生パンツカテゴリー

 

生パンツカテゴリー

 


(lookanim.gif)


(himikox2.gif)


(himiko92.jpg)


(himiko22b.gif)

デンマンさん。。。 どういうわけで 生パンツカテゴリー を設(もう)けたのでござ〜ますか?


(kato3.gif)

かつて次のような事件があったのですよ。。。

 

生パンツ強盗!

女子高生に「パンツよこせ!」


(renge15.jpg)

暗い夜道で女子高生を襲い、身に着けていた下着だけを奪って逃走する“生パンツ”強盗が出没した。

神奈川県警宮前署によると、事件が起きたのは21日午後9時半ごろ。
川崎市宮前区の路上で、近くに住む高校2年の女子生徒(16)がアルバイトを終えて徒歩で帰宅する途中、前から来た若い男にすれ違いざま、襲われた。

男は、女子生徒の首を道路脇のフェンスに押し付けながら「パンツをよこせ!」と脅迫。
女子生徒が抵抗するとスカートの中に手を入れ、パンツをむりやり脱がして強奪。
“戦利品”を手に、そのまま逃走した。

女子生徒にけがはなく、そのまま自宅まで逃げ帰り110番通報した。
調べによると、男は20歳前後で身長170センチくらいのやせ形。
黒っぽいスエットのズボンをはいていたという。

宮前署関係者は「女子生徒の体をもてあそんだり、危害を加えたわけではない」として、下着マニアによる強盗事件として捜査を進めている。


SOURCE: スポーツ報知 2006年04月23日

『生パンツ強盗に思うこと…』にも掲載
(2006年4月28日)

 

あらっ。。。2006年4月21日の午後9時半頃に、こういう事件が起きたのでござ〜ますわねぇ〜。。。

そうなのですよ。。。 ちょと考えると被害者には申し訳ないけれど、笑える事件なのですよ。。。もちろん、被害者に肉体的な危害が加えられなかったから最悪な事態は免(まぬが)れたのだけれど、どう考えても加害者は精神的にちょっと普通の人じゃない。

生パンツマニアなのですわよう。。。

でもねぇ〜、警察に捕まるほどの危険を犯してまで生パンツにこだわるところが、なんとも驚きと言うか、感心させられると言うか、爆笑させられるのですよ。。。

でも。。。、でも。。。、デンマンさんだってパンツにかな〜♫〜りこだわっていますわァ〜。。。

だから、こういう事件があるので、その感想をそえて記事を書くようになったのですよ。。。

でも。。。、でも。。。、なぜか、あたくしにはダサいおばさんパンツを穿かせて画像をデッチあげるのですわねァ〜。。。

 


(himikox2.gif)

 

つまり、卑弥子さんは不満なのですかァ〜?

当たり前でござ〜♫〜ますわよう。。。不満ですわア!。。。ジューンさんには、モダンでセクシーなパンツを穿かせているではござ〜ませんかァ〜!

 

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

 

卑弥子さんがそのようにブツブツ僻(ひが)んで不満をタラタラとくっちゃべったので僕は仕方がないから次のようなセクシーな画像をコラージュしたのですよ。。。

 


(curtain5.jpg)

 

これならば卑弥子さんも満足でしょう!?

とにかく、デンマンさんも、人のことを言ってる場合じゃないのですわよう。。。こうしてパンツにこだわっているのですから。。。。

僕はパンツの記事を書く都合があるので、こうして卑弥子さんが喜ぶような画像もコラージュしているのですよ。。。

画像ぬきの記事を書けばよいではござ〜ませんかァ!

それでは、全く面白くないでしょう! “百聞は一見にしかず!” と昔の人は言ったたのですよ。。。卑弥子さんの「おばさんパンツ」を言葉で説明するよりは、パンツの画像を見せた方がよっぽど面白くて分かりやすいのですよ。。。

。。。で、どういうわけで今日は 生パンツカテゴリー をわざわざ取り上げたのでござ〜ますか?

ちょっと次のリストを見てください。。。

 


(liv20-06-22.jpg)


『拡大する』

『ズロースおばさん』

 

これはライブドアの僕の「徒然ブログ」の日本時間で6月22日の午後9時42分から翌日23日の午前0時39分までのアクセス者の「生ログ」です。。。赤枠で囲んだ箇所に注目して欲しいのですよ。。。

あらっ。。。6月23日の午前0時23分に『ズロースおばさん』を読んだネット市民が居たのですわねぇ〜。。。

そうなのですよ。。。

でも、どうして。。。、どうして。。。、ダサいズロースを穿いているあたくしの写真を貼り出す必要があるのでござ〜ますか?

記事の中に、ズロースを穿いた卑弥子さんの写真が出てくるのですよ。。。

マジで。。。?

信用しないのならば、その記事を読んでみてください。。。

 


(liv20-06-22z.jpg)


『拡大する』

『ズロースおばさん』

 

あらっ。。。あたくしとは全く関係ない所に、ダサいズロースを穿いた あたくしの画像を貼り出しているのでござ〜ますわァ!

 


(himiko25.gif)

 

あたくしは、これでも京都の女子大学で腐女子たちに「日本文化と源氏物語」を講義している橘卑弥子・教授という社会的にも、学術的にも、文化的にも尊敬されている立場にあるのですわ。。。あたくしの教え子たちが この画像を見たらお嫁に行けなくなってしまいますわ。。。

卑弥子さん! 今のミーちゃん、ハーちゃんは卑弥子さんがおばさんパンツを穿こうが、ズロースを身につけようが、紐パンを穿こうが、そんなことには無頓着ですよ。。。 むしろ、このようにズロースを穿いている卑弥子さんを見たら、ミーハーは親しみを覚えますよ。。。

そんなことはござ〜ませんわァ。。。 あたくしの評判はガタ落ちになってしまいますわァ〜。。。

だから、そういうことがないようにと思って、僕は十二単(じゅうにひとえ)を身に着けた「平成の紫式部」の画像も作ってネットで広めているのですよ。。。

 


(himiko92.jpg)

 

でも、やっぱり、ダサいズロース姿の画像がネットで出回るのは心配でござ〜ますわァ〜。。。

そのように心配することはありません! なぜなら「卑弥子 平成の紫式部」で画像検索すると次のように格調高い卑弥子さんの姿がたくさん表示されるのですから。。。

 


(gog20-06-28a.jpg)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

赤枠で囲んだ画像を見てください。。。平成の紫式部の卑弥子さんが『源氏物語』を飾っているのですよ。。。

あたくしと並んでいるのはデンマンさんじゃござ〜ませんかァ!。。。光源氏のつもりなのですかァ〜?

そういう些細なことは詮索しないでください。。。赤枠の画像をクリックすると次のページが出てきます。

 


(gog20-06-28b.jpg)


『拡大する』

『実際のページ』

『平成の紫式部』(PART 1)

 

この上の大きな画像をクリックすると平成の紫式部の卑弥子さんの記事を読むことになるのですよ。。。つまり、卑弥子さんが ダサいおばさんパンツを穿いていようが、時代遅れのカボチャパンツを穿いていようが、ネット市民の皆様は格調高い『平成の紫式部』を読むことになるのですよ。。。だから、心配することはありません。。。

分かりましたわ。。。で、『ズロースおばさん』を読んだネット市民は、どういうわけで生パンツカテゴリーのページを開いたのでござますかァ〜?

 


(liv20-06-22w.jpg)


『拡大する』

『生パンツカテゴリー』

 

実は、このページを開いたのはランジェリメーカーに勤めている名和亀雄君なのですよ。。。

また、IPアドレスを調べて亀雄君が読んだことを突き止めたのですか?

そうです。。。

 


(ip24415.jpg)

 

つまり、亀雄君はランジェリー・デザイナーなのですか?

そうなのですよ。。。亀雄君は男の目線で女性に穿いてもらいたいパンツをデザインしているわけなのです。。。

それで、なぜ「生パンツカテゴリー」なのでござ〜ますかァ〜?

だから、生パンツマニアの目線から見た理想的なパンツはどのようなものなのだろうか? 亀雄君は、「このカテゴリーの記事を見れば何か参考になるアイデアが浮かぶのではないか!?」。。。 そう思ってページを開いたのです。。。

それで、参考になるアイデアをゲットしたのでござ〜ますか?

ゲットしたのですよ。。。「生パンツカテゴリー」のすべての記事に目を通したのです。。。その結果、次のパンツに目が留まったのです。。。

 

(clouds.gif+felina13.gif)

 

あらっ。。。亀雄君はこのブラとパンツを参考にして生パンツマニアにも受ける下着をデザインするのでござ〜ますかァ〜?

あのねぇ〜、生パンツマニアのためにデザインするわけではないのですよ。。。あくまでも女性のために魅惑的な下着を考えようとしているのです。。。

でも。。。、でも。。。、どうして生パンツに亀雄君はこだわるのですか?

女性の下着を見るのは、それを身に着けている女性だけではないのです。。。ボーイフレンドとか、夫とか、不倫相手とか。。。 その中には生パンツマニアがいるかもしれない。。。(微笑)

だから。。。?

だから、もし生パンツマニアにアピールする下着ができれば、ダサいズロースや、時代遅れのカボチャパンツに見飽きた生パンツマニアが、街に出て女子高生から生パンツを強奪するような事件がなくなるだろう。。。そう思いながら亀雄君は「生パンツカテゴリー」のページを開いたのですよ。。。

マジで。。。? でも。。。、でも。。。、どうしてデンマンさんは、そんな事まで知っているのですか?

あのねぇ〜、亀雄君の妹が生パンツ強盗に出くわしたのですよ。。。それ以来、どうしたら生パンツ強盗を無くすことができるのか? そのためには生パンツマニアにアピールするパンツをたくさん増産することが解決になるのではないか?。。。そう思ったのだそうです。。。

だから、どうして、そういうことまでデンマンさんは知っているのでござ〜ますかァ?

亀雄君がそういうメッセージを僕に送ってよこしたのですよ。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。

あなたも次のような生パンツに魅力を感じますか?

 

(star4.gif+felina13.gif)

 

ええ。。。「もうパンツは見飽きたから、他にもっと面白いことを話せ!」

そんな事を おっしゃらないでくださいましなァ~。。。

じゃあ、あなたにも興味がある話題を。。。

どうして小百合さんが「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれるのか?

あなたは ご存知でござ~♪~ますかァ?

実は簡単な事なのですわよう。
小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。
小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですってぇ~。。。
分からない事ではござ~ませんわァ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。
現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。


(suikyu9.jpg)

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

軽井沢・雲場池の紅葉

軽井沢のイルミネーション

秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩

とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。
だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。
じゃあねぇ~~。


(hand.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

『センスあるランジェリー』


(surfing9.gif)


(sayuri5.gif)

ところで、平成の紫式部こと、卑弥子さんは見かけによらず、京都の女子大学で腐女子に「日本文化と源氏物語」を講義している橘卑弥子・准教授という肩書きを持っています。

卑弥子さんの面白い話をもっと読みたい人は
下のリンクをクリックして読んでみてくださいね。


(miya08.jpg)

『麻生元総理』

『ネットのバカ女を捜して』

『額田王の歌』

『聖女と娼婦』

『済子女王@萌える』

『ん?堀内亜里?』

『松平春嶽が黒幕?』

『旅行者的早餐』

『なぜ蝦夷なの?』

『プリキュアとヒトラー』

『戦争絶対反対よね』

『怨霊の歴史』

『色欲@歴史』

『紫式部と敗戦』

『ラピスラズリと源氏物語』


(annasalleh.jpg)

『性と愛@古代史』

『仙台を離れて』

『美人とブス@大奥』

『絵の中のウソ』

『阿倍仲麻呂@ベトナム』

『バイクガール』

『六条御息所』

『卑弥子さんの大学』

『元寇と捕虜』

『マキアベリにビックリ』

『痴漢が心配』

『びた一文』

『卑弥子@ブカレスト』

『エロい源氏を探して』

『ラピスラズリの舟形杯』

『平成の紫式部』

『隠元豆と国性爺合戦』

『おばさんと呼ばれて』


(zurose2.jpg)

『女帝の平和』

『アタマにくる一言』

『悪女レオタード@昌原市』

『スウィートビーン』

『ガチで浦島太郎やし』

『ご苦労さま』

『デンマンのはなし』

『卑弥呼の墓』

『室生犀星と人間学』

『松平春嶽ダントツ』

『英語は3語で伝わる』

『くだらない物』

『漢字で体操』

『面白い漢字テスト』


(hama10.jpg)

『日本のエロい文化』

『女のオナラ』

『紫式部と宮本武蔵』

『頼朝の死の謎』

『パンツと戦争』

『海外美女 新着記事』

『日本語を作った男』

『江戸の敵を長崎で』

『芸術は尻だ』

『尻の芸術』

『左翼的な下着』

『エロい源氏』

『ネット市民は見ている』


(costa04b.jpg)

『朝妻船』

『阿修羅を探して』

『羅漢と良寛』

『源氏エロ』

『元寇船』

『ハマガソ』

『歴史ロマン@バンコク』

『平安のキス』

『大久保独裁政権』

『愛情ゲットの呪術』

『源氏物語とおばさん』

『たこつぼ探し』

『光源氏の弟』

『勝負服』

『大伴家持の野心』

『そこが天才の偉いとこか?』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)


(byebye.gif)

ニコラ・プッサン

 

ニコラ・プッサン

 


(poussin2.jpg)


(nicola01.jpg)


(maria05.jpg)


(june901b.png)

 


(june001.gif)

デンマンさん。。。 ニコラ・プッサンにハマっているのですか?


(kato3.gif)

ジューンさんはニコラ・プッサンの事を知っているのですか?

もちろん知ってますわ。。。先日、次の記事の中でデンマンさんと この画家の作品について語り合ったではありませんか!

 


(flood012.jpg)

『大洪水にビックリ!』

 

ジューンさんは忘れていると思いましたよ。。。

デンマンさんとニコラ・プッサンの作品について語り合ってから、まだ1ヶ月と経ってないのですわ。。。覚えているのが当たり前でしょう!

でもねぇ〜、ニコラ・プッサンの名前は日本人にとって余り知られてない名前なんですよ。。。セザンヌだとか、ゴッホだとか、ゴーギャンだとか、ルノアールだとか。。。そういう名前は日本人ならばたいてい知っていると思うのです。。。だけど、ニコラ・プッサンというフランスの画家の名前は、学校の美術の時間にも聞いたことがない。。。少なくとも僕にとっては、知名度がゼロに近い画家だったのです。。。

。。。で、どういうわけで、またニコラ・プッサンを取り上げるのですか?

実は、上の記事の中で次のリストを紹介したのですよ。。。

 


(goo20-05-30a.jpg)


『拡大する』

『驚異の大洪水』(PART 1)

 

これは GOO の僕の「デンマンのブログ」の5月30日のアクセス者数の棒グラフと日別・週別のランキングの記録です。。。アクセス元ページ の6番に注目して欲しい。

プッサンの『冬(大洪水)』と入れて BING で画像検索して『驚異の大洪水』を読んだネット市民がいたのですよね。。。

そういうことです。。。それから2週間ほどしたら、また次のリストにお目にかかったのです。

 


(goo20-06-13.jpg)


『拡大する』

『驚異の大洪水』(PART 1)

 

あらっ。。。ニコラプッサン 洪水と入れて BING で検索して6月13日に『驚異の大洪水』を読んだネット市民がいたのですわねぇ〜。。。

キーワードの並べ方から判断しても、全くの別人が次のように検索して『驚異の大洪水』を読んだのですよ。。。

 


(bin20-06-20.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

『驚異の大洪水』(PART 1)

 

日本人にとってマイナーなフランスの画家なのに、どういうわけでこうして検索してまでニコラ・プッサンの作品について調べる人がいるのですか?

だから、不思議に思ってジューンさんを呼び出したのですよ。。。 ジューンさんは、以前からこの画家について知っていました?

いいえ、わたしは印象派の画家については興味がありますけれど、それ以前のフランスの画家について、ほとんど知りませんわ。。。

日本人のミーちゃん、ハーちゃんもたぶん、そうだと思うのですよ。。。日本ではフランスの印象派の画家の作品についてはかなり知られているけれど、それ以前の作品は、めったに話題になりません。

それなのにニコラ・プッサンがこうして連続して検索して記事が読まれた、ということはどういうことですか?

だから僕も不思議に思って次のように検索してみたのですよ。。。

 


(gog20-06-20.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

あらっ。。。ニコラ・プッサン 展覧会 と入れて検索したのですわねぇ〜。。。

そうです。。。するとニコラ・プッサンの絵を含めた「フランス絵画の精華展」が東京富士美術館で今年の1月29日まで開かれていたのです。。。現在は大阪市立美術館で5月26日から8月16日まで開かれているのですよ。。。

つまり、その展覧会に行った人、あるいはこれから見にゆく人が検索したのですか?

おそらくそうでしょう。。。

でも、どういうわけでニコラ・プッサンの絵が展示されるようになったのですか?

あのねぇ〜、次のようなエピソードがあるのですよ。。。

 


(critique3.png)

 

欧米で高い教育を受けた人にとって、西洋美術史の知識は「ユニバーサルランゲージ(世界共通語)」。

だから、いくら仕事ができても美術史など人文学的教養がないと、単なる「取引先」にはなれても「ビジネスパートナー」とは見なされません。(略)

オールド・マスターズを押さえておけば、自分の「格」を上げることができます。

知人の日本人女性の話ですが、パリの某高級ホテルで、初めはコンシェルジュから軽くあしらわれたそうです。

ところが、ルーブル美術館で買ったプッサンの画集を手にロビーを通った瞬間、コンシェルジュの態度が豹変したそうです。


『欧米で“印象派が好き”はちょっとダメな訳』より

つまり、印象派の画家の絵は、俗っぽいと思う欧米人が居るらしいのですよ。。。

印象派以前のニコラ・プッサンのような古典主義派の画家の作品の方が欧米では「格」が上だと思われている、ということですか?

だから、そのように言う美術史家や美術評論家が居るのですよ。。。

デンマンさんは、どう思います?

自分の「格」を上げるためにプッサンの画集を見せるのは、バカバカしことだと思いますよ。。。でもねぇ〜、美術史家や美術評論家がそう言えば、そういうものかと思ってしまうミーちゃん、ハーちゃんは多いのですよ。。。

それで、最近、ニコラ・プッサンの絵が見直されているということですか?

もしかすると、そうかも知れませんよ。。。

でも、なぜ「大洪水」の絵に興味を持つ人が多いのですか?

《冬、あるいは大洪水》は『四季』と呼ばれる4枚の連作の作品のひとつなのですよ。。。この他に《春》、《夏》、《秋》がある。。。これには次のようなエピソードがあるのです。

 


(summer51.jpg)

 

《夏》は、リシュリュー公爵アルマン=ジャンのために、1660年から1664年にかけてプッサンが描いた、四季を表わす4枚の絵画から成る連作のうちの1枚である。

1665年に、公爵はポーム球技で王に破れ、彼のコレクションからプッサンの作品13点を含んだ25点の絵画を引き渡した。

こうして《四季》は、ヴェルサイユの王室コレクション、その後ルーヴルの共和国コレクションに加わることになったのである。

各々の季節は、『旧約聖書』から取られた一場面と一日の中のある時間帯に結び付けられている …


『「四季」の中の《夏》』より
(ルーブル美術館)

 

こういうエピソードがあるので、《四季》の作品に興味を持つ人が多いのですか?

それに《四季》はニコラ・プッサンの最後の作品なのですよ。。。そのうちでも《冬、あるいは大洪水》は、春夏秋冬の最後です。。。つまり、ニコラ・プッサンの最後の作品の最後なんですよ。。。だから、《夏》よりも《冬、あるいは大洪水》に興味を持つ人が多いのだと思います。

 


(nicola01.jpg)

  《冬、あるいは大洪水》

 

しかも、上の絵はプッサンの他の絵と比べても かなり劇的なのですよ。。。

 

大洪水


(nicola01.jpg)

二コラ・プッサン 「冬(大洪水)」

(1660~64)

黒雲の動く空、時おり稲妻が光り、そのくせ満月もうっすらと見えて、地上は大洪水、命からがら舟べりにつかまると、天上からワーグナーの曲が聴こえて、岩陰を大蛇まで這っている。

 


(wagner93.jpg)


(wagner91.jpg)

 

もうじき幕が降り、舞台が変わるとたぶんこんどは天国だ。

芝居気たっぷりのイラスト感覚がむしろ今に通じる。

 

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
クリップはYouTubeで共用。
写真はデンマン・ライブラリーより)


114ページ 『ルーヴル美術館の楽しみ方』
著者: 赤瀬川原平 熊瀬川紀
1997年2月20日 第11刷発行
発行所: 株式会社 新潮社

 

ニコラ・プッサンは日本人には余り知られてないけれど、知っている人は知っているのですよ。。。『ルーブル美術館の楽しみ方』の中で赤瀬川原平さんも言ってます。。。「芝居気たっぷりのイラスト感覚がむしろ今に通じる」と。。。

なるほどォ〜。。。台風や洪水の被害の多い日本に住んでいる日本人には、上の絵は身近に感じられるのかもしれませんわね。。。

そういうことですよ。。。だから、検索して上の絵を見たいと思う人が出てくるのですよ。。。

ちょっと、できすぎたオチですわねぇ〜。。。


(laugh16.gif)


(june902.jpg)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~

あなたもニコラ・プッサンの《大洪水》の絵を見て、洪水に遭った時のことを思い出しますか?

 

(nicola01.jpg)

二コラ・プッサン 「冬(大洪水)」

(1660~64)

 

ええっ。。。 「そんなことはどうでもいいから、他にもっと面白い話をしろ!」

あなたは、そのような命令口調で あたくしに強要するのでござ~ますわねぇ~。。。

分かりましたわぁ。。。 では、ちょっと次のクリップを見てくださいなァ。。。

思わず笑ってしまいますわ。。。

 


(dog807.jpg)

 

 

 

ええっ。。。? 「犬や猫のことは どうでもいいから他のもっと面白い話をしろ!」

あなたは、更に あたくしに そのような強い口調でご命令なさるのでござ~ますかァ~?

分かりましたわァ~。。。

あなたが、そうおっしゃるのならば、あたくしの個人的なお話しをいたしますわァ。

実は、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”が殿方の注目を集めているのでござァ~ますわよう。

うふふふふふふふ。。。

ええっ。。。 信じられないのでござ~ますかァ?

じゃあ、ちょっと次の検索結果を見てくださいまし。。。

 


(gog60409a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

「卑弥子 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわァ~。。。

うふふふふふふ。。。

あなたも、ビックリするでしょう?

ジムで汗を流して “ヴィーナスのえくぼ”をゲットいたしました。。。


(buttdimp5.jpg)

スタイルもよくなったのでござ~ますわァ~。。。


(curtain5.jpg)

いかがでござ~ますか?

でも。。。、でも。。。、“天は二物を与えず”と申します。。。

これほどスタイルが良くなったというのに、あたくしは未だに独身でござ~ますのォ。。。

世の中は、なかなか思うようにゆかないものですわァ~。。。

ところで、あなたは『万夜一夜物語』を読んだことがござ~ますかァ~?

“千夜一夜物語”ではなくてぇ、“万夜一夜物語”ですわ。


(manya02.jpg)

『万夜一夜物語』

デンマンさんが書いたのでござ~ますわよう。

ええっ。。。 10,001の話が書かれているのかってぇ~。。。?

とにかく、上のリンクをクリックして読んでみてくださいませぇ~。。。

あなたも、絶対にビックリするようなお話が出てきますわァ。

『万夜一夜物語』だけでは、物足りないのでしたら、

ジューンさんが登場する面白いお話もたくさんあります。

興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましねぇ~。。。

(roten101.jpg+cleoani.gif)

『パクられたパンツ』

『タイタニック@スリランカ』

『蜂@泣きっ面』

『外人が知っている美しい日本』

『腰使い 熟女』

『熟女の下着姿』

『腰を使う熟女』

『ブログランキング』

『曇ってきた@英語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『出会い系より腰を使う熟女』

『ブリスベンの従妹』

『アヒルが行く』

『英語ペラペラ勉強法』

『ブラウザとOS』

『二千二夜物語』

『大晦日のおばさんパンツ』

『下着の人類学』

『万夜一夜@ロンドン』

『ヒトラーとトランプ』


(malata019c.jpg)

『ロマン@マルタ島』

『下着の人類学@大阪』

『ハロー@ロックビル』

『孀婦岩の人気 なぜ』

『マグダラのマリア 娼婦か聖女か?』

『マグダレンの祈り』

『女子大生の多い混浴』

『アンネフランクの言葉』

『ビクトリア朝の慎み』

『銭湯と円タク』

『女装ブログ』

『注目記事』


(sylvie122.jpg)

『風邪が治るまで』

『ひょうたんde徒然』

『アヒルが並んだ』

『なぜ骨なの?』

『にべもない』

『やぶさかでない』

『おかしなパンツ』

『みもふたもない』

『自動翻訳はダメ』

『慫慂』

『ヤンキー』

『及び腰と二の足』

『ジューンさんの従妹』


(fan004.jpg)

『ナマズにされた』

『美術解剖学』

『太ったチャンス』

『ジューンさんの下着を探して』

『おおどかさ』

『高級娼婦@パリ』

『つい見たくなった』

『混浴 女子大生』

『FBI捜査官のツブヤキ』

ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『熟女下着 投稿ブログ』

『おばさんパンツ@ネット』

『がめつい奴』

『二股ラジウム@VIDEO』

『手塩にかけて』

『ジューンさんのパンツ』

『女子大生の秘湯』

『百姓と農民』

『庇と屁』

『2002夜物語』

『機械翻訳イマイチ』

『出か知りおばさん』

『リチャード3世』

『マルタ島ロマン』

『おこがましい』


(miro0018.jpg)

『鹿爪らしい』

『原爆死の真実』

『映画で英語を』

『二律背反』

『腰曲がりのを』

『エモい』

『混浴オフ会』

『関の山』

『矯正下着を探して』

『大洪水にビックリ!』

『おばさんパンツ調査』

『カマトト』

『画家の遊び空間』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)

 


(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。 バーィ


(juneswim.jpg)


『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』


(byebye.gif)

紐パンクラシック

 

紐パンクラシック

 

(lily.jpg+heartx.gif)


(bikini231d.png)


(music987.jpg)


(bikini83.gif)


(ireba04.png)


(ohta03.png)

デンマンさん。。。 どういうわけで 紐パンツ を穿いた女性が出てくる記事にオイラを呼び出したのですか?


(kato3.gif)

オマエは不満なのォ~?

特に不満と言うほどのことではありませんけれど、オイラは高尚なクラシックについてデンマンさんと語り合いたいのです。。。

つまり、紐パンツ を穿いた女性は低俗で下品だと言うわけぇ〜?

いや。。。そこまで端的に、明確に、簡潔に断定するわけではありませんが、オイラはエロい下着が嫌いなのですよ。。。

そのように無理してまで心にもないことを言うなよ。。。エロい紐パンツが嫌いだというような非常識なことを言っているから、コロナウイルス騒ぎがなかなか収まらないのだよ。。。

デンマンさん。。。お言葉ですがエロい紐パンツとコロナウイルスは全く関係ありません。。。

いや。。。少しは関係があるのだよ。。。オマエは“バタフライ効果”という言葉を知っているだろう?

水泳のバタフライですか?

いや、ちがうよ。。。蝶々のバタフライだよ。。。つまり、「風が吹けば桶屋が儲かる」ということを横文字で言ったようなものだよ。。。

そんなことよりも、どうしてオイラを呼び出したのですか?

オマエは口ではエロい下着が嫌いだと言うけれど、本心では好きなのだよ。。。

そう言うからには、その証拠があるのでしょうねぇ〜?

あるのだよ。。。次のリストを見て欲しい。。。

 


(liv20-05-15w.jpg)


『拡大する』

『紐パン熟女』

 

これはライブドアの僕の「徒然ブログ」の日本時間で5月15日の午前1時3分から午後7時41分までのアクセス者の「生ログ」なんだよ。。。赤枠で囲んだ箇所に注目して欲しいのだよ。。。

5月15日の午前7時50分に『紐パン熟女』を読んだネット市民がいたのですねぇ〜。。。

その通りだよ。。。上のリストを見て オマエは何か心当たりがあるんじゃないのォ〜?

心当たりは何もありません。。。

じゃあ、緑の枠で囲んだ リモートホスト の IPアドレスを見て欲しい。。。

IPアドレスは 99.244.57.104 となってます。。。

このIPアドレスを見て、オマエには何か心当たりがない?

ありません。。。何か心当たりが無いとまずいのですか?

まずいのだよ。。。高齢者の記憶力はかなり衰えるということだから、オマエの記憶力も随分と衰えているに違いない。。。記憶力を高めるために次の画像も見て欲しいのだよ。。。

 


(spy51205.png)
 

IPアドレスを調べると上の地図が表示されるのだよ。。。これはカナダのトロントの郊外の地図なんだけれど、確か、オマエが住んでいる場所が表示されているように見えるのだよ。。。この地図を見て何か思い当たることはない?

どこかで見たような気がしますが。。。うへへへへへ。。。

オマエの記憶力は随分と衰えているよ。。。じゃあ、IPアドレスとオマエの名前を入れて検索した結果を見て欲しい。。。

 


(gog60607a.png)

『現時点での検索結果』

 

99.244.57.104 というIPアドレスがオマエの名前と一緒に 金魚のウンコのように数珠つなぎでたくさん出てくるのだよ。。。

あれっ。。。ということは。。。もしかすると99.244.57.104 というIPアドレスは、オイラのパソコンのIPアドレスですか?。。。つまり、デンマンさんのブログで『紐パン熟女』を読んだのはオイラかもしれないということですか?

オマエしか居ないだろう!

たぶん、オイラの家内が見たと思うのですよ。。。

なんで、上品で教養もあり、心の優しいオマエの奥さんが『紐パン熟女』を読むわけぇ〜?

オイラがダサいおばさんパンツよりも、たまには紐パンツを身に着けたほうがいいよ、と言ったのでデンマンさんのブログにアクセスしたのだと思います。。。

だったら、オマエは紐パンツが好きなんなじゃないか!

うへへへへへへ。。。

そうやって薄ら馬鹿笑いを浮かべている場合じゃねぇ〜だろう。。。オマエが 紐パンツ を穿いた女性は低俗で下品だと言うから、こうして横道にそれてしまうのだよ。。。初めから「紐パンツを見るのは3度の飯より好きです!」と言えば、これだけ脇道にそれて無駄な事をしなくて済んだのだよ!

分かりました。。。次から正直に心の内を打ち明けたいと思います。。。で、紐パンクラシック とは、いったいどういうことですか?

ちょっと次のリストを見て欲しいのだよ。。。

 


(goo20-05-06.png)


『拡大する』

『あなたもルンルン気分で』

『「夜と霧」を観た?』

『紐パン熟女』(PART 1)

 

これはGOOの「デンマンのブログ」の5月6日のアクセス者数の棒グラフと日別・週別ランキングの記録なのだよ。。。赤枠で囲んだ アクセス元ページ の3番に注目して欲しい。

DOCOMO の検索エンジンで検索して『紐パン熟女』(PART 1)を読んだネット市民が居たということですねぇ〜。。。

 


(goo20-05-06b.jpg)


『紐パン熟女』(PART 1)

 

そういうことだよ。。。オマエには何か思い当たることがあるだろう!?

デンマンさんは、またオイラが検索して『紐パン熟女』を読んだと思っているのでしょう?

一度あることは2度あると昔の人は言ったからねぇ〜。。。

オイラが否定すると、またIPアドレスを持ち出してきて証拠を見せつけるつもりなのですねぇ〜。。。

オマエとも長い付き合いになるので、やっぱり僕のやることがわかるゥ〜!?

分かりますよう!。。。デンマンさんは、マジでしつこいのですよ。。。あの「現実主義者」と名乗る男が、デンマンさんのブログにコメントを書くのを止めたにもかかわらず、足掛け4年にわたって、あの愚か者の記事を書き続けているのですよゥ。。。

 


(fool940.jpg)


(fool911d.jpg)


(fool902.jpg)


(fool911.jpg)

『現実主義者 馬鹿の見本』

 

この男について記事を書くのには重要な理由がある。。。 つまり、この男のような嫌がらせのコメントを書くネット市民が増えると、ネットの世界の評判がガタ落ちになって、真面目なネット市民が離れていってしまう。。。

つまり、この男を反面教師にして、これから日本を背負う若者に、このような「クズの廃人」になってはダメだということを知らせようというわけですか?

そうだよ。。。かつてオマエも僕のブログにやたらに長い嫌がらせのコメントを書きまくっていたことがある。。。

 

(ozashiki1c.jpg)

『新渡戸稲造と太田将宏』

 

でも、オマエの場合は偏差値30台のクソ大学を卒業した「現実主義者」と違って早稲田大学理工学部の数学科を優秀な成績で卒業しただけのことがあって、深く反省して、5人に成りすまして嫌がらせのコメントを書くことを止めた。

そうういう昔のことは、もういいではありませんかア!。。。いったい紐パンクラシックというタイトルを持ち出してデンマンさんは何が言いたいのですか?

だから、オマエは5月6日には GOO の「デンマンのブログ」で、5月15日にはライブドアの「徒然ブログ」で『紐パン熟女』を読んだのだよ。。。おそらく、この間にも『紐パン熟女』を読んでいたに違いない。。。

要するにオイラが「紐パン熟女」にハマってる、とデンマンさんは言いたいのですねぇ〜。。。

その通りだよ。。。口では君子ヅラを装って、紐パンツ を穿いた女性は低俗で下品だと言いながら、ネットではコソコソと「紐パンツ」を穿いている熟女をヨダレを垂らしながら眺めて、10代の少年のように良からぬ隠し事をしているんだろう!?

デンマンさん!。。。オイラは片足を棺桶の中に突っ込んでいる年寄ですよ。。。どういうわけで紐パン熟女をヨダレを垂らしながら眺めて、この年になって10代の少年のような良からぬ隠し事をしなければならないのですか?

だから、それはオマエが精神的に異常でなければ変態だからだよ!

デンマンさん!。。。言って良い事と悪い事があるのですよ!。。。デンマンさんはオイラに対して言って悪い事を告げているのです。。。

だったら、2度も3度も『紐パン熟女』を読む理由は、いったい何なんだよ?

それは次の演奏を聴くためですよ。

 


(bikini07c.gif)


(bikini08.gif)


(bikini231d.png)


(gsen04.jpg)

 

(music987.jpg+spacer.png)

 

この上の演奏を聴くためにマジで『紐パン熟女』を読んだわけぇ〜?

そうです。。。いけませんかァ〜?

でも。。。、でも。。。、2度も3度も聴くだけの感動があるのォ〜?

だから、そこですよ。。。おそらく多くの人がバカバカしいと思うでしょう!。。。でもねぇ〜、そのバカバカしいことを乗り越えて真面目に演奏する、その真摯な姿にオイラは心をうたれるのですよ。。。

つまり、オマエもこの上の男のように棺桶に入る前に、紐パンを集めてベートペンの《運命》でも演奏するつもりなのォ〜?

そうです。。。いけませんかァ〜?

(僕は唖然として言葉が続きません)


(foolw.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。

あなたも、「紐パンツ」のゴムで気に入った曲を演奏したいと思いますか?

ええっ。。。 「そんなことは、どうでもいいから、もっと他に面白い話しをしろ!」

あなたは、私に、そのような口調で命令するのですか?

分かりましたわ。。。 それではソプラノ歌手の高島一恵さんの次の歌を聴いてしみじみと泣いてくださいねぇ~。。。

 


(kazue01.jpg)

 

ええっ。。。 「歌は、もういいから、他にもっとも面白いことを話せ!」

あなたは、そのような命令口調で あたしに強要するのですかァ~?

分かりましたわ。。。

これまで、太田さんはデンマンさんに さんざ馬鹿にされたので

そのお返しをしたのですわァ。

だから、太田さんは次のサイトで抗議録を公開したのです!


(kogiroku9.png)

『実際の抗議録』

デンマン注:しかし太田将宏が上の抗議録を掲載したサイトは消滅してしまいました!

 

デンマンさんも上の抗議録を読んで ムキになって反論しています。

『嘘を書く日記』

 

太田さんはこれに対しては反論ができないのか、それ以降 無言で通しています。

でも、そのうち忘れた頃にまたコメントを書き込むかもしれません。。。

あなたは、どう思いますか?

とにかく、ネットには “めちゃキモい”人たちがウヨウヨしています。

太田将宏さんは、まだ良い方ですわ。

中には、まるで得意になって、愚かな事をして遊んでいる オツムの足りない人たちがたくさん居ます。

また、見かけは普通のブログでも、悪徳スパマーが手を変え品を変えて 悪徳サイトへ誘い込もうとしています。

スパムコメントで褒められると、ついついその気になって、

相手のブログへ飛んでゆき、お返しに、あるいはお礼にと思って

読者に登録してしまったりするものですわァ。

どうか スパマーの思う壺にはまらないでくださいね。

悪徳スパマーは悪徳サイトへ誘おうと

てぐすね引いて待っているのですから。。。

悪徳サイトを利用して、

メールアドレスで登録したりすると、

あなたのメールアドレスは第3者や第4者に売られてしまう危険性があります。

あなたは、そのようなスパム・コメントや 成りすましスパマーには

騙されないと思い込んでいるでしょう?

でもねぇ~、もしかすると騙されているかもよ。。。

とにかく気をつけてくださいね。

次回も、さらに面白い話題が続きます。

あなたも、どうか、また記事を読みに戻ってきてください。

では。。。


(hand.gif)

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『ちょっと心にぐっと来る動物物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』


(satomi02.jpg)

■ 『知らずの自分史』

■ 『新渡戸稲造と太田将宏』

■ 『ショーペンハウエルと太田将宏』

■ 『ホーキング博士と太田将宏』

■ 『加藤清正と太田将宏』

■ 『老人の性と太田将宏』

■ 『ノブレス・オブリージュと太田将宏』

■ 『世渡りの道と太田将宏』

■ 『フェアプレーと太田将宏』

■ 『ネット恋愛と太田将宏』

■ 『日本語と太田将宏』

■ 『坊主の袈裟と太田将宏』


(hokusai08.jpg)

■ 『葛飾北斎と太田将宏』

■ 『女の性的飢餓感』

■ 『敵に塩を送る』

■ 『虚構とウソ』

■ 『手紙と絶交』

■ 『短気は損気』

■ 『不思議な日本語』

■ 『乙女の祈りだわ』

■ 『自作自演じゃないよ』

■ 『マリリンdeアイドル』

■ 『マリリンに誘われて』

■ 『かい人21面相事件』

■ 『悪名と名声』

■ 『嘘を書く日記』

■ 『増長慢』

■ 『自然に耳を傾ける』

■ 『老人極楽クラブ』

■ 『伯母と叔母』

■ 『民主主義とロックンロール』

■ 『後奏曲集@危険』


(hooker08.gif)

■ 『女3人で姦しい』

■ 『クラシック鑑賞 1』

■ 『クラシック鑑賞 2』

■ 『クラシック鑑賞 3』

■ 『クラシック鑑賞 4』

■ 『クラシック鑑賞 5』

■ 『クラシック鑑賞 6』

■ 『クラシック鑑賞 7』

■ 『クラシック鑑賞 8』

■ 『クラシック鑑賞 9』

■ 『クラシック鑑賞 10』

■ 『クラシック鑑賞 11』

■ 『レゲエ@ジャマイカの夜』

■ 『クラシック鑑賞 12』

■ 『クラシック鑑賞 13』

■ 『クラシック鑑賞 14』


(yuri02.jpg)

■ 『クラシック鑑賞 15』

■ 『ヒルデガルトとジャンヌ・ダルク』

■ 『クラシック鑑賞 16』

■ 『クラシック@ルブリン』

■ 『田原総一郎と出版業界』

■ 『クラシック鑑賞 17』

■ 『ヒルデガルトと紫式部』

■ 『グールドとバッハ』

■ 『乙女の祈りと子猫のワルツ』

■ 『クラシック鑑賞 18』

■ 『クラシック鑑賞 19』

■ 『信じて跳べ』

■ 『クラシック鑑賞 20』

■ 『クラシック鑑賞 21』

■ 『クラシック鑑賞 22』


(yuri03.jpg)

■ 『愛と赦し』

■ 『テルミン』

■ 『ヘンデルと自殺』

■ 『バッハとビートルズ』

■ 『人生と偏差値』

■ 『サルトルと現実主義者』

■ 『政治について』

■ 『クラシック馬鹿とエロ松永』

■ 『ティンパニストの本』

■ 『男の美学』

■ 『バッハ・コレギウム・ジャパン』

■ 『中村紘子とワンワン』

■ 『字が汚い!』

■ 『美しき青きドナウ』

■ 『字が汚い人』

■ 『犬死@太田将宏』

■ 『官能的な音楽』

■ 『クラシックと民謡』

■ 『クラシックとじょんがら』

■ 『百姓と貴姓』

■ 『宇宙は永遠か?』

■ 『利口な女狐』

■ 『村上春樹 小説と音楽』

■ 『世界で一番悪い国』

■ 『クラシック 馬鹿の見本』

■ 『92歳のピアニスト』

■ 『カラヤンと高島一恵』

■ 『春の祭典』

■ 『バッハと後妻』

■ 『マーラーと妻』

■ 『ベートーヴェンの永遠の愛人』

■ 『バッハと後妻を探して』

■ 『乳牛にモーツアルト』

■ 『こんにちわ@ダブリン』

■ 『人生とは』

■ 『宇宙と意識』

■ 『量子コンピュータ』

■ 『ショパンのエチュード』


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

浜美枝ブログ

 

浜美枝ブログ

 


(eiffel12d.jpg)


(renge62d.jpg)


(merange12.jpg)

デンマンさん。。。、あんさんは、また浜美枝さんを取り上げはるのォ~?


(kato3.gif)

あきまへんかァ~。。。

かまへんけど、ちょっとくどいのとちゃう? いつから あんさんは浜美枝さんの熱狂的なファンになりはったん?

わては、別に 浜美枝さんの熱狂的なファンではあらへんでぇ~。。。

そやけど、あんさんは浜美枝ブログ を立ち上げはったのやろう?

いや。。。 わてが立ち上げたわけではあらへん。。。 ちょっと次のリストを見て欲しいねん。。。

 


(goo00310d.gif)


『拡大する』

『たこつぼ探し』

『大蛇が破裂』

『浜美枝@パリ』(PART 1)

 

これはGOOの わての「デンマンのブログ」のバンクーバー時間で3月10日の午前5時20分から午前11時32分までのリアルタイム アクセス棒グラフと日別・週別ランキングのリストやねん。。。 アクセス元ページ の4番に注目して欲しい。。。 

 


(goo00310d2.gif)

『浜美枝@パリ』(PART 1)

 

あらっ。。。 YAHOO!で「浜美枝ブログ」を入れて画像検索して『浜美枝@パリ』(PART 1)を読みはったネット市民がいたのやねぇ~。。。

そういうことやん。。。 実は、静岡市に住んでおる 浜田実 (はまだ みのる)君が読みはってん。。。

 


(ip24477b.gif)

 

。。。で、上のリストの4番のリンクをクリックすると、どないな検索結果が出てきよるん?

次のような結果になるねん。。。

 


(yah00311a.gif)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

つまり、浜田実君は、画像検索して「浜美枝ブログ」を探していたのやねぇ~。。。

そういうことやんかァ~。。。

。。。で、浜田君は赤枠で囲んである画像をクリックしやはったん?

 


(yah00311a2.gif)

 

そういうことやァ~。。。 すると次のページが出てきよる。。。

 


(yah00311b.gif)


『拡大する』

『浜美枝@パリ』(PART 1)

 

なるほどォ~。。。 浜田君は、上の画面のリンクをクリックして『浜美枝@パリ』(PART 1)を読みはったのやねぇ~。。。

そういうことやァ~。。。

。。。で、緑の枠で囲んだ画像をクリックすると どのページが出てきよるのォ~?

 


(yah00311a3.gif)

 

次の画面だ出てきよるねん。。。

 


(yah00311c.gif)


『拡大する』

『浜美枝の愛犬』(PART 1)

 

つまり、浜田君はセクシーなビキニ姿の浜美枝さんの写真をゲットするために、手っ取り早く「浜美枝ブログ」を探そうとしたわけやのねぇ~。。。

画像検索したことを含めて、そういうことやと わても思うでぇ~。。。

 


(hama05.jpg)

 

結局、浜田君は「浜美枝ブログ」を見つけやはったん?

「浜美枝ブログ」やあらへんけど、浜美枝さんの日記を見つけやはってん。。。

 


(hama07.gif)

『浜美枝ダイアリー』

 
 

見つけたのやけど、浜田君が思い描いたようなブログやないさかいにスルーしてしもうたのやがなァ~。。。

要するに、セクシーな写真が貼り出してないさかいに、浜田君がガッカリしてしもたのやねぇ~。。。

そういうことやァ~。。。

あんさんもスルーしやはったん?

いや。。。 わては興味深く読ませてもらったでぇ~。。。

ホンマかいなァ~?

ホンマやでぇ~。。。 わてはボンドガール・オタクやさかい。。。 (微笑)

 


(hama06b.jpg)


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。

デンマンさんがボンドガール・オタクだということを、あなたは信じられますかァ~?

ええっ。。。 「そんなことはどうでもいいから、何か もっとお面白い話をしろ!」

あなたは、そのような強い口調で、あたくしにご命令なさるのでござ~ますかァ?

分かりましたわ。。。

あなたは、結婚にやぶれたかもしれません。

でも、そんなに落ち込むことはないのですわよう。。。

なぜなら、あの有名なアインシュタインは次のように言ったのでござ~ますわァ。

結婚とは、ひとつの偶然から

永続的なものを作りだそうという、

成功するはずのない試みだ。


(einstein2.jpg)

—アルバート・アインシュタイン

分かるでしょう!

結婚は永続しないものでござ~♪~ますわァ。

だから、今晩も、近くの居酒屋によって一人でお酒を飲めば いいのでござ~ますわァ。

 

ええっ。。。? 「そのような、慰めはいいから、気晴らしに、もっと面白い話をしろ!」

あなたは、更に、あたくしにご命令なさるのでござ~♪~ますか?

分かりましたわァ。。。 では、ちょっと次の検索結果を見てくださいまし。。。

 


(gog60409a.png)

『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

「卑弥子 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわよう。

うふふふふふふ。。。

あなたも、ビックリするでしょう?

ジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわァ。

 


(buttdimp5.jpg)

 

どうでござ~ますかァ?

ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?

どうしてよう?

ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ~ますかァ~?

あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、

最後には上のようなおヌードになるのですわよう。

信じてくださいましなァ~。。。

ところで、話は変わりますけれど、

かつて、レンゲさんの親友の めれんげさんは 一生懸命にブログを更新していたのでした。

でも、時には、他のことに夢中になって、会費を滞納したことがあったのでござ~ますわァ。。。

そのために、サイトを削除されてしまったのです。

それでも、2013年の6月にライブドアで『即興の詩』サイトを再開しました。

めれんげさんの『即興の詩』サイト

再開して間もないのに 検索結果 3,960,000件中の 9位に躍り出るなんてすごいですよねぇ~。。。


(gog30703.gif)

『現時点での検索結果』

現在、めれんげさんは お休みしています。

でも、これからも、ブログを通して「愛のコラボ」を続けて欲しいですよねぇ~。。。

かつて めれんげさんの「即興の詩をはじめました!」の『極私的詩集』サイトは 次の検索結果で見るようにトップを占めていたのです。


(gog30928a.png)

また、ブログを更新して トップに返り咲いて欲しいものです。

ところで あなたは「どうしたら、上位に掲載されるのォ~?」と考えているかもしれません。

その秘訣を知りたかったらデンマンさんが面白い記事を書いていますわ。

次のリンクをクリックして読んでみてください。


(seo001.png)

『おばさんの下着に見るSEO』

話は変わりますけれど、めれんげさんは可愛い猫を飼っています。

あなたも、猫ちゃんを飼っていますか?

ええっ。。。 ワンワンちゃんを飼っているのですか?

そういえばデンマンさんが『ワンワンちゃん』という面白い記事を書いていました。

気が向いたら下のリンクをクリックして読んでみてください。


(dog202.jpg)

『ワンワンちゃん』

とにかく、次回も興味深い話題が続きます。

あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。

では、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事


(linger49.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(babdol6.jpg)

『死に誘われて』

『愛と心の構造なのね』

『愛の心が広まる』

『いとしき言霊』

『カミュを読みたい』

『日本の神話』

『素敵な人』

『吉祥天に恋をして』

『ウィルスアタックだ!』


(kimo911.jpg)

『めれちゃん、ありがとう!』

『萌える愛長歌』

『思い出のハロウィン』

『萌える愛』

『愛の死刑囚@バルセロナ』

『愛の地獄なのね』

『淫らな恋なのね』

『愛の構造』

『純毛のズロース』

『坊っちゃんとチンドン屋』

『あふれ出すしずく』


(renge37w.jpg)

『愛と性@破綻』

『淫らな恋』

『人間失格@マレーシア』

『身を焼く恋心』

『愛と性の悦び@東京』

『堺まち歩き』

『イギリス領インド洋地域』

『思い出の夕顔@ジャカルタ』

『大宮五郎と野口五郎』

『千代に再会@即興の詩』

『月岡芳年を探して』

『断絶夫婦』

『きみ追う心』


(sayuri201.jpg)

『ニンフォマニア』

『一人で酒を飲む女』

『ブチギレたの?』

『ノルウェイ@即興の詩』

『きくた まなみ』

『永遠の愛』

『平安の愛と性』

『猫に誘われて』

『わが青春に悔なし』

『日本で一番長い五月』


(rengfire.jpg)

『出会えてよかった』

『月さえも』

『知られざる蚤』

『死刑囚の気持ち』

『私を見つけてね』

『未来は愛と共に』

『愛と心の旅路』

『片思いで絶望』

『休息と幸福』

『今でもあなたを』

『出会えたね』


(renge62e.jpg)

『愛ある未来だね』

『愛のしずく』

『こんにちわ@チェシャム』

『二人の未来』

『熱いファン』

『夢の中』

『別世界』

『ソフィア@ビックリ』

『永遠の愛なの』

『幻想世界』

『リタリン』

『ファンタジー@愛と性』

『デンマン生態研究』

『スミレの花 阿部定』

『愛すること』

『浜美枝の愛犬』

『浜美枝@パリ』

『きみ慕う心』

『素敵な美尻』

『下つき上つき日本だけ』

『伊勢物語』


(june06.jpg)

こんにちはジューンです。

バンクーバーでは例年に無い暑さを記録しました。

1960年7月30日に記録した33.3度を破って

今年の7月30日に 33.8度を記録したのです。

でも、日本の暑さと比べれば

たいしたことはありませんよね。

Hottest Day Ever Recorded

in Vancouver

Source: The Canadian Press
Posted: 07/30/09 8:09AM
VANCOUVER, B.C.


(june08c.jpg)

The city of Vancouver has registered its hottest day on record.

Environment Canada says a temperature of 33.8 C was recorded at Vancouver airport on Wednesday, shattering the previous high of 33.3 C that was set in 1960.

“A very strong ridge of high pressure is currently dominating all of B.C.,” said Gary Dickinson, a meteorologist with Environment Canada.

“The ridge of high pressure also brought up from the south very warm air, which was responsible for the record-breaking temperatures.”

ところで、今日は8月7日ですけれど、

最高気温は18度でした。

夏というよりも、もう秋という感じです。

わずか1週間しか経っていないのですが

変われば変わるものです。

あなたの地方では、いかがですか?

まだまだ暑さが続いているのでしょう?


(valent1.gif)

話は変わりますが、

デンマンさんがレンゲさんの記事を集めて

一つにまとめました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

■ 『最近のレンゲ物語 特集』


(wildrose.jpg)

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。


(bikini84b.jpg)


(kissx.gif)

たこつぼ探し

 

たこつぼ探し

 


(lookanim.gif)


(seabot02.jpg)


(himiko92.jpg)


(himiko22b.gif)

デンマンさん。。。 たこつぼ探し ているのでござ~ますかァ~?


(kato3.gif)

。。。ん? 卑弥子さんは僕がたこつぼ探し ていると思ったのですか?

だってぇ~、タイトルを見れば誰だって、そう思いますわ。。。

たこつぼ探し ているのは僕ではありません。。。 ちょっと次のリストを見てください。。。

 


(goo00229d.gif)


『拡大する』

『ディスク最適化』

『ヒルデガルト』

『名器たこつぼ』

 

これはGOOの僕の「デンマンのブログ」の日本時間で2月29日の午前5時17分から午前11時17分までのアクセス棒グラフと日別・週別アクセスランキングのリストです。。。 アクセスされたページの4番を見てください。。。 

あらっ。。。 4 名器たこつぼ(PART 3 OF 3)を読んだネット市民がいたのですわねぇ~。。。

 


(seabot03.jpg)

『名器たこつぼ』(PART 3 OF 3)

 

実は、さいたま市に住んでいる下田亀雄君が読んだのですよ。。。

 


(ip2355b.gif)

 

女性が読むと、デンマンさんは美しい女性の写真を使うのに、男性の場合だと、どうでもいいようなイラストで済ませてしまうのですわねぇ~。。。

いけませんかァ~?

たまには素敵な男性の写真を貼り出して下さいなァ~。。。

たとえば。。。?

若い時のロバート・レッドフォードとか。。。。

 


(redford.jpg)

 

あれっ。。。 卑弥子さんロバート・レッドフォードの熱烈なファンなのですか?。。。

そうでござ~♪~ますわァ~。。。 うふふふふふふ。。。 ただし若い時のロバートですわ。。。 今のおじいさんのロバートは、ちょっと興ざめでざ~♪~ますゥ~。。。 うふふふふふ。。。 ところで、亀雄君はどのようにして記事を見つけたのでござ~ますかァ?

次のように検索したのです。。。

 


(gog00304c.gif)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

あらっ。。。 名器たこつぼ 卑弥子 と入れて検索したのですわねぇ~。。。

そうです。。。

つまり。。。、つまり。。。、名器たこつぼ と あたくしを名指しで指名して検索したのですわねぇ~。。。

その通りです。。。

もしかして。。。、もしかして。。。、あたくしが名器たこつぼを保有していることがネットで広まっているのでござ~ますか?

そうらしいのですよ。。。

いやだわあああああァ~。。。 デンマンさんが広めたのですわねぇ~!?

僕は決して卑弥子さんが名器たこつぼを保有しているなどとネットで広めたことはありません!

マジで。。。?

仏様、八幡様、お稲荷様、弁天様、それに お地蔵様に誓って嘘は申しません。。。 嘘だったら、僕に針を千本飲ませてもいいですよ!

じゃあ、いったい誰が、そのようなヤ~らしい事をネットで広めたのですかァ~?

卑弥子さんは忘れてしまったのですねぇ~?

あたくしが何を忘れた、とデンマンさんはおっしゃるのですかァ~?

実は、卑弥子さんが ワインを飲みすぎた時に浮かれたまま 次のように自分で広めたのですよ!

 

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。

あたくしは、別に“ヴィーナスのえくぼ”を広めているわけではないのでござ~ますわァ~。

でも、魅力的な あたくしのお尻が女性たちの目にも止まるのでしょうねぇ~。

うふふふふふふふ。。。

それで、デンマンさんの記事を読むことになるのですわァ~。。。

とにかく、ジムで汗を流して “ヴィーナスのえくぼ”をゲットできれば、

スタイルもよくなるのですわよう。。。


(curtain5.jpg)

いかがでござ~ますか?

でも。。。、でも。。。、“天は二物を与えず”と申します。。。

これほどスタイルが良くなったというのに、あたくしは未だに独身でござ~ますのォ。。。

世の中は、なかなか思うようにゆかないものですわァ~。。。

“ヴィーナスのえくぼ”と“名器”は関係あるのでござ~ましょうか?

あなたも知りたいでしょう?

デンマンさんが次の記事でお答えしていますわァ。

興味があったら読んでくださいまし。。。


(vinus010.jpg)

『名器たこつぼ』

 

ところで、あなたは『万夜一夜物語』を読んだことがござ~ますかァ~?

“千夜一夜物語”ではなくてぇ、“万夜一夜物語”ですわ。


(manya02.jpg)

『万夜一夜物語』

デンマンさんが書いたのでござ~ますわよう。

ええっ。。。 10,001の話が書かれているのかってぇ~。。。?

とにかく、上のリンクをクリックして読んでみてくださいませぇ~。。。

あなたも、絶対にビックリするようなお話が出てきますわァ。


『えくぼ@ヴィーナス』より
(2017年08月16日)

 

亀雄君は、この記事をかつて読んだことがあって、その時以来、卑弥子さんが名器たこつぼを保有しているに違いない! そう思い込んでしまったのですよ!

それで、久しぶりに思い出して検索したのですか?

その通りです。。。

なぜ。。。?

だから、亀雄君は、できれば卑弥子さんと付き合いたくなったのですよ。。。

どうして、デンマンさんはそのような事まで知っているのですか?

亀雄君がメールを寄越して、卑弥子さんと付き合える可能性があるかどうか問い合わせたのです。。。

信じられませんわァ~。。。

卑弥子さん。。。 いつまでも結婚しないでいるとおばあさんになってしまいますよ。。。 この辺で、いやだと思っても、亀雄君と付き合ったらいいではありませんかァ!

だいたい、名器たこつぼに目が眩んで あたくしを思い出したなんて 失礼ですわァ~。。。

でも、卑弥子さんが自分で上の記事のなかで独り言を言ったのですよ。。。 もとをただせば卑弥子さんが蒔(ま)いた種なのです。。。

分かりましたわ。。。 今晩一晩じっくりと考えて見ますわァ~。。。

そうしてください。。。


(foolw.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif) 

ですってぇ~。。。

物の本によると、「名器たこつぼ」というのは、

入り口の柔らかい膣壁が、ぢゅぽっと飲み込み竿を奥へと誘う。

張付く吸盤イボが、ぢゅぽぢゅぽ吸い付き竿を離さない。

中間部の絡み付くリング状のヒダ群がきゅっと締め付け、

絶倫バキュームが亀頭に吸い付き、ひっぱり出すように搾り取るのですってよう!

あなたが、もし、名器たこつぼ目当てに、付き合って欲しいと言われたどうしますかァ~?

ええっ。。。 「そんな事は、どうでもいいから、もっと他に面白い話をしろ!」

あなたは、そのように あたくしにご命令なさるのでござ~ますか?

いけすかないお方ァ~。。。

分かりましたわ。

じゃあ、話題を変えて 天の川の不思議に迫るクリップを お目にかけますわ。。。

 


(milkyway2.jpg)

 

どうでした?

ええっ。。。 「夜眠れなくなるから、そういう動画は見せるな! 気分直しに何か他に もっと面白いことを話せ!」

あなたは、あたくしに向かって、更にご命令なさるのでござ~ますか?

いけすかないお方ァ~。。。!

分かりましたわァ。。。 あなたが、そうおっしゃるのだったら、まずジューンさんの次の写真をご覧になってくださいまし。。。

 


(senya020b.jpg)

 

千夜一夜物語の衣装を着たジューンさんに魅せられて、女性に成りすます男性が たくさん居るのでござ~ますわァ!

ええっ。。。 信じられないのですかァ?

じゃあ、ちょっと次のYouTubeのクリップを見てくださいまし。。。

 


(xdress02.jpg)

 

いかがでござ~ますかァ~?

男性が女装していると思いますかァ?

あたくしは、素直に信じることができませんわァ~。。。

どうですかァ~? けっこうなものでしょう!?

いつまでも見とれていても仕方がありませんわよゥ。

あなたのために古代史の面白い記事を用意しました。

ぜひ お読みください。

では。。。

天武天皇と天智天皇は

同腹の兄弟ではなかった。 

天智天皇は暗殺された 

定慧出生の秘密 

藤原鎌足と長男・定慧 

渡来人とアイヌ人の連合王国

なぜ、蝦夷という名前なの?

平和を愛したアイヌ人

藤原鎌足と六韜

古事記より古い書物が

どうして残っていないの?

今、日本に住んでいる人は

日本人でないの?

マキアベリもビックリ、

藤原氏のバイブルとは?

とにかく、次回も興味深い記事が続きます。

だから、あなたも、また読みに戻ってきてください。

じゃあ、またねぇ~。。。


(hand.gif)

 

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』


(surfing9.gif)


(sayuri5.gif)

ところで、平成の紫式部こと、卑弥子さんは見かけによらず、京都の女子大学で腐女子に「日本文化と源氏物語」を講義している橘卑弥子・准教授という肩書きを持っています。

卑弥子さんの面白い話をもっと読みたい人は
下のリンクをクリックして読んでみてくださいね。


(miya08.jpg)

『麻生元総理』

『ネットのバカ女を捜して』

『額田王の歌』

『聖女と娼婦』

『済子女王@萌える』

『ん?堀内亜里?』

『松平春嶽が黒幕?』

『旅行者的早餐』

『なぜ蝦夷なの?』

『プリキュアとヒトラー』

『戦争絶対反対よね』

『怨霊の歴史』

『色欲@歴史』

『紫式部と敗戦』

『ラピスラズリと源氏物語』


(annasalleh.jpg)

『性と愛@古代史』

『仙台を離れて』

『美人とブス@大奥』

『絵の中のウソ』

『阿倍仲麻呂@ベトナム』

『バイクガール』

『六条御息所』

『卑弥子さんの大学』

『元寇と捕虜』

『マキアベリにビックリ』

『痴漢が心配』

『びた一文』

『卑弥子@ブカレスト』

『エロい源氏を探して』

『ラピスラズリの舟形杯』

『平成の紫式部』

『隠元豆と国性爺合戦』

『おばさんと呼ばれて』


(zurose2.jpg)

『女帝の平和』

『アタマにくる一言』

『悪女レオタード@昌原市』

『スウィートビーン』

『ガチで浦島太郎やし』

『ご苦労さま』

『デンマンのはなし』

『卑弥呼の墓』

『室生犀星と人間学』

『松平春嶽ダントツ』

『英語は3語で伝わる』

『くだらない物』

『漢字で体操』

『面白い漢字テスト』


(hama10.jpg)

『日本のエロい文化』

『女のオナラ』

『紫式部と宮本武蔵』

『頼朝の死の謎』

『パンツと戦争』

『海外美女 新着記事』

『日本語を作った男』

『江戸の敵を長崎で』

『芸術は尻だ』

『尻の芸術』

『左翼的な下着』

『エロい源氏』

『ネット市民は見ている』


(costa04b.jpg)

『朝妻船』

『阿修羅を探して』

『羅漢と良寛』

『源氏エロ』

『元寇船』

『ハマガソ』

『歴史ロマン@バンコク』

『平安のキス』

『大久保独裁政権』

『愛情ゲットの呪術』

『源氏物語とおばさん』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)


(byebye.gif)

1日アクセス->25489

 

1日アクセス->25489

 


(access91.jpg)


(lookanim.gif)


(goo00227d2.gif)


(question8.png)


(betty01.jpg)

あらっ。。。 アクセスが1日に25,489もあったのですか?


(kato3.gif)

そうなのですよ。。。 ちょっと次のリストを見てください。。。

 


(goo00227d.gif)


『拡大する』

『源氏物語とおばさん』

『漱石と虞美人草 』

『不倫と検索』(PART 2 OF 3)

 

あらっ。。。 マジで 25、489回 デンマンさんのブログの記事が読まれたということですわねぇ~。。。。

そういうことです。。。 でも、実際には 362人のネット市民がやって来ただけなのですよ。。。

この1週間では、最も少ない人数ですわねぇ~。。。

そういうことです。。。

。。。ということは、一人の人が 約25、000回アクセスしたということですか?

そういうことです。。。 でも、一人でアクセスしたと言うよりも、ネット市民の一人が記事をパクるためにパクリボットを走らせたのですよ!

 

インターネットボット

 


(bot001.jpg)

 

インターネットボット(Internet bot)は、インターネット上で自動化されたタスクを実行するアプリケーションソフトウェア。
Webボットあるいは単にボットとも呼ぶ。

一般に単純な繰り返しのタスクをこなし、そのようなタスクに関しては人間が手でやるよりも高速である。

ボットは主にクローラとして使われることが多く、人間の何倍もの速さでWebページを自動的に集め、その内容(情報)を分析して分類する。

Webサーバには robots.txt というファイルがあり、クローラが従うべき規則が書かれている。

その他にも、人間よりも高速な応答が要求される場面でボットが使われたり(ゲームやオークションなどでのボット利用)、まれに人間の活動をエミュレーションするのに使われたりする(会話ボットなど)。

 

不正目的のボット

不正な目的でのボット使用として、ネットワーク接続されたコンピュータへのDoS攻撃などの自動化された攻撃を行うものがある(ボットネット参照)。
フィッシングに利用される場合もあるし、最近ではオンラインゲームでも不正目的で使われている。
スパムを大量に流すボットを、特にスパムボットと呼ぶ。

不正目的のボットやボットネットには以下のような種類がある。

 


(bot003.jpg)

 

1.スパムボット – ホームページなどを巡回し、電子メールのアドレスを収集する。主にスパムメールに使用する為のもの。あるいは、電子掲示板やウェブログなどを巡回して、広告スパムを自動投稿するためのもの。

2.ダウンローダ – Webサイト全体をダウンロードしようとして回線容量を使い切る場合には不正目的となりうる。

3.Webサイトスクレイパー – フィッシングで使われるボットで、Webサイトの内容を盗用して偽物のサイトを作成する。

4.BOT – MMORPGなどのオンラインゲームで、苦労しないと手に入らないアイテムなどを得るため、あるいはリアルマネートレーディングに使用する為のゲーム内の通貨の大量確保のためにBOTを使用する者が見られ、オンラインゲームのゲームバランスを破壊する要因として問題視される存在となっている。

5.著作権侵害を捜索するボット – 著作権侵害を見つけた場合、その個人や企業を訴えるとして、金銭を恐喝あるいは詐取せしめることを目的にしている。

6.DDoS攻撃用ボット – 標的にしたホームページやウェブサーバに継続的に過剰な負荷を与えてダウンさせることを目的にしている。

7.ペニーオークションの落札を阻止するボット – ペニーオークションで容赦なく入札され、容易に落札させないことを目的にしている。

8.コンピュータウイルスとワーム

9.ボットネットなど

10.ダフ屋が転売目的のチケットを買い占めるためのボット


出典: 「インターネットボット」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

つまり、パクリボット というのは、ボットがデータや記事をパクるのですか?

そういうことです。。。

でも、どうして急にパクリボットを取り上げる気になったのですか?

あのねぇ~、バンクーバー市立図書館で借りていた本を読んでいたら次の箇所に出くわしたのですよ。。。

 

徹底的な監視をしていても

ロボットがデータを抜き取る

 


(amazon01.jpg)

 

セキュウリティ侵害にロボットが使われるケースもある。

とりわけ顧客と直接取引をするサイトをクロールしたり、スクレイピング(データの抜き取り)したりして、情報を盗み出すのにロボットが使われることが多い。

 

不自然に活動量岡の多いアカウントを見つけて閉鎖するためのシステムを導入するのは、データの安全性を確保するための優れた取り組みといえる。

 

たとえば1日24時間ログイン状態が続き、1秒おきにページを移動するというのは、およそ人間のすることではないだろう。

ロボットやそれを操る人は賢くなる一方なので、今ではそんなにわかりやすい行動はしなくなっている。

このイタチごっこのような状況を考えれば、不正なデータ・スクレイピングを探知するために機械学習を活用している会社の安全性評価は高くなるだろう。

 

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


237ページ
『アマゾノミクス データ・サイエンティストはこう考える』
著者: アンドレアス・ワイガンド 訳者: 土方奈美
2017年7月30日 第1刷発行
発行所: 株式会社 文藝春秋

 

つまり、デンマンさんのブログに1日に 25,000回もアクセスするのは、人間がするような動きではなく、あくまでもボットが記事をパクッているということですか?

そういうことですよ。。。

でも、何のために。。。?

だから、僕のブログのほとんどすべての記事をパクッたのですよ。。。

パクってどうしたのですか?

たとえば、記事を書くのが面倒だから、自分のサイトにパクった記事をコピペするのですよ。。。

それは、著作権侵害、盗用ですよねぇ~。。。

そうです。。。 ネット犯罪です。。。

実際に、そういうことをする悪徳業者がいるのですか?

いるのです。。。 たとえば次のサイトを見てください。。。

 


(kai91210a.gif)


『拡大する』

『実際の記事』

『パクッた元の記事』

『現実主義者 馬鹿の見本』

 

このサイトは海外旅行情報まとめサイトなのだけれど、全く関係ない記事『馬鹿の見本なのね』(PART 1)を 僕のEXBLOG のブログからからコピペして自分のサイトに載せているのですよ! 詳しいことは次の記事で読んでみてね。。。

 


(akutoku2.png)


(kai91210a2.gif)

『悪徳サイト』

 

この悪徳業者は実際に他のブロガーの記事もコピペして自分のサイトに掲載した。。。 海外旅行情報まとめサイト kaigai.orgと入れて検索すると、この悪徳業者のサイトのページが出てくる。。。

 


(gog00121b.gif)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

97,400件ヒットしますねぇ~。。。 この記事すべてが他のブロガーの記事を盗用して載せたものですか?

そういうことです。。。 だから、実際に検索結果のリンクをクリックすると、すべてが削除されてます。。。

要するに、悪事がバレて サービス・プロバイダーの管理人によってサイトが丸ごと削除されてしまったのですわねぇ~。。。

そうです。。。 やっぱり、悪事は露見するものですよ。。。でもねぇ~、悪徳業者はあとを絶たない。。。

あらっ。。。 また怪しい動きをキャッチしたのですか?

そうです。。。 次のリストを見てください。。。

 


(goo00124d.gif)


『拡大する』

『菊ちゃんと忍藩主』(PART 1)

『ジューンさんの従妹』

 

これは僕のGOOの「デンマンのブログ」の1月24日の午前5時16分から11時16分までの6時間のリアルタイムのアクセス棒グラフです。。。

午前5時20分から午前6時46分までのアクセスが異常ですわねぇ~。。。

そうです。。。 明らかにボットを使ってアクセスしているのですよ。。。

つまり、同じような悪徳業者がデンマンさんのブログの記事をパクッて自分のブログにコピペしたのですか?

そういうことです。。。 1月24日の赤丸で囲んだページ・ヴュー(PV)を見てください。。。。 ページにアクセスした回数(PV)が 7,550回です。。。

パクリボットがアクセスしたのですか?

そういうことです。。。 他の日と見比べれば、少なくともパクリボットが5、000回アクセスしているはずです。。。

今度は、どの悪徳業者が悪事を企んでいるのでしょうか?

遅かれ早かれ、悪事が露見しますよ。。。 その時、またその事で記事を書きます。。。


(laugh16.gif)

【ジューンの独り言】


(bare02b.gif)

ですってぇ~。。。

あなたも、パクリボットを走らせている愚か者がいることにビックリしましたか?

ええっ。。。 「そんなことは、どうでもいいから、もっと面白い話をしろ!」

あなたは、そのような命令口調で わたしに強要するのですか?

分かりましたわ。。。 では、次の画面を見てくださいなァ。。。

 


(xx70729b.png)

 

このような怪しげなYouTubeがあるのですわよう!

クリックすると次のようなヤ~らしサイトが現れます。

 


(xx70729c.png)

 

“あなたが登録したので請求書を送ります。”

という架空請求書が送られます。

とにかく、他人のブログをパクって、アダルトサイトに誘導して

金儲けを企む悪徳業者がたくさん居ます。

あなただけは、そのような悪徳業者に引っかからないようにしてくださいね。

ところで、悪徳業者の話は、怖いけれど面白いですよねぇ~。。。

でも、たまには、古代のお話も読んでみてください。

興味があったら、あなたも古代の謎に挑んでくださいねぇ~。。。

 


天武天皇と天智天皇は

同腹の兄弟ではなかった。 

天智天皇は暗殺された 

定慧出生の秘密 

藤原鎌足と長男・定慧 

渡来人とアイヌ人の連合王国

なぜ、蝦夷という名前なの?

平和を愛したアイヌ人

藤原鎌足と六韜

古事記より古い書物が

どうして残っていないの?

今、日本に住んでいる人は

日本人でないの?

マキアベリもビックリ、

藤原氏のバイブルとは?

ところで、他にも面白い記事がたくさんあります。

興味のある方は次の記事も読んでみてくださいね。


(sylvie500.jpg)


『角さんと原発と天罰(2013年1月5日)』

『真紀子落選(2013年1月14日)』

『野火(2013年1月18日)』

『タイタニックと国際化(2013年2月1日)』

『宮澤理恵@Macao(2013年2月28日)』


(sunwind2.gif)

『チョコレートと軍産複合体』

『チョコレートと甘い権力』

『CIAの黒い糸』

『美しい日本語再び』

『宮沢りえブーム?』

『また、宮沢りえ?』

『浅間山噴火とフランス革命』

『なぜアクセスが急増したの?』

『気になる検索ワード』

『なぜ塩野七生批判』

『その検査、ムカつく!』

『宮沢りえと床上手な女』

『MH370ミステリー』

『なぜ死刑廃止?』

『真犯人はそこにいる』

『MH370ミステリー裏話』

『お裁きを信じますから』

『ジャルパックと国際化』

『古代ローマのセックス』


(nopan05.png)

『CIAとノーパン』

『エロいローマ再び』

『エロいけれどためになる話』

『えろあくにめ温泉』

『エロいけれどためになる』

『地球上のネット普及率』

『原発はダメだったのに』

『スカートをはいた兵隊』

『行田シンドローム』

『幻の暴走機関車』

『CIA@NOパンツ』

『エリュトゥラー海案内記』

『IPアドレスの謎』


(ext200.jpg)

『地球外生物』

『パスカルの悩み』

『めっちゃアクセス』

『ミラーサイトで金儲け』

『5,216 アクセス!』

『信じられない!』

『アクセス急増!』

『エルテス記事判定』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に
ネットサーフィンしましょう。
じゃあね。バーィ。


(hand.gif)



(spacer.png+betty5de.gif)
(hiroy2.png+betty5d.gif)
『スパマー HIRO 中野 悪徳業者』

 


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)

『卑弥子の源氏物語』

『平成の紫式部』

■ めれんげさんの『即興の詩』

■ めれんげさんの『極私的詩集』

Jagel - Soft Japanese Bagel
(bagel702.jpg)

■ “JAGEL – Soft Japanese Bagel”


(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(beach02.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(rengfire.jpg)


(byebye.gif)

ヒルデガルト

 

ヒルデガルト

 


(hilde01.jpg)


(lublin03b.jpg)


(ireba03.jpg)


(laugh16.gif)


(ohta03.png)

デンマンさん。。。、どうして急にヒルデガルトを持ち出してきたのですか?


(kato3.gif)

知りたい?

当たり前でしょう! オイラを呼び出しておいて、「知りたい?」はないでしょう! 余計な事は言わないでいいですから、手短に説明してくださいよう!。。。

オマエが、そう言うのだったら、まず次のリストを見て欲しい。。。

 


(goo00222d.gif)


『拡大する』

『お開きって英語で』

『アホの再来』

『ヒルデガルトとジャンヌ・ダルク』

 

これはGOOの僕の「デンマンのブログ」の2月22日の午前5時22分から午前11時22分までの6時間のリアルタイムの棒グラフと日別・週別ランキングのリストなんだよ。。。 アクセスされたページ の赤枠で囲んだ4番に注目して欲しい。。。

あれっ。。。 4 ヒルデガルトとジャンヌ・ダルク (PART 1) を読んだネット市民がいたのですねぇ~。。。

 


(hilde02.jpg)


(jeanne2.jpg)

『ヒルデガルトとジャンヌ・ダルク』

 

そういうことなんだよ。。。 上の記事を読んだネット市民がいたのだよ! 僕が読んだわけじゃない。。。

どなたが読んだのですか?

実は、『クラシック@ルブリン』の記事の中で紹介されている ポーランドのルブリン市に住んでいる梁瀬 香織(やなせ かおり)さんが読んだのだよ。

 


(ip2613b.png)

 


『クラシック@ルブリン』

 

でも。。。、でも。。。、『クラシック@ルブリン』で紹介されてる香織さんが、どういうわけで『ヒルデガルトとジャンヌ・ダルク』を読んだのですか?

『クラシック@ルブリン』の中にも書いてあるけれど、香織さんはヒルデガルトの記事を読んだこともある。。。 たまたま埼玉県の実家に帰省していた時に、もしかしてヒルデガルトとジャンヌダルクは何か関わりがあるのではないか? そう思って次のように検索したのだよ。。。

 


(gog00226b.gif)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

ヒルデガルトとジャンヌダルクは、全く違う時代、違う国で誕生し育ったのに、香織さんは どういうわけで二人の間に 何か関わりがあると思ったのですか?

確かに、ヒルデガルトとジャンヌダルクは、全く違う時代、違う国で誕生し育った。。。 オマエの言うとおりだよ。。。 ところで、日本人でジャンヌダルクを知らない人は、まずいないと思う。。。 知らなかったら、中学卒業ぐらいの教養しかないと思われてしまう。。。 

でしょうねぇ~。。。

日本人でヒルデガルトを知らない人は、かなり多いと思う。。。 僕も日本に住んでいた時には知らなかった。。。 でも、ヨーロッパに住んで、キリスト教を信仰し、音楽に関心があったら、ヒルデガルトの事を知っていると思う。。。 香織さんは、ポーランドで暮らしていた経験があるし、キリスト教会に属しているし、音楽関連の仕事をしているので、常識的にヒルデガルトを知っていた。

オイラも知っていましたよ。。。

オマエは、ヨーロッパで暮らしたことはないけれど、若い頃 キリスト教会に通っていたことがある。。。 しかも、クラシック・オタクという珍しい趣味を持っている。

でも、香織さんがヒルデガルトとジャンヌダルクを関連付けたものは何ですか?

キリスト教だと思う。。。 香織さんもキリスト教信者なのだよ。。。

。。。で、『ヒルデガルトとジャンヌ・ダルク』を読んで、香織さんは、何か納得するものをゲットしたのですか?

もちろんだよ。。。 次の箇所を読んで納得するものがあったのだよ。。。

 


(geo80425.png)

 

ここでちょっと質問です。
西暦1500年までのキリスト教ヨーロッパで ジャンヌ・ダルク以外の歴史上の女性の名前を知ってますか?

現在でも話題に出るような人物です。
いかがですか?

私ならビンゲンのヒルデガルトの名前を挙げるでしょう。

 


(hilde02.jpg)

 

ヒルデガルト・フォン・ビンゲン

またはビンゲンのヒルデガルト

(独: Hildegard von Bingen)

(ユリウス暦1098年 – ユリウス暦1179年9月17日)

 

中世ドイツのベネディクト会系女子修道院長であり神秘家、作曲家。
史上4人目の女性の教会博士。

神秘家であり、40歳頃に「生ける光の影」(umbra viventis lucis)の幻視体験(visio)をし、女預言者とみなされた。
50歳頃、ビンゲンにて自分の女子修道院を作る。
自己体験を書と絵に残した。

医学・薬草学に強く、ドイツ薬草学の祖とされる。
彼女の薬草学の書は、20世紀の第二次世界大戦時にオーストリアの軍医ヘルツカ(Gottfried Hertzka)により再発見された。
才能に恵まれ、神学者、説教者である他、宗教劇の作家、伝記作家、言語学者、詩人であり、

また古代ローマ時代以降最初(ギリシア時代に数名が知られる)の女性作曲家とされ、近年グレゴリオ聖歌と並んで頻繁に演奏されCD化されている。
神秘主義的な目的のために使われたリングア・イグノタという言語も考案した。
中世ヨーロッパ最大の賢女とも言われる。


出典: 「ヒルデガルト・フォン・ビンゲン」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

後にクラシック音楽となるものを多く編纂した12世紀の作曲家です。

十代の勇女ジャンヌ・ダルクは殉教者として亡くなったのですが、ジャンヌを主人公にした映画やテレビ番組に対して ビンゲンのヒルデガルトを主人公にした映画やテレビ番組は、どれくらい制作されたでしょうか?

私の知る限り、ビンゲンのヒルデガルトの場合は1つか2つ。

それに対してジャンヌ・ダルクの場合は63もの映画やテレビ番組が作られました。

もしジャンヌ・ダルクの永続的な魅力を説明しなければならないとしたら、それは何でしょうか?
神の啓示を受けたとして剣を取り、無気力な貴族に成り代わってイングランドとの戦いに参加した使命感と勇気でしょうか?
それとも、カトリック教徒の仲間に裏切られ、生きたまま火に焼かれたからでしょか?

歴史的に何が記録されたかではなく、どのように記録されたかということを知るために、上の質問に答えることは私たちにとって有意義だと思います。
次のように言う人がいるかもしれません。
ジャンヌ・ダルクは性的暴力の象徴として記憶されていると。 
つまり、若いジャンヌは一時的に彼女の勇敢さのために理想化されながら、それは長くは続かずに【一部の人たちの怨嗟と妬(ねた)み嫉(そね)みの対象にされ】拷問されて死んでいったのです。

“ジャンネッテ:ジャンヌ・ダルクの少女時代”という映画は、グロテスクな処刑を描いたものではなく、百年戦争の最中、1425年に始まります。

 


(joan01.jpg)

 

有名な神からの啓示の場面は、彼女の父親の庭ではなくフランス北部の藪の生い茂ったビーチで見られる。

そこで、13歳のジャンネッテ(リセ・レプラット・プルドームによって演じられる)が、未来の聖者であるキャサリンとマルガリータ(双子のアイリーンとエリーズ・チャールズによって演じられる)が浅い小川のそばの木に現れるのを目撃する。

 


(joan02.jpg)

 

ジャンネッテはイギリスという“足かせ”から自由になることを誓う。
そして決意を歌にこめる。
それがシナリオライター兼監督のブルーノ・デュモン氏の考えです。
デュモン氏はアマチュアの俳優を使い、起こりそうもないイベントについて奇抜なミュージカルを制作するのが専門です。

この映画では、チャールズ・ペグイによる100年前の演劇からの対話を髣髴(ほうふつ)とさせる台詞(せりふ)を書き加えている。
その台詞はイゴールと呼ばれる作曲家の驚くほど折衷的な音楽と共に語られる。

観客は電子ドラムとドゥームメタル(ヘヴィメタルのサブジャンル)の陰鬱なパワーに圧倒されるでしょう。
そして、観客は葬式に流れるメロディーやエクソシストも驚くような奇妙な振り付けが、この映画に役立つのだろうかと考えさせられるでしょう。

ちょっと長めの100分の映画の半分ほど進んだあたりで、主役の少女は年をとったジャンヌ・ヴォヤゼンによって演じられるジャンヌと入れ替わる。

 


(joan03.jpg)

 

この年を取った方のジャンヌは自然な演技でスクリーンに登場する。
その歌声は強くしっかりしている。

音楽は、彼女が彼女の最高の仲間(ヴィクトリア・ルファーブル)とアカペラを歌ったときに最も効果を発揮する。
彼らは、イギリス人とフランス人の間にある些細な倫理的、宗教的な違いについて言い合う。
でも、それは根拠のないゴシップに過ぎないのだが。。。

しかし、まもなく白熱した議論になってゆく。
確かに、目を惹く画像がいくつかありますが、デュモン氏がビンゲンのヒルデガルトの音楽を取り入れなかったのは残念です。

(デンマン訳)

赤字はデンマンが強調。


SOURCE: “Doom metal Jeannette leaves us in the d’Arc”
(デジタル版)

 

上の小文を読んで、香織さんは何をゲットしたのですか?

だから、ヨーロッパに住んでキリスト教を信じている人であれば、ヒルデガルトとジャンヌダルクは、日本で言えば、細川ガラシャ夫人と紫式部ぐらいに身近な存在だ、と香織さんは思ったのだよ。。。

 


(murasa03.jpg)


(garasha2.jpg)


(laugh16.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。

あなたも、ヒルデガルトとジャンヌダルクは、日本で言えば、細川ガラシャ夫人と紫式部ぐらいに身近な存在だと思いますか?

「ええっ。。。 そんな事は、どうでもいいから、他にもっと面白い話をしろ!」

あなたは、そのように私に強要するのですか?

分かりましたわ。。。 では、話題を変えます。。。

これまで、デンマンさんは太田さんについて

ずいぶんと記事を書いてネット上にアップしたので、

太田さんも次のサイトで抗議録を公開したのです!


(kogiroku9.png)

『実際の抗議録』

デンマン注:しかし太田将宏が上の抗議録を掲載したサイトは消滅してしまいました!

 

デンマンさんも上の抗議録を読んで ムキになって反論しています。

『嘘を書く日記』

 

太田さんは、これに対しては反論ができないのか、それ以降 無言で通しています。

でも、そのうち 忘れた頃にまたコメントを書き込むかもしれません。。。

あなたは、どう思いますか?

とにかく、ネットには “めちゃキモい”人たちがウヨウヨしています。

太田将宏さんは、まだ良い方ですわ。

中には、まるで得意になって、愚かな事をして遊んでいる オツムの足りない人たちがたくさん居ます。

また、見かけは普通のブログでも、悪徳スパマーが手を変え品を変えて 悪徳サイトへ誘い込もうとしています。

スパムコメントで褒められると、ついついその気になって、

相手のブログへ飛んでゆき、お返しに、あるいはお礼にと思って

読者に登録してしまったりするものですわァ。

どうか スパマーの思う壺にはまらないでくださいね。

悪徳スパマーは悪徳サイトへ誘おうと

てぐすね引いて待っているのですから。。。

悪徳サイトを利用して、

メールアドレスで登録したりすると、

あなたのメールアドレスは第3者や第4者に売られてしまう危険性があります。

あなたは、そのようなスパム・コメントや 成りすましスパマーには

騙されないと思い込んでいるでしょう?

でもねぇ~、もしかすると騙されているかもよ。。。

とにかく気をつけてくださいね。

次回も、さらに面白い話題が続きます。

あなたも、どうか、また記事を読みに戻ってきてください。

では。。。


(hand.gif)

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『ちょっと心にぐっと来る動物物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』


(hooker08.gif)

■ 『女3人で姦しい』

■ 『クラシック鑑賞 1』

■ 『クラシック鑑賞 2』

■ 『クラシック鑑賞 3』

■ 『クラシック鑑賞 4』

■ 『クラシック鑑賞 5』

■ 『クラシック鑑賞 6』

■ 『クラシック鑑賞 7』

■ 『クラシック鑑賞 8』

■ 『クラシック鑑賞 9』

■ 『クラシック鑑賞 10』

■ 『クラシック鑑賞 11』

■ 『レゲエ@ジャマイカの夜』

■ 『クラシック鑑賞 12』

■ 『クラシック鑑賞 13』

■ 『クラシック鑑賞 14』


(yuri02.jpg)

■ 『クラシック鑑賞 15』

■ 『ヒルデガルトとジャンヌ・ダルク』

■ 『クラシック鑑賞 16』

■ 『クラシック@ルブリン』

■ 『田原総一郎と出版業界』

■ 『クラシック鑑賞 17』

■ 『ヒルデガルトと紫式部』

■ 『グールドとバッハ』

■ 『乙女の祈りと子猫のワルツ』

■ 『クラシック鑑賞 18』

■ 『クラシック鑑賞 19』

■ 『信じて跳べ』

■ 『クラシック鑑賞 20』

■ 『クラシック鑑賞 21』

■ 『クラシック鑑賞 22』


(yuri03.jpg)

■ 『愛と赦し』

■ 『テルミン』

■ 『ヘンデルと自殺』

■ 『バッハとビートルズ』

■ 『人生と偏差値』

■ 『サルトルと現実主義者』

■ 『政治について』

■ 『クラシック馬鹿とエロ松永』

■ 『ティンパニストの本』

■ 『男の美学』

■ 『バッハ・コレギウム・ジャパン』

■ 『中村紘子とワンワン』


(satomi02.jpg)

■ 『字が汚い!』

■ 『美しき青きドナウ』

■ 『字が汚い人』

■ 『犬死@太田将宏』

■ 『官能的な音楽』

■ 『クラシックと民謡』

■ 『クラシックとじょんがら』

■ 『百姓と貴姓』

■ 『宇宙は永遠か?』

■ 『利口な女狐』

■ 『村上春樹 小説と音楽』

■ 『世界で一番悪い国』

■ 『クラシック 馬鹿の見本』

■ 『92歳のピアニスト』


(hokusai08.jpg)

■ 『カラヤンと高島一恵』

■ 『春の祭典』

■ 『バッハと後妻』

■ 『マーラーと妻』

■ 『ベートーヴェンの永遠の愛人』

■ 『バッハと後妻を探して』

■ 『乳牛にモーツアルト』

■ 『こんにちわ@ダブリン』

■ 『人生とは』

■ 『宇宙と意識』

■ 『量子コンピュータ』

■ 『ショパンのエチュード』

■ 『エチュードの思い出』

■ 『28歳で夭折』

■ 『タンパク音楽』

■ 『AIは実現可能か?』

■ 『第3次AIブーム』

■ 『ショスタコーヴィチ』

■ 『親愛なる太田将宏』


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

親愛なる太田将宏

 

親愛なる太田将宏

 


(foolw.gif)


(ireba03.jpg)


(laugh16.gif)


(ohta03.png)

デンマンさん。。。、ついにオイラに対して親愛と尊敬の気持ちを持つようになったのですか?


(kato3.gif)

。。。ん? 僕がオマエに対して親愛と尊敬の気持ちを持つようになったァ~。。。

そうですよ。。。 タイトルにそう書いてあるじゃありませんかア!

あのさァ~、確かにタイトルには親愛なる太田将宏と書いてある。。。 でも、それは僕の気持ちが反映されているわけじゃないのだよ。。。

じゃあ、誰の気持ちが反映されているのですかァ~?

ちょっと次のリストを見て欲しい。。。

 


(goo00218d.gif)


『拡大する』

『未開人と文明人』

『あなただけ残す目』

『親愛なる将宏ちゃんへ』

 

これはGOOの僕の「デンマンのブログ」の2月18日の午前5時44分から午前11時44分までの6時間のリアルタイムの棒グラフと日別・週別ランキングのリストなんだよ。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目して欲しい。。。

あれっ。。。 『親愛なる将宏ちゃんへ』を読んだネット市民がいたのですねぇ~。。。

 


(hisashiburi.jpg)

『親愛なる将宏ちゃんへ』

 

そういうことなんだよ。。。 上の記事を読んだネット市民がいたのだよ! 僕が読んだわけじゃない。。。

どなたが読んだのですか?

実は、『タンパク質の音楽』を読んだ福岡市に住んでいる南条由香里さんが読んだのだよ。

 


(ip25213b2.gif)

 


『タンパク音楽』

『タンパク質の音楽』

 

でも。。。、でも。。。、『タンパク質の音楽』を読んだ南条由香里さんが、どういうわけで『親愛なる将宏ちゃんへ』を読んだのですか?

由香里さんは、『タンパク質の音楽』を読んで、そのページの下の方にあるリンクをクリックして、さらに記事を読んだのだよ。。。 そして、オマエがたくさんのクラシックの記事を書いていることを知った。。。

それで、オイラが書いた記事に興味を持ったのですか?

そういうことなんだよ。。。 それで次のように検索した。。。

 


(gog00218a.gif)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

由香里さんが 太田将宏 を入れて検索すると上のような結果になった。。。 それで、由香里さんは赤枠で囲まれたリンクをクリックしたのだよ。。。

すると、どのページが出てくるのですか?

次のページが表示される。

 


(gooohta.gif)


『拡大する』

『実際のページ』

 

つまり、オイラが義兄(V.T.)に成りすまして書いたかどうか? それを確かめるために由香里さんは『親愛なる将宏ちゃんへ』をクリックして読んだということですか?

そういうことだよ。。。 すると次のように書いてあった。

 

Epilogue:

<世界>の中の心ある人への提案があるのです。

この加藤氏がでっち上げた下品で不潔なBLOGを皆様と一緒に、お互いに協力して浄化しませんか。

よろしければ、私の本を提供しても良いのですが、

私の本をご希望の方に私からの三つほどの条件があります。

この加藤氏のBLOGに貴方(女)の自己紹介を書いて下さい。

学歴や職歴が書いてあっても良いのですが、それよりもまず、

ご自身そのものを飾らずに表現した文章を望みます。

そして、最後に貴方(女)のE-MailのAddressを記してください。

そして、私のE-Mailには、直接返信をしないで、このBLOGに書いてください。

何を遠慮する事がありましょう。このBLOGは、<世界>に発信、

公開されている、との事ですから有効に使いましょうよ。


『明ちゃんのお目ざ。。。』より

 

よろしければ、私の本を提供しても良いのですと書いてあるので、由香里さんはその気になって、上のリンクをクリックしたのだよ。

由香里さんはマジでオイラの本をゲットしようという強い意思を持ったのですか?

そうなんだよ! もともとオマエのクラシックの記事を読んで、「ずいぶんとクラシックに詳しい方だ!」と思ったそうだよ。

マジですかァ~!? うれしいなああああァ~! ここで、あの「現実主義者」と自称する男のようにスキップして喜んでもいいですかァ~?

 


(fool940.jpg)


(fool911d.jpg)


(fool902.jpg)


(fool911.jpg)

『現実主義者 馬鹿の見本』


(smilejp.gif)

 

お願いだから、それだけは止めて欲しい! 今日は格調高くこの記事を終わらせようと思うから。。。

分かりました。。。 で、由香里さんは自己紹介を書き込んでくれたのですか?

ところが、由香里さんが上の記事のリンクをクリックしたら次の画面が出てきた。

 


(lycosx.gif)

 

オマエは、ブログだと思い込んでいるけれど、これは音楽専用の掲示板だったのだよ。。。

つまり、削除されてしまったのですか?

いや。。。 削除されたのじゃなくて、イギリスにある掲示板のサービスが終了したのだよ。。。 だから、もう、その掲示板のサイトはない!

それで、由香里さんはどうしたのですか?

僕にメールを寄越したのだよ。。。 だから、僕は次のような返事を書いた!

 

南条由香里様

 

折り返しお答えいたします。

太田さんは「よろしければ、私の本を提供しても良いのです」と書いておりますが、実は、「本」ではりません。

彼がネット上に掲載したAdobe社のPDF(Portable Document Format)形式のファイルのことです。

もちろん、それを印刷して製本すれば「本」になりますが、彼は上のファイルのことを個人的に「本」と呼んでいます。

残念ながら、彼がネット上に公開したファイルは、彼が会費を払うことを停止したために、現在削除されております。

http://www.varioustheses.com/LesPreludesvol.1.pdf

上のURLは彼の『前奏曲集』ですが、ブラウザの小窓に入力してクリックしてみれば判ると思いますが、ファイルは削除されております。

太田さんの記事に関心があるならば、次のサイトを試してください。

 


(music987.jpg)

Denman Blog2

 

この上のサイトの右側のサイド・バーの下の方に音楽鑑賞というカテゴリーがあります。

ここに太田さんの許可を得て彼のクラシックの記事を多数掲載しています。

 

音楽鑑賞

 

■こんにちわ@ダブリン

■ん? クラシックと津軽じょんがら節?

■エチュードの思い出

■カセットの音楽をPCで残したい

■カラヤンと高島一恵

■クラシック@ルブリン

■クラシックとじょんがら

■クラシックと民謡

■クラシック鑑賞 1

■クラシック鑑賞 10

■クラシック鑑賞 11

■クラシック鑑賞 12

■クラシック鑑賞 13

■クラシック鑑賞 14

■クラシック鑑賞 15

■クラシック鑑賞 16

■クラシック鑑賞 17

■クラシック鑑賞 18

■クラシック鑑賞 19

■クラシック鑑賞 2

■クラシック鑑賞 20

■クラシック鑑賞 21

■クラシック鑑賞 22

■クラシック鑑賞 3

■クラシック鑑賞 4

■クラシック鑑賞 5

■クラシック鑑賞 6

■クラシック鑑賞 7

■クラシック鑑賞 8

■クラシック鑑賞 9

■グルーヴ

■グールドとバッハ

■サルトルと現実主義者

■ショスタコーヴィチ

■ショパンのエチュード

■スミレの花咲く頃

■タンパク音楽

■ティンパニストの本

■テルミン

■バッハとビートルズ

■バッハと後妻

■バッハ・コレギウム・ジャパン

■ヒルデガルトと紫式部

■ヘンデルと自殺

■ベートーヴェンの永遠の愛人

■ポップス@蕎麦屋

■マーラーと妻

■ヨッパライが帰ってきた

■レゲエ@ジャマイカの夜

■中村紘子とワンワン

■乙女の祈りと子猫のワルツ

■乳牛にモーツアルト

■人生と偏差値

■利口な女狐

■官能的な音楽

■定禅寺ジャズ

■愛と赦し

■春の祭典

■村上春樹 小説と音楽

■男の美学

■結婚行進曲と六条の御息所

■美しき青きドナウ

■28歳で夭折

■92歳のピアニスト

 

僕の知る限り、他のサイトで彼のクラシックの記事を掲載しているサイトはありません。

以上。

 

デンマンより

 

デンマンさん、ありがとうございます。。。 オイラのために ここまでしてくれるとは思いませんでした。。。

オマエとも長い付き合いになるからねぇ~。。。


(laugh16.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。

あなたも、太田さんの曲集を読んでみてはいかがですか?

「ええっ。。。 そんな事は、どうでもいいから、他にもっと面白い話をしろ!」

あなたは、そのように私に強要するのですか?

分かりましたわ。。。 では、話題を変えます。。。

これまで、デンマンさんは太田さんについて

ずいぶんと記事を書いてネット上にアップしたので、

太田さんも次のサイトで抗議録を公開したのです!


(kogiroku9.png)

『実際の抗議録』

デンマン注:しかし太田将宏が上の抗議録を掲載したサイトは消滅してしまいました!

 

デンマンさんも上の抗議録を読んで ムキになって反論しています。

『嘘を書く日記』

 

太田さんは、これに対しては反論ができないのか、それ以降 無言で通しています。

でも、そのうち 忘れた頃にまたコメントを書き込むかもしれません。。。

あなたは、どう思いますか?

とにかく、ネットには “めちゃキモい”人たちがウヨウヨしています。

太田将宏さんは、まだ良い方ですわ。

中には、まるで得意になって、愚かな事をして遊んでいる オツムの足りない人たちがたくさん居ます。

また、見かけは普通のブログでも、悪徳スパマーが手を変え品を変えて 悪徳サイトへ誘い込もうとしています。

スパムコメントで褒められると、ついついその気になって、

相手のブログへ飛んでゆき、お返しに、あるいはお礼にと思って

読者に登録してしまったりするものですわァ。

どうか スパマーの思う壺にはまらないでくださいね。

悪徳スパマーは悪徳サイトへ誘おうと

てぐすね引いて待っているのですから。。。

悪徳サイトを利用して、

メールアドレスで登録したりすると、

あなたのメールアドレスは第3者や第4者に売られてしまう危険性があります。

あなたは、そのようなスパム・コメントや 成りすましスパマーには

騙されないと思い込んでいるでしょう?

でもねぇ~、もしかすると騙されているかもよ。。。

とにかく気をつけてくださいね。

次回も、さらに面白い話題が続きます。

あなたも、どうか、また記事を読みに戻ってきてください。

では。。。


(hand.gif)

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『ちょっと心にぐっと来る動物物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』


(hooker08.gif)

■ 『女3人で姦しい』

■ 『クラシック鑑賞 1』

■ 『クラシック鑑賞 2』

■ 『クラシック鑑賞 3』

■ 『クラシック鑑賞 4』

■ 『クラシック鑑賞 5』

■ 『クラシック鑑賞 6』

■ 『クラシック鑑賞 7』

■ 『クラシック鑑賞 8』

■ 『クラシック鑑賞 9』

■ 『クラシック鑑賞 10』

■ 『クラシック鑑賞 11』

■ 『レゲエ@ジャマイカの夜』

■ 『クラシック鑑賞 12』

■ 『クラシック鑑賞 13』

■ 『クラシック鑑賞 14』


(yuri02.jpg)

■ 『クラシック鑑賞 15』

■ 『ヒルデガルトとジャンヌ・ダルク』

■ 『クラシック鑑賞 16』

■ 『クラシック@ルブリン』

■ 『田原総一郎と出版業界』

■ 『クラシック鑑賞 17』

■ 『ヒルデガルトと紫式部』

■ 『グールドとバッハ』

■ 『乙女の祈りと子猫のワルツ』

■ 『クラシック鑑賞 18』

■ 『クラシック鑑賞 19』

■ 『信じて跳べ』

■ 『クラシック鑑賞 20』

■ 『クラシック鑑賞 21』

■ 『クラシック鑑賞 22』


(yuri03.jpg)

■ 『愛と赦し』

■ 『テルミン』

■ 『ヘンデルと自殺』

■ 『バッハとビートルズ』

■ 『人生と偏差値』

■ 『サルトルと現実主義者』

■ 『政治について』

■ 『クラシック馬鹿とエロ松永』

■ 『ティンパニストの本』

■ 『男の美学』

■ 『バッハ・コレギウム・ジャパン』

■ 『中村紘子とワンワン』


(satomi02.jpg)

■ 『字が汚い!』

■ 『美しき青きドナウ』

■ 『字が汚い人』

■ 『犬死@太田将宏』

■ 『官能的な音楽』

■ 『クラシックと民謡』

■ 『クラシックとじょんがら』

■ 『百姓と貴姓』

■ 『宇宙は永遠か?』

■ 『利口な女狐』

■ 『村上春樹 小説と音楽』

■ 『世界で一番悪い国』

■ 『クラシック 馬鹿の見本』

■ 『92歳のピアニスト』


(hokusai08.jpg)

■ 『カラヤンと高島一恵』

■ 『春の祭典』

■ 『バッハと後妻』

■ 『マーラーと妻』

■ 『ベートーヴェンの永遠の愛人』

■ 『バッハと後妻を探して』

■ 『乳牛にモーツアルト』

■ 『こんにちわ@ダブリン』

■ 『人生とは』

■ 『宇宙と意識』

■ 『量子コンピュータ』

■ 『ショパンのエチュード』

■ 『エチュードの思い出』

■ 『28歳で夭折』

■ 『タンパク音楽』

■ 『AIは実現可能か?』

■ 『第3次AIブーム』

■ 『ショスタコーヴィチ』


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

パクリボット

 

パクリボット

 


(bot001.jpg)


(bot002.jpg)


(junko05.gif)


(junko11.jpg)

デンマンさん。。。 パクリボット というのは、どういうことですか?


(kato3.gif)

ボットというのはインターネットボットのことですよ。。。

 

インターネットボット

 

インターネットボット(Internet bot)は、インターネット上で自動化されたタスクを実行するアプリケーションソフトウェア。
Webボットあるいは単にボットとも呼ぶ。

一般に単純な繰り返しのタスクをこなし、そのようなタスクに関しては人間が手でやるよりも高速である。

ボットは主にクローラとして使われることが多く、人間の何倍もの速さでWebページを自動的に集め、その内容(情報)を分析して分類する。

Webサーバには robots.txt というファイルがあり、クローラが従うべき規則が書かれている。

その他にも、人間よりも高速な応答が要求される場面でボットが使われたり(ゲームやオークションなどでのボット利用)、まれに人間の活動をエミュレーションするのに使われたりする(会話ボットなど)。

 

不正目的のボット

不正な目的でのボット使用として、ネットワーク接続されたコンピュータへのDoS攻撃などの自動化された攻撃を行うものがある(ボットネット参照)。
フィッシングに利用される場合もあるし、最近ではオンラインゲームでも不正目的で使われている。
スパムを大量に流すボットを、特にスパムボットと呼ぶ。

不正目的のボットやボットネットには以下のような種類がある。

 


(bot003.jpg)

 

1.スパムボット – ホームページなどを巡回し、電子メールのアドレスを収集する。主にスパムメールに使用する為のもの。あるいは、電子掲示板やウェブログなどを巡回して、広告スパムを自動投稿するためのもの。

2.ダウンローダ – Webサイト全体をダウンロードしようとして回線容量を使い切る場合には不正目的となりうる。

3.Webサイトスクレイパー – フィッシングで使われるボットで、Webサイトの内容を盗用して偽物のサイトを作成する。

4.BOT – MMORPGなどのオンラインゲームで、苦労しないと手に入らないアイテムなどを得るため、あるいはリアルマネートレーディングに使用する為のゲーム内の通貨の大量確保のためにBOTを使用する者が見られ、オンラインゲームのゲームバランスを破壊する要因として問題視される存在となっている。

5.著作権侵害を捜索するボット – 著作権侵害を見つけた場合、その個人や企業を訴えるとして、金銭を恐喝あるいは詐取せしめることを目的にしている。

6.DDoS攻撃用ボット – 標的にしたホームページやウェブサーバに継続的に過剰な負荷を与えてダウンさせることを目的にしている。

7.ペニーオークションの落札を阻止するボット – ペニーオークションで容赦なく入札され、容易に落札させないことを目的にしている。

8.コンピュータウイルスとワーム

9.ボットネットなど

10.ダフ屋が転売目的のチケットを買い占めるためのボット


出典: 「インターネットボット」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

つまり、パクリボット というのは、ボットがデータや記事をパクるのですか?

そういうことです。。。

でも、どうして急にパクリボットを取り上げる気になったのですか?

あのねぇ~、バンクーバー市立図書館で借りていた本を読んでいたら次の箇所に出くわしたのですよ。。。

 

徹底的な監視をしていても

ロボットがデータを抜き取る

 


(amazon01.jpg)

 

セキュウリティ侵害にロボットが使われるケースもある。

とりわけ顧客と直接取引をするサイトをクロールしたり、スクレイピング(データの抜き取り)したりして、情報を盗み出すのにロボットが使われることが多い。

 

不自然に活動量岡の多いアカウントを見つけて閉鎖するためのシステムを導入するのは、データの安全性を確保するための優れた取り組みといえる。

 

たとえば1日24時間ログイン状態が続き、1秒おきにページを移動するというのは、およそ人間のすることではないだろう。

ロボットやそれを操る人は賢くなる一方なので、今ではそんなにわかりやすい行動はしなくなっている。

このイタチごっこのような状況を考えれば、不正なデータ・スクレイピングを探知するために機械学習を活用している会社の安全性評価は高くなるだろう。

 

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


237ページ
『アマゾノミクス データ・サイエンティストはこう考える』
著者: アンドレアス・ワイガンド 訳者: 土方奈美
2017年7月30日 第1刷発行
発行所: 株式会社 文藝春秋

 

つまり、デンマンさんのブログで1日24時間ログイン状態が続き、1秒おきにページを移動するような怪しい動きをするボットを見つけたのですか?

そうです。。。 次のリストを見てください。。。

 


(goo91114d.gif)


『拡大する』

『世界で一番悪い国』

『不倫と検索』(PART 2 OF 3)

『いいね馬鹿』(PART 1)

 

要するに、ボットが10分間に980回アクセスしたということですか?

そうなのですよ。。。 およそ人間のすることではないのですよ。。。

でも、何のために。。。?

だから、僕のブログの記事を980件パクったのですよ。。。

パクってどうしたのですか?

たとえば、記事を書くのが面倒だから、自分のサイトにパクった記事をコピペするのですよ。。。

それは、著作権侵害、盗用ですよねぇ~。。。

そうです。。。 ネット犯罪です。。。

実際に、そういうことをする悪徳業者がいるのですか?

いるのです。。。 たとえば次のサイトを見てください。。。

 


(kai91210a.gif)


『拡大する』

『実際の記事』

『パクッた元の記事』

『現実主義者 馬鹿の見本』

 

このサイトは海外旅行情報まとめサイトなのだけれど、全く関係ない記事『馬鹿の見本なのね』(PART 1)を 僕のEXBLOG のブログからからコピペして自分のサイトに載せているのですよ! 詳しいことは次の記事で読んでみてね。。。

 


(akutoku2.png)


(kai91210a2.gif)

『悪徳サイト』

 

この悪徳業者は実際に他のブロガーの記事もコピペして自分のサイトに掲載した。。。 海外旅行情報まとめサイト kaigai.orgと入れて検索すると、この悪徳業者のサイトのページが出てくる。。。

 


(gog00121b.gif)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

97,400件ヒットしますねぇ~。。。 この記事すべてが他のブロガーの記事を盗用して載せたものですか?

そういうことです。。。 だから、実際に検索結果のリンクをクリックすると、すべてが削除されてます。。。

要するに、悪事がバレてサービス・プロバイダーにサイトが丸ごと削除されてしまったのですわねぇ~。。。

そうです。。。 やっぱり、悪事は露見するものですよ。。。でもねぇ~、悪徳業者はあとを絶たない。。。

あらっ。。。 また怪しい動きをキャッチしたのですか?

そうです。。。 次のリストを見てください。。。

 


(goo00124d.gif)


『拡大する』

『菊ちゃんと忍藩主』(PART 1)

『ジューンさんの従妹』

 

これは僕のGOOの「デンマンのブログ」の1月24日の午前5時16分から11時16分までの6時間のリアルタイムのアクセス棒グラフです。。。

午前5時20分から午前6時46分までのアクセスが異常ですわねぇ~。。。

そうです。。。 明らかにボットを使ってアクセスしているのですよ。。。

つまり、同じような悪徳業者がデンマンさんのブログの記事をパクッて自分のブログにコピペしたのですか?

そういうことです。。。 1月24日の赤丸で囲んだページ・ヴュー(PV)を見てください。。。。 ページにアクセスした回数(PV)が 7,550回です。。。

パクリボットがアクセスしたのですか?

そういうことです。。。 他の日と見比べれば、少なくともパクリボットが5、000回アクセスしているはずです。。。

今度は、どの悪徳業者が悪事を企んでいるのでしょうか?

遅かれ早かれ、悪事が露見しますよ。。。 その時、またその事で記事を書きます。。。


(laugh16.gif)

【ジューンの独り言】


(bare02b.gif)

ですってぇ~。。。

あなたも、ブログをやっているのであれば、パクリボットに気をつけてくださいねぇ。。。

ええっ。。。 「そんなことはどうでもいいから、他に何か面白いことを話せ!」

あなたは、そのように わたしにご命令なさるのですか?

分かりましたわ。。。 じゃあ、面白い動画をお目にかけますわ。。。

ワンワンちゃんが人間の言葉をしゃべります!

 


(dog810.jpg)

 

ええっ。。。? 「そんな馬鹿バカしい動画など、どうでもいいから、何か他に面白い話をしろ!」

あなたは、また そのような命令口調で わたしに強要するのですか?

わかりましたわァ。。。

では、たまには日本の歴史の話も読んでみてくださいなァ。

日本の古代史にも、興味深い不思議な、面白いお話がありますわァ。

次の記事から興味があるものをお読みくださいねぇ~。。。


天武天皇と天智天皇は

同腹の兄弟ではなかった。 

天智天皇は暗殺された 

定慧出生の秘密 

藤原鎌足と長男・定慧 

渡来人とアイヌ人の連合王国

なぜ、蝦夷という名前なの?

平和を愛したアイヌ人

藤原鎌足と六韜

古事記より古い書物が

どうして残っていないの?

今、日本に住んでいる人は

日本人でないの?

マキアベリもビックリ、

藤原氏のバイブルとは?

ところで、他にも面白い記事がたくさんあります。

興味のある方は次の記事も読んでみてくださいね。

 


(sunwind2.gif)


『宮沢りえと床上手な女』

『MH370ミステリー』

『なぜ死刑廃止?』

『真犯人はそこにいる』

『MH370ミステリー裏話』

『お裁きを信じますから』

『ジャルパックと国際化』

『古代ローマのセックス』


(nopan05.png)

『CIAとノーパン』

『エロいローマ再び』

『エロいけれどためになる話』

『えろあくにめ温泉』

『エロいけれどためになる』

『地球上のネット普及率』

『原発はダメだったのに』


(sylvie500.jpg)

『スカートをはいた兵隊』

『行田シンドローム』

『幻の暴走機関車』

『CIA@NOパンツ』

『エリュトゥラー海案内記』

『伊藤若冲 ランブータン』

『知的快楽』


(teacher9.jpg)

『シャフリ・ソフタ』

『閨房でのあしらい』

『漱石とグレン・グールド』

『女性の性欲@ラオス』

『美学de愛と性』

『女の本音』

『にほん村からの常連さん』

『日本初のヌードショー』

『可愛い孫』

『ネットで広まる』

『なぜブログを書くの?』

『アルゼンチンから』

『潮吹き』

『ヨッパライが帰ってきた』


(ken203h.jpg)

『後家殺し』

『奇想天外』

『下女のまめは納豆』

『オペラミニ』

『三角パンツ』

『サリーの快楽』

『ラーメン@ゲブゼ市』

『安心できない@病院』

『ブルマー姿@自転車』

『女性の性欲研究』

『頭のいい馬』


(miya08.jpg)

『トランプ@マラウイ』

『きれじ』

『コッペパン』

『くだらない話』

『大蛇が破裂』

『グルーヴ』

『タスマニアデビル』

『女と反戦』

『裸女に魅せられ』

『素敵な人を探して』

『カクセンケイ』

『博士の異常な愛情』

『パレートの法則』

『こんにちわ@ブリュッセル』

『いないいないばあ』

『食べないご馳走』

『10分間に900件を越すアクセス』

『5分間に340件のアクセス』

『縦横社会』

『村上春樹を読む』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に
ネットサーフィンしましょう。
じゃあね。バーィ。


(hand.gif)



(spacer.png+betty5de.gif)
(hiroy2.png+betty5d.gif)
『スパマー HIRO 中野 悪徳業者』

 


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)

『卑弥子の源氏物語』

『平成の紫式部』

■ めれんげさんの『即興の詩』

■ めれんげさんの『極私的詩集』

Jagel - Soft Japanese Bagel
(bagel702.jpg)

■ “JAGEL – Soft Japanese Bagel”


(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(beach02.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(rengfire.jpg)


(byebye.gif)

菊ちゃんと忍藩主

 

菊ちゃんと忍藩主

 


(kiku50.jpg)


(tadaaki1.jpg)


(salon22.jpg)


(sayuri55.gif)

デンマンさん。。。、 どういうわけで 菊ちゃんと忍藩主 を取り上げるのですか?


(kato3.gif)

ちょっと次のリストを見てください。。。

 


(goo00117d.gif)


『拡大する』

『リチャード3世』(PART 1)

『製鉄が下った』

『菊ちゃんと阿部忠秋』(PART 1 OF 3)

『菊ちゃんと阿部忠秋』(全文)

 

この上のリストはGOOの僕の『デンマンのブログ』の1月17日の午前5時4分から午前11時4分まで6時間の「リアルタイム アクセス解析」のリストなのですよ。。。  アクセス元ページ  の4番に注目して欲しい。。。 

あらっ。。。  阿部忠秋 大長寺 毘沙門堂 を入れてGOOGLEで検索して  菊ちゃんと阿部忠秋(PART 1 OF 3)  を読んだネット市民がいたのですわねぇ~。。。

そういうことです。。。

 


(goo00117d2.gif)

 

ところで、午前9時から9時半までに 293人がアクセスしてますけれど、これはどういうことですか?

 


(goo00117d3.gif)

 

あのねぇ~、 293人がアクセスしていることになっているけれど、実は一人の可能性が強いのですよ。。。

どういうことですか?

URL をクリックすると次の画面が出てくるのです。。。

 


(dict01.gif)


『拡大する』

『実際のページ』

 

上のページのどこを探しても 僕の「デンマンのブログ」へのリンクが無いのですよ!

それなのに、デンマンさんのブログにアクセスしたということは どういうことですか?

GOOのスタッフが GOOの辞書を使うようにと 宣伝目的で飛ばした リファラスパム だと思うのです。。。

 

HTTPリファラ


(http001.jpg)

 

HTTPリファラ あるいは単にリファラは、HTTPヘッダの1つで、インターネット上の1つのウェブページまたはリソースから見て、それにリンクしているウェブページやリソースのアドレスを指す。
リファラを参照することで、どこからそのページに要求が来たのかを知ることができる。
リファラをログすることでウェブサイトやウェブサーバで訪問者がどこから来ているかを把握でき、プロモーションやセキュリティの目的に使うことができる。

リファラの活用はクロスサイトリクエストフォージェリ対策としても一般的だが、リファラが無効化されているとそのようなセキュリティ機構は働かない。
リファラは一般に統計的用途に使われている。

デリファラとは、要求を起こすべくクリックされたページを目標ウェブサイトが識別できなくするため、要求から元のページ(サイト)の詳細を除去する手段である。

 

詳細

あるページにあるリンクをクリックして別のウェブページを訪れるとき、リファラはそのリンクが置かれているウェブページのURLである。

より一般化すると、リファラはその要求を発生させる原因となったアイテムのURLである。
例えば、或るウェブページ内に画像を表示するとき、リファラはそのHTMLページのURLとなる。
ウェブブラウザからウェブサーバへのHTTP要求の仕様上、リファラフィールドはオプションである。

ほとんどのウェブサーバには全トラフィックのログがあり、ブラウザが要求毎に送信したHTTPリファラを記録している。
ウェブログ解析ソフトの多くはこの情報を処理できる。

リファラ情報はユーザーのプライバシーに関わる場合があるため、リファラ情報を送信しないよう設定できるブラウザもある。
プロキシやファイアウォールソフトウェアにもリファラ情報をフィルタで除去できるものもあり、外部に公開していないロケーション情報を漏らさないようにできる。
このことは問題を発生する要因ともなる。

Webサーバはサイトの一部について、正しいリファラを送ってこないブラウザに対してアクセスをブロックしていることがある。
これはディープリンクを防いだり、画像の不正使用(直リンク)を防ぐためである。
プロキシソフトウェアの中にはそのサイトのトップレベルのアドレスをリファラとして与えるものがあり、ユーザーが最後に訪問したサイトを暴露することなく問題を回避できる。

最近では多くのブログはリファラ情報を公表し、あるブログにリンクしているサイトにブログ側からもリンクすることで会話を広げようとしている。

これを悪用し、スパマーのサイトへのリンクを大量に貼らせるリファラスパムが登場している。

アダルトサイトなどの有料サイトの多くはコンテンツを守る目的でリファラ情報を利用している。
すなわち、ログインしないと参照できないなどの極少数のページからのアクセスのみを許可するのである。

これにより、協力関係にあるアダルトサイト間での素材の共有が容易になる。
このようなサイトへのフリーなアクセスを実現する手段としてリファラスプーフィングがある。


出典: 「HTTPリファラ」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

GOOのスタッフが そういうことをするのですか?

おそらく管理人は知らないのでしょう。。。 でも、スタッフの中には、暇つぶしに悪さをする愚か者がいるのです。。。 僕は、かつてGOO で日記(2009年にサービス終了)を書いていた時に、そういうスタッフの愚か者が暇つぶしに僕の日記に下らないコメントを書いたことがあったのです。。。

マジで。。。?

Nobody is perfect! ですからねぇ~。。。 いい奴もいる代わりに、悪い奴もいるのですよ。。。

。。。で、菊ちゃんの記事を読んだネット市民は、どのようにして検索したのですか?

次のようにして検索したのです。。。

 


(gog00117b.gif)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

あらっ。。。  阿部忠秋 大長寺 毘沙門堂  と入れて検索したのですわねぇ~。。。

そうです。。。 実は、「かな丸」さんというネット市民が読んだのです。。。

どうして「かな丸」さんが読んだと判るのですか? またIPアドレスを調べたのですか?

いや。。。 次のようなコメントを書いてくれたのですよ。。。

 

はじめまして。 (かな丸)

 


(stars.gif)

 

2020-01-18 04:34:22

 

はじめまして。

忍藩の藩主だった阿部忠秋の事を調べています。

 


(tadaaki1.jpg)

 

阿部家の菩提寺だった大長寺の毘沙門堂の事を調べるうちにこちらのブログに辿り着きました。

古い本には毘沙門堂のみアップの写真しか載っていなかったので、大仏の後ろに毘沙門堂がある写真は初めて見ました。

 


(bishamon2.jpg)

 

大きな木があったり今のコンクリートの多い大長寺とはだいぶ雰囲気が違うように見えます。

また、毘沙門天像が京都の方にあったやつかもという事に驚きです。

詳しく毘沙門堂について書かれていて興味深い内容でした。


『菊ちゃんと阿部忠秋』(PART 1 OF 3)のコメント欄より
(2015-01-15)

毘沙門堂は、京都市にありますよねぇ~。。。

そうです。。。 京都の毘沙門堂が いわば本家ですよ。。。

 

毘沙門堂

 


(kikubisha.jpg)

 

毘沙門堂(びしゃもんどう)は、京都市山科区にある天台宗の寺院。
山号は護法山。正式名は護法山安国院出雲寺。
本尊は毘沙門天。天台宗京都五門跡の一つであり、山科毘沙門堂、毘沙門堂門跡とも呼ばれる。

 

統合前の歴史(1195年以前)

寺伝によれば、毘沙門堂の前身の出雲寺は文武天皇の勅願により、大宝3年(703年)行基が開いたという。
平親範置文(『洞院部類記』)という史料によると、建久6年(1195年)、平親範は平等寺、尊重寺、護法寺という平家ゆかりの3つの寺院を統合し、出雲路に五間堂3棟を建てたという(「五間堂」とは間口の柱間が5つある仏堂の意)。
こうしてできた寺は出雲寺の寺籍を継ぎ、建久6年(1195年)に塔ノ垣にあった旧出雲寺の地に護法山出雲寺として建立され、最澄自刻の毘沙門天像を本尊とした。
なお、比叡山延暦寺の根本中堂に倣い、西に平等寺、東に尊重寺、中心に護法寺を据える配置となった。

 

出雲寺

前身寺院である出雲寺は、京都市上京区の相国寺の北、上御霊神社付近にあったと推定される。
付近からは奈良時代前期にさかのぼる古瓦が出土しており、行基の開基であるかどうかは別としても、この付近に平安京遷都以前にさかのぼる寺院のあったことがわかる。
また、一帯には現在も「出雲路」の地名が残されている。

この出雲寺は平安時代末期には荒廃していたことが『今昔物語集』の記述などから伺われる。
また、中世には出雲寺は桜の名所として知られ、藤原定家の日記『明月記』や、『沙石集』(無住道暁編)にも言及されている。

 

平等寺

置文によれば、平等寺は桓武天皇の皇子で桓武平氏の祖である葛原親王(786年 – 853年)の創建で、太秦(現京都市右京区)に所在。

 

護法寺

護法寺は平親範の父・平範家が伏見(京都市伏見区)に創建したもので、応保元年(1161年)北石蔵(京都市左京区岩倉)に移転するが、長寛元年(1163年)に焼失し、最澄(伝教大師)自作と伝える毘沙門天の本尊だけが大原(京都市左京区大原)来迎院に移されていたという。

 

統合後の歴史(1195年以降)

室町時代の応仁元年(1467年)、応仁の乱によって焼失するが、文明元年(1469年)には再建される。
しかし、元亀2年(1571年)再び焼失した。

江戸時代の慶長年間(17世紀初頭)に至り、天台宗の僧で徳川家康の側近であった天海によって復興が開始された。
江戸幕府は山科の安祥寺(9世紀創建の真言宗寺院)の寺領の一部を出雲寺に与え、現在地に移転・復興される。

天海没後はその弟子の公海が引き継ぎ、寛文5年(1665年)に完成した。
後西天皇皇子の公弁法親王(1669年 – 1716年)は当寺で受戒し、晩年には当寺に隠棲している。

以後、門跡寺院(皇族・貴族が住持を務める格式の高い寺院の称)となり、天台宗京都五門跡の一つ「毘沙門堂門跡」と称されるようになった。


出典: 「毘沙門堂」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

。。。で、大長寺の毘沙門堂は本家とはどういう関連があるのですか?

大澤さんの本には次のように書いてあります。。。

 

大露仏と毘沙門堂


(bishamon2.jpg)

行田で唯一つの露坐の大仏で、「丈六の仏」といわれていたが、昭和19年、鉄の供出を強調され、大仏と半跏(片足だけくみ、片足は下におろす)の地蔵と金鐘とを戦争の為に、供出してしまった。
せめて、この大仏だけは、行田町の文化財として出したくはなかった。
『忍名所図会』には座像高さ“1丈2尺余”と書いてある。
今もその台石は残っているが、その上に1丈2尺の大仏であるから、子供心にすごく大きいものだと思った。

この大仏の由来について、何らの手がかりがないので、大長寺に何か記録がないかと探して貰ったが、住職が替わったばかりで、なんらの引き継ぎもなかった由である。
不思議なことには『忍名所図会』『北武八志』その他にも、何ら建立由来がない。
大仏に後背銘があったように覚えているが、今では致し方ない。
せめて拓本しておいて貰いたかった。
『忍名所図会』に「浄土宗沙門信阿和奉納す」とある。

大仏の後方、東に、西方を向いて、彫刻の沢山あった毘沙門堂があった。
昭和40年代、国道拡張の折、移築を余儀なくされた。
しかし、そのまま移転することもできないほどの荒廃で、戦中、戦後、乞食の棲家になって、失火しなかったのがせめてもの幸せという位、所々がこげていて、廃屋そのものであった。
教育委員会と交渉し、ついに取り壊し以外ない事になり、その彫刻をいかし、浅草の古物商(百万弗)に売却し、今は、奥日光の金精峠に、そのおもかげを留めている。

そもそもこの毘沙門堂は、藩主阿部豊後守忠秋が、念珠仏毘沙門天を江戸屋敷より移し、立派なお堂を菩提寺大長寺に建立寄進した。
像高37糎の毘沙門天である。

 (中略)

この毘沙門堂は寛文7年(1667年)の建立なので、京都出雲寺の最澄の作った毘沙門天を江戸に移し、寛文年代、法親王が住持となり、毘沙門堂門跡というようになったという事が記録にあるから、筆頭老中が阿部忠秋であるから、時代が合うので、その故事にゆかりある毘沙門の分身ではなかろうか。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


20-22ページ 『行田史跡物語』
著者: 大澤俊吉
1979(昭和54)年12月20日 初版発行
発行所: 歴史図書社

 

でも。。、でも。。。、この上の毘沙門堂と菊ちゃんがマジで関係あるのですか?

関係ありますよ。。。 小百合さんも僕と菊ちゃんのエピソードを読んだでしょう! 改めて読んでみてください。。。

それで、どうしてこの毘沙門堂と菊ちゃんが関わりがあるのですか?

実はねぇ~、僕が小学生の頃、菊ちゃんは僕のお袋になついて、よく遊びに来たのですよ。

その頃から菊ちゃんはデンマンさんのお嫁さんになりたかったのですか?

当時の菊ちゃんは20歳を出ているか出ていないか。。。とにかく子供の僕の目には、もう大人でしたよ。

でも、精神年齢は7つぐらいだったのですか?

そうなんですよ。 でもねぇ、いくらなんでも、まだ小学生の小さな僕を見て僕のお嫁さんになろうとは思わなかったでしょうね。 菊ちゃんが僕のお嫁さんになりたくて、お母さんに頼みに帰ったのは僕が中学生の時のエピソードですよ。

それで、デンマンさんが小学生の頃、どのようなエピソードがあったのでござ~♪~ますか?

時々、僕の家に興奮して駆け込んで来たのですよ。

一体何があったのですか?

大事件が持ち上がった訳ではないのですよ。 実は、菊ちゃんは言葉がはっきりと話せないのですよ。 確か“お嫁さん”のことを“いーやん”と言っていたように思うのですよ。 毘沙門堂の方を指差して、息を切らせながら“いーやんがきたぁ~。。。いーやんがきたのよゥ”。。。そう言いながら、アイドル歌手がやって来たように、うれしそうにはしゃぎ回ったのですよ。

それで、お嫁さんが毘沙門堂にやって来たのでござ~♪~ますか?

そうなんです。 “お宮参り”なんでしょうね。 上の説明にある通り、毘沙門天は七福神の一つですからね、縁起のいい神様ですよね。 それで、大長寺の檀家の娘さんが末永く婚家で幸せで居られるようにと願(がん)をかけるために毘沙門天にお参りにやって来るのだと思いますよ。

 


(bride12.jpg)

 

上の写真には男が写っているけれど、やって来るのは決まってお嫁さんだけなんですよ。 花婿が一緒に来たのを見たことがありませんでしたね。 ほぼ間違いなく付き添いの中年婦人と一緒に二人でやってくるのですよ。 多分その中年婦人は仲人さんだと思うのですよ。

それで、菊ちゃんは必ずデンマンさんの家まで知らせに飛んでゆくのですか?

そうなんです。 お袋だって忙しい時がありますからね。 菊ちゃんが来るたびに一緒に見に行けませんよ。 だから、お袋が忙しい時には、せっかく知らせに来たのだから僕に一緒に見に行くようにと言うのですよ。

それで、デンマンさんは菊ちゃんと一緒に見に行ったのでござ~♪~ますか?

小学生で暇をもてあましている事が多いからねぇ、付き合いましたよ。うへへへへ。。。1年に4,5回そう言うことがありました。 菊ちゃんは、もう、アイドル歌手がやって来たように嬉しそうにはしゃぐのですよ。“ちれいねぇ~、ちれいねぇ~” 感に耐えないような声を上げながら、うらやましそうにはしゃぎ回るのですよ。 よっぽど白無垢の衣装が素晴しいものに見えたのでしょうね。 だから、お嫁さんになる事がいつの間にか菊ちゃんの夢と言うかロマンになったのですよ。 いつか、自分もあのような白無垢の衣装を着て毘沙門堂にお参りしよう! そう思っていたのでしょうね。

そう言う“お宮参り”の風習が行田にはあるのですか?

実は、この記事を書くまで僕は良く知らなかったのですよ。 それで、ちょっと調べてみました。 つまり、“仏壇参り”の延長ですよ。 この毘沙門堂は大長寺にありますからね。 ご先祖様のお墓にお参りするついでに毘沙門天に願いをかけるのでしょう。

 


(bishamon2.jpg)

 

でも、菊ちゃんは白無垢の衣装を着ることもなく あの世の人になってしまったのでござ~♪~ますか?

そうなんですよ。 可哀想だけれど。。。奇病にかかってねぇ、40代で亡くなってしまったのですよ。 でもねぇ、エピソードはそれだけで終わりじゃないのですよ。“馬鹿の一つ覚え”という言葉があるでしょう?

ええ。。。よく聞きますわ。うふふふふ。。。

この菊ちゃんは、同じ事を切りもなく話すのですよゥ。お嫁さんがやって来てから1週間ばかりは、その話を飽きること無く繰り返すのですよ。“いーやんがちれいなおべべを着てきたにィ~”。。。で始まって、お宮参りの様子を何べんも何べんも話すのですよ。もちろん僕だけに話すのではなく、顔見知りの人には誰にでも話すのですよ。僕はお袋から「7才のバカ」 じゃなく、「7才の女性」として付き合うのですよ、と言われているから、よほどの事が無い限り、適当に相槌を打って、うん、うん、うん。。。そうだったねぇ~。。。と聞き役になるのですよ。

子供の頃からデンマンさんは話を聞くのが好きだったのでござ~♪~ますわね?

聞き上手になったのは菊ちゃんと付き合うことが多かったからでしょうね。うしししし。。。でもねぇ、他の子供は正直ですよゥ。きりもなく同じ事を繰り返すから。。。“バカァ~!同じ事を何度も何度も言うなア!あっちへ行ってろォ~!” たいていの子供や中学生ぐらいまでは、このように怒鳴りつけますよ。大人は無視して歩き去りますよ。そうすると最後には僕のところにやってくるのですよ。

デンマンさんは、菊ちゃんの話を聞いてあげるのですか?

もちろん、内心では“んも~~ またかよウ!?”。。。と思いますよゥ。でもねぇ、菊ちゃんが怒鳴り散らされたのを知っていますからねぇ~、なんとなく可哀想じゃないですかァ~。。。だから、半分上の空(うわのそら)で相槌打ってやるのですよ。

つまり、そう言う訳で菊ちゃんに好かれるようになった訳でござ~♪~ますわね?

多分、そうだと思うのですよ。まともに相手になってあげるのはお袋を除くと僕ぐらいでしたからね。。。

納得しましたわ。 それで菊ちゃんはデンマンさんのお嫁さんになりたかったのですわね?

 


(bride15.jpg)

 

おそらくそうでしょう。。。

でも、小百合さんのお話にどうして菊ちゃんのことを持ち出したのでござ~♪~ますか?

実は、大仏の前で小百合さんと会った時に白い椅子に座りながら、この話をしようと思ったのですよ。

。。。んで、お話になったのでござ~♪~ますか?

いや、途中で気が変わりましたよ。

どうしてでござ~♪~ますか?

毘沙門堂は日光に移築されて影も形も残っていないのですよ。今では、そのあたりは更地(さらち)になって駐車場になっていますよ。

それで、どうしたのでござ~♪~ますか?

上の毘沙門堂の写真をよく見てください。

上の写真がどうだとおっしゃるのですか?

よく見ると毘沙門堂の向かって左側に小さなお堂があって、その中に石像が見えるでしょう?

 


(bishamon2.jpg)

 

ええ、ええ。。。見えますわ。。。

これはお地蔵さんなんですよ。“塩なめ地蔵”と言うのですよ。このお地蔵さんが白い椅子のすぐそばに移されたのですよ。だからねぇ、僕はそこへ小百合さんを連れて行って、“僕が小学生の頃は、このお地蔵さんがアソコにあったのですよ。” そう言って毘沙門堂がある辺りを指差したものですよ。

それで。。。?

なんだか菊ちゃんの姿が思い出されてきましてねぇ~。。。それ以上話すのがつらくなって、話題を変えましたよ。

小百合さんはデンマンさんのその時の微妙な気持ちが分かったでしょうか?

菊ちゃんの事は一言も話しませんでしたからねぇ、小百合さんは何も分からなかったでしょうね。僕は、ただ、全く関係ない話を長々と続けましたから。。。

いつものようにでござ~♪~ますか。。。?

そうですよ。。。。でもね、おそらく、この記事を小百合さんが読めば、“塩なめ地蔵”の事をなつかしく思い出すと思うのですよ。


『毘沙門堂と菊ちゃん』より
(2008年1月7日)

でも、上のエピソードは大長寺の毘沙門堂が建てられたこととは全く関係ないじゃありませんかァ!

あのねぇ~、菊ちゃんの祖先の「お菊さん」が捨てられているのを拾って育てたのが藩主の阿部忠秋さんですよ。。。 小百合さんも PART2 を読めば理解できますよ。。。

 


(kiku92.jpg)

『菊ちゃんと阿部忠秋』(PART 2 OF 3)

 

つまり、「お菊さん」のような捨て子の未来が明るいようにと祈願して忍藩主の阿部忠秋さんが建立したのが大長寺の毘沙門堂ですか?。。。

その通りです。。。

ちょっと信じられませんわ。。。

あのねぇ~。。。 昔の人は “信じる者は救われる!” と言ったのですよ。。。 だから、小百合さんも僕の言うことを信じて、幸せな人生を送ってねぇ~。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~~

あなたも、忍藩主の阿部忠秋さんが「お菊さん」のような捨て子の未来が明るいようにと祈願して建立したのが大長寺の毘沙門堂だなんて 信じられないでしょう?

ええっ。。。 「そんなことは どうでもいいから他にもっと面白い話をしろ!」

あなたは、あたくしに そのようにご命令なさるのでござ~ますかァ~?

分かりましたわァ。。。 あなたがそのようにおっしゃるのであれば、

2020年元旦にバンクーバーで第100回寒中水泳があったのでござ~ますわよう。

その模様をお見せしますわねぇ~。。。

 


(polswim03.jpg)


(polswim01.jpg)


(polswim02.jpg)


(polswim04.jpg)

 

ええっ。。。 「寒中水泳など つまらんから、もっと面白い話をしろ!」

あなたは、さらに、そのような強い口調で あたくしにご命令なさるのですかァ~?

分かりましたわァ~。。。

個人的なお話ではありますけれど、

次の検索結果を見てくださいまし。。。

 


(gog60409a.png)

『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

「卑弥子 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわよう。

うふふふふふふ。。。

あなたも、ビックリするでしょう?

ジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわァ。

 


(buttdimp5.jpg)

 

どうでござ~ますかァ?

ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?

どうしてよう?

ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ~ますかァ~?

あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、

最後には上のようなおヌードになるのですわよう。

信じてくださいましなァ~。。。

 

ところで、小百合さんが なぜ「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれているのか?

ご存知でござ~♪~ましょうか?

なぜ。。。?

実は簡単な事なのですわよう。

 


(sayuri80.jpg)

 

小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。

小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですってぇ~。。。

分からない事ではござ~ませんわァ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。

現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。

 


(suikyu9.jpg)

 

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

 

軽井沢・雲場池の紅葉

軽井沢のイルミネーション

秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩

 

とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。

だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。

じゃあねぇ~~。


(hand.gif)


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『日本男児@パワースポット』

■ 『タケモトピアノ 苦情』

■ 『母と暮せば』

■ 『国道17号バイパスの奇跡』

■ 『伽哩夫人』

■ 『年賀状@富岡』

■ 『愛のジェローだよ』

■ 『愛の果実』

■ 『桜を想いながら』

■ 『去年の秋の食欲』

■ 『パンツとブラと餃子』

■ 『軽井沢タリアセン夫人@バンクーバー』

■ 『釜めし@バレンタイン』

■ 『タリアセン夫人と洋画』

■ 『ロマン@尾瀬ヶ原』

■ 『タリアセン夫人の夢』

■ 『夢の素遺伝子』

■ 『さけ茶づけ@バレンタイン』


(compie1b.jpg)

■ 『コンピエーニュから』

■ 『焼きそば@バレンタイン』

■ 『思い出のバレンタイン』

■ 『酒巻ミステリー』

■ 『縄文人と弥生人は惹かれあう?』

■ 『バレンタインを探して』

■ 『ラビオリ物語』

■ 『キャドバリーチョコ』

■ 『ジュネーブの休日』

■ 『定禅寺ジャズ』

■ 『いしぶみ』


(noten15.jpg)

■ 『軽井沢夫人@雲場池』

■ 『イタリアの空の下』

■ 『トロントの空の下』

■ 『チンチン@ロブソン』

■ 『バレンタイン@スイス』

■ 『熟女4人5脚@神戸』

■ 『中将湯と華宵御殿』

■ 『枯葉とチョコレート』

■ 『ロマン電車』

■ 『グルメの思い出』

■ 『上流夫人@水原市』

■ 『七つ星ロマン』

■ 『富士山@ルート66』


(sayuri811.jpg)

■ 『カフェdeロマン』

■ 『機内映画』

■ 『洲浜を探して』

■ 『夢のような話』

■ 『軽井沢の夜光』

■ 『恋人たちの小径』

■ 『サワークリームグレーズド』

■ 『優美な日本女性』

■ 『氷河期がやってくる』

■ 『カラスとおばさんパンツ』

■ 『花のまわりで』


(fragran11.jpg)

■ 『優美な女性@コルドバ』

■ 『バレンタインを見つけて』

■ 『ケリスデール』

■ 『オペラ@バンクーバー』

■ 『ヴィクトリア女王とアブドゥル』

■ 『愛とお馬さん』

■ 『チョンタ 点心』

■ 『胸が苦しく懐かしい』

■ 『レンコンの挟み揚げ』

■ 『若返りホルモン』

■ 『自作バーガー』


(coffeeluv1.jpg)

■ 『しょうがパン』

■ 『埼玉村の不発弾』

■ 『愛の果実を探して』

■ 『ジェミマおばさん』

■ 『世界のパン屋さん』

■ 『インド料理屋』

■ 『命の値段』

■ 『ケリスデールはどこ?』

■ 『ヤブ医者にうんざり』

■ 『酢卵のすすめ』

■ 『新城と映画』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『虹のケーキ』

■ 『軽井沢ブーム』

■ 『こんにちわ@ベナン』

■ 『レオニダス』

■ 『恋している人の前で』

■ 『バターミルクビスケット』

■ 『軽井沢で』

■ 『軽井沢南口』

■ 『ロマン@雲場池』

■ 『皇后のトイレ』

■ 『M女史とは誰か?』

■ 『ゼリーフライのふるさと』

■ 『災難は忘れた頃にやって来る』


(bare02b.gif)

こんにちは。ジューンです。

日本のハーブティーは、なんといっても桜湯だそうですけれど、


(sakurate.jpg)

カナダ、アメリカ、イギリスではハーブティーとして

ローズティーが好まれています。

普通、ローズヒップティーと呼ばれます。

ローズヒップ(rose hip)とは

バラ科バラ属の植物の果実。

つまり、バラの実です。

ローズヒップ生産のため、バラの特定品種、

特にRosa canina(ドッグ・ローズ)が栽培されています。

ハイビスカスとブレンドしたハーブティとして飲用されることもあります。

また、ローズヒップオイルは食用油として、

ジャム、ジェリー、マーマレードにも用いられるほか、

スキンケアにも用いられます。

こんなエピソードがありました。

第二次世界大戦中、

イギリスはドイツ海軍Uボートの海上封鎖により

オレンジの輸入がストップしたのです。

ビタミンCの補給ができなくなったのです。

それで、英国の学童たちは生垣に生えている

ローズヒップの採集を命じられました。

ローズヒップティーにして飲んで

ビタミンCを補給したのですって。。。


(rosehip.jpg)

なんだか信じられないようなお話ですよね。

ところで、英語の面白い話を集めました。

時間があったら覗いてみてください。

■ 『あなたのための愉快で面白い英語』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。


(chirashi.jpg)


(bravo.gif)