ティンパニストの本

 

2018年11月19日 (月曜日)

 

ティンパニストの本

 


(timpani2.jpg)


(music987.jpg)


(ireba03.jpg)


(laugh16.gif)


(ohta03.png)

デンマンさん。。。、どういうわけでティンパニストの本というタイトルでオイラをお呼びになったのですか?


(kato3.gif)

オマエは不満なのォ~?

だってぇ~、ティンパニストの本なんて つまらなさそうじゃありませんかァ!

あれっ。。。 オマエはクラシックに関心があるんじゃないのォ~?

もちろん、クラシックには人一倍の興味を抱いています。。。 でも、ティンパニは、オイラにとって それほど興味深い話題じゃありませんよ!

あれっ。。。 オマエは楽団でティンパニを叩いている人に対して侮辱と思えるような言葉を並べるんだねぇ~。。。

オイラは別に、ティンパニストを侮辱しているわけではありません。。。 ただ、オイラの個人的な趣味として、ティンパニストを取り上げるのなら、クラシックの作曲家を取り上げてデンマンさんと語り合いたいのですよ。

つまり、作曲家と比べたらティンパニストは取るに足りない存在だとオマエは信じているんだねぇ~?

別に、それほどティンパニストを見下げているわけではありません。。。 そんなことより、デンマンさんはどういうわけでティンパニストの本を取り上げたのですか?

たまたまバンクーバー市立図書館でティンパニストが書いた本があったので、ちょっとばかり興味を持って読んでみたのだよ。。。

デンマンさんはティンパニストになりたかったのですか?

いや、別にティンパニストになりたかったわけじゃないけれど、世の中にはティンパニストになりたかった人がいるんだと思って、ちょっとばかり興味を引かれて本を借りたわけだよ。。。

。。。で、本を読んで感動して、第2の人生はティンパニストとして余生を送ることに決めたのですか?

まさかァ~。。。 オマエは僕の言葉を受けて、急に飛躍して解釈しすぎるのだよ。。。 僕も多少はクラシックをかじったことがあったので、本を読みながらティンパニも意外に面白い楽器なのだと思ったのだよ。。。 オマエもきっと面白いと思うはずだよ。。。 ちょっと読んでごらんよ。

R.シュトラウスの半音階と

バルトークのグリッサンド


(timpani2.jpg)

 

ティンパニの技術的な改良は、作曲家たちを“ティンパニの音換えの制約”から一気に解き放って、より音楽的で幅広い音換えができるようになった。

“ペダル機能”を大いに活用したR.シュトラウスは、多彩な転調場面で半音階的でメロディックな旋律も書いている。

そのみごとな効果は彼の代表作、《サロメ》や《ばらの騎士》、《影のない女》など随所に見られる。

 

     《サロメ》

   《ばらの騎士》

   《影のない女》

 

ペダル・ティンパニの前にマシーン・ティンパニが開発されていたことに触れたが、シュトラウスの比較的初期の作品《家庭交響曲》の終わり近くに、とても興味深い場面がある。 (略)

そして、その音列の下には「これらの音は後日作曲家自身によって書き加えられた」と記されていた。

私はつい先日までシュトラウスがこの《家庭交響曲》を作曲したあとにペダル機能が確立されて、「そのようなことができるのならティンパニにこのメロディをやらせよう」ということになったのだろうと勝手に思い込んでいた。

 

   《家庭交響曲》

 

ところが「事実はこうなんだ」とトーマスとミヒャエル(ウィーン交響楽団のティンパニスト)からふたつの説を聞いた。
ひとつは、ウィーン・フィルの往年のティンパニスト、ハンス・シュネラー(1865-1945)がシュトラウスの60歳の誕生日記念の演奏会で、彼自身が考案(1920年にパテントを取得)した“シュネラー・システム”のティンパニで、メロディックな演奏が可能であることの“デモンストレーション”として、巧みなハンドルさばきでこのメロディを演奏して見せた、という説。

もうひとつは「シュトラウスの誕生日のお祝いに」と、ただ単なる遊びとしてやって見せたという説。

どちらが真実なのか分からないが、それ以降は、新たに加えられた部分も演奏するのが当たり前になった。
知らなかったこととはいえ、思い込みとは本当に怖い。 (略)

そして次なる新しいアイディアを発案したのがバルトークだった。
彼はペダルを一定方向、もしくは上下に続けて動かすことで生み出される“グリッサンド奏法”を考え出した。

代表作として有名な《管弦楽のための協奏曲》や《弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽》に登場する数々の“グリッサンド奏法”は、バルトークの民族色豊かな音楽と相まって“エキゾチックな世界”をつくり出している。

 

《バルトーク 管弦楽のための協奏曲》

《バルトーク 弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽》

 

シュネラー・システムにこだわるウィーン・フィルがバルトークを演奏する際には、トレモロをしながらグリッサンドすることが無理なため、音程を変えるだけの「もうひとりの奏者」が必要になる。

ここまで来ると楽器へのこだわりも半端ではない!

 

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより
YouTube クリップはデンマンが貼り付けました)


233-236ページ 『ティンパニストかく語りき』
著者: 近藤高顯
2017年9月12日 第1刷発行
発行所: 株式会社 学研プラス

オマエ、読んでみて、けっこう面白いと思わなかったァ~?

特に面白いとは思えません。。。 常識的なことばかりですよ。。。

あのさァ~、そう言ってしまっては身も蓋もないだろう! 僕がせっかくティンパニを取り上げてオマエを呼び出したのだから「意外に面白いですねぇ~」とか何とか言って欲しいのだよ!

オイラは、忖度(そんたく)したり、迎合するのは性格的に合わないのです。。。

オマエは付き合いにくいんだねぇ~。。。 あのさァ~、普通の人には上に書いてあることは決して常識ではないんだよ。。。 実際、僕は音楽的には普通の人だけれど、これでも小学生の頃には器楽クラブに所属しており、コントラバスを受け持って「美しき青きドナウ」だとか「ハンガリア舞曲第5番」だとかを演奏したこともあるのだよ。。。 学校対抗のNHKの器楽コンクールでも、関東甲信越地区で優勝賞をもらったこともあるのだよ。。。

だから。。。?

そのときに、器楽の演奏にティンパニも使われていた。。。 ところが、僕が見たティンパニは新品だったけど、かなり旧式なものだったらしく、マシーン・ティンパニでもなければ、ペダルもついてなかった。。。 手締め方式でティンパニの表面の回りに6個のネジが付いていて 手で締めたり緩めたりして音程を変える原始的な方法だった。。。 たぶん、クラブに十分な予算がなくて一番安いティンパニを買ったらしい。。。

つまり、デンマンさんはペダル・ティンパニも マシーン・ティンパニも見たことがないのですか?

そうなのだよ! だから、上の本を読みながら興味しんしんだった。。。 ティンパニの歴史も書いてあったけれど、なかなか面白いと思った。

ティンパニ

 


(timpani3.jpg)

 

ティンパニは、打楽器の一種。主に銅製であり、半球形の胴体に脚がついた大型の太鼓で、皮が張られた上面(鼓面、打面)を、通常2本のマレット(ばち)で叩く。

太鼓の一種であるが、通常の太鼓は非整数倍音成分が多く特定の音程を聴き取ることは困難であるのに対し、ティンパニでははっきり音程を聴き取れる点が通常の太鼓と異なる

 

歴史

中世のアラブの「ナッカーラNaqqara」または英語で「ネーカーNaker(s)」と呼ばれる鍋底状の軍楽太鼓を先祖とする。
馬の胴の両脇に取り付ける楽器として発達し、15世紀のヨーロッパでは、トランペットと共に騎馬軍楽隊の楽器編成の中心に位置づけられた。
やがて17世紀半ばにはオーケストラに取り入れられた。

古典派までは2台一組で、多くの作曲家は主音と属音を補強するのに用いられた。
パーセルは歌劇「妖精の女王」第4幕冒頭にティンパニでメロディを書いているが、これは例外中の例外である。

ベルリオーズ以降さらに多くのティンパニが用いられるようになり、現代では4台一組で用いられることが多い。

ティンパニは19世紀まで、オーケストラや吹奏楽の中で補助的に活躍することが中心的であったが、20世紀になると協奏曲の主役(ティンパニ協奏曲)として、あるいは室内楽やソロで活躍するようになった。


出典: 「ティンパニ」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

。。。で、面白そうなので、デンマンさんは最新のペダル・ティンパニを買って叩いてみたのですかァ~?

あのさァ~、さっきも言ったけれど、僕はティンパニストになって交響楽団で演奏したいわけじゃないのだよ。。。

要するに、本を読んだだけなのですねぇ~。。。

早い話が そういうことなのだよ。。。 でも、興味を引かれてネットでティンパニの面白い演奏を探してみたのだよ。。。 面白いからオマエも次のクリップを見てごらんよ。。。

 

E.カーター:4つのティンパニのための

8つの小品より

 

7つのティンパニ

 

雨の中、ティンパニーの打ち方がスゴイ!

じっと見てしまう

 

なるほどォ~。。。 すぐ上の雨の中でティンパニの表面を拭きながら、しかもべダルを動かしながらティンパニーを叩いている姿は、確かにじっと見とれてしまいますねぇ~。。。

そうだろう?! オマエもティンパニーを叩いてみたくなっただろう?

叩いてみたくなりません。。。 雨の中でティンパニーを叩くなんてウザったいですよ。。。


(laugh16.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。

あたしも ネットで打楽器の面白い演奏を探してみました。

あなたも 楽しみながら見れると思います。

どうぞ、ご覧ください。

 

愛知県警察音楽隊

「シング・シング・シング」

 

ウクライナのクレージー ドラム対戦

 

太鼓デュッセルドルフ日本デー

 

秩父屋台ばやし

瀬戸市和太鼓連盟ミラノ遠征隊

 

【集団行動】 日本体育大学

 

ところで、デンマンさんは 太田さんに対して かなり辛らつな批判をしています。

太田さんにしてみれば、コケにされたと思えるので、

次のサイトで抗議録を公開したのですわァ。。。


(kogiroku9.png)

『実際の抗議録』

デンマン注:しかし太田将宏が上の抗議録を掲載したサイトは消滅してしまいました!

 

デンマンさんも上の抗議録を読んで ムキになって反論しています。

『嘘を書く日記』

 

太田さんは、これに対しては反論ができないのか、それ以降 無言で通しています。

でも、そのうち 忘れた頃にまたコメントを書き込むかもしれません。。。

あなたは、どう思いますか?

とにかく、ネットには “めちゃキモい”人たちがウヨウヨしています。

太田将宏さんは、まだ良い方ですわ。

中には、まるで得意になって、愚かな事をして遊んでいる オツムの足りない人たちがたくさん居ます。

また、見かけは普通のブログでも、悪徳スパマーが手を変え品を変えて 悪徳サイトへ誘い込もうとしています。

スパムコメントで褒められると、ついついその気になって、

相手のブログへ飛んでゆき、お返しに、あるいはお礼にと思って

読者に登録してしまったりするものですわァ。

どうか スパマーの思う壺にはまらないでくださいね。

悪徳スパマーは悪徳サイトへ誘おうと

てぐすね引いて待っているのですから。。。

悪徳サイトを利用して、

メールアドレスで登録したりすると、

あなたのメールアドレスは第3者や第4者に売られてしまう危険性があります。

あなたは、そのようなスパム・コメントや 成りすましスパマーには

騙されないと思い込んでいるでしょう?

でもねぇ~、もしかすると騙されているかもよ。。。

とにかく気をつけてくださいね。

次回も、さらに面白い話題が続きます。

あなたも、どうか、また記事を読みに戻ってきてください。

では。。。


(hand.gif)

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『ちょっと心にぐっと来る動物物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』


(yuri03.jpg)

■ 『クラシックを愛すれど』

■ 『女性を愛せない老人ボケ』

■ 『ボダとキレた老人』

■ 『母という病』

■ 『日本人は嘘つき』

■ 『マジでピッタリ!』

■ 『成りすまし老人』

■ 『バカな大人にならない』

■ 『成りすまし老人の告白』

■ 『だまそうとする老人』

■ 『バカの壁の増設』

■ 『ウソの雪ダルマ』


(satomi02.jpg)

■ 『知らずの自分史』

■ 『新渡戸稲造と太田将宏』

■ 『ショーペンハウエルと太田将宏』

■ 『ホーキング博士と太田将宏』

■ 『加藤清正と太田将宏』

■ 『老人の性と太田将宏』

■ 『ノブレス・オブリージュと太田将宏』

■ 『世渡りの道と太田将宏』

■ 『フェアプレーと太田将宏』

■ 『ネット恋愛と太田将宏』

■ 『日本語と太田将宏』

■ 『坊主の袈裟と太田将宏』


(hokusai08.jpg)

■ 『葛飾北斎と太田将宏』

■ 『女の性的飢餓感』

■ 『敵に塩を送る』

■ 『虚構とウソ』

■ 『手紙と絶交』

■ 『短気は損気』

■ 『不思議な日本語』

■ 『乙女の祈りだわ』

■ 『自作自演じゃないよ』

■ 『マリリンdeアイドル』

■ 『マリリンに誘われて』

■ 『かい人21面相事件』

■ 『悪名と名声』

■ 『嘘を書く日記』

■ 『増長慢』

■ 『自然に耳を傾ける』

■ 『老人極楽クラブ』

■ 『伯母と叔母』

■ 『民主主義とロックンロール』

■ 『後奏曲集@危険』


(hooker08.gif)

■ 『女3人で姦しい』

■ 『クラシック鑑賞 1』

■ 『クラシック鑑賞 2』

■ 『クラシック鑑賞 3』

■ 『クラシック鑑賞 4』

■ 『クラシック鑑賞 5』

■ 『クラシック鑑賞 6』

■ 『クラシック鑑賞 7』

■ 『クラシック鑑賞 8』

■ 『クラシック鑑賞 9』

■ 『クラシック鑑賞 10』

■ 『クラシック鑑賞 11』

■ 『レゲエ@ジャマイカの夜』

■ 『クラシック鑑賞 12』

■ 『クラシック鑑賞 13』

■ 『クラシック鑑賞 14』


(yuri02.jpg)

■ 『クラシック鑑賞 15』

■ 『ヒルデガルトとジャンヌ・ダルク』

■ 『クラシック鑑賞 16』

■ 『クラシック@ルブリン』

■ 『田原総一郎と出版業界』

■ 『クラシック鑑賞 17』

■ 『ヒルデガルトと紫式部』

■ 『グールドとバッハ』

■ 『乙女の祈りと子猫のワルツ』

■ 『クラシック鑑賞 18』

■ 『クラシック鑑賞 19』

■ 『信じて跳べ』

■ 『クラシック鑑賞 20』

■ 『クラシック鑑賞 21』

■ 『クラシック鑑賞 22』

■ 『愛と赦し』

■ 『テルミン』

■ 『ヘンデルと自殺』

■ 『バッハとビートルズ』

■ 『人生と偏差値』

■ 『サルトルと現実主義者』

■ 『政治について』

■ 『クラシック馬鹿とエロ松永』


(juneswim.jpg)


『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』


(byebye.gif)