プリキュア

 

2018年1月12日 (金曜日)

 

プリキュアとヒトラー

 


(precure01.jpg)


(question8.png)


(precure02.jpg)


(himiko92.jpg)

 


(himiko22b.gif)

デンマンさん。。。 どういうわけでプリキュアとヒトラーというようなタイトルをつけて あたくしをお呼びになったのでござ~♪~ますか?


(kato3.gif)

卑弥子さんはプリキュアに心当たりがありませんか?

もちろん、心当たりがありますわよう。。。 日本の腐女子の中にはプリキュアにハマッているミーハーがたくさんいますわァ~。。。

つまり、卑弥子さんはプリキュアが、どういうものなのか知っているのですねぇ~?

当然でござ~ますわァ! 日本ではメチャ人気があるアニメでござ~ますゥ! デンマンさんはご存じなかったのでござ~ますかァ?

あのねぇ~、僕は、この件に関しては完全な浦島太郎でしたよ。。。 実は、卑弥子さんと語り合った次の記事の中で僕は初めてプリキュアに出くわしたのですよ。。。


(hitler009.jpg)


(niku02b.jpg)

『ヒトラーはベジタリアン』

それで あたくしをお呼びになったのでござ~ますかァ?

そういうことです。。。


(precure01.jpg)

上の記事の中にヒトラーが出てくるYouTubeのクリップを貼り付けたのですよ。。。

このクリップを再生すると、ヒトラーがベジタリアンである様子が映されるのでござ~ますかァ?

いや。。。 ヒトラーが食事をしている場面は出てこないのです。。。 ただ、日本語の字幕が出てきて、面白そうだったので貼り付けたまでです。。。

つまり、上のクリップにプリキュアが登場するのですか?

いや。。。 別にプリキュアは登場しません。。。 ただ字幕にプリキュアという文字が出てくる。

。。。で、クリップを初めて見た時には、デンマンさんはプリキュアとは いったい何なのか? 全く分からなかったのでござ~ますかァ?

そうなのですよ。。。 たぶん、ヒトラーと関係する団体だと思ったのです。。。 それで、もう一度クリップを観て確かめようとした。 それで クリックしたら以前は観れたのに、次のようなエラーメッセージが出てきたわけです。


(precure01b.jpg)

要するに、著作権の関係でカナダでは観ることができないのですわねぇ~。。。

そういうことです。。。 それで、同じようなクリップがないかと探してみたら次のビデオを見つけました。。。 これならカナダで観ることができる。。。

あらっ。。。 探せばあるものなのですわねぇ~。。。

ところが、このクリップでは、ヒトラー総統がプリキュアに宣戦布告しているのですよ。。。 つまり、最初に観たクリップではヒトラー総統は プリヲタ、つまり、プリキュアにハマッていたにもかかわらず、すぐ上のクリップではプリキュアを目の敵(かたき)にしているのですよ!

でも。。。、でも。。。、実際に、ヒトラー総統はドイツ語で日本語の字幕のようにしゃべっているのでござ~ますか?

いや。。。 もちろん、ヒトラーが生きていた時代にはプリキュアは存在していませんからねぇ~。。。 ヒトラー総統が知るはずがないのですよ。。。 日本語の字幕は、デタラメです。。。 このクリップの制作者が勝手に字幕をデッチ上げたのです。

でも、どういうわけでデンマンさんは、急にプリキュアを取り上げて記事を書こうとしたわけですのォ~?

あのねぇ~、たまたまバンクーバー市立図書館で借りていた本を読んでいたら次の箇所に出くわしたのですよ。。。

オタクカルチャーの源流と多様な性


(precure03.jpg)

 

1970年代にはアニメーション作品は「テレビまんが」であり「マンガ映画」であり、つまるところ特撮ヒーローものなどとあわせてあくまでも子ども向けのコンテンツにすぎないという考えが主流だった。 (略)

今日の私たちが知るような「アニメ」をめぐる社会環境が、最初から相応に整った状態で始まったディケイドは1980年代からなのである。
その意味で、1980年代はまさに現在の起点であり、まさに時代の転換点だったと言える。 (略)

多くの社会人は政治や経済の論理にかかわるなかで「カネや権力」といったものにもコミットせざるをえないが、そうした場での支配的な基準とは立脚点が異なると思われるこうした価値(夢、希望、未来、仲間、慕情、慈愛、配慮、恢復、平穏、幸福……)を、臆することなくこれでもかと描くのがアニメである。
それが1980年代以降、大人も楽しめるコンテンツとして連綿と続いていることの意義ははかりしれない。

そして、その真骨頂はジェンダーやセクシュアリティにかかわるテーマだろう。
アニメに描かれる作品世界では世の中以上に「男女共同参画」は進んでいる。
地球を守る政府特務機関などには女性管理職や女性科学者も多数存在する。

『プリキュア』シリーズ(2004~)に代表されるように、女の子も自分で変身してヒーローになるのが珍しくない昨今は、全般的に性別役割分業の攪乱もいちじるしい。
現実のジェンダー秩序の一歩先がシミュレーションされていると言ってもいいだろう。

セクシュアリティについても先進的だ。
女性どうし、あるいは男性どうしでの、性的とされる要素も含めた深い親密性描写や、異性装・性転換など、トランスジェンダー要素をもつ登場人物がごく自然に登場して活躍する様子も、今どきのアニメには一般的に登場し、それぞれ「百合」「BL(ボーイズラブ)」「男の娘(おとこのこ)」といった言葉は、ジャンル名としても機能している。

 (by 佐倉智美)

 


(1980s.jpg)

赤字はデンマンが強調。
写真はデンマン・ライブラリーより)


305-307ページ 『1980年代』
編著者: 斎藤美奈子・成田龍一
2016年2月28日 初版発行
発行所: 株式会社 河出書房新社

僕は1980年代には日本へ帰省したことがなかったのですよ。。。

でも。。。、でも。。。、『プリキュア』シリーズ(2004~)が始まった21世紀には、デンマンさんは毎年日本へ帰ってきてましたよねぇ~。。。

でもねぇ~、僕はプリキュアというのを見たり聞いたりしたことがなかった。。。 もともと、アニメや漫画には関心がなかったのです。

けれど、1980年代以降、アニメや漫画は大人も見る時代になったのでござ~ますわァ~。。。

そうらしいのだよねぇ~。。。 で、上の本を読んで、プリキュアが人気が出たのが なんとなく理解できましたよ。。。

。。。と言うとォ~?

あのねぇ~、日本へ帰省すると、あの太ったデブデブのマツコとかいう“おばさん”がよくCMに出てきたのですよ。。。 


(matsuko2.jpg)

最初、僕は本物の“おばさん”だと思ったのだけれど、何度か見るうちに、どうも“オカマ”らしいと思った。。。 要するに、1980年代から、女性どうし、あるいは男性どうしでの、性的とされる要素も含めた深い親密性描写や、異性装・性転換など、トランスジェンダー要素をもつ登場人物がごく自然に登場するような社会環境が日本にもたらされたのですよ。

マツコさんが登場するようになったのも、プリキュアの人気と関係あると思ったのでござ~ますか?

そうですよ。。。 

マツコのような女装タレントが登場するようになったのも、プリキュアの人気と関係あるわけですよ。。。

そうかしら?

だってぇ、異性装・性転換など、トランスジェンダー要素をもつ登場人物がごく自然に登場するような社会環境が日本にできたので、マツコのような人物もCMで普通に出てこれるようになったわけです。。。

つまり、上の本を読んで、デンマンさんは改めてプリキュアが日本の社会環境を変えたと思ったのでござ~ますか?

もちろん、そればかりが原因じゃないと思うけれど、とにかく、プリキュアの人気がすごいのが分かりました。。。 ヒトラーが生きていたら、確かに、プリキュアに宣戦布告するでしょう!。。。 それほどプリキュアの人気はすごい!

DANZEN! ふたりはプリキュア

映画 ハピネスチャ-ジプリキュア

人形の国のバレリーナ ちょい見せ

プリンセスプリキュア声優

「第28回東京国際映画祭」

でもねぇ~、こうして、YouTube にも たくさんのクリップがあるのだけれど、何度見ても僕には プリヲタの熱くなる萌える気持ちが分からない。。。

でも。。。、でも。。。、デンマンさんだってジューンさんの下着をくすねて 熱くなって萌え萌えになってぇ下着女装するではござ~ませんかア!


(june264.gif)


(joso110b.jpg)

あのねぇ~、卑弥子女さん! これは、僕が下着女装したのではなく、下着女装の記事を書くために、コラージュしてデッチあげた写真なのですよ。。。 ネット上にかなり出回っているので、ネット市民の皆様が誤解しないように、僕はここではっきりと申し上げますゥ。。。

別に、そのように取って付けたような弁解をなさらなくてもよいのでござ~ますわァ。。。 最近の日本人は下着女装しようが、性転換しようが、驚かなくなって、素直に受け入れるようになったのでござ~ますから。。。

いや。。。 あのねぇ~。。。 そうかもしれないけれど、僕はマジで下着女装には興味もないし、ジューンさんの下着をくすねたこともありません!

デンマンさん! そのようにムキにならなくても よろしいのですわよう。。。 うふふふふふふ。。。

卑弥子さんは。。。、卑弥子さんは、僕の言う事が信じられないのですかァ~?

信じてますわよう。。。 信じてますわよう。。。 うふふふふふふ。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif) 

実は、ジューンさんの美しさに魅せられて、女性に成りすます男性が たくさん居るのでござ~ますわァ!

 


(june264.gif)

 

ええっ。。。 信じられないのですか?

じゃあ、ちょっと次のYouTubeのクリップを見てくださいまし。。。


(xdress02.jpg)

いかがでござ~ますかァ~?

男性が女装していると思いますかァ?

あたくしは、素直に信じることができませんわァ~。。。

話は全く違うのでござ~ますけれど、

実は、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”も殿方の注目を集めているのでござァ~ますわよう。

うふふふふふふふ。。。

ええっ。。。 信じられないのでござ~ますかァ?

じゃあ、ここでお見せしますわねぇ~。。。


(buttdimp5.jpg)

どうでござ~ますかァ?

この魅力によって あたくしの人気が出てきたのだと思うのですわァ。

うふふふふふふ。。。

ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?

どうしてよう?

ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ~ますかァ~?

あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、

最後には上のようなおヌードになるのですわよう。

信じてくださいましなァ~。。。

プリキュアにまつわるお話も、大変興味深いですけれど、

他にも いろいろな面白いお話がござ~ますわァ。

たまには、日本古代の面白いお話にも関心を示してくださいまし。

あなたのために古代史の記事を用意しましたわァ。

ぜひ お読みくださいねぇ。

では。。。

天武天皇と天智天皇は

同腹の兄弟ではなかった。 

天智天皇は暗殺された 

定慧出生の秘密 

藤原鎌足と長男・定慧 

渡来人とアイヌ人の連合王国

なぜ、蝦夷という名前なの?

平和を愛したアイヌ人

藤原鎌足と六韜

古事記より古い書物が

どうして残っていないの?

今、日本に住んでいる人は

日本人でないの?

マキアベリもビックリ、

藤原氏のバイブルとは?

とにかく、次回も興味深い記事が続きます。

だから、あなたも、また読みに戻ってきてください。

じゃあ、またねぇ~。。。


(hand.gif)

 

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』


(surfing9.gif)


(sayuri5.gif)

ところで、平成の紫式部こと、卑弥子さんは見かけによらず、京都の女子大学で腐女子に「日本文化と源氏物語」を講義している橘卑弥子・准教授という肩書きを持っています。

卑弥子さんの面白い話をもっと読みたい人は
下のリンクをクリックして読んでみてくださいね。


(annasalleh.jpg)

『オルフェと聖徳太子』

『源氏物語とおばさんパンツ』

『霊仙はなぜ毒殺されたの?』

『紫式部が地獄へ』

『破戒僧円載』

『アショーカ王の愛と苦悩』

『どら平太の世界』

『三四郎とデンマンさん』

『ヒトラーの姪』

『ゴヤと三島由紀夫』

『仏陀とキリストと娼婦』


(zurose2.jpg)

『ズロースと戦争』

『伊藤若冲ブーム?』

『ブッダと物理学』

『加藤清正ブーム?』

『愛憎と三輪山』

『松原智恵子 お尻ペンペン』

『坂本龍馬は流れ者か?』

『野ざらし』

『紫式部堕獄説』

『日本最古のポルノ?』

『源氏物語の性描写』

『寅さんの本棚と急行まつしま』

『ヒトラーは草食系?』

『ブッダとキリストと娼婦』

『顔文字とオナラ』


(hama10.jpg)

『宝暦の恨みを明治維新で』

『デウキと紅葉@行田』

『薄い陰毛と紅のボートピープル』

『江戸の閨房術』

『ずるがしこい現代人』

『春画@源氏物語』

『千早振る』

『あれっ、松本清張』

『キスと源信』

『伎楽は呉から…?』

『紺瑠璃杯に魅せられて』

『神聖娼婦 マリア』

『安徳帝は生きていた』

『白石川の桜』


(maria05.jpg)

『ブログ村のマリア様』

『萌える済子女王』

『ピンク桃色@徒然』

『富沢金山の桜』

『ピンク桃色村』

『紫式部@徒然』

『絵里香@ペルー』

『ペルシャ人の楊貴妃』

『ん?佐伯今毛人』

『文学と歴史とウソ』

『百人一首ミステリー』

『芭蕉と遊女再び』

『映画とロマン@仙台』

『源氏物语中的性描写』

『忘れられた歴史ロマン』


(costa04b.jpg)

『おばさんパンツ@サンホセ』

『聖徳太子のチューター』

『オナラの曲芸』

『死海』

『漱石とオナラ』

『絵里香さん』

『美女とオナラ』

『アンバパーリー』

『ゆっくりと愛し合う』

『見ちゃだめ!』

『二重マチ付きズロース』


(miya08.jpg)

『麻生元総理』

『ネットのバカ女を捜して』

『額田王の歌』

『聖女と娼婦』

『済子女王@萌える』

『ん?堀内亜里?』

『松平春嶽が黒幕?』

『旅行者的早餐』

『なぜ蝦夷なの?』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)


(byebye.gif)