女の子の夢

 

2018年6月18日 (月曜日)

 

女の子の夢

 


(danish02.jpg)


(dreaming2.jpg)


(vagcafe01c.jpg)


(mayumi55.jpg)

デンマンさん。。。 どういうわけで“女の子の夢”を取り上げるのですか?


(kato3.gif)

あのねぇ~、バンクーバー市立図書館で借りていた本を読んでいたら次の箇所に出くわしたのですよ。。。

おひとりさまブーム


(ohitori2.jpg)

 

「おひとりさま」という言葉が「独身女性」を指す言葉として使われはじめたのは、20世紀末のことだった。

女性のライフスタイルのひとつを意味する言葉として使いはじめたのが、ジャーナリストの岩下久美子である。

女性誌『VOCE』(1999年6月号)に「おひとりさま向上委員会」という記事を執筆・寄稿すると“おひとりさまマーケット”が注目されるようになった。

 (108ページ)


「女の子の夢」ナンバーワン


(dream22.jpg)

 

2017年、第一生命保険が発表した「『大人になったらなりたいもの』アンケート調査結果」によると、

男子の1位は7年連続サッカー選手で、

女子は20年連続でパティシエやケーキ屋さんを含む食べ物屋さんだった。

 (182ページ)

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)



(asadora2.jpg)

『みんなの朝ドラ』
著者: 木俣 冬
2017年5月20日 第1版発行
発行所: 株式会社 講談社

あらっ。。。 「女の子の夢」ナンバーワンが、大人になったらパティシエやケーキ屋さんを含む食べ物屋さんになりたいということですか!?

そういうことですよ。。。 20年連続で1位なのですよ。。。 つまり、真由美ちゃんは、そういう女の子の夢を現実のものにしたということなのですよ。。。

そういう事は今まで考えてもみませんでしたわ。。。

この記事を読み始めた女の子は、真由美ちゃんのことをもっと知りたくなると思うのですよ。。。

そうでしょうか?

そういう女の子のために、次の検索結果を貼り出します。。。


(gog80617b.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

しかも、多くの女の子が夢見ている事を 真由美ちゃんはバンクーバーで実現したのですよ。。。

私は、それほど大(だい)それたことをしたとは思っていないのですけれど。。。

うん、うん、うん。。。 たぶん、テレビや映画のアイドルになったミーちゃん、ハーちゃんも、そう思っているかもしれないですよ。。。

私も、そういうミー、ハーの一人ですわ。。。

いや。。。 それほど謙虚にならなくてもいいですよ。。。 僕は、真由美ちゃんが苦労して今の仕事に就いたことを、見てきましたからね。。。

今でも、女の子の中には、パティシエやケーキ屋さんになりたい夢を持っている子たちが たくさんいるのかしら?

それは、たくさん居ると思いますよ。。。 とにかく、20年連続で1位なのだから。。。 夢を持って大人になってゆくということはいいことですよ。。。 そういう女の子のために真由美ちゃんと語り合った記事をここに貼り出します。。。


(danish02.jpg)


(cook002.jpg)


(danish01.jpg)


(mayumi40.jpg)

デニッシュ


(danish04.jpg)

デニッシュ(Danish)とは、パンの一種。
デンマークやその周辺のスカンジナビア諸国に源を発し、世界各国で様々なものを指す場合がある。
「デニッシュ・ペストリー」という呼び方もある。

原料として、小麦、イースト、牛乳、卵、多量のバターを含む。
その他の油脂類を含む場合もある。
イーストの入ったパン生地を薄く延ばし、バターを塗り込み何重にも重ね、巻き込む。
数回繰り返すことでサクサクと言う食感やバターの風味ができ上がる。

但し作り方には例外もある。

デンマークではチョコレートや砂糖等をトッピングしたり、ジャム、マルチパン、カスタードを詰めたりするものもある。
形もいろいろあり、中に詰め物のある丸いものや、螺旋状に巻いたもの、ひらがなの「め」の字に似た「クリンゲル」などもある。

デンマークのパン職人が、酪農王国ならではのバターや鶏卵をたっぷり使ってサクサクとした食感の生地に改良した。
クロワッサンのようなバターを何層にも折り込んだパン生地に、フィリングとコーティングやトッピングを組み合わせ、様々な種類を作ることができる。

生地はクロワッサンに似ている。
だが、クロワッサンと同生地を使っている店と、別生地を使っている店があり、一概に同じとは言えない。

デンマークでは誕生日などのお祝いにはケーキの代わりに食べる。
大きな「クリンゲル(英語版)」や、子供のバースディには男の子や女の子の形の「カイヤマン」を作り、みんなで切り分けて食べる。

デニッシュとはデンマークが由来と言う意味だが、そのデンマークでは、オーストリアのウィーンで発祥したと伝えられているため「ヴィナーボズ(Wienerbrød)」(ウィーンのパン)と呼ばれている。


(ander01.jpg)

日本ではアンデルセンで販売されたのが最初。

1959年、タカキベーカリーの創業者高木俊介がはじめて欧州旅行にでかけ、デンマークのコペンハーゲンのホテル・ヨーロッパで食べた、朝食のデニッシュペストリーに感動したのがきっかけ。

菓子パンとしてのみならず、ベシャメルソースやトマトソース、マヨネーズなどと具を乗せて焼いた調理パンとしても多く流通している。


出典: 「デニッシュ」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

夢のデニッシュ

 

デンマンさん。。。 私のために“夢のデニッシュ”を取り上げたのですか?


(kato3.gif)

うん、うん、うん。。。 真由美ちゃんのためでもあるのですよ。。。 実は夕べ、バンクーバー市立図書館で借りていた本を読んでいたら次の箇所に出くわしたのです。

本物のデニッシュペストリー

を求めて…


(danish02.jpg)

アンデルセングループの創業者、高木俊介氏がデニッシュペストリーと出会ったのは、昭和34(1959)年。
2か月に及ぶ欧米視察旅行中にデンマークを訪れたとき、コペンハーゲンのホテルで朝食に出されたデニッシュペストリーのおいしさに、衝撃を受けたといいます。

この味を日本にも広めたい……。

入社2年目の城田さんも、デニッシュの開発に加わりました。
でも当時の日本では、生地の配合も作り方も、手探りでしかわかりません。

「層状でリッチな配合のパン。帰国するまでに試作してほしい」という高木社長の電報を受けてできたのは、デニッシュとは似つかない、まったくの別もの。

そして3年後の昭和37年、ついにデニッシュペストリーを発売。
12個入り150円という、当時としてはとびきり高い値段でした。
アンデルセングループが、日本で初めてデニッシュペストリーを焼いた、といわれるのは、このときのことです。

とはいえ、このときのデニッシュは、高木社長の心をつかんだ、デンマーク風のデニッシュペストリーではありませんでした。
当時の工場長が持っていた、英語で書かれたパンのレシピのコピーを元に工夫を重ねた、アメリカンタイプのペストリーだったのです。 (略)

そして昭和43年。
デンマークから、ウォルター・ヤン・ピーターセンさんが広島にやってきます。
彼は、デンマーク王室御用達のパン店「トリアノン」から、日本のパン会社が作る勉強会のために招かれた技術者。

「サクサクッとした口あたりで、隠し味のアーモンドペーストがなんともおいしくて……」

城田さんは、このとき初めて、これまでとは味も技法もまったく違った、本場のデニッシュペストリーに触れたのです。

 

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
イラストはデンマン・ライブラリーより)



(shirota2.jpg)

133-134ページ 『まいにち、パン』
著者: 城田幸信
2014年4月21日 初版第1刷発行
発行所: 株式会社 主婦と生活社

デンマンさんは“デニッシュ”も好物なのですか?

そうですよ。。。 真由美ちゃんが作ってくれたベーグルも旨いと思ったけれど。。。、デニッシュも好きです。。。

どういうところが好きなのですか?

真由美ちゃんはマジで知りたい。。。?

ぜひ、聞かせてくださいなァ~。。。


『夢のデニッシュ』より
(2016年6月9日)

アンデルセングループの創業者、高木俊介氏がデニッシュペストリーと出会ったのは、昭和34(1959)年。 2か月に及ぶ欧米視察旅行中にデンマークを訪れたとき、コペンハーゲンのホテルで朝食に出されたデニッシュペストリーのおいしさに、衝撃を受けた。。。 それで、この味を日本にも広めたい……。 そうやってぇ、夢を持つ人は、男女の別なく居るものなのですよ。。。

デンマンさんは、そういう夢は持たなかったのですか?

僕が子供の頃は、デニッシュよりも電子頭脳がもてはやされていたのですよ。。。 つまり、コンピューターです。。。

それで、コンピューターを使いこなせるようになりたい、ということがデンマンさんの子供の頃の夢だったのですか?

そうです。。。 それで、大学に入った時には迷わずにコンピューターの勉強をしたのです。。。

。。。で、実現したわけですね。。。

そうです。。。 今では、コンピューター使いこなせる人は、掃いて捨てるほど たくさん居ますけれどね。。。 僕の子供の頃は大型コンピューターしかなかった。。。 その内、ミニコンピューターができて。。。 その後、パソコンが出てきた。。。 パティシエやケーキ屋さんになりたいという夢を持っている女の子がいたら、ぜひその気になって夢を実現して欲しいですねぇ~。。。

 


(fool911.jpg)

『現実主義者 馬鹿の見本』


(smilerol.gif)


わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

オイラも女の子になったつもりで

パン屋さんになる夢を

実現したいと思います!

やはり、仏のデンマンさんは

すばらしいです。。。

 

オイラが友達もなく、40ヅラさげて

結婚もできずに

狭い部屋に閉じこもっているにも拘らず

一生懸命に記事を書いて

オイラが第2の人生を踏み出すように

応援してくれるのです!

 

こうなったら、もう真由美ちゃんを見習って

オイラもパン職人・お菓子職人に

なろうと思います!

 


(panya04.png)


(breadanm.gif)

 

オイラは偏差値30台のクソ大学を

卒業して以来、初めて

生きる喜びを感じています!

もうこうなったら、恥も外聞もなく

天にも舞い上がる気持ちで

スキップしたいと思います。


(smilejp.gif)

わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

ルンルンルン ランランラ~♪~ン

もう一つおまけに

ルンルンルン ランランラ~♪~ン

ああァ~、うれしいなあああァ~。。。

 


(foolw.gif)


馬鹿ですよねぇ~。。。

きれいで可愛い女の子を見ると

すぐにアタマが可笑しくなるのです!

自分で馬鹿を振りまいているのですよ!

「クズの廃人」であることを

ネットで広めたいという馬鹿な事を

言ってるのですよ!

でも、この愚かな「現実主義者」も

やっと、このままではいけないと

気づいたようです。

でも、明日になると、今日の決意は

すっかり忘れて、また愚かなコメントを

書き始めるのですよゥ!

おめでたい愚か者です!

とにかく、“井の中の蛙”ですから。。。

でも、もしかすると、この馬鹿は

芸能界に入ったら伸びるかもしれません!


(laugh16.gif)

【デンマンの独り言】


(kato3.gif)

真由美ちゃんは僕の従妹(今田 とも子)の娘です。

ノース・バンクーバーでホームステーしながら
VCC (Vancouver Community College)にかよって
パン職人・ベーグル職人の勉強と実習に励んでいました。

2016年9月に卒業式を終えて、現在、バンクーバー市内の
旨いベーグルを提供するカフェ・レストランで働いています。

学生時代には、先生やクラスメートとの英会話には、まごつくことがあったそうです。
外国語というのは習得するのが実に大変です。

あなたは英会話を勉強してますか?
できれば、英語を話している国へ行って英会話を勉強するのが一番です。

でもねぇ~、英会話を勉強する方法に王道はありません。
人それぞれです。。。
自分に合った勉強法を見つけるのが、英会話の上達の早道だと僕は思いますね。

同じことを同じように勉強しても、人によって上達が違うのですよ。
僕の経験で言っても、人によって、語学の才能というのはまちまちです。

太田将宏老人のように、40年もカナダに住んでいるのに
英会話が満足にできずに 6人に成りすまして日本語でブログにコメントを書きなぐって余生を過ごす人もいます。

なかには、日本語を忘れてしまうほど、英語にどっぷりと浸かってしまう人もいます。
20年以上英語圏で英語を話してますけれど、
僕は、漢字を忘れることはあっても、日本語を忘れることはありません。

もちろん、今でも、英語を話すよりも日本語を話す方が楽に話せます。
僕自身は語学の才能があるとは思ってませんが、
僕が、カナダ人と笑いながら話しているのを聞いていると、
真由美ちゃんには さっぱり 何を話しているのか解らないと言うのですよね。

僕がペラペラと英語を話しているように見えるのだそうです。
早くデンマンさんのように 英語がしゃべれるようになりたい、と真由美ちゃんは言います。

しかし、僕は、常に、英語を日本語のように しゃべれたら いいなと思っているのですよ。
外国語を母国語のように話すのは、本当に難しいと思います。

いずれにしても、真由美ちゃんは小さい頃からの夢が叶ってぇバンクーバーにやって来たのです!


(inflight2.jpg)


(airport1b.jpg)

ところで、あなたはバンクーバーに行ったことがありますか?

とっても素敵な街ですよ。


(stanley50.jpg)


(seawall3.jpg)


(seawall2.jpg)

世界で最も住みやすい街バンクーバー


(wetsuit.jpg)


(wetsuit3.jpg)


(gastown20.jpg)


(canplace22.jpg)

ビデオを見ても、なんだかワクワクしてくるでしょう?

卑弥子さんが バンクーバーにやって来たのは 2008年の元旦の2週間ほど前でした。

クリスマスをバンクバーで過ごして、それから元旦の“Polar Bear Swim (寒中水泳)”に参加したのです。


(polar10.jpg)

上のビデオを見ると、まるで真夏のようでしょう?

ところが気温は確か2度ぐらいでした。 

水の中の方が暖かかったのです。

とにかく、バンクーバーには面白い人たちがたくさん居ますゥ。

あなたも、お暇と お金の余裕があったらぜひ出かけてみてください。

では、また興味深い、面白い記事を書くつもりです。

だから、どうか、あなたも またやって来てくださいねぇ~~。
じゃあね。


(hand.gif)

 

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:


ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』


(santa85b.jpg)

『ピラミス@美術館』

『夢のバンクーバー』

『バンクーバーの屋上で』

『オランダ移住』

『カナダ移住の夢』

『ディープコーヴ』

『浴衣のバンクーバー』

『黒豚テリマヨ』

『イタリアのベーグルとサルサ』

『花火大会』

『乙女老い易く学成り難し』

『真由美ちゃん@英語』

『真由美ちゃんダントツ』

『日本よい国天国だ!』

『やっぱりどこか狂ってる』

『日本で再会』


(utsunomiya10.jpg)

『乙女力@宇都宮』

『いい出会いの連鎖』

『笑顔の乞食おばさん』

『ニュートンの暗い秘密』

『新年@バンクーバー』

『スープキッチン@新年』

『猫と癒し』

『猫と犬と癒し』

『大通りde水の滑り台』

『イルカとワンちゃん』

『カワウソ@スタンレー公園』

『生パンツ系男子とベトナム兵』

『愛と癒しの涙』

『ダンスとノーベル賞』

『おもてなし』

『思い出ポロポロ』

『ロブソンの5月』


(biker302.jpg)

『ネットが不倫を連れて来る』

『ペットと良心』

『夢のデニッシュ』

『パンツァネッラ』

『12歳少女の短命』

『行田の伯母さん』

『パン職人修行』

『タイムマシーン』

『ルンルンdeサルサ』

『天国のワンちゃん』

『万の風になって』

『プロシュット』


(mayumi76.jpg)

『なせば鳴る音楽』

『日本人女学生行方不明』

『日本人女学生死亡』

『ガレット』

『那須高原の紅葉』

『希望とロマン』

『錯視 錯覚』

『マンボ@バンクーバー』

『オリーブオイル』

『スコーンとプディング』

『5月のロブソン』

『病院食の間違い』

『プレミアム・ジャパン』

『自然の摂理を無視すると…』

『夢のデニッシュ・悪夢のマーガリン』


(juneswim.jpg)

『パリ風カフェ』

『どこか狂ってるわ』

『行田遠野物語』

『行田物語 ピアノ』

『行田物語 猫』

『行田物語 母の懐』

『行田物語 ケネディ暗殺』

『行田物語 病院食』

『行田物語 お股の花々』

『晩香坡物語 ジャズ』

『行田物語 悪夢』

『行田物語 社長』

『行田物語 棺桶に入るまで』

『宝田百合子@インド』

『行田物語 ちゃぶ台』

『行田物語 アカギレ』

『行田物語 にぼし』

『ノーベル賞がなぜ?』

『トゥーランドットとかぐや姫』

『ゲソとワケギ』

『シェフ バベット』

『まんじゅう@富岡』

『ん?トゥーランドット』


(surfin2.gif)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)