マイケル・ティペット

 

マイケル・ティペット

 


(tippett2.jpg)


(music987.jpg)


(ireba03.jpg)


(laugh16.gif)


(ohta03.png)

デンマンさん。。。、最近、クラシックにハマっているのですかァ~?


(kato3.gif)

僕はクラシックは、どちらかと言えば苦手なんだよ。。。

それなのに、どういうわけで、最近オイラと たびたびクラシックを鑑賞するのですか?

オマエは不満なのォ~?

いいえ。。。 デンマンさんと共にクラシックを鑑賞することができるなんてぇ~、天にも昇るような気持ちですよ。。。 この際、スキップして喜んでもいいですか?


(smilejp.gif)

あのさァ~、いくらなんでも、それはオーバーじゃないのォ~? オマエが以前のようにスキップして喜んだら、この記事を読みにやって来たネット市民の皆様が呆れて他のブログへ飛んでしまうのだよ!

分かりました。。。 じゃあ、スキップして喜びたいのですけれど、デンマンさんが そのように言うのであれば、じっと我慢したいと思います。。。で、いったいどのクラシックの曲を鑑賞するのですか?

オマエが“後奏曲集”の中で書いていた記事から選んだのだよ。。。 ちょっと読んでごらんよ!

 

A.15 Michael Tippett (1905 – 1998)

家内の誘いで、友人夫妻と共に、産卵に川を上る鮭を見に行く。時既に遅く、前夜の雨のせいか茶色に濁った川の中に、泥にまみれた魚の死体が数多く見られたのに過ぎなかった。その腐臭に潮の匂いが混じっているのは、それらが海から来たが故の名残か。ここ、Torontoも隣のMissisaugaも海から遠く離れた北米の内陸なのに。
そこに、性の、生殖の虚しさを感じる私には、何かが欠落しているのであろうか。私には、性とは、ただ存在するだけのもので、理由づけされ得るものでは無い、と思われるのである。性とは、ただ、物体の太古以来の衝動のようなものであり、解釈の彼方にある、と思われるのである。しかし、精神と肉体の二元論を斥けて、なおかつ、何ものかを、何ものでも肯定することは、困難なことである、と思う。
さて、軍事資本主義超大国のUSAを遙かに超える版図のうえに、世界中を荒らしまわり略奪して疲弊させたUKは、H. Purcellを例外として、ついに、未だかつて、何ら音楽(史)の上に貢献することがなかったのではないか。古くは、衰弱したRenaissanceの音楽に過ぎないW. Byrdの、近くは、超保守的な<現代>の作曲家B. Britten、更には、既に実験済みの手法の寄せ集めを超えることのないM. Tippettの作品が、何とか、数えられるのみであろう。
そのTippettの<<King Priam>>を聴こう、という気持ちになったのは、ひとえに、Priamの姿、Hectorを惨殺したAchillesに身代金を携えて愛息の屍を乞いに行く父親の姿、というのが気になったからであった。音楽については、何と聴き易い<現代音楽>か、という以上の感想はもち得ないのであるが、筋書きには過不足なく調和していると感じられた。特にAchillesが登場する場面でのギターの採用やHecubaのヴァイオリン、Andromacheのチェロなどに見られる、聴かれるように、楽器の使用上の効果には、興味をそそられる処が多かった。もっとも、I. Stravinskyは、―― ある作品について、最初に目につくものが楽器法である、というのは、良い徴候ではない、それに、楽器法で人目を引くような作曲家は、…… 最上級の作曲家ではない、と言っていたが(Conversation with I. Stravinsky, Stravinsky and Robert Craft, 1959)。
この作品の筋書きは、要するに、ParisとHelenのerosの後始末である。多くの文芸作品においてerosの問題は、不可知論で終わっている。オペラに限ってみても、<<King Priam>>の台本はTippett自身によるものであるが、C. Monteverdiの<<L’ incoronazione di Poppea>>から一歩でも先を行くものではない。Mirror upon mirror mirrored等の言葉は、erosと運命を短絡した台詞にすぎなく、単なる思わせぶりであろう。それに、ここでの音楽は、mirror mirroredに必要な精緻さに及んではいないではないか。ちなみに言えば、A. Bergの<<Lulu>>の肖像画の方が、単純に象徴としての役割、音楽に於ける意味を効果的にく表出している、と私は思う。
文学を含めての一つの作品の中で、そこに盛られた、或いは、紛れ込んだ哲学(紛い)の思考水準での価値判断は避けるべきである、ということぐらいは、私ですらも弁えているつもりである。それでなければ、例えば、あの<源氏物語>は、その価値の大半を失うことになるではないか。私は、しかしながら、ただ、作品が紛い物の哲学らしきものに侵入されたときにだけ途惑うのである。私は、ただただ、例えば、<浮舟>に、今は、もはや、本名も知られていない作者の自己投影を読み取っているのである。
W. Shakespeareの<<King Lear>>は、財産と、それに伴う権力を二人の娘に譲渡したが、Tippettの<<King Priam>>は、権力に伴う為政者としての責任を放棄している(第一幕第二景)。それでは、それ故に、HecubaやAndromacheはおろか、Parisでさえ浮かばれなくなるのである。登場人物を批判することは、台本作家を批判することにはならないにしても、この作品の台本作家兼作曲家は、登場人物以上に無責任である。Priamは、既に、他の惑星の空気(草子地:この地球以外に空気のある惑星があったっけ。)を吸っている、とのことである。
とは言え、AchillesとPriamが、各々自分の運命、宿命を前にして酒を酌み交わす場面は感動的であった。

蛇足 (コーダ):
その後、別の小川の清流で、釣り人に釣られた鮭が、その瞬間、射精したのを見た。性は、どこかで、死につながってはいないか。清流に映る紅葉が、静まり返って美しかった。


135-136ページ
『後奏曲集―後書きばかり-作品 3』より

デンマン注: 太田将宏が会費を払うのを忘れたので、この記事は削除されました。

 

振り返ってみると、デンマンさんと共にクラシックを鑑賞するなんて今年になってから10度目のことですねぇ~。。。

確かに、そうなんだよ! でもさァ~、オマエの上の文章は とにかく読みづらいのだよ! おそらく、この記事を読み始めたネット市民の皆様の半分以上が、オマエの読みづらい文章を途中まで読んで 他のブログへ飛んでしまったと思うよ!

それほどオイラの文章は悪文でしょうか?

オマエの文章ほど読みづらい悪文を 僕は他に見たことがない!

マジで。。。?

僕には、到底、オマエの文章を最後まで読む気になれず、仕方がないから次のように楽しく、面白く読めるように編集し直したのだよ。。。 オマエも読んでごらんよ。。。

 

A.15 マイケル・ティペット


(tippett2.jpg)

    (1905 – 1998)

 

家内の誘いで、友人夫妻と共に、産卵に川を上る鮭を見に行く。
時既に遅く、前夜の雨のせいか茶色に濁った川の中に、泥にまみれた魚の死体が数多く見られたのに過ぎなかった。
その腐臭に潮の匂いが混じっているのは、それらが海から来たが故の名残か。

ここ、トロントも隣のミシサガも海から遠く離れた北米の内陸なのに。

そこに、性の、生殖の虚しさを感じる私には、何かが欠落しているのであろうか。
私には、性とは、ただ存在するだけのもので、理由づけされ得るものでは無い、と思われるのである。

性とは、ただ、物体の太古以来の衝動のようなものであり、解釈の彼方にある、と思われるのである。
しかし、精神と肉体の二元論を斥けて、なおかつ、何ものかを、何ものでも肯定することは、困難なことである、と思う。

さて、軍事資本主義超大国のアメリカ合衆国を遙かに超える版図のうえに、世界中を荒らしまわり略奪して疲弊させたイギリスは、ヘンリー・パーセルを例外として、ついに、未だかつて、何ら音楽(史)の上に貢献することがなかったのではないか。

古くは、衰弱したルネッサンスの音楽に過ぎないウィリアム・バードの、近くは、超保守的な<現代>の作曲家ベンジャミン・ブリテン、更には、既に実験済みの手法の寄せ集めを超えることのないマイケル・ティペットの作品が、何とか、数えられるのみであろう。

そのマイケル・ティペットの<<プリアモス王>>を聴こう、という気持ちになったのは、ひとえに、プリアモス王の姿、ヘクターを惨殺したアキレスに身代金を携えて愛息の屍を乞いに行く父親の姿、というのが気になったからであった。

音楽については、何と聴き易い<現代音楽>か、という以上の感想はもち得ないのであるが、筋書きには過不足なく調和していると感じられた。

特にアキレスが登場する場面でのギターの採用やヘカベのヴァイオリン、アンドロマケのチェロなどに見られる、聴かれるように、楽器の使用上の効果には、興味をそそられる処が多かった。

もっとも、イーゴリ・ストラヴィンスキーは、「ある作品について、最初に目につくものが楽器法である、というのは、良い徴候ではない、それに、楽器法で人目を引くような作曲家は、…… 最上級の作曲家ではない」と、言っていたが(『イーゴリ・ストラヴィンスキーとの対話』 Stravinsky and Robert Craft, 1959)。

この作品の筋書きは、要するに、パリスとヘレネのエロスの後始末である。
多くの文芸作品においてエロスの問題は、不可知論で終わっている。

オペラに限ってみても、<<プリアモス王>>の台本はマイケル・ティペット自身によるものであるが、クラウディオ・モンテヴェルディの<<ポッペーアの戴冠>>から一歩でも先を行くものではない。

「セネカやポッペーアの邸宅内の部屋に鏡がふんだんに使われている」等の言葉は、エロスと運命を短絡した台詞にすぎなく、単なる思わせぶりであろう。
それに、ここでの音楽は、「鏡張りの部屋」に必要な精緻さに及んではいないではないか。

ちなみに言えば、アルバン・ベルクの<<ルル>>の肖像画の方が、単純に象徴としての役割、音楽に於ける意味を効果的にく表出している、と私は思う。

 


(lulu01.jpg)

 

文学を含めての一つの作品の中で、そこに盛られた、或いは、紛れ込んだ哲学(紛い)の思考水準での価値判断は避けるべきである、ということぐらいは、私ですらも弁えているつもりである。
それでなければ、例えば、あの<源氏物語>は、その価値の大半を失うことになるではないか。

私は、しかしながら、ただ、作品が紛い物の哲学らしきものに侵入されたときにだけ途惑うのである。
私は、ただただ、例えば、<浮舟>に、今は、もはや、本名も知られていない作者の自己投影を読み取っているのである。

シェイクスピアの<<リア王>>は、財産と、それに伴う権力を二人の娘に譲渡したが、

マイケル・ティペットの<<プリアモス王>>は、権力に伴う為政者としての責任を放棄している(第一幕第二景)。
それでは、それ故に、ヘカベやアンドロマケはおろか、パリスでさえ浮かばれなくなるのである。

登場人物を批判することは、台本作家を批判することにはならないにしても、この作品の台本作家兼作曲家は、登場人物以上に無責任である。
プリアモスは、既に、他の惑星の空気(草子地:この地球以外に空気のある惑星があったっけ。)を吸っている、とのことである。
とは言え、アキレスとプリアモスが、各々自分の運命、宿命を前にして酒を酌み交わす場面は感動的であった。

 

蛇足(コーダ):

 

その後、別の小川の清流で、釣り人に釣られた鮭が、その瞬間、射精したのを見た。


(salmon9.jpg)

性は、どこかで、死につながってはいないか。

清流に映る紅葉が、静まり返って美しかった。


135-136ページ
『後奏曲集―後書きばかり-作品 3』より

デンマン注: 太田将宏が会費を払うのを忘れたので、この記事は削除されました。

 

デンマンさん。。。、オイラの家内を持ち出してきて、またオイラを侮辱しようとしているのですか?

いや。。。 僕がオマエの奥さんのことを持ち出したのではなくて、オマエが記事の中で、止せばいいのに、また奥さんを持ち出してきて鮭が遡上するのを見に行ったと書いているのだよ!

つまり、今日もクラシックの鑑賞というタイトルを掲げながら、クラシックのことよりもオイラとワイフの関係について、とやかく言うのですか?

言われるのがいやなら、クラシック鑑賞に関係のない奥さんの事を持ち出すなよ!

関係ありますよ。。。 家内と一緒に鮭が遡上するのを見に行って、オイラには思うところがあったのです。。。

うん、うん、うん。。。 オマエは次のように書いている。。。

 


ここ、トロントも隣のミシサガも

海から遠く離れた北米の内陸なのに。

そこに、性の、生殖の虚しさを感じる私には、

何かが欠落しているのであろうか。


(heckel2.jpg)

私には、性とは、ただ存在するだけのもので、

理由づけされ得るものでは無い、

と思われるのである。

 

この箇所がデンマンさんの関心を呼び起こしたのですかァ?

その通り!

どういう風に。。。?

かつてオマエは次のように書いていた。

 

恋愛は、年頃の男女が肉体に

触発された心理現象?


(tantra20.jpg)

音楽は、けっして、世界共通の言語などではない。
異なる時代にも亘る言語ですらなかった。

それでは、ヨーロッパ音楽の伝統とは、
そもそも、いったい何であったのだろうか。

小澤征爾が言っていたことであるが、彼が若い頃、
東洋人がヨーロッパの音楽をする意味、
可能性について問われたとき
(そういうことを聞く田舎者が
世界のどこにもいるものである。)、

音楽は、世界の共通の言語であるからと、
(当たり障り無く)返事をしていたところが、近頃では、
何か自分が壮大な実験をしているのではないか、と思うようになってきたそうである。

壮大な実験、これは、彼だけのことではないであろう。
ようやく我々が西洋音楽を扱うことに関して
欧米(を超える)水準に達した今日の、この倦怠は何であろう。

かといっても、我々が邦楽に戻るなどとは、
一般的にいって、非現実的であり、できない相談である。
バスク語を話せ、と言われた方が、まだしも抵抗が少ないのではないか。

(中略)

いつだったか、小澤征爾と H.V.Karajanの指揮する M.Ravel の
“Bolero” を聞き比べたことがあった。

小澤の演奏は、英語で言う too square であったが、
Karajanのそれは、なんとも sexyで妖艶ですらあった。
フランス人でもないのに。
やはり、小澤のような指揮者でさえ日本人では及びがたいところが今なおある。

(中略)

わたしは、何々至上主義、といったものが嫌いである。
例えば、恋愛至上主義。

大体、恋愛感情などというものは、ある年頃の男女が肉体に触発された心理現象にすぎないのではないか。
そもそも、成熟した夫婦が、夫婦であるのにもかかわらずに仲が良い、などというのは、どこか異常ではないか。
長い間、生活を共にしていて、まだ互いにsexualityを感じたとしたならば、それは近親相姦に近くはないか。


J.S.Bach は、
前妻、後妻と共に仲が良かった様子であるので、
私はここを書いていて、少し、困っているが。

芸術至上主義も同じ。
人生は芸術を演出する時空ではない。


(jsbach02.jpg)


pages 5 & 6 間奏曲集 (主題なき変奏) その2
著者: 太田将宏
初版: 1994年1月 改定: 2006年6月


『老人の性と太田将宏』より
(2016年8月20日)

 

この上の文章を引用してデンマンさんは、いったい何が言いたいのですか?

あのさァ~、オマエはセクシュアリティに、つまり、性愛にロマンを見ることができないのだよ!

そうでしょうか?

だってぇ~、オマエは次のように書いていた。

 

性の、生殖の虚しさを感じる私には、

何かが欠落しているのであろうか。

私には、性とは、ただ存在するだけのもので、

理由づけされ得るものでは無い、

と思われるのである。

 

オマエは「性の、生殖の虚しさを感じる私には、何かが欠落しているのであろうか?」と、自分に疑問を投げかけているけれど、確かに、オマエには性愛にロマンを見出せないという欠陥があるのだよ!

そうでしょうか?

だから、オマエは上のパッセージで「そもそも、成熟した夫婦が、夫婦であるのにもかかわらずに仲が良い、などというのは、どこか異常ではないか。 長い間、生活を共にしていて、まだ互いにsexualityを感じたとしたならば、それは近親相姦に近くはないか!」というような愚かな事を恥ずかしげもなく書いている。

やっぱり、こういう事を書くのは恥ずかしいことなのですか?

あのさァ~、かつてオマエは「昨今、自分史などを書いている人がいる、と聞いているが、いい気なものだ」と、書いていた。 ところが、上の文章に見るように、オマエも意識せずに「自分史」を文章の中に散りばめていたのだよ! オマエは、むしろ僕以上に家族を通して自分自身の事を 無意識に語っていたのだよ!

要するに、デンマンさんは オイラが家内の事を持ち出しながら、自分自身の事を書いていると言いたいのですか?

その通りだよ! 実際、オマエは「そもそも、成熟した夫婦が、夫婦であるのにもかかわらずに仲が良い、などというのは、どこか異常ではないか。 長い間、生活を共にしていて、まだ互いにsexualityを感じたとしたならば、それは近親相姦に近くはないか!」というような愚かな事を恥ずかしげもなく書いているのだよ!

デンマンさんは、セクシュアリティにロマンを見ているのですか?

その通りだよ。。。 だから、バッハが前妻、後妻と共に仲が良かったことが僕には理解できる!

マジで。。。?

ただ、オマエが「性は、どこかで、死につながってはいないか!?」と単純に観察したことは、実は、奥深いところで正しのだよ。。。

やっぱり、オイラは正しことを言ったのですか?

そうだよ。。。 オマエは聞いた事がないと思うけれど、オマエの奥さんも性愛の絶頂期を体感した時には「死ぬゥ~! 死ぬゥ~!」と言いながら歓喜に体を痙攣させるのだよ!

マジで。。。?

オマエは見たことがないだろう?

ありません!

デンマンさんは、オイラの家内が 「死ぬゥ~! 死ぬゥ~!」と言いながら歓喜に体を痙攣させるのを見たことがるのですかァ~?

当たり前田のクラッカー!

 


(maeda01.jpg)

 

デンマンさん! こういう真面目な時に、下らないギャグを持ち出すなんて、オイラをとことん、完全に、完膚なきまでに侮辱してますゥゥゥゥウウウウウウウウウウウウ!

そんなにムキになるなよゥ。。。 夢で見た話をしただけだよ!


初出:『クラシック鑑賞10』(2018年3月18日)


(laugh16.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。

ずいぶんと きわどい話をして、デンマンさんは太田さんをからかっていますわァ~。。。

これまでにも、デンマンさんは太田さんについて

しばしばコケにした記事を書いて

ネット上にアップしたので、

太田さんは次のサイトで抗議録を公開したのです!


(kogiroku9.png)

『実際の抗議録』

デンマン注:しかし太田将宏が上の抗議録を掲載したサイトは消滅してしまいました!

 

デンマンさんも上の抗議録を読んで ムキになって反論しています。

『嘘を書く日記』

 

太田さんは、これに対しては反論ができないのか、それ以降 無言で通しています。

でも、そのうち 忘れた頃にまたコメントを書き込むかもしれません。。。

あなたは、どう思いますか?

とにかく、ネットには “めちゃキモい”人たちがウヨウヨしています。

太田将宏さんは、まだ良い方ですわ。

中には、まるで得意になって、愚かな事をして遊んでいる オツムの足りない人たちがたくさん居ます。

また、見かけは普通のブログでも、悪徳スパマーが手を変え品を変えて 悪徳サイトへ誘い込もうとしています。

スパムコメントで褒められると、ついついその気になって、

相手のブログへ飛んでゆき、お返しに、あるいはお礼にと思って

読者に登録してしまったりするものですわァ。

どうか スパマーの思う壺にはまらないでくださいね。

悪徳スパマーは悪徳サイトへ誘おうと

てぐすね引いて待っているのですから。。。

悪徳サイトを利用して、

メールアドレスで登録したりすると、

あなたのメールアドレスは第3者や第4者に売られてしまう危険性があります。

あなたは、そのようなスパム・コメントや 成りすましスパマーには

騙されないと思い込んでいるでしょう?

でもねぇ~、もしかすると騙されているかもよ。。。

とにかく気をつけてくださいね。

次回も、さらに面白い話題が続きます。

あなたも、どうか、また記事を読みに戻ってきてください。

では。。。


(hand.gif)

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる


下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『ちょっと心にぐっと来る動物物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』


(yuri02.jpg)

■ 『相変わらず馬鹿か?』

■ 『馬鹿やめたのね?』

■ 『馬鹿やめて久しぶり』

■ 『馬鹿やって人気?』

■ 『悪事千里を走る』

■ 『悪縁を断つ』

■ 『失意の太田将宏』


(hooker08.gif)

■ 『悪縁を切れ!』

■ 『心の平穏』

■ 『レモンと孤独な老人』

■ 『乙女の祈りと老人』

■ 『ピアノとお座敷老人』

■ 『孤独で寂しい太田将宏』


(yuri03.jpg)

■ 『クラシックを愛すれど』

■ 『女性を愛せない老人ボケ』

■ 『ボダとキレた老人』

■ 『母という病』

■ 『日本人は嘘つき』


(satomi02.jpg)

■ 『マジでピッタリ!』

■ 『成りすまし老人』

■ 『バカな大人にならない』

■ 『成りすまし老人の告白』

■ 『だまそうとする老人』

■ 『バカの壁の増設』

■ 『ウソの雪ダルマ』

■ 『知らずの自分史』

■ 『新渡戸稲造と太田将宏』

■ 『ショーペンハウエルと太田将宏』

■ 『ホーキング博士と太田将宏』

■ 『加藤清正と太田将宏』

■ 『老人の性と太田将宏』

■ 『ノブレス・オブリージュと太田将宏』

■ 『世渡りの道と太田将宏』

■ 『フェアプレーと太田将宏』

■ 『ネット恋愛と太田将宏』

■ 『日本語と太田将宏』

■ 『坊主の袈裟と太田将宏』


(hokusai08.jpg)

■ 『葛飾北斎と太田将宏』

■ 『女の性的飢餓感』

■ 『敵に塩を送る』

■ 『虚構とウソ』

■ 『手紙と絶交』

■ 『短気は損気』

■ 『不思議な日本語』

■ 『乙女の祈りだわ』

■ 『自作自演じゃないよ』

■ 『マリリンdeアイドル』

■ 『マリリンに誘われて』

■ 『かい人21面相事件』

■ 『悪名と名声』

■ 『嘘を書く日記』

■ 『増長慢』

■ 『自然に耳を傾ける』

■ 『老人極楽クラブ』

■ 『伯母と叔母』

■ 『民主主義とロックンロール』

■ 『後奏曲集@危険』

■ 『女3人で姦しい』

■ 『クラシック鑑賞 1』

■ 『クラシック鑑賞 2』

■ 『クラシック鑑賞 3』

■ 『クラシック鑑賞 4』

■ 『クラシック鑑賞 5』

■ 『クラシック鑑賞 6』

■ 『クラシック鑑賞 7』

■ 『クラシック鑑賞 8』

■ 『クラシック鑑賞 9』

■ 『クラシック鑑賞 10』


(juneswim.jpg)


『きれいになったと感じさせる


下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』


(byebye.gif)

想い出のバーナビー

想い出のバーナビー

 

(metrot8.jpg+sayuri5.gif)

デンマンさん。。。バンクーバーに無事に着きましたァ〜?


(kato3.gif)

ハイジャックされるような事故もなく無事に着きましたよ。。。コロナの影響で乗客は新型コロナ前の4分の1もいませんでした。。。

バンクーバーの天気はどうでした?

11月10日の午前9時20分にバンクーバー空港についたのだけれど、霧雨が降っていて気温は4度でしたよ。。。成田は、おそらく12度ぐらいでしょう。。。6度から8度ほど気温が低いです。。。

でも、雪が降ってなくてよかったですね。。。

そうです。。。北海道や東北の日本海側では雪が振り始めていたけれど。。。バンクーバーは、まだ雪が降るほど寒くないので、行田市に滞在していた頃と比べて それほど寒いという感じではありません。。。

1ヶ月はまたたく間に過ぎてしまったという感じですね。。。

そうですねぇ〜。。。過ぎてしまえば、“光陰矢の如し”という感じですよ。。。でも、想い出は末長く僕の胸の中にとどまりますよ。。。

 


(cresson.jpg)


(nasu10b.jpg)


(nasudake3.png)


■ 『ハルヴァ@行田』

■ 『バーベキュー@那須』

■ 『クレッソン@那須』

 

小百合さんのおかげで いろいろと楽しい思い出ができました。。。来春はゴールデンウィークに小百合さんがバンクーバーにやって来てくださいよ。。。

でも、それまでに新型コロナは収束しているかしら?

収束していない現在でも僕はバンクーバーから行田市に帰省しましたからね。。。

デンマンさんは例外ですわ。。。陰性証明書を持ってこなかったので書類不備で強制送還を命じられそうになったのでしょう?

そうです。。。そうです。。。僕はたまたま日本国籍を抹消してなくて二重国籍だったので、戸籍抄本を弟からファクスで成田の入国管理事務所に送ってもらって、特例で入国させてもらったのですよ。。。

だから、私が収束前にバンクーバーに行ったら14日間隔離されてしまいますわァ〜。。。

そうでしょうねぇ〜。。。

新型コロナが収束するまで待ちますわ。。。

いつになるか分かりませんよ。。。

でも、この状態が永遠に続くということはありませんわ。。。人類だって、いつか滅亡するでしょう。。。それに、この地球だって、いつか太陽が膨張して飲み込まれて消滅してしまうと言うではありませんか!

確かに地球も5000億年後には無くなるでしょう。。。でも、そこまで考える必要はありませんよ。。。そうなるかもしれないけれど、だからこそ、短い人生の間にルンルン気分で楽しく幸せに暮らすべきなんですよ。。。

そうですわね。。。

ところで、しばらく前の記事を読んでいたら2007年の小百合さんのメールを見つけましたよ。。。

 

Subj: RE: 長い電話お疲れ様でした。
Date: 01/10/2007 1:52:14 AM
Pacific Daylight Saving Time
日本時間: 10月1日 午後5時52分
From: fuji@adagio.ocn.ne.jp
To: barclay1720@aol.com

長い電話お疲れ様でした。
良くわかりました。

経理をしなくてはいけない。
それも13年分。
誰にたのもうか?
レシートもなくてと迷って朝方まで寝られない夜が毎晩だった時、
デンマンさんと話して、ここまで経理が進んだことをホットしてます。

いくら 請求がきても カナダに納めるのならいいやと思いはじめました。
バーナビーで夏休みを過ごすことは 毎年私の支えの時間でした。

あの古い家は、夏休みで休むというより
ペンキ、芝のクローバむしり、
りんごの木の手入れ、
玄関まで高く長い階段のペンキはがしや、
しばらくみがかないガラス、
シミだらけのじゅうたん、
BASEMENTはランドリーのホコリとくもの巣、
行けば、掃除ばかりの家に大変でしたが
また戻りたいと思っていました。

実父の病気に、もう自分勝手にしていては駄目だ。
と今年決意しました。

こんな私でも欲しい物があります。
別荘です。
場所は長野です。
買ったら元家主の藤田桃子さん夫婦も招きたいです。
よかったらデンマンさんも。

日本だったら、親をおいていくことなく、ゆけます。

でも、29才からバーナビーで夏休みを過ごすことができた事は
私の人生にとって良かったと思います。
ではまた。。。

 

小百合より


(sayuri3.gif)

 

9.11のテロがあった2001年には、お父さんが心配したらしくて、翌年やって来なかったけれど、ほぼ毎年、夏になると小百合さんと子供たちはバーナビーのディアレーク(鹿の湖)にやって来て1ヵ月半ぐらい涼しいカナダの夏を満喫したのですよ。

そうでしたわ。。。

上のメールを改めて読み返してみてねぇ、僕は小百合さんが、ただ避暑をするためだけに軽井沢で別荘を持ちたいと考えているのではないと思ったのですよ。

どうしてですか?

バーナビーで夏休みを過ごすことは小百合さんにとって心の支えだったと書いてあるでしょう?

ええ。。。確かに。。。

実はお父さんが病気になって、それでバーナビーに毎夏行くことを断念したのですよ。。。でもねぇ、残念ながら、僕とメールをやり取りしている最中にお父さんが亡くなってしまったのです。。。本来ならば軽井沢に別荘を持って、お父さんと一緒に行きたかったのですよ。でも、お父さんは亡くなってしまった。。。

ええ。。。そうでしたわ。。。

やっとその夢を実現しようとしていた。でも、お父さんは亡くなってしまった。。。つまり、軽井沢に別荘を持つ事が小百合さんのためばかりではなくて、お父さんの供養にもなるのですよね。。。もちろん、バーナビーで夏休みを過ごすことの延長線上に軽井沢で別荘を持ちたいというロマンが10年以上前に小百合さんの胸に根付いていたのですよ。。。僕は上のメールを読むことによってその事が理解できました。

デンマンさんの深読みではありませんか? うふふふふふ。。。

ところで、軽井沢には「スワンレーク(白鳥の湖)」と呼ばれている池がありますよね。。。

 


(karuswan.jpg)

 

あらっ。。。よく覚えてますねぇ〜。。。

小百合さんは、なぜ「白鳥の湖」と呼ばれているのか? 知ってますか?

白鳥が飛んでくるからでしょう?

やっぱり、誰でもそう思うのでしょうね。。。ガイドブックを読むと、そう書いてありますよ。

つまり、受け売りですわね?

白鳥が飛んでくるのはおそらく冬でしょう?。。。スケートをしに軽井沢に行ったことはあるけれど、白鳥を見るためにこの池にやって来るほど僕は野鳥に興味がないのですよ。

でも、スワンレークなんて、ハイカラな名前がついてますねぇ〜。。。

もちろん、日本人が考え付いた名前じゃないですよ。軽井沢を避暑地として見い出した外国人がそのように呼び始めたらしいですよ。

 


(swan0023.jpg)

 

僕は「白鳥の湖」と聞くと、すぐにこのバレーの白鳥の湖を思い出すのですよ。優雅で格調が高いでしょう?ところが、日本語でつけた名前はダサいのですよ。なんと、“雲場池(くもばいけ)”という名前ですよ。“白鳥の湖”のイメージとはかけ離れているでしょう?。。。山賊が現れそうな名前ですよ。。。

そうですねぇ〜。。。うふふふふふ。。。

でもねぇ、この池は、まさに「白鳥の湖」で踊るバレリーナのイメージのように素晴しいのですよ。

どういうわけで。。。?

愛する人と一緒に散歩するには、もってこいの場所ですよゥ。。。カラマツ、白樺、モミジなどに囲まれた池の周辺には遊歩道がありますからね。。。昔はタンチョウ鶴もやって来たそうです。。。また、軽井沢にやってきた外国人は、ピクニックに良くこの池に来たらしいです。

この池の水源地はどこなのか? デンマンさんは知ってますか?

どこですか?

 


(karuspa2.jpg)

 

ここがその水源地ですよ。。。池からそれ程離れていないところにありますわ。。。

なんと呼ばれているのですか?

「御膳水(ごぜんすい)」と呼ばれています。。。外人は「ハナレスプリングス」と呼んでいたそうです。

これは湧き水ですか?

そうです。「長尾の涼泉」とか「お水端」と呼ばれ、かつてこの場所は二條家の別荘があったそうです。明治天皇がこの水でいれたお茶を飲んだことから今では御膳水と呼ばれているそうです。。。クレッソンが繁茂するほど水がよく澄(す)んでいるのです。。。日本語では香草と呼ばれる仲間でオランダガラシ(和蘭芥子)とも呼ばれてます。。。フランス語では cresson ですわ。。。

 


(cresson.jpg)

 

なるほどォ〜。。。それで小百合さんはクレッソンに拘(こだわ)りがあるのですねぇ〜。。。

もともと、中央アジアで取れたそうです。。。ピリッとした辛味があって、香味野菜としてステーキなど肉料理に添えたりします。。。また、お鍋に入れて食べたりもしますわ。。。

僕はクレッソンとエビの掻き揚げが好きです。

 


(cresson6.gif)

 

クレッソンはワサビと違って、濁った水でも育つそうですよ。。。

あらっ。。。そうなのですか?

ウィキペディアには、そう書いてあります。。。ところで、どうやって雲場池ができたのですか?

ハナレスプリングスから湧き出した水が、やがて川となって流れ、それが堰(せ)き止められて「スワンレーク」となったのですわ。。。湧水口は「ホテル鹿島ノ森」の敷地内にありますけれど、見学は自由ですわ。周囲には短い散策路も用意されていて、ベンチで休むこともできます。盛夏でもここに来れば涼しく、外国人避暑客のお気に入りの場所だったそうです。

なるほどォ〜。。。それで小百合さんはバーナビーで夏を過ごす場所を「鹿の湖」のそばに決めたのですねぇ〜。。。現地では“Deer Lake”と呼ばれてます。。。

 


(deerlak3.jpg)

 

この「鹿の湖」には白鳥は来ないけれど、カモがたくさん泳いでますよ。「白鳥の湖」と比べると、ずっと大きいです。

でも、クレッソンは自生してませんわ。。。

メトロタウンというバーナビーの中心街が近くにありますからね。。。たぶん、クレッソンが自生するほどきれいな水ではないのでしょう。。。


(metrot7.jpg)

 

「鹿の湖」から北を眺めるとこのような風景が見られます。。。高層ビルが結構建っているのですよ。

 


(metrot3.jpg)

 

これは“メトロタウン・センター”と呼ばれているビルだけれど、この中に小百合さんが飲茶(ヤムチャ)を食べたチャイニーズ・レストランもあるのです。

「鹿の湖」は便利がいいところにあるのです。。。

それで、小百合さんが夏を過ごしたという家はどのようなものですか?

このような家ですわ。。。

 


(house22.jpg)


(house23.jpg)

 

でも、小百合さんは、この家を手入れするのが大変だと書いてますね。。。

 

あの古い家は、夏休みで休むというより
ペンキ、芝のクローバむしり、
りんごの木の手入れ、
玄関まで高く長い階段のペンキはがしや、
しばらくみがかないガラス、
シミだらけのじゅうたん、
BASEMENTはランドリーのホコリとくもの巣、
行けば、掃除ばかりの家に大変でしたが。。。

 

そうなんです。。。見た目は素晴しい印象を持つかもしれないけれど、結構古いんです。だから、確かに手入れは大変でしたわ。。。

バーナビーはバンクーバーから離れてますよねぇ〜。。。

じゃあ、ちょっと下の地図を見てください。


(burnamap2.gif)

バーナビーはバンクーバーの東隣にある町です。。。上の赤い四角で囲んだ部分を拡大すると下のようになります。


(burnamap3.gif)

下のほうに“Deer Lake”と書いてあるでしょう。。。これが「鹿の湖」です。。。バンクーバーもバーナビーも大きな公園の多いところです。。。「鹿の湖」の周りも公園になってますわ。。。

小百合さんがこの湖のほとりで夏を過ごすことが心の支えになると言うのが分かるような気がします。。。日本の夏はクソ暑いですからねぇ〜。。。

バンクーバーもバーナビも夏は涼しくて、北にあるのに、冬、それ程寒くならないのはなぜですか?

僕が調べて書き出しました。ちょっと読んでみてください。

環境の良さが人を惹きつける

 


(renge400.jpg)

 

日本から飛行機で約8時間。
カナダ西部の玄関都市バンクーバーは、サハリン(樺太)とほぼ同じ高緯度であるにもかかわらず、西海岸海洋性気候のため、冬でも雪の少ない温暖な気候です。

なぜ?

 


(ocean05.gif)

 

地図を良く見ると、バンクーバーは確かにサハリンの中央部と緯度が同じです。
だから、寒いはずです。

上の海流の動きを見ると、アラスカから南下してくる寒流があって寒そうです。
でも、カリフォルニアから北上する暖流がバンクーバーの脇を北上しているのです。
そう言う訳で、西海岸海洋性気候なのです。

夏涼しく、高緯度にかかわらず冬も東京並みに暖かいのはこのような理由です。

また、アラスカ湾から流れる寒流とカリフォルニアから北上する暖流の境目にバンクーバーは位置するため、魚、貝類、甲殻類等の新鮮な魚介類が多くとれます。
そんな、大都会と大自然が見事に融合した場所なのです。

バンクーバーは、カナダではトロント、モントリオールについで三番目に大きな都市。
ブリティシュコロンビア州では、もちろん最大の商業都市です。
それだけ大きな都市でありながら、その周辺には森や豊かな水の流れる川が広がっています。

また、洪積世に氷河によって削られたフィヨルドの海岸線は天然の良港となっています。

快適な気候、恵まれた自然、豊富な食材と安定した治安。
こうした恵まれた生活環境に憧れてイギリス、フランス、ドイツ等ヨーロッパ諸国はもとより、
中国、香港、シンガポールの華僑等も多く集まり、
コスモポリタン・シティとして、世界のシーフード料理が食べられるグルメの街として、
北米でも有名な都市です。

そのような訳で、アンケート調査によると、
一番住みたい都市としてバンクーバーを挙げる人の数が毎年3位を下らないそうです。

 

なるほどォ〜。。。良く分かりましたわ。。。

ところで、軽井沢と言えば「幸福の谷」を思い出しますよ。。。

 


(karuhapy.jpg)

 

どういうわけで「幸福の谷」がそれほど思い出深いのですか?

卑弥子さんが気に入った場所なのですよ。。。

それはどういうわけですか?

ここならば十二単を引きずって歩いても誰も文句を言いませんからねぇ〜。。。

 


(karuhap3.jpg)

 

確かに、あまり観光客が行かない場所ですわ。。。で、デンマンさんにも この場所に思い出があるのですか?

もちろんですよ。。。小百合さんとルンルン気分で散歩したでしょう!

 


(karuhap5.jpg)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

 

だから、あたくしは「幸福の谷」の石畳を歩きたくないのですわよ。。。

3人で散歩したら絶対に あたくし一人だけ取り残されてしまうのですから。。。

それにしても、あたくしは間違いなく差別されています。

このようなダサい十二単を着せられて、いつも“うす馬鹿笑い”を浮かべながら登場させられているのですもの。。。

どうしてデンマンさんは、あたくしと二人だけで「幸福の谷」の石畳を歩きたいとおっしゃってくださらないのでござ~♪~ましょうか?

あたくしとでは不満なのでござ~♪~ましょうか?

でも、あたくしが裸でヨガをした時は、デンマンさんは“ブラボ~!”と叫んで、


(bravo.gif)

手を叩いて喜んでいたのですわア。

ボインだ、ボインだ、とおっしゃって褒めてくださったのですわよ。

ところが、小百合さんが現れると、あたくしは“はしたない女”にされてしまったのですわよ。んもお~~

男って、ちょっと魅力的な女性が現れると、すぐに手のひらを返したようにコロコロと考え方を変えてしまうのですわよねぇ~。んもお~~

あなたも、お気をつけあそばせぇ~。


(artface2.gif)


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、


ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる


下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(hawaii9.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に


別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』


(himiko92.jpg)

おほほほほ。。。。

また現れて、くどいようで

ござ~♪~ますけれど。。。

ネットにも愚かな人がたくさん居ますわよね。

パンツにコカイン君は、相変わらず

下らないコメントを書いていますわ。

FC2のてんね君はデンマンさんのことを

告げ口する事に生きがいを感じているようでした。

でも、今では、そうする事の愚かさに

気づいたようでござ~♪~ますわ。

えっけん君と太田将宏老人は

ムカついたままコメントを書いてしまいます。

みっともないコメントになるだけです。

ええっ?そんなことより、

もっと面白い話がないのかって。。。?

デンマンさんとあたくしの対話だけでは

物足りないのでござ~♪~ますかぁ

だったらね、メチャ面白いお話を

あなたにおせ~♪~てあげますわよ。

あたくしにとって行田とは

切っても切れない縁が

あるのでござ~♪~ますのよ。

どうしてだか、お分かりになりますか?

行田は古代ハスの

ふるさとなのでござ~♪~ますのよ。


(lotus1.gif)

きれいでしょう?

あたくしの初恋の花でござ~♪~ますのよ。

ええっ?そんな事はどうでもいいから、

面白い話を早くしろ!

あなたは、そのような事をあたくしに

強要するのでござ~♪~ますか?

分かりましたわぁ~。

ちょっとこれ見てよ。


(beauty5.gif)

どう?なんとなく可笑しいでしょう?

もっとたくさん笑いたいでしょう。

次のリンクをクリックして読んでみてね。

■ 『あなたがメチャ笑って幸せになれるサイト』

ぜひ覗いてみてね。

ダメよ!生返事してこの場を誤魔化そうとしちゃああ、

絶対に読んでねぇ~~?

お願い。頼むわよねぇ~。

うふふふふ。。。

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。


(june92.gif)


(digger1.gif)

破廉恥トランプ

 

破廉恥トランプ

 


(trump804.jpg)


(trump171.png)


(trump172.png)


(sylvie500.jpg)


ケイトー。。。 トランプさんが破廉恥なことでもしでかしたのォ〜?


(kato3.gif)

バイデンさんが選挙人の過半数を獲得したにも関わらず負けを認めない。。。 トランプさんは破廉恥でないならば見苦しい限りですよ。。。先日、シルヴィーとも話したけれどトランプさんには人格的な問題があると思うのですよ。。。

あのねぇ〜。。。どうして「隠れトランプ」が居たのか? それはねぇ〜、「トランプに投票する」とは言えなかったのですよ。。。なぜなら、トランプさんには人格的にいろいろな問題があった。。。例えば、ポルノ女優との問題があったけれど、ハッシュマネー(黙らせるためのお金)をその女優に与えることで、沈黙させたのですよ。。。それに、モスクワのホテルに滞在中に、「ゴールデンシャワー事件」という問題を起こしたことがある。。。

 



(gshoqwe8.jpg+gshower9.jpg)

『ゴールデンシャワー』

 

でも、それは根拠のない噂だけで終わったんじゃない?

そうだとしても、人格的に問題があったトランプさんに投票するとは言えない雰囲気がアメリカにはあった。。。だから、本音ではトランプさんに投票する人も、建前では「ヒラリーに投票する」と言っていた人が多かった。。。

じゃあ、どういうわけで多くのアメリカ人がトランプさんに投票したわけなのォ〜?

2016年の選挙ではアメリカ人は、人格的にはヒラリーさんを応援したいと思っていた。。。でも、ラストベルトでは経済政策の失敗で自動車工場などが閉鎖になって失業している人が多かった。。。その人達が「隠れトランプ」になってトランプさんを大統領にする大きな要因になったのですよ。。。だから、アメリカ以外の国々では、日本を含めてトランプさんが当選するとは思っていなかった。。。自分が失業することを考えなくても良かったから、トランプさんの人物だけを見て当選しないだろうと予測したのですよ。。。

要するに、ケイトーはトランプさんは大統領にはもともと人格的にふさわしい人ではない、と言いたいわけぇ〜?

そうですよ。。。僕はトランプさんは人格的には非常識な人だと思っていましたよ。。。「隠れトランプ」のおかげでアメリカ大統領になったけれど、彼が任期中にやったことは、2期目を目指して、彼のオツムの中で有権者が気に入るような事だけしかやらなかった。。。だから、例えば、コロナ対策などは経済を優先して、経済界の人たちにアピールした。。。でも、今度の選挙では、それが裏目に出て、2016年にはトランプさんに票を入れた人も、今回はバイデンさんに票を入れた。。。

でも、トランプさんが人格的に問題があると見るのはケイトーの極めて個人的な意見じゃないの?

そんな事はありませんよ。。。先進国の首脳陣も本音ではトランプさんを笑い者にしていたほどだから。。。

 

 

なるほどォ〜。。。先進国の首脳陣にバカにされているのねぇ〜。。。

そういうことですよ。。。トランプさんに面と向かって批判しないけれど、井戸端会議ではトランプさんは笑いものにされているのですよ。。。大統領になるまで政治経験は一切なかったから。。。言わば、彼らの目に、トランプさんは政治的には素人だと見えるのですよ。。。良くてもエンターテイナーですよ。。。

でも、それは半分はジョークのつもりで 面白がっているだけじゃないのォ〜?

いや。。。なかにはアメリカ駐在の英国大使のようにトランプ大統領をバカ呼ばわりして、トランプさんが激怒したというクリップもあるのです。。。

 

 

バカ呼ばわりしたことがトランプさんに知れたら、あの人の性格だから、それは激怒するでしょうね。。。。

良識のある人ならば、それを反省材料にして少しは よりマシな人間になろうと努(つと)めるのですよ。。。

トランプさんには、そういう反省することが性格的にできない、とケイトーは言うわけぇ〜?

そうです。。。


『トランプ騒動』より
(2020年11月7日)

 

だいたい開票に不正があったとして裁判沙汰にするところなどは、破廉恥でないならば まさに非常識です。。。

でも、トランプさんにも言い分はあるのよ。。。例えば、郵便投票の開票をいつまでにするのか? それは州によってまちまちでトランプさんにすれば、それが不満の種で、訴えるわけよ。。。

でもさァ〜、訴訟に持っていっても、大勢は変わらないのですよ。。。トランプさんは何が何でも勝ちたい。。。なぜならば、大統領から一市民に戻ると、大統領特権が消滅して、女性問題でトランプさんが訴えられたり、債権者から訴えられる。。。

大統領である間は、訴えられないわけねぇ〜。。。

そういうことですよ。。。だから、なりふり構わずに悪あがきをして、なんとか大統領の椅子に座り続けようとしているわけ。。。見るからに破廉恥ですよ。。。

でも、それはケイトーの個人的な見方じゃないのォ〜?

いや。。。海外でもトランプさんの破廉恥行動を調べているネット市民が居るのですよ。。。

その証拠でもあるの?

次のリストを見てください。。。

 


(liv20-11-07.jpg)


『拡大する』


『Golden Shower』

 

これはライブドアの僕の「徒然ブログ」の日本時間で11月7日の午前0時36分から午前9時52分までのアクセス者の記録です。。。赤枠で囲んだ箇所に注目して欲しい。。。

11月7日の午前6時35分にGOOGLEで検索して『Golden Shower』を読んだネット市民が居たのねぇ〜。。。

そうです。。。実は、ドイツのボーフム市に住んでいるマリア・デッカーさんが読んだのですよ。。。

 


(ip133139.jpg)

 

マリアさんはボーフム市で何をしているの?

ボーフム市にあるルール大学の法学部で弁護士になるために勉強しているのです。。。

 


(bochum3.jpg)


(bochum2.jpg)

 

マリアさんは、どのように検索して記事を見つけたのォ〜?

trump golden shower barclay1720 を入れて画像検索したのですよ。。。

 


(gog20-11-09.gif)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

『Golden Shower』

 

なるほどォ〜。。。「コールデンシャワー事件」はドイツでも知ってる人は知っているのねぇ〜。。。

そういうことですよ。。。破廉恥なことをしたトランプさんが大統領にとどまることに、おそらく反対しているのですよ。。。

でも、そういうトランプさんを支持する人もけっこう居るじゃない。。。今回の選挙だってバイデンさんが優勢だけれども、トランプさんの支持者も相当居るわけよ。。。

でも、今回、バイデンさんが優勢なのは、2016年にトランプさんに投票した人が、トランプさんの そういう性格に嫌気がさして、バイデンさんに投票した人が多かったのですよ。。。

つまり、今回の選挙ではバイデンさんが大統領になるとケイトーは確信を持ってるのォ〜?

当然です。。。


(laugh16.gif)

【ジューンの独り言】


(bare02b.gif)

ですってぇ~。。。

あなたもトランプさんは破廉恥だと思いますか?

ええっ。。。 「そんなことはどうでもいいから、他に、もっと楽しいことを話せ!」

あなたは、そのように強い口調で私にご命令なさるのですかァ〜?

分かりましたわ。

シルヴィーさんが出てくる面白い記事は たくさんあります。。。

次の記事の中から面白そうなものを選んで読んでください。

 


(sylvie500.jpg)

『エロいけれどためになる』

『地球上のネット普及率』

『原発はダメだったのに』

『スカートをはいた兵隊』

『行田シンドローム』

『幻の暴走機関車』

『CIA@NOパンツ』

『やっぱり、セックス』

『セックス風呂具村』

『CIAの黒い手再び』


(banana82e.jpg)

『アダムとイブは何を食べたの』

『舞踏会 明子』

『波乱の人生』

『国際化だよね』

『イングナさんを探して』

『美しい日本語 チェーホフ』

『横の道@ニコライ堂』

『また塩野七生批判』

『日航スチュワーデス』


(cleopara2.jpg)

『クレオパトラ@塩野批判』

『テルモピュライの戦い』

『思い出の蓮』

『角さんと天罰』

『ラーメン@リガ』

『角さんと天罰がなぜ?』

『南京事件と反知性主義』

『あけびさんの卒論』

『愛は降る星の彼方に』


(sunwind2.gif)

『サイバー戦争』

『エロくて、ごめんね』

『モバイル社会とガラケー』

『元老のアメリカ』

『ケネディ家の呪い』

『欧米を敵に回す』

『ソフィアからこんにちわ』

『ドイツが原爆をロンドンに』

『いまだに謎』

『さらば大前研一』


(superm3.jpg)

『空飛ぶスパイ』

『愛情はふる星@ベトナム』

『ヒラリーと塩野七生』

『ケネディ夫人@インドネシア』

『究極の大前研一批判本』

『フェルメールの謎』

『女に文句を言う女』

『あなたの祖国』

『宮沢りえ@韓国』

『正しい戦争』

『ゴールデンシャワー』

『死刑廃止』


(mh370a.jpg)

『かまびすしい』

『今、新たな戦前』

『クレオパトラ@アラビア』

『政府は嘘をつく』

『犬と人間と戦争』

『未来予測』

『知られざる悲劇』

『量子活動家』

『アンネの運命』

『10次元の世界』

『ポーランドの犬』


(jump009.jpg)

『熟女ヌード@デンマン』

『ロッキード事件の真相』

『政府と役人と嘘』

『ジュンガル』

『地球温暖化は避けられない』

『国際平和連合』

『鬼島』

『悪徳サイト』

『あげつらう』

『過ちを犯す』

『三島由紀夫の謎』

『ヒラリートランプ現象』

『ノーパン@CIA』

『未開人と文明人』

『オセロの失敗』

『サン・ラザールの裏路』

『「夜と霧」を観た?』

『虫酸が走る』

『大空に乾杯』

『ターバンを巻いた少女』

『美しい日本語を探して』

『アダムとイブのバナナ』

『宮沢りえ@サンタフェ』

『ネットの主要言語』

『中国人がアメリカを発見した』

『2000年前の光通信』

『習近平皇帝』

『トランプ騒動』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。 バーィ。


(hand.gif)


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、


ためになる関連記事


平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)

『卑弥子の源氏物語』

『平成の紫式部』

■ めれんげさんの『即興の詩』

■ めれんげさんの『極私的詩集』

Jagel - Soft Japanese Bagel
(bagel702.jpg)

■ “JAGEL – Soft Japanese Bagel”


(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる


下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(beach02.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(rengfire.jpg)


(byebye.gif)

ラ・フランス

 

ラ・フランス

 


(lafrance12.jpg)


(lafrance10b)


(mayumi55.jpg)

デンマンさん。。。、どういうわけでラ・フランス を取り上げるのですか?


(kato3.gif)

実は、バンクバーから行田市に帰省して実家でテレビを見ていたらラ・フランスというのが目についた。。。どうやら果物のようなのですよ。。。僕は初めてこういう果物があることを知ったのです。。。

 


(lafrance10.jpg)

 

あらっ。。。マジで?

真由美ちゃんは知っていました?

もちろん知ってますわァ〜。。。デンマンさんはマジで知らなかったのですか?

あれっ。。。そういう火星人を見るような目つきで僕を見つめないでくださいよ。。。うへへへへへへ。。。

ほとんどの日本人は知っていると思いますわァ〜。。。デンマンさんはマジで浦島太郎になっているのですわねぇ〜。。。

確かに40年以上を海外で暮らしていますからねぇ〜。。。

でも、山形産のラ・フランスが輸出されているのでバンクーバーでも見ることができるはずですわァ〜。。。

 

 

もちろん、バンクーバーでも西洋ナシは見たことがありますよ。。。でも、僕は西洋ナシを買って食べたことがない。。。

マジで。。。?

ほら、ほら、ほら、。。。また火星人を見るような目つきですよ。。。僕は日本のナシも西洋ナシも特に食べたいと思う果物ではないのですよ。。。だから、スーパーで見かけても手にとって見たこともない。。。いったい西洋ナシとラ・フランスはどこが違うのですか?

 


(lafrance11.jpg)

ラ・フランス

ラ・フランスは、フランス原産のセイヨウナシ(洋なし)の品種である。
不正円の果実で果皮部には斑点がある。

外観は良くないが大変香りが良く、濃厚な甘みと滑らかな舌触りで、上品な味である。

1864年に、フランスのクロード・ブランシェ (Claude Blanchet) が発見した品種で、日本へは1903年(明治36年)に農商務省農事試験場園芸試験地(静岡県)へ食用としてではなく、受粉用として導入された。

日本では盛んに栽培されているが、本国フランスなどヨーロッパ各国では、気候が合わなかったためにほとんど生産されていない。

ラ・フランスは日本独自の呼び名で、本国フランスでの品種名は発見者の名を取り、Claude Blanchetとなっている。

収穫は実の固いうちに行われる。収獲直後の実は堅く甘味もなくまずい。
収穫後に常温で10日から2週間程度追熟されることで初めて生食に適すものになる。

追熟の間、果実に含まれるデンプンが分解されて果糖、ショ糖、ブドウ糖などの糖となることで甘味が増し、ペクチンのゲル化により舌触りの滑らかさが増す。

一段と芳香が強くなり、赤ん坊の頬くらいの柔らかさになったときが食べごろである。
冷蔵庫などで冷却することにより、追熟を中断することもできるが、一旦食べごろを迎えると一気に熟成が進む。生っているときに枝に近い部分が褐色を帯び柔らかくなってから1日程度が完熟の目安である。

日本における主な産地は山形県、長野県で、10月上旬-中旬頃収穫され、11月上旬-中旬にかけて食べ頃となる。山梨県富士川町では、珍しいラ・フランス狩り観光農園がある。収穫時期は9月下旬-と主産地より早い。

タルト・ジュース・ジャムの原料に使われている。


出典: 「ラ・フランス」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

なるほどォ〜。。。普通の西洋ナシよりも外観は良くないが大変香りが良く、濃厚な甘みと滑らかな舌触りで、上品な味なのですねぇ〜。。。

食べたことのないデンマンさんでも、きっと気に入る味だと思いますわ。。。

ラ・フランスは日本独自の呼び名で、本国フランスでの品種名は発見者の名を取り、Claude Blanchetとなっているんですねぇ〜。。。でも、バンクーバーのスーパーでClaude Blanchetという名で売っているのを見たことはないですよ。。。

デンマンさんは見過ごしているのだと思いますわ。。。

山形県と長野県で栽培しているなんて全く知りませんでした。

 

 

10月上旬-中旬頃収穫され、11月上旬-中旬にかけて食べ頃となるのです。。。だから、今頃がちょうどラ・フランスの食べごろなのですわ。。。

実際に食べごろの見分け方って、どうするのですか?

次のように見分けるのですわ。。。

 

 

赤ん坊の頬くらいの柔らかさになったときが食べごろである、とウィキペディアには書いてあるけれど、皮ごと食べることができるのですか?

確かに、熟せば赤ん坊の頬くらいの柔らかさになりますけれど、皮まで食べる人はいないと思います。。。やっぱり皮はむいたほうが良いと思いますわ。。。

 

 

デンマンさんも一度食べたら気にいると思いますわ。。。

そう思いますか? じゃあ、バンクーバーに戻ったらスーパーで探して食べてみようと思います。

皮はむいたほうがいいですわ。。。

はい、そうします。


(laugh16.gif)

【デンマンの独り言】


(kato3.gif)

真由美ちゃんは僕の従妹(今田 とも子)の娘です。
僕の言う事は素直に信じてくれる、とても性格のいい子です。(笑)

カナダにやって来てからはノース・バンクーバーでホームステーしながら
VCC (Vancouver Community College)にかよって
パン職人・ベーグル職人の勉強と実習に励んでいました。

2016年9月に卒業式を終えて、現在、バンクーバー市内の
旨いベーグルを提供するカフェ・レストランで働いています。

学生時代には、先生やクラスメートとの英会話には、まごつくことがあったそうです。
外国語というのは習得するのが実に大変です。

あなたは英会話を勉強してますか?
できれば、英語を話している国へ行って英会話を勉強するのが一番です。

でもねぇ~、英会話を勉強する方法に王道はありません。
人それぞれです。。。
自分に合った勉強法を見つけるのが、英会話の上達の早道だと僕は思いますね。

同じことを同じように勉強しても、人によって上達が違うのですよ。
僕の経験で言っても、人によって、語学の才能というのはまちまちです。

太田将宏老人のように、40年もカナダに住んでいるのに
英会話が満足にできずに 6人に成りすまして日本語でブログにコメントを書きなぐって余生を過ごす人もいます。

なかには、日本語を忘れてしまうほど、英語にどっぷりと浸かってしまう人もいます。
20年以上英語圏で英語を話してますけれど、
僕は、漢字を忘れることはあっても、日本語を忘れることはありません。

もちろん、今でも、英語を話すよりも日本語を話す方が楽に話せます。
僕自身は語学の才能があるとは思ってませんが、
僕が、カナダ人と笑いながら話しているのを聞いていると、
真由美ちゃんには さっぱり 何を話しているのか解らないと言うのですよね。

僕がペラペラと英語を話しているように見えるのだそうです。
早くデンマンさんのように 英語がしゃべれるようになりたい、と真由美ちゃんは言います。

しかし、僕は、常に、英語を日本語のように しゃべれたら いいなと思っているのですよ。
外国語を母国語のように話すのは、本当に難しいと思います。

いずれにしても、真由美ちゃんは小さい頃からの夢が叶ってぇバンクーバーにやって来たのです!

 


(inflight2.jpg)


(airport1b.jpg)

 

ところで、あなたはバンクーバーに行ったことがありますか?

とっても素敵な街ですよ。

 


(stanley50.jpg)


(seawall3.jpg)


(seawall2.jpg)

世界で最も住みやすい街バンクーバー


(wetsuit.jpg)


(wetsuit3.jpg)


(gastown20.jpg)


(canplace22.jpg)

 

ビデオを見ても、なんだかワクワクしてくるでしょう?

卑弥子さんが バンクーバーにやって来たのは 2008年の元旦の2週間ほど前でした。

クリスマスをバンクバーで過ごして、それから元旦の“Polar Bear Swim (寒中水泳)”に参加したのです。

 


(polar10.jpg)

 

上のビデオを見ると、まるで真夏のようでしょう?

ところが気温は確か2度ぐらいでした。

水の中の方が暖かかったのです。

とにかく、バンクーバーには面白い人たちがたくさん居ますゥ。

あなたも、お暇と お金の余裕があったらぜひ出かけてみてください。

では、また興味深い、面白い記事を書くつもりです。

だから、どうか、あなたも またやって来てくださいねぇ~~。
じゃあね。


(hand.gif)

 

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:


ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる


下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』


(santa85b.jpg)

『ピラミス@美術館』

『夢のバンクーバー』

『バンクーバーの屋上で』

『オランダ移住』

『カナダ移住の夢』

『ディープコーヴ』

『浴衣のバンクーバー』

『黒豚テリマヨ』

『イタリアのベーグルとサルサ』

『花火大会』

『乙女老い易く学成り難し』

『真由美ちゃん@英語』

『真由美ちゃんダントツ』

『日本よい国天国だ!』

『やっぱりどこか狂ってる』

『日本で再会』


(utsunomiya10.jpg)

『乙女力@宇都宮』

『いい出会いの連鎖』

『笑顔の乞食おばさん』

『ニュートンの暗い秘密』

『新年@バンクーバー』

『スープキッチン@新年』

『猫と癒し』

『猫と犬と癒し』

『大通りde水の滑り台』

『イルカとワンちゃん』

『カワウソ@スタンレー公園』

『生パンツ系男子とベトナム兵』

『愛と癒しの涙』

『ダンスとノーベル賞』

『おもてなし』

『思い出ポロポロ』

『ロブソンの5月』


(biker302.jpg)

『ネットが不倫を連れて来る』

『ペットと良心』

『夢のデニッシュ』

『パンツァネッラ』

『12歳少女の短命』

『行田の伯母さん』

『パン職人修行』

『タイムマシーン』

『ルンルンdeサルサ』

『天国のワンちゃん』

『万の風になって』

『プロシュット』


(mayumi76.jpg)

『なせば鳴る音楽』

『日本人女学生行方不明』

『日本人女学生死亡』

『ガレット』

『那須高原の紅葉』

『希望とロマン』

『錯視 錯覚』

『マンボ@バンクーバー』

『オリーブオイル』

『スコーンとプディング』

『5月のロブソン』

『病院食の間違い』

『プレミアム・ジャパン』

『自然の摂理を無視すると…』

『夢のデニッシュ・悪夢のマーガリン』


(juneswim.jpg)

『パリ風カフェ』

『どこか狂ってるわ』

『行田遠野物語』

『行田物語 ピアノ』

『行田物語 猫』

『行田物語 母の懐』

『行田物語 ケネディ暗殺』

『行田物語 病院食』

『行田物語 お股の花々』

『晩香坡物語 ジャズ』

『行田物語 悪夢』

『行田物語 社長』

『行田物語 棺桶に入るまで』

『宝田百合子@インド』

『行田物語 ちゃぶ台』

『行田物語 アカギレ』

『行田物語 にぼし』

『ノーベル賞がなぜ?』


(dance011.jpg)

『トゥーランドットとかぐや姫』

『ゲソとワケギ』

『シェフ バベット』

『まんじゅう@富岡』

『ん?トゥーランドット』

『女の子の夢』

『イヴォワールのレストラン』

『151歳の誕生日』

『お皿をぺろぺろ』

『ポップス@蕎麦屋』

『検便と回虫』

『スコーンとプディング』

『スコーン姉妹』

『ピラミス 美術館』

『明治屋 圧力ジャム』

『雁とがんもどき』

『グルメブーム』

『行田物語@ナポリ』

『栗餅』

『日本で再会ね』

『コロッケパン』

『日本のパン文化』

『小女子』

『地球人と国際人』


(surfin2.gif)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

バーベキュー@那須

 

バーベキュー@那須

 


(nasu10b.jpg)


(nasu12.jpeg)


(nasudake3.png)


(salon22.jpg)


(sayuri55.gif)

デンマンさん。。。 こういう記事を書くと私が滞在している那須の別荘に非行少年がやってきて現金を脅し取られてしまいますわァ〜。。。


(kato3.gif)

心配ですか?

だってぇ〜、つい最近、10月27日に目黒のタワーマンションに宅配業者を装った二人の少年が白昼堂々と30代の女性のマンションに押し入って600万円の現金を奪ったのですわ。。。

 

 

小百合さんも 600万円近くの現金を別荘の金庫に置いてあるのですか?

いいえ。。。そんな大金は別荘に置いてありませんわァ〜。。。

だったら、心配ないでしょう。。。

でも。。。、でも。。。、こういう個人情報はネットで公開して欲しくありませんわ。。。

小百合さんの別荘の住所は公開してませんよ。。。

でも、別荘の写真から特定されてしまいますわ。。。

大丈夫です。。。 なぜなら、上の写真はコラージュしてデッチ上げたものだから、この写真の実物はこの地球上に存在してません。。。

でも。。。、でも。。。、心配ですわァ〜。。。

あのねぇ〜、小百合さんはネットでは「軽井沢タリアセン夫人」として知られているのです。。。

 


(gog30708.gif)


『拡大する』


『現時点での検索結果』

 

だから、小百合さんが那須に別荘を持っているなんて誰も信じませんよ。。。 しかし、どういうわけで小百合さんは那須の別荘にいるのですか?

実は、これは私のお友達の小室靖子さんの別荘なのですわ。。。今年は、私がこの靖子さんの別荘を使い、靖子さんは私の軽井沢の別荘を使うことにしているのです。。。

なるほどォ〜。。。それは頭の良いやり方ですねぇ〜。。。お互いに那須と軽井沢の両方の自然を楽しむことができると言うわけですねぇ〜。。。 おかげで僕も久しぶりに那須にやってきて紅葉を楽しみましたよ。。。

 


(nasudake2.jpg)


(nasu10b.jpg)

 

炭火(すみび)のバーベキューはカナダではなかなか味わえないのです。。。

 


(nasu11.jpg)


(nasu12.jpeg)

 

どうして炭火のバーベキューがカナダでは楽しめないのですか?

僕はバンクーバーではマンションに住んでますからね。。。ベランダでのバーベキューは禁止になっているのですよ。。。

郊外の広い公園でバーベキューを楽しめばいいではありませんか?

もちろん、郊外の公園でならバーベキューも楽しめますが、ふつう炭火は使わないのです。。。練炭(れんたん)を菱(ヒシ)の形に小さくしたような燃料を使うのですよ。。。だから、炭火のあの香りが肉や野菜につかないのです。。。そういうわけで、イマイチ日本的な味わいが欠けるのです。。。

じゃあ、久しぶりで炭火のバーベキューの味に舌鼓(したつづみ)をうったのですわねぇ〜。。。

そういうことです。。。それに、秋ナスを小百合さんが「しぎ焼き」にしたのを食べさせてくれたので感激しました。。。

 


(nasu21.png)

 

それほど感激するほどのものではないでしょう!?

あれっ。。。小百合さんは知らないのですか?

何をですか?

昔の人は言ったでしょう! 「秋茄子は嫁に食わすな」と。。。

 


(nasu20.png)

 

秋なすは特に味がよいので、憎い嫁に食わすなの意味で、しゅうとめの嫁いびりをいったもの。

一説には、からだが冷えるので大切な嫁には食べさせない、という意味もある。

また、種子が少ないので、子種が少なくなるから嫁に食べさせない、という説もある。

あらっ。。。デンマンさんは浦島太郎になった割には日本のことわざを知っているのですわねぇ〜。。。

子供の頃に聞いた諺は忘れないものですよ。。。ナスはバンクーバーでも売ってるけど、カナダのナスはバカでかいのですよ。。。やはり、ナスは小粒なナスが旨いです。。。

デンマンさんはナスにハマっているのですか?

別にハマっているわけではないけれど、「しぎ焼き」というのを初めて知りました。

子供の頃デンマンさんのお母さんは作らなかったのですか?

もちろん、ナスの「しぎ焼き」も作りました。。。でも、「ナスの油炒め」と呼んでました。。。ところで、偶然というのは不思議なもので、小百合さんが作ってくれた「秋ナスのしぎ焼き」を食べていたら「嫁いびり」をしている近所のおばあちゃんが訪ねてきたのには驚きましたよ。。。

 


(nasu30.jpg)

 

あのおばあちゃんは しばしば小百合さんを訪ねてくるのですか?

そうなのですわ。。。この近所には おばあちゃんの話し相手が居ないので 私の車を見るとやって来るのですわ。。。

それにしても「秋ナスのしぎ焼き」を食べている時にやって来るというのは、偶然にしては出来すぎていますよ。。。しかも、ベランダで食べ終わるのを待っていたのですからねぇ〜。。。「お客さんが来ているのォ〜!」と小百合さんが言っても帰らなかったでしょう!

そうでしたわァ〜。。。あのおばちゃんにとって、話し相手は誰でもいいのですわ。。。どうしてもブス嫁の話がしたかったのです。。。

それを知っていながら、小百合さんは草刈り機で草刈りを始めて、僕があのおばあちゃんの話相手にさせられたのには、参ってしまいましたよ。。。小百合さんはコスいところがあるのですねぇ〜。。。

わたしはブス嫁の話は何度も何度も聞かされましたから。。。うふふふふふ。。。デンマンさんが居てくれて助かりましたわ。。。

僕は あのおばあちゃんと話をするために 小百合さんの別荘に行ったわけではないのですよ。。。

でも、あのおばあちゃんはデンマンさんを気に入ったようですわ。。。ずいぶんと話が弾(はず)んでいたようじゃありませんかァ〜。。。うふふふふふ。。。

嫁いびりの話は、初めは面白いけれど、同じような話を何度も聞かされるのは そのうちマジで退屈しました。。。秋ナスが とんだ嫁いびりおばあちゃんを連れてきたものですよ。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~~

あなたも 話好きなおばあちゃんに出会って 同じ話を何度も何度も聞かされる羽目になたことがありますか?

ええっ。。。「思い出すだけでもムカつくので、そんなことより 他にもっと面白い話をしろ!」

あなたは、あたくしに そのようにご命令なさるのでござ~ますかァ~?

分かりましたわァ。。。 あなたがそのようにおっしゃるのであれば、

2020年元旦にバンクーバーで第100回寒中水泳があったのでござ~ますわよう。

その模様をお見せしますわねぇ~。。。

 


(polswim03.jpg)


(polswim01.jpg)


(polswim02.jpg)


(polswim04.jpg)

 

ええっ。。。 「寒中水泳など つまらんから、もっと面白い話をしろ!」

あなたは、さらに、そのような強い口調で あたくしにご命令なさるのですかァ~?

分かりましたわァ~。。。

個人的なお話ではありますけれど、

次の検索結果を見てくださいまし。。。

 


(gog60409a.png)

『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

「卑弥子 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわよう。

うふふふふふふ。。。

あなたも、ビックリするでしょう?

ジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわァ。

 


(buttdimp5.jpg)

 

どうでござ~ますかァ?

ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?

どうしてよう?

ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ~ますかァ~?

あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、

最後には上のようなおヌードになるのですわよう。

信じてくださいましなァ~。。。

 

ところで、小百合さんが なぜ「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれているのか?

ご存知でござ~♪~ましょうか?

なぜ。。。?

実は簡単な事なのですわよう。

 


(sayuri80.jpg)

 

小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。

小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですってぇ~。。。

分からない事ではござ~ませんわァ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。

現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。

 


(suikyu9.jpg)

 

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

 

軽井沢・雲場池の紅葉

軽井沢のイルミネーション

秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩

 

とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。

だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。

じゃあねぇ~~。


(hand.gif)


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、


ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる


下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に


別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『優美な女性@コルドバ』

■ 『バレンタインを見つけて』

■ 『ケリスデール』

■ 『オペラ@バンクーバー』

■ 『ヴィクトリア女王とアブドゥル』

■ 『愛とお馬さん』

■ 『チョンタ 点心』

■ 『胸が苦しく懐かしい』

■ 『レンコンの挟み揚げ』

■ 『若返りホルモン』

■ 『自作バーガー』


(coffeeluv1.jpg)

■ 『しょうがパン』

■ 『埼玉村の不発弾』

■ 『愛の果実を探して』

■ 『ジェミマおばさん』

■ 『世界のパン屋さん』

■ 『インド料理屋』

■ 『命の値段』

■ 『ケリスデールはどこ?』

■ 『ヤブ医者にうんざり』

■ 『酢卵のすすめ』

■ 『新城と映画』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『虹のケーキ』

■ 『軽井沢ブーム』

■ 『こんにちわ@ベナン』

■ 『レオニダス』

■ 『恋している人の前で』

■ 『バターミルクビスケット』

■ 『軽井沢で』

■ 『軽井沢南口』

■ 『ロマン@雲場池』


(compie1b.jpg)

■ 『皇后のトイレ』

■ 『M女史とは誰か?』

■ 『ゼリーフライのふるさと』

■ 『災難は忘れた頃にやって来る』

■ 『菊ちゃんと忍藩主』

■ 『人の輪の奇跡』

■ 『ムカつく柿本人麻呂』

■ 『病院の悪評』

■ 『犬の話』


(sayuri811.jpg)

■ 『M女史って誰?』

■ 『カモメとカラスの争い』

■ 『甲斐姫の母親』

■ 『主治医の凌先生』

■ 『犬の話@バレンタイン』

■ 『英語の問題です』

■ 『孤独死を見つめて』

■ 『愛の妖精』

■ 『町おこしコンサート』

■ 『この人気、なぜ?』

■ 『ミスをしても安全を維持』

■ 『ハルヴァ@行田』


(bare02b.gif)

こんにちは。ジューンです。

日本のハーブティーは、なんといっても桜湯だそうですけれど、


(sakurate.jpg)

カナダ、アメリカ、イギリスではハーブティーとして

ローズティーが好まれています。

普通、ローズヒップティーと呼ばれます。

ローズヒップ(rose hip)とは

バラ科バラ属の植物の果実。

つまり、バラの実です。

ローズヒップ生産のため、バラの特定品種、

特にRosa canina(ドッグ・ローズ)が栽培されています。

ハイビスカスとブレンドしたハーブティとして飲用されることもあります。

また、ローズヒップオイルは食用油として、

ジャム、ジェリー、マーマレードにも用いられるほか、

スキンケアにも用いられます。

こんなエピソードがありました。

第二次世界大戦中、

イギリスはドイツ海軍Uボートの海上封鎖により

オレンジの輸入がストップしたのです。

ビタミンCの補給ができなくなったのです。

それで、英国の学童たちは生垣に生えている

ローズヒップの採集を命じられました。

ローズヒップティーにして飲んで

ビタミンCを補給したのですって。。。


(rosehip.jpg)

なんだか信じられないようなお話ですよね。

ところで、英語の面白い話を集めました。

時間があったら覗いてみてください。

■ 『あなたのための愉快で面白い英語』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。


(chirashi.jpg)


(bravo.gif)

地球人と国際人

 

地球人と国際人

 


(pacific5.jpg)


(earth02.gif)


(asaichi1009.png)


(mayumi55.jpg)

デンマンさん。。。、どういうわけで地球人と国際人 を取り上げるのですか?


(kato3.gif)

真由美ちゃんは自分が地球人、国際人だと思いますか?

地球人には間違いないですけれど、国際人かどうかは、そう断定するだけの自信がありませんわァ〜。。。

それはどういうわけで。。。?

地球人というのは地球上で生きている人という意味でしょう!? それには私は当てはまると思うのです。。。でも、国際人というと国際的に活躍している人か? あるいは、国際的に通用する人のことだと思うのです。。。つまり、国際語、少なくとも英語が話せて、海外に出てもコミュニケーションが取れる人だと思うのですねぇ〜。。。

真由美ちゃんは現在、バンクーバーでパン職人、ベーグル職人として働いている。。。カナダ人、少なくとも英語を話す人たちとコミュニケーションが取れるから、国際人だと言ってもいいのでは。。。?

でも、政治の話だとか、美術だとか、クラシックだとか、そういう政治的・芸術的・文化的な話になると思うように英語で話ができませんわ。。。だから、国際人として自分が通用するとは思えないのです。。。

うん。。。確かに。。。でも、日本語で話す人の中にも美術だとか、クラシックだとか、そういう芸術的・文化的な話になると全く話について行けない人はいますよ。。。それでも、日本で生まれ、日本語を話している人は、自分が日本人だと信じ切ってます。。。

日本で生まれ育っている人は小学生でも日本人だと言えるでしょう。。。でも、例えば、日本語で美術だとか、クラシックだとか、そういう芸術的・文化的な話ができる人は「教養人」あるいは「知識人」と呼ばれますよね。。。小学生は「教養人」あるいは「知識人」とは呼ばれません。。。それと同じように、英語が多少話せても、英語で美術だとか、クラシックだとか、そういう芸術的・文化的な話ができない人は国際人だと言えないのではありませんか?

なるほどォ〜。。。つまり、国際語が話せる「教養人」あるいは「知識人」が国際人だと真由美ちゃんは考えているんだねぇ〜。。。

そうです。。。だから、デンマンさんは「国際人」だと私は思います。。。

そう言ってもらえると嬉しいけれど、僕自身は、けっこう英語力に劣等感を持ってますよ。。。

どういうことですか?

カナダで人生の半分以上を暮らしていても、日本語のように流暢には英語で話ができない。。。

でも、デンマンさんがカナダ人と話しながらジョークのやり取りをしているのを聞いていると、どこが面白いのかさっぱり解らなくて、私は自分の英語力の足りなさに落ち込むことがありますわ。。。それなのに、デンマンさん自身は、まだ英語力が十分でないと思っているのですか?

その通りです。。。あのねぇ〜、ネイティブ・スピーカーでないならば、自分の英語力に満足している人はいないと思うよ。。。

そういうものですか? 私はデンマンさんぐらいにしゃべれたら、自分の英語力に満足するだろうと思うのですけれど。。。

どこまで話せれば自分の語学力に満足できるのか?。。。それは人によって違うのだろうけれど、僕が思うに外国語は、習得しても決して満足がゆくほど習得することはできないと思う。。。例えば、夏目漱石は東京帝国大学の英文科を首席で卒業したのです。。。それから しばらくして国費で英国に留学したけれど、キングズ・イングリッシュが殆ど解らなくてノイローゼになったというような話が伝わっている。。。

マジですか?

10月14日のNHKの『ヒストリア 挫折秘話』で夏目漱石の そういう挫折の物語をやってましたよ。。。

 

 

夏目漱石が そういう挫折感に襲われてノイローゼになったなんて知りませんでしたわ。。。ところで、どこまで国際語を習得したら国際人になれるのですか?

あのねぇ〜、10月9日に朝ごはんを食べていたらNHKの「あさイチ」をやっていた。。。

 


(asaichi1009.png)

 

ヤマザキマリさんというのは次のような人なのです。。。

 


(yamazaki2.png)

ヤマザキマリ

少女時代

1967年(昭和42年)、東京都に生まれる。
母親(神奈川県・鵠沼出身)がヴィオラ奏者として札幌交響楽団に在籍していたことから、幼少期を北海道千歳市で過ごした。

父は指揮者であったが生後まもなく死去した。
数年後に母が再婚したため(のちに離婚。)異父妹がおり、演奏やバイオリン教師としてのレッスンで家をあけがちだった母の留守を姉妹で待っていたという。

10歳ごろまでは母の意向でバイオリンを習っていた。
母方は代々カトリックで、自身も幼児洗礼を受けている。

ミッションスクールに通っていた14歳の時、母親がヨーロッパ旅行に行くところコンサートの予定が入り、替わりに行くかと勧められてあまり深く考えもせず、1ヵ月ドイツとフランスを一人旅した(ドイツに母親の旧友の音楽家がいた)。

フランスに着くと暗く寒くてカルチャーショックを受けたり、母の友人は空港に迎えに来ず、別人(友人の叔父)が来たので探すのが大変だった等のエピソードがある。

また、パリからドイツに移動する際に老齢のイタリア人陶芸家が付き纏い、旅の理由が芸術のためであることを話すと、「すべての道はローマに通ずる、イタリアを訪れないのはけしからん」と叱られる。
なお、この時、14歳という年齢もあり家出を疑われている。

 

学生時代

母から「学校をいったん辞めてイタリアに留学したら?」と勧められ、17歳で高校を中退。上記のイタリア人陶芸家の招きで単身イタリアへ渡る。フィレンツェのイタリア国立フィレンツェ・アカデミア美術学院(イタリア語版)で美術史と油絵を学びながら11年間過ごした。

21歳の時に日本に一時帰国し、スキー旅行に向かう途中で、交通事故にあい全身打撲で肺胞が潰れる重傷を負った。乗っていた母親の新車は大破した。穂別町から札幌の病院へ転送され、一命をとりとめている。本人曰く事故後から意識が全部ありギャグを言っていたとのこと。

フィレンツェ在住時には学生アパートの隣室の詩人(イタリア人)と恋愛した。
妊娠発覚後、その詩人とは別れ、男児を出産してシングルマザーとなった。
フィレンツェにおける留学生活やキューバでの生活については本人のブログや自伝エッセイ「世界の果てでも漫画描き」に書かれており、漫画を描き始めたのも生活費を稼ぐためであった。

 

漫画家デビュー

1996年(平成8年)、イタリア暮らしを綴ったエッセー漫画でデビュー。
同時期イタリアから一時帰国し、北海道大学及び札幌大学でイタリア語の講師を務める。並行して北海道のローカルテレビ局札幌テレビ(STV)の番組『どさんこワイド』で旅行・温泉のレポーター、ラジオパーソナリティなども務めていた。

2002年(平成14年)、14歳年下の上記のイタリア人陶芸家の孫(のちに文学研究者となる)と、彼の留学先のエジプトのイタリア大使館で挙式し、結婚。

シリアのダマスカスや北イタリアでの暮らしを経てポルトガルのリスボンに移住、7年間を過ごす。
その後夫がシカゴ大学で比較文学を研究することになりシカゴに転居、2013年よりイタリアに戻りパドヴァ在住。

イタリアでの生活時に同居していた夫の家族の壮絶ぶりをギャグにして綴ったエッセー漫画『モーレツ!イタリア家族』や、自叙伝的昭和のノスタルジックストーリー『ルミとマヤとその周辺』などを講談社の『Kiss』で連載。

一方で、全く作風の違う古代ローマをモチーフにしたギャグ漫画『テルマエ・ロマエ』を『コミックビーム』などにも掲載している。

これは夫が「ローマ皇帝の名前を全員言えるほどの古代ローマおたく」で、日常会話でも古代ローマの話題が当たり前のように出ることに影響されたという。


出典: 「ヤマザキマリ」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

ヤマザキマリさんは、国際人なのですか?

「あさイチ」の番組を見ながら彼女の生い立ちや、これまでの人生のいろいろな出来事や経験などを聞いていて、国際人にふさわしい人だと思いました。。。

森崎ウィンさんは、どんな人なのですか?

この人も国際人にふさわしい人ですよ。。。

 


(morisaki2.png)

森崎ウィン

1990年8月20日生まれ。
ミャンマーヤンゴン出身の歌手・俳優。
音楽ユニットPRIZMAX(現 解散)の元メンバー。

ミャンマーヤンゴンでミャンマー人の両親のもとで生まれる。

両親が日本で勤務していたため、ヤンゴンで英語学校を行っていた祖母とミャンマーで暮らし、10歳の時に渡日。

14歳(中学2年生)の夏休み、ミャンマーに戻り、仏教寺院にて9日間の出家修行を行う。
出家修行終了直前に、面倒を見てくれていた先輩のお坊様が手相を見てくれ、「君は人前に立つ仕事をするね」と言われ、当時サッカー少年だったウィンは、当然サッカーで有名になるものと思った。

日本に戻ってきてすぐの練習でコーチに「お前はセンスがないからやめた方がいい」と言われ、「言われたことと全然違う」と思った。

しかし、サッカーの試合の帰りに当時好きだった女の子に会うために、待ちあわせ場所の恵比寿(スターダストプロモーションの事務所がある場所)のピーコックストアの前に立っているところをスカウトされ、スターダストプロモーションに所属となる。

当初は、本名の「ウィン(ミャンマー語で「明るい」の意)」だけで芸能活動を始めようとするも、オーディションなどの資料出しの時、カタカナの名前だけでは日本語が喋れないのではないかと思われる可能性があり、お芝居の仕事などの時に通りづらくなるから、名字を付けよう、ということになり、「森崎」という名字を事務所がつけた。

2008年にPrizmaXに加入。
イベントやライブ出演などで活動し、同時期に俳優としてもデビューする。
2010年8月、他のPrizmaXメンバー(島田翼を除く)とともにNAKED BOYZの結成メンバーとなり、同年末に卒業する。

2012年、尾崎豊追悼映画『シェリー』(公開は2014年)で初めて主演を務める。

2013年3月、PrizmaXとしてシングル「Mysterious Eyes/Go!」でCDデビュー。
セカンドシングル「Ready」は、森崎が作曲した。

2015年4月、Fm yokohamaにて初のラジオパーソナリティーをつとめる。

2016年6月、スティーヴン・スピルバーグ監督の新作『レディ・プレイヤー1』(2018年3月公開)で主要キャストに抜擢され、ハリウッドデビューが決まる。
PrizmaXとしての活動は一時停止。
その後撮影を終え、PrizmaXとして活動を再開する。

2018年8月、ミャンマー観光大使に任命される。

2020年3月27日、PRIZMAXはデビュー記念日に解散した。

2020年6月9日、「MORISAKI WIN」として7月1日に、配信シングル「パレード – PARADE」でコロムビア・インターナショナルからメジャーデビューする事が決定した。
7月1日、公式YouTubeチャンネルを開設。


出典: 「森崎ウィン」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

森崎さんのおばあちゃんが英語学校の先生をしていたので、森崎さんは幼い頃から英語に親しんでいたのですよ。。。そういうわけでスティーヴン・スピルバーグ監督が作った映画にも出ている。

 

レディ・プレイヤー1

あらすじ

2045年。
環境汚染や気候変動、政治の機能不全により世界は荒廃していた。
そのためスラム街で暮らさざるを得ない状況に陥った地球上の人類の多くは、「オアシス」と言うヴァーチャル・リアリティの世界に現実逃避し入り浸っていた。

現在オアシス内では、創始者であるジェームズ・ハリデー亡き後公表された彼の遺言により、ゲーム内に隠された3つの鍵を手に入れた勝者にはオアシスの所有権と5000億ドル(日本円で約56兆円)相当のハリデーの遺産が授与される「アノラック・ゲーム」が開催されていた。

ハリデーがオアシス内に隠したとされるアイテム“イースターエッグ”を手に入れるためプレイヤー“ガンター(エッグハンター)”達が日々鍵を手にする為の関門となるゲームに挑んでいたが、始まって5年が経過して、最初の鍵を手に入れるための試練である「レースゲーム」は見つかっていたものの、誰もクリア出来ていなかった。

オハイオ州コロンバスのスラムに住む若者ウェイド・ワッツことガンター・パーシヴァルも、勝者となるべく日々奮闘していたが、ゲームにはオアシスの独占を欲す世界第2位の大企業IOI(イノベイテブ・オンライン・インダストリーズ)社社長ノーラン・ソレントが送りこんだ、精鋭のガンターチーム“シクサーズ”もいた。

ウェイドは、誰もが考えていなかった予想外のプレイをすることで、みごと第一の試練を突破する。

攻略の鍵は、スタート地点の後方に向かって進むことであり、そこからショートカットすることが出来たのだ。

しかし、現実世界でも彼に魔の手が及び、レジスタンスのアルテミスやオンライン仲間たちと共に、ソレントの陰謀に立ち向かっていく事となる。


出典: 「レディ・プレイヤー1」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 


(lib20-10-22.jpg)


『拡大する』


『実際のページ』

 

僕はこの映画を2019年3月20日にバンクーバー市立図書館でDVDを借りて観ていたのですよ。

その当時、デンマンさんは森崎さんが映画に出ているのを知っていたのですか?

いや。。。全く知りませんでした。。。しかも、特撮は素晴らしいと思ったけれど、あまりいい映画とは思わなかったのですよ。。。

森崎さんの演技はどうだったのですか?

僕は森崎さんが出ていたという記憶が全くない。。。でも、番組で森崎さんが言うには、スピルバーグ監督が「君の英語の発音はいいねぇ〜」と褒められたそうですよ。。。実際、森崎さんが英語のインタビューを受けているのを聞くと、マジで英語がかなりしゃべれるのが分かるのです。。。

 

 

あらっ。。。森崎さんは流暢に英語を話してますわねぇ〜。。。素晴らしいですわァ〜。。。私には話しの3分の1ぐらいしか理解できませんわ。。。デンマンさんは、全て理解できるのでしょう?

僕だって、全部理解できませんよ。。。映画の内容の話だとか、映画界の話などは ほとんど分かりません。。。

マジで。。。?

ホントです。。。森崎さんが国際人であるように、僕は真由美ちゃんも国際人だと思いますよ。。。

でも、私は森崎さんのように流暢に英語を話すことができませんわァ〜。。。

あのねぇ〜、もちろん、英語が話せることは重要だけれど、ヤマザキマリさんも、森崎さんも国際人になれるような環境で育ってきたのですよ。。。ヤマザキマリさんのお母さんは国際的に演奏活動をしてきて、海外にも友達がいた。。。だから、ヤマザキマリさんは10代の頃から海外にでかけていた。。。森崎さんの場合も両親が日本で働いていたり、おばあちゃんが英語学校の先生をしていたり、幼い頃から国際的な経験を積んでいたのですよ。。。

でも、私は幼い頃から大人になるまで国際的な経験はゼロですわ。。。

でもねぇ〜、真由美ちゃんの親戚には、僕も含めて中国、アメリカ、カナダ、シンガポール。。。と海外で生活している人が居るのですよ。。。だから、真由美ちゃんはカナダに移住することに抵抗がなかった。。。そして現在バンクーバーでパン職人・べーグル職人として働いている。。。完璧な国際人ではないけれど、国際人になりつつある。。。

つまり、国際人になる人には、家庭環境とか、親戚の人たちとか、周りの人たちの影響が強いとデンマンさんは考えているのですか?

そうです。。。でもねぇ〜、こうして国境のないネットの出現もあり、今後は地球人であれば、誰もが国際人になってゆく可能性が出てきたと僕は思います。。。


(laugh16.gif)

【デンマンの独り言】


(kato3.gif)

真由美ちゃんは僕の従妹(今田 とも子)の娘です。
僕の言う事は素直に信じてくれる、とても性格のいい子です。(笑)

カナダにやって来てからはノース・バンクーバーでホームステーしながら
VCC (Vancouver Community College)にかよって
パン職人・ベーグル職人の勉強と実習に励んでいました。

2016年9月に卒業式を終えて、現在、バンクーバー市内の
旨いベーグルを提供するカフェ・レストランで働いています。

学生時代には、先生やクラスメートとの英会話には、まごつくことがあったそうです。
外国語というのは習得するのが実に大変です。

あなたは英会話を勉強してますか?
できれば、英語を話している国へ行って英会話を勉強するのが一番です。

でもねぇ~、英会話を勉強する方法に王道はありません。
人それぞれです。。。
自分に合った勉強法を見つけるのが、英会話の上達の早道だと僕は思いますね。

同じことを同じように勉強しても、人によって上達が違うのですよ。
僕の経験で言っても、人によって、語学の才能というのはまちまちです。

太田将宏老人のように、40年もカナダに住んでいるのに
英会話が満足にできずに 6人に成りすまして日本語でブログにコメントを書きなぐって余生を過ごす人もいます。

なかには、日本語を忘れてしまうほど、英語にどっぷりと浸かってしまう人もいます。
20年以上英語圏で英語を話してますけれど、
僕は、漢字を忘れることはあっても、日本語を忘れることはありません。

もちろん、今でも、英語を話すよりも日本語を話す方が楽に話せます。
僕自身は語学の才能があるとは思ってませんが、
僕が、カナダ人と笑いながら話しているのを聞いていると、
真由美ちゃんには さっぱり 何を話しているのか解らないと言うのですよね。

僕がペラペラと英語を話しているように見えるのだそうです。
早くデンマンさんのように 英語がしゃべれるようになりたい、と真由美ちゃんは言います。

しかし、僕は、常に、英語を日本語のように しゃべれたら いいなと思っているのですよ。
外国語を母国語のように話すのは、本当に難しいと思います。

いずれにしても、真由美ちゃんは小さい頃からの夢が叶ってぇバンクーバーにやって来たのです!

 


(inflight2.jpg)


(airport1b.jpg)

 

ところで、あなたはバンクーバーに行ったことがありますか?

とっても素敵な街ですよ。

 


(stanley50.jpg)


(seawall3.jpg)


(seawall2.jpg)

世界で最も住みやすい街バンクーバー


(wetsuit.jpg)


(wetsuit3.jpg)


(gastown20.jpg)


(canplace22.jpg)

 

ビデオを見ても、なんだかワクワクしてくるでしょう?

卑弥子さんが バンクーバーにやって来たのは 2008年の元旦の2週間ほど前でした。

クリスマスをバンクバーで過ごして、それから元旦の“Polar Bear Swim (寒中水泳)”に参加したのです。

 


(polar10.jpg)

 

上のビデオを見ると、まるで真夏のようでしょう?

ところが気温は確か2度ぐらいでした。

水の中の方が暖かかったのです。

とにかく、バンクーバーには面白い人たちがたくさん居ますゥ。

あなたも、お暇と お金の余裕があったらぜひ出かけてみてください。

では、また興味深い、面白い記事を書くつもりです。

だから、どうか、あなたも またやって来てくださいねぇ~~。
じゃあね。


(hand.gif)

 

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:


ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる


下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』


(santa85b.jpg)

『ピラミス@美術館』

『夢のバンクーバー』

『バンクーバーの屋上で』

『オランダ移住』

『カナダ移住の夢』

『ディープコーヴ』

『浴衣のバンクーバー』

『黒豚テリマヨ』

『イタリアのベーグルとサルサ』

『花火大会』

『乙女老い易く学成り難し』

『真由美ちゃん@英語』

『真由美ちゃんダントツ』

『日本よい国天国だ!』

『やっぱりどこか狂ってる』

『日本で再会』


(utsunomiya10.jpg)

『乙女力@宇都宮』

『いい出会いの連鎖』

『笑顔の乞食おばさん』

『ニュートンの暗い秘密』

『新年@バンクーバー』

『スープキッチン@新年』

『猫と癒し』

『猫と犬と癒し』

『大通りde水の滑り台』

『イルカとワンちゃん』

『カワウソ@スタンレー公園』

『生パンツ系男子とベトナム兵』

『愛と癒しの涙』

『ダンスとノーベル賞』

『おもてなし』

『思い出ポロポロ』

『ロブソンの5月』


(biker302.jpg)

『ネットが不倫を連れて来る』

『ペットと良心』

『夢のデニッシュ』

『パンツァネッラ』

『12歳少女の短命』

『行田の伯母さん』

『パン職人修行』

『タイムマシーン』

『ルンルンdeサルサ』

『天国のワンちゃん』

『万の風になって』

『プロシュット』


(mayumi76.jpg)

『なせば鳴る音楽』

『日本人女学生行方不明』

『日本人女学生死亡』

『ガレット』

『那須高原の紅葉』

『希望とロマン』

『錯視 錯覚』

『マンボ@バンクーバー』

『オリーブオイル』

『スコーンとプディング』

『5月のロブソン』

『病院食の間違い』

『プレミアム・ジャパン』

『自然の摂理を無視すると…』

『夢のデニッシュ・悪夢のマーガリン』


(juneswim.jpg)

『パリ風カフェ』

『どこか狂ってるわ』

『行田遠野物語』

『行田物語 ピアノ』

『行田物語 猫』

『行田物語 母の懐』

『行田物語 ケネディ暗殺』

『行田物語 病院食』

『行田物語 お股の花々』

『晩香坡物語 ジャズ』

『行田物語 悪夢』

『行田物語 社長』

『行田物語 棺桶に入るまで』

『宝田百合子@インド』

『行田物語 ちゃぶ台』

『行田物語 アカギレ』

『行田物語 にぼし』

『ノーベル賞がなぜ?』


(dance011.jpg)

『トゥーランドットとかぐや姫』

『ゲソとワケギ』

『シェフ バベット』

『まんじゅう@富岡』

『ん?トゥーランドット』

『女の子の夢』

『イヴォワールのレストラン』

『151歳の誕生日』

『お皿をぺろぺろ』

『ポップス@蕎麦屋』

『検便と回虫』

『スコーンとプディング』

『スコーン姉妹』

『ピラミス 美術館』

『明治屋 圧力ジャム』

『雁とがんもどき』

『グルメブーム』

『行田物語@ナポリ』

『栗餅』

『日本で再会ね』

『コロッケパン』

『日本のパン文化』

『小女子』


(surfin2.gif)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

ハフマヌーンの愚劣隊長

ハフマヌーンの愚劣隊長

 


(lookanim.gif)


(taicho91.jpg)

 


(taicho91.jpg)

バークレーさん、お久しぶりです。。。15年ぶりですよ。。。今ではデンマンさんと呼ばれているのですねぇ〜。。。どうして名前を変えてしまったのですか?


(kato3.gif)

オマエと関わり合っていた頃、僕のブログを立ち上げるたびに削除されるというような状況だったのだよ。。。当時のハンドル名が「バークレー」で、このハンドル名を使っていると、たびたびブログやホームページが削除された。。。

 


(2ch20428.gif)

『【毒舌】バークレーのブログのヲチ【自己増殖】』

 

そうでした。。。そうでした。。。2ちゃんねるでは「バークレー」さんのスレッドまで立って、こうして盛んに祭(まつ)られたのですよ。。。うへへへへへ。。。

オマエは上のバカ奴らと一緒になって騒がなかったのォ〜?

一緒になって騒ぐのはバカらしのでオイラは傍観してました。。。 ところで、どういうわけで15年も経っているのにオイラを思い出して呼び出したのですか?

ちょっと次のリストを見て欲しい。。。

 


(gen20-09-07.jpg)


『拡大する』


『現実主義者 馬鹿の見本』


『ハフマヌーン帝国の愚劣隊長と


バークレーとの面白い対話』

 

これはアメブロの僕のブログで“いいね”が付いた記事のリストだよ。。。

あれっ。。。『ハフマヌーン帝国の愚劣隊長とバークレーとの面白い対話』に“いいね”が付いているではありませんか!

そうなのだよ。。。

誰が“いいね”を付けたのですか?

最近アメブロでブログを始めた「なな」さんが“いいね”を付けたのだよ。。。

 


(nana20-09-07m.jpg)


『拡大する』

 

彼女のブログを見たら次のようなページが出てきた。。。

 


(nana20-09-07.jpg)


『拡大する』


『実際のページ』

 

9月7日の時点で記事が8つ。。。まだ始めたばかりなんだよ。。。

あれっ。。。娘の同級生のK君に思いを打ち明けられたみたいで、それで心が切なく揺れているおばさんが書いているブログなのですねぇ〜。。。きゃははははは。。。

そうやって笑っている場合じゃねぇ〜だろう!

笑ってはいけませんか?

そんなことより、どうしてハフマヌーン帝国の愚劣隊長のオマエの事が書いてある記事に“いいね”を付けたのか、そのことの方が重要だと思わないのか?

そうでした。。。どうしてオイラのことが書いてある記事に“いいね”を付けたのでしょうか?

もう一度「いいねリスト」を見て欲しい。。。

 


(gen20-09-07b.jpg)


『拡大する』


『現実主義者 馬鹿の見本』


『ハフマヌーン帝国の愚劣隊長と


バークレーとの面白い対話』

 

『現実主義者 馬鹿の見本』に“いいね”が527個付いているけれど、この記事は2017年12月23日に公開されたものなんだよ。。。

3年も前に投稿された記事に“いいね”が付いているというのは、どういうことですか?

この記事は青枠で囲んである『忘我の境@英国』の中で紹介されているのだよ。。。つまり、527個のうち最近付いた3個の“いいね”は、この『忘我の境@英国』を読んだアメブロ会員が、その記事の中のリンクをクリックして『現実主義者 馬鹿の見本』を読み、“いいね”を付けたのだよ。。。

 


(gen20-09-07m.jpg)


『拡大する』

 

15年も前の記事を読んだ「なな」さんも『忘我の境@英国』を読んだのですか?

まず間違いなく『忘我の境@英国』を読んだと思う。。。

その根拠は。。。?

「なな」さんの娘さんは『忘我の境@英国』の中に出てくる山中千鶴ちゃんや桑田真理亜ちゃんと同年代なのだよ。。。

 


(ip173193.jpg)


(ip8119.jpg)

 

なるほどォ〜。。。それで『忘我の境@英国』を読んだ可能性が強いということですか?。。。でも『現実主義者 馬鹿の見本』に“いいね”を付けずに、『ハフマヌーン帝国の愚劣隊長とバークレーとの面白い対話』に“いいね”を付けたというのは、どういうことですか?

それは「なな」さんが次の箇所を読んだからだよ。。。

 


(fool932.png)

 

わあああああァ〜♬〜

うれしいなあああァ〜。。。

オイラの名前がイギリスまで

知れ渡るようになりました。

これもデンマンさんが足掛け

4年にわたってオイラのことを

書いてくれたおかげです。

 

しかも、記事を読んでくれたのが

なんと17歳の可愛いマリアちゃん

なんですよゥ!

 

(beachbg.jpg+heartx.gif)

(girl214b.png)

 

これが喜ばずに居られるでしょうか!

年のことも忘れて

オイラは喜ばずには居られないのです!

 


(smilerol.gif)

 

わァ~♬~

うれしいなあああァ~。。。

やはり、仏のデンマンさんは

すばらしいです。。。

オイラの事が書いてある記事に

500個の“いいね”が付いたにも

かかわらず、さらにオイラのことを

とりあげて、こうして記事を書いて

くれるのです。。。

もしかすると、こうして世界的に

有名にあるとノーベル平和賞が

もらえるかも。。。

 

もうこうなったら、

恥も外聞もなく

天にも舞い上がる気持ちで

スキップしたいと思います。

皆さんもオイラと一緒に

スキップしてくださいねぇ〜。

 


(smilejp.gif)

 

わァ~♬~

うれしいなあああァ~。。。

ルンルンルン

ランランラ~♪~ン

もう一つおまけに

ルンルンルン

ランランラ~♪~ン

ああァ~♬〜、

うれしいなあああァ~。。。


『現実主義者 馬鹿の見本』

『忘我の境@英国』より
(2020年9月6日)

 

このような50歳を過ぎたおっさんが自分の娘に接近したらどうしようか?。。。そう考えた「なな」さんは鳥肌が立つほどに、この男を嫌悪したのだよ。。。

それで『現実主義者 馬鹿の見本』を読むのも止めにしたのですか?

そうだよ。。。

でも、『ハフマヌーン帝国の愚劣隊長とバークレーとの面白い対話』の記事をどこで見つけたのですか?

だから、『忘我の境@英国』の記事の中だよ。。。

 


(boga20-09-08.jpg)


『拡大する』


『実際のページ』

 

「なな」さんはアメブロでブログを始めたばかりなんだよ。。。だから、 月別  の長い履歴を見てびっくりしたのだよ。。。一番古い記事はと見れば、2005年6月が目についた。。。 それでそのリンクをクリックしたのだよ。。。

 


(ame2005-06.jpg)


『拡大する』


『実際のページ』

 

なるほどォ〜。。。このページに2005年6月24日に投稿された『ハフマヌーン帝国の愚劣隊長とバークレーとの面白い対話』が出てくるのですねぇ〜。。。

そういうことだよ。。。もちろん、「なな」さんは上のページのリンクをクリックして記事を読んだわけだよ。。。

 


(haf20-09-08.jpg)


『拡大する』


『実際のページ』

 

でも。。。、でも。。。、どういうわけでバカバカしい上の記事に「なな」さんは“いいね”を付けたのでしょうか?

なぜなら、「なな」さんは次の箇所を読んだのだよ。。。

 

は~~い! バークレーさんのお言葉に甘えて、ハフマヌーン帝国の愚劣隊長で一生終ります。 英語は今後も絶対に勉強しません。 くどいですけど、覚えて置いてくださいね。精神年齢も14歳のままですよ。ずううう~~~とね。へへへへ。。。。なぜなら、ハフマヌーン帝国の愚劣隊長で居るにはその精神年齢を保たねばならないんで~♪~す。

分かったよ!。。。分かったから、もういいかげんにバカやめろ!これを読んでいる、たくさんのネット市民の皆様が呆れているじゃねえか!。。。馬鹿次郎!。。。お前はね、もう有名になってんだよ! ここでいい物を見せたげるからね。 メンタマを大きくして、よ~~~く見るんだよォ~~!!!

 


(gog70105d.png)


『拡大する』

 

こうして オマエのことがGOOGLEでも取り上げられている! こういうよな訳だからね。 井の中の次郎! 精神年齢を少なくとも21歳にしておくれよね。 オマエも僕も、いつまでハフマヌーン帝国の愚劣隊長をやっているわけには行かないんだよ! なぜなら、このすべての投稿がカナダの国会図書館とアメリカの国会図書館に保存されるからだよ! だからね、オマエも僕も、もう一度真面目にならねばならないんだ! 分かった?


『ハフマヌーン帝国の愚劣隊長とバークレーとの面白い対話』より
(2005年6月24日)

 

「なな」さんは上の箇所を読んでリンクをクリックして現時点での検索結果を見たのだよ。。。すると次のような結果が出てきた。

 


(gog20-09-09.jpg)


『拡大する』


『現時点での検索結果』

あれっ。。。1,190件もヒットするのですかあああァ〜。。。!

そうだよ。。。 15年前には、たったの30件だった。。。それが今では1,190件に増えている。。。つまり40倍に増えているのだよ。。。それで「なな」さんは記事に“いいね”を付ける気になったのだよ。。。

マジっすかあああァ〜?

僕の言うことが信じられないのならば、オマエが自分で「なな」さんのブログにコメントを書き込んで訊いてみればいいじゃないかァ〜!?

でも。。。、でも。。。、K君に告白されて心が揺らいでいる「なな」さんにコメントを書いて尋ねるのは、わてには恥ずかしくてできません!

あのさァ〜、オマエは49歳になったのだよ。。。「なな」さんと同世代じゃないかァ!。。。恥ずかしいなどとK君の真似をしている場合じゃないのだよ!

分かりました。。。じゃあ、明日の朝、味噌汁で顔を洗って勇気を振り絞り、コメントを書こうと思います。。。 うへへへへへへ。。。


(laugh16.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

 

ですってぇ~。。。

馬鹿バカしいと思いながらも、最後までよく読んでくださいました。

デンマンさんも喜んでいると思います。

とにかく、ネットには、いろいろと変わった人がいますわァ。。。

ヴァイアグラを飲みすぎて オツムがイカレた人もいれば、

他人に成りすまして ヤ~らしいコメントを書き込む人もいます。

また、誰彼かまわずに“スパム”を飛ばす嫌われ者もいます。

とにかく、ネットには。。。 特にアメブロには “めちゃキモい”人たちがウヨウヨしています。

まるで得意になって、愚かな事をして遊んでいます。

また、見かけは普通のブログでも、悪徳スパマーが手を変え品を変えて 悪徳サイトへ誘い込もうとしています。

コメントスパムで褒められると、ついついその気になって、相手のブログへ飛んでゆき、お返しに、あるいはお礼にと思って 読者に登録してしまったりするものですわァ。

どうか スパマーの思う壺にはまらないでくださいね。

悪徳スパマーは悪徳サイトへ誘おうと てぐすね引いて待っているのですから。。。

悪徳サイトを利用して、メールアドレスで登録したりすると、あなたのメールアドレスは第3者や第4者に売られてしまう危険性があります。

あなたは、そのようなスパム・コメントや 成りすましスパマーには騙されないと思い込んでいるでしょう?

でもねぇ~、もしかすると騙されているかもよ。。。

とにかく気をつけてくださいね。

次回も、さらに面白い話題が続きます。

あなたも、どうか、また記事を読みに戻ってきてください。

では。。。


(hand.gif)

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる


下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『ちょっと心にぐっと来る動物物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』



(spacer.png+betty5de.gif)
(hiroy2.png+betty5d.gif)
『スパマー HIRO 中野 悪徳業者』

 

ベクトル成城店に注意 悪徳 不誠実 いいねスパマー
(vector2.jpg)

『薬屋リファラスパマー』

『ロシアリファラスパマー』

『ヴァイアグラ・リファラスパマー』

『ネット不適応者』

『強壮剤リファラスパマー』

『ヴァイアグラ馬鹿 スパマー』

『ネット不適応者を探して』

『ロシア投資スパマー』

『ケネディ家と現実主義者』

『またヴァイアグラ馬鹿』


(rengey5.jpg)

『京都アニメ放火事件と現実主義者』

『ニャースと大介スパマー』

『ビットコインバブル』

『ニャースと大介 悪質スパマー』

『ニャースと大介 反省』

『ニャースと大介 現実主義者』

『Limitedheart 現実主義者』

『ニャースと大介 無反省』

『美容ブログ スパマー』

『現実主義者の女』


(hooker08.gif)

『ニャースと大介 Limitedheart』

『現実主義者 海外美女』

『ネット不適応者とは』

『現実主義者@ランキング』

『エロいけれど』

『犯罪者ブロガーつなんち』

『悪名高いニュースと大介』

『馬鹿の見本なのね』

『パクリブロガーつなんち』

『愚かなニャースと大介』

『馬鹿の見本が増えてる』

『詩と馬鹿の見本』

『いいね馬鹿』

『ベルばらと現実主義者』

『悪ガキ 現実主義者』


(bigcash.jpg)

『現実主義者の生き方』

『現実主義者@Singapore』

『現実主義者@クリスマス』

『北海の女と現実主義者』

『犯罪サイトと現実主義者』

『天才と現実主義者』

『あるネット不適応者』

『二ャースと大介』

『ショパンと現実主義者』

『千葉の女と現実主義者』

『アホの再来』

『注目の的 現実主義者』


(yuri03.jpg)

『馬鹿の見本に注目』

『中国情報ジャーナル スパマー』

『金魚のウンコ 現実主義者』

『現実主義者@エチュード』

『現実主義者と木村花さん』

『海外美女とクズの廃人』

『未亡人と現実主義者』

『悪徳美容ブログ』

『中国スパマーの悩み』

『広東スパマー』

『ルイヴィトンスパマー』

『深中国スパマー』


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)<

コヴェント・ガーデン

 

コヴェント・ガーデン

 


(covnite.jpg)


(june901b.png)

 


(june001.gif)

デンマンさん。。。 夜のコヴェントガーデン付近を歩いて きれいな女性をナンパしたのですか?

僕がわざわざロンドンまで行って きれいな女性をナンパするように見えますか?

見えますわ。。。

その根拠は。。。?

だってぇ〜、デンマンさんはソーホー地区をブラついて 飾り窓の中のセクシーな女性に見とれていたではありませんかァ〜!

 


(sohogal2.jpg)

 

別に見とれていたわけではありません。。。アムステルダムの飾り窓のことが想い出されたので ほんの少しの間だけ眺めていただけですよ。。。

それからコヴェントガーデンへ行って きれいな女性をナンパしたのでしょう?

ジューンさんはナンパにこだわっているけれど、最近、ジューンさんはナンパされたのですか?

そのようなツッコミを入れないでくださいなァ〜。。。わたしがデンマンさんに質問しているのですから。。。

あのねぇ〜、僕がコヴェントガーデンを取り上げたのは、実は次のリストを見たからですよ。。。

 


(liv20-09-04.jpg)


『拡大する』


『Covent Garden』

 

これはライブドアの僕の「徒然ブログ」の日本時間で9月4日の午前2時45分から午前8時52分までのアクセス者の記録です。。。赤枠で囲んだ箇所に注目して欲しいのですよ。。。

あらっ 。。。9月4日の午前4時34分に GOOGLE で検索して Covent Garden を読んだネット市民が居たのですわねぇ〜。。。

そうです。。。実は、ポーランドに住んでいるマリカ・チョムスキーさんが読んだのですよ。。。

またIPアドレスを調べてマリカさんが読んだことを突き止めたのですか?

そういうことです。。。

 


(ip144146.jpg)

 

マリカさんが住んでいる町はワルシャワからどれくらい離れているのですか?

ワルシャワから南へ100キロほど行ったところです。。。車でなら1時間半ほど走るとオストロビエツ・シフィエントクシスキの町につきます。

 


(ostro20-09-04.jpg)


『拡大する』

 

。。。で、マリカさんは、この町で何をなさっているのですか?

地元の高校でヨーロッパの歴史を教えているのですよ。。。

 


(girl230c.jpg)

 

つまり、歴史の授業の下調べのためにネットで検索したのですか?

そういうことです。。。次のように検索したのですよ。。。

 


(cov20-09-04.jpg)


『拡大する』


『現時点での検索結果』

 

“Covent Garden” barclay1720 を入れて検索したのですわねぇ〜。。。

そういうことです。。。

。。。で、マリカさんは記事を読んで授業に使えるようなエピソードでもゲットしたのですか?

興味深いエピソードをゲットしたのですよ。。。 読んでみてください。。。

 

Covent Garden

 


(covent01.jpg)


(covent06.jpg)


(covent05.jpg)

Royal Opera House

 

The land, now called “the Covent Garden”, was seized by Henry VIII, and granted to the Earls of Bedford in 1552.

The 4th Earl commissioned Inigo Jones to build some fine houses to attract wealthy tenants. Jones designed the Italianate arcaded square along with the church of St Paul’s.

The design of the square was new to London, and had a significant influence on modern town planning, acting as the prototype for the laying-out of new estates as London grew.

A small open-air fruit and vegetable market had developed on the south side of the fashionable square by 1654.

Gradually, both the market and the surrounding area fell into disrepute, as taverns, theatres, coffee-houses and brothels opened up; the gentry moved away, and rakes, wits and playwrights moved in.

By the 18th century it had become a well-known red-light district, attracting notable prostitutes.


(covent04.jpg)

An Act of Parliament was drawn up to control the area, and Charles Fowler’s neo-classical building was erected in 1830 to cover and help organise the market.

The area declined as a pleasure-ground as the market grew and further buildings were added: the Floral Hall, Charter Market, and in 1904 the Jubilee Market.

By the end of the 1960s traffic congestion was causing problems, and in 1974 the market relocated to the New Covent Garden Market about three miles (5 km) south-west at Nine Elms.

The central building re-opened as a shopping centre in 1980, and is now a tourist location containing cafes, pubs, small shops, and a craft market called the Apple Market, along with another market held in the Jubilee Hall.

Covent Garden, with the postcode WC2, falls within the London boroughs of Westminster and Camden, and the parliamentary constituencies of Cities of London and Westminster and Holborn and St Pancras.

The area has been served by the Piccadilly line at Covent Garden tube station since 1907; the journey from Leicester Square, at 300 yards, is the shortest in London.


SOURCE: “Covent Garden”
Wikipedia, the free encyclopedia


現在「コヴェントガーデン」と呼ばれているこの土地は、ヘンリー8世によって占有され、1552年にベッドフォード伯爵に与えられた。

第4代ベッドフォード伯爵は裕福なテナントを引き付けるためにいくつかの素晴らしい家を建てるようにイニゴ・ジョーンズに依頼した。ジョーンズは、セントポール教会と一緒にイタリア風のアーケード・スクエアを設計した。

広場のデザインはロンドンにとって新しいものであり、ロンドンが成長するにつれて新しい不動産のレイアウトのプロトタイプとして機能し、現代の都市計画に大きな影響を与えた。

1654年までに、おしゃれな広場の南側に果物と野菜の小さな野外マーケットができた。

居酒屋、劇場、喫茶店、売春宿がオープンするにつれ、マーケットと周辺地域の両方が徐々に評判を失なっていった。紳士たちは去り、道楽者や遊び人、小利口な抜け目のない人間や劇作家がやって来た。

18世紀までには名高い売春婦が集まるよく知られた歓楽街になった。

国会法がこの地域を管理するために作成され、チャールズ・ファウラーの新古典主義の建物が屋内マーケットにするためと組織化を支援するために1830年に建てられた。

マーケットが成長し、さらにフローラルホール、チャーターマーケット、そして1904年にはジュビリーマーケットが追加されたため、このエリアは歓楽街としては衰退していった。

1960年代の終わりまでに交通渋滞が問題を引き起こし、1974年に市場はナインエルムズの南西約3マイル(5 km)にある新しいコベントガーデンマーケットに移転した。

中央の建物は1980年にショッピングセンターとして再オープンし、現在はカフェ、パブ、小さな店、アップルマーケットと呼ばれる工芸品市場、ジュビリーホールで開催される別のマーケットも含めて一大観光地になっている。

郵便番号WC2で知られるコベントガーデンは、ロンドンのウェストミンスターとカムデンの自治区に属し、議会選挙区ではロンドンとウェストミンスター、及びホルボーンとセントパンクラスの議会選挙区に属している。

この地域には、1907年以来、コベントガーデン駅のピカデリー線が運行している。 300ヤードのレスタースクエアからの運行距離は、ロンドンで最短である。

【デンマン訳】

 

つまり、マリカさんはコヴェント・ガーデンの歴史について、何か面白いエピソードはないか?。。。そう思ってネットで調べたわけですか?

そういうことですよ。。。そしたら、僕の記事に出くわしたというわけです。。。

高校生には、ちょっとばかり刺激的な内容を含んでいるのではありませんか?

コヴェント・ガーデンが18世紀までには名高い売春婦が集まるよく知られた歓楽街になった、という程度のことでは、最近の高校生は驚きませんよ。。。

そうでしょうかァ〜?

なにしろ、18世紀は同性愛が見つかれば死刑になったという時代だったのですよ。。。それが今では同性同士の結婚が認められているのだから。。。少なくともカナダやイギリスでは同性同士が結婚して、大手を振って生活していますよ。。。ジューンさんも、身近にそういう人たちがいるでしょう?

そうですわねぇ〜。。。でも、バンクーバーの高校で男生徒の同性愛カップルが差別を受けたというニュースがありましたわ。。。

 

 

うん、うん、うん。。。確かに、そういうニュースがありました。。。でも、そのうち、そんなカップルも珍しくなくなりますよ。。。

そうでしょうか?

何でもありの時代ですよ。。。ヘテロセクシャル、ホモセクシャル、バイセクシャル、レスビアン、アセクシャル、トランセクシャル、クロスドレッサー、。。。近頃の高校生は、どのようなモンスターが出てきても、もう驚きませんよ。。。


(laugh16.gif)


(june902.jpg)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ〜。。。

あなたもゲイだとかレスビアンの人達を見ても、もう驚きませんか?

ええっ。。。 「そんなことはどうでもいいから、他にもっと楽しい話をしろ!」

あなたは、そのような命令口調で あたくしに強要するのでござ~ますわねぇ~。。。

分かりましたわぁ。。。 では、ちょっと次のクリップを見てくださいなァ。。。

思わず笑ってしまいますわ。。。

 


(dog807.jpg)

 

 

 

ええっ。。。? 「犬や猫のことは どうでもいいから他のもっと面白い話をしろ!」

あなたは、更に あたくしに そのような強い口調でご命令なさるのでござ~ますかァ~?

分かりましたわァ~。。。

あなたが、そうおっしゃるのならば、あたくしの個人的なお話しをいたしますわァ。

実は、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”が殿方の注目を集めているのでござァ~ますわよう。

うふふふふふふふ。。。

ええっ。。。 信じられないのでござ~ますかァ?

じゃあ、ちょっと次の検索結果を見てくださいまし。。。

 


(gog60409a.png)


『拡大する』


『現時点での検索結果』

 

「卑弥子 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわァ~。。。

うふふふふふふ。。。

あなたも、ビックリするでしょう?

ジムで汗を流して “ヴィーナスのえくぼ”をゲットいたしました。。。


(buttdimp5.jpg)

スタイルもよくなったのでござ~ますわァ~。。。


(curtain5.jpg)

いかがでござ~ますか?

でも。。。、でも。。。、“天は二物を与えず”と申します。。。

これほどスタイルが良くなったというのに、あたくしは未だに独身でござ~ますのォ。。。

世の中は、なかなか思うようにゆかないものですわァ~。。。

ところで、あなたは『万夜一夜物語』を読んだことがござ~ますかァ~?

“千夜一夜物語”ではなくてぇ、“万夜一夜物語”ですわ。


(manya02.jpg)

『万夜一夜物語』

デンマンさんが書いたのでござ~ますわよう。

ええっ。。。 10,001の話が書かれているのかってぇ~。。。?

とにかく、上のリンクをクリックして読んでみてくださいませぇ~。。。

あなたも、絶対にビックリするようなお話が出てきますわァ。

『万夜一夜物語』だけでは、物足りないのでしたら、

ジューンさんが登場する面白いお話もたくさんあります。

興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましねぇ~。。。

(roten101.jpg+cleoani.gif)

『海外美女を探して』

『パンツde大晦日』

『Tバック@三賀日』

『とっちゃん坊や』

『また千夜一夜』

『初恋の思い出』

『乳房振動とブラ』

『白木屋お熊』

『肥後ズイキ@セルビア』

『紐パン熟女』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『美尻のビーナス』

『紐パン熟女に惹かれて』

『あの二人が気になって』

『肥後ズイキ@セルビア』

『私は下着女装です』

『ドリアンを探して』

『パリの日本人』

『ペンタゴン式己を疑う』

『薄命な女と映画』

『ラーメン@ベリーズ』

『うるさい夏』

『芭蕉と英語』

『晩香坡物語 生誕150年』

ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『エレクトラde中国』

『熟女パンツ』

『ラーメン@カイロ』

『スパム@クルーズ』

『えくぼ@ヴィーナス』

『孀婦岩』

『モナリザ描きたい』

『ジューンさんの下着』

『やっぱり熟女下着』

『じゅくじょのぱんてー』

『事実と芸術』


(miro0018.jpg)

『パクられたパンツ』

『タイタニック@スリランカ』

『蜂@泣きっ面』

『外人が知っている美しい日本』

『腰使い 熟女』

『熟女の下着姿』

『腰を使う熟女』

『ブログランキング』

『曇ってきた@英語』

『出会い系より腰を使う熟女』

『ブリスベンの従妹』

『アヒルが行く』

『英語ペラペラ勉強法』

『ブラウザとOS』

『二千二夜物語』

『大晦日のおばさんパンツ』


(fan004.jpg)

『下着の人類学』

『万夜一夜@ロンドン』

『ヒトラーとトランプ』


(malata019c.jpg)

『ロマン@マルタ島』

『下着の人類学@大阪』

『ハロー@ロックビル』

『孀婦岩の人気 なぜ』

『マグダラのマリア 娼婦か聖女か?』

『マグダレンの祈り』

『女子大生の多い混浴』

『アンネフランクの言葉』

『ビクトリア朝の慎み』


(sylvie122.jpg)

『銭湯と円タク』

『女装ブログ』

『注目記事』

『風邪が治るまで』

『ひょうたんde徒然』

『アヒルが並んだ』

『なぜ骨なの?』

『にべもない』

『やぶさかでない』

『おかしなパンツ』

『ハッピーパンツライフ』

『レダの卵』

『五徳』

『センパイ』

『矯正下着』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)

 


(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』


(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。 バーィ


(juneswim.jpg)


『きれいになったと感じさせる


下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』


(byebye.gif)

センパイ

 

センパイ

 


(senpai3b.png)


(senpai1.jpg)


(perfect3.png)


(june901.jpg)

 


(kato3.gif)

ジューンさん。。。今日はジューンさんに質問があるのですよ。。。


(june001.gif)

あらっ。。。デンマンさんがわたしに質問なんてぇ、珍しいですわねぇ〜。。。まさか、「パンツはいてますかァ〜?」という質問ではありませんよねぇ〜。。。

そういうオシもな質問はしません。。。先日、次の映画を観たのですよ。。。

 


(perfect1.png)


(lib20-08-24.png)


『拡大する』


『実際のページ』

あらすじ

ネタバレ注意

東京のインテリアデザイン会社に勤める川奈つぐみは、設計事務所との飲み会で、高校の同期生・鮎川樹(いつき)と再会する。樹は大学生のとき事故に遭い、以来、車椅子生活を送っていた。

 


(perfect2.jpg)

 

つぐみはそのことに戸惑いつつ樹を気にかけるようになるが、そんな折、樹が褥瘡のため入院したと聞かされる。

病床でコンペティション用の作業を進める樹を見たつぐみは彼の作業を手伝う。
この一件を経て樹への恋心を自覚したつぐみは樹に告白し、樹も彼女の想いを受け入れる。

交際を始めた2人は、地元である長野県松本市に帰省する。つぐみは樹との交際を家族に報告するが、父親から難色を示される。

また、つぐみと樹は、同じく松本に帰省していた高校の同期生・是枝洋貴と顔を合わせる。是枝は高校時代、つぐみに好意を抱いており、再会を機につぐみにアプローチするようになる。

東京に戻ったつぐみは、樹の介護ヘルパー・長沢と出会う。長沢は樹に好意を寄せており、彼女の存在に不安を抱いたつぐみは樹と会う回数を増やすが、無理がたたり、駅のホームから転落する。

樹は、自分がつぐみを不幸にしていると考え、つぐみに別れ話を切り出す。そして、樹と別れたつぐみのもとに、今度は父親がガンを患ったという連絡が入る。つぐみは退職して松本に帰ることを決意する。つぐみの決意を知った是枝は彼女に告白し、2人は交際を始める。


出典:「パーフェクトワールド (有賀リエの漫画)」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

面白そうですわねぇ〜。。。わたしもDVDを借りて観てみようかしら?

ぜひ観てください。。。観終わっても時間を無駄にしたとは思いませんよ。。。それにジューンさんにとっては日本語の勉強にもなりますからねぇ〜。。。

それで、わたしに質問というのは、どういうことですか?

あのねぇ〜、僕は日本の映画を観る時には、いつも英語の字幕をオンにして観るのですよ。。。英語の勉強になりますから。。。

つまり、その字幕のことで質問があるのですか?

そうです。。。実は、この映画の中で高校の後輩の川奈つぐみが 卒業後しばらくぶりに会った先輩の一級建築士の鮎川樹(いつき)に対して、名前を呼ばずに“先輩”を連発するのですよ。。。

 


(senpai5.jpg)

 

名前を言わずに、 ただ「センパイ」と呼ぶのですか?

そうです。。。カナダ人には先輩、後輩という考え方が、日本のようではない。。。年に関わらず、カナダ人は、アメリカ人も同じですが、親しくなれば性別に関わらず、ファーストネームで呼び合う。。。だから、僕は英語ではどのような単語を「先輩」に当てているのか興味があった。

英語ではどの単語を当てていたのですか?

それがアルファベットで「senpai」となっていたのですよ。。。

あらっ。。。日本語をそのままアルファベットに変換しただけですか?

そうです。。。

デンマンさんは、どの英単語を期待していたのですか?

senior ですよ。。。

でも、それは、ちょっと可笑しいと思いますわ。。。

どうして可笑しいのですか?

だってぇ〜、カナダでも、アメリカでも、senior と言ったら、まず“セニアーシチズン”、つまり65歳以上の人のことを対象にした呼び名ですわァ〜。。。

でも、4年制高校や大学の1年生をフレッシュマン(freshman)、2年生をソフォモア(sophomore)、3年生をジュニア(junior)、4年生をセニアー(senior)と言うではありませんか!

確かに、そのように言いますわァ〜。。。

でしょう!?。。。それに、GOOGLE で意味を調べると次のように出てますよ。。。

 


(senior01.png)


『拡大する』


『現時点での検索結果』

 

このように senior には「先輩」という意味もあると書いてあるのです。。。

でも、形容詞として「年上の」という意味で、日本では「先輩の」という意味でも使うことができるということだと思うのです。。。その証拠に名詞としての「先輩」は出ていません。。。

つまり、“Senior” と呼びかけるのは英語の使い方としては可笑しいのですか?

そもそも日本と違って、年上の人を特に先輩として持ち上げるような風潮はありませんわァ〜。。。デンマンさんも知ってのとおり、小さな会社では社長に対してもファーストネームで呼びかけるのですから。。。

うん、うん、うん。。。確かに、そうですよ。。。僕がコンサルティング会社に勤めていたとき、150人ぐらいの従業員がいたけれど、社長をフレッドとファーストネームで読んでいました。。。

そうでしょう?。。。だから、年上の人に対して“Senior” と呼びかけるのは可笑しいですわよ。。。第一、デンマンさんは、そう呼びかけられたことがありますか?

ありません。。。

“Senior” と呼びかけるのを聞いたことがありますか?

一度も聞いたことがありません。。。

。。。でしょう!?。。。それに最近では、英語に「先輩」に当たる単語がないので SENPAI という日本語が GEISHA や FUJIYAMA のように“外来語”として英語に取り入れられ始めましたよ。。。

マジで。。。?

次のクリップを見てください。。。

 

 

なるほどォ〜。。。 でも SENPAI が英語の単語として定着するでしょうか?

わたしは定着しないと思いますわァ〜。。。なぜなら、日本と違って、1歳や2歳年上の人を特に尊敬したり、怖がったり、敬遠したりする風潮はカナダにもアメリカにもありませんから。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。

文化の違いでしょうねぇ〜。。。

体育会系のクラブ活動を経験した人ならば分かりますけれど、

日本では1歳年上の人に対しては、先輩として何を言われても おとなしく従わなければなりません。

もし、反抗しようものならば、生意気な奴だと言われて、

先輩たちからリンチされるか、イジメられるのがオチです。

あなたにも、そういう経験があるでしょう?

ええっ。。。「嫌な事を思い出させるな! そんな事より、他にもっと楽しい話をしろ!」

あなたは、そのような命令口調で あたくしに強要するのでござ~ますわねぇ~。。。

分かりましたわぁ。。。 では、ちょっと次のクリップを見てくださいなァ。。。

思わず笑ってしまいますわァ。。。うふふふふふふ。。。

 


(dog807.jpg)

 

ええっ。。。? 「犬や猫のことは どうでもいいから他のもっと面白い話をしろ!」

あなたは、更に あたくしに そのような強い口調でご命令なさるのでござ~ますかァ~?

分かりましたわァ~。。。

あなたが、そうおっしゃるのならば、あたくしの個人的なお話しをいたしますわァ。

実は、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”が殿方の注目を集めているのでござァ~ますわよう。

うふふふふふふふ。。。

ええっ。。。 信じられないのでござ~ますかァ?

じゃあ、ちょっと次の検索結果を見てくださいまし。。。

 


(gog60409a.png)


『拡大する』


『現時点での検索結果』

 

「卑弥子 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわァ~。。。

うふふふふふふ。。。

あなたも、ビックリするでしょう?

ジムで汗を流して “ヴィーナスのえくぼ”をゲットいたしました。。。


(buttdimp5.jpg)

スタイルもよくなったのでござ~ますわァ~。。。


(curtain5.jpg)

いかがでござ~ますか?

でも。。。、でも。。。、“天は二物を与えず”と申します。。。

これほどスタイルが良くなったというのに、あたくしは未だに独身でござ~ますのォ。。。

世の中は、なかなか思うようにゆかないものですわァ~。。。

ところで、あなたは『万夜一夜物語』を読んだことがござ~ますかァ~?

“千夜一夜物語”ではなくてぇ、“万夜一夜物語”ですわ。


(manya02.jpg)

『万夜一夜物語』

デンマンさんが書いたのでござ~ますわよう。

ええっ。。。 10,001の話が書かれているのかってぇ~。。。?

とにかく、上のリンクをクリックして読んでみてくださいませぇ~。。。

あなたも、絶対にビックリするようなお話が出てきますわァ。

『万夜一夜物語』だけでは、物足りないのでしたら、

ジューンさんが登場する面白いお話もたくさんあります。

興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましねぇ~。。。

(roten101.jpg+cleoani.gif)

『海外美女を探して』

『パンツde大晦日』

『Tバック@三賀日』

『とっちゃん坊や』

『また千夜一夜』

『初恋の思い出』

『乳房振動とブラ』

『白木屋お熊』

『肥後ズイキ@セルビア』

『紐パン熟女』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『美尻のビーナス』

『紐パン熟女に惹かれて』

『あの二人が気になって』

『肥後ズイキ@セルビア』

『私は下着女装です』

『ドリアンを探して』

『パリの日本人』

『ペンタゴン式己を疑う』

『薄命な女と映画』

『ラーメン@ベリーズ』

『うるさい夏』

『芭蕉と英語』

『晩香坡物語 生誕150年』

ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『エレクトラde中国』

『熟女パンツ』

『ラーメン@カイロ』

『スパム@クルーズ』

『えくぼ@ヴィーナス』

『孀婦岩』

『モナリザ描きたい』

『ジューンさんの下着』

『やっぱり熟女下着』

『じゅくじょのぱんてー』

『事実と芸術』


(miro0018.jpg)

『パクられたパンツ』

『タイタニック@スリランカ』

『蜂@泣きっ面』

『外人が知っている美しい日本』

『腰使い 熟女』

『熟女の下着姿』

『腰を使う熟女』

『ブログランキング』

『曇ってきた@英語』

『出会い系より腰を使う熟女』

『ブリスベンの従妹』

『アヒルが行く』

『英語ペラペラ勉強法』

『ブラウザとOS』

『二千二夜物語』

『大晦日のおばさんパンツ』


(fan004.jpg)

『下着の人類学』

『万夜一夜@ロンドン』

『ヒトラーとトランプ』


(malata019c.jpg)

『ロマン@マルタ島』

『下着の人類学@大阪』

『ハロー@ロックビル』

『孀婦岩の人気 なぜ』

『マグダラのマリア 娼婦か聖女か?』

『マグダレンの祈り』

『女子大生の多い混浴』

『アンネフランクの言葉』

『ビクトリア朝の慎み』


(sylvie122.jpg)

『銭湯と円タク』

『女装ブログ』

『注目記事』

『風邪が治るまで』

『ひょうたんde徒然』

『アヒルが並んだ』

『なぜ骨なの?』

『にべもない』

『やぶさかでない』

『おかしなパンツ』

『ハッピーパンツライフ』

『レダの卵』

『五徳』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)

 


(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』


(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。 バーィ


(juneswim.jpg)


『きれいになったと感じさせる


下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』


(byebye.gif)

Organic vs. GMO

 

Organic vs. GMO

 


(gmo001.jpg)


(gmo002.jpg)


(gmo004.png)


(gmono.gif)


(diane02.gif)

Kato, you don’t like GMO, do you?


(kato3.gif)

Well… to tell you the truth, I didn’t know much about GMO.

Then how come you pasted a NO-GMO sticker in the above?

Since I didn’t know much about GMO, I borrowed a DVD about it.

 


(lib40818.png)

“Actual Catalogue Page”

 

So, you borrowed the above DVD on August 10, 2014 and, after viewing it, you jotted down the comment, didn’t you?

Yes, I did.

That was 6 years ago, huh?

Yes, it was. . . At that time, 18 people were waiting for the available DVD. . . Many people were interested in GMO.

I can see that.  So, Kato, how did you like the movie?

Well… before I’m gonna tell you my opinion, why don’t you take a peek at the trailer?

 


(gmo005.jpg)

 

Ummm… Quite interesting!  I think I’m gonna borrow it myself.

Please do.  Actually, I’ve been really convinced that those genetically modified foods are damaging human beings.

Really?

Take a look at the following clip.

 


(gmo006.jpg)

 

You see, Diane… Monsanto, a multinational agrochemical and biotechnology corporation, introduced genetically engineered cotton to India.  Because of this cotton, farm workers are getting itching rashes, and livestock eating the plants are getting sick or dying, and the cotton’s unreliable yield is leading to an enormous number of suicides among indebted farmers.

Amazing, isn’t it?

Yes, it is.  Besides, genetically engineered foods play as a major contributor to rising disease rates especially among children. Gastrointestinal disorders, allergies, inflammatory diseases, and infertility are just some of the problems implicated in humans, pets, livestock, and lab animals that eat genetically modified soybeans and corn.

But Kato, is this all true?

Well, a variety of American organic food companies see Smith as a champion for their interests, and Smith’s supporters describe him as the world’s foremost expert on the topic of genetically modified foods.

I’ve heard that Mr. Smith was a ballroom-dance teacher and yogic flying instructor before he started his crusade against GMO.

That’s darn true, but as you see the above clips, he is respected as a public educator on GMO.

But some people describe him as misinformed and misleading, don’t they?

That’s true. Although they accuse Mr. Smith of being an activist with no scientific or medical background, the film is quite convincing that GMO really damages human beings.  Don’t you think, Diane?

Then how come the USDA (United States Department of Agriculture) ignores a growing health emergency?

The film says, the USDA has lied about it since 1992.  Besides, some of the top administrators of the USDA are ex-executives of Monsanto.  That is, Monsanto controls key appointments to the US Department of Agriculture (USDA) as well as the Food and Drug Administration (FDA).  The thing is, no matter who wins the presidential election Monsanto benefits.

How about President Obama at the time when the problem hit the public?  Was he influenced by Monsanto?

Oh, yes he was.  Throughout his first term, for example, President Obama presided over the passage of several Monsanto-friendly legislative initiatives and appointed numerous people associated with Monsanto to high-level positions.  So, in this regard, even Putin opposed President Obama as shown in the following clip.

 


(gmo007.jpg)


(gmo008.jpg)

 

I see… So, most of the countries are introducing anti-GMO legislation, huh?

You’re telling me, Diane.  I’m pretty sure, these clips may change your diet.

So, Kato, what would you suggest?

Of course, you should go for organic foods, and take a lot of phytonutrients.

What are phytonutrients?

Watch the following clip.

 


(5colors.jpg)

 

I see… So, I should eat foods of 5 colors every day, huh?

 


(5colors.png)

SOURCE: “5 Colors of Phytonutrients You Should Eat Every Day”

 

Those foods of 5 colors will definitely keep you in shape for years to come.


(laugh16.gif)

【Himiko’s Monologue】

Well . . . what do you think about genetically modified foods?

Do you quite often eat genetically modified foods?

Have you ever worried about disease they might cause?

Maybe you’re sick and tired of negative comments on the media.

Do you want me to change subjects?

Well . . . here’s a 86-minute documentary about TOP 10 natural disasters.

It really gives you thrilling and unforgettable moments!

If you have a weak heart, don’t watch this shocking flick.

Natural Disasters


National Geographic Classics

 

 

In any road, I hope Kato will write another interesting article soon.

So please come back to see me.

Have a nice day!

Bye bye …


(hand.gif)


(renge62e.jpg)

If you’ve got some time,

Please read one of the following articles:

 



(biker302.jpg)

Life or Death

Way to Millionaire

Adele Hugo

Middle Sexes

Romance@Madison

Hacksaw Ridge

Eight the Dog

Halloween@Shibuya

Chef Babette


(dianesun.jpg)

Ramen Boom

from Korea

Omakase@Sushi

Crocodile Meat

Killer Floods

Climate of Doubt

Glory of Death

Big Mystery

Hitler and Trump

Hot October

2018 BC Ballot

Bach Collegium Japan

Dolly the Sheep

Golden Shower

Cleopatra

Strange Love

Quartet

Unknown Tragedy

World War B.C.

Mystery of Dimension

Call Girl Mystery

Typhoon & Emperor

Popes@Spotlight

Fireflies

Richard III

Savage vs. Civilized

Submerging Island

Adele Hugo

Banana @ Eden

God Is Coming!

Unforgettable Flicks


(surfing9.jpg)


(bare02b.gif)

Hi, I’m June Adams.

There have been at least five mass extinctions in the history of life on earth, and four in the last 3.5 billion years in which many species have disappeared in a relatively short period of geological time.

The massive eruptive event is considered to be one likely cause of the “Great Dying” about 250 million years ago, which is estimated to have killed 90% of species existing at the time.

There is also evidence to suggest this event was preceded by another mass extinction known as Olson’s Extinction.

The Cretaceous–Paleogene extinction event occurred 65 million years ago at the end of the Cretaceous period and is best known for having wiped out non-avian dinosaurs, among many other species.

Cause of the Cretaceous–Paleogene extinction?

Many scientists believe that a comet or meteor triggered the mass extinction of the dinosaurs.

You might wonder if another comet collides with the Earth in the near future.

 

Super Comet After the Impact

 

This is a 2007 speculative documentary produced by ZDF and the Discovery Channel.
It was directed by Stefan Schneider.

The 84-minute film hypothesizes the effects on modern-day earth of a large comet impacting in Mexico near the same location of the Cretaceous–Paleogene extinction event, the ancient impact of a comet or meteor that is believed to have triggered the mass extinction of the dinosaurs.

It alternates between interviews with climatologists and researchers and dramatized scenes following several groups of people as they attempt to survive in the days and months after the disaster: a separated family in France, a pair of scientists in Hawaii, a man who manages to survive for a period of time near the ground zero impact in Mexico, and a tribe in Cameroon.
It is such a thrilling, exciting and profoundly astounding docudrama that you would forget to take a pee during the show.


SOURCE: “Kato’s comment on the DVD”

 

The film seems quite fascinating and interesting.
If there is a rental shop around you, why don’t rent the above DVD?


(karuhap8.jpg+bare04e.gif)

ところで、愛とロマンに満ちた

レンゲさんのお話をまとめて

『レンゲ物語』を作りました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

『愛とロマンのレンゲ物語』


(renge730.jpg)

『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)