餃子とベーグル@宇都宮

 

餃子とベーグル@宇都宮

 


(minmin02.jpg)


(bagel171.jpg)


(utsunomiya3.jpg)


デンマンさん。。。 宇都宮で餃子とベーグルを食べたのですか?

僕は真由美ちゃんのふるさとで一緒に餃子とベーグルを食べたいと思っていたのだけれど、これまでに一度も一緒に食べたことがない。。。

あらっ。。。そうでしたか?

もちろん、僕は宇都宮で真由美ちゃんに幾度か会っているのだけれど、そのたびに どういうわけか他のものを食べているのですよ。。。

 


(komeda01.jpg)


(kameda03.jpg)


(utsunomap2.png)

『拡大する』

 

この時には、確か真由美ちゃんがお気に入りのベーグルの店へ連れて行ってくれたのだけれど、店が閉まっていた。。。それで、上のコメダ珈琲店に入ったのでした。。。真由美ちゃんの母校、宇都宮商業高校のすぐ近くにあるんだよね。。。

そうなんです。。。 だから、よくこのお店に入りましたわ。。。

それにしても、真由美ちゃんは食べ歩きするときには、必ずケイタイで食べるものを片っ端から写真に撮るんだねぇ〜。。。

 


(kameda02.jpg)

 

そうなんです。。。 一応、バンクーバーでは Vancouver Community College でパン職人、ベーグル職人になるコースを取っていたので 研修、自習のつもりです。。。でも、どうして また宇都宮の餃子とベーグルを取り上げるのですか?

ちょっと次のリストを見てください。。。

 


(liv20-07-31b.jpg)


『拡大する』

『日本で再会』

 

これはライブドアの 僕の「徒然ブログ」の日本時間で7月31日の午前8時46分から 午後2時54分までのアクセス者の記録です。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目して欲しい。。。

あらっ。。。7月31日の午後1時31分に『日本で再会』を読んだネット市民がいたのですわねぇ〜。。。

そうです。。。実は、新宿で OL をしている後藤皐月(ごとう さつき)さんが読んだのです。。。

 


(ip68131.jpg)

 

さつきさんは宇都宮が餃子で有名なことは知っていたけれど、今度、友達と宇都宮で食べ歩きする時に ついでにベーグルも食べようと思ってネットで 両方を紹介している記事を探してみたのですよ。。。

でも、宇都宮の餃子とベーグルと さつきさんが探し当てた『日本で再会』という記事は全く関係ないように見えますけれど。。。

タイトルを見ただけでは全く関係ないように見えるけれど、さつきさんが検索した結果を見れば、どうして『日本で再会』を読んでみる気になったのかが分かりますよ。。。じゃあ、その検索結果を見てください。。。

 


(gog20-07-31m.jpg)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

『日本で再会』

 

あらっ。。。宇都宮 餃子 ベーグル 徒然ブログ と入れて画像検索したのですわねぇ〜。。。

そうです。。。 さつきさんは「徒然ブログ」の常連さんなのですよ。。。

赤枠で囲んである画像をクリックして『日本で再会』を読んだのですか?

そうです。。。お客さんがたくさん並んでいる写真を見て、この店はきっと美味しいものを提供しているに違いないと思って、画像をクリックしたわけです。。。すると次のページが出てくるのですよ。。。

 


(gog20-07-31n.jpg)


『拡大する』

『実際のページ』

『日本で再会』

 

餃子とベーグルが『日本で再会』の中に出てくるとは想像がつきませんけれど、こうして画像検索すれば、確かに この記事の中にお客さんが列を作るお店のことが書いてあると思いますわ。。。

。。。でしょう!? それで さつきさんは記事を読み始めたというわけです。。。真由美ちゃんが記事の中で紹介している「まさしの餃子」と「餃子のみんみん」には、ぜひ行ってみたいと思ったのです。。。

 


(minmin01.jpg)


(minmin02.jpg)

 

「みんみん」は こうして行列ができるほど美味しいのですわ。。。

真由美ちゃんも よくこの店へ行くのォ~?

いえ。。。 私は、どちらかと言えば、「まさしの餃子」へ食べに行きました。


(masashi01.jpg)


(masashi02.jpg)

「まさしの餃子」の方が旨いのォ~?

それほど違いがないと思います。。。私の実家の近くに「まさしの餃子」があったので、子供の頃から このお店の餃子の方が口に合っているのです。

さつきさんは真由美ちゃんが紹介していたベーグルの店にも行くつもりですよ。。。

 


(chick02.jpg)


(utsunomap.png)

『拡大する』


(chick01.jpg)


(chick03.jpg)

ほおォ~。。。 たくさんの旨そうなベーグルが並んでますねぇ~・・・

私も、日本の実家に帰省したら宇都宮で食べるベーグルの味を楽しみにしています。


(laugh16.gif)

【デンマンの独り言】


(kato3.gif)

 

ところで、真由美ちゃんは、ノース・バンクーバーでホームステーしながらVCC (Vancouver Community College) にかよってパン職人・ベーグル職人の勉強と実習に励んでいました。

2016年の9月に卒業式を終えて、
現在、バンクーバー市内の旨いベーグルを提供するカフェ・レストランで働いています。

学生時代には、先生やクラスメートとの英会話には、まごつくことがあったそうです。
外国語というのは習得するのが実に大変です。

あなたは英会話を勉強してますか?
できれば、英語を話している国へ行って英会話を勉強するのが一番です。

でもねぇ~、英会話を勉強する方法に王道はありません。
人それぞれです。。。
自分に合った勉強法を見つけるのが、英会話の上達の早道だと僕は思いますね。

同じことを同じように勉強しても、人によって上達が違うのですよ。
僕の経験で言っても、人によって、語学の才能というのはまちまちです。

太田将宏老人のように、40年もカナダに住んでいるのに英会話が満足にできずに 6人成りすまして日本語でブログにコメントを書きなぐって余生を過ごす人もいます。

なかには、日本語を忘れてしまうほど、英語にどっぷりと浸かってしまう人もいます。
20年以上英語圏で英語を話してますけれど、
僕は、漢字を忘れることはあっても、日本語を忘れることはありません。

もちろん、今でも、英語を話すよりも日本語を話す方が楽に話せます。
僕自身は語学の才能があるとは思ってませんが、
僕が、カナダ人と笑いながら話しているのを聞いていると、真由美ちゃんには さっぱり 何を話しているのか解らないと言うのですよね。

僕がペラペラと英語を話しているように見えるのだそうです。
早くデンマンさんのように 英語がしゃべれるようになりたい、と真由美ちゃんは言います。

しかし、僕は、常に、英語を日本語のように しゃべれたら いいなと思っているのですよ。
外国語を母国語のように話すのは、本当に難しいと思います。

いずれにしても、真由美ちゃんは小さい頃からの夢が叶ってぇバンクーバーにやって来たのです!


(inflight2.jpg)


(airport1b.jpg)

ところで、あなたはバンクーバーに行ったことがありますか?

とっても素敵な街ですよ。


(stanley50.jpg)


(seawall3.jpg)


(seawall2.jpg)

世界で最も住みやすい街バンクーバー


(wetsuit.jpg)


(wetsuit3.jpg)


(gastown20.jpg)

ビデオを見ても、なんだかワクワクしてくるでしょう?

卑弥子さんが バンクーバーにやって来たのは 2008年の元旦の2週間ほど前でした。

クリスマスをバンクバーで過ごして、それから元旦の“Polar Bear Swim (寒中水泳)”に参加したのです。


(polar10.jpg)

上のビデオを見ると、まるで真夏のようでしょう?

ところが気温は確か2度ぐらいでした。 

水の中の方が暖かかったのです。

とにかく、バンクーバーには面白い人たちがたくさん居ますゥ。

あなたも、お暇と お金の余裕があったらぜひ出かけてみてください。

では、また興味深い、面白い記事を書くつもりです。

だから、どうか、あなたも またやって来てくださいねぇ~~。
じゃあね。


(hand.gif)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:


(utsunomiya10.jpg)

『乙女力@宇都宮』

『ネットが不倫を連れて来る』

『ペットと良心』

『夢のデニッシュ』

『パンツァネッラ』

『12歳少女の短命』

『行田の伯母さん』

『パン職人修行』

『タイムマシーン』

『ルンルンdeサルサ』

『天国のワンちゃん』

『万の風になって』

『プロシュット』


(mayumi76.jpg)

『なせば鳴る音楽』

『日本人女学生行方不明』

『日本人女学生死亡』

『ガレット』

『那須高原の紅葉』

『希望とロマン』

『錯視 錯覚』

『マンボ@バンクーバー』

『オリーブオイル』

『スコーンとプディング』

『5月のロブソン』

『病院食の間違い』

『プレミアム・ジャパン』

『自然の摂理を無視すると…』

『夢のデニッシュ・悪夢のマーガリン』


(juneswim.jpg)

『パリ風カフェ』

『どこか狂ってるわ』

『行田遠野物語』

『行田物語 ピアノ』

『行田物語 猫』

『行田物語 母の懐』

『行田物語 ケネディ暗殺』

『行田物語 病院食』

『行田物語 お股の花々』

『晩香坡物語 ジャズ』

『行田物語 悪夢』

『行田物語 社長』

『行田物語 棺桶に入るまで』

『宝田百合子@インド』

『行田物語 ちゃぶ台』

『行田物語 アカギレ』

『行田物語 にぼし』

『ノーベル賞がなぜ?』


(dance011.jpg)

『トゥーランドットとかぐや姫』

『ゲソとワケギ』

『シェフ バベット』

『まんじゅう@富岡』

『ん?トゥーランドット』

『女の子の夢』

『イヴォワールのレストラン』

『151歳の誕生日』

『お皿をぺろぺろ』

『ポップス@蕎麦屋』

『検便と回虫』

『スコーンとプディング』

『スコーン姉妹』

『ピラミス 美術館』

『明治屋 圧力ジャム』


(santa85b.jpg)

『雁とがんもどき』

『グルメブーム』

『行田物語@ナポリ』

『栗餅』

『日本で再会ね』

『コロッケパン』

『日本のパン文化』

『小女子』

『カエルジュース』

『152歳の誕生日』

『かぐや姫フィーバー』

『クスクス笑わないで』

『セビチェ』

『ラーメンブーム』

『自然治癒力』

『カナダ紀行カナダ事情』

『猫カフェと癒し』

『ポメロ』

『カワウソ見たい』

『生パンツ系に惹かれて』

『ティラミスとピラティス』

『這っても黒豆』

『アイ、アイ、ツーアイズ』

『ネコの話』

『パリのフォア・グラ』

『酪酸が腸の免疫力アップ』

『日本は天国か?』

『猫の記憶』

『すき焼きミステリー』

『空也餅』

『猟師の常識』

『猫カフェde癒し』


(surfin2.gif)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

猫カフェde癒し

 

猫カフェde癒し

 


(blackcat5.jpg)


(cats06.jpg)


(mayumi40.jpg)

デンマンさん。。。 今日はどういうわけで猫カフェde癒しというタイトルにしたのですか?

それに答えるには、まず次のリストを見て欲しいのですよ。。。

 


(goo20-07-26.jpg)


『拡大する』

『光源氏もビックリ』

『女子大生の多い混浴』

『猫カフェと癒し』

 

これは GOO の僕の「デンマンのブログ」の日本時間で7月26日のアクセス者の棒グラフと日別・週別のランキングの記録なのですよ。。。アクセス元ページ の4番に注目してください。。。

あらっ。。。 #猫 タグ で検索して『猫カフェと癒し』を読んだネット市民がいたのですわねぇ~。。。

そうです。。。4番のリンクをクリックすると次の検索結果が出てくるのですよ。。。

 


(tag20-07-26cat.jpg)


『拡大する』

『実際のページ』

『猫カフェと癒し』

 

最近、猫カフェが人気があるのでしょうか?

人気が出てきたんだと思いますよ。。。

その証拠でもあるのですか?

ちょっと次の検索結果を見てください、。。

 


(gog20-07-28.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

あらっ。。。 猫カフェ 人気 と入れて検索したのですわねぇ~。。。

そうです。。。 すると 76,600,000件もヒットするのですよ。。。

すごいですわねぇ〜。。。 でも、それだけでは猫カフェに人気が出てきたとは言えないのではないですか?

あのねぇ〜、上のリストに出てきた記事のタイトルをもう一度じっくりと見てください。。。上のリストの一番下を見れば分かるけれど、僕はカナダのバンクーバーで日本の GOOGLE を使って検索したのですよ。。。それにも関わらずバンクーバーの猫カフェは一つも出てこない。。。

東京のネットカフェ・ランキングと東京のおすすめ猫カフェだけが出ていますわねぇ〜。。。

そうです。。。これは何を物語っているかと言うと、東京に猫カフェが集中しているのですよ。。。

つまり、それだけ東京に需要があるということですか?

そうです。。。東京で働いている人が日本で一番、いや世界で一番ストレスや、プレッシャーを感じているのですよ。。。それでストレスや、プレッシャーから一時的にでも開放されようと“癒し”を求めて猫カフェにゆくわけです。。。それを見込んで多くの業者が猫カフェを東京で営業しているというわけですよ。。。

バンクーバーでは猫カフェでストレスやプレッシャーから開放されようと思う人が少ないということですか?

そうです。。。バンクーバーで猫カフェに行く人たちは、マンションでペットが飼えない人たちや、猫が好きで好きでしょうがない人が行くのです。。。真由美ちゃんもそう思わない?

確かに、バンクーバーには、猫カフェは 東京都比べたら ほんの数える程度しかありませんわ。。。

あのねぇ〜、カナダでは“過労死”で亡くなる人はまずいません。。。

 


(matsuri01.jpg)

『高橋まつりさんと現実主義者』
 

真由美ちゃんの周りにもも“過労死”で亡くなった人は居ないでしょう?

居ませんわ。。。 過労死するほど疲れる前に仕事をやめて、他の楽々と働ける仕事を探しますわ。。。

。。。でしょう? だから、カナダではストレスや、プレッシャーから開放感や癒しを求めて猫カフェに行く人はあまりいないのですよ。。。ニャンニャンが好きな人が猫カフェに行くわけです。。。

つまり、“過労死”がしばしば起こる東京では、猫カフェは生きるための“オアシス”なのですわねぇ〜。。。

そうだと思います。。。だから、今、この記事を読んでいる人で、過労死になるかもしれないという不安がオツムのどこかにあったら、次のクリップを見てぜひ猫カフェに行ってくださいね。。。 

 


(carcaferank.jpg)

 


(laugh16.gif)

【デンマンの独り言】


(kato3.gif)

 

ところで、真由美ちゃんは、ノース・バンクーバーでホームステーしながらVCC (Vancouver Community College) にかよってパン職人・ベーグル職人の勉強と実習に励んでいました。

2016年の9月に卒業式を終えて、
現在、バンクーバー市内の旨いベーグルを提供するカフェ・レストランで働いています。

学生時代には、先生やクラスメートとの英会話には、まごつくことがあったそうです。
外国語というのは習得するのが実に大変です。

あなたは英会話を勉強してますか?
できれば、英語を話している国へ行って英会話を勉強するのが一番です。

でもねぇ~、英会話を勉強する方法に王道はありません。
人それぞれです。。。
自分に合った勉強法を見つけるのが、英会話の上達の早道だと僕は思いますね。

同じことを同じように勉強しても、人によって上達が違うのですよ。
僕の経験で言っても、人によって、語学の才能というのはまちまちです。

太田将宏老人のように、40年もカナダに住んでいるのに英会話が満足にできずに 6人成りすまして日本語でブログにコメントを書きなぐって余生を過ごす人もいます。

なかには、日本語を忘れてしまうほど、英語にどっぷりと浸かってしまう人もいます。
20年以上英語圏で英語を話してますけれど、
僕は、漢字を忘れることはあっても、日本語を忘れることはありません。

もちろん、今でも、英語を話すよりも日本語を話す方が楽に話せます。
僕自身は語学の才能があるとは思ってませんが、
僕が、カナダ人と笑いながら話しているのを聞いていると、真由美ちゃんには さっぱり 何を話しているのか解らないと言うのですよね。

僕がペラペラと英語を話しているように見えるのだそうです。
早くデンマンさんのように 英語がしゃべれるようになりたい、と真由美ちゃんは言います。

しかし、僕は、常に、英語を日本語のように しゃべれたら いいなと思っているのですよ。
外国語を母国語のように話すのは、本当に難しいと思います。

いずれにしても、真由美ちゃんは小さい頃からの夢が叶ってぇバンクーバーにやって来たのです!


(inflight2.jpg)


(airport1b.jpg)

ところで、あなたはバンクーバーに行ったことがありますか?

とっても素敵な街ですよ。


(stanley50.jpg)


(seawall3.jpg)


(seawall2.jpg)

世界で最も住みやすい街バンクーバー


(wetsuit.jpg)


(wetsuit3.jpg)


(gastown20.jpg)

ビデオを見ても、なんだかワクワクしてくるでしょう?

卑弥子さんが バンクーバーにやって来たのは 2008年の元旦の2週間ほど前でした。

クリスマスをバンクバーで過ごして、それから元旦の“Polar Bear Swim (寒中水泳)”に参加したのです。


(polar10.jpg)

上のビデオを見ると、まるで真夏のようでしょう?

ところが気温は確か2度ぐらいでした。 

水の中の方が暖かかったのです。

とにかく、バンクーバーには面白い人たちがたくさん居ますゥ。

あなたも、お暇と お金の余裕があったらぜひ出かけてみてください。

では、また興味深い、面白い記事を書くつもりです。

だから、どうか、あなたも またやって来てくださいねぇ~~。
じゃあね。


(hand.gif)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:


(utsunomiya10.jpg)

『乙女力@宇都宮』

『ネットが不倫を連れて来る』

『ペットと良心』

『夢のデニッシュ』

『パンツァネッラ』

『12歳少女の短命』

『行田の伯母さん』

『パン職人修行』

『タイムマシーン』

『ルンルンdeサルサ』

『天国のワンちゃん』

『万の風になって』

『プロシュット』


(mayumi76.jpg)

『なせば鳴る音楽』

『日本人女学生行方不明』

『日本人女学生死亡』

『ガレット』

『那須高原の紅葉』

『希望とロマン』

『錯視 錯覚』

『マンボ@バンクーバー』

『オリーブオイル』

『スコーンとプディング』

『5月のロブソン』

『病院食の間違い』

『プレミアム・ジャパン』

『自然の摂理を無視すると…』

『夢のデニッシュ・悪夢のマーガリン』


(juneswim.jpg)

『パリ風カフェ』

『どこか狂ってるわ』

『行田遠野物語』

『行田物語 ピアノ』

『行田物語 猫』

『行田物語 母の懐』

『行田物語 ケネディ暗殺』

『行田物語 病院食』

『行田物語 お股の花々』

『晩香坡物語 ジャズ』

『行田物語 悪夢』

『行田物語 社長』

『行田物語 棺桶に入るまで』

『宝田百合子@インド』

『行田物語 ちゃぶ台』

『行田物語 アカギレ』

『行田物語 にぼし』

『ノーベル賞がなぜ?』


(dance011.jpg)

『トゥーランドットとかぐや姫』

『ゲソとワケギ』

『シェフ バベット』

『まんじゅう@富岡』

『ん?トゥーランドット』

『女の子の夢』

『イヴォワールのレストラン』

『151歳の誕生日』

『お皿をぺろぺろ』

『ポップス@蕎麦屋』

『検便と回虫』

『スコーンとプディング』

『スコーン姉妹』

『ピラミス 美術館』

『明治屋 圧力ジャム』


(santa85b.jpg)

『雁とがんもどき』

『グルメブーム』

『行田物語@ナポリ』

『栗餅』

『日本で再会ね』

『コロッケパン』

『日本のパン文化』

『小女子』

『カエルジュース』

『152歳の誕生日』

『かぐや姫フィーバー』

『クスクス笑わないで』

『セビチェ』

『ラーメンブーム』

『自然治癒力』

『カナダ紀行カナダ事情』

『猫カフェと癒し』

『ポメロ』

『カワウソ見たい』

『生パンツ系に惹かれて』

『ティラミスとピラティス』

『這っても黒豆』

『アイ、アイ、ツーアイズ』

『ネコの話』

『パリのフォア・グラ』

『酪酸が腸の免疫力アップ』

『日本は天国か?』

『猫の記憶』

『すき焼きミステリー』

『空也餅』

『猟師の常識』


(surfin2.gif)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

群青の石deロマン

 

群青の石deロマン

 


(lapis40.gif)


(lapis31.jpg)


(junko25.jpg)


(kato3.gif)

ジュンコさん。。。、ラピスラズリのすごいネックレスをしているけれど、シンデレラのようなロマンをゲットしたのですか?


(junko11.jpg)

そのような夢のようなことは なかなか起こらないものですわ。。。デンマンさんがラピスラズリの話をするので、このネクレスを着けてきてほしいと言ったので、重いのですけれど着けてきたのですわ。。。で、どのようなお話をするのですか?

ちょっと次のリストを見てください。。。

 


(liv20-07-16.jpg)


『拡大する』

『群青の石とロマン』

 

これはライブドアの僕の「徒然ブログ」の日本時間で7月15日の午後4時51分から午後6時55分までのアクセス者の記録です。。。色付きの枠で囲んだ箇所に注目してください。。。

あらっ。。。群青の石とロマンが続けざまに読まれたのですわねぇ〜。。。

そうなのですよ。。。同一人物によって読まれたのかと思ったら、それぞれ違う国にいる人達なのですよ。。。赤枠で囲んだのはベルギーに居る山岸佳苗(やまぎし かなえ)さんです。。。

 


(ip30110.jpg)

 

佳苗さんはベルギーで何をしているのですか?

フランスに近いエノー州(Province of Hainaut)の州都であるモンス市(Mons)にあるモンス大学で美術史を勉強しているのですよ。。。

 


(monsuniv.jpg)

   (In English)

   (In French)

 

紫の枠で囲んであるのは、どこの国にいる人が読んだのですか?

ニューヨーク市に住んでいる丹羽花蓮(にわ かれん)さんが読んだのです。。。

 


(ip14932.jpg)

 

花蓮さんはニューヨーク市で何をしているのですか?

パーソンズ美術大学で現代美術を学んでいるのです。。。

 


(parson90.jpg)

 

。。。で、黒枠で囲んであるのは、どこの国の人ですか?

リモートホスト の末尾(.jp)を見れば分かるように日本です。。。

 


(ip3847.jpg)

 

尼崎市に住んでいる相澤香織(あいざわ かおり)さんです。。。香織さんは関西国際大学の尼崎キャンパスで先生になるために勉強しているのですよ。。。

 


(kansai01.jpg)

 

どうやら3人とも美術に関心がありそうですわねぇ〜。。。

そうなのです。。。山岸佳苗は美術史を勉強しているし、丹羽花蓮は現代美術を学んでいる。。。相澤香織さんは先生になるために学生生活を送っていうのだけれど、学科のうちでは美術が一番好きなのですよ。。。それに趣味で油絵を描いている。。。

。。。で、どういうわけで3人は『群青の石とロマン』を読んだのですか?

ペルギーに留学している山岸佳苗は次のように検索したのですよ。。。

 


(gog20-07-20.jpg)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

あらっ。。。群青 ロマン 徒然 と入れて検索したのですわねぇ〜。。。

そういうことです。。。

佳苗さんは「徒然ブログ」の常連さんなのですか?

そうです。。。ベルギーに留学する前から僕のブログをしばしば読んでいたのですよ。。。

「群青」というのはラピスラズリのことでしょう。。。つまり、ラピスラズリにまつわるロマンを調べようとしたのですか?

そういうことです。。。3人とも同じような目的で記事を読んだのですよ。。。

。。。で、期待していたようなロマンを見つけたのですか?

見つけました。。。ジュンコさんのネックレスも出てくるので、じっくりと読んでみてください。。。

 


(kato3.gif)

 

ラピスラズリ (lapis lazuli) を僕がいつも使っている三省堂の国語辞典で引いても出てないんですね。
英辞郎 on the Webで引くと次のように出ています。

《鉱物》 ラピスラズリ 12月の誕生石

三省堂のコンサイス英和辞典には次のように出ています。

《鉱》 瑠璃; 青色顔料; 瑠璃色。

僕は瑠璃と言うのは聞いたことがありますが、ラピスラズリという言葉は知りませんでした。
この石が12月の誕生石だということも知りませんでした。
僕が初めてこのラピスラズリに出くわしたのはクレタ文明を調べていたときです。
参考書の中に出てきたlapis lazuliという単語が分からず、これを辞書で引いたら「瑠璃」と出ていたわけです。

「石」と言ってしまっては身も蓋もないんですよね。
実は、この石は宝石として最も古くから装飾に使われている石のひとつです。
ラピスはラテン語で石を意味します。
ラズリは青という意味です。
ですから「青い石」となりますね。

ラズリは、アラビア語の、天・空・青を意味する“allazward”から派生しました。
このアラビア語はペルシャ語の紺碧色に由来する“lazward”が語源です。
フランス語の“azur”は、“l” が冠詞であるかのように扱われ、ラテン語から脱落して生まれたものです。
スペイン語やポルトガル語で青を意味する“azul”もここから来ており、イベリア半島が8~13世紀半ばまでイスラム世界であった名残りです。

このラピスラズリの鉱物名はラズライト(lazurite)と呼ばれます。
産地が数カ所しかない貴重な鉱物で、変成作用を受けた石灰岩の中に見つけることが出来ます。

lazurite (lazurite3.jpg--145x170)
青色の原因はイオウです。
ラズライト中にイオウが過剰に存在すると、イオウは鉄と結びついて金色の黄鉄鉱を形成します。
右側の標本の金色部分が黄鉄鉱です。
白色の部分は方解石です。

黄鉄鉱のみ含んでいるものが重宝されています。
いわゆる“金色の斑点が輝く群青の石”です。

このラズライトが取れる有名な鉱山がアフガニスタンのバダフシャン(Badakhshan)です。
この産地のバダフシャンは有史以前から知られており、現在も最良の原石が採れる最大の鉱山です。
長いあいだ唯一の鉱山でしたが、最近ではロシアのバイカル湖畔やチリの鉱山でも採取されています。

ラピスラズリは日本名を青金石といい、古くは瑠璃(るり)と呼ばれていました。
この瑠璃は星の瞬く夜空を連想させる美しい宝石であったようで、5000年以上も前から珍重されていたんですね。

Gold mask of tuthankhamon (goldmask.jpg--236x323)
エジプトでは、紀元前3000年頃の墳墓から、エジプトでは産出されないラピスラズリの装飾品や工芸品が数多く発見されています。

ナイル河畔の町ルクソールの対岸にある王家の谷で発見されたツタンカーメン王(紀元前1350年頃)の黄金マスクにもラピスラズリが使われ、当時のままの美しい金と青のコントラストを見ることができます。

また、太陽と再生のシンボルである虫スカラベやオシリス神の鷹の頭を持つ息子ホルスの目にラピスラズリが使われています。

古代エジプト人はラピスラズリの持つ超自然的な力が病気にも効くと考えたようです。
眼病や鬱病、頭痛などの際に粉末にして塗布したり服用したりしたということがパピルスに書かれています。
この薬としての効用が後に伝えられたようで古代ギリシャ人やローマ人は強壮剤として、または下剤として使用していました。

Lapis lazuli necklace (junko25b.png--266x520)
メソポタミアでは、紀元前2500年頃、チグリス・ユーフラテス河のデルタ地帯に存在したシュメール人の古代都市国家ウル(現在はイラク)の遺跡のプアビ女王墓からラピスラズリのネックレスが出土しました。

ジュンコさんにその模造品を身に着けてもらいました。
なかなか見ごたえがありますね。
でも、なんだか重そうですよね。(笑)
ラピスラズリとカーネリアン(紅玉髄)のビーズが付いた黄金の頭飾りなども同じ墓から多数発見されました。

聖書の中にもラピスラズリのことが書かれています。
旧約聖書の出エジプト記には、祭司の装飾品のひとつである胸当てにはめ込む石として青い石(Sappir)ラピスラズリの記述を見ることができます。

また新約聖書のヨハネ黙示録には、世界が終末を迎えた後現れるとされる新エルサレムの都の神殿、東西南北12の礎にはそれぞれ12種類の石で飾られ、そのうちの2番目がラピスラズリであると書かれています。

この12種の石が現在の誕生石の元となったそうですよ。
ラピスラズリは12月の誕生石なんですね。
どうして12月なのか?そこまでは調べていません。
もし、分かったら教えてください。

古代ギリシャおよびローマ時代からルネッサンスにかけて、ラピスラズリは、永続性のある群青色の顔料を作るために、細かく砕かれ有名な油絵に使われました。
ただ残念な事に時とともに色が濃くなってしまいます。
古い油絵の多くが黒ずんで見えるのは、このためです。

ルネサンス期、ヨーロッパではラピスラズリは「ウルトラマリン(海の向こうから来た青)」と呼ばれたんですね。
群青色の顔料として珍重されました。
ラピラズリから抽出したこの顔料は他のものでは同じ色を出すことができず、金と等価で取引されるほど高価なものだったそうです。
画家たちはこの鮮やかな青を聖処女マリアと子イエス・キリストのローブのみに使っていた時代もあったほどです。

1828年にフランス人のJ.B.ギメ(西暦1795-1871)が人工的にウルトラマリンを合成することに成功してから、顔料としての需要は急速に衰退します。

belt embedded with lapis lazuli (lapisbelt2.jpg--250x158)
日本では、ラピスラズリは瑠璃と呼ばれ、仏教の七宝(金・銀・瑠璃・玻璃・しゃこ・珊瑚・瑪瑙)のひとつとされました。
真言宗の開祖、空海(西暦774-835年)は瑠璃を守護石としています。
奈良、正倉院の宝物庫には、紺玉帯と呼ばれるラピスラズリで飾られた黒漆塗の牛革製ベルトが収められています。

日本を目指したマルコ・ポーロ(西暦1254-1324年)はその著書「東方見聞録(原題/百万の書)」の中でラピスラズリについて、次のように書いています。

世界中でもっとも高品質なラピスラズリがこの地方の山で採れる。
(中略)
そこへ行くには岩山の側面を切り出した細い小道を抜け、つり橋を渡らなければならなかった。
(中略)
銀の鉱脈のように縞状になってそれは現れた。

(lazurite3.jpg+goldmask.jpg+junko25b.png+lapisbelt2.jpg)

ラピスラズリは、中国では青金石、紺玉と呼ばれシルクロードを通って運ばれ絹などと取引されたわけです。
ところで、このシルクロードという言葉は1877年にドイツの地理学者リヒトホーフェンが東洋と西洋を結ぶ隊商ルートをこう命名したのです。
中国産の絹を中央アジアのオアシスを通じて、イラン、インド、大消費地国であった当時のローマへ運ぶ交易路の一大ネットワークであったわけです。
紀元前2世紀頃、前漢の武帝の匈奴討伐による西域の安定化がその後の活発な東西の交流をもたらしました。

しかし、これまでの話からも分かるように、絹がシルクロードを通じて東西世界を行きかうよりもはるか昔から交易路は存在していたんですね。
交易品としてのラピスラズリが、それまであった中国-インダス、インダス-メソポタミアの交易路をすでに結び付けていました。
絹の需要が交易品としてラピスラズリをはるかに上回るようになり、そのために“シルク・ロード”という名前が有名になっただけです。

そういうわけで、シルク・ロードより以前に“ラピスラズリ・ロード”があった事をここで述べようと思います。

 

ラピスラズリ・ロード

ラピスラズリの原産地は限られていて、古来アフガニスタンの東北部に位置するバダフシャン地方が主要な産地でした。
なかでもアム・ダリアというアラル海に注ぐ大きな河があり、その支流のコクチャ川上流にあるサル・イ・サング(Sar-e-Sang)鉱山が有名です。
産出された原石は、北はコクチャ川からアム・ダリアを通ってソグディアナのサマルカンドやブハラ方面へ、また、南はヒンドゥークシ山脈を越え、カブールを経てインドやペルシャ、メソポタミア方面に運ばれていたのです。


(persepo2.jpg)

ペルシアのペルセポリスの遺跡

ラピスラズリがなぜメソポタミア方面にもたらされたのかについては、紀元前500年前後にアケメネス朝ペルシアのダレイオス(ダーラヤワウ)1世が,現在のイラク国境近くにあるスーサに宮殿を造るためラピスラズリを運んだことが碑文に刻まれています。
そのラピスラズリはすべてバダフシャン地方からのものです。
また、紀元1世紀に書かれた『エリュトゥラー海案内記』という文献に、インドの貿易港でラピスラズリが輸出されていたことが記されています。
このラピスラズリも当然バダフシャン地方のものです。

こうしたことを裏付けるように、バダフシャン産出のものがエジプトやメソポタミアばかりでなく、アフガニスタンやイランをはじめとする中央アジアの遺跡から発見されています。
そのうち特に注目を浴びたのが1966年からイタリア調査隊のM・トスィが発掘調査を開始したシャフリ・ソフタの遺跡です。

シャフリ・ソフタはガズニやカンダハルを通る南ルートにあたるのですが、ここからラピスラズリの原石の塊と装飾品に加工するための道具が大量に発見されました。
そのことにより、ここがラピスラズリの一大加工場だったことが分かりました。
また、カーネリアン(紅玉髄)やトルコ石などの原石も多数出土しているので、ラピスラズリだけでなく、その他の貴石の加工もなされていたことも分かりました。

シャフリ・ソフタはイラン国内ですが、アフガニスタンとの国境近くにあります。
アフガニスタンの南部には東北から西南に向かってヘルマンド川が流れており、その下流域はスィースタン(バルーチスタン)地方と呼ばれています。
この地方は現在アフガニスタンとイランとに二分されていますが、シャフリ・ソフタは、そのイラン側のシースタン地方にある城壁に囲まれた都市遺跡です。
遺跡からは50数基の窯跡なども発見されたことから貴石だけでなく、土器の一大加工場であったことも分かりました。

 

では、バダフシャンよりも

東方については

ラピスラズリがどのように

伝わったのか?

今度はそれを見てみようと思います。
ラピスラズリは中国の書物にも現れます。
1969年に現在の江蘇省の蘇州からいろいろな宝石がちりばめられた硯箱が発見されました。
それにラピスラズリが使われていたのです。
硯箱は重さ約3.5kgの豪奢なもので、現在南京博物館に保管されています。
ラピスラズリが使用された中国の傑作品の一つで、後漢時代(110年代)の明帝の墓から発見されたものです。

 


(tonko12.jpg)

莫高窟の大雄宝殿


(tonko10.jpg)

敦煌市街に立つ飛天像


(tonko11.jpg)

莫高窟の321窟の宝雨経変図

 

それから莫高窟の321窟の宝雨経変図に使われている青い顔料を分析してみた結果、ラピスラズリであることが分かりました。
莫高窟のある敦煌が当時国際貿易都市として繁栄していたのです。
そのために顔料が手に入れ易かったのでしょう。
ラピスラズリが大量に使われたのは隋唐時代ですが、のちの西夏時代になると、これに代わって岩碌青という違った岩石が使われるようになりました。

中国のラピスラズリは、バダフシャン地方のものがパミール高原を越えて東トルキスタン即ち西域地方に伝わり、そこからさらに中原地方へもたらされたものと考えられます。
そうすると、バダフシャンと中国とを結ぶルートも、ラピスラズリの道として重要な交易路と言えます。

 

さらに東に眼を向けると

どうなるでしょうか?

(classic.gif)

つまり、中国を経由する日本への交易ルートです。

Wine glass at Shousou-in (winglass.gif--284x360)
(winglass.gif)

ところで、世界で最も古くガラスが作られたのは,紀元前2300年代以前にさかのぼると言われています。
また、カットによってガラス容器の表面を飾る技法は、紀元前8世紀ごろ始められたと言われています。
バビロニアのサルゴン王(紀元前722-705)の時代に透明なガラスが出来、カットの技法により削り出し、容器に仕上げる方法が発達しました。

この技法はペルシャのアケネメス王朝(紀元前558-331)のガラス工芸にも受けつがれ、素晴らしいガラス器を生み出すことになります。

ペルシャのササーン王朝時代(226-651)には、アケネメス時代のカットグラスが更に発展し、盛んに製作されるようになりました。
私たちが訪れる奈良の正倉院に現存する、上に示した紺瑠璃杯(こんるりはい)は、このササーングラスの一つです。
(現物はもう少し色が濃いです)

Silk Route (silkrd7.jpg)
(silkrd7.jpg)

正倉院というのは、ご存知のように聖武天皇の宝物などを収めた校倉(あぜくら)造りの建物です。
同天皇が没した756年にはすでに建立されていたということが、最近の研究によって分かりました。
この上に示した紺瑠璃杯(こんるりはい)は4世紀か5世紀に作られたらしいのです。

従って、もし、4世紀に作られていたとすれば、それが、何百人かの商人の手を経て300年から400年かかって、上のシルクロードをたどりながらペルシャから大和へもたらされたことになります。

このガラスに顔料として使われているラピスラズリ(瑠璃)は当然それ以前にも交易品としてもたらされていたでしょう。

こうして見てくると、中央アジアのバダフシャン地方を中心にアジアから西方へ行くルートと東方へ延びる道が1本に結びつくラピスラズリ・ロードがあった事が良く分かります。

シルクロードとして知られる交易ルートがそれ以前にもラピスラズリを交易するためのルートとしてすでにあったと言うことはあまり知られていないようですね。

そう言う意味で、ラピスラズリを考えてみることは大切だと思います。
古代へのロマンをさらに膨らませてくれるのではないでしょうか?


『群青の石とロマン』より
(2012年4月25日)

 

どうですか、ジュンコさん。。。5000年以上前から、ラピスラズリには秘められたロマンが連綿として織りなされてきたのですよ。。。

でも、最近はラピスラズリってあまり耳にしないですよねぇ〜。。。

いや。。。、そんなことはありませんよ。。。特に、美術に興味のある人の間ではラピスラズリは魅惑的な色の代名詞のようになっていますからね。。。ジュンコさんはフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」を見たことがありますか?

 


(vermeer1.jpg)

『フェルメールの謎』

 

フェルーメールの有名な絵ですわね。。。 新聞や雑誌でしばしば紹介されているので何度か目にしたことがありますわ。。。

この絵のブルーが「フェルメール・ブルー」と呼ばれているのですよ。。。

ラピスラズリと関係あるのですか?

もちろん、おおありですよ。。。この色こそ、天然ではラピスラズリに含まれているウルトラマリンという顔料です。。。未だに、この色は多くの美術ファンを魅了しているのですよ。。。


(laugh16.gif)

【ジューンの独り言】


(bare02b.gif)

ですってぇ~。。。

あなたも、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」を見て、その彩(あざや)かなブルーの色に魅了されましたか?

ええっ。。。 「見慣れているから、ちっともいいとは思わなかったよ。。。そんなことは どうでもいいから、他に何か面白いことを話せ!」

あなたは、そのように わたしにご命令なさるのですかァ~?

分かりましたわ。。。 じゃあ、面白い動画をお目にかけますわ。。。

ワンワンちゃんが人間の言葉をしゃべります!

 


(dog810.jpg)

 

ええっ。。。? 「そんな馬鹿バカしい動画など、どうでもいいから、何か他に面白い話をしろ!」

あなたは、また そのような命令口調で わたしに強要するのですか?

わかりましたわァ。。。

では、たまには日本の歴史の話も読んでみてくださいなァ。

日本の古代史にも、興味深い不思議な、面白いお話がありますわァ。

次の記事から興味があるものをお読みくださいねぇ~。。。


天武天皇と天智天皇は

同腹の兄弟ではなかった。

天智天皇は暗殺された

定慧出生の秘密

藤原鎌足と長男・定慧

渡来人とアイヌ人の連合王国

なぜ、蝦夷という名前なの?

平和を愛したアイヌ人

藤原鎌足と六韜

古事記より古い書物が

どうして残っていないの?

今、日本に住んでいる人は

日本人でないの?

マキアベリもビックリ、

藤原氏のバイブルとは?

ところで、他にも面白い記事がたくさんあります。

興味のある方は次の記事も読んでみてくださいね。

 


(sunwind2.gif)



(sylvie500.jpg)

『シャフリ・ソフタ』

『閨房でのあしらい』

『漱石とグレン・グールド』

『女性の性欲@ラオス』

『美学de愛と性』

『女の本音』

『にほん村からの常連さん』

『日本初のヌードショー』

『可愛い孫』

『ネットで広まる』

『なぜブログを書くの?』

『アルゼンチンから』

『潮吹き』

『ヨッパライが帰ってきた』


(ken203h.jpg)

『後家殺し』

『奇想天外』

『下女のまめは納豆』

『オペラミニ』

『三角パンツ』

『サリーの快楽』

『ラーメン@ゲブゼ市』

『安心できない@病院』

『ブルマー姿@自転車』

『女性の性欲研究』

『頭のいい馬』


(miya08.jpg)

『トランプ@マラウイ』

『きれじ』

『コッペパン』

『くだらない話』

『大蛇が破裂』

『グルーヴ』

『タスマニアデビル』

『女と反戦』

『裸女に魅せられ』

『素敵な人を探して』

『カクセンケイ』

『博士の異常な愛情』


(teacher9.jpg)

『パレートの法則』

『こんにちわ@ブリュッセル』

『いないいないばあ』

『食べないご馳走』

『10分間に900件を越すアクセス』

『5分間に340件のアクセス』

『縦横社会』

『村上春樹を読む』

『パクリボット』

『露出狂時代』

『露出狂と反戦』

『オナラとサヴァン症候群』

『検疫の語源』

『共産党ウィルス』

『馬が合う』

『オックスフォードの奇人』

『風馬牛』

『未亡人の苦悶』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に
ネットサーフィンしましょう。
じゃあね。バーィ。


(hand.gif)



(spacer.png+betty5de.gif)
(hiroy2.png+betty5d.gif)
『スパマー HIRO 中野 悪徳業者』

 


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)

『卑弥子の源氏物語』

『平成の紫式部』

めれんげさんの『即興の詩』

めれんげさんの『極私的詩集』

Jagel - Soft Japanese Bagel
(bagel702.jpg)

“JAGEL – Soft Japanese Bagel”


(linger65.gif)

『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

『面白くて楽しいレンゲ物語』


(beach02.jpg)

『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

『今すぐに役立つホットな情報』


(rengfire.jpg)


(byebye.gif)

超人気の肥後ずいき

 

超人気の肥後ずいき

 


(zuiki91c.png)


(zuiki90c.png)


(kokeshix.gif)


(hasuimo6b.png)


(renge62c.gif)


(renge807.gif)

(fever11.jpg+balloons2.gif)


(merange12.jpg)

デンマンさん…、 あんさんは超人気の肥後ずいきを使いはったん?


(kato3.gif)

。。。ん? めれちゃんは わてが肥後ずいきを使(つこ)うていると思うとるのかァ〜?

どのように使うのか。。。わたしは知らへんけど、うふふふふふ。。。デンマンさんのことですさかいに女性に手ほどきでもするのとちゃうん?

わては肥後ずいきを使うよりも食べる方に興味があるねん。。。

 


(zuiki904.jpg)

 


(down11.gif)

 


(zuiki90c.png)


(hasuimo6b.png)

 

あらっ。。。こないにして あんさんは肥後ずいきを食べはるのォ〜?

めれちゃんは食べたことがあらへんのかァ〜?

デンマンさんがお料理して食べさせてくれへん。。。

なにをぬかしてけつかんねん!。。。箱入り娘のようなことを言いないなァ〜! めれちゃんこそ肥後ずいきを使って創作料理をこしらえたらええやんかァ〜! わてに、これぞと思うモンを食わせてほしいねん。。。

そんなことより、どないなわけで肥後ずいきが超人気やと あんさんは言わはるのォ〜?

その質問に答えるには、まず次のリストを見て欲しいねん。。。

 




(livn20-07-07a.jpg+livn20-07-07b.jpg+livn20-07-07c.jpg)

 

これはライブドアの わての「徒然ブログ」の日本時間で7月7日の午前10時42分から翌日、8日の午前1時50分までのアクセス者の記録やねん。。。

あらっ。。。『肥後ずいきが性具になったきっかけは?』を読みはったネット市民が仰山(ぎょうさん)いるやないかいなァ〜!

そうやろう!? つまり、肥後ずいきが超人気になってるねん。。。 次のリストも見て欲しい。。。

 


(livn20-07-13.jpg)

 

これは わての「徒然ブログ」の7月1日から13日までの約2週間の「人気記事リスト」やねん。。。見れば分かるように『肥後ずいきが性具になったきっかけは?』がダントツの1位やねん。。。

どないなわけで、こないに人気があるのォ〜?

そやから わても不思議に思って検索してみたのやがなァ〜。。。その結果を見て欲しい。。。

 


(pop20-07-07.jpg)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

肥後ずいき 人気の理由 と入れて検索っしやはったのやねぇ〜。。。

そういうことやがなァ〜。。。すると赤枠で囲んである『肥後ずいき人気』が出てきよるのやァ〜。。。

 


(hasuimo4.jpg)

『肥後ずいき人気』(PART 1)

 

この上の記事は、あんさんが2014年8月28日に投稿しやはった記事やん。。。

そうやァ〜。。。すでに2014年の頃から肥後ずいきは人気があるねん。。。

今では、その人気が急上昇している、と あんさんは言わはるのォ〜?

上のリストを見ると、そうとしか考えられへん。。。

。。。で、細木数子のようにズバリ!と言うたら、その理由は いったい何やのォ〜?

あのなァ〜、人間の基本的な欲望は次の3つなのやがなァ〜。。。

 


(bigeater.gif)


(digger1.gif)

 


(valent7.gif)

 

肥後ずいきは、上の3つの基本的な人間の欲望を満たしてくれるねん。。。。

肥後ずいきが欲と欲を満たしてくれるということは、よう分かるけど、欲を満たすというのは、どのような意味なん?

あのなァ〜、ここまで肥後ずいきの人気が出てくると、肥後ずいきの おもろいファーストフードを考え出したり、肥後ずいきのユニークな「大人のおもちゃ」を考え出して金儲けを考える人間が必ず出てきよる。。。

つまり、そういう人もインスピレーションをゲットするために、『肥後ずいきが性具になったきっかけは?』を読む、と あんさんは言わはるのォ〜?

そういうことや。。。「肥後ずいき」を入れて検索して読むねん。。。

 


(higo20-07-07.jpg)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

『肥後ずいきが性具になったきっかけは?』

 

上の記事を読んだネット市民の中から めれちゃんもスキップして喜ぶような新商品を開発する人がきっと現れると思うでぇ〜。。。。

 

(zuiki90e.jpg+sale102.gif)

 


(girlskip6.gif)


(laugh16.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

 

ですってぇ〜。。。

あなたも めれんげさんがスキップして喜ぶような新商品を開発する人がきっと現れると思いますか?

ええ。。。「そんな下らないことなど どうでもいいから、他にもっと面白いことを話せ!

あなたは、そのように強い口調で あたしに命令なさるのですか?

分かりましたわ。

では、あなたのために、ニーチェのおじさまが語った言葉をお聞かせしますわねぇ〜。。。

 

 

あなたは ニーチェの言葉をどう思いますか?

デンマンさんは何度となく、めれんげさんに『即興の詩』サイトを再開するように催促していました。
そして、めれんげさんも、デンマンさんの勧めに応じて『即興の詩』サイトを再開することになりました。

 

めれんげさんの『即興の詩』サイト

 

それにしても再開して間もないのに 検索結果 3,960,000件中の 9位に躍り出るなんてすごいですよね。

 


(gog30703.gif)

『現時点での検索結果』

 

すぐ上のリンクをクリックしてみれば解るように
現在では めれんげさんの『即興の詩』サイトはトップと2位を独占していますわ。

検索エンジン最適化をいつも考えて頑張っている人には
「どうしたら、そんなに上位に掲載されるのォ~?」と不思議に思えたり羨ましく思えるかもしれません。

その秘訣を知りたかったらデンマンさんが面白い記事を書いていますわ。
次のリンクをクリックして読んでみてください。

『おばさんの下着に見るSEO』

ところで、めれんげさんは可愛い猫を飼っていますが
あなたも、猫ちゃんを飼っていますか?
ええっ。。。 ワンワンちゃんを飼っているのですか?

そういえばデンマンさんが『ワンワンちゃん』という面白い記事を書いていました。
気が向いたら下のリンクをクリックして読んでみてください。

 


(dog202.jpg)

『ワンワンちゃん』

 

とにかく、次回も興味深い話題が続きます。
あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事

 


(linger49.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(vanc700.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(ebay5.jpg)

『平成の悲しい実話』

『乱交パーティーとめれちゃん』

『居酒屋とめれちゃん』

『立ち上がるめれちゃん』

『愛にあふれる未来』

『乱交パーティーと表現者』

『めれちゃん@天国と地獄』

『めれちゃんとにこちゃん』

『塩野七生とめれちゃん』

『午前4時の薄着の女』

『地球の最後に』

『めれちゃんと愛のピアノ』

『めれちゃんとサビーナ』

『どMなの?』

『愛は大海原を越えて』

『2度目の火あぶり』

『ニーチェとエロい画像』

『ニーチェとめれちゃん』

『ニーチェと吉田兼好』

『めれちゃん、すごいね』

『めれちゃん、おはよう』

『夏目漱石と南方熊楠』

『めれちゃん、どうちたのォ~?』

『めれちゃんの悦び』

『性愛サイトとめれちゃん』

『Myぬこが便秘で…』

『Myぬこの愛と恋愛』

『寂しがり屋のめれちゃん』

『くだる本とくだらない本』

『腑に落ちる話』

『めれちゃん、落ち込んでるの?』

『フルトヴェングラーの愛』

『忘れられない愛の言葉』

『死に向かう心の旅路』

『イメージの魅惑と衝撃』

『フルトヴェングラーと芭蕉』

『愛という名の心の旅路』

『永遠の愛と世界』

『世界に広がる愛』

『デンマンエロマンガ』

『樹海の森』

『いびつな現実@ネット』

『天の火もがも』

『肥後ずいきの使い方』

『羞恥心と可愛さ』

『また12歳少女の死』

『マカオのお釜』


(june24b.jpg)

こんにちはジューンです。

卑弥子さんが面白いお話を集めて

楽しいサイトを作りました。

次のリンクをクリックして

ぜひ覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(beach02.jpg)


(byebye.gif)

スパマーの苦悶

 

スパマーの苦悶

 


(ken302.jpg)


(nospam02.jpg)


(acade367.png)


(moschi06c.png)


(judged.png)

コメントスパムを飛ばすのは

ネット犯罪者の始まりなのだ!


(britney92.gif)

スパムを飛ばすのは

いけないことなのよゥ!

 


(deba01.jpg)

デンマンさん。。。 オイラをお呼びですか?


(kato3.gif)

首を長くして待っていたのだよう。。。

でも。。。、でも。。。、どういうわけでオイラをお呼びになったのですかァ~?

オマエは、何も思い当たることがないのォ~。。。

何か思い当たらないとまずいのですかァ~?

まずいのだよ。。。 つまり、何も思い当たらないということは、オマエのオツムの働きが鈍(にぶ)いか? スローか? あるいは知能指数が極めて低いか? 記憶力がすこぶる貧弱になったか? あるいは、生まれつき馬鹿だったのか?。。。

デンマンさん!。。。 ちょっと。。。、 ちょっと待てください。。。。、オイラに考えさせてくださいよ!。。。 ええとォ~。。。 デンマンさんがオイラを呼び出したということは。。。 つまり。。。、つまり。。。、オイラが何かヤベぇ~ことをしでかしたとかァ~。。。 そういうことじゃねぇ~かァと思うのだけれど。。。 ええとォ~。。。

あのさァ~、そこまで考えても何も思い当たらないということは、やっぱり、オマエのオツムのネジが数本緩(ゆる)んでいるか、抜けてしまっているんだよ!

マジで。。。?

ちょっと次のページを見てごらんよ。。。

 


(goo20-07-05b.jpg)


『拡大する』

『おろおろする』

『未亡人の苦悶』


『不倫と検索』(PART 2 OF 3)

 

これは GOO の僕の「デンマンのブログ」の7月5日のアクセス者数の棒グラフと日別・週別ランキングの記録なのだよ。。。アクセス元ページ の 6番に注目して欲しい。。。

Bing 検索 49 wood suppliers in germany… と書いてありますねぇ〜。。。

オマエは これに見覚えがあるだろう?

日本語に訳せば「ドイツの材木提供者」と入れて BING で検索したネット市民が居たのですねぇ〜。。。

そういうことだよ。。。 オマエは、これに見覚えがあるだろう!?

見覚えがないとまずいのですかァ〜?

まずいのだよ。。。オマエ、手を震わせ、頬をピクピク痙攣させてビビってるじゃないかア〜♬〜!

うへへへへへ。。。 やっぱり、オイラが検索したことが判ってしまうのですかァ〜?

そうだよ。。。 これまでに時たまオマエが僕のブログにアクセスしてきたけれど、他の記事を書くのに忙しくって、愚かなオマエのことまでネタにする暇がなかったのだよ。。。

今日は、暇ができたのでオイラを記事に取り上げる気になったのですか?

そうだよ。。。オマエのことはかつて記事に書いたのだよ。。。

 


(goo80821b.png)


『拡大する』

『実際のページ』

 

あれっ。。。 これはデンマンさんがGOOに投稿した記事ですねぇ~。。。

オマエ、見覚えがあるだろう?

いえ。。。 今日、初めて見ました!

そう言うだろうと思ったよ!

オイラは このページに見覚えがないとヤバいのですか?

その通りだよう! とにかく、見覚えがあろうが なかろうがオマエはヤバイのだよ!

どうしてですか?

オマエは僕のブログだと知っていながら コメントスパムを飛ばしたのだよ!

マジで。。。?

あのさァ~、この期(ご)に及んで、わざとらしく惚(とぼ)けてみてもダメなんだよ!

うへへへへへへ。。。 やっぱり、コメントスパムを飛ばしてはヤバイことになるのですか?

その通りだよ! オマエはコメントスパマーとして知れ渡っている!

マジで。。。? つまり、オイラがハンドル名を変えて 4人に成りすまして2018年8月21日にコメントスパムを飛ばした、とデンマンさんはオイラを非難するのですか?

その通りだよ。。。 オマエは、2018年8月15日にもコメントスパムを飛ばしたのだよ。。。

確か、そのあとでデンマンさんはオイラの事で記事を書いたのですよねぇ~。。。

その通りだよ!

 


(acade365b.jpg)

『JosephRed スパマー』

 

オマエは僕の助言を聞いて飛び跳ねて喜んだにもかかわらず、翌日には、もうすっかり忘れて、またスパムを飛ばし始めたのだよ!

オイラが、またスパムを飛ばし始めたとよく判りましたねぇ~。。。

ちょっと次の検索結果を見てごらんよ。。。

 


(gog80822b.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

オマエが使ったハンドル名 (Davidurbam) に spam を加えて調べると、こうして 54件ヒットするのだよ。。。

あれっ。。。 デンマンさんのブログの記事が出てますねぇ~。。。 うへへへへへへへ。。。

そうやって、うす馬鹿笑いを浮かべている場合じゃねぇ~だろう! 赤枠で囲んだ記事を見てみると、次のようになっているのだよ。。。

 


(goo80817e.png)


『拡大する』

『愛と赦し (PART 2)』

 

ブラウザの FIND 機能を使って「不倫と検索」を入れて調べると、左サイドバーの丸の中に芋づる式にオマエがハンドル名を変えて飛ばしたスパムが 5つ連続で見つかるのだよ。。。

それで。。。、それで。。。、オイラのことを“不倫と検索スパマー”と名づけたのですかァ~?

そうだよ! それ以外に考えられないだろう?

でも。。。、でも。。。、たった1回だけの検索結果だけで、オイラを“不倫と検索スパマー”と名づけるのは、早急だと思うのですけれど。。。

じゃあ、次の検索結果も見てごらんよ。。。

 


(gog80822c.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

オマエが使った別のハンドル名 (WayneBeist) に spam を加えて調べると、こうして 1件ヒットするのだよ。。。

あれっ。。。 またもデンマンさんのブログの同じ記事が出てますねぇ~。。。 うへへへへへへへ。。。

その通りだよ。。。

でも。。。、でも。。。、2回だけでは十分と言えないと思うのですけれど。。。

だったら次の検索結果も見てごらんよ。。。

 


(gog80822d.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

オマエが使った別のハンドル名 (JeremyGip) に spam を加えて調べると、こうして 2件ヒットするのだよ。。。

あれっ。。。 またもデンマンさんのブログの同じ記事が出てますねぇ~。。。 うへへへへへへへ。。。

そうやって、笑ってる場合じゃないのだよう! もっと真剣な顔をして検索結果を見つめるのだよ!

でも。。。、でも。。。、3回だけでは十分ではないと思うのですけれど。。。

オマエが そう言うのならば次の検索結果も見てごらんよ。。。

 


(gog80822e.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

オマエが使った別のハンドル名 (Stanleynus) に spam を加えて調べると、こうして 24件ヒットするのだよ。。。

あれっ。。。 またもデンマンさんのブログの同じ記事が出てますねぇ~。。。 うへへへへへへへ。。。

オマエが またガタガタ言うだろうから、この際、ダメ押しに次の検索結果も見て欲しい!

 


(gog80822f.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

『JosephRed スパマー』

 

オマエが2018年8月15日に使ったハンドル名 (JosephRed) に spam を加えて調べると、こうして 1,670件もヒットするのだよ。。。

あれっ。。。 デンマンさんが「徒然ブログ」にオイラのことを書いて投稿した記事『JosephRed スパマー』が出てますねぇ~。。。 うへへへへへへへ。。。

そうやってぇ笑いで誤魔化して この場を逃げようなどという見苦しい真似は止めることだなァ~。。。

やっぱり、オイラがハンドル名を変えて、コメントスパムを飛ばしていることがバレてしまうのですねぇ~。。。

悪い事はできないものなんだよ!

やっぱり、悪事は千里を走るのですか?

その通りだよ! オマエはコメントスパマーの常習犯として、ネットでは悪名を轟かせているのだよ! 嘘だと思ったら次のページを見てごらんよ。。。

 


(sto80815b.png)


『拡大する』

『実際のページ』

 

こうして、オマエは 193.201.224.198 というIPアドレスを使って ハンドル名を変えて 2018年の5月から 930回もコメントスパムをバラ撒いたのだよ!

でも。。。、でも。。。、たったの 930回だけではありませんか!

あのさァ~、オマエは 193.201.224.198 以外にも次のようなIPアドレスを使っている!


191.96.180.188

212.86.109.70

104.227.106.206

183.160.33.59

この上のIPアドレスを一つづつ調べれば、オマエは2018年以来、少なくとも 5,000回近く コメントスパムを飛ばしているのだよ!

マジで。。。?

わざとらしく惚(とぼ)けている場合じゃないのだよ! しかも、オマエは法に触れるギリギリの所で商売している悪徳業者と組んでいるのだよ!

ホントにィ~?

あのさァ~、オマエのパートナーは偽の履歴書を販売しているのだよ!

 


(acade365.jpg)


(acade367.png)

『悪徳業者のサイト』


(ip136179b.png)


(britney92.gif)

この悪徳業者に

騙されないように!

IPアドレス: 104.27.136.179

ホスト名: https://academic365.site

国: アメリカ合衆国

郵便番号: 85001

州: Arizona

市区町村: Phoenix

悪徳業者: 偽履歴書販売

 

デンマンさん! こうして晒されては商売がやりにくくなるではありませんかア!

もうオマエの商売もダメになってるじゃないか! オマエは仲間の未亡人と一緒に苦悶しているのだよ!

 


(ken302.jpg)

 

やっぱり、判ってしまいますかァ〜? でも、2年間もご無沙汰しているのに、どういうわけでオイラだということが判ったのですか?

オマエが BING で検索した結果を見てごらんよ。。。

 


(bin20-07-08.jpg)


『拡大する』


『不倫と検索』(PART 2 OF 3)

 

最近では、オマエの悪徳商売がうまくゆかないので、なぜだろうとオマエは調べ始めた。。。

そこまでデンマンさんは判るのですかァ〜?

オマエは悪徳商売がうまくゆかずに、毎日ひもじい思いをしている。。。それで、その理由を突き留めようとして検索してみた。。。なぜなら、コメントスパムを飛ばしているのに、いっこうにその効果がない!

そうなのですよ。。。もうずいぶん前から。。。特に、デンマンさんのブログには、これでもか、これでもかァ!。。。というようにコメントスパムを飛ばしていたのに、一向に効果がない!

オマエはドイツのフランクフルトに生まれて、地元の大学を出てから偏差値30台の日本のクソ大学に留学までしたのに、もともと馬鹿だったから悪い事しか思い浮かばない!

 


(ip13421b.png)

 

あれっ。。。デンマンさん!。。。止めてくださいよ! こうしてオイラの身元まで明かされてしまったら、ますます仕事がやりにくくなってしまうではありませんかア!

検索結果の23ページに、やっと僕のブログのページを見つけた、じっくりとページを見てみると、なんとコメントスパムは2018年3月26日を最後に、全て弾かれて排除されている!

 


(goocom20-07-09a.jpg)


(goocom20-07-09b.jpg)


『不倫と検索』(PART 2 OF 3)

 

そうなのですよ。。。道理で、デンマンさんのブログにスパムコメントを飛ばしていたのに効果が全く無い理由が分かりましたよ。。。

そんなことより、今のような悪事を続けているとサイバーポリスに捕まって豚箱に入れられるぞ! 考えてみたことある?

 


(tejou02.jpg)

 

逮捕されて豚箱に入りたくないです。。。 オイラは、どうしたらよいのでしょうか?

犯罪に絡(から)んだコメントスパムを飛ばすのは止めることだよ!

でも。。。、でも。。。、コメントスパムを飛ばさないと、オイラは喰ってゆけないのです!

あのさァ~、ブログを立ち上げて、ネット市民の皆様が面白く楽しく読めるような記事を自分で書くのだよ。。。

でも。。。、でも。。。、そんな事に時間をかけていたら金儲けができないのです。

だけど、逮捕されて豚箱に入れられたら、金儲けもできないし、オマエは、あの「現実主義者」と名乗る愚か者のように、「生きる価値のないクズの廃人」として一生みすぼらしい人生を生きねばならないのだよ!

 


(fool911.jpg)

『現実主義者 馬鹿の見本』

 

分かりました。。。 じゃあ、デンマンさん! オイラと一緒に警視庁のサイバーポリスのところに一緒に行って謝ってください!

何で僕が オマエと一緒に警視庁に出頭して謝らなければならないのォ~?

オイラ一人じゃ心細いのです。。。 オイラがやっている犯罪行為を こうしてバラされてしまい、警視庁のサイバーポリスが逮捕にやって来るのも時間の問題だと思うのですよ。。。

だから、逮捕される前に、心を入れ替えて、真面目な人間になるのだよ!

でも。。。、でも。。。、 デンマンさんは、どうして こうまでしてオイラをネットで晒すのですか?

オマエがサイバーポリスに逮捕されてブタ箱に入れられる前に 改心してまともなブログを立ち上げて欲しいからだよ!


(smilerol.gif)


わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

やはり、仏のデンマンさんは

すばらしいです。。。

オイラが逮捕されてブタ箱に

入らないように 親切に

こうして助言してくれるのです。。。

やっぱり、悪い事をしては

いけないのですねぇ~。。。

オイラは良心に目覚めました!

あの愚かな「現実主義者」のように

馬鹿にされたくないです!


(fool911.jpg)

『現実主義者 馬鹿の見本』

 

馬鹿にされないように

努力しようと思います。

もうこうなったら、恥も外聞もなく

天にも舞い上がる気持ちで

スキップしたいと思います。


(smilejp.gif)

わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

ルンルンルン ランランラ~♪~ン

もう一つおまけに

ルンルンルン ランランラ~♪~ン

ああァ~、うれしいなあああァ~。。。

 


(foolw.gif)


馬鹿ですよねぇ~。。。

自分で馬鹿を振りまいているのですよ!

この「コメントスパマー」は底抜けの

おめでたい愚か者です!

どうして これほどまでに人間は

馬鹿になりきれるのかァ?

僕には、もう付き合いきれません!

でも、この男は 馬鹿だから

今日の事は忘れて

またコメントスパムを

飛ばすと思うのですよ!

仕方がないから 長い目で見ながら

付き合ってゆきます。


(laugh16.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

 

ですってぇ~。。。

馬鹿バカしいと思いながらも、最後までよく読んでくださいました。

デンマンさんも喜んでいると思います。

とにかく、ネットには、いろいろと変わった人がいますわァ。。。

ヴァイアグラを飲みすぎて オツムがイカレた人もいれば、

他人に成りすまして ヤ~らしいコメントを書き込む人もいます。

また、誰彼かまわずに“スパム”を飛ばす嫌われ者もいます。

とにかく、ネットには。。。 特にアメブロには “めちゃキモい”人たちがウヨウヨしています。

まるで得意になって、愚かな事をして遊んでいます。

また、見かけは普通のブログでも、悪徳スパマーが手を変え品を変えて 悪徳サイトへ誘い込もうとしています。

コメントスパムで褒められると、ついついその気になって、相手のブログへ飛んでゆき、お返しに、あるいはお礼にと思って 読者に登録してしまったりするものですわァ。

どうか スパマーの思う壺にはまらないでくださいね。

悪徳スパマーは悪徳サイトへ誘おうと てぐすね引いて待っているのですから。。。

悪徳サイトを利用して、メールアドレスで登録したりすると、あなたのメールアドレスは第3者や第4者に売られてしまう危険性があります。

あなたは、そのようなスパム・コメントや 成りすましスパマーには騙されないと思い込んでいるでしょう?

でもねぇ~、もしかすると騙されているかもよ。。。

とにかく気をつけてくださいね。

次回も、さらに面白い話題が続きます。

あなたも、どうか、また記事を読みに戻ってきてください。

では。。。


(hand.gif)

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク


『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

『あなたもワクワクする新世代のブログ』

『ちょっと心にぐっと来る動物物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)

『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』



(spacer.png+betty5de.gif)
(hiroy2.png+betty5d.gif)
『スパマー HIRO 中野 悪徳業者』

 


(uncg05b.jpg)

『ネトウヨ 現実主義者』

『不倫スパマー』

『なぜ どうして?』

『薬局スパマー』

『アホノミクスと現実主義者』

『無能な歌手スパマー』

『書き方スパマー』

『DNAと現実主義者』

『狭心スパマー』

『チュンチュンと馬鹿の見本』


(yuri03.jpg)

『薬屋リファラスパマー』

『ロシアリファラスパマー』

『ヴァイアグラ・リファラスパマー』

『ネット不適応者』

『強壮剤リファラスパマー』

『ヴァイアグラ馬鹿 スパマー』

『ネット不適応者を探して』

『ロシア投資スパマー』

『ケネディ家と現実主義者』

『またヴァイアグラ馬鹿』


(rengey5.jpg)

『京都アニメ放火事件と現実主義者』

『ニャースと大介スパマー』

『ビットコインバブル』

『ニャースと大介 悪質スパマー』

『ニャースと大介 反省』

『ニャースと大介 現実主義者』

『Limitedheart 現実主義者』

『ニャースと大介 無反省』

『美容ブログ スパマー』

『現実主義者の女』


(hooker08.gif)

『ニャースと大介 Limitedheart』

『現実主義者 海外美女』

『ネット不適応者とは』

『現実主義者@ランキング』

『エロいけれど』

『犯罪者ブロガーつなんち』

『悪名高いニュースと大介』

『馬鹿の見本なのね』

『パクリブロガーつなんち』

『愚かなニャースと大介』

『馬鹿の見本が増えてる』

『詩と馬鹿の見本』

『いいね馬鹿』

『ベルばらと現実主義者』

『悪ガキ 現実主義者』


(bigcash.jpg)

『現実主義者の生き方』

『現実主義者@Singapore』

『現実主義者@クリスマス』

『北海の女と現実主義者』

『犯罪サイトと現実主義者』

『天才と現実主義者』

『あるネット不適応者』

『二ャースと大介』

『ショパンと現実主義者』

『千葉の女と現実主義者』


(bikini901.jpg)

『アホの再来』

『注目の的 現実主義者』

『馬鹿の見本に注目』

『中国情報ジャーナル スパマー』

『金魚のウンコ 現実主義者』

『現実主義者@エチュード』

『現実主義者と木村花さん』

『現実主義者の熱烈なファン』

『海外美女とクズの廃人』


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

猟師の常識

 

猟師の常識

 


(tanuki21.png)


(mayumi40.jpg)

 

デンマンさん。。。 猟師の常識ってぇ、聞いたことがありませんわ。。。どういうことですかァ〜?

実は、僕も知らなかったのですよ。。。「青空文庫」で次の作品を読んでいたら出くわしたのです。。。真由美ちゃんも読んでみてください。。。

 


(bouzu10.jpg)

 

昔、京都に近い愛宕山に、黙想と読経に余念のない高僧があった。
住んでいた小さい寺は、どの村からも遠く離れていた、そんな淋しい処では誰かの世話がなくては日常の生活にも不自由するばかりであったろうが、信心深い田舎の人々が代る代るきまって毎月米や野菜を持ってきて、この高僧の生活をささえてくれた。

この善男善女のうちに猟師が一人いた、この男はこの山へ獲物をあさりにも度々来た。
ある日のこと、この猟師がお寺へ一袋の米を持って来た時、僧は云った。
『一つお前に話したい事がある。この前会ってから、ここで不思議な事がある。どうして愚僧のようなものの眼前に、こんな事が現れるのか分らない。しかし、お前の知っての通り、愚僧は年来毎日読経黙想をしているので、今度授かった事は、その行いの功徳かとも思われるが、それもたしかではない。しかし、たしかに毎晩、普賢菩薩が白象に乗ってこの寺へお見えになる。……今夜愚僧と一緒に、ここにいて御覧。その仏様を拝む事ができる』

 


(fugen10.jpg)

 

『そんな尊い仏が拝めるとはどれほど有難いことか分りません。喜んで御一緒に拝みます』と猟師は答えた。
そこで猟師は寺にとどまった。

しかし僧が勤行にいそしんでいる間に、猟師はこれから実現されようと云う奇蹟について考え出した。
それからこんな事のあり得べきかどうかについて疑い出した。
考えるにつれて疑は増すばかりであった。
寺に小僧がいた、――そこで猟師は小僧に折を見て聞いた。

『聖人のお話では普賢菩薩は毎晩この寺へお見えになるそうだが、あなたも拝んだのですか』猟師は云った。

『はい、もう六度、私は恭しく普賢菩薩を拝みました』小僧は答えた。
猟師は小僧の言を少しも疑わなかったが、この答によって疑は一層増すばかりであった。
小僧は一体何を見たのであろうか、それも今に分るであろう、こう思い直して約束の出現の時を熱心に待っていた。(略)

九月二十日の夜であった、――淋しい、暗い、それから風の烈しい夜であった、三人は長い間普賢菩薩の出現の時を待っていた。
ようやくのことで東の方に、星のような一点の白い光が見えた、それからこの光は素早く近づいて来た――段々大きくなって来て、山の斜面を残らず照した。
やがてその光はある姿――六本の牙のある雪白の象に乗った聖い菩薩の姿となった。

そうして光り輝ける乗手をのせた象は直すぐお寺の前に着いた、月光の山のように、――不可思議にも、ものすごくも、――高く聳えてそこに立った。
その時僧と小僧は平伏して異常の熱心をもって普賢菩薩への読経を始めた。

ところが不意に猟師は二人の背後に立ち上り、手に弓を取って満月の如く引きしぼり、光明の普賢菩薩に向って長い矢をひゅっと射た、すると矢は菩薩の胸に深く、羽根のところまでもつきささった。

突然、落雷のような音響とともに白い光は消えて、菩薩の姿も見えなくなった。
お寺の前はただ暗い風があるだけであった。
『情けない男だ』僧は悔恨絶望の涙とともに叫んだ。
『何と云うお前は極悪非道の人だ。お前は何をしたのだ、――何をしてくれたのだ』

しかし猟師は僧の非難を聞いても何等なんら後悔憤怒の色を表わさなかった。

 (中略)

日出とともに猟師と僧は、その姿の立っていた処を調べて、うすい血の跡を発見した。
それからその跡をたどって数百歩離れたうつろに着いた、そこで、猟師の矢に貫かれた大きな狸の死体を見た。

 


(tanuki20.jpeg)

 

博学にして信心深い人であったが僧は狸に容易にだまされていた。
しかし猟師は無学無信心ではあったが、強い常識を生れながらもっていた、この生れながらもっていた常識だけで直ちに危険な迷を看破し、かつそれを退治する事ができた。

 

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


底本:「小泉八雲全集第八卷 家庭版」第一書房
   1937(昭和12)年1月15日発行
発行所: 青空文庫

 

なるほどォ〜。。。無学な猟師が常識を働かせて危険を察知したのですわねぇ〜。。。

そういうことです。。。

でも、六本の牙のある雪白の象に乗った聖い菩薩を狸だと見破ったのは、どういう常識が働いたのですか?

あのねぇ〜、普賢菩薩が白い象に乗ってやって来るのが高僧に見えるといのは猟師にも理解できる。。。なぜならば、高僧は長年の修業と読経の功徳によって、普賢菩薩を拝む事ができる。。。猟師は、そう考えたのですよ。。。でも、猟師は生き物を殺すことを仕事にしているわけです。。つまり、仏様の教えに反していることをしている。。。それにもかかわらず高僧と一緒に尊い普賢菩薩が白象に乗ってやって来るのが見えるのは可笑しいではないか!?。。。これは狸が化けて何か悪巧(わるだく)みをしようとしているに違いない。。。そう確信して、猟師は矢を放ったのですよ。。。

でも、現在のネット市民の皆様は狸が化けるなんて信じていませんわァ〜。。。

だから、この話は小泉八雲が生きていた明治時代の頃の素朴な村人の間で語り継がれた話なのですよ。。。

つまり、昔話なのですね。。。小泉八雲が村人から聞いた話を書き残したのですわねぇ〜。。。

そうです。。。博識で信心深い高僧といえどもやはり人間なのです。。。つまり、完璧な人間はいない。。。誰でも間違いをおかす。。。だから、時には高僧の言うことも疑って見る必要があるという教訓です。。。

でも、デンマンさんは、どういうわけでこの話を持ち出してきたのですか?

先日、真由美ちゃんと「すき焼き」の語源について話したでしょう。。。

 


(sukiyaki20.jpg)

『すき焼きミステリー』

 

覚えてますか?

もちろん、覚えてますわ。。。この「すき焼き」の語源と上の昔話が関係あるのですか?

大いに関係があります。。。村人が上の話に出てくる高僧に次のように質問したのですよ。。。

 


(farmer10.jpg)

「和尚様、世の中には“すき焼き”という ものすっご〜く旨いもんがあるそうですけんど、どうして“すき焼き”と呼ぶのでごぜぇ〜ますか?」

(知ったかぶりの和尚さんは「知らない」とは言えない。。。だから答えて言います。)


(bouzu10.jpg)

「肉を鋤(すき)の鉄板の上に載せたのを火の上にかざし、じわじわ焼いて食ったことから、やがて鋤(すき)焼きと呼ぶようになったのじゃよ」

「なるほどォ〜、面白い話を聞かせてくれて ありがとうごぜぇ〜ますだ」

(家に帰ってきて、村人は嫁に話します。)

「あの和尚さんは、とんでもねぇ〜ことを言うただァ〜。。。信用できへん。。。」


(farmer11.png)

「どういうことを言うただかねぇ〜?」

「肉を鋤(すき)の鉄板の上に載せたのを火の上にかざし、じわじわ焼いて食ったことから、やがて鋤(すき)焼きと呼ぶようになった、と言うただよ」

 


(suki90.png)

 

「肉を鋤(すき)の鉄板の上に載せたのを火の上にかざしたら、木の部分が燃えてしまって鋤がダメになってしまうだがなァ〜」

 


(shimogoe1.jpg)

 

「しかも、畑にはクソ、ショーベンを寝かせて作った下肥(しもごえ)をまくだにィ〜。。。下肥を吸った土をいじくった鋤は、回虫の卵がよ〜けいついておるがなァ〜。。。そんなモンで肉を焼くなど考えられねぇ〜。。。和尚さまは、畑仕事のことを何も知らねぇ〜だよ」

 

村人は信じなかったけれど、街の人や、作家や、出版社の人たち、いわゆる知識人と呼ばれる人たち和尚さんの話を信じてしまった。。。

まんまと騙されてしまたのですわねぇ〜。。。

そうです。。。でも、知識人の中でも強固な常識をもている人は騙されなかった。

その一人が寺田寅彦さんだったのですわねぇ〜。。。

そういうことです。。。次のように書いてます。

 


(sukiyaki21.jpg)

 

話は変わるが二三日前若い人たちと夕食をくったとき「スキ焼き」の語原だと言って某新聞に載っていた記事が話題にのぼった。

維新前牛肉など食うのは禁物であるからこっそり畑へ出てたき火をする。

そうして肉片を鋤(すき)の鉄板上に載せたのを火上にかざし、じわじわ焼いて食ったというのである。

こういうあんまりうま過ぎるのはたいていうそに決まっていると言って皆で笑った。

そのときの一説に「すき」は steak だろうというのがあった。

日本人は子音の重なるのは不得意だから st がsになることは可能である。

 

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


『言葉の不思議』
著者: 寺田寅彦
昭和7年12月『鉄塔』に掲載。
発行所: 青空文庫

 

昔の畑仕事を知らない街の人や、知識人は未だに和尚様の話を信じている。。。だから、検索すると同じような事を言ってるサイトが金魚のウンコのように数珠(じゅず)つなぎになって出てくるのですよ。。。

 


(gog20-06-10.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 


(laugh16.gif)

【デンマンの独り言】


(kato3.gif)

 

ところで、真由美ちゃんは、ノース・バンクーバーでホームステーしながらVCC (Vancouver Community College) にかよってパン職人・ベーグル職人の勉強と実習に励んでいました。

2016年の9月に卒業式を終えて、
現在、バンクーバー市内の旨いベーグルを提供するカフェ・レストランで働いています。

学生時代には、先生やクラスメートとの英会話には、まごつくことがあったそうです。
外国語というのは習得するのが実に大変です。

あなたは英会話を勉強してますか?
できれば、英語を話している国へ行って英会話を勉強するのが一番です。

でもねぇ~、英会話を勉強する方法に王道はありません。
人それぞれです。。。
自分に合った勉強法を見つけるのが、英会話の上達の早道だと僕は思いますね。

同じことを同じように勉強しても、人によって上達が違うのですよ。
僕の経験で言っても、人によって、語学の才能というのはまちまちです。

太田将宏老人のように、40年もカナダに住んでいるのに英会話が満足にできずに 6人成りすまして日本語でブログにコメントを書きなぐって余生を過ごす人もいます。

なかには、日本語を忘れてしまうほど、英語にどっぷりと浸かってしまう人もいます。
20年以上英語圏で英語を話してますけれど、
僕は、漢字を忘れることはあっても、日本語を忘れることはありません。

もちろん、今でも、英語を話すよりも日本語を話す方が楽に話せます。
僕自身は語学の才能があるとは思ってませんが、
僕が、カナダ人と笑いながら話しているのを聞いていると、真由美ちゃんには さっぱり 何を話しているのか解らないと言うのですよね。

僕がペラペラと英語を話しているように見えるのだそうです。
早くデンマンさんのように 英語がしゃべれるようになりたい、と真由美ちゃんは言います。

しかし、僕は、常に、英語を日本語のように しゃべれたら いいなと思っているのですよ。
外国語を母国語のように話すのは、本当に難しいと思います。

いずれにしても、真由美ちゃんは小さい頃からの夢が叶ってぇバンクーバーにやって来たのです!


(inflight2.jpg)


(airport1b.jpg)

ところで、あなたはバンクーバーに行ったことがありますか?

とっても素敵な街ですよ。


(stanley50.jpg)


(seawall3.jpg)


(seawall2.jpg)

世界で最も住みやすい街バンクーバー


(wetsuit.jpg)


(wetsuit3.jpg)


(gastown20.jpg)

ビデオを見ても、なんだかワクワクしてくるでしょう?

卑弥子さんが バンクーバーにやって来たのは 2008年の元旦の2週間ほど前でした。

クリスマスをバンクバーで過ごして、それから元旦の“Polar Bear Swim (寒中水泳)”に参加したのです。


(polar10.jpg)

上のビデオを見ると、まるで真夏のようでしょう?

ところが気温は確か2度ぐらいでした。 

水の中の方が暖かかったのです。

とにかく、バンクーバーには面白い人たちがたくさん居ますゥ。

あなたも、お暇と お金の余裕があったらぜひ出かけてみてください。

では、また興味深い、面白い記事を書くつもりです。

だから、どうか、あなたも またやって来てくださいねぇ~~。
じゃあね。


(hand.gif)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:


(utsunomiya10.jpg)

『乙女力@宇都宮』

『いい出会いの連鎖』

『笑顔の乞食おばさん』

『ニュートンの暗い秘密』

『新年@バンクーバー』

『スープキッチン@新年』

『猫と癒し』

『猫と犬と癒し』

『大通りde水の滑り台』

『イルカとワンちゃん』

『カワウソ@スタンレー公園』

『生パンツ系男子とベトナム兵』

『愛と癒しの涙』

『ダンスとノーベル賞』

『おもてなし』

『思い出ポロポロ』

『ロブソンの5月』


(biker302.jpg)

『ネットが不倫を連れて来る』

『ペットと良心』

『夢のデニッシュ』

『パンツァネッラ』

『12歳少女の短命』

『行田の伯母さん』

『パン職人修行』

『タイムマシーン』

『ルンルンdeサルサ』

『天国のワンちゃん』

『万の風になって』

『プロシュット』


(mayumi76.jpg)

『なせば鳴る音楽』

『日本人女学生行方不明』

『日本人女学生死亡』

『ガレット』

『那須高原の紅葉』

『希望とロマン』

『錯視 錯覚』

『マンボ@バンクーバー』

『オリーブオイル』

『スコーンとプディング』

『5月のロブソン』

『病院食の間違い』

『プレミアム・ジャパン』

『自然の摂理を無視すると…』

『夢のデニッシュ・悪夢のマーガリン』


(juneswim.jpg)

『パリ風カフェ』

『どこか狂ってるわ』

『行田遠野物語』

『行田物語 ピアノ』

『行田物語 猫』

『行田物語 母の懐』

『行田物語 ケネディ暗殺』

『行田物語 病院食』

『行田物語 お股の花々』

『晩香坡物語 ジャズ』

『行田物語 悪夢』

『行田物語 社長』

『行田物語 棺桶に入るまで』

『宝田百合子@インド』

『行田物語 ちゃぶ台』

『行田物語 アカギレ』

『行田物語 にぼし』

『ノーベル賞がなぜ?』


(dance011.jpg)

『トゥーランドットとかぐや姫』

『ゲソとワケギ』

『シェフ バベット』

『まんじゅう@富岡』

『ん?トゥーランドット』

『女の子の夢』

『イヴォワールのレストラン』

『151歳の誕生日』

『お皿をぺろぺろ』

『ポップス@蕎麦屋』

『検便と回虫』

『スコーンとプディング』

『スコーン姉妹』

『ピラミス 美術館』

『明治屋 圧力ジャム』


(santa85b.jpg)

『雁とがんもどき』

『グルメブーム』

『行田物語@ナポリ』

『栗餅』

『日本で再会ね』

『コロッケパン』

『日本のパン文化』

『小女子』

『カエルジュース』

『152歳の誕生日』

『かぐや姫フィーバー』

『クスクス笑わないで』

『セビチェ』

『ラーメンブーム』

『自然治癒力』

『カナダ紀行カナダ事情』

『猫カフェと癒し』

『ポメロ』

『カワウソ見たい』

『生パンツ系に惹かれて』

『ティラミスとピラティス』

『這っても黒豆』

『アイ、アイ、ツーアイズ』

『ネコの話』

『パリのフォア・グラ』

『酪酸が腸の免疫力アップ』

『日本は天国か?』

『猫の記憶』

『すき焼きミステリー』

『空也餅』


(surfin2.gif)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

未亡人の苦悶

 

未亡人の苦悶

 


(ken302b.jpg)


(ken203h.jpg)


(goke04.jpg)


(goke09.jpg)

 


(junko05.gif)


(junko11.jpg)

デンマンさん。。。 なんだかエロい雰囲気ですわねぇ~。。。 うふふふふふ。。。


(kato3.gif)

。。。ん? ジュンコさんは、エロい雰囲気を期待しているのですかァ~?

だってぇ~、上のイラストや写真を見ると なんとなくエロい気分になるではありませんかァ~!

そうですかァ~。。。

あらっ。。。 今日はエロいお話ではないのですかァ~?

実は、真面目な話なのですよ。。。

あらっ。。。

ジュンコさん!。。。 急にガッカリしたような表情を浮かべましたねぇ~。。。

別に。。。

じゃあ、とりあえず、次のクイズに答えてください。。。 江戸時代に使われた次の農機具の中で「後家殺し」と呼ばれたのはどれでしょうか?

 

1) 備中鍬(びっちゅうくわ)


(bicchu01.gif)

弥生時代から存在していた股鍬が改良されたもの。
弥生時代のものは木製だったが、古墳時代になると鉄製のものも生まれた。

刃の先が2本から6本に分かれているものを「備中鍬」と呼称した。
「備中鍬」の名前で呼ばれるようになったのは江戸時代からで、別名に「万能」、「マンガ」などがある。

歯が三本の備中鍬は三つ子、三本鍬、三本万能、三本マンガと呼び、歯が四本の備中鍬を四つ子、四本鍬、四本万能、四本マンガと呼んだ。
刃の形状には、尖ったもの、角形、撥形がある。

備中鍬は文化文政時代に普及、平鍬と違い、湿り気のある土壌を掘削しても、金串状になっている歯の関係で歯の先に土がつきづらいのが利点。
粘土質の土壌や、棚田を耕すために使われた。

また、馬や牛を所有することが出来ない小作農にもよく使われた。


 

2) 唐箕(とうみ)


(toumi01.jpg)

唐箕とは、臼などで籾殻をはずしたあと、風力を起して穀物を 籾殻・玄米・塵などに選別するための農具。

中国で開発されたといわれており、宋応星の『天工開物』に「風扇車」として最初の記述が見られる。

日本では、佐瀬与次右衛門の『会津農書』(1684年刊)で紹介されたのが最初である。

『和漢三才図会』(1712年刊)にも記載されており、そのころから日本の農家にも広がっていったと考えられ、近世期から現代まで使われてきた。
稲作が機械化したのちも唐箕は豆やソバ等の選別に使われ、現在でも農機メーカーからかつての木製のものと基本的に同じ構造の唐箕が市販されている。
価格は数万円程度である。


 

3) 踏車(ふみぐるま)


(fumikuru2.jpg)

踏車とは、日本において江戸時代中期以降に普及した足踏み揚水機。
人が車の羽根の上に乗り、羽根の角を歩くことで車を回し、水を押し上げるからくりをいう。

別名を水車と称すが、原動機である水車とはエネルギー(人力と位置エネルギー)の変換方向が異なる。
なお類似のものはアジアの稲作地域に見られる。

大蔵永常の文政5年(1822年)の著作『農具便利論巻之下』によると、寛文年中(1661年から1672年の間)に大坂農人橋の京屋七兵衛と京屋清兵衛が制作し、宝暦から安永の頃(1751年から1780年の間)までに日本諸国に広まったと記録されている。


 

4) 唐棹(からさお)


(karasao2.jpg)

唐棹は日本の農具の一種で、麦や大豆など、穀物の脱穀作業に使用する道具。
唐竿、連枷、くるりなどとも呼称する。
長い竹竿の先端に、回転する短い棒を取り付けた形状をしている。
この竿を持ち、むしろの上に広げられた穀物を、短い棒を回転させながらたたき、脱穀する。
このような脱穀方法を、千歯扱きなどの「梳き」に対して「打穀」と呼ぶ。

この唐棹による脱穀は、稲や麦だけでなく他の作物にも幅広く応用できたので、世界各国に数多く似たようなものがある。

西洋では唐棹状の農具を元にしたフレイルと言う打撃武器が開発され、甲冑を身に纏い、剣では有効な打撃を与えることが難しい重装騎兵に対する対抗手段として大いに普及した。

沖縄のヌンチャクも、唐棹をもとに考案されたと言われている。

日本ではお殻打ち棒といわれ、竿と短い棒を連結していた金具は鉄鎖、短い棒は鉄造りとなった。


 

5) 千歯扱(せんばこき)


(senba01.jpg)

千歯扱は、元禄期に和泉国大鳥郡高石北村字大工村(現在の大阪府高石市高師浜の一部)の宇兵衛により考案された日本の古式の脱穀用農具。
木の台の上から鉄製の櫛状の歯が水平に突き出した形をしている。
また竹製の歯の場合もある。
稲扱きと麦扱きに分かれる。

木製の台に付属した足置きを踏んで体重で固定し、櫛状の歯の部分に刈り取った後に乾燥した稲や麦の束を振りかぶって叩きつけ、引いて梳き取る。
稲の場合にはこれで穂から籾が落ちるので、脱穀が完了する。
麦の場合には穂が首から折れて穂のまま落ちるので、これをさらに叩いて脱穀する。

この農具の開発までは、手に持った扱箸(こきばし)という大型の箸状の器具で穂を挟んで籾をしごき取っていたため、束のまま一気に脱穀できる千歯扱きの発明によって、脱穀の能率は飛躍的に向上した。

大正時代になると、千歯扱きからの発展形として、足踏み方式の回転ドラムにループ状のピンが多数植え込まれた足踏み式脱穀機が開発されてさらに脱穀効率が向上し、さらにこれが動力式に発展した。
これを機に改良の余地が無い千歯扱きは急速に衰え、昭和初期に製造の終焉を迎えるが、大切な種籾を痛めず扱く事が出来たため、昭和の半ば頃まで使われていた。

 

本当に真面目なクイズですわねぇ~。。。

だから、言ったでしょう!。。。 僕はウソとジュンコさんの尻は突きませんから。。。 うしししししし。。。

そのような下卑たギャグはおやめになってくださいなァ。。。

。。。で、ジュンコさんの答えはどれですか?

もちろん、踏車(ふみぐるま)ですわァ~。。。 こんなのに1日中乗らされて ハツカネズミのように働かされたら、日が暮れる頃にグッタリして死んでしまいますわァ~。。。


(mousewheel.gif)

実は僕も、これかなァ~、と思ったのですよ。。。 でもねぇ~、違うのです。。。 答えは、千歯扱(せんばこき)なんです。。。 これを江戸時代の農民は「後家殺し」と呼んだのですよ。。。

どうしてですか? それほど重労働とは思えませんけれど。。。

あのねぇ~、重労働になるから後家さんを殺すという意味ではないのです。。。 千歯扱が利用されるまでは、手作業で稲穂から籾を落としていたのですよ。。。 この作業が多くの未亡人(後家さん)の仕事だった。。。 これによって、後家さんは収入を得ていたのです。。。 ところが千歯扱が導入されると、後家さんの仕事がなくなってしまったので、後家さんは殺されたのも同然になったというわけで、「後家殺し」とか「後家倒し」と呼ばれたのですよ。

なるほどォ~。。。 それで未亡人が苦悩するので 未亡人の苦悶 というタイトルを付けたのですか?

そうです。。。

つまり、このクイズのために、わざわざ私をお呼びになったのですか?

いや。。。 もちろん、そればかりじゃありません。。。 実は、落語に「後家殺し」という演目があるのですよ。。。

 


(ken203h.jpg)

 

どうですか? 上の落語を聞いて面白かったですか?

私は、人が殺される場面が出てくる話は、好みではありませんわァ。。。 どこが面白いのですか?

あのねぇ~、ただ聞いただけで、現在の日本人で、この落語の面白さを理解できる人は、かなり落語のオタクですよ。。。

あらっ。。。 それほど深い意味がある落語なのですかァ~?

あのねぇ~、噺の最後にお奉行さんが、ポンと膝をたたいて「よっ、後家殺しッ」と言う所がミソです。。。

どういうことですか?

「後家殺し」というのは、関西では、浄瑠璃にかける“ほめ言葉”なのですよ。。。 語源は不明だけれど、後家を悩殺するほどの色男、という意味なんです。。。 また、浄瑠璃に使われる 義太夫の三味線は「太(ふと)ザオ」なのです。

太ザオと言うと。。。?

三味線は四角状の扁平な木製の胴の両面にネコやイヌの皮を張り、胴を貫通して伸びる棹(サオ)に張られた弦を、撥(ばち)で弾くものです。。。 この棹が太いわけですよ。。。 だから、太いモノを後家は喜ぶという連想から「よっ、後家殺しッ」と言うわけです。。。 うししししし。。。

つまり、この事を言うために、わざわざ私をお呼びになったのですか?

いや。。。 それだけではありません。。。 ちょっと次のリストを見て欲しのですよ。。。

 


(liv20-07-01.jpg)


『拡大する』

『後家殺し』

 

これはライブドアの僕の「徒然ブログ」の日本時間で7月1日の午後1時24分から午後4時18分までのアクセス者の記録ですや。。。赤枠で囲んだ箇所に注目して欲しい。。。

あらっ。。。午後4時12分に GOOGLE で検索して『後家殺し』を読んだネット市民がいたのですわねぇ〜。。。

そうなのです。。。 実は、西新宿に住んでいる後藤亀吉さんが読んだのですよ。。。

 


(ip123208.jpg)

 

亀吉さんは次のように検索して記事を見つけたのです。。。

 


(gog20-07-02.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

あらっ。。。後家殺し ゴルフ 徒然 と入れて検索したのですわねぇ〜。。。

そういうことです。。。

でも、どうして「後家殺し」のあとに「ゴルフ」を付け足して検索したのですか?

あのねぇ〜、亀吉さんはジュンコさんのようにゴルフにハマっているのですよ。。。

 


(golfer20.gif)

 

つまり、ゴルフ用語に「後家殺し」があるのを亀吉さんは知らなかったのですか?

そうなのです。。。亀吉さんは、いい年して「どういうことなの?」とは悪友たちに訊くことができなかった。。。

それで家に帰ってからネットで、どういうことなのか?と思って、コソコソと検索したのですか?

そういうことですよ。。。それで、検索結果の中に僕が投稿した『後家殺し』をクリックして読んだというわけです。。。

記事を読んでパターで打った球が穴の周囲をなめて入らなかった時に“後家殺し”というのを知ったのですか?

そういうことです。。。

 


(golfball3.jpg)


(golfball2b.jpg)

 

記事の中では、ジュンコさんも初めてゴルフの「後家殺し」を知ったので、その時 恥ずかしそうに顔を赤らめて スカートの裾を持ち上げて顔を隠したのですよ。。。パンツが丸見えなのに。。。

 


(panty83.jpg)

 

なにも、また上の写真を貼り出さなくてもよいではありませんかア! んもおおおおォ〜。。。

でも、亀吉さんは、ジュンコさんがこれだけ恥ずかしくなるとい事を知って「なるほどォ〜。。。」と思って、すぐに「アソコを舐めるだけで入らないからだなァ〜!」と閃(ひらめ)いたと言うのです。。。

あれっ。。。「ジュンコさん、まだ帰らないでくださいよう!」

 


(mwalk01.gif)

 

ムッチリとした尻をフリフリ ジュンコさんはムカついて帰ってしまいましたよ。。。。


(laugh16.gif)

【ジューンの独り言】


(bare02b.gif)

ですってぇ~。。。

あなたは、ゴルフ用語の「後家殺し」という言葉を知っていましたか?

ええっ。。。 「そんな下らない俗語など どうでもいいから、他に何か面白いことを話せ!」

あなたは、そのように わたしにご命令なさるのですかァ~?

分かりましたわ。。。 じゃあ、面白い動画をお目にかけますわ。。。

ワンワンちゃんが人間の言葉をしゃべります!

 


(dog810.jpg)

 

ええっ。。。? 「そんな馬鹿バカしい動画など、どうでもいいから、何か他に面白い話をしろ!」

あなたは、また そのような命令口調で わたしに強要するのですか?

わかりましたわァ。。。

では、たまには日本の歴史の話も読んでみてくださいなァ。

日本の古代史にも、興味深い不思議な、面白いお話がありますわァ。

次の記事から興味があるものをお読みくださいねぇ~。。。


天武天皇と天智天皇は

同腹の兄弟ではなかった。

天智天皇は暗殺された

定慧出生の秘密

藤原鎌足と長男・定慧

渡来人とアイヌ人の連合王国

なぜ、蝦夷という名前なの?

平和を愛したアイヌ人

藤原鎌足と六韜

古事記より古い書物が

どうして残っていないの?

今、日本に住んでいる人は

日本人でないの?

マキアベリもビックリ、

藤原氏のバイブルとは?

ところで、他にも面白い記事がたくさんあります。

興味のある方は次の記事も読んでみてくださいね。

 


(sunwind2.gif)



(sylvie500.jpg)

『シャフリ・ソフタ』

『閨房でのあしらい』

『漱石とグレン・グールド』

『女性の性欲@ラオス』

『美学de愛と性』

『女の本音』

『にほん村からの常連さん』

『日本初のヌードショー』

『可愛い孫』

『ネットで広まる』

『なぜブログを書くの?』

『アルゼンチンから』

『潮吹き』

『ヨッパライが帰ってきた』


(ken203h.jpg)

『後家殺し』

『奇想天外』

『下女のまめは納豆』

『オペラミニ』

『三角パンツ』

『サリーの快楽』

『ラーメン@ゲブゼ市』

『安心できない@病院』

『ブルマー姿@自転車』

『女性の性欲研究』

『頭のいい馬』


(miya08.jpg)

『トランプ@マラウイ』

『きれじ』

『コッペパン』

『くだらない話』

『大蛇が破裂』

『グルーヴ』

『タスマニアデビル』

『女と反戦』

『裸女に魅せられ』

『素敵な人を探して』

『カクセンケイ』

『博士の異常な愛情』


(teacher9.jpg)

『パレートの法則』

『こんにちわ@ブリュッセル』

『いないいないばあ』

『食べないご馳走』

『10分間に900件を越すアクセス』

『5分間に340件のアクセス』

『縦横社会』

『村上春樹を読む』

『パクリボット』

『露出狂時代』

『露出狂と反戦』

『オナラとサヴァン症候群』

『検疫の語源』

『共産党ウィルス』

『馬が合う』

『オックスフォードの奇人』

『風馬牛』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に
ネットサーフィンしましょう。
じゃあね。バーィ。


(hand.gif)



(spacer.png+betty5de.gif)
(hiroy2.png+betty5d.gif)
『スパマー HIRO 中野 悪徳業者』

 


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)

『卑弥子の源氏物語』

『平成の紫式部』

めれんげさんの『即興の詩』

めれんげさんの『極私的詩集』

Jagel - Soft Japanese Bagel
(bagel702.jpg)

“JAGEL – Soft Japanese Bagel”


(linger65.gif)

『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

『面白くて楽しいレンゲ物語』


(beach02.jpg)

『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

『今すぐに役立つホットな情報』


(rengfire.jpg)


(byebye.gif)

マカオのお釜

 

マカオのお釜

 


(question8.png)


(macao21.jpg)


(question.gif)


(merange12.jpg)

デンマンさん…、 マカオでお釜を買いなはったん?


(kato3.gif)

なんでぇ〜、わてがマカオで釜を買わなければならんのやァ〜。。。

そやかて、タイトルにそう書いてあるやん。。。

あのなァ〜、“マカオのおかま”というのは、かつてタイトルとして使ったさかいに、同じタイトルにすると混乱するよってに、一部に漢字を使うことにしたのやないかいなァ〜。。。

つまり、同じ内容の記事をコピペして投稿するつもりやのォ〜?

そないなことをするかいなァ〜。。。 こうして めれちゃんがやって来て、タイトルのことで とやかく言うてるということは、内容の違う記事を書いているということやんかァ〜。。。

そやけど、どないなわけで 紛らわしいタイトルにしやはったん?

ちょっと次のリストを見て欲しいねん。

 


(liv20-06-23b.jpg)


『拡大する』

『マカオのおかま』

 

これはライブドアの わての「徒然ブログ」の日本時間で6月23日の午後4時31分から午後11時17分までのアクセス者の記録やねん。。。赤枠で囲んだ箇所に注目して欲しい。。。

あらっ。。。6月23日の午後9時8分にGOOGLEで検索しやはって『マカオのおかま』を読みはったネット市民がいたのやねぇ〜。。。

そういうことやがなァ~。。。 実は、尼崎市に住んでおる雨宮奈美(あまみや なみ)さんがこの読みはってん。。。

またIPアドレスを調べて奈美さんが読みはったことを突き止めたん?

そうやァ〜。。。

 


(ip2211.png)

 

。。。で、奈美さんは尼崎でなにしてはるのォ〜?

関西国際大学の尼崎キャンパスで国際コミュニケーション学部に在籍して国際人になるために勉強しておるのやないかいなァ〜。。。

 


(kansai01.jpg)

 

つまり、奈美さんは日本に見切りをつけて海外に活動の場を探しておるのォ〜?

目下、奈美さんはクラスメートには言ってないのやけど、将来はシンガポール、香港、マカオのような国際的な街で活躍したいと考えてるねん。。。

そやけど、香港とマカオは中国領になって、今後 何かと不安定になるのとちゃうん? もしかするとマカオにも近い将来、香港のように暴動が発展的に広まってゆき、それが中国本土にまで拡散して民主革命が起こるのとちゃうん?

もちろん、そのようなことも奈美さんは視野に入れているのやがなァ〜。。。波風が立たない平穏無事な、生ぬるい生活環境よりも、奈美さんは、むしろ波乱に富んだ人生の方に生きる張り合いを感じるねん。。。そういうわけでマカオのような国際都市に興味があるのやがなァ〜。。。

 


(macau09b.jpg)


(macao800.jpg)

 

上のクリップを見て、めれちゃんはどないに思う?

そうやねぇ〜。。。やっぱり、国際都市やねぇ〜。。。なんやァ、ワクワクしながら見てしもうおたわァ〜。。。わたしもマカオに住みたくなったわァ〜。。。で、奈美さんは、どないにして記事を見つけやはったん?

次のように検索したのやがなァ〜。。。

 


(makao20-06-25.jpg)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

マカオ モンテビデオ 宮澤理恵 と入れて検索っしやはったのやねぇ〜。。。

そういうことやがなァ〜。。。

そやけど、なんで宮沢りえさんの名前が「宮澤理恵」になってるん?

マカオの中国人には宮沢りえさんは「宮澤理恵」として知られているのやがなァ〜。。。

宮沢りえさんはマカオでそれほど人気があるのォ〜?

現在、中国系の会社役員をしているおっさんの間では、宮沢りえさんは人気があるねん。。。

どないなわけで。。。?

中国系の会社役員をしているおっさんたちが まだ壮年の頃に中国系の新聞に次のような宮沢りえさんのヌード写真が掲載されたのやがなァ〜。。。

 


(miya21.jpg)

『宮澤理恵@macao』より
 

 

わては、この当時マカオにいたのやでぇ〜。。

マカオのギャングと麻薬の取引でもしておったん?

そのような誤解を招くようなことを言わんで欲しいねん。。。わてはジャスミンさんという中国系の若い女性経営者と仕事をしていたのやがなァ〜。。。

 


(macau22b.jpg)

 

その仕事が片付いてからジャスミンさんに案内されて「モンテの砦」を訪れ、疲れたのでベンチに座ろうとしたのや。。。すると、ベンチに上の写真が載った新聞が置き去りにされていたというわけやァ〜。。。

 


(macau25c.jpg)

 

その新聞を あんさんは大切にバンクーバーまで持って帰ったというわけやのォ〜?

そういうこっちゃァ。。。あきまへんかァ〜? うへへへへへ。。。 マカオ訪問の記念やがなァ〜。。。 その写真があったさかいに、すぐ上の記事も書けたのやでぇ〜。。。

。。。で、奈美さんはマカオで宮沢りえさんが中国系の会社役員のおっさんの間で人気があることも知っておったのォ〜?

あのなァ〜、奈美さんは国際コミュニケーション学部で国際人になろうと勉強しているのやでぇ〜。。。そいで将来、マカオ、香港、シンガポールで活躍しようとしておるねん。。。そやから、マカオ、香港、シンガポールのことはネットで調べつくしておるねん。。。

宮沢りえさんのことを知っておったとしても、マカオとは全く関係ないウルグアイの首都のモンテビデオを加えて検索したのは、いったい、どないなわけやのォ〜?

 


(montevideo.jpg)

 

めれちゃんは奈美さんとちがい国際コミュニケーション学部で勉強したことがないさかいに知らへんけど、マカオには有名な「モンテの砦」という名所があるねん。。。めれちゃんも知ってる通り、マカオはポルトガルの植民地やった。。。「モンテ」とはポルトガル語で「山」という意味やねん。。。

。。。で、ビデオは。。。?

ポルトガル語で ”モンテビデオ (Monte vide eu)”は「私は山を見ました」という意味やねん。。。つまり、この場合は「私はマカオでモンテの砦を見ました。 マカオでも宮沢りえさんは有名だということを知ったのです」ということやん。。。

つまり、奈美さんはポルトガル語もしゃべりはるのォ〜?

当たり前だのクラッカ〜! 将来、マカオ、香港、シンガポールで活躍するつもりなのやでぇ〜。。。そやから、中国語とポルトガル語も勉強してはる。。。現在でも、ほぼペラペラとしゃべれるのやがなァ〜。。。

信じられへん。。。それに、そもそも奈美さんはマカオに行ったことがあるん?

もちろんやがなァ〜。。。

 


(macao82.jpg)

 

奈美さんはマカオにも行ったことがあるさかいに、マカオ モンテビデオ 宮澤理恵 と入れて検索したのやないかいなァ〜。。。つまり、「私はマカオでモンテの砦を見ました。 マカオでも宮沢りえさんは有名だということを知ったのです」ということやん。。。


(laugh16.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

 

ですってぇ〜。。。

あなたも 奈美さんのように活動の場を海外に求めて、日本から出てみたいですかァ〜?

ええ。。。「そんな夢のような事を言ってないで、他にもっと面白いことを話せ!

あなたは、そのように強い口調で あたしに命令なさるのですか?

分かりましたわ。

では、あなたのために、ニーチェのおじさまが語った言葉をお聞かせしますわねぇ〜。。。

 

 

あなたは ニーチェの言葉をどう思いますか?

デンマンさんは何度となく、めれんげさんに『即興の詩』サイトを再開するように催促していました。
そして、めれんげさんも、デンマンさんの勧めに応じて『即興の詩』サイトを再開することになりました。

 

めれんげさんの『即興の詩』サイト

 

それにしても再開して間もないのに 検索結果 3,960,000件中の 9位に躍り出るなんてすごいですよね。

 


(gog30703.gif)

『現時点での検索結果』

 

すぐ上のリンクをクリックしてみれば解るように
現在では めれんげさんの『即興の詩』サイトはトップと2位を独占していますわ。

検索エンジン最適化をいつも考えて頑張っている人には
「どうしたら、そんなに上位に掲載されるのォ~?」と不思議に思えたり羨ましく思えるかもしれません。

その秘訣を知りたかったらデンマンさんが面白い記事を書いていますわ。
次のリンクをクリックして読んでみてください。

『おばさんの下着に見るSEO』

ところで、めれんげさんは可愛い猫を飼っていますが
あなたも、猫ちゃんを飼っていますか?
ええっ。。。 ワンワンちゃんを飼っているのですか?

そういえばデンマンさんが『ワンワンちゃん』という面白い記事を書いていました。
気が向いたら下のリンクをクリックして読んでみてください。

 


(dog202.jpg)

『ワンワンちゃん』

 

とにかく、次回も興味深い話題が続きます。
あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事

 


(linger49.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(vanc700.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(ebay5.jpg)

『平成の悲しい実話』

『乱交パーティーとめれちゃん』

『居酒屋とめれちゃん』

『立ち上がるめれちゃん』

『愛にあふれる未来』

『乱交パーティーと表現者』

『めれちゃん@天国と地獄』

『めれちゃんとにこちゃん』

『塩野七生とめれちゃん』

『午前4時の薄着の女』

『地球の最後に』

『めれちゃんと愛のピアノ』

『めれちゃんとサビーナ』

『どMなの?』

『愛は大海原を越えて』

『2度目の火あぶり』

『ニーチェとエロい画像』

『ニーチェとめれちゃん』

『ニーチェと吉田兼好』

『めれちゃん、すごいね』

『めれちゃん、おはよう』

『夏目漱石と南方熊楠』

『めれちゃん、どうちたのォ~?』

『めれちゃんの悦び』

『性愛サイトとめれちゃん』

『Myぬこが便秘で…』

『Myぬこの愛と恋愛』

『寂しがり屋のめれちゃん』

『くだる本とくだらない本』

『腑に落ちる話』

『めれちゃん、落ち込んでるの?』

『フルトヴェングラーの愛』

『忘れられない愛の言葉』

『死に向かう心の旅路』

『イメージの魅惑と衝撃』

『フルトヴェングラーと芭蕉』

『愛という名の心の旅路』

『永遠の愛と世界』

『世界に広がる愛』

『デンマンエロマンガ』

『樹海の森』

『いびつな現実@ネット』

『天の火もがも』

『肥後ずいきの使い方』

『羞恥心と可愛さ』

『また12歳少女の死』


(june24b.jpg)

こんにちはジューンです。

卑弥子さんが面白いお話を集めて

楽しいサイトを作りました。

次のリンクをクリックして

ぜひ覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(beach02.jpg)


(byebye.gif)

海外美女とクズの廃人

 

海外美女とクズの廃人

 


(junevanc.jpg)


(gabot02.jpg)


(soberano.jpg)


(fan004.jpg)


(fool940.jpg)


(fool911d.jpg)


(fool902.jpg)


(fool911.jpg)

『現実主義者 馬鹿の見本』

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺
(masuo01e.png)

デンマンさん。。。 海外美女を並べてオイラを呼び出してくれてありがとうございます。。。


(kato3.gif)

オマエはゲイ人だと思ったのに、きれいな女性を見るのもうれしいのォ〜?

オイラは性別に関係なく美しものには惹かれるのです。。。

つまり、オマエはバイセクシャルになったということかァ〜?

デンマンさん!。。。セクシャル・オリエンテーションにこだわるのは 止めてください。。。

あれっ。。。オマエ、英語のビッグワードを知っているのだねぇ〜。。。偏差値30台のクソ大学を追い出されるようにして卒業した「クズの廃人」だと自称するオマエには似つかわしくない英単語だよ。。。

そんな事よりも、どういうわけで海外美女を取り上げて、オイラを馬鹿にするのですか?

いや。。。僕はオマエを馬鹿にしようとするわけではないのだよ。。。

でも、デンマンさんは、これまでに さんざオイラを馬鹿にしてきたではありませんかア!

オマエは、バカにされたと思ってるわけぇ〜? 僕はオマエを立派な男にしようと思って数々の助言を与えてきたつもりなのだけれど。。。

オイラは伊藤先生のブログで「クズの廃人」でいい、と誓った人間なのです。。。今更、デンマンさんから助言などもらいたくありません。。。

ところで、伊藤先生がとうとう6月いっぱいでアメブロから退会することに決断したようじゃないか!

そうです。。。オイラもそれを聞いて心を痛めているのです。。。

オマエは、意外にしおらしいところがあるのだねぇ〜。。。オマエが涙を浮かべながら伊藤先生の不運と不幸に同情するとは思わなかったよ。。。

伊藤先生はオイラの恩師です。。。(バカが涙を拭いながらうつむいてます)。。。これが悲しまずにいられましょうか?

でも、オマエはさんざ伊藤先生に迷惑をかけて、最後には先生に破門されてしまったのだよ。。。 それでも、オマエは先生を憎まずに涙を流して、いわばアメブロの管理人に退会させられたことに対して悲しむわけぇ〜?

そうです。。。人を憎むことからは何も生まれません。。。オイラは今でも伊藤先生の恩義を感じているのです。。。

オマエらしくない哲学的なことを言うのだねぇ〜。。。 その通りだよ。。。伊藤先生から破門されたからと言って先生を憎むのは人の道に反したことだよ。。。オマエは、まるで東大の哲学科を卒業した卒業生のような事を言うのだねぇ〜。。。(微笑)。。。僕は、少しだけオマエを見直したよう。。。 それなのに、オマエはどして人を誹謗・中傷するような嫌がらせのコメントを 未だに書き回っているのォ〜?

デンマンさん! 完全に横道にそれてますよゥ。。。本題に入ってください。。。海外美女ですよう。。。んもおおおおォ〜!

そうかァ〜。。。オマエは人の道よりも海外美女の方がいいのだねぇ〜。。。じゃあ、まず次のリストを見て欲しいのだよ。。。

 


(liv20-06-25link.jpg)


『拡大する』

『現実主義者 海外美女』


『肥後ずいきが性具になったきっかけは?』

 

これはライブドアの僕の「徒然ブログ」の6月1日から25日までリンク元のリストなんだよ。。。見れば分かるようにGOOGLEで検索して『肥後ずいきが性具になったきっかけは?』を読みにやって来たネット市民が圧倒的に多い。。。その中にあって「にほんブログ村」からやって来て『現実主義者 海外美女』を読んだネット市民がいたので、そのリンクが3位に食い込んでいるのだよ。。。

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

それでオイラを呼び出したのですか?

そうだよ。。。オマエは、なんだか不満そうだねぇ〜。。。

そのぐらいのことで呼び出さないでくださいよ!。。。これでもオイラは嫌がらせのコメントを書くのに忙しいのです。。。こんなところで時間を無駄にしたくありません。。。

あれっ。。。オマエは次のように言っていたのを忘れてしまったのォ〜?

 


(fool911.jpg)

『現実主義者 馬鹿の見本』

 

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

もちろん、覚えてますよゥ。。。

だったら、こうしてオマエの事が書いてある記事が読まれていることを知って、オマエはスキップして喜びたくなるはずだよ。。。そうだろう?

でも、読まれていると言っても25日間にたったの34人がやって来ただけじゃありませんか!。。。1日に一人ですよ。。。せめて一日に10人ぐらいになってから呼び出してください。。。

じゃあ、次のリストも見て欲しい。。。

 


(liv20-06-25b.jpg)


『拡大する』

『海外美女ランキング』

 

これはライブドアの僕の「徒然ブログ」の6月25日の午後4時11分から午後9時23分までのアクセス者の記録なのだよ。。。赤枠で囲んだ箇所に注目して欲しい。。。

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

6月25日の午後8時26分に『海外美女ランキング』を読んだネット市民がいたのですねぇ。。。

そうだよ。。。この記事にはオマエのことは書いてない。。。でも、記事の中に次の「にほんブログ村」のリストが出てくるのだよ。。。

 


(mur61210a.jpg)


『拡大する』

『実際のページ』

 

つまり、海外美女に関心があるネット市民が読むから、当然、海外美女・海外美少女ランキング にも興味がある。。。それで上のリンクをクリックして「にほんブログ村」へ飛ぶわけだよ。。。

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

上のリストは2016年のもので古いものですね。。。現在のリストはどうなっているのですか?

次のようになっている。。。

 


(mur20-06-25a.jpg)


『拡大する』

『実際のページ』

 

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

あれっ。。。注目記事 の中に 現実主義者 海外美女 が出ているのですね。。。

そうだよ。。。それでタイトルに惹かれて、そのタイトルをクリックして記事を読んで悪名高くなっているオマエのことを知るわけだよ。。。しかも、オマエの事が書いてある記事が表示されているのは、このページだけではないのだよ。。。次の『ネット恋愛』のページにも『現実主義者 海外美女』 が出ている。

 


(mur20-06-25b.jpg)


『拡大する』

『実際のページ』

 

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

あれっ。。。マジで出てますねぇ〜。。。つまり、注目記事 の中に 現実主義者 海外美女 が出ているので、つられてタイトルをクリックして記事を読むのですか?

そうだよ。。。オマエだって、現実主義者 海外美女 というタイトルを見たら読みたくなるだろう?

確かに“海外美女”にちょっとばかり惹かれます。。。でも、結果として25日間に 34人のネット市民だけしか読んでなかったということですよ。。。それほど驚くことではありません。。。

あのさァ〜、オマエはまだ全体像を把握してないのだよ。。。要するに、“木を見て森を見ず”の状態なのだよ。。。

どういうことですか?

ちょっと次の検索結果を見てごらんよ。。。

 


(gog20-06-30.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

現実主義者 海外美女 ”デンマン” と入れて検索してみたのだよ。。。すると 7,530件もヒットする。。。

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

だから、どうだとデンマンさんは言うのですか?

つまり、『現実主義者 海外美女』の記事は僕が書いた多くの記事や、「にほんブログ村」のようなサイトの注目記事になったりしてネット市民の目に触れているわけだよ。。。

だから。。。?

だから海外美女に興味を持って読むネット市民が出てくる。。。 それで、初めて読む人も、その記事の中で「クズの廃人」だと自称するオマエのことを知ることになるのだよ。。。

マジで。。。?

だから、上の結果をじっくりと見たらいいよ。。。ライブドアの「リンク元リスト」を見ると25日間に『現実主義者 海外美女を』を34名のネット市民が読んだということは、単純にその数を 上の検索結果の 7,530件にかけ合わせれば次のようなことになるのだよ。。。

 

34人 X 7,530件 = 256,020人

 

つまり、少なくとも20万人のネット市民の皆様が25日間に『現実主義者 海外美女』を読んだことになるのだよ。。。

マジっすかあああァ〜♫〜?

上の検索結果をじっくりと見れば、明らかじゃないかァ! 素直に信じろよ! だから、由美さんもオマエに励ましの言葉をかけるそうだよ。。。じっくりと聞いたらいいよ。。。

 


(girl518n.png)

 

現実主義者さん!

貴方は、ネットで有名に

なっているのだから、

ここでブログを立ち上げれば

たくさんのネット市民が

読みにやって来るのよ。

 

伊藤先生のブログの記事が

たくさん削除されて

寂しくなったのよ。

 

だから、貴方がブログを立ち上げて、

記事を書いて、伊藤先生の

恩に報いるのよ。

 

国民栄誉賞をもらうために

嫌がらせのコメントを

書き回らないで

ブログを立ち上げて

素晴らしい記事を書いて

悪人でも改心すれば

善人になれることをネット市民の

皆様に見せるのよ。

 

そうすれば私も貴方のブログに

愛のコメントを書いてあげるわ。

うふふふふふふ。。。


『現実主義者と美ギャル』でも助言

『馬鹿の見本なのね』でも更に助言

 

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

オイラが自分のブログを立ち上げて、嫌がらせのコメントを書くのを止めたら由美さんは本当にオイラのブログに愛のコメントを書いてくれるでしょうか?

由美さんは思ったことを正直に言う女性なんだよ。。。だから信用してもいい。。。

でも。。。、でも。。。、オイラがブログを立ち上げたら、今までオイラが書き込んだ嫌がらせのコメントを受け取ったブロガーが復讐のために酷いコメントを書いて、オイラのブログが炎上すると思うのですよ。。。そしたら、デンマンさんは応援に駆けつけてくれますか?

駆けつけるよ。。。由美さんと一緒に駆けつけるから。。。

ホントですか?

僕も由美さんも嘘は付かないのだよ。。。

じゃあ、もし嘘をついたら針千本飲ませてもいいですか?

いいよ。。。

それを聞いたら、なんだか嬉しくなってきました。。。

。。。だろう!? この際、マジでスキップして喜んでもいいよ。。。

 


(smilerol.gif)


わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

やはり、仏のデンマンさんは

すばらしいです。。。

オイラのために足掛け4年にわたって

記事を書いてくれているのです。

あと500個“いいね”が付くまで

オイラと付き合ってくれると言います。

 

更に、オイラがブログを立ち上げたら

由美さんが愛のコメントを書いてくれると

約束してくれました。

このぶんだと、国民栄誉賞がもらえるのも

ついに時間の問題となりました。

 

もうこうなったら、恥も外聞もなく

天にも舞い上がる気持ちで

スキップしたいと思います。

皆さんもオイラと一緒に

スキップしてくださいね。


(smilejp.gif)

わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

ルンルンルン ランランラ~♪~ン

もう一つおまけに

ルンルンルン ランランラ~♪~ン

ああァ~、うれしいなあああァ~。。。

 


(girl518n.png)

 

あなたもバカバカしくなって

他のブログへ飛びたい気持ちに

なったでしょう!?

 

どう見ても、もうしばらくの間は

正気に戻れそうもありませんわ。

デンマンさんも私もこの男のことでは

ずいぶんと助言をして

きたのですけれど、

明日になれば すっかり

忘れてしまうかも知れませんわ。

 

そういうわけで、

期待はしないまでも

長い目で見守りたいと思います。

うふふふふふふ。。。


『現実主義者と美ギャル』でも助言

『馬鹿の見本なのね』でも更に助言


(laugh16.gif)

 

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

 

ですってぇ~。。。

馬鹿バカしいと思いながらも、最後までよく読んでくださいました。

デンマンさんも喜んでいると思います。

とにかく、ネットには、いろいろと変わった人がいますわァ。。。

ヴァイアグラを飲みすぎて オツムがイカレた人もいれば、

他人に成りすまして ヤ~らしいコメントを書き込む人もいます。

また、誰彼かまわずに“スパム”を飛ばす嫌われ者もいます。

とにかく、ネットには。。。 特にアメブロには “めちゃキモい”人たちがウヨウヨしています。

まるで得意になって、愚かな事をして遊んでいます。

また、見かけは普通のブログでも、悪徳スパマーが手を変え品を変えて 悪徳サイトへ誘い込もうとしています。

コメントスパムで褒められると、ついついその気になって、相手のブログへ飛んでゆき、お返しに、あるいはお礼にと思って 読者に登録してしまったりするものですわァ。

どうか スパマーの思う壺にはまらないでくださいね。

悪徳スパマーは悪徳サイトへ誘おうと てぐすね引いて待っているのですから。。。

悪徳サイトを利用して、メールアドレスで登録したりすると、あなたのメールアドレスは第3者や第4者に売られてしまう危険性があります。

あなたは、そのようなスパム・コメントや 成りすましスパマーには騙されないと思い込んでいるでしょう?

でもねぇ~、もしかすると騙されているかもよ。。。

とにかく気をつけてくださいね。

次回も、さらに面白い話題が続きます。

あなたも、どうか、また記事を読みに戻ってきてください。

では。。。


(hand.gif)

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク


『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

『あなたもワクワクする新世代のブログ』

『ちょっと心にぐっと来る動物物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)

『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』



(spacer.png+betty5de.gif)
(hiroy2.png+betty5d.gif)
『スパマー HIRO 中野 悪徳業者』

 

(uncg05b.jpg)

『犯罪者しきらら 自滅』

『悪ガキ 現実主義者』

『英字スパマー自滅』

『バカは遺伝する?』

『現実主義者と美ギャル』

『英字スパマー殺虫剤』

『チュンチュンと馬鹿の見本』

『中華スパマー』

『ネット不適応者探し』

『fukachina スパマー』


(bikini901.jpg)

『ネトウヨ 現実主義者』

『不倫スパマー』

『なぜ どうして?』

『薬局スパマー』

『アホノミクスと現実主義者』

『無能な歌手スパマー』

『書き方スパマー』

『DNAと現実主義者』

『狭心スパマー』

『チュンチュンと馬鹿の見本』


(yuri03.jpg)

『薬屋リファラスパマー』

『ロシアリファラスパマー』

『ヴァイアグラ・リファラスパマー』

『ネット不適応者』

『強壮剤リファラスパマー』

『ヴァイアグラ馬鹿 スパマー』

『ネット不適応者を探して』

『ロシア投資スパマー』

『ケネディ家と現実主義者』

『またヴァイアグラ馬鹿』


(rengey5.jpg)

『京都アニメ放火事件と現実主義者』

『ニャースと大介スパマー』

『ビットコインバブル』

『ニャースと大介 悪質スパマー』

『ニャースと大介 反省』

『ニャースと大介 現実主義者』

『Limitedheart 現実主義者』

『ニャースと大介 無反省』

『美容ブログ スパマー』

『現実主義者の女』


(hooker08.gif)

『ニャースと大介 Limitedheart』

『現実主義者 海外美女』

『ネット不適応者とは』

『現実主義者@ランキング』

『エロいけれど』

『犯罪者ブロガーつなんち』

『悪名高いニュースと大介』

『馬鹿の見本なのね』

『パクリブロガーつなんち』

『愚かなニャースと大介』

『馬鹿の見本が増えてる』

『詩と馬鹿の見本』

『いいね馬鹿』

『ベルばらと現実主義者』

『悪ガキ 現実主義者』


(bigcash.jpg)

『現実主義者の生き方』

『現実主義者@Singapore』

『現実主義者@クリスマス』

『北海の女と現実主義者』

『犯罪サイトと現実主義者』

『天才と現実主義者』

『あるネット不適応者』

『二ャースと大介』

『ショパンと現実主義者』

『千葉の女と現実主義者』

『アホの再来』

『注目の的 現実主義者』

『馬鹿の見本に注目』

『中国情報ジャーナル スパマー』

『金魚のウンコ 現実主義者』

『現実主義者@エチュード』

『現実主義者と木村花さん』

『現実主義者の熱烈なファン』


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

アダムとイブのバナナ

 

アダムとイブのバナナ

 


(lookanim.gif)


(banana82e.jpg)


(sylvie500.jpg)


ケイトー。。。 またバナナの話をするわけぇ〜?


(kato3.gif)

シルヴィーはバナナの話は飽きてしまったのォ〜?

だってぇ〜、バナナも1度や2度ならいいけれど、3度目じゃ食べ飽きるわよう。。。夕べ、アダムとイブがバナナを食べた夢でも見たのォ~?

いや。。。 夢を見たのじゃないのですよ。

じゃあ、何を見たのよ。 アダムとイブはリンゴを食べたと世界的に決まっているのよ。 バナナを食べたなんてネットで言えば世界のネット市民の皆様に笑われるのがオチだわよ。。。

ちょっと次のリストを見てください。。。

 


(liv20-06-25.jpg)


『拡大する』


『アダムとイブはバナナを食べた』

 

これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の日本時間で6月26日の午前4時から午前8時32分までのアクセス者の記録なんですよ。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目してください。。。

あらっ。。。 GOOGLEで検索して6月26日の午前4時34分に ケイトーが「徒然ブログ」に投稿した『アダムとイブはバナナを食べた』を読みにやって来たのねぇ~。。。

そういうことなのですよ。。。

。。。で、リファラのリンクをクリックすると どのような検索結果が出てくるの?

次のページが表示されるのですよ。。。

 


(gog20-06-25a.jpg)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

あらっ。。。 アダムとイブ 葉っぱ と入れて画像検索してみたのねぇ〜。。。で、赤枠で囲んである画像をクリックしたわけなのォ〜?

そうです。。。すると次のページが出てくるのです。。。

 


(gog20-06-25b.jpg)


『拡大する』

『実際のページ』

 

大蛇を体に巻き付けた女性の写真に惹きつけられて、画像をクリックして記事を読んだのですよ。。。

 


(banana82e.jpg)

『アダムとイブはバナナを食べた』

 

午前4時半に起きて、いったい誰が読んだわけぇ〜。。。?

横浜市に住んでいる馬場亀雄君が読んだのですよ。。。

 


(ip52190.png)

 

亀雄君はバナナそのものよりもイチジクの葉っぱに関心を持ったわけなのォ〜?

そういうことですよ。。。「イチジクの葉っぱで大切なところを隠すというのちょっと可笑しいのではないか?」。。。亀雄君は常々そう思いながらネットをサーフィンして疑問を解こうとしていたわけです。。。

それで、その事がオツムの片隅にずっと巣くっていて眠れずに、午前4時に起きてネットサーフィンを始めたわけなのォ〜?

そういうわけですよ。。。

信じられないわァ〜。。。

昔の人は “真実は小説より奇なり!” と言いましたからねぇ〜。。。常識では考えられないことも現実には起こるのですよ。。。

それで、亀雄君は満足のゆく説明をゲットすることができたのォ〜?

できました。。。ちょっと読んでみてください。。。

 

知恵の樹


(tree900.jpg)

 

知恵の樹(ちえのき)は、旧約聖書の『創世記』(2章9節以降)に登場する木。
善悪の知識の木とも呼ばれる。

エデンの園の中央部にあった2本の木のうちの一つ。
もう一つは生命の樹。
知恵の樹の実を食べると、神々と等しき善悪の知識を得るとされる。
知恵の樹の実はいかにも美味しそうで目を引き付けるとされる。

『創世記』によれば、人間はエデンの園に生る全ての樹の実は食べても良いが、知恵(善悪の知識)の樹の実だけは、ヤハウェ・エロヒム(エールの複数形)により食べることを禁じられていた(禁断の果実)。
なぜなら知恵の樹の実を食べると必ず死ぬからである。

しかし人間を神に背かせようとする蛇に唆されて、初めにイヴが、その次にイヴの勧めでアダムが知恵の樹の実を食べたことによって、善悪の知識を得たアダムとイヴは、裸の姿を恥ずかしいと思うようになり、イチジクの葉で陰部を隠した。

それにより神は事の次第を知り、知恵の樹の実を食べた人間が生命の樹の実までも食べ永遠に生きるおそれがあることから、アダムとイヴはエデンの園を追放される。
この出来事を「失楽園」という。キリスト教徒によれば、この出来事は神に対する不服従の罪であり、原罪とされるが、ユダヤ教徒には「原罪」というものは存在しない。

この出来事により、人間は必ず死ぬようになり、男には労働の苦役が、女には男に支配され出産の苦しみが、もたらされるようになった。
蛇は神の呪いを受け地を這いずることになった(蛇に足が無いことの起源)。

タロットカード(ウェイト版タロット)の「恋人」のカードには、この知恵の樹の実を食べる場面が描かれている。

 

リンゴかバナナかイチジクか

この知恵の樹の実は俗説ではリンゴのことであるとされるが、旧約聖書にそうした記述は無い。

一説には、リンゴとする解釈は2世紀に聖書をギリシャ語に翻訳したアクィラ・ポンティカスに由来するとされる。
彼は「りんごの木の下で、わたしはあなたは呼び覚ました。
あなたの母親は、かしこで、あなたのために産みの苦しみをなし」という雅歌の「産みの苦しみをなし」の部分を「堕落した」と誤訳した。

この為、りんご→堕落→知恵の樹の実という連想が生まれ、知恵の樹の実はりんごであると解釈されるようになった、とされる。

別の説では、聖書をラテン語に翻訳した際に誤訳されたとする。
禁断の果実を指すラテン語の「malus」には二つの意味があり、形容詞として使われる場合では、「邪悪な」を意味し、名詞では「リンゴ」である。
禁断の木の実をリンゴとする説は、「邪悪な木の実」と「リンゴ」を混同している、とされる。

また喉頭隆起のことを英語で「Adam’s apple」(アダムのリンゴ)という。
これはアダムが知恵の樹の実を喉に詰まらせたとする伝説に由来する。

ジョン・ミルトンの「失楽園」(1667年)ではリンゴとされ、この俗説がさらに世界に広まったとされる。

確かなことは、リンゴは寒冷な中央アジア原産とされ、エデンの園があったとされるペルシャ湾岸では育たないということである。

ダン・コッペル著「バナナの世界史」によると、古代のインド以西の中東地域においてはバナナはイチジクと呼ばれ、マケドニア人のアレクサンドロス3世はインド遠征でバナナを見たとき、これをイチジクと記したとされる。

また、アラビア語で書かれたコーランに出てくる楽園の禁断の果実「talh」はバナナと考えられており、ヘブライ語聖書では禁断の果実は「エバのイチジク」と書かれているとされる。

このことから、実は創世記に出てくる知恵の樹の実は、通説のイチジクではなくバナナであったとする仮説がある。

 

第三バルク書と葡萄の樹

西暦200年頃にギリシア語で編纂された聖書外典である第三バルク書には、「アダムを惑わせた樹(=知恵の樹)は葡萄の樹である」と書かれている。

これは天使サマエルが植えたものであり、人類の堕落と破滅と悪の原因である、サマエルと葡萄の樹は神に呪われたが、葡萄の蔓は大洪水を生き残り、神の許しを得て、ノアによって植えられた。


出典: 「知恵の樹」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

読んでみれば解るように、実は創世記に出てくる知恵の樹の実は、通説のイチジクではなくバナナであったとする仮説があると書いてある!

でも。。。、でも。。。、仮説でしょう?

そうです。。。 でもねぇ~、僕の『徒然ブログ』の記事に伊知事 芭奈々(いちじ ばなな)さんが次のようなコメントを書いてくれたのですよ。。。

 

 

 

アダムとイブがリンゴじゃなくて

バナナを食べたと知って驚きました。

恐らく世界の多くの国の人々は

アダムとイブはリンゴを食べたのだと

固く思い込んでいると思います。

私もこれまでに、そう思い込んでいました。

ヒエロニムスがヘブライ語からラテン語に

翻訳するときに“malum”という

ラテン語を当てた。

聖書考古学者によると、それはむしろ

「悪意ある」という意味にちかいという。

その一方で、“malum”は「リンゴ」と

訳すこともできる。 なるほど……

英語と同じようにラテン語も、

音は似ているけれど

意味が異なる同音異義語の多い言語です。

つまり、誤訳ではないとしても、

同音異義語があるために

「リンゴ」になってしまったのですね。

でも、バナナを食べたのだから、

アソコを隠すのも

「イチジクの葉」ではなく、

確かにバナナの葉の方が

理想的ですよね……爆笑

 


(banana82f.jpg)

 

Posted by 伊知事 芭奈々

at 2017年02月02日 13:12


『アダムとイブはバナナを食べた』
コメント欄より(2013年06月05日)

(ran103b.png)

 

このコメントをよんで亀雄君も、アソコを隠すのは「イチジクの葉」ではなく、「バナナの葉」の方が理想的だと確信できたのですよ。。。

ちょっと話ができすぎているんじゃないのォ〜?

あれっ。。。シルヴィーは、僕が自作自演しているとでも思っているのォ〜? 僕は何年もかけて、ここまで手の混んだ自作自演はしませんよう。。。

でも、やっぱり、話ができすぎているわよう!。。。

だから、昔の人は言ったのですよ。。。“真実は小説より奇なり!” と。。。


(laugh16.gif)

【ジューンの独り言】


(bare02b.gif)

ですってぇ~。。。

あなたもイチジクの葉っぱよりもバナナの大きな葉っぱの方がアソコを隠すには好都合だと思いますか?

ええっ。。。 「そんなことは、どうでもいいから、他に、もっと楽しいことを話せ!」

あなたは、そのように強い口調で私にご命令なさるのですかァ〜?

分かりましたわ。

シルヴィーさんが出てくる面白い記事は たくさんあります。。。

次の記事の中から面白そうなものを選んで読んでください。

 


(sylvie500.jpg)

『エロいけれどためになる』

『地球上のネット普及率』

『原発はダメだったのに』

『スカートをはいた兵隊』

『行田シンドローム』

『幻の暴走機関車』

『CIA@NOパンツ』

『やっぱり、セックス』

『セックス風呂具村』

『CIAの黒い手再び』


(banana82e.jpg)

『アダムとイブは何を食べたの』

『舞踏会 明子』

『波乱の人生』

『国際化だよね』

『イングナさんを探して』

『美しい日本語 チェーホフ』

『横の道@ニコライ堂』

『また塩野七生批判』

『日航スチュワーデス』


(cleopara2.jpg)

『クレオパトラ@塩野批判』

『テルモピュライの戦い』

『思い出の蓮』

『角さんと天罰』

『ラーメン@リガ』

『角さんと天罰がなぜ?』

『南京事件と反知性主義』

『あけびさんの卒論』

『愛は降る星の彼方に』


(sunwind2.gif)

『サイバー戦争』

『エロくて、ごめんね』

『モバイル社会とガラケー』

『元老のアメリカ』

『ケネディ家の呪い』

『欧米を敵に回す』

『ソフィアからこんにちわ』

『ドイツが原爆をロンドンに』

『いまだに謎』

『さらば大前研一』


(superm3.jpg)

『空飛ぶスパイ』

『愛情はふる星@ベトナム』

『ヒラリーと塩野七生』

『ケネディ夫人@インドネシア』

『究極の大前研一批判本』

『フェルメールの謎』

『女に文句を言う女』

『あなたの祖国』

『宮沢りえ@韓国』

『正しい戦争』

『ゴールデンシャワー』

『死刑廃止』


(mh370a.jpg)

『かまびすしい』

『今、新たな戦前』

『クレオパトラ@アラビア』

『政府は嘘をつく』

『犬と人間と戦争』

『未来予測』

『知られざる悲劇』

『量子活動家』

『アンネの運命』

『10次元の世界』

『ポーランドの犬』


(jump009.jpg)

『熟女ヌード@デンマン』

『ロッキード事件の真相』

『政府と役人と嘘』

『ジュンガル』

『地球温暖化は避けられない』

『国際平和連合』

『鬼島』

『悪徳サイト』

『あげつらう』

『過ちを犯す』

『三島由紀夫の謎』

『ヒラリートランプ現象』

『ノーパン@CIA』

『未開人と文明人』

『オセロの失敗』

『サン・ラザールの裏路』

『「夜と霧」を観た?』

『虫酸が走る』

『大空に乾杯』

『ターバンを巻いた少女』

『美しい日本語を探して』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。 バーィ。


(hand.gif)


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)

『卑弥子の源氏物語』

『平成の紫式部』

■ めれんげさんの『即興の詩』

■ めれんげさんの『極私的詩集』

Jagel - Soft Japanese Bagel
(bagel702.jpg)

■ “JAGEL – Soft Japanese Bagel”


(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(beach02.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(rengfire.jpg)


(byebye.gif)