『ゆっくりと愛し合う』

『見ちゃだめ!』

『二重マチ付きズロース』


(miya08.jpg)

『麻生元総理』

『ネットのバカ女を捜して』

『額田王の歌』

『聖女と娼婦』

『済子女王@萌える』

『ん?堀内亜里?』

『松平春嶽が黒幕?』

『旅行者的早餐』

『なぜ蝦夷なの?』

『プリキュアとヒトラー』

『戦争絶対反対よね』

『怨霊の歴史』

『色欲@歴史』

『紫式部と敗戦』

『ラピスラズリと源氏物語』

『性と愛@古代史』

『仙台を離れて』

『美人とブス@大奥』

『絵の中のウソ』

『阿倍仲麻呂@ベトナム』

『バイクガール』

『六条御息所』

『卑弥子さんの大学』

『元寇と捕虜』

『マキアベリにビックリ』

『痴漢が心配』

『びた一文』

『卑弥子@ブカレスト』

『エロい源氏を探して』

『ラピスラズリの舟形杯』

『平成の紫式部』

『隠元豆と国性爺合戦』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)


(byebye.gif)

大晦日のおばさんパンツ

 

大晦日のおばさんパンツ

 


(june1231.jpg)


(june901.jpg)

 


(june001.gif)

デンマンさん。。。 どういうわけで大晦日のおばさんパンツというタイトルにしたのですか? 季節はずれではありませんかァ~!


(kato3.gif)

そうなのですよ。。。 この暑い夏に大晦日のおばさんパンツですからねぇ~。。。

だから、どういうわけで そういうヤ~らしいタイトルにしたのですか?

別に、僕はヤ~らしいタイトルをつけるつもりはなかったのですよ!

だったら、他のタイトルを書けばいいではありませんかァ~。。。!

でもねぇ~、このタイトルにして欲しいと言うネット市民がいるのですよ。。。

どこに。。。?

次のリストを見てください。。。

 


(liv80725a.png)


『拡大する』

『おばさんパンツ@大晦日』

 

これはライブドアの僕の「徒然ブログ」の日本時間で7月24日の午後5時18分から25日の午前3時41分までの約9時間半の「生ログ」の一部です。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目してください。。。

あらっ。。。 7月24日の午後5時52分に マイクロソフトの BING で検索して『おばさんパンツ@大晦日』を読んだネット市民がいたのですわねぇ~。。。

そうです。。。 この暑い真夏の真っ只中で汗をタラタラ流しながら『おばさんパンツ@大晦日』を読んだのですよ。。。

いったい、どなたが読んだのですか?

実は名古屋市に住んでいる大江戸 亀雄君が読んだのです。。。

デンマンさんは、またIPアドレスを調べて亀雄君が読んだことを突き止めたのですか?

そういうことです。。。

 


(ip194177b.png)

 

。。。で、亀雄君は どのようにして検索したのですか?

上のリストのリファラのリンクをクリックすると次の検索結果が出てくるのですよ。。。

 


(bin80725a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

あらっ。。。 「おばさんのパンツ見せてください」と入れて検索したのですわねぇ~。。。

そういうことです。。。 すると、1,850,000件ヒットするのですよ。。。

ずいぶんとヤ~らしいタイトルが並んでいますわァ~。。。 デンマンさんが投稿した『おばさんパンツ@大晦日』がトップから 5番目に出てくるのですわねぇ~。。。

そうです。。。 亀雄君はそのタイトルをクリックして「徒然ブログ」にやって来て記事を読んだのですよ。

おばさんパンツがそれほど人気があるのですか?

そうなのですよ。。。 ビックリするほど人気が出てきたのです。。。 2015年12月31日に『おばさんパンツ@大晦日』を投稿した時には、次のような検索結果が出ていたのです。。。

 


(gog51230a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

あらっ。。。 この時には、たったの 3,580件だったのですわねぇ~。。。

そうなのです。。。 それが2年半の間に 1,850,000件に増えたのですからねぇ~。。。 おばさんパンツを見たいネット市民が 500倍に増えたのですよ!

どうして。。。、どうして。。。、おばさんパンツがそれほど人気が出てきたのですか?

ジューンさんがおばさんパンツを穿いてネットに出てきたからですよォ~!

 


(june1231.jpg)

 

私のこの写真が人気を呼んだのですかァ~? まさかァ~!?

信じられないのですかァ~?

馬鹿バカしい! わたしがおばさんパンツを穿いてネットに登場したぐらいで おばさんパンツの人気が急に500倍になるなんて考えられませんわァ~!

あのねぇ~、昔の人は“信じる者は救われる!”と言ったのですよう。。。 だから、ジューンさんも上の検索結果を見て素直に僕の言う事を信じてルンルン気分でハッピーになってねぇ~。。。

デンマンさんは、いつもバカの一つ覚えで、その言葉を持ち出しますけれど、その言葉を素直に信じると、あとでバカを見るのですわァ~。。。 で、いったい亀雄君は どの部分を読んで感銘を受けたのですか?

次の箇所を読んで感激したのですよ。。。

おばさんパンツ@大晦日

 


(bikini07c.gif)

わたしの“おばさんパンツ姿”がそれほどいいのでしょうか? うふふふふふ。。。

笑っている場合じゃないですよ!。。。 “おばさんのパンツ見せてください”と入れてGOOGLEで検索して僕のブログにやって来る人たちは真剣にジューンさんの“おばさんパンツ姿”を見たいのですよ。

でも。。。、でも。。。、見てどうなるものでもないでしょう!?

いや。。。 “おばさんのパンツ見せてください”と入れてGOOGLEで検索して僕のブログにやって来る人たちの真剣な気持ちを思えば、実際にジューンさんの“おばさんパンツ姿”を見て、マジで感動すると思います。

まさかァ~。。。?

だから、今日はいつまでもジューンさんの“おばさんパンツ姿”に拘(こだわ)らずに、もっと教養を深めて欲しいと思って“おばさんパンツ@大晦日”というタイトルにしたのですよ。

。。。で、デンマンさんは、いったい何を始めるのですか?

ちょっと次のビデオクリップを見てください。


(vixen1965.jpg)

あらっ。。。 これはランジェリーの100年の歴史を勉強するためのビデオですわね。

そうですよ。。。 この記事は、女性も結構見ていると思うのですよ。。。 エロい男だけじゃなく、女性にとっても参考になるビデオだと思います。

そうですわねぇ~。。。 で、このために、わざわざ“おばさんパンツ@大晦日”というタイトルにしたのですか?

もちろん、それだけじゃありません。。。 ジューンさんのために歴史を通して女性の理想的な体型がどのように変わってきたのか?。。。 紀元前1292年のエジプト女性から現在までの女性の理想的な体型をここで披露しようというわけです。

マジで。。。?

ジューンさんも勉強になりますから次のビデオクリップをしっかりと見てください。


(egypt001.jpg)

つまり、このために、わざわざ“おばさんパンツ”を大晦日に取り上げたのですか?

もちろん、それだけじゃありませんよ。

デンマンさんは他に何をしようとするのですか?

ちょっと次の対話を読んでみてください。


(joso02.jpg)


(laugh16.gif)

デンマンさん。。。 上の写真はデンマンさんが下着女装した写真ですかァ~?

ん。。。? 僕が下着女装したァ~? まさかァ~。。。

だってぇ~、わざわざタイトルに“下着女装ブログ”と書いてあるじゃありませんかァ! ついにデンマンさんも、カミングアウトして『下着女装ブログ』を始めたのでしょう!?

どうして。。。、どうして。。。、僕がカミングアウトして『下着女装ブログ』を始めなければならないのですかァ~?

それほど恥ずかしがらなくてもいいではありませんかァ! 最近は、ニューハーフだとか、同性婚をするとか、トランスジェンダーとしてカミングアウトするとか。。。 そのようなことは珍しくも、なんともないのですわァ。 だから、デンマンさんに“下着女装”の趣味があっても、決して恥ずべきことではないのですわァ。

あのねぇ~、僕は下着女装の趣味はありませんよゥ!

ほらァ~。。。 そのようにムキにならなくてもいいのですわァ~。。。 別に恥ずべきことではないのですから。。。

あのねぇ~、恥ずかしがって否定しているわけじゃなくて、僕には“下着女装”という趣味はないのですゥ。。。 マジで。。。

でも、わたしはデンマンさんが“下着女装”するだろうと、ずいぶん前から それとなく感づいていたのですわァ~。

ん。。。? ジューンさんは 僕が“下着女装”するだろうと、ずいぶん前から うすうす感づいていたァ~。。。?

そうですわァ~。 だってぇ~、デンマンさんがわたしのマンションにやって来ると、必ず わたしの下着がなくなるのですわァ~。

ジューンさん!。。。 いい加減なことを言わないでくださいよう! この記事を読んでいる日本語が解る世界のネット市民の皆さんが誤解してしまうじゃありませんかア!

でも、わたしはデンマンさんが“下着女装”しているという証拠を掴(つか)んでいるのですわァ~。

まさかァ~。。。 僕には全く身に覚えのないことですよゥ。 証拠なんてぇ、あるはずがないのですよゥ!

だったら次の写真を見てくださいなァ。


(joso04.jpg)

あれっ。。。 (ビックリして、デンマン、しばらく声が出ません!) この。。。、この。。。、この“下着女装”した男が僕だと言うのですかァ~?

だってぇ~、わたしの寝室から盗まれた下着を この男が身に着けているのですわァ。 わたしの寝室に こっそりと入って下着をくすねるような人は デンマンさん以外にいませんわァ~。

やだなあああァ~。。。 それこそ“濡れ衣(ぬれぎぬ)”ですよう! 僕がジューンさんの寝室に忍び込んで下着を盗むような動機がありません!

あるじゃありませんかア!。。。 こうして“下着女装”するためですわァ~。

あのねぇ~、ジューンさん! 冷静になって考えてくださいよう! ちょっと次の写真を見てください。


(bikini07c.gif)


(30june.jpg)


(cute0025.gif)


(linger57.jpg)

あのねぇ~、上の写真は僕がジューンさんの表情をモンタージュで創作し、コラージュで作り上げた作品なのですよ。 僕の美的“モノサシ”で評価するならば、上の4枚の作品は完璧に近い。 つまり、100点満点ならば90点から95点だと言えるでしょう! ところが、その上の“下着女装”した男の下着女装姿は、点数をつけるなら 30点以下ですよ! とても美的とは思えない! ジューンさんは、下着女装姿の男が美的で魅力的だと思いますかァ~?

こっけいですわァ~! うふふふふふ。。。

。。。でしょう!! もしですよ、僕に“下着女装”クセがあって、この男のようにピンクの下着を身につけて鏡の前に立ったら、僕はマジで自分の姿をマジマジと見ることができない! まともに見たら、僕は、あまりのショックで ウンコとショーベンをその場でタレ流して ショック死してしまいますよう!

でも。。。、でも。。。、上の男の写真はマーガレットさんが デンマンさんのマンションで見つけたと言って わたしに手渡してくれたのですわァ。

ジューンさんは僕よりもマーガレットさんの言葉を信じるのですか?

だってぇ~。。。

だってぇも、あさっても、しあさっても、ありませんよう! 僕とジューンさんの付き合いは10年以上ですよ。 マーガレットさんは、つい3年ほど前に、突然現れて、最近では村八分的な存在なのですよ。 多くの人に嫌われている。 なぜだか解りますか?


『下着女装ブログ』より
(2014年8月2日)


『おばさんパンツ@大晦日』より
(2015年12月31日)

。。。で、この上の部分を亀雄君が読んで、どのように感激したのですか?

だから、感激して亀雄君も下着女装しようと決めたのですよ。。。

馬鹿バカしい! そのような事をデンマンさんは わたしに信じさせようとするのですかァ~?

あのねぇ~、亀雄君はジューンさんの“おばさんパンツ姿”に見とれて、そう決心したのですよ。。。 で、感謝の気持ちを伝えようとしたのだけれど、ジューンさんのメールアドレスが分からなかったので、僕にメールをよこして、この感謝の気持ちをジューンさんに伝えて欲しいと。。。

そんな事が信じられますかあああァ~!

あれっ。。。 ジューンさんは、かなり感情的になってますねぇ~。。。 あのねぇ~、ジューンさんも上の記事の中で言ってるじゃありませんか! 「世の中には性転換する男だっているのです」と。。。 亀雄君が下着女装することに決めたぐらいで驚いたり、ムカついたりしないでくださいねぇ~。。。

たとえ何と言われようが、わたしにはデンマンさんの言うことが素直に信じられないのですわァ~。。。

分かりました。。。 じゃあ、僕は亀雄君にジューンさんのメールアドレスを教えて、直接ジューンさんに感謝の気持ちを伝えるように言いますよ。。。 それで、いいですねぇ~?

デンマンさん! それだけは止めてください。。。 わたしはメールのストーカー行為を受けて困っているのですから。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。

ところで、最近、ジューンさんがネットで人気が出ているのです。。。


(senya020b.jpg)

千夜一夜物語の衣装を着たジューンさんに魅せられて、女性に成りすます男性が たくさん居るのでござ~ますわァ!

ええっ。。。 信じられないのですかァ?

じゃあ、ちょっと次のYouTubeのクリップを見てくださいまし。。。


(xdress02.jpg)

いかがでござ~ますかァ~?

男性が女装していると思いますかァ?

あたくしは、素直に信じることができませんわァ~。。。

話は全く違うのでござ~ますけれど、

実は、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”が殿方の注目を集めているのでござァ~ますわよう。

うふふふふふふふ。。。

ええっ。。。 信じられないのでござ~ますかァ?

じゃあ、ちょっと次の検索結果を見てくださいまし。。。


(gog60409a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

「卑弥子 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわァ~。。。

うふふふふふふ。。。

あなたも、ビックリするでしょう?

ジムで汗を流して “ヴィーナスのえくぼ”をゲットいたしました。。。


(buttdimp5.jpg)

スタイルもよくなったのでござ~ますわァ~。。。


(curtain5.jpg)

いかがでござ~ますか?

でも。。。、でも。。。、“天は二物を与えず”と申します。。。

これほどスタイルが良くなったというのに、あたくしは未だに独身でござ~ますのォ。。。

世の中は、なかなか思うようにゆかないものですわァ~。。。

ところで、あなたは『万夜一夜物語』を読んだことがござ~ますかァ~?

“千夜一夜物語”ではなくてぇ、“万夜一夜物語”ですわ。


(manya02.jpg)

『万夜一夜物語』

デンマンさんが書いたのでござ~ますわよう。

ええっ。。。 10,001の話が書かれているのかってぇ~。。。?

とにかく、上のリンクをクリックして読んでみてくださいませぇ~。。。

あなたも、絶対にビックリするようなお話が出てきますわァ。

『万夜一夜物語』だけでは、物足りないのでしたら、

ジューンさんが登場する面白いお話もたくさんあります。

興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましねぇ~。。。

(roten101.jpg+cleoani.gif)

『悲愴と白鳥』

『ブッダと千夜一夜物語』

『絹の道と千夜一夜物語』

『ヤノマミの乙女』

『ジャータカと今昔物語』

『白木屋お熊とセックス』

『パンツを売る乙女』

『床上手な女@マルタ島』

『宮沢りえとおばさんパンツ』

『マチュピチュとインディー・ジョーンズ』

『映画を愛する薄命の女』

『ベニスの騒動』

『アンネとハンナ』

『名器たこつぼ』

『レダの卵を探して…』


(miro0018.jpg)

『サモトラケのニケとミロのヴィーナス』

『薄命な女のパンツ』

『ロトの娘たち』

『もう一人のモナリザ』

『万夜一夜の謎』

『自由という誘惑』

『驚異の大洪水』

『おつまみミステリー』

『混浴風景を探して』

『ハレルヤ』


(sylvie122.jpg)

『マルタ島のロマンだ』

『宮沢りえ人気@海外』

『癒しを奏でるパンツ』

『マルタ島deロマン』

『生ログdeロマン散歩』

『宮沢りえ@クールジャパン』

『混浴風呂ガー』

『ウェルカムバック』

『コペンハーゲンからやって来た』

『ロシアからやって来た』

『海外美女ランキング』

『ブログを解剖する』

『スイスからトランプ見に来る』


(fan004.jpg)

『海外美女を探して』

『パンツde大晦日』

『Tバック@三賀日』

『とっちゃん坊や』

『また千夜一夜』

『初恋の思い出』

『乳房振動とブラ』

『白木屋お熊』

『肥後ズイキ@セルビア』

『紐パン熟女』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『美尻のビーナス』

『紐パン熟女に惹かれて』

『あの二人が気になって』

『肥後ズイキ@セルビア』

『私は下着女装です』

『ドリアンを探して』

『パリの日本人』

『ペンタゴン式己を疑う』

『薄命な女と映画』

『ラーメン@ベリーズ』

『うるさい夏』

『芭蕉と英語』

『晩香坡物語 生誕150年』

ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『エレクトラde中国』

『熟女パンツ』

『ラーメン@カイロ』

『スパム@クルーズ』

『えくぼ@ヴィーナス』

『孀婦岩』

『モナリザ描きたい』

『ジューンさんの下着』

『やっぱり熟女下着』

『じゅくじょのぱんてー』

『事実と芸術』

『パクられたパンツ』

『タイタニック@スリランカ』

『蜂@泣きっ面』

『外人が知っている美しい日本』

『腰使い 熟女』

『熟女の下着姿』

『腰を使う熟女』

『ブログランキング』

『曇ってきた@英語』

『出会い系より腰を使う熟女』

『ブリスベンの従妹』

『アヒルが行く』

『英語ペラペラ勉強法』

『ブラウザとOS』

『二千二夜物語』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)

 


(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。 バーィ


(juneswim.jpg)


『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』


(byebye.gif)

三角パンツ

 

三角パンツ

 


(rengey5.jpg)


(gal771.jpg)


(junko05.gif)


(junko11.jpg)

デンマンさん。。。 今日はオシモの話題ですわねぇ~?


(kato3.gif)

いけませんか?

たまには格調高い話題のときに呼んで欲しいものですわァ~。。。

確かに三角パンツという言葉の響きからはオシモの話題と思われるかもしれないけれど、決して格調が低いわけではないのですよ。。。

。。。で、どういうわけで三角パンツを取り上げたのですか?

実は、バンクーバー市立図書館で借りていた本を読んでいたら次の箇所に出くわしたのです。。。

三角パンツ事件


(brief12.png)

 

平和な幼少期に転機が訪れたのは、6歳のとき。
父のふるさとの島根県松江市に一家そろって帰ることになったのです。 (略)

不安な気持ちで学校に向かいました。
緊張して教室に入ると、そこで待ちかまえていたのは、またしてもカシャボみたいな、白い顔、大きく開けた口。
同じ顔がわあっと集まってきて……。 (略)

友達どうしでしゃべっている出雲弁が、まったくわからなかったです。
いきなり別世界に放り出されたような衝撃でした。

たとえば、「まくれる」は転ぶという意味。
「せつい」はしんどい。
夏、暑くて汗が出る、なんていうときに、「ああ、せつい」と言うんです。

いちばんわからなかったのは「まえすこー」。
子どもたちは「やーい」とか「ほらぁ」みたいに、はやしたてるときによく使いました。
「うまくやってんな~!」っていうニュアンスかな。

ぼくが初めて「まえすこー」と言われたのは、体育の前の着替えの時間。
ぼくのパンツを見た子が声をあげました。
「あっ、佐野くんのパンツ、三角だ!」

「女のはくパンツ!」
「まえすこー! 三角パンツ」
「まえすこー! まえすこー!」

ぼくがはいていたのはブリーフ。
東京では当たり前だったのですが、松江の子はみんなトランクス型だったんです。

 


(brief13.jpg)

 

ブリーフは女の子みたい、まえすこー、というわけでね。
そりゃ傷つきましたよ。

 

by 佐野史郎 (俳優)

カシャボ: 青い衣を着た小さな妖怪で、和歌山県、三重県にまたがる熊野地方に伝わる。 川にいるときは河童で、山に入るとカシャボになる。

 

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)



(child002.jpg)

128-131ページ 『わたしが子どもだったころ 2』
編者: NHK「わたしが子どもだったころ」制作グループ
2012年3月10日 第1刷発行
発行所: 株式会社 ポプラ社

つまり、デンマンさんにも同じような経験があるのですかァ~?

そうです。。。 でもねぇ~、ちょっと違うのですよ。。。

どういうことですか?

あのねぇ~、僕が小学校1年生の頃でした。。。 祖母の実家が 僕の生まれた家がある行田市の隣町、羽生市の今泉というところにあるのですよ。

 


(nouka01.jpg)


(ogawa01.jpg)


(imaizumi.png)

『拡大する』

 

わらぶき屋根の農家が今でもあるのですか?

もう40年以上も昔のことだから、現在では新しく家を建てて瓦屋根の家になっているでしょう。。。 祖母の実家は羽生市立井泉中学校の近くにあったのですよ。。。

現在でも、その中学校はあるのですか?

1981年に、廃校になって近くの市立東中学校に統合されたのです。。。 おそらく、今では40年前の面影はないと思います。。。

それで、どのようなことがあったのですか?

祖母の実家に小学校3年生になる信子さんという女の子がいたのです。。。 僕の親父の従妹にあたるのだけれど、僕よりも2つ年上の小学校3年生でした。

それで。。。?

夏休みに祖母に連れられて実家に遊びに行ったのですよ。。。 信子さんは実家の子供の中では一番末の女の子だったので、僕が遊びに行けば、まるで僕を弟のようにして遊んでくれたわけです。。。 僕の家には、僕が小学校3年生になってテレビが入ったので、それまで外国のことなんか全く知らなかった。。。 当時はどこの家も貧乏屋が多かったから、僕の家にも図鑑だとか絵本だとか、そういうものはなかったのですよ。。。

信子さんは図鑑だとか絵本だとか、そういうものは持っていたのですか?

信子さんの父親、つまり、僕の祖母の弟、僕には大叔父にあたる人は小学校の校長先生をしていたから、けっこうたくさんの本が実家にあった。。。 それで信子さんが僕に『世界地図絵本』を見せてくれたのです。。。

 


(ehon02.jpg)

 

僕が、これまでに海外34カ国を放浪したり、カナダに移住したのは、この絵本の影響が大きいのですよ。。。

当時、デンマンさんの家にはテレビがなかったので、絵本を見て外国というモノを知って衝撃を受けたのですか?

そうなのですよ! 外国には想像もできないようなすごいものがある!と僕はその絵本に出てくる世界の不思議なモノに衝撃を受けました。。。 喰い入るようにページを眺めたものです。。。

 


(ehon03.png)

 


(pyramid90.jpg)


(sphinx80.jpg)


(eiffel88.jpg)


(empire01.jpg)


(bigleaf01.jpg)


(machupichu.jpg)


(operahous.jpg)


(greatwall.jpg)


(itsukushima2.jpg)


(colosium.jpg)


(tajmahal.jpg)


(easter70.jpg)


(rio012.jpg)


(chichen7.jpg)


(stoneheng.jpg)


(petra2.jpg)


(convent22.jpg)


(angkor2.jpg)


(towerpisa.jpg)


(niagara66.jpg)

 

僕は夏の暑さも忘れて夢中で絵本の中に入ってしまったようなものですよ。。。

それで、大人になってから34カ国の放浪の旅に出たのですか?

そういうことです。。。 僕は絵本に出てくる ほとんどすべての国を巡って、子供の頃に胸をときめかせて見つめた本物を目の前にして 感慨無量だったですよ。。。

それで、三角パンツはどうなったのですか?

あのねぇ~、僕は絵本を見ていればそれで十分だったのだけれど、信子さんが「近くの小川で泳ごう」と言い出したのですよ。。。 確かに、その日は暑かった。。。 でも、僕は泳ぐのよりも絵本を見ている方が楽しかった。

それでどうしたのですか?

「水泳パンツもってこなかったよ」と言った。。。 そしたら「わたしのパンツはけばいい」と言うのですよ。。。 そしてゴムの入ったパンツを持ってきたのです。。。

 


(pant85.jpg)


(himiko25.gif)

 

このゴムが入ったパンツは、どう考えても女の子が穿くパンツなのですよ。。。 僕は卑弥子さんのブルマー姿を想い浮かべて、このゴムの入ったパンツだけは、死んでも穿きたくない!と思ったものですよ。。。

別に、それほど深刻に考えなくてもいいのではありませんかァ~?

あのねぇ~、僕が子供の頃は、現在と違って、男の子は男の子らしく、女の子は女の子らしく、というのが鉄則だった。。。 だからこそ、上の本から引用したエピソードでも佐野さんは「ブリーフは女の子みたい、まえすこー、というわけでね。 そりゃ傷つきましたよ」と書いている!

でも、水の中に入ってしまえば見えないではありませんかァ!

だけど、小川に行くまでに、同じ年頃の子供たちに見られたら、それこそ死んでも死に切れないほど恥ずかしい思いをするに違いない! 僕は、そう思いましたよ!

それで、デンマンさんは断固、信子さんのゴムの入ったパンツを穿くことを拒絶したのですか?

それは、そうでしょう! 僕とすれば、思春期の女の子が無理やり陵辱されるような気持ちですよ。。。 結婚前の女子が純潔を守らねばならないという気持ちが、僕はそのとき理解できたような気持ちでした。

それは、ちょっとオーバーではありませんかァ?! 。。。で、どうしたのですか?

どうするも、こうするもないですよ! 僕は、必死で拒絶しました! 他の選択肢はありません! 絶対に信子さんのパンツを穿くことはできない!

それで、信子さんはデンマンさんと泳ぐのを諦めたのですか?

ところが、彼女は気の強い女の子で、諦めようとしない! まいりましたよ。。。 信子さんが、あまりしつこく「穿け!穿け!」というので、とうとうケンカになってしまった。。。 彼女は逃げてゆく。。。 僕は追いかける。。。 結局、とっ捕(つか)まえて、ポカポカと彼女の頭を殴る。。。 彼女の泣き方もすごかった。。。 火がついたように泣いた!

それで、やっと信子さんも諦めたのですか?

そうです。。。 でも、実家に戻ると、信子さんはブチ切れて「もう帰れ! 2度と来るな!」という剣幕ですよ。。。 僕の祖母は夫が42歳で癌で亡くなったので、母一人子一人の母子家庭で親父を育てた。。。 他の娘たちは育てられないので里子に出した。。。 だから、実家からは経済的に援助を受けていたようでした。。。 そういうわけで、僕が実家の子供をイジメて泣かせた。。。 祖母の顔に泥を塗るようなものだと受け止めたらしくて、僕を見て涙を流していましたね。。。 

おばあさんはデンマンさんを叱ったのですか?

いや、僕は祖母にとって可愛い孫でしたからね、何も言わなかった。。。 ただ、小学校1年生だったけれど、僕は子供心に祖母に対して申し分けない事をしたと思いましたよ。。。

それで、デンマンさんは2度とそれから、信子さんとは会わなかったのですか?

そうなのです。。。 それから1度も会ってない! 僕がカナダに移住してから、1度だけ僕の実家にやって来たらしいけれど、その時は僕はもうカナダで暮らしていましたからね。。。 祖母は僕が中学2年生のときに泣くなり、母から信子さんがやって来たということを聞きました。

信子さんは、今どうされているのですか?

小学校の校長先生です。。。 僕に絵本を見せたところなどは、先生にはもってこいだったかもしれない。。。 でも、小学校の生徒には、怒ると怖い先生だったと思いますよ。。。


(laugh16.gif)

【ジューンの独り言】


(bare02b.gif)

ですってぇ~。。。

デンマンさんも強情なところがあったのですわねぇ~。。。

現在では、ちょっと考えられないようなエピソードですわァ。

下着女装など、今では 当たり前のことです。。。


(xdress02.jpg)

いかがですかァ~?

男性が女装していると思いますかァ?

 

ところで、三角パンツのお話も面白いですけれど、

たまには、日本の歴史の話も読んでみてください。

日本の古代史にも、興味深い不思議な、面白いお話がありますわァ。

では次の記事から興味があるものをお読みくださいねぇ~。。。


天武天皇と天智天皇は

同腹の兄弟ではなかった。 

天智天皇は暗殺された 

定慧出生の秘密 

藤原鎌足と長男・定慧 

渡来人とアイヌ人の連合王国

なぜ、蝦夷という名前なの?

平和を愛したアイヌ人

藤原鎌足と六韜

古事記より古い書物が

どうして残っていないの?

今、日本に住んでいる人は

日本人でないの?

マキアベリもビックリ、

藤原氏のバイブルとは?

ところで、他にも面白い記事がたくさんあります。

興味のある方は次の記事も読んでみてくださいね。

 


(sunwind2.gif)


『宮澤理恵@Macao(2013年2月28日)』

『チョコレートと軍産複合体』

『チョコレートと甘い権力』

『CIAの黒い糸』

『美しい日本語再び』

『宮沢りえブーム?』

『また、宮沢りえ?』

『浅間山噴火とフランス革命』

『なぜアクセスが急増したの?』

『気になる検索ワード』

『なぜ塩野七生批判』

『その検査、ムカつく!』


(miya08.jpg)

『宮沢りえと床上手な女』

『MH370ミステリー』

『なぜ死刑廃止?』

『真犯人はそこにいる』

『MH370ミステリー裏話』

『お裁きを信じますから』

『ジャルパックと国際化』

『古代ローマのセックス』


(nopan05.png)

『CIAとノーパン』

『エロいローマ再び』

『エロいけれどためになる話』

『えろあくにめ温泉』

『エロいけれどためになる』

『地球上のネット普及率』

『原発はダメだったのに』


(sylvie500.jpg)

『スカートをはいた兵隊』

『行田シンドローム』

『幻の暴走機関車』

『CIA@NOパンツ』

『エリュトゥラー海案内記』

『伊藤若冲 ランブータン』

『知的快楽』


(teacher9.jpg)

『シャフリ・ソフタ』

『閨房でのあしらい』

『漱石とグレン・グールド』

『女性の性欲@ラオス』

『美学de愛と性』

『女の本音』

『にほん村からの常連さん』

『日本初のヌードショー』

『可愛い孫』

『ネットで広まる』

『なぜブログを書くの?』

『アルゼンチンから』

『潮吹き』

『ヨッパライが帰ってきた』

『後家殺し』

『奇想天外』

『下女のまめは納豆』

『オペラミニ』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に
ネットサーフィンしましょう。
じゃあね。バーィ。


(hand.gif)



(spacer.png+betty5de.gif)
(hiroy2.png+betty5d.gif)
『スパマー HIRO 中野 悪徳業者』

 


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)

『卑弥子の源氏物語』

『平成の紫式部』

■ めれんげさんの『即興の詩』

■ めれんげさんの『極私的詩集』

Jagel - Soft Japanese Bagel
(bagel702.jpg)

■ “JAGEL – Soft Japanese Bagel”


(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(beach02.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(rengfire.jpg)


(byebye.gif)

現実主義者と第2の人生

 

現実主義者と第2の人生

 


(2ndlife2.jpg)


(fool911.jpg)


(2ndlife3.jpg)

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺
(masuo01e.png)

デンマンさん。。。 今日はオイラとマジで第二の人生について話をするのですかァ~?


(kato3.gif)

そうだよ。。。 オマエは第二の人生について話をするのがいやなのォ~?

当たり前でしょう! オイラはすでに伊藤先生のブログでも次のように書いたのです。。。

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺
(masuo01e.png)

7. 無題

 

>huyunohi1684さん

俺はもうクズの虫けらの社会不適合でいてたらいいって誓った人間なんです。

治療はあえて受けません。

 

現実主義者 2018-05-02 18:44:20


『現実主義者氏に関する研究 その1』より
(2018-04-27)

つまり、オマエは、たくさんのネット市民の皆さんが助言した精神科のお医者さんに診てもらうことも拒絶して、今後、自分でも認めている「生きる価値のないクズの廃人」でずっと生きてゆくつもりなんだなァ~?

 


(doctor90.png)

『現実主義者よ一度精神科を受診しろ!』

 

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

そうです。。。 いけませんか?

あのさァ~、実は、たくさんのネット市民の皆さんがオマエの事を心配しているのだよ。。。

マジで。。。? その証拠でもあるのですか?

あるのだよ! 次のリストを見てごらんよ!


(ame80625p.png)


『拡大する』

『現実主義者 馬鹿の見本』

上のリストを見れば分かるように『現実主義者 馬鹿の見本』がダントツで読まれているのだよ。。。

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

でも。。。、でも。。。、オイラは「クズの虫けらの社会不適合者」ですけれど、馬鹿の見本ではありません。。。

あのさァ~、ネットで正々堂々と「俺はもうクズの虫けらの社会不適合でいてたらいいって誓った人間なんです」と書くような者を世間では“馬鹿”と言うのだよ。。。

マジで。。。?

だから、『現実主義者 馬鹿の見本』がダントツで読まれるのだよ!

でも。。。、でも。。。、どうしてデンマンさんは、オイラの事で一生懸命に記事を書いて ネットで広めるのですか?

だって、オマエは伊藤先生のブログに次のように書いたのだよ!

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

30. 無題

>huyunohi1684さん

俺は一生クズの廃人でいておきますよ。

 

現実主義者 2017-12-12 14:01:44



(kouishi02.jpg)

31. Re:無題

>現実主義者さん

それで良かったらなんのためにネットに書き込んでいるのですか、クズの廃人であることをわざわざネットで広める必要もないと思いますが。

 

huyunohi1684 2017-12-12 15:21:37


32. 無題

>huyunohi1684さん

いや、俺はもう広めていたいんです。

広めることで、俺の家族にも噛みついてたいんです。

 

現実主義者 2017-12-13 00:33:50


33. Re:無題

>現実主義者さん

広めたいのであれば、掲示板に書くか、自分のブログを作ってやるべきです。

他人のブログのコメント欄は、記事に対する感想を書く場所であって貴方の考え方を広める場所ではありません。

そういう使い方は荒らし行為と言われても仕方がないものです。

広めるのであれば、読み手が理解できるように書く努力をするべきです、貴方はその努力をしていません。

 

huyunohi1684 2017-12-13 07:58:13


『ひとつのことにこだわり続けた末に…』のコメント欄より

赤字はデンマンが強調のため!)

『嫌われる現実主義者』より
(2018年1月27日)

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

つまり、オイラが「いや、俺はもう広めていたいんです。 広めることで、俺の家族にも噛みついてたいんです」と書いたので、デンマンさんはオイラに協力してネットでオイラの事を広めているのですかァ~?

その通りだよ。。。

でも。。。、でも。。。、デンマンさんは、ちょっとやり過ぎていると思いませんかァ~?

どいうわけで、僕がやり過ぎている、とオマエは言うわけぇ~?

だってぇ、次の検索結果を見てくださいよう!


(gog80314a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

「現実主義者 馬鹿」と入れて検索すると 3,480,000件もヒットするのですよう!

いいじゃないか! オマエの望み通り、ネットでオマエのことが広まっているのだから。。。 上のリンクをクリックして現在の検索結果を見れば、5倍ぐらいに増えているはずだよ!

マジで。。。?

オマエも上のリンクをクリックして確認したらいいよ。。。

分かりました。。。 デンマンさんが、それほどオイラに協力したいのであれば、「俺はもうクズの虫けらの社会不適合でいてたらいいって誓った人間なんです。 治療はあえて受けません」というオイラの気持ちを汲んで、この事にも協力して欲しいのですよ。。。

もちろん、オマエがそれをマジで望むのであれば、僕はオマエに協力するよ。。。 でもなァ~、その前に次の小文を読んで欲しいのだよ。

Fおばさん


(obasan02.png)

 

Fおばさんは、いつ見てもきれいで若々しい。
別に化粧もしていないしパーマもかけていない。
黒い髪を無造作にうしろでまとめ、前だけにある生まれつきの天然ウェーブが白い額を横に流れている。
そして朗らかに笑う。
そんなとき、おばさんの顔は、娘みたいにいきいきとしてチャーミングだ。

Fおばさんは父の弟嫁で、私には叔母にあたる。
私の幼いころの記憶にあるFおばさんは、決して愉快な人ではなかった。
ヒステリーで顔色の悪い陰気な感じのする人で、それにすごく人づきあいの悪い人だった。

 


(obasan01.png)

 

叔父が戦死し、家は戦火にあい、Fおばさんは町はずれのボロ貸家にミシンだけを資本に仕事を始めた。
それまで正式に洋裁も習っていなかったし、生活苦は眼前に迫るし、F叔母さんの苦労はたいへんだった。

ところが、そのころから、F叔母さんの性質は大転換したらしい。
朗らかで、親切な、私が尊敬している今のFおばさんになったのである。

おばさんは、わざと化粧をしないのではないが、おばさんには自分の身の回りをかまっている余裕がないのだ。
戦争未亡人として十数年、三人の子供の養育に戦時中からこのかた、一時の緊張もとかず、一所懸命ミシンを踏んでいる。
そしてFおばさんは、どんなときでも失望しないし、朗らかさを失わずにいる。

叔母さんは人生の勝利者、叔母さん万歳だ。

 

新盛幹子 高校生 18歳 福岡市

 (72-73ページ)

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)



(ohagi02.jpg)

『戦争とおはぎとグリンピース』
婦人の新聞投稿欄「紅皿」集
編者: 西日本新聞社
2016年7月25日 第2刷発行
発行所: 西日本新聞社

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

デンマンさんは、ずいぶん古い話を持ち出してきましたねぇ~。。。

あのなァ~、話は古いけれど、この本は2016年7月に出版されたものなんだよ! 2年前だよ。。。 現在にも通用する話だからこそ、こうして世の中に出たのだよ!

つまり、オイラにFおばさんのように第二の人生を歩め!と、デンマンさんは言いたいのですかァ~?

そうだよ! 当時、18歳の高校生の幹子さんが、子供の頃に知っていたFおばさんは、ちょうど現在のオマエのように誰からも嫌われ、怒りやすく、狭い部屋に閉じこもって顔色も悪く、人間関係も思わしくなく、陰気な感じのする人だったのだよ。。。

今のオイラのようだ、とデンマンさんは言うのですか?

そうだよ。。。 ところが戦争未亡人になってしまった。。。 残された3人の子供をかかえて、生きてゆかねばならない! Fおばさんは、人生をやり直すつもりで苦労にもめげずに、第2の人生を懸命に生き抜いてきたわけだよ。。。

戦争でもあれば、オイラだって第2の人生を踏み出せるかもしれません。。。

オマエは無理だよ。。。

なぜ、デンマンさんは、そういうヤバい事を言うのですか?

オマエは、「会うの、会わないの?」という小学生でも答えられる質問に、まるで会えば殺されるかもしれないとビクビクして答えられないで逃げ回っているのだよ!

うへへへへへ。。。 やっぱり、オイラが小心者だということが判ってしまいますかァ~?

次の記事のコメントを読むと、オマエの小心者ぶりが ありありと出ているのだよ!

 


(teikoku01.jpg)

『現実主義者と学歴社会』

 

もし、戦争でも始まれば、オマエは山の中に穴を掘って隠れて、引きこもるのがオチなんだよ! 戦争がなくても、オマエは狭い部屋に20年近く引きこもっていたのだから。。。

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

すでに伊藤先生のブログに書いたとおり、オイラはクズの虫けらの社会不適合でいてたらいいって誓った人間なんです。 だから、このまま「クズの廃人」で一生を終えるつもりです。。。

そうかァ~。。。 オマエがそう言うのならば、次の小文も読んで欲しいのだよ!

おはぎ

 


(ohagi01.jpg)

 

アズキのいただき物があったので、おはぎを作ることにした。
火ばちの上でグツグツと煮えるアズキをまぜながら、わたしは遠い日の思い出にふけっていると、まぶたが熱くなってまいります。

第二次大戦もたけなわのころでした、次男に教育召集の令状が来たのは。
人一倍陽気な次男は、驚きと悲しみで動てんするわたしに、「なあに、教育召集だから心配することないよ」とかえって慰めるようにいうのでした。

いよいよあすが出発という日、物資不足で砂糖などめったに手に入らない貴重品というころでしたけれど、おはぎの好きな次男のためにあちこちと走り回って、やっとアズキと砂糖を手に入れておはぎを作ったのです。

「うまい、うまい」を連発しておはぎをパクつく次男に「からだに気をつけるのよ」だけしかいえず、あとは不吉な予感が胸を襲い、泣きだしそうになるのをじっとがまんしていました。

戦争の激化とともに、教育召集の期間も終わらないうちに、次男はわたしたちと最後の面会もできず、南方にやられてしまったのです。
それから数年して終戦となり、南方からの帰国船が着くたびに、わたしはイソイソとおはぎを胸にかかえてかけつけるのでしたが、むなしくまたおはぎをかかえて帰るのが常でした。

わらをもつかむ気持ちで、次男の消息を知っている方を広島までたずねて行きますと、次男は特攻隊に志願して戦死したとか。

 


(tokkou01.jpg)

 

さらにその方が、「急に日本をたつことになった日、

K君の好きなおはぎが出たんですが、

さすがにあのときはのどを通らないようでした」と

いわれたときは、張りつめていた気も抜けてしまって、

激しく泣き伏したのでした……。

 


(cry911.jpg)

 

でき上がったおはぎを仏壇の桃の花陰にそっと置いて、

線香をたいているわたしに、

次男の写真が明るく笑いかけていました。

 


(tokkou02.jpg)


(butsudan2.jpg)

 

北村貞子 主婦 福岡市

 (134-136ページ)

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


『戦争とおはぎとグリンピース』
婦人の新聞投稿欄「紅皿」集
編者: 西日本新聞社
2016年7月25日 第2刷発行
発行所: 西日本新聞社

K君は、どういうわけで特攻隊に志願して死んでいったと思う?

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

本当は嫌だけれど、K君は嫌だと言えないまま飛行機に乗せられてしまったのですよ。。。

オマエだったら、どうするゥ~?

だから、デンマンさんがさっき言ったじゃありませんか! 戦争が始まったら、オイラは山の奥に隠れて、小野田少尉のように20年でも30年でも穴倉に隠れて絶対に戦争などしません!

あのさァ~、小野田少尉は戦争が嫌で隠れていたんじゃないのだよ! オマエは、どうして そういう馬鹿な事を言うのォ~?

だったら、K君は、どういう気持ちで特攻隊に志願したのですか?

誰かがやらねばならないとしたら、いずれ自分がやらねばならない時が来る。。。 負ける戦だと判りきっている。。。 遅かれ早かれ死ぬのであれば、今がその時だと思ったわけだよ。。。 そして、少しでも敵艦に体当たりしてお国のためになりたい。。。 今後、日本が負けても、必ずや日本を復興させる人たちが出てくるに違いない。。。 また、そうあって欲しい。。。 そう期待しながら、お母さんのこと。。。、お母さんが作ってくれたおはぎのことを思いながら、敵の戦艦に突っ込んでいったのだよ。。。

だから、どうだと言うのですか?

あのさァ~、オマエのように「クズの虫けらの社会不適合でいてたらいいって誓った人間なんです」と言いながら、「クズの廃人」のままで生きる日本人が出てくると思ったら、馬鹿バカしくなって、K君は無人島でもいいから不時着して、そこで食料が尽きるまで生き抜いたと思うよ。

そうでしょうか?

あのさァ~? 考えてもごらんよ! 3000人以上の若者が特攻隊に志願して死んでいったのだよ! だから、オマエも死んだつもりになって第2の人生を生きるのだよ! 死んだつもりになれば、何だってできるのだよ! ところが、死んでいった人たちには、その機会さえ与えられなかったのだよ!

やっぱり、特攻隊で死んでいった人たちのことを考えないといけませんか?

当たり前だろう! オマエのような小心者がネットで嫌がらせのコメントを書き回って一人で自己満足しているような奴が出てくることを願って死んでいったんじゃないのだよ!


(smilerol.gif)


わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

やはり、仏のデンマンさんは

すばらしいです。。。

オイラが友達もなく、40ヅラさげて

結婚もできずに

狭い部屋に閉じこもっているにも拘らず

一生懸命に記事を書いて

第2の人生を踏み出して

オイラがまともな人間になるように

応援してくれるのです!

もしかすると、村上春樹に代わって

今年の秋にはノーベル文学賞がもらえるかも…

 


(gohou99.jpg)

 

オイラは偏差値30台のクソ大学を

卒業して以来、初めて

生きる喜びを感じています!

もうこうなったら、恥も外聞もなく

天にも舞い上がる気持ちで

スキップしたいと思います。


(smilejp.gif)

わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

ルンルンルン ランランラ~♪~ン

もう一つおまけに

ルンルンルン ランランラ~♪~ン

ああァ~、うれしいなあああァ~。。。

 


(foolw.gif)


馬鹿ですよねぇ~。。。

自分で馬鹿を振りまいているのですよ!

この「現実主義者」は底抜けの

おめでたい愚か者です!

どうして これほどまでに人間は

馬鹿になりきれるのかァ?

僕には、もう付き合いきれません!

明日になれば、この愚か者は

今日のことはすっかり忘れて

また、同じ下らないコメントを書くのですよ!

とにかく、“井の中の蛙”ですから。。。

でも、もしかすると、この馬鹿は

芸能界に入ったら伸びるかもしれません!

おバカ番組に出て

笑いを振りまくと思うのですよ。。。


(laugh16.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

 

ですってぇ~。。。

馬鹿バカしいと思いながらも、最後までよく読んでくださいました。

デンマンさんも喜んでいると思います。

とにかく、ネットには、いろいろと変わった人がいますわァ。。。 

ヴァイアグラを飲みすぎて オツムがイカレた人もいれば、

他人に成りすまして ヤ~らしいコメントを書き込む人もいます。

また、誰彼かまわずに“スパム”を飛ばす嫌われ者もいます。

とにかく、ネットには。。。 特にアメブロには “めちゃキモい”人たちがウヨウヨしています。

まるで得意になって、愚かな事をして遊んでいます。

また、見かけは普通のブログでも、悪徳スパマーが手を変え品を変えて 悪徳サイトへ誘い込もうとしています。

コメントスパムで褒められると、ついついその気になって、相手のブログへ飛んでゆき、お返しに、あるいはお礼にと思って 読者に登録してしまったりするものですわァ。

どうか スパマーの思う壺にはまらないでくださいね。

悪徳スパマーは悪徳サイトへ誘おうと てぐすね引いて待っているのですから。。。

悪徳サイトを利用して、メールアドレスで登録したりすると、あなたのメールアドレスは第3者や第4者に売られてしまう危険性があります。

あなたは、そのようなスパム・コメントや 成りすましスパマーには騙されないと思い込んでいるでしょう?

でもねぇ~、もしかすると騙されているかもよ。。。

とにかく気をつけてくださいね。

次回も、さらに面白い話題が続きます。

あなたも、どうか、また記事を読みに戻ってきてください。

では。。。


(hand.gif)

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『ちょっと心にぐっと来る動物物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』



(spacer.png+betty5de.gif)
(hiroy2.png+betty5d.gif)
『スパマー HIRO 中野 悪徳業者』

 


(hooker08.gif)

■ 『きさ☆51ヶ国訪問中に注意!』

■ 『Xenovisに注意!』

■ 『客室乗務員@ハワイに恋した敦子に注意』

■ 『ハワイに恋した敦子の欺瞞』

■ 『フォロワーになって晒されて…』

■ 『ハワイに恋した敦子の懺悔』

■ 『ハワイに恋した敦子の反省』

■ 『ハワイに恋した敦子ダントツ』

■ 『コスパ最高@悪徳商法』

■ 『つぶちゃんは悪質スパマー』

■ 『つぶちゃんは愚かなスパマー』

■ 『つぶちゃんは悪名高いスパマー』


(yuri03.jpg)

■ 『こーてがにゃんにゃん』

■ 『こーて@ブラックリスト』

■ 『スパマーつぶちゃんの悪戯』

■ 『スパマー平田由里子』

■ 『ハワイに恋したダメな敦子』

■ 『ハワイに恋した愚かな敦子と奈々』

■ 『アフリカ滞在スパマー』

■ 『ミスユニバース悪女』


(bikini901.jpg)

■ 『スパマー横尾真美』

■ 『悪名高い横尾真美』

■ 『ナンパ馬鹿の末路』

■ 『また柏原知美?』

■ 『ネットの異端者』

■ 『ネットの問題児』

■ 『ハフマヌーン帝国の愚劣隊長』

■ 『いいね50回記念』

■ 『ヴァイアグラ馬鹿と小百合パンツ』


(bigcash.jpg)

■ 『聖書バカスパマー』

■ 『大先輩、馬鹿やるの止めて』

■ 『世界一愚かなスパマー』

■ 『デリヘル嬢かずえを探して』

■ 『全財産300万円をせどりに』

■ 『はるかのランジェリー』

■ 『人気のデリヘル嬢』

■ 『悪徳10万円モニター』

■ 『ハヌマーン隊長』

■ 『駐米スパマー』

■ 『柏原知美 再起?』


(bitcoin20b.jpg)

■ 『ビットコインの危険性』

■ 『楽天バカ』

■ 『楽天バカ悪あがき』

■ 『スパム王 カーチス』

■ 『外国美脚サイト』

■ 『馬鹿の起源』

■ 『知性なきたわごと』

■ 『Hiro 中野 せどり スパマー』

■ 『Hiro 中野 せどり 悪徳』

■ 『Hiro 中野 せどり 悪質』

■ 『Hiro 中野 せどり 悪徳業者』

■ 『Hiro 中野 せどり いいね馬鹿』

■ 『悪徳業者に注意!』

■ 『Hiro 中野 せどり 不誠実』

■ 『悪事万里を走る!』


(uncg05b.jpg)

■ 『反知性主義でワロタ』

■ 『リファラスパム』

■ 『ビットコイン馬鹿』

■ 『サムネイル画像』

■ 『読者登録スパム』

■ 『噂の女@香港』

■ 『ビットコイン リファラ』

■ 『悪徳業者 ネット犯罪者』

■ 『心にしみるウンコ』

■ 『性具とビットコイン馬鹿』

■ 『マヒナ奈々 悪徳業者』

■ 『現実主義者との夢の対談』

■ 『現実主義者 馬鹿の見本』

■ 『カーチスの裏技』

ベクトル成城店に注意 悪徳 不誠実 いいねスパマー
(vector2.jpg)

■ 『現実主義者とブログ哨戒隊』

■ 『失われた20年の落し者』

■ 『トラバスパマー』

■ 『哀れで悲惨な現実主義者』

■ 『おめでたい現実主義者』

■ 『現実主義者@グアテマラ』

■ 『現実主義者@5ちゃんねる』

■ 『パクリブロガー look94288』

■ 『味もめんミステリー』

■ 『嫌われる現実主義者』

■ 『ネット犯罪 パクリブロガー』

■ 『ネットで笑われている現実主義者』

■ 『人気リンクスパマー』

■ 『反面教師の現実主義者』

■ 『チョー悪名高い現実主義者』

■ 『スパマー マイケル』

■ 『松永エロパクリ屋』

■ 『スパマー 早川えりこ』

■ 『ブラックリスト追加』

■ 『坑夫と現実主義者』

■ 『人気リンクを狙え!』

■ 『犯罪者 エロ松永』

■ 『タリアセン夫人をパクる』

■ 『世界一愚かな現実主義者』

■ 『中国情報ジャーナル スパマー fukachina』

■ 『ヴァイアグラスパマー』

■ 『村上春樹と現実主義者』


(norma04.jpg)

■ 『スパム女王 ノーマ』

■ 『ビットコイン・リファラスパマー』

■ 『ワールド・スパマー』

■ 『愚かな現実主義者@注目の的』

■ 『ATBコインスパマー』

■ 『迷惑スパマー 早川えりこ』

■ 『自殺と現実主義者』

■ 『樋口一葉と現実主義者』

■ 『悪徳スパマー 早川えりこ』

■ 『犯罪者 悪徳エロ松永』

■ 『美尻ビーナスをパクる』

■ 『スティーブ・ジョッブズと現実主義者』

■ 『悪質スパマー 早川えりこ』

■ 『めれちゃんと現実主義者』

■ 『悪徳エロ松永 犯罪者』

■ 『エロ犯罪者に注目』

■ 『早川えりこ 悪徳スパマー』

■ 『パクリ屋 ネット犯罪 エロ松永』

■ 『リファラスパマー Alexa』

■ 『マーフィーの法則と現実主義者』

■ 『悪徳ページスパマー』

■ 『Badbotスパマー』

■ 『愚かなパクリブロガー』

■ 『馬鹿の見本が読まれる』

■ 『現実主義者とDNA』

■ 『悪徳つぶちゃん再起』

■ 『現実主義者と学歴社会』


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

純毛のズロース

 

純毛のズロース

 


(june510.jpg)


(rengepan2.jpg)


(manila05b.jpg)

デンマンさん。。。今日もふざけていますわねぇ~?


(kato3.gif)

やだなあああぁ~。。。 ふざけてませんよう。 かなりマジですよう。

でも。。。、でも。。。、純毛のズロースなんてぇ~、聞いたことがありませんわァ~。。。

でしょうねぇ~。。。 でも、そういうのがあるのですよ。。。

マジで。。。?

あのねぇ~、バンクーバー市立図書館で借りていた本を読んでいたら次の箇所に出くわしたのですよ。。。

わたいのズロースは純毛

 


(drawers21.jpg)

 

私の知り合いに大へん闊達な氷屋のおかみさんがいた。
年の頃は37,8歳だったろうか。
夏のことで簡単服を着た彼女は客が着たので慌てて階段をかけ下りて来た。

そのとたんに足がすべって仰向けにひっくり返ったので、パンティ (おっとその頃はズロースといった) をはいていないことが暴露した。
それを見たご亭主が怒鳴った。

 


(oyaji002.png)

 

「こら! いくら暑うてもサルマタくらいはけ、サルマタを……」

するとおかみさんは答えた。

わたいのズロースは純毛や!

 


(drawers24.jpg)

 

私はその当意即妙の答えに感心した。

へんなことに感心するやつと思われるかもしれないが、
その答えによっておかみさんの思いがけない部分を見てしまって、
当惑していた者たちは皆、救われたのである。

それから30年近く経つが、私は純毛というとその言葉を思い出す。

 

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


135ページ 『破れかぶれの幸福』
編者: 佐藤愛子
2017年8月15日 第3刷発行
発行所: 株式会社 青志社

。。。で、上の箇所を読んでどういうわけで あたしをお呼びになったのですか?

あれっ。。。 レンゲさんは、忘れてしまったのですか?

何をですかァ~?

じゃあ、レンゲさんが思い出すように、次のリストを見てください。。。


(liv70407b.png)


『拡大する』

『ズロースから乱歩』(PART 1)

『ズロースから乱歩』(PART 2)

 

これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の日本時間で2017年4月6日の午前10時39分から午後6時28分までの約8時間の「生ログ」の一部です。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目してください。。。

あらっ。。。 2017年4月6日の午前11時8分にマイクロソフトの BING で検索して『ズロースから乱歩』(PART 1)を読んだネット市民がいたのですわねぇ~。。。

そうです。。。 実は、札幌市に住んでいる頭路須 蘭太郎 (ずろす らんたろう)君が読んだのです。。。

デンマンさんは、またIPアドレスを調べたのですか?

そうです。。。


(ip205233b.png)

2009年4月にデンマンさんが投稿した記事ではありませんか! もう10年近く昔のことですわァ。。。 忘れてしまうのも当然です。

だから、リストをレンゲさんに見てもらったのですよ。。。 この記事の中で僕とレンゲさんで ズロースと江戸川乱歩について語り合ったのです。。。

それと純毛のズロースと どういう関係がるのですか?

赤いアンダーラインのリファラのリンクをクリックすると次の検索結果が出てくるのです。。。


(bin70407b.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

つまり、「ズロースおばさん」を入れて、頭路須 蘭太郎 (ずろす らんたろう)君は、純毛のズロースを穿いたおばさんを探していたのですか?

そういうことです。。。

でも、ガッカリしたでしょうねぇ~。。。 純毛のズロースを穿いたおばさんは出てきませんわァ~。。。

だけど、頭路須 蘭太郎 (ずろす らんたろう)君は 満ち足りた気持ちで記事を読んだのですよ。。。

それはどういうわけですか?

蘭太郎 (ずろす らんたろう)君は『ズロースから乱歩』(PART 1)を読んだ後で(PART 2)も読んだ。。。 そして、その記事の中でレンゲさんのズロースおばさん姿に出会ったのですよ!

「エログロナンセンス」の時代特有の、

妖しげな表現に魅せられました。

2007-04-13 13:53

 


(renge37.gif)

 

デンマンさん
わたしの言う「エロい」は、
やはり少々お下品だったかな?
この表現って、
わたしにとっては「ギャグ」に近いんですよ
わたしは関西人のなかでも特に?
ウケをねらう傾向が強すぎるものでして、
必要以上に自分をコミカルにデフォルメするという、わるーい癖があるんですよね

で、回答へとまいりますね。。。

江戸川乱歩全集に関してですが、
とにかく横尾氏のイラストが、
エロチックだったのです。


(yoko02.jpg)

幼いころから、女性の肉体の美しさに
強烈に魅了されていたわたしは、
偉大な画家たちの描く裸婦や、
女性のヌード写真を見て
「わたしも早くこんな風にキレイになりたいなあ!」
と、成熟へのあこがれを強く感じていました。

乱歩の作品自体については、
「エログロナンセンス」の時代特有の、
妖しげな表現に魅せられました。


(chair69.jpg)

「人間椅子」での、愛する女性のソファに、
自ら入り込み、悦楽にひたる男の異常な愛などは、
「家畜人ヤプー」に通じるものがあり、
それはむしろ、純粋なものすら感じました。

そういえば…
乱歩の時代のことが知りたくて、
おばあちゃんに
(今は亡き愛するおばあちゃんです!)

「見世物小屋行ったことある?」
「衛生博覧会って、どんなんやった?」
などと、聞きまくっていたものです

「チャタレイ夫人の恋人」ですが…
ぶっちゃけエロい箇所の拾い読み、
というのが事実です!

だってねえ…あの小説の大半は、
ロレンスの思想の
展開だと思いませんか?

小学生のわたしに、そんなものを理解できるような
知性も理解力もなかったっす…
で、大人になってから読み返したのですが、
森の番人の野卑でありながらも、
深い洞察力に満ちた性格に、
恋愛感情にも似た気持ちを感じました。
おまけに、セックスは上手ですしね(キャー!)

女性が自らの性欲を恥じる必要など
ないということを、
わたしは少女時代に、
あの小説によって知ったのかもしれませんね。

フロイトも、ヒステリーの原因は、
性的欲求不満であると、言ってましたよね?

セックスとは、
愛を基盤とした自由なものであるべきだと、
わたしはずーっと信じてます!

 

by レンゲ


『おばさんパンツ (2007年10月6日)』より

 

そこまで人を駆り立てる物って

何なんだろう?


(renge94.gif)

2005/01/08 01:28

 

わたしは「家畜人ヤプー」の
沼 正三氏を思い出す。
彼の思い描いた壮大なユートピア。

イマジネーションとリビドーが
彼を書かずにはおかせなかったのだろう。

彼は夜な夜な
そのイメージの世界へと旅立ち、
恍惚の笑みを浮かべ、
自分が創り出した女神たちに奉仕し、
虐げられていたのだろう。


(yapuh1.gif)

表の顔とのギャップが大きいほど、
秘められた場所での彼の悦びも、強く、
刺激的になり、
仮想ユートピアも、あざやかに、
現実のものとなっただろう。

それは、彼の知性が高かったために、
そのような壮大な世界を
得ることができたのであって、
凡人ならば、実際に血の通った“女神”を必要とするのだ。

ユートピアといえば、トマス・モアを思い出すが、
彼は自分のおかれている現実にたいして
多くの不満を持ち、
そのうち想像と妄想を結実させ、あの作品を書いた。

人の欲望、不平、不満は、時に妄言などを生み出し、
何らかの「アンチ」な行動に向かわせる。

それが社会を動かす力となるか、
ただの変人呼ばわりで終わるかは、
本人の死後、評価が決まるかもしれない。


(renge506b.png)

 

by レンゲ  


『ズロースから乱歩』(PART 2)より

『性と愛と負の感情 (2006年7月2日)』にも掲載。

この本を読んでみたい人は次のリンクをクリックすると紹介サイトへアクセスできます。
■ 『「家畜人ヤプー」紹介ページ』

すぐ上の ズロースおばさん姿ですよう。。。

それだけのことで 頭路須 蘭太郎 (ずろす らんたろう)君は 満ち足りた気持ちになったのですかァ~?

もちろん、それだけではありません。。。 レンゲさんが意外に知的で洗練されている知性を兼ね備えていることに蘭太郎君は感心してしまったのですよう。。。

それを あたしに信じろとデンマンさんは おっしゃるのですかァ~?

その通りです。。。 昔の人は“信じる者は救われる!”と言いましたからねぇ~。。。 だから レンゲさんも僕の言うことを信じて 救われてくださいねぇ~。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。

あなたはズロースおばさんに愛着を感じますかァ~。。。?


(june510.jpg)

 

ジューンさんのズロースおばさん姿には、確かに人の心を惹きつける魅力がありますわァ~。。。

実は、あたくしにも隠された魅力があるのでござ~ますわァ~!

ええっ。。。 信じられないと言うのでござ~ますかァ?

じゃあ、ちょっと次の検索結果を見てくださいまし。。。


(gog60409a.png)

『拡大する』

『現時点での検索結果』

「卑弥子 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわァ~。。。

うふふふふふふ。。。

あなたも、ビックリするでしょう?

ジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわよ。


(buttdimp5.jpg)

どうでござ~ますかァ?

ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?

どうしてよう?

ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ~ますかァ~?

あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、

最後には上のようなおヌードになるのですわよう。

信じてくださいましなァ~。。。

ところで、話は変わりますけれど、

かつて、レンゲさんの親友の めれんげさんは 一生懸命にブログを更新していたのでした。

でも、時には、他のことに夢中になって、会費を滞納したことがあったのでござ~ますわァ。。。

そのために、サイトを削除されてしまったのです。

それでも、2013年の6月にライブドアで『即興の詩』サイトを再開しました。

めれんげさんの『即興の詩』サイト

再開して間もないのに 検索結果 3,960,000件中の 9位に躍り出るなんてすごいですよねぇ~。。。


(gog30703.gif)

『現時点での検索結果』

現在、めれんげさんは お休みしています。

でも、これからも、ブログを通して「愛のコラボ」を続けて欲しいですよねぇ~。。。

かつて めれんげさんの「即興の詩をはじめました!」の『極私的詩集』サイトは 次の検索結果で見るようにトップを占めていたのです。


(gog30928a.png)

また、ブログを更新して トップに返り咲いて欲しいものです。

ところで あなたは「どうしたら、上位に掲載されるのォ~?」と考えているかもしれません。

その秘訣を知りたかったらデンマンさんが面白い記事を書いていますわ。

次のリンクをクリックして読んでみてください。


(seo001.png)

『おばさんの下着に見るSEO』

話は変わりますけれど、めれんげさんは可愛い猫を飼っています。

あなたも、猫ちゃんを飼っていますか?

ええっ。。。 ワンワンちゃんを飼っているのですか?

そういえばデンマンさんが『ワンワンちゃん』という面白い記事を書いていました。

気が向いたら下のリンクをクリックして読んでみてください。


(dog202.jpg)

『ワンワンちゃん』

とにかく、次回も興味深い話題が続きます。

あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。

では、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事


(linger49.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(rengfire.jpg)

『SM家畜女』

『めれちゃんと倉持由香』

『肥後ずいきdeビックリ』

『めれちゃん@画像検索』

『めれちゃん@富士山』

『目覚めぬ夢』

『熱烈なファンの軌跡』

『花火とロマン』

『恋に染められ』

『恋に染めごろう』


(sayuri201.jpg)

『皆さん、ありがとう』

『メリエスの銀河鉄道』

『今年こそ自殺したい』

『その手に抱かれ』

『愛と性の秘められた物語』

『シビル・セリグマンと横尾真美』

『石川の郎女@ドイツ』

『目覚めぬ夢なの』

『目覚めぬ夢@プエルトリコ』

『家畜人ヤプー 性と愛』

『美尻を探して…』

『ズロースと乱歩』

『平成悲話』


(rengfire.jpg)

『パンツが並んだ』

『禁忌の愛を探して』

『淫らな恋を探して』

『オッパイ@アクセス数』

『熱狂的なファンのぬくもり』

『愛と心の構造探して』

『初めての接吻』

『夫婦de風呂』

『私を見つけたのね』

『や~らしか方言@坊さん』

『エロ文学』

『五重塔で心中』

『綺麗な写真に魅せられて』


(renge62e.jpg)

『双头爱染明王』

『性具@バンコク』

『愛de擬人法』

『ネットde世界』

『細川ガラシャと病める日本』

『愛と性の悦び』


(babdol6.jpg)

『ハレンチ@日本』

『ハレンチde日本』

『永遠の愛を探して』

『永遠の愛よね』

『yapoo家畜便器污』

『電脳海豚』

『死に誘われて』

『愛と心の構造なのね』

『愛の心が広まる』

『いとしき言霊』


(kimo911.jpg)

『カミュを読みたい』

『日本の神話』

『素敵な人』

『吉祥天に恋をして』

『ウィルスアタックだ!』

『めれちゃん、ありがとう!』

『萌える愛長歌』

『思い出のハロウィン』

『萌える愛』

『愛の死刑囚@バルセロナ』

『愛の地獄なのね』

『淫らな恋なのね』

『愛の構造』


(june06.jpg)

こんにちはジューンです。

バンクーバーでは例年に無い暑さを記録しました。

1960年7月30日に記録した33.3度を破って

今年の7月30日に 33.8度を記録したのです。

でも、日本の暑さと比べれば

たいしたことはありませんよね。

Hottest Day Ever Recorded

in Vancouver

Source: The Canadian Press
Posted: 07/30/09 8:09AM
VANCOUVER, B.C.


(june08c.jpg)

The city of Vancouver has registered its hottest day on record.

Environment Canada says a temperature of 33.8 C was recorded at Vancouver airport on Wednesday, shattering the previous high of 33.3 C that was set in 1960.

“A very strong ridge of high pressure is currently dominating all of B.C.,” said Gary Dickinson, a meteorologist with Environment Canada.

“The ridge of high pressure also brought up from the south very warm air, which was responsible for the record-breaking temperatures.”

ところで、今日は8月7日ですけれど、

最高気温は18度でした。

夏というよりも、もう秋という感じです。

わずか1週間しか経っていないのですが

変われば変わるものです。

あなたの地方では、いかがですか?

まだまだ暑さが続いているのでしょう?


(valent1.gif)

話は変わりますが、

デンマンさんがレンゲさんの記事を集めて

一つにまとめました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

■ 『最近のレンゲ物語 特集』


(wildrose.jpg)

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。


(bikini84b.jpg)


(kissx.gif)