アヒルが並んだ

 

2019年2月18日 (月曜日)

 

アヒルが並んだ

 


(duck100.jpg)


(duck102.jpg)


(duck106.jpg)


(june001.gif)

デンマンさんはアヒルを飼っているのですか?


(kato3.gif)

いや。。。 僕のマンションはペットを飼ってはいけないのですよ。。。

じゃあ、どなたがアヒルを飼っているのですか?

今日はアヒルを飼っている人の話ではないのです。。。

では、アヒルが並んだというのは、どういうことですか?

ちょっと次のリストを見てください。。。

 


(lib90214a2.png)


『拡大する』

『実際のページ』

 

これはバンクーバー市立図書館で僕がDVDを借りて観た映画のリストですよ。。。

つまり、バンクーバー市立図書館でDVDを借りて 2,222本の映画を見たということですか?

そういうことです。。。

 


(duck108.gif)


(duck102.jpg)

 

要するに、2,222 がアヒルが4匹並んでいるように見えるので、今日のタイトルを アヒルが並んだ としたのですか?

そうです。。。 いけませんか?

ここまで読んできたネット市民の皆様の半分以上が、そのデンマンさんの言葉を聞いて白けて 他のブログへ飛んでいってしまったと思いますわ。。。

でもねぇ~、残りの半分の人たちは 上のリストを見て興味を持ったと思うのですよ。。。

なぜ、興味を持つのですか?

だってぇ、2,222本目の映画が An Original DUCKumentary というタイトルですよ。。。

 


(duck107.jpg)

 

わざわざ、 アヒルが4匹並んだような数字に合わせて、アヒルのドキュメンタリー映画を観たのですよ。。。

だから、どうだと言うのですか?

だから、僕が面白い話をするだろうと期待していると思うのです。。。

実際に、デンマンさんは期待に応えるような面白いお話をするのですか?

もちろんです。。。 これからする面白い話は上の記録映画にだ出てこない。。。

いったい、どのようなお話なのですか?

ちょっと次の小文を読んでください。。。。

刷り込み IMPRINTING

 

刷り込み(すりこみ、imprinting)とは、動物の生活史のある時期に、特定の物事がごく短時間で覚え込まれ、それが長時間持続する学習現象の一種。

刻印づけ、あるいは英語読みそのままインプリンティングとも呼ばれる。

 

発見

この現象を指摘したのは、イギリスの博物学者ダグラス・スポルディングで、後にドイツのオスカル・ハインロートが再発見した。
ハインロートの弟子であるオーストリアのコンラート・ローレンツは研究を続け著作で大衆化した。
ローレンツの著書によると、彼は、ハイイロガンの卵を人工孵化して、ガチョウに育てさせようとした。

ガチョウが孵化させた雛は当然のようにガチョウの後について歩き、ガチョウを親と見なしているようにふるまった。

ところが、一つの卵だけを自分の目の前で孵化させたところ、その雛は彼を追いかけるようになり、ガチョウのふところへ押し込んでも、他の雛がガチョウについて行くのに、その雛だけは彼を追ったという。

 


(duck109.jpg)

 

ガンの仲間の雛は、親の後ろを追いかけて移動する習性がある。
この行動は生まれついてのもの、つまり本能行動である。

ところが、雛は親の顔を生まれた時には知らず、生まれた後にそれを覚えるのである。
具体的には、生まれた直後に目の前にあった、動いて声を出すものを親だと覚え込んでしまう事が分かった。
したがって、ガチョウが孵化させた場合には雛はガチョウを親鳥と思い込み、ローレンツが孵化を観察した場合には彼を親鳥と認識することになるのである。

全く異なる段階での同様の現象をやはりローレンツがコクマルガラスで報告している。
このカラスは敵(タカなど)の姿を見ると警告音を発し、それを聞いた鳥は一斉に隠れる。

ところが、若鳥は警告音を聞いて退避する事は本能行動として身についているが、敵の姿を知らない。
これは親や群れの成鳥がその姿を見て警戒音を発するのを聞いて覚えると言う。
また、この記憶が成立するのもたった1回でじゅうぶんだといわれている。


出典: 「刷り込み」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

あらっ。。。 ホントに人間を母親だと思ってアヒルが追いかけるのですわねぇ~。。。

そうなのですよ。。。 ちょっとビックリしますよねぇ~。。。

でも、せいぜい、1羽とか2羽だけでしょう? 群れをなして、すべてのアヒルが人間を母親だとは思わないのでしょう?

ところが、どっこい、アヒルは人間の赤ちゃんとは違うのですよ。。。 群れのすべてが生まれた時に人間を見ると、一生その人間が母親だと思い込んで 群れごと すべての雛(ヒナ)が人間の後を追いかけるのですよ。。。

 


(ducks11.jpg)

 

デンマンさんのお話で思い出しましたけれど、人間も他の動物を母親と思って育てられてしまうということがありますわァ~。。。

マジで。。。?

10代の頃、本で読んだのですけれど、昔、フランスで狼に育てられた人間の赤ちゃんがいましたわァ~。。。

ホントにィ~。。。?

野生の動物に育てられた人間の赤ちゃんや幼児が結構いるのですわよう。。。 ネットで調べてみたら次のようなクリップがありましたわァ。。。

 


(duck120.jpg)

 

やっぱり、アヒルも人間も自然の母親に育てられるのが一番幸せなのですよ。。。

そうですわねぇ~。。。 アヒルが人の後を追いかけるのは見ていると可愛いですけれど、アヒルにとっては可哀想ですわよねぇ~。。。

そうです。。。 そうです。。。 アヒルは、アヒルの母親に、人間は人間の母親に育てられるのが一番幸せです。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。

あなたも、犬や狼に育てられなくて、よかったと思いましたか?

でも、ワンワンちゃんやニャンニャンと赤ちゃんの間には、動物としての本能的なコミュニケーション能力があるようですわ。。。

ちょっと次のクリップを見てくださいな。。。

思わず笑ってしまいますわ。。。

 


(dog807.jpg)

 

ええっ。。。? 「犬や猫のことは どうでもいいから他の面白い話をしろ!」

あなたは、あたくしに そのような強い口調でご命令なさるのでござ~ますかァ~?

分かりましたわァ~。。。

あなたが、そうおっしゃるのならば、あたくしの個人的なお話しをいたしますわァ。

実は、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”が殿方の注目を集めているのでござァ~ますわよう。

うふふふふふふふ。。。

ええっ。。。 信じられないのでござ~ますかァ?

じゃあ、ちょっと次の検索結果を見てくださいまし。。。

 


(gog60409a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

「卑弥子 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわァ~。。。

うふふふふふふ。。。

あなたも、ビックリするでしょう?

ジムで汗を流して “ヴィーナスのえくぼ”をゲットいたしました。。。


(buttdimp5.jpg)

スタイルもよくなったのでござ~ますわァ~。。。


(curtain5.jpg)

いかがでござ~ますか?

でも。。。、でも。。。、“天は二物を与えず”と申します。。。

これほどスタイルが良くなったというのに、あたくしは未だに独身でござ~ますのォ。。。

世の中は、なかなか思うようにゆかないものですわァ~。。。

ところで、あなたは『万夜一夜物語』を読んだことがござ~ますかァ~?

“千夜一夜物語”ではなくてぇ、“万夜一夜物語”ですわ。


(manya02.jpg)

『万夜一夜物語』

デンマンさんが書いたのでござ~ますわよう。

ええっ。。。 10,001の話が書かれているのかってぇ~。。。?

とにかく、上のリンクをクリックして読んでみてくださいませぇ~。。。

あなたも、絶対にビックリするようなお話が出てきますわァ。

『万夜一夜物語』だけでは、物足りないのでしたら、

ジューンさんが登場する面白いお話もたくさんあります。

興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましねぇ~。。。

(roten101.jpg+cleoani.gif)

『サモトラケのニケとミロのヴィーナス』

『薄命な女のパンツ』

『ロトの娘たち』

『もう一人のモナリザ』

『万夜一夜の謎』

『自由という誘惑』

『驚異の大洪水』

『おつまみミステリー』

『混浴風景を探して』

『ハレルヤ』


(sylvie122.jpg)

『マルタ島のロマンだ』

『宮沢りえ人気@海外』

『癒しを奏でるパンツ』

『マルタ島deロマン』

『生ログdeロマン散歩』

『宮沢りえ@クールジャパン』

『混浴風呂ガー』

『ウェルカムバック』

『コペンハーゲンからやって来た』

『ロシアからやって来た』

『海外美女ランキング』

『ブログを解剖する』

『スイスからトランプ見に来る』


(fan004.jpg)

『海外美女を探して』

『パンツde大晦日』

『Tバック@三賀日』

『とっちゃん坊や』

『また千夜一夜』

『初恋の思い出』

『乳房振動とブラ』

『白木屋お熊』

『肥後ズイキ@セルビア』

『紐パン熟女』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『美尻のビーナス』

『紐パン熟女に惹かれて』

『あの二人が気になって』

『肥後ズイキ@セルビア』

『私は下着女装です』

『ドリアンを探して』

『パリの日本人』

『ペンタゴン式己を疑う』

『薄命な女と映画』

『ラーメン@ベリーズ』

『うるさい夏』

『芭蕉と英語』

『晩香坡物語 生誕150年』

ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『エレクトラde中国』

『熟女パンツ』

『ラーメン@カイロ』

『スパム@クルーズ』

『えくぼ@ヴィーナス』

『孀婦岩』

『モナリザ描きたい』

『ジューンさんの下着』

『やっぱり熟女下着』

『じゅくじょのぱんてー』

『事実と芸術』


(miro0018.jpg)

『パクられたパンツ』

『タイタニック@スリランカ』

『蜂@泣きっ面』

『外人が知っている美しい日本』

『腰使い 熟女』

『熟女の下着姿』

『腰を使う熟女』

『ブログランキング』

『曇ってきた@英語』

『出会い系より腰を使う熟女』

『ブリスベンの従妹』

『アヒルが行く』

『英語ペラペラ勉強法』

『ブラウザとOS』

『二千二夜物語』

『大晦日のおばさんパンツ』

『下着の人類学』

『万夜一夜@ロンドン』

『ヒトラーとトランプ』

『ロマン@マルタ島』

『下着の人類学@大阪』

『ハロー@ロックビル』

『孀婦岩の人気 なぜ』

『マグダラのマリア 娼婦か聖女か?』

『マグダレンの祈り』

『女子大生の多い混浴』

『アンネフランクの言葉』

『ビクトリア朝の慎み』

『銭湯と円タク』

『女装ブログ』

『注目記事』

『風邪が治るまで』

『ひょうたんde徒然』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)

 


(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。 バーィ


(juneswim.jpg)


『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』


(byebye.gif)