Golden Shower

 

Golden Shower

 


(gshower6.jpg)


(gshower4.jpg)


(gshower8.jpg)


(gshower9.jpg)


(diane02.gif)

Kato, I see the photo of President Trump among the above pictures… I wonder if Golden Shower has something to do with President Trump.


(kato3.gif)

Yes, it has something to do with Trump.

As you know, Kato, Golden Shower is a golden shower tree… That’s what you mean, isn’t it?

 


(gshower3.jpg)

 

Golden shower tree

 

Cassia fistula, known as golden rain tree, canafistula, and other names, is a flowering plant in the family Fabaceae.

The species is native to the Indian subcontinent and adjacent regions of Southeast Asia.

It ranges from eastward throughout India to Myanmar and Thailand and south to Sri Lanka and southern Pakistan.

It is the state flower of Kerala in India and of immense importance amongst the Malayali population.

It is a popular ornamental plant and is also used in herbal medicine.

In ancient Tamil literature, it is called கொன்றை (kondrai) and is closely associated with the Mullai (forest) region of Sangam landscape.

It is the national tree of Thailand, and its flower is Thailand’s national flower.


SOURCE: “Cassia fistula”
From Wikipedia, the free encyclopedia

Have you seen this tree?

No, I haven’t, but I’m quite interested in exotic flowers… So I’ve seen those flowers in my pictorial encyclopedia when I was a kid… How about you, Kato?

Well…, I’ve never seen those flowers… In Japan, you see those flowers only in Okinawa—Florida in Japan, I’d say.

So, Kato, are you saying that President Trump was profoundly moved by seeing the golden shower tree in Okinawa?

No, I don’t think he’s ever been to Okinawa in his life.

Then how come you’re talking about Golden Shower?

Before I answer your question, I’d like you to see the following list.

 


(lib90208a.png)


“Enlarge it!”

“Actual Page”

 

I see… So you viewed the above movie in Vancouver Public Library and jotted down your comment on January 30, didn’t you?

Yes, I did.

Tell me about the movie.

It goes like this:

 


(sparrow01.jpg)

Red Sparrow

 

Directed by Francis Lawrence and written by Justin Haythe in 2018, based on the 2013 novel of the same name by Jason Matthews, this American spy thriller stars Jennifer Lawrence, Joel Edgerton, Matthias Schoenaerts, Charlotte Rampling, Mary-Louise Parker, and Jeremy Irons.

It depicts the story of a Russian intelligence officer, who is sent to make contact with a CIA officer in the hope of discovering the identity of a mole.

Matthews, a former member of the CIA, advised the production on the depiction of spying.

Based on historic Soviet sexpionage and contemporary Russian use of kompromat, filming took place in Hungary, Slovakia and Austria.

Jennifer Lawrence studied with the New York City Ballet to prepare for her performance.

Some critics say that it has “more style than substance”, and criticized the film’s length and over-reliance on graphic violence and sex, while praising Jennifer Lawrence’s performance


SOURCE: “Red Sparrow”
From Wikipedia, the free encyclopedia

Quite interesting! But President Trump doesn’t seem to show up in the above passage.

No, Trump doesn’t show up in the movie at all.

I wonder if President Trump still has something to do with the above movie.

Yes, of course, he has… When I viewed the above movie, Trump came up in my mind.

Why is that?

When you read my comment, you’ll have an answer.

My Comment

Jan 30, 2019

Directed by Francis Lawrence in 2018 based on the 2013 novel of the same name by Jason Matthews, this American spy thriller depicts a complicated intelligent story.

Based on historic Soviet sexpionage and contemporary Russian use of kompromat, the film makes a difference and stands out among ordinary spy thrillers.

However, it puts too much focus on graphic violence and sex.

 


(sparrow02.jpg)


(sparrow03.jpg)


(sparrow04.jpg)

 

Although it seems like a mere fiction, the State School 4, a specialist training school for ‘Sparrows’ or whore-agents, looks real because the infamous Golden shower episode of President Trump might have been created based on such an agent.

I enjoyed the film to the hilt.

 

What the heck is “Golden Shower” episode?

Please read the following passage.

Kompromat and Blackmail

 


(gshower11.jpg)


(gshower10.jpg)


(gshower2.jpg)

 

Trump “hated” Obama so much that when he stayed in the Presidential suite of the Ritz-Carlton Hotel in Moscow, he employed “a number of prostitutes to perform a ‘golden showers’ (urination) show in front of him” in order to defile the bed used by the Obamas on an earlier visit.
The alleged incident from 2013 was reportedly filmed and recorded by the FSB as kompromat.

Trump was susceptible to blackmail due to paying bribes and the existence of “embarrassing material” due to engagement in “perverted sexual acts” and “unorthodox behavior” in Russia, “enough embarrassing material…to be able to blackmail him if they so wished.”

The Kremlin had promised Trump they would not use the kompromat collected against him “as leverage, given high levels of voluntary co-operation forthcoming from his team.”

Trump had explored the real estate sectors in St Petersburg and Moscow, “but in the end TRUMP had had to settle for the use of extensive sexual services there from local prostitutes rather than business success”.

Trump has pursued real estate deals in St Petersburg, and “paid bribes there to further his interests”.
That witnesses to his “sex parties in the city” had been “‘silenced’ i.e. bribed or coerced to disappear.”

Trump associates did not fear “the negative media publicity surrounding alleged Russian interference”, because it distracted attention from his “business dealings in China and other emerging markets”, which involved “large bribes and kickbacks” that could be devastating if revealed.

 


(gshower7b.jpg)

 


SOURCE: “Trump–Russia dossier”
From Wikipedia, the free encyclopedia

I see… Trump Russia affair, huh?

That’s right.

It has all started since Trump called such mischievous girls to his hotel room, huh?

You’re telling me, Diane.

I wonder if the State School 4, a specialist training school for ‘Sparrows’ or whore-agents, really exists.

I suppose it does because the Soviet female agents are infamous for sexpionage.

Do you really think so?

Well…, read the following passage.

Honey trapping


(trap01.jpg)

 

Honey trapping is an investigative practice that uses romantic or sexual relationships for an interpersonal, political or monetary purpose to the detriment of one party involved in this romantic or sexual affair.

Investigators are also often employed by wives, husbands, and other partners usually when an illicit romantic affair is suspected of the “target”, or subject of the investigation.

 

Occasionally, the term may be used for the practice of creating an affair for the purpose of taking incriminating photos for use in blackmail.

A honey trap is used primarily to collect evidence on the subject of the honey trap.

 


(trap02.jpg)

 

Spy craft

In 2009 the British MI5 distributed a 14-page document to hundreds of British banks, businesses, and financial institutions, titled “The Threat from Chinese Espionage”.

It described a wide-ranging Chinese effort to blackmail Western business people over sexual relationships.

The document explicitly warns that Chinese intelligence services are trying to cultivate “long-term relationships” and have been known to “exploit vulnerabilities such as sexual relationships … to pressurise individuals to co-operate with them.”


SOURCE: “Honey trapping”
From Wikipedia, the free encyclopedia

As you see, the Chinese agency uses honey trapping… So does Russian agency… Actually, some Japanese people stepped into this honey trap in the past.

Really?

Here’s one of the cases.


(stalin01.jpg)

 

Stalin’s plot

 

Michitaro Komatsubara, an information officer specializing in Russian, was troubled by a honey trap in Moscow during the military aid with the Japanese embassy, ​​and since then, he was threatened by the Soviet Union.

At the same time, Colonel Kizaburo Koyanagi, a resident military officer at the Japanese embassy, stepped into a honey trap, and committed suicide at the military office in Moscow in March 1929 because he felt so ashamed of his reckless conduct.

Asahi Shimbun (the Japanese newspaper evening edition of April 4, 1929) reported that spy work was involved in the background of suicide.

After Colonel Koyanagi’s suicide, Komatsubara acted as if nothing had been done, repeatedly promoted, served as director of the intelligence agency in Harbin from 1932 to 1934.
During this period in Harbin, a series of important information leaked to the Soviet Union.

The confidential documents released by the former Soviet Union have found that the Soviet forces had acquired a large amount of political military information on Japan, China and Manchuria from 1932 to 1934.
The period from 1932 to 1934 exactle matches the years in which Komatsubara served as the chief of the intelligent agency in Harbin.

It seems to suggest that Lieutenant General Komatsubara’s death in Japan suggested that Soviet agent was involved.

 


(komatsu2.jpg)

Lt. General Komatsubara

 

Although there is no certain evidence regarding Komatsubara’s connection with the Soviet, there are many cases that an inconvenient Soviet spy has been murdered in the disguise of an accident or illness.

 

(translated by Kato)


SOURCE: the following Japanese book:

112-113ページ
『日本人が知らない最先端の「世界史」』
著者: 福井義高
2016(平成28)年10月15日 第3刷発行
発行所: 祥伝社

I see … The Soviet did set up such a disgusting trap, didn’t they?

Yes, they did… simply because men tend to make friends with beautiful women.

Kato, be careful of beautiful women.

Do you think I easily step into a honey trap?

Yes, of course, you do.


(dianelin3.jpg)


(laughx.gif)

【Himiko’s Monologue】


(himiko22.gif)

So much for honey traps.

Now here’s a clip for a red sparrow to use for making love.

 


(sexygal2.jpg)

 

How do you like the above music?

Are you tired of sexy music?

Well… here’s a mood-changing tune just for you.

Gess what?… You can now laught to the last tears.

 


(mrmathane.jpg)

  Mr. Mathane

 

In any road, I expect Kato will write another interesting article soon.

So please come back to see me.

Have a nice day!

Bye bye …


(hand.gif)


(renge400.jpg)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:


(cook002.jpg)

“JAGEL”

“JAGEL Again”

“Say NO!”

Happy Gal in Canada

Roof of Vancouver

Aftershock

Whiplash

Sex Appeal

Better Off Without Senate

Fire Festival

Sweets@Paris

Scary Quake

MH370 Mystery

Putin’s Way

Trump @ Vancouver

Otter & Trump


(juneswim.jpg)

Changeling

Fiddler on the Roof

Flesh and Bone

Maiden’s Prayer

Romeo & Juliet

Trump @ Joke

Halloween in Shibuya

Trump Shock

Happy New Year!


(biker302.jpg)

Life or Death

Way to Millionaire

Adele Hugo

Middle Sexes

Romance@Madison

Hacksaw Ridge

Eight the Dog

Halloween@Shibuya

Chef Babette


(dianesun.jpg)

Ramen Boom

from Korea

Omakase@Sushi

Crocodile Meat

Killer Floods

Climate of Doubt

Glory of Death

Big Mystery

Hitler and Trump

Hot October

2018 BC Ballot

Bach Collegium Japan

Dolly the Sheep


(surfin2.gif)


(bare02b.gif)

Hi, I’m June Adams.

Kato is a real movie lover, who tries to watch 1001 movies.

As a matter of fact, he has already accomplished his goal.


(lib81126a.png)

『Actual List』


(june001.gif)

Kato watched “The Arabian Nights” or “One Thousand and One Nights” as his 1001th movie.

You might just as well want to view it.


(1001nite.jpg)


(1001nite10.jpg)

The stories in “the Arabian Nights” were collected over many centuries by various authors, translators, and scholars across West, Central, and South Asia and North Africa.

The tales themselves trace their roots back to ancient and medieval Arabic, Persian, Indian, Egyptian and Mesopotamian folklore and literature.

In particular, many tales were originally folk stories from the Caliphate era, while others, especially the frame story, are most probably drawn from the Pahlavi Persian work Hazār Afsān which in turn relied partly on Indian elements.

What is common throughout all the editions of the Nights is the initial frame story of the ruler Shahryār and his wife Scheherazade and the framing device incorporated throughout the tales themselves.

The stories proceed from this original tale.

Some are framed within other tales, while others begin and end of their own accord.

Some editions contain only a few hundred nights, while others include 1,001 or more.


(bellyan15.gif)

ところで、愛とロマンに満ちた

レンゲさんのお話をまとめて

『レンゲ物語』を作りました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

『愛とロマンのレンゲ物語』


(renge730.jpg)

『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。


(bikini901b.jpg)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

ひょうたんde徒然

 

ひょうたんde徒然

 


(gourd8.jpg)


(gourd9.jpg)


(girl316e.png)


(june001.gif)

デンマンさん。。。、また可笑しなタイトルをつけましたわねぇ~?


(kato3.gif)

いけませんか?

最近、ひょうたんでも食べたのですか?

あれっ。。。 ジューンさんは“ひょうたん”を食べるものだと思っているのですか?

だってぇ~、ひょうたんは英語では Gourd と言って、最古の栽培植物の一つで、原産地のアフリカでは食べ物として栽培された、とわたしはカナダの小学校で習いましたわァ~。。。

 


(gourd10.jpg)

 

これは、ひょうたんを使ったカレーですわ。。。 ひょうたんは食べられます。。。

そうかもしれないけれど、“ひょうたん”と言っても、その種類にもよるのですよ。。。 ククルビタシンという苦味成分のある植物毒を含有しているものがあって、食べると嘔吐と下痢を伴う重篤な胃および腸不全を引き起こし、稀には死亡することもあるのです。。。

あらっ。。。 マジで。。。?

だから、ひょうたんは、日本ではあまり食用としては売ってません。。。 普通、日本ではひょうたんは水筒、酒器、調味料入れなどの容器に加工されることが多いのですよ。

 


(gourd9.jpg)

 

つまり、今日はデンマンさんがひょうたんを徒然なるままに水筒に加工したことを話すのですか?

どうして僕が、ひゅうたんを水筒に加工するのですか?

だってぇ~、タイトル (ひょうたんde徒然) を見れば、そうとしか解釈できないじゃありませんかァ!

いや。。。 僕はひょうたんを水筒に加工したいなどとは一度も思ったことはないのですよ。。。

じゃあ、どなたがひょうたんを水筒に加工したのですか?

その質問に答えるには、まず次のリストを見て欲しいのです。。。

 


(liv90208a.png)


『拡大する』

『ひょうたんから駒』

 

これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の日本時間で2月7日の午後9時57分から 8日の午前3時15分までの約5時間の「生ログ」です。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目して欲しい。。。

あらっ。。。 2月8日の午前2時2分にデンマンさんの「徒然ブログ」にやって来て『ひょうたんから駒』を読んだネット市民がいたのですわねぇ~。。。

そういうことです。。。 実は、オランダのローゼンダール市に住んでいるマリスカ・ヴァン・ヘイレン (Mariska Van Halen)さんが読んだのです。。。

またIPアドレスを調べて、デンマンさんはマリスカさんがアクセスしたことを突き止めたのですか?

そうです。。。

 


(ip139120b.png)

 

この上の写真の女性がマリスカさんですか?

そうです。。。

いつものように女性だときれいな写真を貼り出すのですわねぇ~。。。

僕のブログには、ジューンさんのような美人が登場するので、どうしても美人が集まりやすいのですよ。。。(笑)

。。。で、マリスカさんはローゼンダール市で何をなさっているのですか?

ライデン大学の学生です。。。 日本文化と日本語を専攻しているのですよ。。。

 


(amsterda3.jpg)


(leiden02.jpg)

 

。。。で、マリスカさんは、サーチエンジンでどのように検索したのですか?

次のように検索したのです。。。

 


(gog90208a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

あらっ。。。 ひょうたんから駒 徒然 と入れて検索したのですわねぇ~。。。

そうです。。。

。。。で、マリスカさんは、どういうわけで上のような語句を入れて検索したのですか?

マリスカさんは日本語の諺について調べていたのです。。。 

それで、ひょうたんから駒 徒然 と入れて検索したのですか?

そうです。。。 「徒然」を付け加えたのは、マリスカさんは「徒然ブログ」の常連さんだからです。。。

それで、マリスカさんは記事を読んで得るものがあったのですか?

もちろんです。。。 ジューンさんもしばらくぶりに次の箇所を読んでみてください。。。

ひょうたんから駒

 


(chiwawa5.gif)

 

“ひょうたんから駒”って聞いた事があるでしょう?
わたしも聞いた事がありますよ。
でも、はっきりと意味を確かめた事がなかったのです。

 


(koma02.png)

 

わたしは長い事“ひょうたんからコマ”だと思っていたのです。
つまり、おもちゃの、あの回すコマだと思っていたのですわ。

実は、上のように“駒”と書くのですよね。
字を見れば間違いなく“ひょうたんから馬が出てくる”ことだということが分かります。

 


(horse21.png)

 

調べてみたら次のようなことが分かりました。

ひょうたんから駒

【意味】

冗談で言ったことが本当になったり、思いがけないところから
予想もしなかったものが出ること。

【ゆらい】

ひょうたんのような小さなものから馬が出るわけのないこと。

『ことわざの参考書』より

仮に、おもちゃのコマだとしても意味は同じようなものですけれどね。。。
うふふふふふ。。。

ところで英語で“ひょうたんから駒”を何と言うのか?

わたしの知る限りそのものズバリの言い方って英語にないのですよ。
調べてみたのですが、やっぱり見つかりませんでした。

ところで“ひょうたん”のことを英語では“gourd”と言います。
これは俗語で北米では“頭”と言う意味になります。
次のように使われますよ。

Are you out of your gourd?

あなた、気は確かなの?

あなた、気でも狂ったの?

あなた、どうかしちゃったの?

では、“ひょうたんから駒”を意訳して英語で言うとしたら、どのようになるのでしょうか?
ちょっと試してみますね。

It was only a joke, but it has come true.

ほんの冗談のつもりで言ったのよ、でも本当になっちゃったわ。


Something unexpected has happened.

思い掛けないことが起こってしまったわ。


Something impossible has taken place.

不可能な事が起きちゃったわよ。


An incorrect statement may turn out to be correct in the end.

うそから出たまことということもあるかも。。。

英語で言うならばこのように言うほかないでしょうね。。。デンマンさんは、もっとぴったりした英語の表現を知ってますか?

うん、うん、うん。。。僕にも思い当たる文がありますよ。

教えてくださいな。

ところで、ジューンさんは“ひょうたん”って見たことがありますか?

もちろんありますわ。瓜(うり)の大きなものでしょう?

そうなんだけれど。。。僕の言うのはひょうたんで作った器の事ですよ。

器ですか?

そうですよ。ずっと昔、日本ではそのひょうたんの中に水を入れたり酒を入れたりして持ち歩いたものなんですよ。

水筒(canteen)の代わりだったのですね?

そうです。実物は次のような形をしています。


(gourd5.jpg)

ずいぶんと胴がくびれているのですねぇ~

日本で“ひょうたん”と言えば、このように胴がかなりくびれたものを普通言いますよ。もちろん、くびれがほとんど無いひょうたんもあるんですよ。

先がずいぶんと小さいのですわね?

そうですよ。だからこそ、ひょうたんから駒がでる事など不可能だというために、わざわざ先の細いひょうたんを持ち出した訳ですよ。つまり、次のようなことはありえないわけですよね。


(gourd6.jpg)

それで、デンマンさんが考えている英語の表現とはどのようなものですか?

だからね、僕は“ひょうたんから駒”というのを英語に訳すとき、この不可能な事を強調したいのですよ。ジューンさんが訳した中では最後から2番目に近いのですよ。僕なら次のように訳します。

The impossible turns into reality.

どうですか、ジューンさん。。。?英語になっていますか?

ええ。。。なんとなく諺らしい訳ですわ。

そうですか。。。そう言ってもらえるとうれしいですね。実は、僕には“ひょうたんから駒”のエピソードがあるのですよ。

聞きたいですわ。ぜひお話してくださいな。

そうですか。。。じゃあ、ここでそのエピソードを披露しますよ。まず、次のレンゲさんの手記を読んでみてくださいよ。

オマエと対話しないのは、

わたしはオマエが嫌いやからです。

2005/01/09 08:56 編集 返信

 

オマエに暴言吐かれてバ.カにされて憶測でわたしを非難した。
オマエのコロコロ変わる態度も不安感を与えてるんや、
今は耳障りのいい言葉を使ってるけど、
いつお気に召さないことがあって
コテンパンにやられるかって不安な相手と付き合いたかないやろ。

オマエと対話するって事は、
一か八かのバクチみたいなもんや。
わたしはおべんちゃら言う気はないからな。

でもオマエは自分の周りに、
耳ざわりのいい事ばかり言ってくれる
おべんちゃらの上手な、
オマエの思い通りになる、
ふぬけばっかり集めたいんやろ?

太鼓もちみたいな人間、
それでいて対話してて手応えのある
知性も兼ね備えた人材がほしいんとちゃうか?

甘いな。
そんなヤツおらへんわ。

頭のいいヤツは、そんなバ.カげた輪の中には、はいらへん。
入ってもすぐ気付いてどっかいってまうわ。
残ってるのは、かしこくない・気がついてない人間とちゃうか?

それに、何も裏づけもないのに、
わたしの事決め付けて余計なこと書くのもやめや。

オマエ、わたしに対話を申しこんでるんやろ?
あんだけクソミソに書かれて、
オマエのことなんか考えたくなくなるんちゃうん。
普通の神経やったらな。

あいかわらずの北風さんやな。
上着ぜったいぬがへんわ。
オマエの価値観、人に押し付けて洗脳でもしたいん?
オマエのせいで、「精神的な苦痛」を与えられ続けてるの、わかる?

告訴したろか?
さっきの不法アクセスの事も含めて。

 

by レンゲ


『ムカつくコメント』より

このレンゲさんの手記が“ひょうたん”と関係あるのですか?

そうですよ。レンゲさんは僕のことを“北風さん”と決め付けて、絶対に上着ぬがへん、と言っているのですよ。

“北風さん”って何ですか?

 


(sunwind2.gif)

 

ジューンさんは“太陽と北風”の寓話を聞いた事がないのですか?

ありませんわ。

太陽と北風が旅人のコートを脱がせようとするのですよ。北風は強風を吹き付けて旅人のコートを脱がせようとするのだけれど、吹き付ければ吹き付けるほど旅人は必死になって胸元を押さえてコートが風に吹き飛ばされないようにします。

ああっ。。。、その話なら聞いた事がありますわ。太陽の番になると、お日様がポカポカとした日の光を投げかける。旅人は汗ばんできて、ついにコートを脱いでしまうのですよね。

そうです。その話の中の北風さんが僕だと言う訳ですよ。つまり、僕はレンゲさんに対して無理やり接近しようとしていると受け止めてしまったのですよ。

つまり、ネットストーカーですか?

そうなんですよ。レンゲさんは僕のことをネットストーカーのように嫌った訳ですよ。

デンマンさんは不法アクセスまでした訳なのですか?

いや、僕はしませんでしたよ。それはレンゲさんの思い込みなのですよ。その不法アクセスしたのは、実はBLOOのスタッフだったのですよ。

つまり、現在レンゲさんが困り果てている不法アクセスの犯人が、レンゲさんが上の手記を書いた時の不法アクセスの相手なのですか?

そうですよ。現在のレンゲさんはすべてのことを理解しています。少なくとも僕が不法アクセスしていない事は充分に納得しているのですよ。

でも、上の手記ではレンゲさんはデンマンさんを完全に嫌っていますよね。

そうですよ。毛嫌いしていたのですよ!最悪の状態でしょう?。。。これでは仲直りは絶望的だとジューンさんも思うでしょう?

そうですわ。不可能に近いですよね。。。でも。。。仲直りができたのですか?

そうなんですよ。僕はほとんど諦めかけていたんですよ。だからレンゲさんから仲直りのメールをもらった時には“青天の霹靂(へきれき)”でしたよ。まさに、真夏に雪が降ってきたようでしたよ。

つまり、“ひょうたんからレンゲさん”ですね。


(gourd7.jpg)

そうですよ。 ジューンさん、うまい事を言いますね。 まさに、僕にはひょうたんからレンゲさんが出てきたように思えましたよ。


『ひょうたんから駒』より
(2018年10月8日)

マリスカさんは上の記事を読んで、いったいどこに印象深いものを感じたのですか?

あのねぇ~、上の手記を読むと、僕が不正アクセスをしたと思い込んだレンゲさんが僕のことを蛇蝎(だかつ)のごとく嫌ったわけですよ。。。 修復不可能とまでの嫌悪感を露骨に手記に書いている。。。 誰が読んでも関係修復不可能のように思える。

でも。。。、レンゲさんは、マジでデンマンさんと仲直りしたのですか?

そうなのです。。。 で、マリスカさんも初め信じられなかった。。。 それで、彼女は自分なりにネットでその軌跡をたどってみたと言うのです。。。

それで、マリスカさんは、信じるに足るものをネットで見つけたのですか?

見つけたのですよ。。。 次の手記です。。。

2006-11-02 18:08:07
posted by merange

ちょいとマジな話やねんけど・・・

(テーマ:日記のつもり)


(merange42.jpg)

反省しきり。

わたし気がついたんやけど、
自分のことをずーっと考えてくれてる人の気持ちを、もっと冷静になって、考える必要があったよ・・・

固定観念にしばられて、自分の尺度で相手のことを、評価するのは、あまりにも心のせまいことやった。
人それぞれの個性を考慮せずに、好きだの嫌いだの、いいとか悪いとか、決め付けたまんまで、態度を硬化させて、そのまんまで、再考しようともしなかった自分は、なんちゅー視野のせまい人間やったことか。

いくら相手に理解を求めても、いっこうに気持ちがつたわらないことがある。
それはお互いの個性が、相容れないものであって、どれだけの言葉をつくしても、関係は平行線のまんま。
まして相手が他人の性格や表現様式を、理解できなければ、気持ちをつたえることは、あまりにもむずかしい。


(pray08.gif)

わたしは長年、固定された評価でしか、その人の自分への気持ちを考えずにいた。
確かに人間として、相容れない部分はある。

でも、自分のものさしで、その人を判断して、その判断を、見直そうともせずに態度を硬化させたままだった。
人それぞれの表現法や、思考の違いを考慮せずに、一度拒絶の気持ちを持ったら、それを頑なに変えようとせず、そのままで、思考をストップさせたままだった。

自分のことを、どんなかたちであれ、考え続けてくれるということの意味を、もっと尊重すべきだったことに、ようやく気がついた。

あらためて「ごめんなさい」と言います。
少なくとも、あなたを精神的に拒絶することをやめます。
わたしの存在を忘れずにいてくれる人がいるということを、素直に受け入れるようにします。

それ以上のことは、
わたしにはできないけれど、
感謝の気持ちを忘れないようにしようと思います。


(girl100.jpg)


【デンマン注】 原文には全く手を加えていませんが、構成、背景や画像はデンマン流に変えてあります。

『めれんげの原材料』より

『出会い系の悪魔』に掲載
(2008年9月10日)

(mereheart2.jpg)

でも。。。、でも。。。、この手記はレンゲさんじゃなくて、めれんげさんが書いたことになってますわ。。。

マリスカさんは、そこがすごいのですよ。。。 「文章の書き方からレンゲさんと めれんげさんは実は同一人物ではないのですか?」と推測したのですよ。。。

そうなのですか?

実は、レンゲさんが書いたものを めれんげさんがコピーして、名前だけ変えたのです。。。

つまり、その事をマリスカさんは突き止めたのですね。。。

そうです。。。 訊けば、マリスカさんのIQは 150なんだそうです。。。

オランダ人のマリスカさんが、そこまでの推理を働かせた。。。 それで、デンマンさんにとって、その事実こそ“ひょうたんから駒”だと言うのですか?

その通りですよ。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。

あなたも、マリスカさんの推理にビックリしましたか?

ええっ。。。? 「そんなことは どうでもいいから他の面白い話をしろ!」

あなたは、あたくしに そのような強い口調でご命令なさるのでござ~ますかァ~?

分かりましたわァ~。。。

じゃあ、あなたに、ジューンさんが気に入ったマルタ島の素晴らしい所をお目にかけますわァ~。。。

 


(malata019c.jpg)

 

いかがでござ~ますかァ~?

あなたも、マルタ島へ行きたくなったでしょう!?

 

ええっ。。。 「マルタ島のことはどうでもいいから、もっと、とびっきり面白いことを話せ!」

あなたは、さらに、あたくしに命令なさるのでござ~ますか?

分かりましたわ。

あなたが、そうおっしゃるのならば、あたくしの個人的なお話しをいたしますわァ。

実は、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”が殿方の注目を集めているのでござァ~ますわよう。

うふふふふふふふ。。。

ええっ。。。 信じられないのでござ~ますかァ?

じゃあ、ちょっと次の検索結果を見てくださいまし。。。

 


(gog60409a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

「卑弥子 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわァ~。。。

うふふふふふふ。。。

あなたも、ビックリするでしょう?

ジムで汗を流して “ヴィーナスのえくぼ”をゲットいたしました。。。


(buttdimp5.jpg)

スタイルもよくなったのでござ~ますわァ~。。。


(curtain5.jpg)

いかがでござ~ますか?

でも。。。、でも。。。、“天は二物を与えず”と申します。。。

これほどスタイルが良くなったというのに、あたくしは未だに独身でござ~ますのォ。。。

世の中は、なかなか思うようにゆかないものですわァ~。。。

ところで、あなたは『万夜一夜物語』を読んだことがござ~ますかァ~?

“千夜一夜物語”ではなくてぇ、“万夜一夜物語”ですわ。


(manya02.jpg)

『万夜一夜物語』

デンマンさんが書いたのでござ~ますわよう。

ええっ。。。 10,001の話が書かれているのかってぇ~。。。?

とにかく、上のリンクをクリックして読んでみてくださいませぇ~。。。

あなたも、絶対にビックリするようなお話が出てきますわァ。

『万夜一夜物語』だけでは、物足りないのでしたら、

ジューンさんが登場する面白いお話もたくさんあります。

興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましねぇ~。。。

(roten101.jpg+cleoani.gif)

『サモトラケのニケとミロのヴィーナス』

『薄命な女のパンツ』

『ロトの娘たち』

『もう一人のモナリザ』

『万夜一夜の謎』

『自由という誘惑』

『驚異の大洪水』

『おつまみミステリー』

『混浴風景を探して』

『ハレルヤ』


(sylvie122.jpg)

『マルタ島のロマンだ』

『宮沢りえ人気@海外』

『癒しを奏でるパンツ』

『マルタ島deロマン』

『生ログdeロマン散歩』

『宮沢りえ@クールジャパン』

『混浴風呂ガー』

『ウェルカムバック』

『コペンハーゲンからやって来た』

『ロシアからやって来た』

『海外美女ランキング』

『ブログを解剖する』

『スイスからトランプ見に来る』


(fan004.jpg)

『海外美女を探して』

『パンツde大晦日』

『Tバック@三賀日』

『とっちゃん坊や』

『また千夜一夜』

『初恋の思い出』

『乳房振動とブラ』

『白木屋お熊』

『肥後ズイキ@セルビア』

『紐パン熟女』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『美尻のビーナス』

『紐パン熟女に惹かれて』

『あの二人が気になって』

『肥後ズイキ@セルビア』

『私は下着女装です』

『ドリアンを探して』

『パリの日本人』

『ペンタゴン式己を疑う』

『薄命な女と映画』

『ラーメン@ベリーズ』

『うるさい夏』

『芭蕉と英語』

『晩香坡物語 生誕150年』

ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『エレクトラde中国』

『熟女パンツ』

『ラーメン@カイロ』

『スパム@クルーズ』

『えくぼ@ヴィーナス』

『孀婦岩』

『モナリザ描きたい』

『ジューンさんの下着』

『やっぱり熟女下着』

『じゅくじょのぱんてー』

『事実と芸術』


(miro0018.jpg)

『パクられたパンツ』

『タイタニック@スリランカ』

『蜂@泣きっ面』

『外人が知っている美しい日本』

『腰使い 熟女』

『熟女の下着姿』

『腰を使う熟女』

『ブログランキング』

『曇ってきた@英語』

『出会い系より腰を使う熟女』

『ブリスベンの従妹』

『アヒルが行く』

『英語ペラペラ勉強法』

『ブラウザとOS』

『二千二夜物語』

『大晦日のおばさんパンツ』

『下着の人類学』

『万夜一夜@ロンドン』

『ヒトラーとトランプ』

『ロマン@マルタ島』

『下着の人類学@大阪』

『ハロー@ロックビル』

『孀婦岩の人気 なぜ』

『マグダラのマリア 娼婦か聖女か?』

『マグダレンの祈り』

『女子大生の多い混浴』

『アンネフランクの言葉』

『ビクトリア朝の慎み』

『銭湯と円タク』

『女装ブログ』

『注目記事』

『風邪が治るまで』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)

 


(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。 バーィ


(juneswim.jpg)


『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』


(byebye.gif)

女性の性欲研究

 

女性の性欲研究

 


(sparta05.jpg)


(orga05.jpg)


(junko05.gif)


(junko11.jpg)

デンマンさん。。。、ついに、女性の性欲研究を始めたのですかァ~? うふふふふふふ。。。


(kato3.gif)

。。。ん? ジュンコさんは、僕が女性の性欲研究を始めたと思ったのですか?

そうですわァ~。。。 デンマンさんならば、やりかねないことですから。。。

あのねぇ~、僕はブログに記事を書くのが忙しくって、女性の性欲研究などしている暇がないのですよう。。。

それなのに、どういうわけで上のようなタイトルにしたのですか?

その質問に答えるには、まず次のリストを見て欲しいのです。。。

 


(liv90122a.png)


『拡大する』

『tag: 女性の性欲』

 

これはライブドアの僕の「徒然ブログ」の日本時間で1月21日の午後5時56分から、22日の午前0時42分までの約7時間の「生ログ」の一部です。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目して欲しいのですよ。。。

あらっ。。。 GOOGLEで検索して「徒然ブログ」の「女性の性欲」タグのページを開いたネット市民がいたのですわねぇ~。。。

そういうことです。。。 実は、長野県の松本市に住んでいる出端 亀雄(でばた かめお)君が「女性の性欲」タグのページを開いたのです。

亀雄君は松本市で何をしているのですか?

信州大学の学生です。。。

 


(matsumot3.jpg)


(matsumot2.jpg)

 

亀雄君は信州大学で何を専攻しているのですか?

人文学部で心理学・社会心理学コースをとっているのですよ。。。

いつものようにIPアドレスを調べて亀雄君が松本市に住んでいることを突き止めたのですか?

そうです。。。

 


(ip221152b.png)

 

心理学・社会心理学コースをとっている関係で、亀雄君は女性の性欲研究をしているのですか?

そういうことです。。。

。。。で、どのように検索してタグのページを見つけたのですか?

亀雄君は次のように検索したのですよ。。。

 


(gog90122a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

あらっ。。。 「女性の性欲 徒然ブログ」を入れて検索したのですわねぇ~。。。

そういうことです。。。 亀雄君は「徒然ブログ」の常連さんなのですよ。。。

それで「女性の性欲」に「徒然ブログ」を加えて検索したのですか?

そうです。。。

。。。で、亀雄君は、タグのページを開いて、記事を読んでみて参考になるものをゲットしたのですか?

ゲットしました。。。 次の箇所です。。。

肥後ズイキが性具になったきっかけは?

 

『肥後ずいき』は食べてもなかなかいけます。

「土佐のハス芋寿司」というものがあるほどです。

 


(hasuimo6.jpg)

 

食べてまずかったら、まず寿司のネタに使おうとはしないでしょう。

ハス芋の葉柄を乾燥させると保存食にもなりますが、その性質は柔軟にして強靱、軽く且つ美しいというわけで、江戸時代には女性の髪飾、手芸材料等にも用いられました。

また、江戸時代には薬としても用いられました。

大阪では、産後の古血を下すとして、出産のある家へこれを見舞い品として贈る風習があったそうです。

つまり、食べてよし、乾かせば、保存食にもなる。

また、髪飾りとしても重宝する。

それ以外に手工芸品の材料にもなる。また産後の薬にもなるとなれば、当然のことですが、肥後のおみやげ物としてはもってこいということにないます。

そういうわけで、細川の殿様は参勤交代の時に肥後産のズイキを大奥に土産として持って行ったらしい。

しかも、たくさん。しかし、あまりたくさんもらっても処理に困ってしまいます。

知り合いや、家族の者にあげてもまだ残っているとすれば、何か他に使い道がないものか?と考えるのは人の常。

それまで大奥の女性たちの打ち掛けの裾には真綿を使っていたのですね。

しかし、真綿では切れやすく、打ち掛けがすぐに古着になってしまう。

 


(jbeauty2.jpg)

 

これをどうにかできないものかと考えた女性が居たわけです。

その時たまたま、肥後ズイキを手にしていたのですね。

「これを真綿の代わりに入れたらどうだろう?」そうしたら、具合がよかったのですね。

長持ちしたと言うわけです。

ところがあまり沢山貰っても彼女たちは持て余してしまいます。

毎日毎日、肥後ズイキを食べるわけにも行かず、打ち掛けの裾だけでは使い切れないほどもらっている。

他に何か使い道はないものか?

よほど暇人が大奥には多かったと見えます。

大奥と言うところはご存知のようにハレムです。

つまり男子禁制です。

大奥は、将軍が政務をつかさどる「表」と、上下2つの御錠口(ごじょうぐち)によって厳重に隔てられていました。

小姓もこの御錠口までしかついて行けなかった。

大奥に出入りできる男性は将軍と奥医師だけです。

 


(ooku201.jpg)

 

その大奥には二百数十人の奥女中が女だけの生活を繰り広げているわけです。

しかも、この女性の多くが性体験を持っていますから、中には欲求不満に陥る女性が居るわけです。

相手は将軍だけです。

しかし将軍は一人ですから、仮に60人の女性と夜の営みを持つとしても、順番に一人づつとして、一人の女性は2ヶ月に一度だけ将軍に抱かれることになります。

ところが将軍も人の子ですから、好き嫌いがあります。

やはり気に入った女性と夜を楽しみたいと思うのは、下々の我われと同様でしょう。

そうなると、60人の女性の中でも、お呼びのかからない女性も結構出てくるわけです。

この女性たちは、他に気を紛らわせるようなことがないんですね。

女の園には、当然のことながら隠微な妖気が漂ってきます。

当時、30歳になると夜のお勤めから開放されてお暇がもらえる女性もいたそうです。

つまり、女性としての魅力は、30歳を過ぎたら下り坂になると考えられていたようです。

そういうわけですから、飛び切りの美人でもない限り、将軍は30歳以上の女性には声を掛けません。

しかし、これは女性には酷というものです。

「30歳を過ぎてから体の歓びを覚えた」という女性は結構多いものです。

そういう女性が、将軍から無視されるわけです。

これではたまったものではありません。

 


(jbeautyx.jpg)

 

将軍からのお声がすっかり遠のいて、ちょうど欲求不満の時に、たまたま肥後ズイキの乾燥したものをぬるま湯につけた女性が居たのですね。

もう飽き飽きして食べる気にもなれない。

うんざりしながら手でもてあそんでいるうちに程よい弾力があることを発見したわけです。

「必要は発明の母」という諺の通り、彼女には、その瞬間ひらめくものがあったのですね。

「あらっ、そうだわ。このかんぴょうの紐のようになったもので、棒状にぐるぐる巻きにすれば、ちょうどお殿様の一物のようになるかもしれないわ!試してみようかしら?」

この女性は、試してみたんですね。

そしたら、とても具合がよかったのです。

 


(zuiki902.jpg)

 

もちろん、そんなことを他の女性に大きな声では言えません。

しかし、このようなことは一人の胸のうちにそっと仕舞って置くことは出来ないんですね。

いつか、バレてしまいます。

夜になると、この女性が、いそいそと肥後ズイキをぬるま湯で温めている。

周りの女性が、この女性に注目し始めるわけです。

「あなた、この頃なんか変よ。夜になると、ご自分のお部屋に閉じこもりっきりで、お励みになっているようね。もしかして、殿方があなたのお部屋に忍んで来るのじゃありません?」

女性はまっ青になって弁解します。

「滅相もない!そんなことしたら、あたくしの首が飛びますわ」

嫌な奴と言うのはどの世界にも居るものです。

そっとしておいてやるのが思いやりと言うもの。

しかし、他の女性が密かにオナニーにふけって日頃の欲求不満を満たしている、と分かっていても、その女性が余りにもいい気持ちで楽しんでいるのを見過ごすことが出来ないのです。

つまり、女の僻みなんですね。

しかも被害妄想まで起こして、男が忍んでやって来るのではないか?と疑ってもいるわけです。

 


(ooku202.jpg)

 

「じゃあ、一体どういうことなの?何がそんなによくて毎晩、あられもない声を上げてよがっているの?」

「…」 女性は説明にほとほと困ってしまいます。

「はっきり言いなさいよ。さもないとお年寄りにこのこと報告しますよ」

「そ、それだけはどうか…」

というわけで白状させられる羽目になったわけです。

「あなた、本当に肥後ズイキだけで…?」

この、たちの悪い女性は初め半信半疑です。

でも、とにかく試して見なければ分からないと言うわけで試してみたのですね。

こういうたちの悪い女ですから、恥じらいも何もあったものじゃない。

「ねェ、ねェ、ちょっと聞いてよ。あの肥後ズイキねェ、すっご~くイイ使い道あんのよ!教えてあげるゥ」

もう有頂天です。

あたかも自分一人で大発見でもしたかのごとく言いふらしましたから、その次の晩から、肥後ズイキは引っ張りだこになりました。

はっきりとした記録は調べようもありませんが、肥後ズイキが広まったのは大奥からだ、というのが、その筋の研究家の間では常識のようになっています。

これは、いわゆる権威のある史書によって検証したわけではないので、眉唾の咄として読んでくださいね。


『肥後ズイキが性具になったきっかけは?』より
(2014年8月28日)

亀雄君は上のエピソードを読んで女性の性欲研究をテーマにした卒業論文に使おうと思ったのですか?

そうです。。。

マジで。。。? でも。。。、でも。。。、デンマンさんは、どういうわけで そこまで知っているのですか?

亀雄君がメールを寄越して、上のエピソードを卒論に引用してもいいですか?。。。と訊いてきたので出典を明記すれば、ぜひ使ってくださいと返信したのですよ。。。


(laugh16.gif)

【ジューンの独り言】


(bare02b.gif)

ですってぇ~。。。

あなたはデンマンさんのお話を信じることができますか?

ええっ。。。? 「そんなことはどうでもいいから、何か面白い話をしろ!」

あなたは、そのような命令口調で わたしに強要するのですか?

わかりましたわァ。。。

どうやら、あなたは女性の性欲研究に飽きたようですから、

たまには、日本の歴史の話も読んでみてくださいなァ。

日本の古代史にも、興味深い不思議な、面白いお話がありますわァ。

では次の記事から興味があるものをお読みくださいねぇ~。。。


天武天皇と天智天皇は

同腹の兄弟ではなかった。 

天智天皇は暗殺された 

定慧出生の秘密 

藤原鎌足と長男・定慧 

渡来人とアイヌ人の連合王国

なぜ、蝦夷という名前なの?

平和を愛したアイヌ人

藤原鎌足と六韜

古事記より古い書物が

どうして残っていないの?

今、日本に住んでいる人は

日本人でないの?

マキアベリもビックリ、

藤原氏のバイブルとは?

ところで、他にも面白い記事がたくさんあります。

興味のある方は次の記事も読んでみてくださいね。

 


(sunwind2.gif)


『宮澤理恵@Macao(2013年2月28日)』

『チョコレートと軍産複合体』

『チョコレートと甘い権力』

『CIAの黒い糸』

『美しい日本語再び』

『宮沢りえブーム?』

『また、宮沢りえ?』

『浅間山噴火とフランス革命』

『なぜアクセスが急増したの?』

『気になる検索ワード』

『なぜ塩野七生批判』

『その検査、ムカつく!』


(miya08.jpg)

『宮沢りえと床上手な女』

『MH370ミステリー』

『なぜ死刑廃止?』

『真犯人はそこにいる』

『MH370ミステリー裏話』

『お裁きを信じますから』

『ジャルパックと国際化』

『古代ローマのセックス』


(nopan05.png)

『CIAとノーパン』

『エロいローマ再び』

『エロいけれどためになる話』

『えろあくにめ温泉』

『エロいけれどためになる』

『地球上のネット普及率』

『原発はダメだったのに』


(sylvie500.jpg)

『スカートをはいた兵隊』

『行田シンドローム』

『幻の暴走機関車』

『CIA@NOパンツ』

『エリュトゥラー海案内記』

『伊藤若冲 ランブータン』

『知的快楽』


(teacher9.jpg)

『シャフリ・ソフタ』

『閨房でのあしらい』

『漱石とグレン・グールド』

『女性の性欲@ラオス』

『美学de愛と性』

『女の本音』

『にほん村からの常連さん』

『日本初のヌードショー』

『可愛い孫』

『ネットで広まる』

『なぜブログを書くの?』

『アルゼンチンから』

『潮吹き』

『ヨッパライが帰ってきた』

『後家殺し』

『奇想天外』

『下女のまめは納豆』

『オペラミニ』

『三角パンツ』

『サリーの快楽』

『ラーメン@ゲブゼ市』

『安心できない@病院』

『ブルマー姿@自転車』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に
ネットサーフィンしましょう。
じゃあね。バーィ。


(hand.gif)



(spacer.png+betty5de.gif)
(hiroy2.png+betty5d.gif)
『スパマー HIRO 中野 悪徳業者』

 


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)

『卑弥子の源氏物語』

『平成の紫式部』

■ めれんげさんの『即興の詩』

■ めれんげさんの『極私的詩集』

Jagel - Soft Japanese Bagel
(bagel702.jpg)

■ “JAGEL – Soft Japanese Bagel”


(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(beach02.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(rengfire.jpg)


(byebye.gif)

アヤメとカキツバタ

 

アヤメとカキツバタ

 


(ayame03.jpg)

(出典: 『カキツバタの育て方』)

 


(ayame05.jpg)

 

歌詞


 

行く春の風過ぐる辺(ほとり)

麗しき男(おのこ)のありけるに

楽しくもしどけなき性(さが)に

業もなく日暮らし彷徨ひき

 

ああひなし日次ぎこそ同じ

この月も退屈せざるにや

花衣細し女(くわしめ)の二人

其の日にぞたまたま逢ひき

 

あはや あはや 美しなれや

いみじきこと如何ばかり

待ち侘びたる人の見付くるなれば

然(しか)れども此れ左右無し

 

何れ菖蒲か杜若

夜さ見合ふ然るべきにこそはありけめ

恋ひ詫ぶこと更にもあらず

寄る人の見えぬもすべなけなくに

 

敷き栲(たえ)の黒髪の艶に

曇り夜の惑ひし指先の

茜さす君の惚るる顔も

射干玉(ぬばたま)のいと果敢無かりし夢

 

あはや あはや いと辛きこと

青き花の間に浮く月に問ふ

あなや いと難(かた)きこと

応へることも能はず

 

何れ菖蒲か杜若

憎き人如ならば去りやはあらぬ

花を濡らし風に移ろふ

兄の君(せのきみ)の心は夜露の如し

 

何れ菖蒲か杜若

うら恋し思ふ人よ幾許かなしや

なれば去らむや遠つ国へ

未だ見ぬ天雲の遥かなる国

 


出典: 『何れ菖蒲か杜若』

 


(himiko92.jpg)


(himiko22b.gif)

デンマンさん! どういうわけでアヤメとカキツバタを持ち出してきたのでござ~ますかァ~?


(kato3.gif)

ネットサーフィンしていたら、たまたま上のクリップに出くわしたのですよ。。。

つまり、上の歌詞の何(いず)れ菖蒲(アヤメ)か杜若(カキツバタ)にデンマンさんは好奇心をかきむしられたのでござ~♪~ますか?

そういうことですよ。。。 ネットで調べたら、次のようなことが判明した。。。

平安時代の武士・源頼政は、怪鳥を退治した手柄により、上皇から「あやめ」という女性を賜わることになりました。

頼政が昔から噂うわさに聞いて憧れていた女性です。

ところが、上皇は、後宮の美女をおおぜい集め、その中からあやめを選べと言います。

 


(ayame05b.jpg)

 

そんなの、分かるわけがない。

そこで頼政は、上皇に和歌を奏上しました。

「五月雨さみだれに沢辺の真薦まこも水越えていづれあやめと引きぞわづらふ」

梅雨で沢の水量が増し、マコモもアヤメも水没してしまった。

どれがアヤメの葉か、引き抜くのに悩んでしまう、という歌。

「太平記」に出てくるエピソードです。

「アヤメ」と言えば紫の花を思い浮かべます。

ところが、当時「アヤメ」は、今で言うショウブの異名でした。

端午の節句にお風呂に入れる、あの香りのいい草のことです。

花は穂の形で、いたって地味。

ということは、「太平記」のあやめ御前は、花ではなく、しなやかな葉の姿や、香りのよさをイメージして名付けられたのです。

頼政の歌を踏まえて、後の時代、「いずれアヤメかカキツバタ」という表現も生まれました。

こちらの「アヤメ」は、今のアヤメの花のことです。

アヤメとカキツバタは花がよく似ているため、美人が多く集まっている場面で、「どの人も優劣がなく、みな美しい」という形容として使います。


出典: 「いずれアヤメかカキツバタ」

あらっ。。。 源頼政は、怪鳥を退治した手柄により、上皇から「あやめ」という女性を賜わることになったのですわねぇ~。。。

そうです。。。 頼政が昔から噂(うわさ)に聞いて憧れていたのが「あやめ」という女性だったわけです。。。 ところが、頼政は、この女性を見たことがなかった。

それで、上皇は面白がって美貌の女房をおおぜいならばせて、その中から選ばせようとしたのですか?

そういうことですよ。。。 もし、源頼政が「あやめ」を見つけだせなかったら、からかいがいがあると思ったのです。

それで、頼政は和歌を詠んで何とか困難を切り抜けようとしたわけなのですわねぇ~。。。

そういうことです。。。 頼政は次のように詠んだ。。。

 

 


(ayame07.jpg)

 

五月雨に

沢辺の真薦(まこも)

水超えて

いづれ菖蒲と

引きぞわづらふ

 

五月雨で水かさが上がり、

水辺にさくマコモの草も

水面下にしずんでしまった。 

おかげで、どれが菖蒲か

わからず、ひきぬきかねる

 

この歌を聞いて、時の太政大臣・藤原忠通は、その出来映えに感嘆したのです。。。

それで、どうなさったのでござ~ますか?

太政大臣は、自分の手で「あやめ」とよばれる女房の袖をひき、源頼政の前へつれだしたのです。

あらっ。。。 なかなか気の利いた大臣ではござ~ませんかァ!

こうして、鵺(ぬえ)とよばれる怪鳥を射おとしたほうびの女は、源頼政に無事に下賜されたというわけですよ。。。 後宮の女房事情を知らない源頼政には、誰が「あやめ」なのかは、わからなかった。。。 でも、歌の詠み手としては、武人なりに自負心もいだいていた。。。 源頼政は、腕におぼえのある歌で、宮廷遊戯のむずかしい局面をのりきったのです。

つまり、武芸だけでなく、風雅の道につうじることも大切だというお話なのですわねぇ~。。。

そういうことですよ。。。 だから、卑弥子さんも男性の心を射止めるためには、和歌の心得がぜひ必要だというお話です。。。

でも。。。、でも。。。、それは源頼政が生きていた平安時代末期のお話ですわ。

あのねぇ~、卑弥子さん。。。 現在だって心に染み入る和歌を詠めば、それに共感する素晴らしい男性が現れると思いませんかァ~?

でも、和歌を鑑賞できるような殿方が、この時代に生きているとは思えませんわァ~。。。

そんあことはありませんよ。。。 次の和歌を読んでみてください。。。

朝のかがやき

 


(angel012.jpg)

 

きみゆえに

われは夢みる

恋を知る

朝のかがやき

心に映る

 

by めれんげ

2009.02.06 Friday 10:35 AM


『即興の詩 朝のかがやき』より

デンマン注:

めれんげさんが会費を滞納したので

「即興の詩」サイトは削除されました!

『大好きだも~ん』に掲載
(2009年9月25日)

 


(foolw.gif)

 

う~~ん。。。
いいねぇ~
朝のすがすがしさが
こころにしみるようやでぇ~

では、めれちゃんの歌に
インスパイアされて
おもむろに
詠みますがなぁ~


(girl777.jpg)

 

愛に濡れ

愛に萌えたり

きみの肌

きみのかがやき

心にしみる

 


(girl122.jpg)

 

きみゆえに

心はさわぎ

胸はずみ

朝を迎えて

悦びを知る

 


(asa12.jpg)

 

夢にまで

きみを抱(いだ)きて

とこしえに

朝のかがやき

命の泉

 


(beauty5.gif)

 

やすらかに

眠る寝顔を

見つめつつ

朝をむかえて

愛を新たに

 


(kiss003.gif)

 

あさまだき

愛はいまだに

さめやらず

きみのぬくもり

心にしみる

嗚呼!

もっと詠みたいけれど、
バンクーバーは午前4時をまわったでぇ~
いつまでも起きている訳にもゆかんわ。

そう言う訳で、もう寝ますう。

めれちゃんと夢で逢いましょうね。

じゃあねぇ~。

おやすみ。

 

by 心の恋人 (デンマン)

2009-02-06 9:01 PM
バンクーバー時間:
 2月6日 午前4時1分


『即興の詩 朝のかがやき』のコメント欄より

デンマン注:

めれんげさんが会費を滞納したので

「即興の詩」サイトは削除されました!

 

デンマンさん:)

久しぶりに、返歌をお送りしますね


(renge720.gif)

 

きみなくば

夢みることも

なかりせば

恋する日々の

かがやき知らず

 


(renge807.gif)

 

めざめては

きみを思いて

心ははずみ

朝の光は

わが身を照らす

 


(asa12.jpg)

…こんなのが、浮かんできました♪

 

by めれんげ

2009/02/07 12:31 PM


『即興の詩 朝のかがやき』のコメント欄より

デンマン注:

めれんげさんが会費を滞納したので

「即興の詩」サイトは削除されました!

『愛の脱力』に掲載
(2010年5月29日)

つまり、めれんげさんと愛の歌をやり取りしたということを自慢したいのでござ~ますか?

いや。。。 和歌の心は別に平安時代から廃(すた)れてしまったわけではない、と言いたかったまでですよ。。。

いいえ。。。 デンマンさんは愛の短歌を自慢したいのですわあああああああああああァ~。。。

あのねぇ~、そのようなケチ臭い事をしようとしたわけではないのです。。。 卑弥子さんも愛の短歌を詠めば、素晴らしいボーイフレンドができるようになります、と願いながら、僕のつたない歌を卑弥子さんに見せたわけですよ。。。 うへへへへへへ。。。


(foolw.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif) 

ですってぇ~。。。 あなたは、 どう思いますか?

デンマンさんは絶対に自慢していると思うのでござ~ますわァ~。。。

ええっ。。。 「そんな事は、どうでもいいから、もっと他に面白い話をしろ!」

あなたは、そのように あたくしにご命令なさるのでござ~ますか?

いけすかないお方ァ~。。。

分かりましたわ。

あなたが、そのように言うのであれば、ちょっと面白い映像をお目にかけます。

次のクリップは嫌いなプレゼントをもらってムカついている子供たちの映像です。

面白いから、じっくりと見てくださいまし。。。

 


(dislike2.jpg)

 

どうでした?

ええっ。。。 「もう過ぎてしまったクリスマスのことなど どうでもいいから、何か他に もっと面白いことを話せ!」

あなたは、あたくしに向かって、更にご命令なさるのでござ~ますか?

いけすかないお方ァ~。。。!

分かりましたわァ。。。 あなたが、そうおっしゃるのだったら、まずジューンさんの次の写真をご覧になってくださいまし。。。

 


(senya020b.jpg)

 

千夜一夜物語の衣装を着たジューンさんに魅せられて、女性に成りすます男性が たくさん居るのでござ~ますわァ!

ええっ。。。 信じられないのですかァ?

じゃあ、ちょっと次のYouTubeのクリップを見てくださいまし。。。

 


(xdress02.jpg)

 

いかがでござ~ますかァ~?

男性が女装していると思いますかァ?

あたくしは、素直に信じることができませんわァ~。。。

どうですかァ~? けっこうなものでしょう!?

いつまでも見とれていても仕方がありませんわよゥ。

あなたのために古代史の面白い記事を用意しました。

ぜひ お読みください。

では。。。

天武天皇と天智天皇は

同腹の兄弟ではなかった。 

天智天皇は暗殺された 

定慧出生の秘密 

藤原鎌足と長男・定慧 

渡来人とアイヌ人の連合王国

なぜ、蝦夷という名前なの?

平和を愛したアイヌ人

藤原鎌足と六韜

古事記より古い書物が

どうして残っていないの?

今、日本に住んでいる人は

日本人でないの?

マキアベリもビックリ、

藤原氏のバイブルとは?

とにかく、次回も興味深い記事が続きます。

だから、あなたも、また読みに戻ってきてください。

じゃあ、またねぇ~。。。


(hand.gif)

 

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』


(surfing9.gif)


(sayuri5.gif)

ところで、平成の紫式部こと、卑弥子さんは見かけによらず、京都の女子大学で腐女子に「日本文化と源氏物語」を講義している橘卑弥子・准教授という肩書きを持っています。

卑弥子さんの面白い話をもっと読みたい人は
下のリンクをクリックして読んでみてくださいね。


(hama10.jpg)

『宝暦の恨みを明治維新で』

『デウキと紅葉@行田』

『薄い陰毛と紅のボートピープル』

『江戸の閨房術』

『ずるがしこい現代人』

『春画@源氏物語』

『千早振る』

『あれっ、松本清張』

『キスと源信』

『伎楽は呉から…?』

『紺瑠璃杯に魅せられて』

『神聖娼婦 マリア』

『安徳帝は生きていた』

『白石川の桜』


(maria05.jpg)

『ブログ村のマリア様』

『萌える済子女王』

『ピンク桃色@徒然』

『富沢金山の桜』

『ピンク桃色村』

『紫式部@徒然』

『絵里香@ペルー』

『ペルシャ人の楊貴妃』

『ん?佐伯今毛人』

『文学と歴史とウソ』

『百人一首ミステリー』

『芭蕉と遊女再び』

『映画とロマン@仙台』

『源氏物语中的性描写』

『忘れられた歴史ロマン』


(costa04b.jpg)

『おばさんパンツ@サンホセ』

『聖徳太子のチューター』

『オナラの曲芸』

『死海』

『漱石とオナラ』

『絵里香さん』

『美女とオナラ』

『アンバパーリー』

『ゆっくりと愛し合う』

『見ちゃだめ!』

『二重マチ付きズロース』


(miya08.jpg)

『麻生元総理』

『ネットのバカ女を捜して』

『額田王の歌』

『聖女と娼婦』

『済子女王@萌える』

『ん?堀内亜里?』

『松平春嶽が黒幕?』

『旅行者的早餐』

『なぜ蝦夷なの?』

『プリキュアとヒトラー』

『戦争絶対反対よね』

『怨霊の歴史』

『色欲@歴史』

『紫式部と敗戦』

『ラピスラズリと源氏物語』


(annasalleh.jpg)

『性と愛@古代史』

『仙台を離れて』

『美人とブス@大奥』

『絵の中のウソ』

『阿倍仲麻呂@ベトナム』

『バイクガール』

『六条御息所』

『卑弥子さんの大学』

『元寇と捕虜』

『マキアベリにビックリ』

『痴漢が心配』

『びた一文』

『卑弥子@ブカレスト』

『エロい源氏を探して』

『ラピスラズリの舟形杯』

『平成の紫式部』

『隠元豆と国性爺合戦』

『おばさんと呼ばれて』


(zurose2.jpg)

『女帝の平和』

『アタマにくる一言』

『悪女レオタード@昌原市』

『スウィートビーン』

『ガチで浦島太郎やし』

『ご苦労さま』

『デンマンのはなし』

『卑弥呼の墓』

『室生犀星と人間学』

『松平春嶽ダントツ』

『英語は3語で伝わる』

『くだらない物』

『漢字で体操』

『面白い漢字テスト』

『放屁女に罰金』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)


(byebye.gif)

身を焼く恋心

 

身を焼く恋心

 



(miwa213.jpg)


(satomi02x.png)


(himiko003b.jpg)

(fireanim8.gif+girl518e.png+spacer.png+linger62.gif)


(merange12.jpg)

デンマンさん。。。 あんさんは、恋心に身を焼いてはりますのォ~?


(kato3.gif)

めれちゃんいは、わてが恋心に身を焼いてるように見えるのかァ~。。。

 


(boo11.gif)

 

鼻血を出して ムンムン、ムレムレしているように見えますわァ~。。。 うふふふふふふ。。。

めれちゃん。。。 わてはサカリのついたワンワンやあらへんでぇ~。。。

。。。で、どないなわけで身を焼く恋心というあタイトルにしやはったん?

ちょっと次のページを見て欲しいねん。。。

 


(wp51002e.png)


『拡大する』

『あしたみる夢』

 

あらっ。。。 これは、あんさんが Denman Blog に2015年10月2日に投稿した『あしたみる夢』という記事ですやん。。。

そうやがなァ~、実は、東大阪市に住んでおる 大坪真須美さんが読みはってん。。。

 


(westosaka2.jpg)


(shoin03b.jpg)


(girl518d.jpg)

 

この上の写真の女性が真須美さんやのォ~?

そういうことやがなァ~。。。

東大阪市に住んでいるということは、わたしと同郷やないのォ~。。。

そうやがなァ~。。。 真須美さんは、めれちゃんの熱烈なファンなのやでぇ~。。。

ホンマかいなァ~。。。? で、真須美さんは何してはるのォ~?

地元にある 大阪樟蔭(しょういん)女子大学の学芸学部の学生やがなァ~。。。 

 


(shoin01.jpg)

 

国際英語学科のグローバルコミュニケーションコースをとっており、将来は外資系の会社で英語を活かせる仕事に就きたいいという夢を持っておるねん。。。

そいで、『あしたみる夢』という あんさんの投稿した記事を読みはったん?

そういうことやがなァ~。。。 で、記事を読み進めていったら、人気リンク に目が留まったわけやァ~。。。

そいで、①番のリンクをクリックして、それから②番のリンクをクリックして わたしの「即興の詩」サイトにやって来たわけやのォ~?

そういうことやがなァ~。。。 真須美さんは次の記事を読みはったわけやァ~。。。

 


(mer30717e.png)


『拡大する』

『身を焼く恋心』

 

あらっ。。。 人気記事 の6番をクリックして『身を焼く恋心』を読みはったのやねぇ~。。。

そういうわけやァ~。。。

 

 

身を焼く恋心

 


(lonely15.jpg)

 


恋心

 
炎となりて

 
この身焼く

 
灰になろうと

 
悔やむことなく

 

by めれんげ

2013/07/17


(renge37.gif)


『身を焼く恋心』より
(2013年7月17日)

 


(satomi02x.png)

 

(fireanim8.gif+girl518e.png+spacer.png)

 

この情熱的な短歌を読んで、真須美さんは えろう影響を受けたと言うねん。。。

マジで。。。?

実は、真須美には心のうちにじっと秘めていた熱い恋心があるねん。。。 めれちゃんの上の愛の短歌を読んだことによって、やっと決心がついた、と言うのやないかいなァ~。。。

つまり。。。、つまい。。。、真須美さんは自分の熱い思いを相手の男性に打ち明けようと思いはったん?

そういうことやがなァ~。。。 めれちゃんの上の短歌が真須美さんの肩を押してくれたわけやァ~。。。

そいで。。。、そいで。。。、真須美さんは、そのボーイフレンドに、抱かれて灰になりはったん?

灰になるかいなァ~。。。 ボーイフレンドに抱かれて、夢見心地のうちに とろけてオツムが真っ白になりはってん。。。

 


(kiss822.jpg)

 

ホンマかいなァ~?

めれちゃんは わての言う事が信じられへんのかァ~?

あんさんは、なんで、そないなことまだ分かりはるのォ~?

めれちゃんに感謝のメールを書こうと思いはったのやけど、メールアドレスが分からへん。。。 そいで、仕方がないよってに、わてのメールボックスに、メールを送ってきて、めれちゃんによろしく伝えてくださいと書いてよこしたのやがなァ~。。。

マジで。。。?

こういう、真面目な話のときに、嘘やデマカセを言うかいなァ~。。。

そいで、あんさんは わたしを呼び出しはって、こうして真須美さんの話題を取り上げはったん?

そういうことやがなァ~。。。

ホンマかいなァ~。。。?

めれちゃんは、わての言う事が信用できへんのかァ~?

信じられへん。。。

あのなァ~、めれちゃん。。。 昔の人は“信じる者は救われる!”と言うたのやでぇ~。。。 そやから、めれちゃんも素直に信じてルンルン気分でハッピーになったらええねん。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。

いつものように“信じる者は救われる!”がオチですわよう。。。

馬鹿バカしいと思うでしょう!?

あたくしだってぇ、白けてしまいましたわァ~。。。

あなただってぇ、白けてると思いますので気分直しに、ちょっと次の検索結果を見てくださいまし。。。

 


(gog60409a.png)

『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

「卑弥子 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわよう。

うふふふふふふ。。。

あなたも、ビックリするでしょう?

ジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわァ。

 


(buttdimp5.jpg)

 

どうでござ~ますかァ?

ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?

どうしてよう?

ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ~ますかァ~?

あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、

最後には上のようなおヌードになるのですわよう。

信じてくださいましなァ~。。。

ところで、話は変わりますけれど、

かつて、レンゲさんの親友の めれんげさんは 一生懸命にブログを更新していたのでした。

でも、時には、他のことに夢中になって、会費を滞納したことがあったのでござ~ますわァ。。。

そのために、サイトを削除されてしまったのです。

それでも、2013年の6月にライブドアで『即興の詩』サイトを再開しました。

めれんげさんの『即興の詩』サイト

再開して間もないのに 検索結果 3,960,000件中の 9位に躍り出るなんてすごいですよねぇ~。。。


(gog30703.gif)

『現時点での検索結果』

現在、めれんげさんは お休みしています。

でも、これからも、ブログを通して「愛のコラボ」を続けて欲しいですよねぇ~。。。

かつて めれんげさんの「即興の詩をはじめました!」の『極私的詩集』サイトは 次の検索結果で見るようにトップを占めていたのです。


(gog30928a.png)

また、ブログを更新して トップに返り咲いて欲しいものです。

ところで あなたは「どうしたら、上位に掲載されるのォ~?」と考えているかもしれません。

その秘訣を知りたかったらデンマンさんが面白い記事を書いていますわ。

次のリンクをクリックして読んでみてください。


(seo001.png)

『おばさんの下着に見るSEO』

話は変わりますけれど、めれんげさんは可愛い猫を飼っています。

あなたも、猫ちゃんを飼っていますか?

ええっ。。。 ワンワンちゃんを飼っているのですか?

そういえばデンマンさんが『ワンワンちゃん』という面白い記事を書いていました。

気が向いたら下のリンクをクリックして読んでみてください。


(dog202.jpg)

『ワンワンちゃん』

とにかく、次回も興味深い話題が続きます。

あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。

では、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事


(linger49.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(rengfire.jpg)

『SM家畜女』

『めれちゃんと倉持由香』

『肥後ずいきdeビックリ』

『めれちゃん@画像検索』

『めれちゃん@富士山』

『目覚めぬ夢』

『熱烈なファンの軌跡』

『花火とロマン』

『恋に染められ』

『恋に染めごろう』


(sayuri201.jpg)

『皆さん、ありがとう』

『メリエスの銀河鉄道』

『今年こそ自殺したい』

『その手に抱かれ』

『愛と性の秘められた物語』

『シビル・セリグマンと横尾真美』

『石川の郎女@ドイツ』

『目覚めぬ夢なの』

『目覚めぬ夢@プエルトリコ』

『家畜人ヤプー 性と愛』

『美尻を探して…』

『ズロースと乱歩』

『平成悲話』


(rengfire.jpg)

『パンツが並んだ』

『禁忌の愛を探して』

『淫らな恋を探して』

『オッパイ@アクセス数』

『熱狂的なファンのぬくもり』

『愛と心の構造探して』

『初めての接吻』

『夫婦de風呂』

『私を見つけたのね』

『や~らしか方言@坊さん』

『エロ文学』

『五重塔で心中』

『綺麗な写真に魅せられて』


(renge62e.jpg)

『双头爱染明王』

『性具@バンコク』

『愛de擬人法』

『ネットde世界』

『細川ガラシャと病める日本』

『愛と性の悦び』


(babdol6.jpg)

『ハレンチ@日本』

『ハレンチde日本』

『永遠の愛を探して』

『永遠の愛よね』

『yapoo家畜便器污』

『電脳海豚』

『死に誘われて』

『愛と心の構造なのね』

『愛の心が広まる』

『いとしき言霊』


(kimo911.jpg)

『カミュを読みたい』

『日本の神話』

『素敵な人』

『吉祥天に恋をして』

『ウィルスアタックだ!』

『めれちゃん、ありがとう!』

『萌える愛長歌』

『思い出のハロウィン』

『萌える愛』

『愛の死刑囚@バルセロナ』

『愛の地獄なのね』

『淫らな恋なのね』

『愛の構造』

『純毛のズロース』

『坊っちゃんとチンドン屋』

『あふれ出すしずく』

『愛と性@破綻』

『淫らな恋』

『人間失格@マレーシア』


(june06.jpg)

こんにちはジューンです。

バンクーバーでは例年に無い暑さを記録しました。

1960年7月30日に記録した33.3度を破って

今年の7月30日に 33.8度を記録したのです。

でも、日本の暑さと比べれば

たいしたことはありませんよね。

Hottest Day Ever Recorded

in Vancouver

Source: The Canadian Press
Posted: 07/30/09 8:09AM
VANCOUVER, B.C.


(june08c.jpg)

The city of Vancouver has registered its hottest day on record.

Environment Canada says a temperature of 33.8 C was recorded at Vancouver airport on Wednesday, shattering the previous high of 33.3 C that was set in 1960.

“A very strong ridge of high pressure is currently dominating all of B.C.,” said Gary Dickinson, a meteorologist with Environment Canada.

“The ridge of high pressure also brought up from the south very warm air, which was responsible for the record-breaking temperatures.”

ところで、今日は8月7日ですけれど、

最高気温は18度でした。

夏というよりも、もう秋という感じです。

わずか1週間しか経っていないのですが

変われば変わるものです。

あなたの地方では、いかがですか?

まだまだ暑さが続いているのでしょう?


(valent1.gif)

話は変わりますが、

デンマンさんがレンゲさんの記事を集めて

一つにまとめました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

■ 『最近のレンゲ物語 特集』


(wildrose.jpg)

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。


(bikini84b.jpg)


(kissx.gif)

奇想天外

 

奇想天外

 


(crazy04.jpg)


(crazy01b.jpg)


(crazy03.jpg)


(junko05.gif)


(junko11.jpg)

デンマンさん。。。 今日は奇想天外なお話ですか? うふふふふふ。。。


(kato3.gif)

そうです。。。 いけませんか?

いったい、どのようなお話なのですか?

あのねぇ~、ジュンコさんが生まれる前に、“奇想天外”な映画があったのですよ。。。

マジで。。。?

当たり前田のクラッカー!


(maeda01.jpg)

最近、デンマンさんは、このギャグばっかり連発してますよねぇ~。。。

今日は特別です! なぜなら、その奇想天外な映画に、上のクリップに出てくる「藤田まこと」も出演しているのですよ。。。

マジで。。。?

当たり前田のクラッカー! その予告編を見てください。。。


(crazy02.jpg)

つまり、奇想天外というタイトルは、この映画のことを話すために付けたのですかァ~?

いや。。。 僕は、この映画には あまり関心がないのですよ。。。 ただ、“クレージーだよ 奇想天外”というタイトルがついていたので、取り上げたまでです。。。

要するに、奇想天外なものが他にあるということですか?

その通りです。。。

いったい、その奇想天外なものってぇ、どのようなものですか?

だから、奇想天外ですよ。。。 「奇想天外より落つ」の略で、奇抜な考え、転じて、奇抜な事物のことを言うわけです。。。

わたしは、奇想天外の意味を聞いているのではなくてぇ、奇想天外なモノ、そのモノは いったい何ですか? と尋ねているのですわ。

だから、奇想天外です。。。

デンマンさんは、私をおちょくってるのですかァ~?

いや。。。 僕は極めて真面目にジュンコさんの質問に答えているのです。。。

答えになってないではありませんかァ!

奇想天外というのが答えです。。。

だから、奇想天外なモノ、そのモノは いったい何ですか? 

奇想天外です。。。 うししししし。。。

デンマンさん! いい加減にしてくださいなァ~。。。 真面目に答えてください。。。

あのねぇ~、キソウテンガイという名前の植物があるのです!

マジで。。。?

当たり前田のクラッカー!

そのギャグだけは、止めてもらえませんかア!

分かりました。。。 じゃあ、キソウテンガイをジュンコさんに見せますねぇ~。。。


(kisou01.jpg)

奇想天外 (ウェルウィッチア)

ウェルウィッチアはグネツム綱に属する裸子植物である。
ウェルウィッチア科に分類され、この科の現生種は本種のみである。

アフリカのアンゴラ及びナミビアのナミブ砂漠に分布する。
1対のみの葉を伸ばし続ける特異な形態を持つ。寿命は非常に長い。

和名はサバクオモト(砂漠万年青)やキソウテンガイ(奇想天外)。
“生きている化石”とされることもある。

 

分類

1859年9月3日に、オーストリアの探検家フリードリヒ・ヴェルヴィッチュ(ウェルウィッチとも、1806年-1872年)によってアンゴラの砂漠で発見された。
ヴェルヴィッチュはこの記録をロンドン・リンネ学会のジョセフ・ダルトン・フッカーの元に持ち込んだ。
これには簡単な記載文が添えられ、現地語に由来する”Tumboa”の属名を与えることが提案されていた。

だが、その直後にイギリスの画家・探検家トーマス・ベインズがナミビアで別個体を発見しており、保存状態の悪い標本とともに、”tumbo”は本種を特定した名称ではない(n’tumbo や otjitumboの形で「切り株」を意味する一般名詞)という情報をもたらした。
このため、フッカーは属名をヴェルヴィッチュの名に由来するWelwitschia とすることを提案した。
ヴェルヴィッチュはこれを受け入れ、記載のためにより保存状態のよい標本を提供した。

種小名は、ベインズの名前にちなんだ bainesii とされることもあるが、この名は1975年に Welwitschia mirabilis のシノニムとされた。
mirabilis はラテン語で「驚異の」を意味する。

本種には2亜種が認められている。
アンゴラから得られた基亜種Welwitschia mirabilis mirabilis は雄花が赤褐色であるが、ナミビアから得られたWelwitschia mirabilis namibiana の雄花は灰緑色である。

 

分布


(kisou03.jpg)

ナミブ砂漠の北に広がるカオコランド (Kaokoveld) と呼ばれる地域の固有種である。
北はアンゴラ南部のBentiaba Riverから、南はナミビアのクイセブ川まで見られ、海岸から内陸100km程度の場所まで自生する。

この地域は極度に乾燥しているが、2-4月の雨季には斜面の下に100mm以下の雨が降る。
霧からの水分や地下水に依存するため、これらの集まる季節的な川沿いに自生する傾向がある。

 

形態

茎は木質で分岐せず、高さは最大個体でも1.5mを超えないが、植物体の直径は8mにも達する。
茎そのものは塊状でその径は1m程まで。

茎の先端は盤状で大きく2裂し、それぞれに帯状の葉を1個ずつ持つ。
この2枚の葉は、茎の末端の溝にある分裂組織から成長する。

葉は2-4mに達すると、木部の捻れや風などの外的要因によって擦り切れて裂け始め、一見何枚もあるように見える。
葉先は次第に枯れていく。

機能する葉を1対しか持たないことから、一時は、本種の形態は幼形進化によるものではないかと考えられた。
だが、その解剖学的特徴は苗木のものとは全く異なり、実際には成長の初期に成長点を失うことによるものだと分かっている。

茎の中央部にはくぼみがあり、そこから細かい枝を出し、花序(胞子嚢穂)をつける。
雌雄異株で、雌花序は雄花序より大きく、共に灰緑色や深紅色をしている。

雌花は球果状(他の裸子植物と同様に松かさ状)で、長さ2-8cm程度。
雄花は1.5-4 cm、退化した胚珠1つと小胞子嚢柄6本を有す。

種子は径5-6mmで黒く、径2cmの薄い皮膜があって有翼。

 

生態

種子の発芽後、子葉は25–35 mmまで伸び、その後すぐに2枚の本葉が形成される。
およそ4ヶ月で本葉は子葉の長さを超え、子葉の成長点は死ぬ。

本葉は子葉と直角に位置し、生涯に渡って伸び続ける。
本種がこれ以上の葉を形成することはなく、茎の分裂組織は本葉の形成後に枯死する。

乾燥に適応するために、葉の気孔から大気中の湿気を吸収し、長さ3-10mにも達する根によって地下水を吸い上げる。
また、クチクラ層が厚く、気孔が葉の両面で同数有り、高い蒸散能力を有しているが、葉を冷却するためと考えられている。
この根は栽培下でも真っ直ぐに下に伸び、本葉が出る頃には30-50cmに達する。

根を詳しく調査したChris H Bornmanは、”構造はかなり単純で、先細りになった長い主根と、そこから分岐した太さの変化しない側根からなる。組織は繊細なスポンジ状である。”と書いている。
彼はまた、根の深さは、地上の葉の端から端までの長さと概ね等しいとしている。

花粉は風媒及び昆虫媒により送粉される。
双翅目・半翅目などの昆虫を送粉者とし、最も一般的にはホシカメムシ科に属するOdontopus sexpunctatus(Probergrothius 属とすることもある)である。
このカメムシはほぼ本種のみを利用していると考えられる。

バオバブ属のような他の植物でもこの昆虫が見られたという報告もあるが、実際にそれらの植物を利用しているかどうかは定かではない。
稀にハチが送粉者となることもあり、いくらかの昆虫は球果が分泌する”蜜”に惹き寄せられている。
種子は2枚の翼を持ち、風で散布される。

本種はCAM型光合成を行うと考えられている。
だが、このタイプの光合成による本種の炭素固定量は非常に少なく、その理由は不明である。

個体の寿命の計測は難しいが、1000年以上生きると考えられる。
いくつかの個体は2000歳を超えている可能性もある。

種子から発芽した個体が、再び種子をつけるまでに、25年ほどかかると考えられている。
なお、栽培下では種子の発芽から4年で開花した例がある。


出典: 「ウェルウィッチア」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ナミビアに行かないと見られないのですか?

いや。。。 日本でも見ることができますよ。。。

どこで。。。?

京都植物園です。。。


(kisou02.jpg)

今度 京都に行くときには この植物園にも立ち寄ろうと思います。。。

なるべく早めに行ったほうがいいですよ。。。

どうして。。。?

あのねぇ~、2004年8月13日に温室から鉢2株が盗まれたのですよ。。。 奈良県に住んでいる あの馬鹿が この記事を読んで、残りの株を盗みに行くかもしれないから。。。

奈良県に住んでいる あの馬鹿ってぇ誰ですか?

次の記事の中の男です。。。


(fool900.jpg)

『現実主義者 馬鹿の見本』


(laugh16.gif)

【ジューンの独り言】


(bare02b.gif)

ですってぇ~。。。

最近、デンマンさんは「現実主義者」と名乗る人物のことで、記事をたくさん書いてます。。。

デンマンさんは かなり辛辣な、どぎついコメントを書くので、

「現実主義者」と名乗る人物は、返信を書くのを戸惑っているようです。。。

シカトされていると思ったデンマンさんが

ムカついて、「奈良県に住んでいる あの馬鹿が残りの株を盗みに行く」と書いていますが

これは、明らかに根拠に乏しい言いがかりだと思います。

こういうことを書いてはいけませんよねぇ~。。。

可能性が全く無いとは言えませんけれど。。。 (微笑)

ところで、奇想天外なお話も面白いですけれど、

日本の古代史には、興味深い不思議なお話があります。

たまには、日本の古代の話も読んでください。。。

では次の記事から興味があるものをお読みくださいねぇ~。。。


天武天皇と天智天皇は

同腹の兄弟ではなかった。 

天智天皇は暗殺された 

定慧出生の秘密 

藤原鎌足と長男・定慧 

渡来人とアイヌ人の連合王国

なぜ、蝦夷という名前なの?

平和を愛したアイヌ人

藤原鎌足と六韜

古事記より古い書物が

どうして残っていないの?

今、日本に住んでいる人は

日本人でないの?

マキアベリもビックリ、

藤原氏のバイブルとは?

ところで、他にも面白い記事がたくさんあります。

興味のある方は次の記事も読んでみてくださいね。

 


(sunwind2.gif)


『宮澤理恵@Macao(2013年2月28日)』

『チョコレートと軍産複合体』

『チョコレートと甘い権力』

『CIAの黒い糸』

『美しい日本語再び』

『宮沢りえブーム?』

『また、宮沢りえ?』

『浅間山噴火とフランス革命』

『なぜアクセスが急増したの?』

『気になる検索ワード』

『なぜ塩野七生批判』

『その検査、ムカつく!』


(miya08.jpg)

『宮沢りえと床上手な女』

『MH370ミステリー』

『なぜ死刑廃止?』

『真犯人はそこにいる』

『MH370ミステリー裏話』

『お裁きを信じますから』

『ジャルパックと国際化』

『古代ローマのセックス』


(nopan05.png)

『CIAとノーパン』

『エロいローマ再び』

『エロいけれどためになる話』

『えろあくにめ温泉』

『エロいけれどためになる』

『地球上のネット普及率』

『原発はダメだったのに』


(sylvie500.jpg)

『スカートをはいた兵隊』

『行田シンドローム』

『幻の暴走機関車』

『CIA@NOパンツ』

『エリュトゥラー海案内記』

『伊藤若冲 ランブータン』

『知的快楽』


(teacher9.jpg)

『シャフリ・ソフタ』

『閨房でのあしらい』

『漱石とグレン・グールド』

『女性の性欲@ラオス』

『美学de愛と性』

『女の本音』

『にほん村からの常連さん』

『日本初のヌードショー』

『可愛い孫』

『ネットで広まる』

『なぜブログを書くの?』

『アルゼンチンから』

『潮吹き』

『ヨッパライが帰ってきた』

『後家殺し』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に
ネットサーフィンしましょう。
じゃあね。バーィ。


(hand.gif)



(spacer.png+betty5de.gif)
(hiroy2.png+betty5d.gif)
『スパマー HIRO 中野 悪徳業者』

 


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)

『卑弥子の源氏物語』

『平成の紫式部』

■ めれんげさんの『即興の詩』

■ めれんげさんの『極私的詩集』

Jagel - Soft Japanese Bagel
(bagel702.jpg)

■ “JAGEL – Soft Japanese Bagel”


(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(beach02.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(rengfire.jpg)


(byebye.gif)