カンダラッチ

 

カンダラッチ

 


(halva10.jpg)


(halva12.jpg)


(salon22.jpg)


(sayuri55.gif)

デンマンさん。。。 どういうわけでカンダラッチ を取り上げるのですか?


(kato3.gif)

ちょっと次のリストを見てください。。。

 


(goo20-11-10.jpg)


『拡大する』

『けちん坊』

『破廉恥トランプ』

『ハルヴァと軽井沢』

 

これは GOO の僕の「デンマンのブログ」の日本時間で11月10日の午前4時50分から10時50分までのアクセス者と日別・月別のランキングの記録です。。。アクセス元ページ の赤枠で囲んだ3番と4番に注目してください。。。

あらっ。。。カンダラッチ を入れてGOOGLEで検索して デンマンさんが投稿した記事を読んでネット市民が居たのですわねぇ〜。。。

そうです。。。『ハルヴァと軽井沢』(PART 1)を読んだのですよ。。。

 


(halva06.jpg)

『ハルヴァと軽井沢』

 

カンダラッチ を調べるために読んだのですか?

そうです。。。カンダラッチ を入れてGOOGLEで検索すると次の結果が出てくるのです。。。

 


(gog20-11-10.jpg/20201113144544e56.jpg)


『拡大する』


『ハルヴァと軽井沢』

 

赤枠で囲んだ記事をクリックして読んだわけです。。。

どの箇所にカンダラッチが出てくるのですか?

次の小文の中に出てきます。。。

 

トルコの蜜


(halva12.jpg)

ハルヴァ職人は、イランではカンダラッチと呼ばれている。
今に至るも、これは他の料理職人から区別される特別な料理人で、ハルヴァ作りは特殊な修業を要する技術であることが分かる。

職人の手で直に作られるハルヴァが今も残っているのは、イラン、アフガニスタンとトルコだけであり、最良のハルヴァは、この地域でしか食べられない。

(中略)

ハルヴァの成分は極めてシンプル。
砂糖と蜂蜜、サボンソウの茎根、油分のある味の濃い食材(アーモンドなどのようなナッツ類かひまわりや胡麻の種)、それに穀物の粉がつなぎの役割を果たし、さらに多数の香料が加えられる。
この何の変哲もない材料がハルヴァに変貌するためには、材料のすべてが、砂糖もナッツも粉も、泡状にならなくてはならない。


(halva10.jpg)

そのためにさまざまな技術が動員され、その多くが今もカンダラッチ一人ひとりの企業秘密になっているのだ。
それが、近代工業的方法ではどうしても実現できないのである。

(中略)

ハルヴァとは、まず第一に、一定の密度と粘度と温度にいたるまで素材を泡立てた結果であり、第二に、こうして出来たいくつかの泡を混ぜ合わせ、泡立てながら冷やしてゆく技術なのである。
だからこそ、ハルヴァは、お菓子の品質も美味しさも粘度も、材料組成ではなく、何はさておきそれを調理する技術に左右されることを物語る好例なのである。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


82-84 ページ 『旅行者の朝食』
著者: 米原万里
2002年6月10日 第2刷発行
発行所: 株式会社 文藝春秋

 

カンダラッチ で検索したネット市民もハルヴァを食べて、このお菓子がどういうものなのか? ネットで調べ始めたに違いない。。。

デンマンさんも、そうだったのですか?

いや。。。僕の場合は米原万里さんが書いた上の本を読んで初めて「ハルヴァ」という素晴らしいお菓子があるということを知ったのですよ。。。

それでバンクーバーのスーパーで見つけて買って食べたのですか?

いや。。。僕が米原万里さんの上の本を読んだのは2015年だったと思います。。。それから何度かハルヴァのことで記事をか書いたのだけれど、ハルヴァを食べたのは今回、2020年10月、行田市に帰省した時でした。。。小百合さんと一緒に「業務スーパー」に立ち寄り、輸入品コーナーで初めて目にしたのですよ。。。

 


(gyomu02.jpg)


(gyomu02.jpg)


(gyomu01.jpg)

 

店に入ってゆくと輸入品のコーナーがあった。。。

デンマンさんは「業務スーパー」に輸入品のコーナーがあると知らなかったのですか?

小百合さんに言われるまで忘れていましたよ。。。ヨーロッパ直輸入の冷凍食品の並びの棚を見ていたらハルヴァに目が留まった。。。

 


(halva80.jpg)

 

デンマンさんにとって、ハルヴァがそれほど珍しいのですか?

特に珍しいと言うわけではないけれど、僕にとっては特別な思い入れがあるのですよ。。。

その思い入れというのは、どういうことですか?

ちょっと次の検索結果を見てください。。。

 


(gog20-10-22.gif)


『拡大する』


『現時点での検索結果』

 

ハルヴァ デンマン と入れて検索すると 1,440件もヒットするのですよ。。。

あらっ。。。デンマンさんが書いたハルヴァの記事がズラズラと金魚のウンチのように連なって出てくるのですわねぇ〜。。。うふふふふふ。。。

そうなのです。。。2016年からしばしばハルヴァのことを書いているのだけれど、まだ一度もハルヴァを食べたことがない。。。

それで、「業務スーパー」の輸入品コーナーでハルヴァを見て感激したのですか?

そうですよ。。。どうしても食べてみなければならないと思ったわけです。。。

なるほどォ〜。。。それで、デンマンさんは気に入ったオモチャを欲しがる幼児のように、買って欲しいとせがんだわけなのですわねぇ〜。。。

別に小百合さんにせがんだわけじゃないけれど、長年の夢がかなったような気持ちで買い物かごにハルヴァを手にとって入れたわけですよ。。。


『ハルヴァ@行田』より
(2020年10月24日)

でも、デンマンさんの反応はちょっとオーバーではありませんか? うふふふふふ。。。

つまらないことかもしれないけれど、僕にとっては気になっていたお菓子なのですよ。。。カンダラッチ で検索したネット市民も、おそらく僕のように「ハルヴァ」が気になっていて、検索したに違いないのです。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~~

あなたは これまでに「ハルヴァ」をお召し上がりになりましたか?

ええっ。。。「当たり前だよ! でも、それほどうまくなかったよ! そんなことより 他にもっと面白い話をしろ!」

あなたは、あたくしに そのようにご命令なさるのでござ~ますかァ~?

分かりましたわァ。。。 あなたがそのようにおっしゃるのであれば、

2020年元旦にバンクーバーで第100回寒中水泳があったのでござ~ますわよう。

その模様をお見せしますわねぇ~。。。

 


(polswim03.jpg)


(polswim01.jpg)


(polswim02.jpg)


(polswim04.jpg)

 

ええっ。。。 「寒中水泳など つまらんから、もっと面白い話をしろ!」

あなたは、さらに、そのような強い口調で あたくしにご命令なさるのですかァ~?

分かりましたわァ~。。。

個人的なお話ではありますけれど、

次の検索結果を見てくださいまし。。。

 


(gog60409a.png)

『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

「卑弥子 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわよう。

うふふふふふふ。。。

あなたも、ビックリするでしょう?

ジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわァ。

 


(buttdimp5.jpg)

 

どうでござ~ますかァ?

ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?

どうしてよう?

ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ~ますかァ~?

あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、

最後には上のようなおヌードになるのですわよう。

信じてくださいましなァ~。。。

 

ところで、小百合さんが なぜ「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれているのか?

ご存知でござ~♪~ましょうか?

なぜ。。。?

実は簡単な事なのですわよう。

 


(sayuri80.jpg)

 

小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。

小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですってぇ~。。。

分からない事ではござ~ませんわァ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。

現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。

 


(suikyu9.jpg)

 

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

 

軽井沢・雲場池の紅葉

軽井沢のイルミネーション

秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩

 

とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。

だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。

じゃあねぇ~~。


(hand.gif)


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、


ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる


下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に


別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『優美な女性@コルドバ』

■ 『バレンタインを見つけて』

■ 『ケリスデール』

■ 『オペラ@バンクーバー』

■ 『ヴィクトリア女王とアブドゥル』

■ 『愛とお馬さん』

■ 『チョンタ 点心』

■ 『胸が苦しく懐かしい』

■ 『レンコンの挟み揚げ』

■ 『若返りホルモン』

■ 『自作バーガー』


(coffeeluv1.jpg)

■ 『しょうがパン』

■ 『埼玉村の不発弾』

■ 『愛の果実を探して』

■ 『ジェミマおばさん』

■ 『世界のパン屋さん』

■ 『インド料理屋』

■ 『命の値段』

■ 『ケリスデールはどこ?』

■ 『ヤブ医者にうんざり』

■ 『酢卵のすすめ』

■ 『新城と映画』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『虹のケーキ』

■ 『軽井沢ブーム』

■ 『こんにちわ@ベナン』

■ 『レオニダス』

■ 『恋している人の前で』

■ 『バターミルクビスケット』

■ 『軽井沢で』

■ 『軽井沢南口』

■ 『ロマン@雲場池』


(compie1b.jpg)

■ 『皇后のトイレ』

■ 『M女史とは誰か?』

■ 『ゼリーフライのふるさと』

■ 『災難は忘れた頃にやって来る』

■ 『菊ちゃんと忍藩主』

■ 『人の輪の奇跡』

■ 『ムカつく柿本人麻呂』

■ 『病院の悪評』

■ 『犬の話』


(sayuri811.jpg)

■ 『M女史って誰?』

■ 『カモメとカラスの争い』

■ 『甲斐姫の母親』

■ 『主治医の凌先生』

■ 『犬の話@バレンタイン』

■ 『英語の問題です』

■ 『孤独死を見つめて』

■ 『愛の妖精』

■ 『町おこしコンサート』

■ 『この人気、なぜ?』

■ 『ミスをしても安全を維持』

■ 『ハルヴァ@行田』

■ 『バーベキュー@那須』

■ 『クレッソン@那須』


(bare02b.gif)

こんにちは。ジューンです。

日本のハーブティーは、なんといっても桜湯だそうですけれど、


(sakurate.jpg)

カナダ、アメリカ、イギリスではハーブティーとして

ローズティーが好まれています。

普通、ローズヒップティーと呼ばれます。

ローズヒップ(rose hip)とは

バラ科バラ属の植物の果実。

つまり、バラの実です。

ローズヒップ生産のため、バラの特定品種、

特にRosa canina(ドッグ・ローズ)が栽培されています。

ハイビスカスとブレンドしたハーブティとして飲用されることもあります。

また、ローズヒップオイルは食用油として、

ジャム、ジェリー、マーマレードにも用いられるほか、

スキンケアにも用いられます。

こんなエピソードがありました。

第二次世界大戦中、

イギリスはドイツ海軍Uボートの海上封鎖により

オレンジの輸入がストップしたのです。

ビタミンCの補給ができなくなったのです。

それで、英国の学童たちは生垣に生えている

ローズヒップの採集を命じられました。

ローズヒップティーにして飲んで

ビタミンCを補給したのですって。。。


(rosehip.jpg)

なんだか信じられないようなお話ですよね。

ところで、英語の面白い話を集めました。

時間があったら覗いてみてください。

■ 『あなたのための愉快で面白い英語』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。


(chirashi.jpg)


(bravo.gif)

ラ・フランス

 

ラ・フランス

 


(lafrance12.jpg)


(lafrance10b)


(mayumi55.jpg)

デンマンさん。。。、どういうわけでラ・フランス を取り上げるのですか?


(kato3.gif)

実は、バンクバーから行田市に帰省して実家でテレビを見ていたらラ・フランスというのが目についた。。。どうやら果物のようなのですよ。。。僕は初めてこういう果物があることを知ったのです。。。

 


(lafrance10.jpg)

 

あらっ。。。マジで?

真由美ちゃんは知っていました?

もちろん知ってますわァ〜。。。デンマンさんはマジで知らなかったのですか?

あれっ。。。そういう火星人を見るような目つきで僕を見つめないでくださいよ。。。うへへへへへへ。。。

ほとんどの日本人は知っていると思いますわァ〜。。。デンマンさんはマジで浦島太郎になっているのですわねぇ〜。。。

確かに40年以上を海外で暮らしていますからねぇ〜。。。

でも、山形産のラ・フランスが輸出されているのでバンクーバーでも見ることができるはずですわァ〜。。。

 

 

もちろん、バンクーバーでも西洋ナシは見たことがありますよ。。。でも、僕は西洋ナシを買って食べたことがない。。。

マジで。。。?

ほら、ほら、ほら、。。。また火星人を見るような目つきですよ。。。僕は日本のナシも西洋ナシも特に食べたいと思う果物ではないのですよ。。。だから、スーパーで見かけても手にとって見たこともない。。。いったい西洋ナシとラ・フランスはどこが違うのですか?

 


(lafrance11.jpg)

ラ・フランス

ラ・フランスは、フランス原産のセイヨウナシ(洋なし)の品種である。
不正円の果実で果皮部には斑点がある。

外観は良くないが大変香りが良く、濃厚な甘みと滑らかな舌触りで、上品な味である。

1864年に、フランスのクロード・ブランシェ (Claude Blanchet) が発見した品種で、日本へは1903年(明治36年)に農商務省農事試験場園芸試験地(静岡県)へ食用としてではなく、受粉用として導入された。

日本では盛んに栽培されているが、本国フランスなどヨーロッパ各国では、気候が合わなかったためにほとんど生産されていない。

ラ・フランスは日本独自の呼び名で、本国フランスでの品種名は発見者の名を取り、Claude Blanchetとなっている。

収穫は実の固いうちに行われる。収獲直後の実は堅く甘味もなくまずい。
収穫後に常温で10日から2週間程度追熟されることで初めて生食に適すものになる。

追熟の間、果実に含まれるデンプンが分解されて果糖、ショ糖、ブドウ糖などの糖となることで甘味が増し、ペクチンのゲル化により舌触りの滑らかさが増す。

一段と芳香が強くなり、赤ん坊の頬くらいの柔らかさになったときが食べごろである。
冷蔵庫などで冷却することにより、追熟を中断することもできるが、一旦食べごろを迎えると一気に熟成が進む。生っているときに枝に近い部分が褐色を帯び柔らかくなってから1日程度が完熟の目安である。

日本における主な産地は山形県、長野県で、10月上旬-中旬頃収穫され、11月上旬-中旬にかけて食べ頃となる。山梨県富士川町では、珍しいラ・フランス狩り観光農園がある。収穫時期は9月下旬-と主産地より早い。

タルト・ジュース・ジャムの原料に使われている。


出典: 「ラ・フランス」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

なるほどォ〜。。。普通の西洋ナシよりも外観は良くないが大変香りが良く、濃厚な甘みと滑らかな舌触りで、上品な味なのですねぇ〜。。。

食べたことのないデンマンさんでも、きっと気に入る味だと思いますわ。。。

ラ・フランスは日本独自の呼び名で、本国フランスでの品種名は発見者の名を取り、Claude Blanchetとなっているんですねぇ〜。。。でも、バンクーバーのスーパーでClaude Blanchetという名で売っているのを見たことはないですよ。。。

デンマンさんは見過ごしているのだと思いますわ。。。

山形県と長野県で栽培しているなんて全く知りませんでした。

 

 

10月上旬-中旬頃収穫され、11月上旬-中旬にかけて食べ頃となるのです。。。だから、今頃がちょうどラ・フランスの食べごろなのですわ。。。

実際に食べごろの見分け方って、どうするのですか?

次のように見分けるのですわ。。。

 

 

赤ん坊の頬くらいの柔らかさになったときが食べごろである、とウィキペディアには書いてあるけれど、皮ごと食べることができるのですか?

確かに、熟せば赤ん坊の頬くらいの柔らかさになりますけれど、皮まで食べる人はいないと思います。。。やっぱり皮はむいたほうが良いと思いますわ。。。

 

 

デンマンさんも一度食べたら気にいると思いますわ。。。

そう思いますか? じゃあ、バンクーバーに戻ったらスーパーで探して食べてみようと思います。

皮はむいたほうがいいですわ。。。

はい、そうします。


(laugh16.gif)

【デンマンの独り言】


(kato3.gif)

真由美ちゃんは僕の従妹(今田 とも子)の娘です。
僕の言う事は素直に信じてくれる、とても性格のいい子です。(笑)

カナダにやって来てからはノース・バンクーバーでホームステーしながら
VCC (Vancouver Community College)にかよって
パン職人・ベーグル職人の勉強と実習に励んでいました。

2016年9月に卒業式を終えて、現在、バンクーバー市内の
旨いベーグルを提供するカフェ・レストランで働いています。

学生時代には、先生やクラスメートとの英会話には、まごつくことがあったそうです。
外国語というのは習得するのが実に大変です。

あなたは英会話を勉強してますか?
できれば、英語を話している国へ行って英会話を勉強するのが一番です。

でもねぇ~、英会話を勉強する方法に王道はありません。
人それぞれです。。。
自分に合った勉強法を見つけるのが、英会話の上達の早道だと僕は思いますね。

同じことを同じように勉強しても、人によって上達が違うのですよ。
僕の経験で言っても、人によって、語学の才能というのはまちまちです。

太田将宏老人のように、40年もカナダに住んでいるのに
英会話が満足にできずに 6人に成りすまして日本語でブログにコメントを書きなぐって余生を過ごす人もいます。

なかには、日本語を忘れてしまうほど、英語にどっぷりと浸かってしまう人もいます。
20年以上英語圏で英語を話してますけれど、
僕は、漢字を忘れることはあっても、日本語を忘れることはありません。

もちろん、今でも、英語を話すよりも日本語を話す方が楽に話せます。
僕自身は語学の才能があるとは思ってませんが、
僕が、カナダ人と笑いながら話しているのを聞いていると、
真由美ちゃんには さっぱり 何を話しているのか解らないと言うのですよね。

僕がペラペラと英語を話しているように見えるのだそうです。
早くデンマンさんのように 英語がしゃべれるようになりたい、と真由美ちゃんは言います。

しかし、僕は、常に、英語を日本語のように しゃべれたら いいなと思っているのですよ。
外国語を母国語のように話すのは、本当に難しいと思います。

いずれにしても、真由美ちゃんは小さい頃からの夢が叶ってぇバンクーバーにやって来たのです!

 


(inflight2.jpg)


(airport1b.jpg)

 

ところで、あなたはバンクーバーに行ったことがありますか?

とっても素敵な街ですよ。

 


(stanley50.jpg)


(seawall3.jpg)


(seawall2.jpg)

世界で最も住みやすい街バンクーバー


(wetsuit.jpg)


(wetsuit3.jpg)


(gastown20.jpg)


(canplace22.jpg)

 

ビデオを見ても、なんだかワクワクしてくるでしょう?

卑弥子さんが バンクーバーにやって来たのは 2008年の元旦の2週間ほど前でした。

クリスマスをバンクバーで過ごして、それから元旦の“Polar Bear Swim (寒中水泳)”に参加したのです。

 


(polar10.jpg)

 

上のビデオを見ると、まるで真夏のようでしょう?

ところが気温は確か2度ぐらいでした。

水の中の方が暖かかったのです。

とにかく、バンクーバーには面白い人たちがたくさん居ますゥ。

あなたも、お暇と お金の余裕があったらぜひ出かけてみてください。

では、また興味深い、面白い記事を書くつもりです。

だから、どうか、あなたも またやって来てくださいねぇ~~。
じゃあね。


(hand.gif)

 

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:


ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる


下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』


(santa85b.jpg)

『ピラミス@美術館』

『夢のバンクーバー』

『バンクーバーの屋上で』

『オランダ移住』

『カナダ移住の夢』

『ディープコーヴ』

『浴衣のバンクーバー』

『黒豚テリマヨ』

『イタリアのベーグルとサルサ』

『花火大会』

『乙女老い易く学成り難し』

『真由美ちゃん@英語』

『真由美ちゃんダントツ』

『日本よい国天国だ!』

『やっぱりどこか狂ってる』

『日本で再会』


(utsunomiya10.jpg)

『乙女力@宇都宮』

『いい出会いの連鎖』

『笑顔の乞食おばさん』

『ニュートンの暗い秘密』

『新年@バンクーバー』

『スープキッチン@新年』

『猫と癒し』

『猫と犬と癒し』

『大通りde水の滑り台』

『イルカとワンちゃん』

『カワウソ@スタンレー公園』

『生パンツ系男子とベトナム兵』

『愛と癒しの涙』

『ダンスとノーベル賞』

『おもてなし』

『思い出ポロポロ』

『ロブソンの5月』


(biker302.jpg)

『ネットが不倫を連れて来る』

『ペットと良心』

『夢のデニッシュ』

『パンツァネッラ』

『12歳少女の短命』

『行田の伯母さん』

『パン職人修行』

『タイムマシーン』

『ルンルンdeサルサ』

『天国のワンちゃん』

『万の風になって』

『プロシュット』


(mayumi76.jpg)

『なせば鳴る音楽』

『日本人女学生行方不明』

『日本人女学生死亡』

『ガレット』

『那須高原の紅葉』

『希望とロマン』

『錯視 錯覚』

『マンボ@バンクーバー』

『オリーブオイル』

『スコーンとプディング』

『5月のロブソン』

『病院食の間違い』

『プレミアム・ジャパン』

『自然の摂理を無視すると…』

『夢のデニッシュ・悪夢のマーガリン』


(juneswim.jpg)

『パリ風カフェ』

『どこか狂ってるわ』

『行田遠野物語』

『行田物語 ピアノ』

『行田物語 猫』

『行田物語 母の懐』

『行田物語 ケネディ暗殺』

『行田物語 病院食』

『行田物語 お股の花々』

『晩香坡物語 ジャズ』

『行田物語 悪夢』

『行田物語 社長』

『行田物語 棺桶に入るまで』

『宝田百合子@インド』

『行田物語 ちゃぶ台』

『行田物語 アカギレ』

『行田物語 にぼし』

『ノーベル賞がなぜ?』


(dance011.jpg)

『トゥーランドットとかぐや姫』

『ゲソとワケギ』

『シェフ バベット』

『まんじゅう@富岡』

『ん?トゥーランドット』

『女の子の夢』

『イヴォワールのレストラン』

『151歳の誕生日』

『お皿をぺろぺろ』

『ポップス@蕎麦屋』

『検便と回虫』

『スコーンとプディング』

『スコーン姉妹』

『ピラミス 美術館』

『明治屋 圧力ジャム』

『雁とがんもどき』

『グルメブーム』

『行田物語@ナポリ』

『栗餅』

『日本で再会ね』

『コロッケパン』

『日本のパン文化』

『小女子』

『地球人と国際人』


(surfin2.gif)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

クレッソン@那須

 

クレッソン@那須

 


(cresson.jpg)


(cresson6.gif)


(nasu10b.jpg)


(nasudake3.png)


(salon22.jpg)


(sayuri55.gif)

デンマンさん。。。 こういう記事を書くと私が滞在している那須の別荘に非行少年がやってきて現金を脅し取られてしまいますわァ〜。。。


(kato3.gif)

心配ですか?

だってぇ〜、先日、10月27日に目黒のタワーマンションに宅配業者を装った二人の少年が白昼堂々と30代の女性のマンションに押し入って600万円の現金を奪ったのですわ。。。

 

 

小百合さんも 600万円近くの現金を別荘の金庫に置いてあるのですか?

いいえ。。。そんな大金は別荘に置いてありませんわァ〜。。。

だったら、心配ないでしょう。。。

でも。。。、でも。。。、こういう個人情報はネットで公開して欲しくありませんわ。。。

小百合さんの別荘の住所は公開してませんよ。。。

でも、別荘の写真から特定されてしまいますわ。。。

大丈夫です。。。 なぜなら、上の写真はコラージュしてデッチ上げたものだから、この写真の実物はこの地球上に存在してません。。。

でも。。。、でも。。。、心配ですわァ〜。。。

あのねぇ〜、小百合さんはネットでは「軽井沢タリアセン夫人」として知られているのです。。。

 


(gog30708.gif)


『拡大する』


『現時点での検索結果』

 

だから、小百合さんが那須に別荘を持っているなんて誰も信じませんよ。。。 しかし、どういうわけで小百合さんは那須の別荘にいるのですか?

実は、これは私のお友達の小室靖子さんの別荘なのですわ。。。今年は、私がこの靖子さんの別荘を使い、靖子さんは私の軽井沢の別荘を使うことにしているのです。。。

なるほどォ〜。。。それは頭の良いやり方ですねぇ〜。。。お互いに那須と軽井沢の両方の自然を楽しむことができると言うわけですねぇ〜。。。 おかげで僕も久しぶりに那須にやってきて紅葉を楽しみました。。。

 


(nasudake2.jpg)


(nasu10b.jpg)

 

クレッソンが自生しているのを見たのが生まれて初めてだったのですよ。。。

 


(cresson.jpg)

 

生のクレッソンを食べたのも初めてでした。。。わさびの味がするのですねぇ〜。。。ちょっと意外でした。。。

そうですか? でも、それほど意外じゃないと思いますわァ〜。。。

どうして。。。?

だってぇ〜、ワサビもクレッソンもきれいな清流のそばに自生する植物ですから。。。

 

ワサビ


(wasabi02.jpg)

 

ワサビは、アブラナ科ワサビ属の植物。日本原産。
山地の渓流や湿地で生育し、春に4弁の白い小花を咲かせる。
根茎や葉は食用。

強い刺激性のある香味を持つため薬味や調味料として使われる。
加工品はセイヨウワサビと区別するため本わさびと呼ぶことがある。

 

分布・生育地

日本の特産で、北海道・本州・四国・九州に分布し、深山の渓谷、渓流に自生する。
野生のものは珍しく、主に静岡県や長野県の清流や涼しい畑で栽培されている。
澄んだ水の冷涼な土地で生育する。


写真はデンマン・ライブラリーより
赤字はデンマンが強調のため

出典: 「ワサビ」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

クレッソン


(cresson.jpg)

 

オランダガラシ(和蘭芥子)は水中または湿地に生育するアブラナ科の多年草。
クレソン(フランス語:Cresson)またはクレス(cress)ともいう。
「葶藶(ていれき「てい」は草冠に「亭」、「れき」は草冠に「歴」の旧字)」ともいう。
ヨーロッパから中央アジアの原産。

多年草。抽水植物もしくは沈水植物。
繁殖力はきわめて旺盛で、水辺のところに節がある切った茎を置けば容易に発根するうえ、生長が速く、たやすく増殖する。

オランダガラシは清流にしか育たないという俗説は誤りで、汚水の中でも生育する。
日本でもよく似たコバノオランダガラシ(N. microphyllum またはN. officinale var. microphyllum)とともに川や溝に野生化・雑草化しているのがよく見られる。
葉は奇数羽状複葉、5月頃、茎の先に白い小花を咲かせ、その後細いさや状の種子をつける。

緑黄色野菜に分類され、独特な香りとほのかな苦味、ピリッとする辛味がある。
β-カロテンを大量に含み、ビタミンC、鉄分、カルシウム、カリウム、葉酸などの栄養素も豊富に含むことから、血液の酸化や貧血予防に役立つ野菜といわれている。

 

栽培

半水生なので水耕栽培に向いており、特に弱アルカリ性の水でよく生育する。
栽培すると高さ 50-120 cm にもなる。

耐寒性は強く冷涼な気候を好む為、夏に水温が上がりすぎると弱る。
日本では品種はないが、イギリスではWater、Water large leaved、Water broad leavedといった品種がある。
クレソンと野生種N. microphyllumとの種間雑種のNasturtium x sterileはサラダ用に栽培されている。


写真はデンマン・ライブラリーより
赤字はデンマンが強調のため

出典: 「オランダガラシ」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

意外なことに、クレッソンは清流にしか育たないという俗説は誤りで、汚水の中でも生育するのですよ。。。

それは知りませんでしたわ。。。

小百合さんがわざわざクレッソンを天ぷらにして食べさせれくれたのには感激しましたよ。。。

 


(cresson6.gif)

 

クレッソンを天ぷらにしたぐらいで感激しないでくださいなァ〜。。。

でも、天ぷら粉が無くなっていて、小百合さんは わざわざ近所の知り合いのおばあちゃんの家に天ぷら粉をもらいに行ったのですよ。。。

あたり前のことじゃありませんか?

いや。。。決して当たり前のことではありませんよ。。。別荘に住んでいる人が隣とは言え20メートルも離れた近所の家に天ぷら粉をもらいにゆくなんて、普通では考えられないですよ。。。

でも、あのおばあちゃんは、近くに話し相手が居ないので、私が車でおばあちゃんの家のそばを通りかかるのを見ると、いつもお昼すぎにやって来て、世間話をするのですわ。。。。

おばあちゃんが小百合さんが作ったお昼ごはんを食べるためにですか?

いいえ。。。私がお昼を食べ終わった頃にやってくるのですわァ〜。。。

あのおばあちゃんはいくつになるのですか?

80歳を過ぎていると思います。。。

それにしては、あのおばあちゃんは元気ですねぇ〜。。。僕も小百合さんと散歩がてら、天ぷら粉をもらいにゆくのに付き合ったのだけれど。。。話好きなおばあちゃんですねぇ〜。。。

歳を取ると、みな、そうなりますわァ〜。。。

やっぱリ、那須の田舎だから、まだそういう昔ながらの近所付き合いがあるのじゃないですか? 僕はバンクーバーでマンション住まいだけれど、都会の住人は、あまり隣近所と交流がありませんよ。。。僕は一度もバターだとかウースターソースを隣の家に貰いに行ったことなどありません。。。

つまり、デンマンさんは私が天ぷら粉をおばあちゃんの家にもらいに行くのは、田舎者のすることだと思っているのですか?

いや、いや。。。そういう近所付き合いが那須地方に まだ残っていることに感心したのですよ。。。

デンマンさんは、そういうことに感心するのですか?

最近の日本では、隣近所の付き合いが希薄になったと言うではありませんか?

でも、東京の下町などでは、今でも隣近所の付き合いは濃密なのではありませんか?

そうかも知れません。。。でも、最近はコロナの影響で“3蜜”を避けなければなりませんからねぇ〜。。。だから、隣近所の交流は希薄にならざるを得ないと思いますよ。。。ところで、どうして小百合さんが春巻きの揚げたのをごちそうしてくれたのか理由が分かりました。。。

あらっ。。。マジで。。。?

それはバンクーバーでの楽しい思い出があったからですよ。。。

 


(bohem05.jpg)


(newtown5.jpg)

『オペラ@バンクーバー』

 

オペラと揚げた春巻きが関係あるのですか?

上の記事の中に揚げた春巻き(スプリングロール)が出てくるのですよ。。。チャイナタウンで小百合さんと3時のおやつにスプリングロールを食べたのですよ。。。

 


(springroll.jpg)

 

そういうことがありましたわ。。。

小百合さんは忘れていたのですか?

ずいぶん前ですものォ〜。。。

小百合さんが作った揚げた春巻きを食べながら僕はチャイナタウンで3時のおやつにスプリングロールを小百合さんと一緒に食べたことを思い出したのですよ。。。

デンマンさんは、そういう些細なことでもよく覚えているのですわねぇ〜。。。

もちろんですよ。。。小百合さんは、まだ物忘れする年頃ではないのですよ。。。認知症を患うにはまだ早すぎるでしょう!?

年をとっても認知症だけには なりたくありませんわァ〜。。。

誰だって そうですよ。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~~

あなたも 認知症にはなりたくありませんか?

ええっ。。。「当たり前だよ! そんなことより 他にもっと面白い話をしろ!」

あなたは、あたくしに そのようにご命令なさるのでござ~ますかァ~?

分かりましたわァ。。。 あなたがそのようにおっしゃるのであれば、

2020年元旦にバンクーバーで第100回寒中水泳があったのでござ~ますわよう。

その模様をお見せしますわねぇ~。。。

 


(polswim03.jpg)


(polswim01.jpg)


(polswim02.jpg)


(polswim04.jpg)

 

ええっ。。。 「寒中水泳など つまらんから、もっと面白い話をしろ!」

あなたは、さらに、そのような強い口調で あたくしにご命令なさるのですかァ~?

分かりましたわァ~。。。

個人的なお話ではありますけれど、

次の検索結果を見てくださいまし。。。

 


(gog60409a.png)

『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

「卑弥子 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわよう。

うふふふふふふ。。。

あなたも、ビックリするでしょう?

ジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわァ。

 


(buttdimp5.jpg)

 

どうでござ~ますかァ?

ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?

どうしてよう?

ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ~ますかァ~?

あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、

最後には上のようなおヌードになるのですわよう。

信じてくださいましなァ~。。。

 

ところで、小百合さんが なぜ「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれているのか?

ご存知でござ~♪~ましょうか?

なぜ。。。?

実は簡単な事なのですわよう。

 


(sayuri80.jpg)

 

小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。

小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですってぇ~。。。

分からない事ではござ~ませんわァ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。

現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。

 


(suikyu9.jpg)

 

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

 

軽井沢・雲場池の紅葉

軽井沢のイルミネーション

秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩

 

とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。

だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。

じゃあねぇ~~。


(hand.gif)


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、


ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる


下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に


別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『優美な女性@コルドバ』

■ 『バレンタインを見つけて』

■ 『ケリスデール』

■ 『オペラ@バンクーバー』

■ 『ヴィクトリア女王とアブドゥル』

■ 『愛とお馬さん』

■ 『チョンタ 点心』

■ 『胸が苦しく懐かしい』

■ 『レンコンの挟み揚げ』

■ 『若返りホルモン』

■ 『自作バーガー』


(coffeeluv1.jpg)

■ 『しょうがパン』

■ 『埼玉村の不発弾』

■ 『愛の果実を探して』

■ 『ジェミマおばさん』

■ 『世界のパン屋さん』

■ 『インド料理屋』

■ 『命の値段』

■ 『ケリスデールはどこ?』

■ 『ヤブ医者にうんざり』

■ 『酢卵のすすめ』

■ 『新城と映画』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『虹のケーキ』

■ 『軽井沢ブーム』

■ 『こんにちわ@ベナン』

■ 『レオニダス』

■ 『恋している人の前で』

■ 『バターミルクビスケット』

■ 『軽井沢で』

■ 『軽井沢南口』

■ 『ロマン@雲場池』


(compie1b.jpg)

■ 『皇后のトイレ』

■ 『M女史とは誰か?』

■ 『ゼリーフライのふるさと』

■ 『災難は忘れた頃にやって来る』

■ 『菊ちゃんと忍藩主』

■ 『人の輪の奇跡』

■ 『ムカつく柿本人麻呂』

■ 『病院の悪評』

■ 『犬の話』


(sayuri811.jpg)

■ 『M女史って誰?』

■ 『カモメとカラスの争い』

■ 『甲斐姫の母親』

■ 『主治医の凌先生』

■ 『犬の話@バレンタイン』

■ 『英語の問題です』

■ 『孤独死を見つめて』

■ 『愛の妖精』

■ 『町おこしコンサート』

■ 『この人気、なぜ?』

■ 『ミスをしても安全を維持』

■ 『ハルヴァ@行田』

■ 『バーベキュー@那須』


(bare02b.gif)

こんにちは。ジューンです。

日本のハーブティーは、なんといっても桜湯だそうですけれど、


(sakurate.jpg)

カナダ、アメリカ、イギリスではハーブティーとして

ローズティーが好まれています。

普通、ローズヒップティーと呼ばれます。

ローズヒップ(rose hip)とは

バラ科バラ属の植物の果実。

つまり、バラの実です。

ローズヒップ生産のため、バラの特定品種、

特にRosa canina(ドッグ・ローズ)が栽培されています。

ハイビスカスとブレンドしたハーブティとして飲用されることもあります。

また、ローズヒップオイルは食用油として、

ジャム、ジェリー、マーマレードにも用いられるほか、

スキンケアにも用いられます。

こんなエピソードがありました。

第二次世界大戦中、

イギリスはドイツ海軍Uボートの海上封鎖により

オレンジの輸入がストップしたのです。

ビタミンCの補給ができなくなったのです。

それで、英国の学童たちは生垣に生えている

ローズヒップの採集を命じられました。

ローズヒップティーにして飲んで

ビタミンCを補給したのですって。。。


(rosehip.jpg)

なんだか信じられないようなお話ですよね。

ところで、英語の面白い話を集めました。

時間があったら覗いてみてください。

■ 『あなたのための愉快で面白い英語』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。


(chirashi.jpg)


(bravo.gif)

バーベキュー@那須

 

バーベキュー@那須

 


(nasu10b.jpg)


(nasu12.jpeg)


(nasudake3.png)


(salon22.jpg)


(sayuri55.gif)

デンマンさん。。。 こういう記事を書くと私が滞在している那須の別荘に非行少年がやってきて現金を脅し取られてしまいますわァ〜。。。


(kato3.gif)

心配ですか?

だってぇ〜、つい最近、10月27日に目黒のタワーマンションに宅配業者を装った二人の少年が白昼堂々と30代の女性のマンションに押し入って600万円の現金を奪ったのですわ。。。

 

 

小百合さんも 600万円近くの現金を別荘の金庫に置いてあるのですか?

いいえ。。。そんな大金は別荘に置いてありませんわァ〜。。。

だったら、心配ないでしょう。。。

でも。。。、でも。。。、こういう個人情報はネットで公開して欲しくありませんわ。。。

小百合さんの別荘の住所は公開してませんよ。。。

でも、別荘の写真から特定されてしまいますわ。。。

大丈夫です。。。 なぜなら、上の写真はコラージュしてデッチ上げたものだから、この写真の実物はこの地球上に存在してません。。。

でも。。。、でも。。。、心配ですわァ〜。。。

あのねぇ〜、小百合さんはネットでは「軽井沢タリアセン夫人」として知られているのです。。。

 


(gog30708.gif)


『拡大する』


『現時点での検索結果』

 

だから、小百合さんが那須に別荘を持っているなんて誰も信じませんよ。。。 しかし、どういうわけで小百合さんは那須の別荘にいるのですか?

実は、これは私のお友達の小室靖子さんの別荘なのですわ。。。今年は、私がこの靖子さんの別荘を使い、靖子さんは私の軽井沢の別荘を使うことにしているのです。。。

なるほどォ〜。。。それは頭の良いやり方ですねぇ〜。。。お互いに那須と軽井沢の両方の自然を楽しむことができると言うわけですねぇ〜。。。 おかげで僕も久しぶりに那須にやってきて紅葉を楽しみましたよ。。。

 


(nasudake2.jpg)


(nasu10b.jpg)

 

炭火(すみび)のバーベキューはカナダではなかなか味わえないのです。。。

 


(nasu11.jpg)


(nasu12.jpeg)

 

どうして炭火のバーベキューがカナダでは楽しめないのですか?

僕はバンクーバーではマンションに住んでますからね。。。ベランダでのバーベキューは禁止になっているのですよ。。。

郊外の広い公園でバーベキューを楽しめばいいではありませんか?

もちろん、郊外の公園でならバーベキューも楽しめますが、ふつう炭火は使わないのです。。。練炭(れんたん)を菱(ヒシ)の形に小さくしたような燃料を使うのですよ。。。だから、炭火のあの香りが肉や野菜につかないのです。。。そういうわけで、イマイチ日本的な味わいが欠けるのです。。。

じゃあ、久しぶりで炭火のバーベキューの味に舌鼓(したつづみ)をうったのですわねぇ〜。。。

そういうことです。。。それに、秋ナスを小百合さんが「しぎ焼き」にしたのを食べさせてくれたので感激しました。。。

 


(nasu21.png)

 

それほど感激するほどのものではないでしょう!?

あれっ。。。小百合さんは知らないのですか?

何をですか?

昔の人は言ったでしょう! 「秋茄子は嫁に食わすな」と。。。

 


(nasu20.png)

 

秋なすは特に味がよいので、憎い嫁に食わすなの意味で、しゅうとめの嫁いびりをいったもの。

一説には、からだが冷えるので大切な嫁には食べさせない、という意味もある。

また、種子が少ないので、子種が少なくなるから嫁に食べさせない、という説もある。

あらっ。。。デンマンさんは浦島太郎になった割には日本のことわざを知っているのですわねぇ〜。。。

子供の頃に聞いた諺は忘れないものですよ。。。ナスはバンクーバーでも売ってるけど、カナダのナスはバカでかいのですよ。。。やはり、ナスは小粒なナスが旨いです。。。

デンマンさんはナスにハマっているのですか?

別にハマっているわけではないけれど、「しぎ焼き」というのを初めて知りました。

子供の頃デンマンさんのお母さんは作らなかったのですか?

もちろん、ナスの「しぎ焼き」も作りました。。。でも、「ナスの油炒め」と呼んでました。。。ところで、偶然というのは不思議なもので、小百合さんが作ってくれた「秋ナスのしぎ焼き」を食べていたら「嫁いびり」をしている近所のおばあちゃんが訪ねてきたのには驚きましたよ。。。

 


(nasu30.jpg)

 

あのおばあちゃんは しばしば小百合さんを訪ねてくるのですか?

そうなのですわ。。。この近所には おばあちゃんの話し相手が居ないので 私の車を見るとやって来るのですわ。。。

それにしても「秋ナスのしぎ焼き」を食べている時にやって来るというのは、偶然にしては出来すぎていますよ。。。しかも、ベランダで食べ終わるのを待っていたのですからねぇ〜。。。「お客さんが来ているのォ〜!」と小百合さんが言っても帰らなかったでしょう!

そうでしたわァ〜。。。あのおばちゃんにとって、話し相手は誰でもいいのですわ。。。どうしてもブス嫁の話がしたかったのです。。。

それを知っていながら、小百合さんは草刈り機で草刈りを始めて、僕があのおばあちゃんの話相手にさせられたのには、参ってしまいましたよ。。。小百合さんはコスいところがあるのですねぇ〜。。。

わたしはブス嫁の話は何度も何度も聞かされましたから。。。うふふふふふ。。。デンマンさんが居てくれて助かりましたわ。。。

僕は あのおばあちゃんと話をするために 小百合さんの別荘に行ったわけではないのですよ。。。

でも、あのおばあちゃんはデンマンさんを気に入ったようですわ。。。ずいぶんと話が弾(はず)んでいたようじゃありませんかァ〜。。。うふふふふふ。。。

嫁いびりの話は、初めは面白いけれど、同じような話を何度も聞かされるのは そのうちマジで退屈しました。。。秋ナスが とんだ嫁いびりおばあちゃんを連れてきたものですよ。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~~

あなたも 話好きなおばあちゃんに出会って 同じ話を何度も何度も聞かされる羽目になたことがありますか?

ええっ。。。「思い出すだけでもムカつくので、そんなことより 他にもっと面白い話をしろ!」

あなたは、あたくしに そのようにご命令なさるのでござ~ますかァ~?

分かりましたわァ。。。 あなたがそのようにおっしゃるのであれば、

2020年元旦にバンクーバーで第100回寒中水泳があったのでござ~ますわよう。

その模様をお見せしますわねぇ~。。。

 


(polswim03.jpg)


(polswim01.jpg)


(polswim02.jpg)


(polswim04.jpg)

 

ええっ。。。 「寒中水泳など つまらんから、もっと面白い話をしろ!」

あなたは、さらに、そのような強い口調で あたくしにご命令なさるのですかァ~?

分かりましたわァ~。。。

個人的なお話ではありますけれど、

次の検索結果を見てくださいまし。。。

 


(gog60409a.png)

『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

「卑弥子 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわよう。

うふふふふふふ。。。

あなたも、ビックリするでしょう?

ジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわァ。

 


(buttdimp5.jpg)

 

どうでござ~ますかァ?

ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?

どうしてよう?

ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ~ますかァ~?

あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、

最後には上のようなおヌードになるのですわよう。

信じてくださいましなァ~。。。

 

ところで、小百合さんが なぜ「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれているのか?

ご存知でござ~♪~ましょうか?

なぜ。。。?

実は簡単な事なのですわよう。

 


(sayuri80.jpg)

 

小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。

小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですってぇ~。。。

分からない事ではござ~ませんわァ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。

現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。

 


(suikyu9.jpg)

 

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

 

軽井沢・雲場池の紅葉

軽井沢のイルミネーション

秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩

 

とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。

だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。

じゃあねぇ~~。


(hand.gif)


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、


ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる


下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に


別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『優美な女性@コルドバ』

■ 『バレンタインを見つけて』

■ 『ケリスデール』

■ 『オペラ@バンクーバー』

■ 『ヴィクトリア女王とアブドゥル』

■ 『愛とお馬さん』

■ 『チョンタ 点心』

■ 『胸が苦しく懐かしい』

■ 『レンコンの挟み揚げ』

■ 『若返りホルモン』

■ 『自作バーガー』


(coffeeluv1.jpg)

■ 『しょうがパン』

■ 『埼玉村の不発弾』

■ 『愛の果実を探して』

■ 『ジェミマおばさん』

■ 『世界のパン屋さん』

■ 『インド料理屋』

■ 『命の値段』

■ 『ケリスデールはどこ?』

■ 『ヤブ医者にうんざり』

■ 『酢卵のすすめ』

■ 『新城と映画』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『虹のケーキ』

■ 『軽井沢ブーム』

■ 『こんにちわ@ベナン』

■ 『レオニダス』

■ 『恋している人の前で』

■ 『バターミルクビスケット』

■ 『軽井沢で』

■ 『軽井沢南口』

■ 『ロマン@雲場池』


(compie1b.jpg)

■ 『皇后のトイレ』

■ 『M女史とは誰か?』

■ 『ゼリーフライのふるさと』

■ 『災難は忘れた頃にやって来る』

■ 『菊ちゃんと忍藩主』

■ 『人の輪の奇跡』

■ 『ムカつく柿本人麻呂』

■ 『病院の悪評』

■ 『犬の話』


(sayuri811.jpg)

■ 『M女史って誰?』

■ 『カモメとカラスの争い』

■ 『甲斐姫の母親』

■ 『主治医の凌先生』

■ 『犬の話@バレンタイン』

■ 『英語の問題です』

■ 『孤独死を見つめて』

■ 『愛の妖精』

■ 『町おこしコンサート』

■ 『この人気、なぜ?』

■ 『ミスをしても安全を維持』

■ 『ハルヴァ@行田』


(bare02b.gif)

こんにちは。ジューンです。

日本のハーブティーは、なんといっても桜湯だそうですけれど、


(sakurate.jpg)

カナダ、アメリカ、イギリスではハーブティーとして

ローズティーが好まれています。

普通、ローズヒップティーと呼ばれます。

ローズヒップ(rose hip)とは

バラ科バラ属の植物の果実。

つまり、バラの実です。

ローズヒップ生産のため、バラの特定品種、

特にRosa canina(ドッグ・ローズ)が栽培されています。

ハイビスカスとブレンドしたハーブティとして飲用されることもあります。

また、ローズヒップオイルは食用油として、

ジャム、ジェリー、マーマレードにも用いられるほか、

スキンケアにも用いられます。

こんなエピソードがありました。

第二次世界大戦中、

イギリスはドイツ海軍Uボートの海上封鎖により

オレンジの輸入がストップしたのです。

ビタミンCの補給ができなくなったのです。

それで、英国の学童たちは生垣に生えている

ローズヒップの採集を命じられました。

ローズヒップティーにして飲んで

ビタミンCを補給したのですって。。。


(rosehip.jpg)

なんだか信じられないようなお話ですよね。

ところで、英語の面白い話を集めました。

時間があったら覗いてみてください。

■ 『あなたのための愉快で面白い英語』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。


(chirashi.jpg)


(bravo.gif)

ハルヴァ@行田

 

ハルヴァ@行田

 


(lookanim.gif)


(halva30.jpg)


(halva06.jpg)


(salon22.jpg)


(sayuri55.gif)

デンマンさん。。。 行田市に帰省してハルヴァを食べたのですか?


(kato3.gif)

やだなあああァ〜。。。他人事のように言わないでくださいよ。。。小百合さんと一緒に食べたじゃありませんかァ〜! だから、こうしてハルヴァのことを書く気になったのですよ。。。

でも。。。、でも。。。、どうしてハルヴァに拘(こだわ)るのですかァ〜? それほど美味しいお菓子ではないではありませんかァ〜。。。

まさか行田市でハルヴァに出会うとは思わなかったのですよ。。。僕が子供の頃は、バナナは高級品で、まだ自由化される前だったのです。。。もちろん、ハルヴァなんて聞いたこともなかった。。。

デンマンさんは、太平洋戦争中のことを言ってるのですか?

やだなああああァ〜。。。小百合さんは若いけれど、僕とそれほど年が離れているわけではないのですよ。。。僕も小百合さんも戦後生まれなのです。。。そういう悪いツッコミは入れないでくださいねぇ〜。。。

分かりましたわ。。。

10月20日は久しぶりに秋晴れの素晴らしい天気でした。。。さきたま古墳公園でピクニックをして、小百合さんが「キツネうどん」を作ってくれた。。。

 


(sakitama98.jpg)


(sakitama97b.jpg)


(pavilion80.jpg)


(kitsune20.jpg)

 

デンマンさん!。。。ハルヴァのことを書くのに、どういうわけで「きつねうどん」を持ち出すのですか?

だってぇ〜、小百合さんが作ってくれたでしょう!

即席の「きつねうどん」のドンブリにお湯をかけただけのことですわァ〜。。。ハルヴァと「きつねうどん」では、まるで三味線とエレキギターを一緒に弾くようなものではありませんかァ!

とにかく、「きつねうどん」を食べてから、小百合さんが「業務スーパー」に寄ってゆきたいと言ったので、僕はついて行ったのですよ。。。

 


(gyomu02.jpg)


(gyomu02.jpg)


(gyomu01.jpg)

 

店に入ってゆくと輸入品のコーナーがあった。。。

デンマンさんは「業務スーパー」に輸入品のコーナーがあると知らなかったのですか?

小百合さんに言われるいまで忘れていましたよ。。。ヨーロッパ直輸入の冷凍食品の並びの棚を見ていたらハルヴァに目が留まった。。。

 


(halva80.jpg)

 

デンマンさんにとって、ハルヴァがそれほど珍しいのですか?

特に珍しいと言うわけではないけれど、僕にとっては特別な思い入れがあるのですよ。。。

その思い入れというのは、どういうことですか?

ちょっと次の検索結果を見てください。。。

 


(gog20-10-22.gif)


『拡大する』


『現時点での検索結果』

 

ハルヴァ デンマン と入れて検索すると 1,440件もヒットするのですよ。。。

あらっ。。。デンマンさんが書いたハルヴァの記事がズラズラと金魚のウンチのように連なって出てくるのですわねぇ〜。。。うふふふふふ。。。

そうなのです。。。2016年からしばしばハルヴァのことを書いているのだけれど、まだ一度もハルヴァを食べたことがない。。。

それで、「業務スーパー」の輸入品コーナーでハルヴァを見て感激したのですか?

そうですよ。。。どうしても食べてみなければならないと思ったわけです。。。

なるほどォ〜。。。それで、デンマンさんは気に入ったオモチャを欲しがる幼児のように、買って欲しいとせがんだわけなのですわねぇ〜。。。

別に小百合さんにせがんだわけじゃないけれど、長年の夢がかなったような気持ちで買い物かごにハルヴァを手にとって入れたわけですよ。。。

でも。。。、でも。。。、いったいどういうわけで それほどハルヴァにハマったのですか?

ちょっと次の小文を読んでください。。。

 

米原万里


(mari01.jpg)

誕生 1950年4月29日
死没 2006年5月25日(満56歳没)

ロシア語同時通訳・エッセイスト・ノンフィクション作家・小説家である。
著作には、『不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か』、『魔女の1ダース』、『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』、『オリガ・モリソヴナの反語法』などがある。

日本共産党常任幹部会委員だった衆議院議員・米原昶の娘として東京都中央区の聖路加病院で生まれる。

大田区立馬込小学校3年生だった1959年(昭和34年)、父が日本共産党代表として各国共産党の理論情報誌 『平和と社会主義の諸問題』編集委員に選任され、編集局のあるチェコスロバキアの首都プラハに赴任することとなり、一家揃って渡欧した。

9歳から14歳まで少女時代の5年間、現地にあるソビエト連邦外務省が直接運営する外国共産党幹部子弟専用の8年制ソビエト大使館付属学校に通い、ロシア語で授業を受けた。

チェコ語による教育ではなくソビエト学校を選択したのは、ロシア語ならば帰国後も続けられるという理由だった。
ソビエト学校は、ほぼ50カ国の子供達が通い、教師はソ連本国から派遣され、教科書も本国から送られたものを用いる本格的なカリキュラムを組んでいたという。

クラスの人数は20人を越えると二つに分けるなど、きめ細かい教育だったが、最初の約半年間は、教師や生徒が笑っていても言葉がわからず、「先生の話すことが100パーセント分からない授業に出席し続けるのは地獄」だったと述懐している。

1964年(昭和39年)11月、ソビエト大使館付属学校を第7学年で中退し日本に帰国。
1965年1月、大田区立貝塚中学校第2学年編入。
日本の試験が○×式あるいは選択式であることにカルチャーショックを受けた。
ソビエト学校はすべて論述試験だったからである。
プラハの春(1968年)が起こったのは日本へ戻った後の、18歳のときだった。

東京外国語大学外国語学部ロシア語学科に入学、この頃に日本共産党入党。
1975年3月に同大を卒業し、同年4月、汐文社に入社。
1976年3月、同社を退社し、同年4月、東京大学大学院人文科学研究科露語露文学専攻修士課程に進学。
1978年3月、同修士課程修了。

大学院在学中の1985年(昭和60年)、「東大大学院支部伊里一智事件」に連座して党から除籍処分を受けたが、死亡時『しんぶん赤旗』訃報欄には、党歴無記載ではあるが掲載された。
後年(2002年5月13日)、逮捕直前の佐藤優に米原は「私は共産党に査問されたことがある。あのときは殺されるんじゃないかとほんとうに怖かったわ。共産党も外務省も組織は一緒よ」と語っている。

また、日本共産党から離れた後「今の社会の仕組みや矛盾を説明するのに、カール・マルクスほどぴったりな人はいないわよ。絶対的とは言わないけれど、今読むことのできる思想家の中では、あれほど普遍的に世の中の仕組みや矛盾をきちんと説明できる思想家は他にいない」とたびたび語っていた。

1980年ロシア語通訳協会の設立に参画し、初代事務局長となる。

TBSのテレビ番組『シベリア大紀行』という番組で、厳寒期の平均気温がマイナス60度になるヤクーツクを取材し、厳冬期のシベリアを一万キロにわたり横断。
この経緯をテレビ番組のみならず、児童向けの『マイナス50°Cの世界 寒極の生活』(1986年)として著した。

1983年(昭和58年)頃から第一級の通訳として、ロシア語圏要人の同時通訳などで活躍。
特にペレストロイカ以降は、ニュースを中心に旧ソ連・ロシア関係の報道や会議の同時通訳に従事する。

1990年1月、エリツィン・ソ連最高会議議員(当時)来日にあたって、随行通訳を務める。
エリツィンからは「マリ」と呼ばれ、大変可愛がられていた。

2003年から2006年の死去まで、ロシア語通訳協会会長を務める。

晩年は、肉体的にも精神的にも負担の多い同時通訳からは身を引いて作家業に専念した。
またTBSのテレビ番組『ブロードキャスター』にコメンテーターとして出演していた。

卵巣癌を患い除去したが1年4ヶ月で再発し、2006年(平成18年)5月25日に神奈川県鎌倉市の自宅で死去した。

 

エピソード

趣味は駄洒落と下ネタ、そして犬や猫と暮らすこと。
親しい友人のイタリア語同時通訳者の田丸公美子も駄洒落と下ネタが得意で、米原は田丸に自分の渾名「シモネッタ・ドッジ」なる称号を献上、田丸は米原を「え勝手リーナ」(エカテリーナ)と呼んでいた。
かつてモスクワで橋本龍太郎から強姦未遂の被害を受けた逸話を、評論家の佐藤優が米原本人から聞いた話として

ロシア語通訳の米原万里は大きな瞳で筆者を見つめ「私橋龍に襲われそうになったことがあるの」と言った。

橋本龍太郎・元首相はエリツィンとの会談で通訳してもらう内容について相談したいと米原万里を3部屋続きのプレジデント・スイートに呼び出し暫く打ち合わせたが途中から様子が変わり米原万里に迫ってきたということだ。

 


(hashimo02.jpg)

 

「ほんと怖かった。やっとの思いで部屋から逃げ出したわ。

仕事にかこつけて呼び出しておいて迫るのは男として最低だわ」

と米原万里は続けた。

と、著書『インテリジェンス人間論』に記載している。


出典:「米原万里」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

あらっ。。。元首相の橋本龍太郎さんは、米原万里さんに破廉恥なことをしようとしたのですわねぇ〜。。。

そうなのですよ。。。

でも、この破廉恥事件とハルヴァがどのように関係しているのですか?

米原万里さんが彼女の著書の中で次のように書いているのです。。。

 

トルコの蜜

小学校3年生の秋、両親の仕事の都合でチェコスロバキアのプラハに移り住んだ。

学校の帰り道、学友たちと駄菓子屋によって買うお菓子の人気ナンバーワンが“TURETSKIJ MED” 直訳すると、「トルコの蜜」 すなわちトルコ蜜飴だったのだ。

ヌガーをもう少しサクサクさせて、ナッツ類の割合を多くした感じ。
並みのキャンディーやチョコレートじゃ太刀打ちできないぐらい美味しい。

なのに、ロシア人のイーラは言う。

「これなら、ハルヴァの方が百倍美味しいわ

「そのハルヴァっていうの、食べてみたい」

「えっ、ハルヴァを知らないの。 じゃあ今度、モスクワに帰ったときに買ってきてあげる」

 


(halva02.jpg)

 

夏休み明けの9月1日、イーラは約束を果たしてくれた。
ちょうど靴磨きのクリームが入っている缶のような形とサイズの青い容器。
蓋に白字で “хaлва” とだけ書かれてある。

今も青い丸い缶に“NIVEA”と白地で書かれたニベア・スキンクリームの容器を見るたびにイーラが持ってきたあの缶を思い出す。

 


(nivea02.jpg)

&nbs;

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


73 ページ 『旅行者の朝食』
著者: 米原万里
2002年6月10日 第2刷発行
発行所: 株式会社 文藝春秋

つまり、「これなら、ハルヴァの方が百倍美味しいわ」というのを読んでデンマンさんは食べてみたいと思ったのですか?

そうです。。。いけませんか?

デンマンさんは意外に単細胞的なところがあるのですわねぇ〜。。。

小百合さんは上の文章を読んで食べてみたいという気持ちにならないのですか?

デンマンさんからこの話を聞く前に読んでいたら食べたいと思ったかもしれませんわ。。。

。。。で、食べた感想はどうでした?

特徴的な食感があって、これまでの甘いお菓子とは違いますけれど、「ハルヴァの方が百倍美味しいわ」と言ったロシア人のイーラは、とてもまずいトルコのお菓子を口にしたのでしょうねぇ〜。。。

うん、うん、うん。。。そうかもしれません。。。

ところで、元首相の橋本龍太郎さんは小太りな女性が好みなのですわねぇ〜。。。

いや。。。上の米原万里さんの写真を見てそう思ったのならば、お門違いです。。。元首相の橋本龍太郎さんが米原さんに迫った時には、次のように若々しく痩せていたのですよ。。。


(mari02.jpg)


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~~

あなたはハルヴァを召し上がったことがありますか?

日本の甘いお菓子とは食感がかなり違います。

ぜひ、輸入品コーナーで探して食べてみてください。

ええっ。。。「甘いものは嫌いなんだ。。。。そんなことより 他にもっと面白い話をしろ!」

あなたは、あたくしに そのようにご命令なさるのでござ~ますかァ~?

分かりましたわァ。。。 あなたがそのようにおっしゃるのであれば、

2020年元旦にバンクーバーで第100回寒中水泳があったのでござ~ますわよう。

その模様をお見せしますわねぇ~。。。

 


(polswim03.jpg)


(polswim01.jpg)


(polswim02.jpg)


(polswim04.jpg)

 

ええっ。。。 「寒中水泳など つまらんから、もっと面白い話をしろ!」

あなたは、さらに、そのような強い口調で あたくしにご命令なさるのですかァ~?

分かりましたわァ~。。。

個人的なお話ではありますけれど、

次の検索結果を見てくださいまし。。。

 


(gog60409a.png)

『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

「卑弥子 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわよう。

うふふふふふふ。。。

あなたも、ビックリするでしょう?

ジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわァ。

 


(buttdimp5.jpg)

 

どうでござ~ますかァ?

ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?

どうしてよう?

ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ~ますかァ~?

あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、

最後には上のようなおヌードになるのですわよう。

信じてくださいましなァ~。。。

 

ところで、小百合さんが なぜ「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれているのか?

ご存知でござ~♪~ましょうか?

なぜ。。。?

実は簡単な事なのですわよう。

 


(sayuri80.jpg)

 

小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。

小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですってぇ~。。。

分からない事ではござ~ませんわァ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。

現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。

 


(suikyu9.jpg)

 

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

 

軽井沢・雲場池の紅葉

軽井沢のイルミネーション

秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩

 

とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。

だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。

じゃあねぇ~~。


(hand.gif)


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、


ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる


下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に


別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『優美な女性@コルドバ』

■ 『バレンタインを見つけて』

■ 『ケリスデール』

■ 『オペラ@バンクーバー』

■ 『ヴィクトリア女王とアブドゥル』

■ 『愛とお馬さん』

■ 『チョンタ 点心』

■ 『胸が苦しく懐かしい』

■ 『レンコンの挟み揚げ』

■ 『若返りホルモン』

■ 『自作バーガー』


(coffeeluv1.jpg)

■ 『しょうがパン』

■ 『埼玉村の不発弾』

■ 『愛の果実を探して』

■ 『ジェミマおばさん』

■ 『世界のパン屋さん』

■ 『インド料理屋』

■ 『命の値段』

■ 『ケリスデールはどこ?』

■ 『ヤブ医者にうんざり』

■ 『酢卵のすすめ』

■ 『新城と映画』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『虹のケーキ』

■ 『軽井沢ブーム』

■ 『こんにちわ@ベナン』

■ 『レオニダス』

■ 『恋している人の前で』

■ 『バターミルクビスケット』

■ 『軽井沢で』

■ 『軽井沢南口』

■ 『ロマン@雲場池』


(compie1b.jpg)

■ 『皇后のトイレ』

■ 『M女史とは誰か?』

■ 『ゼリーフライのふるさと』

■ 『災難は忘れた頃にやって来る』

■ 『菊ちゃんと忍藩主』

■ 『人の輪の奇跡』

■ 『ムカつく柿本人麻呂』

■ 『病院の悪評』

■ 『犬の話』


(sayuri811.jpg)

■ 『M女史って誰?』

■ 『カモメとカラスの争い』

■ 『甲斐姫の母親』

■ 『主治医の凌先生』

■ 『犬の話@バレンタイン』

■ 『英語の問題です』

■ 『孤独死を見つめて』

■ 『愛の妖精』

■ 『町おこしコンサート』

■ 『この人気、なぜ?』

■ 『ミスをしても安全を維持』


(bare02b.gif)

こんにちは。ジューンです。

日本のハーブティーは、なんといっても桜湯だそうですけれど、


(sakurate.jpg)

カナダ、アメリカ、イギリスではハーブティーとして

ローズティーが好まれています。

普通、ローズヒップティーと呼ばれます。

ローズヒップ(rose hip)とは

バラ科バラ属の植物の果実。

つまり、バラの実です。

ローズヒップ生産のため、バラの特定品種、

特にRosa canina(ドッグ・ローズ)が栽培されています。

ハイビスカスとブレンドしたハーブティとして飲用されることもあります。

また、ローズヒップオイルは食用油として、

ジャム、ジェリー、マーマレードにも用いられるほか、

スキンケアにも用いられます。

こんなエピソードがありました。

第二次世界大戦中、

イギリスはドイツ海軍Uボートの海上封鎖により

オレンジの輸入がストップしたのです。

ビタミンCの補給ができなくなったのです。

それで、英国の学童たちは生垣に生えている

ローズヒップの採集を命じられました。

ローズヒップティーにして飲んで

ビタミンCを補給したのですって。。。


(rosehip.jpg)

なんだか信じられないようなお話ですよね。

ところで、英語の面白い話を集めました。

時間があったら覗いてみてください。

■ 『あなたのための愉快で面白い英語』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。


(chirashi.jpg)


(bravo.gif)

むべなるかな

 

むべなるかな

 


(lookanim.gif)


(mube02.gif)


(himiko92.jpg)



(himiko22b.gif)

デンマンさん。。。むべなるかな という言葉に関心を持ったのでござ〜ますかァ〜?


(kato3.gif)

そうです。。。

どういうわけで取り上げる気になったのですか?

実は、10月13日の火曜日のNHKの「おはよう日本」を見ていたのですよ。。。

何時頃でござ〜ますかァ〜?

午前7時50分頃だったと思います。。。

あらっ。。。デンマンさんは、けっこう早起きなのでござ〜ますわねぇ〜。。。

10月6日にバンクーバーから成田に着いて、ようやく日本時間にも慣れて 最近では7時頃に起きて朝食を食べながら「おはよう日本」を見るのですよ。。。

。。。で、アナウンサーが むべなるかな と言ったのでござ〜ますか?

アナウンサーも、その言葉を口に出したのだけれど、その前に次の果物を紹介したのですよ。。。

 


(mube02.gif)

 ムベ

 

あらっ。。。これは「あけび」ですわねぇ〜。。。

「あけび」に似ているけれど、「あけび」ではないのです。。。

 


(akebi02.jpg)

 アケビ

 

違うのですか?

マジで似ているけれど、違うのです。。。「むべ」と言うものです。。。

あらっ。。。そういう名前の果物があるのでござ〜ますか?

僕も知りませんでした。。。ウィキペディアには次のように書いてあります。

 

ムベ(郁子)

 

ムベは、アケビ科ムベ属の常緑つる性木本植物。

別名、トキワアケビ(常葉通草)。
方言名はグベ(長崎県諫早地方)、フユビ(島根県隠岐郡)、ウンベ(鹿児島県) イノチナガ、コッコなど。

日本の本州関東以西、台湾、中国に生える。
柄のある3〜7枚の小葉からなる掌状複葉。
小葉の葉身は厚い革質で、深緑で艶があり、裏側はやや色が薄い。
裏面には、特徴的な網状の葉脈を見ることが出来る。

花期は5月。花には雌雄があり、芳香を発し、花冠は薄い黄色で細長く、剥いたバナナの皮のようでアケビの花とは趣が異なる。

10月に5〜7cmの果実が赤紫に熟す。
この果実は同じ科のアケビに似ているが、果皮はアケビに比べると薄く柔らかく、心皮の縫合線に沿って裂けることはない。

果皮の内側には、乳白色の非常に固い層がある。
その内側に、胎座に由来する半透明の果肉をまとった小さな黒い種子が多数あり、その間には甘い果汁が満たされている。

果肉も甘いが種にしっかり着いており、種子をより分けて食べるのは難しい。
自然状態ではニホンザルが好んで食べ、種子散布に寄与しているようである。

 

利用

主に盆栽や日陰棚にしたてる。新芽と果実は食用となる。

日本では伝統的に果樹として重んじられ、宮中に献上する習慣もある。
しかしアケビ等に比較して果実が小さく、果肉も甘いが食べにくいので、商業的価値はほとんどない。

現在でも生産農家はあり、皇室のほか、天智天皇を祭る近江神宮、靖国神社に献上している。

茎や根は野木瓜(やもっか)という生薬で利尿剤となる。


出典: 「ムベ」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

あらっ。。。アケビ科なのですわねぇ〜。。。 道理で似ていると思いましたわァ〜。。。

卑弥子さんはアケビが好物なのですか?

別に好物というほどではござ〜ませんけれど、珍しかったのでよく覚えておりますわァ〜。。。で、デンマンさんは、どういうわけでこの果物に興味を持ったのでござ〜ますかァ?

あのねぇ〜、大昔に、この果物を天智天皇に献上した時、天皇が これを食べて「むべなるかな」と言ったというのですよ。。。

 


(tenchi50.jpeg)

 

それで、「むべ」という名前が付いたと言うのでござ〜ますか?

そうなのです。。。嘘のようなホントの話だそうです。。。

マジで。。。?

番組で、そのように紹介していました。。。ところで、卑弥子さんは「むべなるかな」という意味を知ってますよねぇ〜。。。

もちろんでござ〜ますわァ〜。。。これでも、あたくしは京都の女子大学で腐女子たちに「日本文化と源氏物語」を講義しているのですわァ〜。。。知らないと言ったら、あたくしの信用がガタ落ちになってしまいますゥ。。。

「むべなるかな」という言葉は日常的には めったに使わないけれど、テレビ番組なので時々耳にするのですよ。。。でも、僕は辞書で調べたこともない。。。いったい、どういう意味のなのですかァ〜?

「いかにももっともだ」とか「確かに」「その通りだ」という意味ですわァ。。。実際に日常会話で使われる場合には「橘卑弥子・教授は才媛と言われています。 彼女の講義は分かりやすく面白い。 むべなるかなですね」というように使われるのですわァ〜。。。うふふふふふふ。。。

卑弥子さんが自分で、そう言ってしまうと説得力がイマイチですよゥ。。。

あらっ。。。ちょっとばかりやりすぎましたかしら。。。。うふふふふふふ。。。

要するに、最近のミーちゃん、ハーちゃんも含めて意味を知らない人が多いから、この言葉は使わない方が無難ですね。。。。

そうですわねぇ〜。。。「むべなるかな」という言葉は、優雅で学識を偲ばせる響きを持っていますけれど、最近の若者では意味を理解できない人もいるので、分かりやすいコミュニケーションを望むなら「確かにその通りだ」と言った方が無難ですわァ〜。。。

「むべ」とはどういう意味なのですか?

古文単語の「むべなり」という語幹が「むべ」ですわァ。。。「むべなり」には、「確かに」「なるほど」と納得する意味があるのでござ〜ます。。。その単語に「かな」を付け加えて「〜だなあ」という詠嘆の意味を表しているのですわァ。。。

漢字で書くとどうなるのですか?

漢字で書くと「宜なるかな」となります。。。現代語でも、「宜」という漢字1字で「物事を肯定する気持ち」を表しています。。。

なるほどォ〜。。。卑弥子さんが京都の女子大学で「日本文学と源氏物語」を教えているということを改めて感じさせられました。。。

それは、デンマンさんが あたくしを改めて見直したということでござ〜ますかァ〜?

そうです。。。ところで、天智天皇はどういうわけで「むべなるかな」と言ったのですか?

デンマンさんは、マジで分からないのですか?

ちょっと思いつきません。。。教えて下さい。。。

簡単なことですわァ〜。。。天智天皇は、献上された「ムベ」を頂いたので、それを食べてみたのですわ。。。そしたら、その味に感銘を受けたのです。。。当然のことですわ。。。わざわざ天皇に献上したものなので、その味も感銘を与えるものに違いないのでござ〜ます。。。期待通りに感銘を与えるような果物だったので、「むべなるかな」と言ったのですわ。。。つまり、「天皇に献上するモノにマズいモノはないだろう。。。確かに、そのとおり感銘を受けるような味だ」と言ったわけなのです。。。

それを聞いた献上者が、それ以降「むべ」という名前で呼ぶようになったということですか?

それ以外に考えられないでしょう!?

じゃあ、それ以前はなんと呼ばれていたのですか?

「アケビモドキ」と呼ばれていたのですわァ〜。。。

マジで。。。?

昔の人は “信じる者は救われる!” とおっしゃいました。。。だから、デンマンさんも素直に信じて救われてくださいねぇ〜。。。おほほほほほ。。。

 


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですわァ〜。。。

あなたも、あたくしの説明を信じることができますか?

ええっ。。。「そんな事はどうでもいいから、他にもっと面白い話をしろ!」

あなたは、そのような強い口調で あらくしに命令なさるのでござ〜ますかァ?

分かりましたわァ。。。

では、あなたもビックリするような

忠臣蔵のとっても古い映画をご覧くださいまし。。。

なんと。。。昭和3年(1928年)制作の『忠臣蔵』ですわよう!

無声映画ですけれど、弁士の方がなかなかうまい説明をしてくださいますわ。。。

つい、引き込まれて観てしまうのですわ。。。

浅野内匠頭がどうしてヘマをしでかしたのか?

そのへんのところが詳しく映像に残っております。

観るだけの値打ちがありますわ。。。

では、どうぞ。。。

 

 

ところで、どうして小百合さんが

「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれるのか?

 


(sayuri5.gif)

 

あなたは ご存知でござ~♪~ますかァ?

実は簡単な事なのですわよう。

小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。

小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですってぇ~。。。

分からない事ではござ~ませんわァ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。

現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。


(suikyu9.jpg)

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

軽井沢・雲場池の紅葉

軽井沢のイルミネーション

秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩

とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。
だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。
じゃあねぇ~~。


(hand.gif)

メチャ面白い、


ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる


下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に


別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

『センスあるランジェリー』


(surfing9.gif)


(sayuri5.gif)

ところで、平成の紫式部こと、卑弥子さんは見かけによらず、京都の女子大学で腐女子に「日本文化と源氏物語」を講義している橘卑弥子・准教授という肩書きを持っています。

卑弥子さんの面白い話をもっと読みたい人は
下のリンクをクリックして読んでみてくださいね。


(miya08.jpg)

『麻生元総理』

『ネットのバカ女を捜して』

『額田王の歌』

『聖女と娼婦』

『済子女王@萌える』

『ん?堀内亜里?』

『松平春嶽が黒幕?』

『旅行者的早餐』

『なぜ蝦夷なの?』

『プリキュアとヒトラー』

『戦争絶対反対よね』

『怨霊の歴史』

『色欲@歴史』

『紫式部と敗戦』

『ラピスラズリと源氏物語』


(annasalleh.jpg)

『性と愛@古代史』

『仙台を離れて』

『美人とブス@大奥』

『絵の中のウソ』

『阿倍仲麻呂@ベトナム』

『バイクガール』

『六条御息所』

『卑弥子さんの大学』

『元寇と捕虜』

『マキアベリにビックリ』

『痴漢が心配』

『びた一文』

『卑弥子@ブカレスト』

『エロい源氏を探して』

『ラピスラズリの舟形杯』

『平成の紫式部』

『隠元豆と国性爺合戦』

『おばさんと呼ばれて』


(zurose2.jpg)

『女帝の平和』

『アタマにくる一言』

『悪女レオタード@昌原市』

『スウィートビーン』

『ガチで浦島太郎やし』

『ご苦労さま』

『デンマンのはなし』

『卑弥呼の墓』

『室生犀星と人間学』

『松平春嶽ダントツ』

『英語は3語で伝わる』

『くだらない物』

『漢字で体操』

『面白い漢字テスト』


(hama10.jpg)

『日本のエロい文化』

『女のオナラ』

『紫式部と宮本武蔵』

『頼朝の死の謎』

『パンツと戦争』

『海外美女 新着記事』

『日本語を作った男』

『江戸の敵を長崎で』

『芸術は尻だ』

『尻の芸術』

『左翼的な下着』

『エロい源氏』

『ネット市民は見ている』


(costa04b.jpg)

『朝妻船』

『阿修羅を探して』

『羅漢と良寛』

『源氏エロ』

『元寇船』

『ハマガソ』

『歴史ロマン@バンコク』

『平安のキス』

『大久保独裁政権』

『愛情ゲットの呪術』

『源氏物語とおばさん』

『たこつぼ探し』

『光源氏の弟』

『勝負服』

『大伴家持の野心』

『そこが天才の偉いとこか?』

『生パンツカテゴリー』

『大衆文学』

『車中も亦臭し』

『聖徳太子の母親』

『笑える電報』

『忠臣蔵のウソ』

『天照大神@マレーシア』

『エロ@韓国』

『レオタード姿@女子大』

『見ちゃだめ、と言われると』

『忘我の境@英国』

『小学生お尻ペンペン』

『予期せぬ10万円』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)


(byebye.gif)

Organic vs. GMO

 

Organic vs. GMO

 


(gmo001.jpg)


(gmo002.jpg)


(gmo004.png)


(gmono.gif)


(diane02.gif)

Kato, you don’t like GMO, do you?


(kato3.gif)

Well… to tell you the truth, I didn’t know much about GMO.

Then how come you pasted a NO-GMO sticker in the above?

Since I didn’t know much about GMO, I borrowed a DVD about it.

 


(lib40818.png)

“Actual Catalogue Page”

 

So, you borrowed the above DVD on August 10, 2014 and, after viewing it, you jotted down the comment, didn’t you?

Yes, I did.

That was 6 years ago, huh?

Yes, it was. . . At that time, 18 people were waiting for the available DVD. . . Many people were interested in GMO.

I can see that.  So, Kato, how did you like the movie?

Well… before I’m gonna tell you my opinion, why don’t you take a peek at the trailer?

 


(gmo005.jpg)

 

Ummm… Quite interesting!  I think I’m gonna borrow it myself.

Please do.  Actually, I’ve been really convinced that those genetically modified foods are damaging human beings.

Really?

Take a look at the following clip.

 


(gmo006.jpg)

 

You see, Diane… Monsanto, a multinational agrochemical and biotechnology corporation, introduced genetically engineered cotton to India.  Because of this cotton, farm workers are getting itching rashes, and livestock eating the plants are getting sick or dying, and the cotton’s unreliable yield is leading to an enormous number of suicides among indebted farmers.

Amazing, isn’t it?

Yes, it is.  Besides, genetically engineered foods play as a major contributor to rising disease rates especially among children. Gastrointestinal disorders, allergies, inflammatory diseases, and infertility are just some of the problems implicated in humans, pets, livestock, and lab animals that eat genetically modified soybeans and corn.

But Kato, is this all true?

Well, a variety of American organic food companies see Smith as a champion for their interests, and Smith’s supporters describe him as the world’s foremost expert on the topic of genetically modified foods.

I’ve heard that Mr. Smith was a ballroom-dance teacher and yogic flying instructor before he started his crusade against GMO.

That’s darn true, but as you see the above clips, he is respected as a public educator on GMO.

But some people describe him as misinformed and misleading, don’t they?

That’s true. Although they accuse Mr. Smith of being an activist with no scientific or medical background, the film is quite convincing that GMO really damages human beings.  Don’t you think, Diane?

Then how come the USDA (United States Department of Agriculture) ignores a growing health emergency?

The film says, the USDA has lied about it since 1992.  Besides, some of the top administrators of the USDA are ex-executives of Monsanto.  That is, Monsanto controls key appointments to the US Department of Agriculture (USDA) as well as the Food and Drug Administration (FDA).  The thing is, no matter who wins the presidential election Monsanto benefits.

How about President Obama at the time when the problem hit the public?  Was he influenced by Monsanto?

Oh, yes he was.  Throughout his first term, for example, President Obama presided over the passage of several Monsanto-friendly legislative initiatives and appointed numerous people associated with Monsanto to high-level positions.  So, in this regard, even Putin opposed President Obama as shown in the following clip.

 


(gmo007.jpg)


(gmo008.jpg)

 

I see… So, most of the countries are introducing anti-GMO legislation, huh?

You’re telling me, Diane.  I’m pretty sure, these clips may change your diet.

So, Kato, what would you suggest?

Of course, you should go for organic foods, and take a lot of phytonutrients.

What are phytonutrients?

Watch the following clip.

 


(5colors.jpg)

 

I see… So, I should eat foods of 5 colors every day, huh?

 


(5colors.png)

SOURCE: “5 Colors of Phytonutrients You Should Eat Every Day”

 

Those foods of 5 colors will definitely keep you in shape for years to come.


(laugh16.gif)

【Himiko’s Monologue】

Well . . . what do you think about genetically modified foods?

Do you quite often eat genetically modified foods?

Have you ever worried about disease they might cause?

Maybe you’re sick and tired of negative comments on the media.

Do you want me to change subjects?

Well . . . here’s a 86-minute documentary about TOP 10 natural disasters.

It really gives you thrilling and unforgettable moments!

If you have a weak heart, don’t watch this shocking flick.

Natural Disasters


National Geographic Classics

 

 

In any road, I hope Kato will write another interesting article soon.

So please come back to see me.

Have a nice day!

Bye bye …


(hand.gif)


(renge62e.jpg)

If you’ve got some time,

Please read one of the following articles:

 



(biker302.jpg)

Life or Death

Way to Millionaire

Adele Hugo

Middle Sexes

Romance@Madison

Hacksaw Ridge

Eight the Dog

Halloween@Shibuya

Chef Babette


(dianesun.jpg)

Ramen Boom

from Korea

Omakase@Sushi

Crocodile Meat

Killer Floods

Climate of Doubt

Glory of Death

Big Mystery

Hitler and Trump

Hot October

2018 BC Ballot

Bach Collegium Japan

Dolly the Sheep

Golden Shower

Cleopatra

Strange Love

Quartet

Unknown Tragedy

World War B.C.

Mystery of Dimension

Call Girl Mystery

Typhoon & Emperor

Popes@Spotlight

Fireflies

Richard III

Savage vs. Civilized

Submerging Island

Adele Hugo

Banana @ Eden

God Is Coming!

Unforgettable Flicks


(surfing9.jpg)


(bare02b.gif)

Hi, I’m June Adams.

There have been at least five mass extinctions in the history of life on earth, and four in the last 3.5 billion years in which many species have disappeared in a relatively short period of geological time.

The massive eruptive event is considered to be one likely cause of the “Great Dying” about 250 million years ago, which is estimated to have killed 90% of species existing at the time.

There is also evidence to suggest this event was preceded by another mass extinction known as Olson’s Extinction.

The Cretaceous–Paleogene extinction event occurred 65 million years ago at the end of the Cretaceous period and is best known for having wiped out non-avian dinosaurs, among many other species.

Cause of the Cretaceous–Paleogene extinction?

Many scientists believe that a comet or meteor triggered the mass extinction of the dinosaurs.

You might wonder if another comet collides with the Earth in the near future.

 

Super Comet After the Impact

 

This is a 2007 speculative documentary produced by ZDF and the Discovery Channel.
It was directed by Stefan Schneider.

The 84-minute film hypothesizes the effects on modern-day earth of a large comet impacting in Mexico near the same location of the Cretaceous–Paleogene extinction event, the ancient impact of a comet or meteor that is believed to have triggered the mass extinction of the dinosaurs.

It alternates between interviews with climatologists and researchers and dramatized scenes following several groups of people as they attempt to survive in the days and months after the disaster: a separated family in France, a pair of scientists in Hawaii, a man who manages to survive for a period of time near the ground zero impact in Mexico, and a tribe in Cameroon.
It is such a thrilling, exciting and profoundly astounding docudrama that you would forget to take a pee during the show.


SOURCE: “Kato’s comment on the DVD”

 

The film seems quite fascinating and interesting.
If there is a rental shop around you, why don’t rent the above DVD?


(karuhap8.jpg+bare04e.gif)

ところで、愛とロマンに満ちた

レンゲさんのお話をまとめて

『レンゲ物語』を作りました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

『愛とロマンのレンゲ物語』


(renge730.jpg)

『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

餃子とベーグル@宇都宮

 

餃子とベーグル@宇都宮

 


(minmin02.jpg)


(bagel171.jpg)


(utsunomiya3.jpg)


デンマンさん。。。 宇都宮で餃子とベーグルを食べたのですか?

僕は真由美ちゃんのふるさとで一緒に餃子とベーグルを食べたいと思っていたのだけれど、これまでに一度も一緒に食べたことがない。。。

あらっ。。。そうでしたか?

もちろん、僕は宇都宮で真由美ちゃんに幾度か会っているのだけれど、そのたびに どういうわけか他のものを食べているのですよ。。。

 


(komeda01.jpg)


(kameda03.jpg)


(utsunomap2.png)

『拡大する』

 

この時には、確か真由美ちゃんがお気に入りのベーグルの店へ連れて行ってくれたのだけれど、店が閉まっていた。。。それで、上のコメダ珈琲店に入ったのでした。。。真由美ちゃんの母校、宇都宮商業高校のすぐ近くにあるんだよね。。。

そうなんです。。。 だから、よくこのお店に入りましたわ。。。

それにしても、真由美ちゃんは食べ歩きするときには、必ずケイタイで食べるものを片っ端から写真に撮るんだねぇ〜。。。

 


(kameda02.jpg)

 

そうなんです。。。 一応、バンクーバーでは Vancouver Community College でパン職人、ベーグル職人になるコースを取っていたので 研修、自習のつもりです。。。でも、どうして また宇都宮の餃子とベーグルを取り上げるのですか?

ちょっと次のリストを見てください。。。

 


(liv20-07-31b.jpg)


『拡大する』

『日本で再会』

 

これはライブドアの 僕の「徒然ブログ」の日本時間で7月31日の午前8時46分から 午後2時54分までのアクセス者の記録です。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目して欲しい。。。

あらっ。。。7月31日の午後1時31分に『日本で再会』を読んだネット市民がいたのですわねぇ〜。。。

そうです。。。実は、新宿で OL をしている後藤皐月(ごとう さつき)さんが読んだのです。。。

 


(ip68131.jpg)

 

さつきさんは宇都宮が餃子で有名なことは知っていたけれど、今度、友達と宇都宮で食べ歩きする時に ついでにベーグルも食べようと思ってネットで 両方を紹介している記事を探してみたのですよ。。。

でも、宇都宮の餃子とベーグルと さつきさんが探し当てた『日本で再会』という記事は全く関係ないように見えますけれど。。。

タイトルを見ただけでは全く関係ないように見えるけれど、さつきさんが検索した結果を見れば、どうして『日本で再会』を読んでみる気になったのかが分かりますよ。。。じゃあ、その検索結果を見てください。。。

 


(gog20-07-31m.jpg)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

『日本で再会』

 

あらっ。。。宇都宮 餃子 ベーグル 徒然ブログ と入れて画像検索したのですわねぇ〜。。。

そうです。。。 さつきさんは「徒然ブログ」の常連さんなのですよ。。。

赤枠で囲んである画像をクリックして『日本で再会』を読んだのですか?

そうです。。。お客さんがたくさん並んでいる写真を見て、この店はきっと美味しいものを提供しているに違いないと思って、画像をクリックしたわけです。。。すると次のページが出てくるのですよ。。。

 


(gog20-07-31n.jpg)


『拡大する』

『実際のページ』

『日本で再会』

 

餃子とベーグルが『日本で再会』の中に出てくるとは想像がつきませんけれど、こうして画像検索すれば、確かに この記事の中にお客さんが列を作るお店のことが書いてあると思いますわ。。。

。。。でしょう!? それで さつきさんは記事を読み始めたというわけです。。。真由美ちゃんが記事の中で紹介している「まさしの餃子」と「餃子のみんみん」には、ぜひ行ってみたいと思ったのです。。。

 


(minmin01.jpg)


(minmin02.jpg)

 

「みんみん」は こうして行列ができるほど美味しいのですわ。。。

真由美ちゃんも よくこの店へ行くのォ~?

いえ。。。 私は、どちらかと言えば、「まさしの餃子」へ食べに行きました。


(masashi01.jpg)


(masashi02.jpg)

「まさしの餃子」の方が旨いのォ~?

それほど違いがないと思います。。。私の実家の近くに「まさしの餃子」があったので、子供の頃から このお店の餃子の方が口に合っているのです。

さつきさんは真由美ちゃんが紹介していたベーグルの店にも行くつもりですよ。。。

 


(chick02.jpg)


(utsunomap.png)

『拡大する』


(chick01.jpg)


(chick03.jpg)

ほおォ~。。。 たくさんの旨そうなベーグルが並んでますねぇ~・・・

私も、日本の実家に帰省したら宇都宮で食べるベーグルの味を楽しみにしています。


(laugh16.gif)

【デンマンの独り言】


(kato3.gif)

 

ところで、真由美ちゃんは、ノース・バンクーバーでホームステーしながらVCC (Vancouver Community College) にかよってパン職人・ベーグル職人の勉強と実習に励んでいました。

2016年の9月に卒業式を終えて、
現在、バンクーバー市内の旨いベーグルを提供するカフェ・レストランで働いています。

学生時代には、先生やクラスメートとの英会話には、まごつくことがあったそうです。
外国語というのは習得するのが実に大変です。

あなたは英会話を勉強してますか?
できれば、英語を話している国へ行って英会話を勉強するのが一番です。

でもねぇ~、英会話を勉強する方法に王道はありません。
人それぞれです。。。
自分に合った勉強法を見つけるのが、英会話の上達の早道だと僕は思いますね。

同じことを同じように勉強しても、人によって上達が違うのですよ。
僕の経験で言っても、人によって、語学の才能というのはまちまちです。

太田将宏老人のように、40年もカナダに住んでいるのに英会話が満足にできずに 6人成りすまして日本語でブログにコメントを書きなぐって余生を過ごす人もいます。

なかには、日本語を忘れてしまうほど、英語にどっぷりと浸かってしまう人もいます。
20年以上英語圏で英語を話してますけれど、
僕は、漢字を忘れることはあっても、日本語を忘れることはありません。

もちろん、今でも、英語を話すよりも日本語を話す方が楽に話せます。
僕自身は語学の才能があるとは思ってませんが、
僕が、カナダ人と笑いながら話しているのを聞いていると、真由美ちゃんには さっぱり 何を話しているのか解らないと言うのですよね。

僕がペラペラと英語を話しているように見えるのだそうです。
早くデンマンさんのように 英語がしゃべれるようになりたい、と真由美ちゃんは言います。

しかし、僕は、常に、英語を日本語のように しゃべれたら いいなと思っているのですよ。
外国語を母国語のように話すのは、本当に難しいと思います。

いずれにしても、真由美ちゃんは小さい頃からの夢が叶ってぇバンクーバーにやって来たのです!


(inflight2.jpg)


(airport1b.jpg)

ところで、あなたはバンクーバーに行ったことがありますか?

とっても素敵な街ですよ。


(stanley50.jpg)


(seawall3.jpg)


(seawall2.jpg)

世界で最も住みやすい街バンクーバー


(wetsuit.jpg)


(wetsuit3.jpg)


(gastown20.jpg)

ビデオを見ても、なんだかワクワクしてくるでしょう?

卑弥子さんが バンクーバーにやって来たのは 2008年の元旦の2週間ほど前でした。

クリスマスをバンクバーで過ごして、それから元旦の“Polar Bear Swim (寒中水泳)”に参加したのです。


(polar10.jpg)

上のビデオを見ると、まるで真夏のようでしょう?

ところが気温は確か2度ぐらいでした。 

水の中の方が暖かかったのです。

とにかく、バンクーバーには面白い人たちがたくさん居ますゥ。

あなたも、お暇と お金の余裕があったらぜひ出かけてみてください。

では、また興味深い、面白い記事を書くつもりです。

だから、どうか、あなたも またやって来てくださいねぇ~~。
じゃあね。


(hand.gif)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:


(utsunomiya10.jpg)

『乙女力@宇都宮』

『ネットが不倫を連れて来る』

『ペットと良心』

『夢のデニッシュ』

『パンツァネッラ』

『12歳少女の短命』

『行田の伯母さん』

『パン職人修行』

『タイムマシーン』

『ルンルンdeサルサ』

『天国のワンちゃん』

『万の風になって』

『プロシュット』


(mayumi76.jpg)

『なせば鳴る音楽』

『日本人女学生行方不明』

『日本人女学生死亡』

『ガレット』

『那須高原の紅葉』

『希望とロマン』

『錯視 錯覚』

『マンボ@バンクーバー』

『オリーブオイル』

『スコーンとプディング』

『5月のロブソン』

『病院食の間違い』

『プレミアム・ジャパン』

『自然の摂理を無視すると…』

『夢のデニッシュ・悪夢のマーガリン』


(juneswim.jpg)

『パリ風カフェ』

『どこか狂ってるわ』

『行田遠野物語』

『行田物語 ピアノ』

『行田物語 猫』

『行田物語 母の懐』

『行田物語 ケネディ暗殺』

『行田物語 病院食』

『行田物語 お股の花々』

『晩香坡物語 ジャズ』

『行田物語 悪夢』

『行田物語 社長』

『行田物語 棺桶に入るまで』

『宝田百合子@インド』

『行田物語 ちゃぶ台』

『行田物語 アカギレ』

『行田物語 にぼし』

『ノーベル賞がなぜ?』


(dance011.jpg)

『トゥーランドットとかぐや姫』

『ゲソとワケギ』

『シェフ バベット』

『まんじゅう@富岡』

『ん?トゥーランドット』

『女の子の夢』

『イヴォワールのレストラン』

『151歳の誕生日』

『お皿をぺろぺろ』

『ポップス@蕎麦屋』

『検便と回虫』

『スコーンとプディング』

『スコーン姉妹』

『ピラミス 美術館』

『明治屋 圧力ジャム』


(santa85b.jpg)

『雁とがんもどき』

『グルメブーム』

『行田物語@ナポリ』

『栗餅』

『日本で再会ね』

『コロッケパン』

『日本のパン文化』

『小女子』

『カエルジュース』

『152歳の誕生日』

『かぐや姫フィーバー』

『クスクス笑わないで』

『セビチェ』

『ラーメンブーム』

『自然治癒力』

『カナダ紀行カナダ事情』

『猫カフェと癒し』

『ポメロ』

『カワウソ見たい』

『生パンツ系に惹かれて』

『ティラミスとピラティス』

『這っても黒豆』

『アイ、アイ、ツーアイズ』

『ネコの話』

『パリのフォア・グラ』

『酪酸が腸の免疫力アップ』

『日本は天国か?』

『猫の記憶』

『すき焼きミステリー』

『空也餅』

『猟師の常識』

『猫カフェde癒し』


(surfin2.gif)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

超人気の肥後ずいき

 

超人気の肥後ずいき

 


(zuiki91c.png)


(zuiki90c.png)


(kokeshix.gif)


(hasuimo6b.png)


(renge62c.gif)


(renge807.gif)

(fever11.jpg+balloons2.gif)


(merange12.jpg)

デンマンさん…、 あんさんは超人気の肥後ずいきを使いはったん?


(kato3.gif)

。。。ん? めれちゃんは わてが肥後ずいきを使(つこ)うていると思うとるのかァ〜?

どのように使うのか。。。わたしは知らへんけど、うふふふふふ。。。デンマンさんのことですさかいに女性に手ほどきでもするのとちゃうん?

わては肥後ずいきを使うよりも食べる方に興味があるねん。。。

 


(zuiki904.jpg)

 


(down11.gif)

 


(zuiki90c.png)


(hasuimo6b.png)

 

あらっ。。。こないにして あんさんは肥後ずいきを食べはるのォ〜?

めれちゃんは食べたことがあらへんのかァ〜?

デンマンさんがお料理して食べさせてくれへん。。。

なにをぬかしてけつかんねん!。。。箱入り娘のようなことを言いないなァ〜! めれちゃんこそ肥後ずいきを使って創作料理をこしらえたらええやんかァ〜! わてに、これぞと思うモンを食わせてほしいねん。。。

そんなことより、どないなわけで肥後ずいきが超人気やと あんさんは言わはるのォ〜?

その質問に答えるには、まず次のリストを見て欲しいねん。。。

 




(livn20-07-07a.jpg+livn20-07-07b.jpg+livn20-07-07c.jpg)

 

これはライブドアの わての「徒然ブログ」の日本時間で7月7日の午前10時42分から翌日、8日の午前1時50分までのアクセス者の記録やねん。。。

あらっ。。。『肥後ずいきが性具になったきっかけは?』を読みはったネット市民が仰山(ぎょうさん)いるやないかいなァ〜!

そうやろう!? つまり、肥後ずいきが超人気になってるねん。。。 次のリストも見て欲しい。。。

 


(livn20-07-13.jpg)

 

これは わての「徒然ブログ」の7月1日から13日までの約2週間の「人気記事リスト」やねん。。。見れば分かるように『肥後ずいきが性具になったきっかけは?』がダントツの1位やねん。。。

どないなわけで、こないに人気があるのォ〜?

そやから わても不思議に思って検索してみたのやがなァ〜。。。その結果を見て欲しい。。。

 


(pop20-07-07.jpg)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

肥後ずいき 人気の理由 と入れて検索っしやはったのやねぇ〜。。。

そういうことやがなァ〜。。。すると赤枠で囲んである『肥後ずいき人気』が出てきよるのやァ〜。。。

 


(hasuimo4.jpg)

『肥後ずいき人気』(PART 1)

 

この上の記事は、あんさんが2014年8月28日に投稿しやはった記事やん。。。

そうやァ〜。。。すでに2014年の頃から肥後ずいきは人気があるねん。。。

今では、その人気が急上昇している、と あんさんは言わはるのォ〜?

上のリストを見ると、そうとしか考えられへん。。。

。。。で、細木数子のようにズバリ!と言うたら、その理由は いったい何やのォ〜?

あのなァ〜、人間の基本的な欲望は次の3つなのやがなァ〜。。。

 


(bigeater.gif)


(digger1.gif)

 


(valent7.gif)

 

肥後ずいきは、上の3つの基本的な人間の欲望を満たしてくれるねん。。。。

肥後ずいきが欲と欲を満たしてくれるということは、よう分かるけど、欲を満たすというのは、どのような意味なん?

あのなァ〜、ここまで肥後ずいきの人気が出てくると、肥後ずいきの おもろいファーストフードを考え出したり、肥後ずいきのユニークな「大人のおもちゃ」を考え出して金儲けを考える人間が必ず出てきよる。。。

つまり、そういう人もインスピレーションをゲットするために、『肥後ずいきが性具になったきっかけは?』を読む、と あんさんは言わはるのォ〜?

そういうことや。。。「肥後ずいき」を入れて検索して読むねん。。。

 


(higo20-07-07.jpg)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

『肥後ずいきが性具になったきっかけは?』

 

上の記事を読んだネット市民の中から めれちゃんもスキップして喜ぶような新商品を開発する人がきっと現れると思うでぇ〜。。。。

 

(zuiki90e.jpg+sale102.gif)

 


(girlskip6.gif)


(laugh16.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

 

ですってぇ〜。。。

あなたも めれんげさんがスキップして喜ぶような新商品を開発する人がきっと現れると思いますか?

ええ。。。「そんな下らないことなど どうでもいいから、他にもっと面白いことを話せ!

あなたは、そのように強い口調で あたしに命令なさるのですか?

分かりましたわ。

では、あなたのために、ニーチェのおじさまが語った言葉をお聞かせしますわねぇ〜。。。

 

 

あなたは ニーチェの言葉をどう思いますか?

デンマンさんは何度となく、めれんげさんに『即興の詩』サイトを再開するように催促していました。
そして、めれんげさんも、デンマンさんの勧めに応じて『即興の詩』サイトを再開することになりました。

 

めれんげさんの『即興の詩』サイト

 

それにしても再開して間もないのに 検索結果 3,960,000件中の 9位に躍り出るなんてすごいですよね。

 


(gog30703.gif)

『現時点での検索結果』

 

すぐ上のリンクをクリックしてみれば解るように
現在では めれんげさんの『即興の詩』サイトはトップと2位を独占していますわ。

検索エンジン最適化をいつも考えて頑張っている人には
「どうしたら、そんなに上位に掲載されるのォ~?」と不思議に思えたり羨ましく思えるかもしれません。

その秘訣を知りたかったらデンマンさんが面白い記事を書いていますわ。
次のリンクをクリックして読んでみてください。

『おばさんの下着に見るSEO』

ところで、めれんげさんは可愛い猫を飼っていますが
あなたも、猫ちゃんを飼っていますか?
ええっ。。。 ワンワンちゃんを飼っているのですか?

そういえばデンマンさんが『ワンワンちゃん』という面白い記事を書いていました。
気が向いたら下のリンクをクリックして読んでみてください。

 


(dog202.jpg)

『ワンワンちゃん』

 

とにかく、次回も興味深い話題が続きます。
あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事

 


(linger49.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(vanc700.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(ebay5.jpg)

『平成の悲しい実話』

『乱交パーティーとめれちゃん』

『居酒屋とめれちゃん』

『立ち上がるめれちゃん』

『愛にあふれる未来』

『乱交パーティーと表現者』

『めれちゃん@天国と地獄』

『めれちゃんとにこちゃん』

『塩野七生とめれちゃん』

『午前4時の薄着の女』

『地球の最後に』

『めれちゃんと愛のピアノ』

『めれちゃんとサビーナ』

『どMなの?』

『愛は大海原を越えて』

『2度目の火あぶり』

『ニーチェとエロい画像』

『ニーチェとめれちゃん』

『ニーチェと吉田兼好』

『めれちゃん、すごいね』

『めれちゃん、おはよう』

『夏目漱石と南方熊楠』

『めれちゃん、どうちたのォ~?』

『めれちゃんの悦び』

『性愛サイトとめれちゃん』

『Myぬこが便秘で…』

『Myぬこの愛と恋愛』

『寂しがり屋のめれちゃん』

『くだる本とくだらない本』

『腑に落ちる話』

『めれちゃん、落ち込んでるの?』

『フルトヴェングラーの愛』

『忘れられない愛の言葉』

『死に向かう心の旅路』

『イメージの魅惑と衝撃』

『フルトヴェングラーと芭蕉』

『愛という名の心の旅路』

『永遠の愛と世界』

『世界に広がる愛』

『デンマンエロマンガ』

『樹海の森』

『いびつな現実@ネット』

『天の火もがも』

『肥後ずいきの使い方』

『羞恥心と可愛さ』

『また12歳少女の死』

『マカオのお釜』


(june24b.jpg)

こんにちはジューンです。

卑弥子さんが面白いお話を集めて

楽しいサイトを作りました。

次のリンクをクリックして

ぜひ覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(beach02.jpg)


(byebye.gif)

猟師の常識

 

猟師の常識

 


(tanuki21.png)


(mayumi40.jpg)

 

デンマンさん。。。 猟師の常識ってぇ、聞いたことがありませんわ。。。どういうことですかァ〜?

実は、僕も知らなかったのですよ。。。「青空文庫」で次の作品を読んでいたら出くわしたのです。。。真由美ちゃんも読んでみてください。。。

 


(bouzu10.jpg)

 

昔、京都に近い愛宕山に、黙想と読経に余念のない高僧があった。
住んでいた小さい寺は、どの村からも遠く離れていた、そんな淋しい処では誰かの世話がなくては日常の生活にも不自由するばかりであったろうが、信心深い田舎の人々が代る代るきまって毎月米や野菜を持ってきて、この高僧の生活をささえてくれた。

この善男善女のうちに猟師が一人いた、この男はこの山へ獲物をあさりにも度々来た。
ある日のこと、この猟師がお寺へ一袋の米を持って来た時、僧は云った。
『一つお前に話したい事がある。この前会ってから、ここで不思議な事がある。どうして愚僧のようなものの眼前に、こんな事が現れるのか分らない。しかし、お前の知っての通り、愚僧は年来毎日読経黙想をしているので、今度授かった事は、その行いの功徳かとも思われるが、それもたしかではない。しかし、たしかに毎晩、普賢菩薩が白象に乗ってこの寺へお見えになる。……今夜愚僧と一緒に、ここにいて御覧。その仏様を拝む事ができる』

 


(fugen10.jpg)

 

『そんな尊い仏が拝めるとはどれほど有難いことか分りません。喜んで御一緒に拝みます』と猟師は答えた。
そこで猟師は寺にとどまった。

しかし僧が勤行にいそしんでいる間に、猟師はこれから実現されようと云う奇蹟について考え出した。
それからこんな事のあり得べきかどうかについて疑い出した。
考えるにつれて疑は増すばかりであった。
寺に小僧がいた、――そこで猟師は小僧に折を見て聞いた。

『聖人のお話では普賢菩薩は毎晩この寺へお見えになるそうだが、あなたも拝んだのですか』猟師は云った。

『はい、もう六度、私は恭しく普賢菩薩を拝みました』小僧は答えた。
猟師は小僧の言を少しも疑わなかったが、この答によって疑は一層増すばかりであった。
小僧は一体何を見たのであろうか、それも今に分るであろう、こう思い直して約束の出現の時を熱心に待っていた。(略)

九月二十日の夜であった、――淋しい、暗い、それから風の烈しい夜であった、三人は長い間普賢菩薩の出現の時を待っていた。
ようやくのことで東の方に、星のような一点の白い光が見えた、それからこの光は素早く近づいて来た――段々大きくなって来て、山の斜面を残らず照した。
やがてその光はある姿――六本の牙のある雪白の象に乗った聖い菩薩の姿となった。

そうして光り輝ける乗手をのせた象は直すぐお寺の前に着いた、月光の山のように、――不可思議にも、ものすごくも、――高く聳えてそこに立った。
その時僧と小僧は平伏して異常の熱心をもって普賢菩薩への読経を始めた。

ところが不意に猟師は二人の背後に立ち上り、手に弓を取って満月の如く引きしぼり、光明の普賢菩薩に向って長い矢をひゅっと射た、すると矢は菩薩の胸に深く、羽根のところまでもつきささった。

突然、落雷のような音響とともに白い光は消えて、菩薩の姿も見えなくなった。
お寺の前はただ暗い風があるだけであった。
『情けない男だ』僧は悔恨絶望の涙とともに叫んだ。
『何と云うお前は極悪非道の人だ。お前は何をしたのだ、――何をしてくれたのだ』

しかし猟師は僧の非難を聞いても何等なんら後悔憤怒の色を表わさなかった。

 (中略)

日出とともに猟師と僧は、その姿の立っていた処を調べて、うすい血の跡を発見した。
それからその跡をたどって数百歩離れたうつろに着いた、そこで、猟師の矢に貫かれた大きな狸の死体を見た。

 


(tanuki20.jpeg)

 

博学にして信心深い人であったが僧は狸に容易にだまされていた。
しかし猟師は無学無信心ではあったが、強い常識を生れながらもっていた、この生れながらもっていた常識だけで直ちに危険な迷を看破し、かつそれを退治する事ができた。

 

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


底本:「小泉八雲全集第八卷 家庭版」第一書房
   1937(昭和12)年1月15日発行
発行所: 青空文庫

 

なるほどォ〜。。。無学な猟師が常識を働かせて危険を察知したのですわねぇ〜。。。

そういうことです。。。

でも、六本の牙のある雪白の象に乗った聖い菩薩を狸だと見破ったのは、どういう常識が働いたのですか?

あのねぇ〜、普賢菩薩が白い象に乗ってやって来るのが高僧に見えるといのは猟師にも理解できる。。。なぜならば、高僧は長年の修業と読経の功徳によって、普賢菩薩を拝む事ができる。。。猟師は、そう考えたのですよ。。。でも、猟師は生き物を殺すことを仕事にしているわけです。。つまり、仏様の教えに反していることをしている。。。それにもかかわらず高僧と一緒に尊い普賢菩薩が白象に乗ってやって来るのが見えるのは可笑しいではないか!?。。。これは狸が化けて何か悪巧(わるだく)みをしようとしているに違いない。。。そう確信して、猟師は矢を放ったのですよ。。。

でも、現在のネット市民の皆様は狸が化けるなんて信じていませんわァ〜。。。

だから、この話は小泉八雲が生きていた明治時代の頃の素朴な村人の間で語り継がれた話なのですよ。。。

つまり、昔話なのですね。。。小泉八雲が村人から聞いた話を書き残したのですわねぇ〜。。。

そうです。。。博識で信心深い高僧といえどもやはり人間なのです。。。つまり、完璧な人間はいない。。。誰でも間違いをおかす。。。だから、時には高僧の言うことも疑って見る必要があるという教訓です。。。

でも、デンマンさんは、どういうわけでこの話を持ち出してきたのですか?

先日、真由美ちゃんと「すき焼き」の語源について話したでしょう。。。

 


(sukiyaki20.jpg)

『すき焼きミステリー』

 

覚えてますか?

もちろん、覚えてますわ。。。この「すき焼き」の語源と上の昔話が関係あるのですか?

大いに関係があります。。。村人が上の話に出てくる高僧に次のように質問したのですよ。。。

 


(farmer10.jpg)

「和尚様、世の中には“すき焼き”という ものすっご〜く旨いもんがあるそうですけんど、どうして“すき焼き”と呼ぶのでごぜぇ〜ますか?」

(知ったかぶりの和尚さんは「知らない」とは言えない。。。だから答えて言います。)


(bouzu10.jpg)

「肉を鋤(すき)の鉄板の上に載せたのを火の上にかざし、じわじわ焼いて食ったことから、やがて鋤(すき)焼きと呼ぶようになったのじゃよ」

「なるほどォ〜、面白い話を聞かせてくれて ありがとうごぜぇ〜ますだ」

(家に帰ってきて、村人は嫁に話します。)

「あの和尚さんは、とんでもねぇ〜ことを言うただァ〜。。。信用できへん。。。」


(farmer11.png)

「どういうことを言うただかねぇ〜?」

「肉を鋤(すき)の鉄板の上に載せたのを火の上にかざし、じわじわ焼いて食ったことから、やがて鋤(すき)焼きと呼ぶようになった、と言うただよ」

 


(suki90.png)

 

「肉を鋤(すき)の鉄板の上に載せたのを火の上にかざしたら、木の部分が燃えてしまって鋤がダメになってしまうだがなァ〜」

 


(shimogoe1.jpg)

 

「しかも、畑にはクソ、ショーベンを寝かせて作った下肥(しもごえ)をまくだにィ〜。。。下肥を吸った土をいじくった鋤は、回虫の卵がよ〜けいついておるがなァ〜。。。そんなモンで肉を焼くなど考えられねぇ〜。。。和尚さまは、畑仕事のことを何も知らねぇ〜だよ」

 

村人は信じなかったけれど、街の人や、作家や、出版社の人たち、いわゆる知識人と呼ばれる人たち和尚さんの話を信じてしまった。。。

まんまと騙されてしまたのですわねぇ〜。。。

そうです。。。でも、知識人の中でも強固な常識をもている人は騙されなかった。

その一人が寺田寅彦さんだったのですわねぇ〜。。。

そういうことです。。。次のように書いてます。

 


(sukiyaki21.jpg)

 

話は変わるが二三日前若い人たちと夕食をくったとき「スキ焼き」の語原だと言って某新聞に載っていた記事が話題にのぼった。

維新前牛肉など食うのは禁物であるからこっそり畑へ出てたき火をする。

そうして肉片を鋤(すき)の鉄板上に載せたのを火上にかざし、じわじわ焼いて食ったというのである。

こういうあんまりうま過ぎるのはたいていうそに決まっていると言って皆で笑った。

そのときの一説に「すき」は steak だろうというのがあった。

日本人は子音の重なるのは不得意だから st がsになることは可能である。

 

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


『言葉の不思議』
著者: 寺田寅彦
昭和7年12月『鉄塔』に掲載。
発行所: 青空文庫

 

昔の畑仕事を知らない街の人や、知識人は未だに和尚様の話を信じている。。。だから、検索すると同じような事を言ってるサイトが金魚のウンコのように数珠(じゅず)つなぎになって出てくるのですよ。。。

 


(gog20-06-10.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 


(laugh16.gif)

【デンマンの独り言】


(kato3.gif)

 

ところで、真由美ちゃんは、ノース・バンクーバーでホームステーしながらVCC (Vancouver Community College) にかよってパン職人・ベーグル職人の勉強と実習に励んでいました。

2016年の9月に卒業式を終えて、
現在、バンクーバー市内の旨いベーグルを提供するカフェ・レストランで働いています。

学生時代には、先生やクラスメートとの英会話には、まごつくことがあったそうです。
外国語というのは習得するのが実に大変です。

あなたは英会話を勉強してますか?
できれば、英語を話している国へ行って英会話を勉強するのが一番です。

でもねぇ~、英会話を勉強する方法に王道はありません。
人それぞれです。。。
自分に合った勉強法を見つけるのが、英会話の上達の早道だと僕は思いますね。

同じことを同じように勉強しても、人によって上達が違うのですよ。
僕の経験で言っても、人によって、語学の才能というのはまちまちです。

太田将宏老人のように、40年もカナダに住んでいるのに英会話が満足にできずに 6人成りすまして日本語でブログにコメントを書きなぐって余生を過ごす人もいます。

なかには、日本語を忘れてしまうほど、英語にどっぷりと浸かってしまう人もいます。
20年以上英語圏で英語を話してますけれど、
僕は、漢字を忘れることはあっても、日本語を忘れることはありません。

もちろん、今でも、英語を話すよりも日本語を話す方が楽に話せます。
僕自身は語学の才能があるとは思ってませんが、
僕が、カナダ人と笑いながら話しているのを聞いていると、真由美ちゃんには さっぱり 何を話しているのか解らないと言うのですよね。

僕がペラペラと英語を話しているように見えるのだそうです。
早くデンマンさんのように 英語がしゃべれるようになりたい、と真由美ちゃんは言います。

しかし、僕は、常に、英語を日本語のように しゃべれたら いいなと思っているのですよ。
外国語を母国語のように話すのは、本当に難しいと思います。

いずれにしても、真由美ちゃんは小さい頃からの夢が叶ってぇバンクーバーにやって来たのです!


(inflight2.jpg)


(airport1b.jpg)

ところで、あなたはバンクーバーに行ったことがありますか?

とっても素敵な街ですよ。


(stanley50.jpg)


(seawall3.jpg)


(seawall2.jpg)

世界で最も住みやすい街バンクーバー


(wetsuit.jpg)


(wetsuit3.jpg)


(gastown20.jpg)

ビデオを見ても、なんだかワクワクしてくるでしょう?

卑弥子さんが バンクーバーにやって来たのは 2008年の元旦の2週間ほど前でした。

クリスマスをバンクバーで過ごして、それから元旦の“Polar Bear Swim (寒中水泳)”に参加したのです。


(polar10.jpg)

上のビデオを見ると、まるで真夏のようでしょう?

ところが気温は確か2度ぐらいでした。 

水の中の方が暖かかったのです。

とにかく、バンクーバーには面白い人たちがたくさん居ますゥ。

あなたも、お暇と お金の余裕があったらぜひ出かけてみてください。

では、また興味深い、面白い記事を書くつもりです。

だから、どうか、あなたも またやって来てくださいねぇ~~。
じゃあね。


(hand.gif)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:


(utsunomiya10.jpg)

『乙女力@宇都宮』

『いい出会いの連鎖』

『笑顔の乞食おばさん』

『ニュートンの暗い秘密』

『新年@バンクーバー』

『スープキッチン@新年』

『猫と癒し』

『猫と犬と癒し』

『大通りde水の滑り台』

『イルカとワンちゃん』

『カワウソ@スタンレー公園』

『生パンツ系男子とベトナム兵』

『愛と癒しの涙』

『ダンスとノーベル賞』

『おもてなし』

『思い出ポロポロ』

『ロブソンの5月』


(biker302.jpg)

『ネットが不倫を連れて来る』

『ペットと良心』

『夢のデニッシュ』

『パンツァネッラ』

『12歳少女の短命』

『行田の伯母さん』

『パン職人修行』

『タイムマシーン』

『ルンルンdeサルサ』

『天国のワンちゃん』

『万の風になって』

『プロシュット』


(mayumi76.jpg)

『なせば鳴る音楽』

『日本人女学生行方不明』

『日本人女学生死亡』

『ガレット』

『那須高原の紅葉』

『希望とロマン』

『錯視 錯覚』

『マンボ@バンクーバー』

『オリーブオイル』

『スコーンとプディング』

『5月のロブソン』

『病院食の間違い』

『プレミアム・ジャパン』

『自然の摂理を無視すると…』

『夢のデニッシュ・悪夢のマーガリン』


(juneswim.jpg)

『パリ風カフェ』

『どこか狂ってるわ』

『行田遠野物語』

『行田物語 ピアノ』

『行田物語 猫』

『行田物語 母の懐』

『行田物語 ケネディ暗殺』

『行田物語 病院食』

『行田物語 お股の花々』

『晩香坡物語 ジャズ』

『行田物語 悪夢』

『行田物語 社長』

『行田物語 棺桶に入るまで』

『宝田百合子@インド』

『行田物語 ちゃぶ台』

『行田物語 アカギレ』

『行田物語 にぼし』

『ノーベル賞がなぜ?』


(dance011.jpg)

『トゥーランドットとかぐや姫』

『ゲソとワケギ』

『シェフ バベット』

『まんじゅう@富岡』

『ん?トゥーランドット』

『女の子の夢』

『イヴォワールのレストラン』

『151歳の誕生日』

『お皿をぺろぺろ』

『ポップス@蕎麦屋』

『検便と回虫』

『スコーンとプディング』

『スコーン姉妹』

『ピラミス 美術館』

『明治屋 圧力ジャム』


(santa85b.jpg)

『雁とがんもどき』

『グルメブーム』

『行田物語@ナポリ』

『栗餅』

『日本で再会ね』

『コロッケパン』

『日本のパン文化』

『小女子』

『カエルジュース』

『152歳の誕生日』

『かぐや姫フィーバー』

『クスクス笑わないで』

『セビチェ』

『ラーメンブーム』

『自然治癒力』

『カナダ紀行カナダ事情』

『猫カフェと癒し』

『ポメロ』

『カワウソ見たい』

『生パンツ系に惹かれて』

『ティラミスとピラティス』

『這っても黒豆』

『アイ、アイ、ツーアイズ』

『ネコの話』

『パリのフォア・グラ』

『酪酸が腸の免疫力アップ』

『日本は天国か?』

『猫の記憶』

『すき焼きミステリー』

『空也餅』


(surfin2.gif)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)