政府は嘘をつく

 

政府は嘘をつく

 


(lie01.jpg)


(lie02.jpg)


(lie03.jpg)


(sylvie702.jpg)


(sylviex.jpg)

ケイトーは政府がすべて嘘をつくとマジで信じているわけぇ~?


(kato3.gif)

じゃあ、訊くけれど、シルヴィーは、政府が正直にすべての情報を国民に知らせているとマジで信じているわけぇ~?

外交では、政治的な駆け引きがあるから、おそらく機密情報というのはあると思うわァ~。。。 だから、政府がすべての情報を公開しないということはあっても可笑しくないと思うのよねぇ~。。。

なるほどォ~。。。 つまり、外交的な駆け引きのために公開できない情報もある、とシルヴィーは思っているわけだァ~。。。

そういうことよ。。。 

機密情報を公開しないのは理解できるけれど、嘘をつくのはダメだよ! 例えば、アメリカがイラクに対して戦争を仕掛けた時、アメリカ政府が「フセインが大量破壊兵器を保有している」と嘘をついたのは 今では世界中の誰もが知っていることだよねぇ~。。。

それは、たまたま間違った情報をブッシュ大統領が鵜呑みにしただけじゃないのォ~?

つまり、シルヴィーは政府は原則として国民に対して嘘をつかないものだと素直に信じているわけなんだァ~。。。

そう信じてはいけないのかしら?

あのねぇ~、シルヴィーが素直に、そう信じるのもいいけれど、すべての政府が嘘をついているとしたら、どうする?

どうするってぇ、どうしようもないのじゃないのォ~?

あのねぇ~、いつの時代にも政府や お山の大将は、自分の権利欲や私欲のために、嘘をついてまで戦争を始めるものなのですよ。。。

その証拠でもあるわけ。。。?

証拠というよりも、その事実を暴(あば)いたドキュメンタリーがあるのですよ。。。


(lib90522c.png)


『拡大する』

『実際のカタログページ』

My Comment

 

Directed by Fred Peabody in 2016, this 91-minute documentary exposes government and corporate deception just as the ground-breaking independent journalist I.F. Stone did in the 1960s.

Featuring footage from the last six decdes, the film makes you question what you see and read the news broadcast from mainstream media.

Amazing, provocative and alarming!


2016年にフレッド・ピーボディ監督によって制作されたこの91分の記録映画は、1960年代にI.F.ストーンが「すべての政府は嘘をつく」という信念のもと、組織に属さず、地道な調査によってベトナム戦争をめぐる嘘などを次々と暴いていったように

彼の報道姿勢を受け継いで、現代の独立系ジャーナリストたちの闘いを追い、政府や大企業の嘘を暴露するドキュメンタリー作品です。

あなたもビックリするような衝撃的な事実が飛び出して、眠りを覚まされ、現実を直視することになるに間違いありません!

【デンマン意訳】

あらっ。。。 ケイトーは、ずいぶんと思い切った意訳をしているじゃない!?

いけませんか?

原文の英語よりも、かなり手を加えているけれど言いたい事は理解できるわよ。。。。で、日本政府も嘘をついている、とケイトーはマジで信じているわけなのォ~?

もちろんですよ。。。 その証拠ならば捨てるほどありますよ。。。

例えば。。。?

日本人の誰もが知っている戦時中の大本営のラジオ報道ですよ!

 


(daihon3.jpg)

 

確かに、戦争を始めた頃は、まともな発表をしていたけれど、ミッドウェイ海戦の頃から嘘丸出しの報道をしていたのよねぇ~。。。

でしょう。。。! 。。。でしょう!

でも。。。、でも。。。、それは日本帝国臣民を騙して戦争を続行させるために、仕方なしに嘘をついたんでしょう?

でもねぇ~、その嘘の報道を信じて 潔(いさぎよ)く玉砕して死んでいった兵隊本人や遺族たちは たまりませんよゥ。。。

だけど、それは戦時中の話でしょう! 現在の日本政府は嘘をついているとは思えないわァ~!

嘘をついてますよ!

 


(kakei02.jpg)

 

加計学園問題、森友学園問題では、政府や関係者を含めて、嘘の丸出しでしょう!?

確かに、言われてみればニュースを聞いていて、疑わしいと思えることがあるわァ~。。。

。。。でしょう!?

大日本帝國臣民のように、素直で従順な日本国民もここまで政府と関係者が嘘をつくと、いつまでも黙っていませんよう。。。

そうかしら。。。?

最近、ドナルド・トランプ大統領も脱税疑惑が浮上して、18年間税金逃れをしていたのではないか? 。。。ということで税金報告書を提出するようにと議会が追求しているのですよ!

アメリカ議会はトランプ大統領を弾劾して辞めさせるかしら?

その可能性が全く無いとはいえませんよ!

 


(trump911.jpg)

 

要するに、政府も権力を握る者も、安倍首相やドナルド大統領を見ていれば分かるように、けっこう平気で嘘をついているのですよ。。。

つまり、その事を言いたかったので、私を呼び出したわけなのォ~?

いや。。。 それだけじゃないのですよ! いい年をした大人がけっこう騙されているのですよ。。。 ちょっと次の小文を読んでみてください。。。


(fujiwara01.jpg)

 

偉そうなことを言う私も、本書により、これまで隠しに隠してきた見識の低さが白日の下にさらされるのではないかと恐れています。
しかし私には、強く、賢く、やさしい古女房がいます。
彼女は私が本書を執筆中、落ち込みそうになるたびに、「大丈夫、あなたの見識や人格が高いとは誰一人思っていませんから」と力強く励ましてくれました。

 (4ページ)


「もし戦争が起こったら国のために戦うか」では「ハイ」が15%と図抜けて(日本は)世界最低、ちなみに韓国は74%、中国は90%です。

恥ずかしい国を救うために生命を投げ出すことなどありえないのです。

無論、世界中が日本人のように戦う意思を失ったらすぐに平和が達成されるのですが、残念なことにそのようになるはるか前に日本がなくなってしまう、そして世界はそのまま、というのが悲しい現実なのです。

 (61ページ)


日本人が祖国への誇りを取り戻すための具体的な道筋は何でしょうか。(略)
「誇り」を回復するための必然的第一歩は、戦勝国の復讐劇に過ぎない東京裁判の断固たる否定でなければなりません。
そして日本の百年戦争がもたらした、世界史に残る大殊勲をしっかり胸に刻むことです。

その上で第2は、アメリカに押しつけられた、日本弱体化のための憲法を廃棄し、新たに、日本人の、日本人による日本人のための憲法を作るあげることです。(略)
「自衛隊は軍隊でない」という子供にも説明できぬうそを採用しなければならなくなっているからです。(略)

「嘘があってもいいではないか。戦後の経済発展は軍備に金をかけずに経済だけに注力したからではないか」という人もいます。
これも真っ赤な嘘です。
戦前のドイツ、日本、戦後の韓国や台湾、近年の中国など、毎年GDP比10%、あるいはそれ以上の軍備拡大をしながら目覚しい経済発展を遂げたからです。
軍備拡大とはある意味で景気刺激策とも言えますから、むしろ当然なのです。

ついで第3は、自らの国を自らで守ることを決意して実行することです。
他国に守ってもらう、というのは属国の定義と言ってよいものです。(略)

少なくとも一定期間、自らの力で自国を守るだけの強力な軍事力を持った上で、アメリカとの対等で強固な同盟を結ばねばなりません。

 (246-247ページ)

読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


『日本人の誇り』
著者: 藤原正彦
2011(平成23)年4月20日 第1刷発行
発行所: 株式会社 文藝春秋

「もし戦争が起こったら国のために戦うか」では「ハイ」が15%と図抜けて(日本は)世界最低だと書いてあるけれど、僕は当然だと思うのですよ。。。 

どうして当然なわけなのォ~?

だって、加計学園問題、森友学園問題では、政府と役人が首相も含めて、あれだけ嘘をついてるのでしょう!? 著者の藤原さん自身も「恥ずかしい国を救うために生命を投げ出すことなどありえないのです」と書いている!

つまり、現在の日本人は自分の政府と役人が嘘をついているので日本は恥ずかしい国だと思っているわけなのねぇ~。。。

そういうことですよ。。。 だから、「もし戦争が起こったら国のために戦うか」では「ハイ」が15%と図抜けて(日本は)世界最低なのですよ。。。 多くの日本人が良識を持っていることだと僕はとてっも嬉しいのですよ!

でも、右翼の人たちや「日本会議」の会員の皆さんは、ケイトーが そのように言えばきっとムカつくと思うわァ~。。。

僕は日本の政府の現実を見ながら素直な意見を言っているまでですよ。。。

つまり、この事が言いたかったわけなのォ~?

いや。。。、そればかりじゃないのですよ。。。

まだ他にも言いたい事があるわけぇ~?

藤原さんは、人生経験が豊富なはずなのに、極めて愚かな事を言うのですよ。。。

その愚かな事とは。。。?

少なくとも一定期間、自らの力で自国を守るだけの強力な軍事力を持った上で、アメリカとの対等で強固な同盟を結ばねばなりません」と主張している!

これが馬鹿げた事なのォ~?

当たり前でしょう! 次のパイグラフを見てください。。。

 


(gunjihi2.gif)

『世界で一番悪い国』より

 

世界の軍事費シェアはアメリカが35.1%。。。 日本は2.6%なのですよ。。。 それなのに、日本を守るだけの強力な軍事力を持って、アメリカと対等な同盟を結ぶとしたら、少なくとも現在の国防費の10倍の予算を計上しなければならない。。。 

世界全体の軍事費は2016年で約1兆6860億ドルと推計されている。

トップのアメリカは約6110億ドルで世界全体の36%を占め、中国(約2150億ドル)、ロシア(約692億ドル)などが続く。

日本は461億ドルで8位。


出典: 「軍事費」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

。。。ということは2016年現在の日本の軍事費(国防費)の10倍として 461億ドル X 10 = 4,610億ドル。。。 5月24日現在のレートだと $1.00 = 109.71円 だわねぇ~。。。 計算しやすいように $1.00 = 110円 とすると、 4,610億ドル X 110 = 507,100億ドル ということで 約50兆円!

日本の国家予算は約100兆円なのですよ! つまり、国家予算の半分を国防費に回して初めて、日本を守るだけの強力な軍事力を持って、アメリカと対等な同盟を結ぶことができる!

現在の日本の税収は43兆円なのよねぇ~、100兆円の支出の大部分の残りの67兆円は国債という借金で補うのよ。。。 でしょう?

そういうことですよ。。。 つまり、日本の税収のすべてを国防費に回さなければならない。。。 そんな事をしたら国際的に見て、ますます日本が戦争を始める国として見られてしまう! 藤原さんは、こういう愚かな事を書いて本を出版している。。。

だから、奥さんに言われるわけよ。。。「大丈夫、あなたの見識や人格が高いとは誰一人思っていませんから」と。。。


(laugh16.gif)

【ジューンの独り言】


(bare02b.gif)

ですってぇ~。。。

あなたも藤原さんの奥様に同意しますか?

ええっ。。。 「そんなことは、どうでもいいから、他に、もっと楽しいことを話せ!」

あなたは、そのように強い口調で私に命令するのですか?

分かりましたわ。

シルヴィーさんが出てくる面白い記事は たくさんあります。。。

次の記事の中から面白そうなものを選んで読んでください。


(sylvie500.jpg)


『角さんと原発と天罰(2013年1月5日)』

『真紀子落選(2013年1月14日)』

『野火(2013年1月18日)』

『タイタニックと国際化(2013年2月1日)』

『宮澤理恵@Macao(2013年2月28日)』


(sunwind2.gif)

『チョコレートと軍産複合体』

『チョコレートと甘い権力』

『CIAの黒い糸』

『美しい日本語再び』

『宮沢りえブーム?』

『また、宮沢りえ?』

『浅間山噴火とフランス革命』

『なぜアクセスが急増したの?』

『気になる検索ワード』

『なぜ塩野七生批判』

『その検査、ムカつく!』

『宮沢りえと床上手な女』


(mh370a.jpg)

『MH370ミステリー』

『なぜ死刑廃止?』

『真犯人はそこにいる』

『MH370ミステリー裏話』

『お裁きを信じますから』

『ジャルパックと国際化』

『古代ローマのセックス』

『CIAとノーパン』

『エロいローマ再び』

『エロいけれどためになる話』

『えろあくにめ温泉』


(jump009.jpg)

『エロいけれどためになる』

『地球上のネット普及率』

『原発はダメだったのに』

『スカートをはいた兵隊』

『行田シンドローム』

『幻の暴走機関車』

『CIA@NOパンツ』

『やっぱり、セックス』

『セックス風呂具村』

『CIAの黒い手再び』


(banana82e.jpg)

『アダムとイブは何を食べたの』

『舞踏会 明子』

『波乱の人生』

『国際化だよね』

『イングナさんを探して』

『美しい日本語 チェーホフ』

『横の道@ニコライ堂』

『また塩野七生批判』

『日航スチュワーデス』


(cleopara2.jpg)

『クレオパトラ@塩野批判』

『テルモピュライの戦い』

『思い出の蓮』

『角さんと天罰』

『ラーメン@リガ』

『角さんと天罰がなぜ?』

『南京事件と反知性主義』

『あけびさんの卒論』

『愛は降る星の彼方に』

『サイバー戦争』

『エロくて、ごめんね』

『モバイル社会とガラケー』

『元老のアメリカ』

『ケネディ家の呪い』

『欧米を敵に回す』

『ソフィアからこんにちわ』

『ドイツが原爆をロンドンに』

『いまだに謎』

『さらば大前研一』


(superm3.jpg)

『空飛ぶスパイ』

『愛情はふる星@ベトナム』

『ヒラリーと塩野七生』

『ケネディ夫人@インドネシア』

『究極の大前研一批判本』

『フェルメールの謎』

『女に文句を言う女』

『あなたの祖国』

『宮沢りえ@韓国』

『正しい戦争』

『ゴールデンシャワー』

『死刑廃止』

『かまびすしい』

『今、新たな戦前』

『クレオパトラ@アラビア』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。 バーィ。


(hand.gif)


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)

『卑弥子の源氏物語』

『平成の紫式部』

■ めれんげさんの『即興の詩』

■ めれんげさんの『極私的詩集』

Jagel - Soft Japanese Bagel
(bagel702.jpg)

■ “JAGEL – Soft Japanese Bagel”


(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(beach02.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(rengfire.jpg)


(byebye.gif)

未来予測

 

未来予測

 


(future10.jpg)


(atombomb.jpg)


(future11.jpg)


(sylvie702.jpg)


(sylviex.jpg)

ケイトー。。。、今日は不吉な未来を予測するわけなのォ~?


(kato3.gif)

シルヴィーは、近いうちに人類が滅亡すると思う?

そうねぇ~、あの将軍様が国内の反乱によって、その座を終われるようなことがあると、気が狂ってすべての核爆弾のボタンを押して 世界を破滅に追い込む可能性が無いとも言えないわよねぇ~。。。

でもねぇ~、将軍様は血のつながった兄貴まで殺してしまうという、恐怖政治を行っているのですよ。。。 だから、反逆する市民も官僚も大臣も居ないと思うよ。。。 とにかく、秘密警察の目や隣人が あちこちに目を光られていて、ちょっとしたことでも密告されるので、北朝鮮人民は反抗する気力も失われているみたいだよ。。。

とにかく、あの国は不思議で怖い国よねぇ~。。。 

あの将軍様のことは置いておくとして、最近、オーストラリアのシンクタンクが、今後30年の気候変動にまつわるリスクを分析し、最悪の場合、人類文明が終焉に向かうかもしれないという衝撃的な予測を発表したのですよ。。。

 


(future10.jpg)

『2050年人類滅亡!?

豪シンクタンクの衝撃的な未来予測』

 

つまり、今日は2050年に人類が滅亡するかもしれないということを話すわけぇ~?

いや。。。 そうじゃないのですよ。。。 予測は、往々にして外れてしまうということについて話そうと思うのですよ。。。

つまり、2050年に人類が滅亡することは無いと言いたいわけぇ~?

そういうことです。。。 なぜなら、これまでに、そう言う事を言う人はたくさんいたのですよ。。。

例えば。。。?

シルヴィーは宇治の鳳凰堂を見たことがある?

写真なら見たことがあるわ。。。

 


(hououdo2.jpg)

 

鳳凰堂建立の思想的・信仰的背景

 

『観無量寿経』の一節に「若欲至心生西方者、先当観於一丈六像在池水上」(若し至心に西方に生まれんと欲する者は、先ず当(まさ)に一の丈六の像池水の上に在(いま)すを観るべし)とある。
鳳凰堂とその周囲の浄土式庭園は、『観無量寿経』の所説に基づき、西方極楽浄土とその教主である阿弥陀如来を観想(特定の対象に心を集中させること)するために造られたとするのが定説である。

飛鳥・奈良・平安前期に広まった仏教は、現世での救済を求めるものであった。
平等院が創建された平安時代後期になると、日本では「末法思想」が広く信じられていた。

末法思想とは、釈尊の入滅から2000年目以降は仏法が廃れるという思想である。
しかし、天災人災が続いたため人々の不安は一層深まり、終末論的な思想として捉えられるようになり、この不安から逃れるための厭世的な思想として捉えられるようになる。

仏教も現世での救済から来世での救済に変わっていった。

平等院が創建された永承7年(1052年)は、当時の思想ではまさに「末法」の元年に当たっており、当時の貴族は極楽往生を願い、西方極楽浄土の教主とされる阿弥陀如来を本尊とする仏堂を盛んに造営した。

鳳凰堂とその堂内の阿弥陀仏、壁扉画や供養菩薩像、周囲の庭園などは『観無量寿経』の所説に基づき、西方極楽浄土を観想するため、現世の極楽浄土として造られたことは間違いない。


出典: 「平等院」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

平等院が創建された永承7年(1052年)は、当時の思想ではまさに「末法」の元年に当たっており、多くの人々が「ああ、この世はもう終わりだ。。。 せめて、あの世では救われたいものだ」と願いながら仏堂を盛んに造営したのですよ。。。

つまり、2050年に人類が滅亡するかもしれない、ということも言ってみれば、21世紀の「末法思想」だと、ケイトーは言いたいわけぇ~?

確かに、似ているけれど、決定的な違いは、宗教的な要素が無いということですよ。。。

つまり、科学的な分析に基づいて人類の滅亡を予測しているので、仏教の「末法思想」よりは信頼できるというわけぇ~?

そうです。。。 仏教の「末法思想」よりは信頼できる。。。 でも、僕は信じられないのですよ。。。

どうして。。。?

あのねぇ~、現代人がタイムマシンに乗って1052年の世界に行けたとしたら、たぶん、当時の「末法思想」を信じないどころか、「皆さん、そのような宗教的な迷信に惑わされないように!」とメガホンをもって庶民の間に迷信だということを触れ回ると思うのですよ。。。

でも、当時、そのような事を言ったら、仏教を信じている狂信者に殺されてしまうわよゥ。。。

確かに、そうなるのがオチかもしれない。。。 でもねぇ~、100年後の人間が、2050年に人類が滅亡するという予測をネットで見たら、ちょうど同じような事を言うと思うのですよ。。。

つまり、100年後の人間にとって、オーストラリアのシンクタンクが予測した「2050年の人類の滅亡」のシナリオは、100年後の人間にとっては、科学的にも根拠が薄いと見られてしまう、とケイトーは言いたいわけぇ~?

そうです。。。 それには僕なりの根拠があるのですよ。。。 かつて、僕は次のドキュメンタリーを見た。。。

 


(lib90609a.png)


『拡大する』

『実際のページ』


(lastcall3.jpg)

My Comment

July 11, 2017

Directed by Enrico Cerasuolo in 2012, this is a 90-minute documentary that provides provocative insights into the fundamental reasons behind the ongoing global ecological and economic crises as well as a vision of a more hopeful future.

Although it is a profoundly thought-provoking documentary, it doesn’t supply enough data to convince me about the seriousness of the upcoming crises.

The updated conclusions stimulate interest, but don’t give much information on actions for avoiding the crises.


2012年にエンリコ・チェラスオーロ監督によって制作された この90分のドキュメンタリーは、現在進行中の世界的な生態学的および経済的危機の背後にある根本的な理由を究明し、有望な未来のビジョンを提示している。

しかし、深く考えさせられるドキュメンタリーではあるけれど、今後の危機の深刻さについて充分に納得させるだけのデータを提示してない。

現状を考慮して更新された結論は興味深いけれど、危機を回避するための具体策に関する情報は乏しい。

【デンマン訳】

 

40年ほど前の予測では、石油は枯渇して、21世紀にはいると、新しいエネルギーを見つけねばならなくなるというようなことが言われていた。。。 もちろん、現在、まだ石油はなくなってない! それで、その当時の予測を更新して、新たな予測を導き出したというのが2012年制作のドキュメンタリーの骨子ですよ。。。

つまり、ケイトーは、上のドキュメンタリーを見たけれど、深く考えさせられるドキュメンタリーではあるけれど、今後の危機の深刻さについて充分に納得させるだけのデータを提示してない。 現状を考慮して更新された結論は興味深いけれど、危機を回避するための具体策に関する情報は乏しいと思ったわけねぇ~。。。

その通りです。。。 あのねぇ~、元イギリスの首相が言ったとされる諺があるのですよ。。。 「うそには3種類ある。 嘘と大嘘、そして統計である」というものですよ。。。 つまり、正しい統計を正しく解釈すれば、未来予測も可能だけれど、でっち上げたような不正な統計をこね回して未来予測をすれば、それは嘘と等しいということです。。。

嘘、大嘘、そして統計

 


(disraeli2.jpg)

 

『嘘、大嘘、そして統計』(Lies, damned lies, and statistics)は、数字の説得力、特に弱い論証を支えるために統計が使用されることを言い表した表現である。

また、相手の意見を証明するために用いられた統計を疑う時に口語的に用いられることもある。

 

アメリカ合衆国では、この語句は特にマーク・トウェインによって世の中に広まった。

トウェインは、この語句を19世紀のイギリスの首相ベンジャミン・ディズレーリ(1804年 – 1881年)のものと紹介した: 『世の中には3種類の嘘がある: 嘘、大嘘、そして統計だ』(There are three kinds of lies: lies, damned lies, and statistics)。

しかしながら、この言い回しはディズレーリのいかなる著作にも見られず、初めて登場したのはディズレーリの死後である。

ゆえに、その他の考案者も提唱されている。


出典: 「嘘、大嘘、そして統計」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

要するに、「2050年の人類の滅亡説」も2012年に制作されたドキュメンタリーも、正しい統計を正しく解釈してないように思えるので信じられないというわけねぇ~。。。

そういうことです。。。

じゃあ、あのどうしようもないトランプ大統領と同じように、地球温暖化も人類による気象異常もケイトーは信じていないわけぇ~?

いや、人類による二酸化亜炭素放出による地球温暖化は信じています。。。

それは、どういうわけ。。。?

実は次のドキュメンタリーも見たのですよ。。。

 


(lib90611a.png)


『拡大する』

『実際のページ』


(extinc02.jpg)

My Comment

June 05, 2019

Directed by Louie Psihoyos in 2015, this 95-minute documentary exposes the forces that will lead our plnet to its next mass extinction, potentially resulting in the loss of half of all species.

Enlightening and fascinating!


2015年にルイ・シホヨス監督によって制作された この95分のドキュメンタリーは、地球上の生物種の半分が消滅する可能性がある次の大量絶滅を起こさせる原因を暴(あば)いてみせる。

目からウロコの啓発をゲットさせ、しみじみと説得されるような魅力的な記録映画!

【デンマン訳】

 

つまり、「2050年の人類の滅亡」のシナリオは大げさで信じられないけれど、人類がこのまま二酸化炭素を放出していると、やがて人類どころか地球上の生物種の半分が絶滅するような危機的な状況になるというわけぇ~?

そうですよ。。。 上のドキュメンタリーを見れば、シルヴィーも信じることができますよ。。。

じゃあ、トランプ大統領も見るべきねぇ~。。。

でもねぇ~、トランプさんは、実は、わかっているのですよ! でも、二酸化炭素の放出を制限させることはできないと思うよ。。。

どうして。。。?

おそらく、大企業との間で、そのような密約が選挙の前にあったと思うんだよ。。。

つまり、それを破ったら2期目に当選することはできないというわけ?

そうです。。。 だから、もしトランプさんが二酸化炭素放出の制限をまじめに考えるとすれば、それは2期目に勝利した後になると思います。。。

そうするかしら。。。?

とにかく、このまま二酸化炭素の放出が続いたとしても、大量絶滅が起こる前にトランプさんは自然死していると思うけれど。。。


(laugh16.gif)

【ジューンの独り言】


(bare02b.gif)

ですってぇ~。。。

あなたも トランプ大統領は大企業と密約したので、二酸化炭素放出の制限に消極的なのだと思いますか?

ええっ。。。 「そんなことは、どうでもいいから、他に、もっと楽しいことを話せ!」

あなたは、そのように強い口調で私に命令するのですか?

分かりましたわ。

シルヴィーさんが出てくる面白い記事は たくさんあります。。。

次の記事の中から面白そうなものを選んで読んでください。


(sylvie500.jpg)


『角さんと原発と天罰(2013年1月5日)』

『真紀子落選(2013年1月14日)』

『野火(2013年1月18日)』

『タイタニックと国際化(2013年2月1日)』

『宮澤理恵@Macao(2013年2月28日)』


(sunwind2.gif)

『チョコレートと軍産複合体』

『チョコレートと甘い権力』

『CIAの黒い糸』

『美しい日本語再び』

『宮沢りえブーム?』

『また、宮沢りえ?』

『浅間山噴火とフランス革命』

『なぜアクセスが急増したの?』

『気になる検索ワード』

『なぜ塩野七生批判』

『その検査、ムカつく!』

『宮沢りえと床上手な女』


(mh370a.jpg)

『MH370ミステリー』

『なぜ死刑廃止?』

『真犯人はそこにいる』

『MH370ミステリー裏話』

『お裁きを信じますから』

『ジャルパックと国際化』

『古代ローマのセックス』

『CIAとノーパン』

『エロいローマ再び』

『エロいけれどためになる話』

『えろあくにめ温泉』


(jump009.jpg)

『エロいけれどためになる』

『地球上のネット普及率』

『原発はダメだったのに』

『スカートをはいた兵隊』

『行田シンドローム』

『幻の暴走機関車』

『CIA@NOパンツ』

『やっぱり、セックス』

『セックス風呂具村』

『CIAの黒い手再び』


(banana82e.jpg)

『アダムとイブは何を食べたの』

『舞踏会 明子』

『波乱の人生』

『国際化だよね』

『イングナさんを探して』

『美しい日本語 チェーホフ』

『横の道@ニコライ堂』

『また塩野七生批判』

『日航スチュワーデス』


(cleopara2.jpg)

『クレオパトラ@塩野批判』

『テルモピュライの戦い』

『思い出の蓮』

『角さんと天罰』

『ラーメン@リガ』

『角さんと天罰がなぜ?』

『南京事件と反知性主義』

『あけびさんの卒論』

『愛は降る星の彼方に』

『サイバー戦争』

『エロくて、ごめんね』

『モバイル社会とガラケー』

『元老のアメリカ』

『ケネディ家の呪い』

『欧米を敵に回す』

『ソフィアからこんにちわ』

『ドイツが原爆をロンドンに』

『いまだに謎』

『さらば大前研一』


(superm3.jpg)

『空飛ぶスパイ』

『愛情はふる星@ベトナム』

『ヒラリーと塩野七生』

『ケネディ夫人@インドネシア』

『究極の大前研一批判本』

『フェルメールの謎』

『女に文句を言う女』

『あなたの祖国』

『宮沢りえ@韓国』

『正しい戦争』

『ゴールデンシャワー』

『死刑廃止』

『かまびすしい』

『今、新たな戦前』

『クレオパトラ@アラビア』

『政府は嘘をつく』

『犬と人間と戦争』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。 バーィ。


(hand.gif)


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)

『卑弥子の源氏物語』

『平成の紫式部』

■ めれんげさんの『即興の詩』

■ めれんげさんの『極私的詩集』

Jagel - Soft Japanese Bagel
(bagel702.jpg)

■ “JAGEL – Soft Japanese Bagel”


(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(beach02.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(rengfire.jpg)


(byebye.gif)

トランプ@マラウイ

 

トランプ@マラウイ

 


(trump20.jpg)


(trump21.jpg)


(malawi17.jpg)


(junko11.jpg)

デンマンさん。。。、最近、アフリカのマラウイでトランプ大統領に出会ったのですか? うふふふふふふ。。。


(kato3.gif)

いや。。。 僕はブログの記事を書くのに忙しくってアフリカまでトランプ大統領を見に行く暇がありません。。。

それなのに、どういうわけで トランプ@マラウイ というタイトルにしたのですか?

その質問に答えるには、まず次のリストを見てもらいたいのです。。。

 


(liv90320a3.png)


『拡大する』

『category:アメリカ政治・文化』

 

これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の日本時間で3月18日の午後9時17分から 20日の午前3時2分までの「生ログ」の一部です。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目して欲しい。。。

あらっ。。。 GOOGLEで検索して「徒然ブログ」の「アメリカ政治・文化 カテゴリー」のページを開いたのですねぇ~。。。

そういうことです。。。

 


(livcat116.png)


『拡大する』

『category:アメリカ政治・文化』

『Golden Shower』

 

実は、アフリカにあるマラウイ共和国の首都・リロングウェ(Lilongwe) の次に大きな都市・ブランタイヤ市に住んでいるゼニア・ルーベン(Zenia Rueben)さんがアクセスしたのです。。。

 


(malawi.png)

 

デンマンさんは、またIPアドレスを調べてゼニアさんがアクセスしたことを突き止めたのですか?

そうです。。。

 


(ip9573b.png)

 

この上の写真の女性がゼニアさんですか?

そうです。。。

。。。で、ゼニアさんはブランタイヤ市で何をなさっているのですか?

小学校の先生をしているのですよ。。。

 


(malawi30.jpg)

 

小学校の先生をしているゼニアさんが、どういうわけでデンマンさんのブログにアクセスしたのですか?

あのねぇ~、ゼニアさんは教科の中では社会科と歴史を大切にしているのです。。。 それで、個人的にもアメリカ社会とアメリカの歴史に興味があるのですよ。。。

それで、トランプ大統領のスキャンダルにも関心があるのですか?

そういうことです。。。 それで、次のように検索したのです。。。

 


(gog90320a.png)


『拡大する』

『実際のページ』

 

あらっ。。。 “golden shower tree” Trump barclay1720 と入れて検索したのですわねぇ~。。。

そういうことです。。。 で、”Golden Shower”を読んだのですよ。。。

 


(gshower2.jpg)

『Golden Shower』

 

ゼニアさんは、英語がペラペラなのですか?

そうです。。。 上のYouTube のクリップでも 小学校の先生が英語をペラペラしゃべっているでしょう! 実は、マラウイ共和国は独立する前は、イギリス保護領ニヤサランド(Nyasaland)と呼ばれたイギリスの保護領だったのです。。。

それで、英語を話す人が多いのですね。。。

そういうことです。。。 国語は現地語のチェワ語だけれど、そういうわけで英語も公用語となっているのです。

。。。で、ゼニアさんはどういう思いで、上の記事を読んだのですか?

あのねぇ~、実は、マラウイ共和国は世界最貧国の一つなのですよ。。。 世界銀行によると、2014年の1人当たり国民所得は250米ドルで、世界最下位だったのです。。。

それでゼニアさんは、経済的に一番豊かなアメリカ社会に関心があるのですわねぇ~。。。

そうです。。。 でもねぇ~、アメリカは確かに経済的に豊かな国だとは言え、トランプ大統領はこれまでの大統領のうちで最もスキャンダルが多くて、更に人間的にも これまでの大統領と比べると欠点が目立つ。。。 アメリカ社会は下り坂に差しかかっているのではないだろうか? ゼニアさんにはそう見える。。。 だから、経済的に豊かになることを優先するよりも、心が豊かになるような教育を目指そうとしているのです。。。

デンマンさんは、どうして そこまでのことを ご存知なのですか?

だってぇ~、ゼニアさんが記事を読んで僕に賛同してメールをくれたのですよ。。。

マジで。。。?

あれっ。。。 ジュンコさんは僕の言うことが信用できないのですかァ~?

デンマンさんの言うことを信じないと、救われないのですか?

そうです。。。 昔の人は言いましたよ。 「信じる者は救われる」 と。。。


(laugh16.gif)

【ジューンの独り言】


(bare02b.gif)

ですってぇ~。。。

あなたはデンマンさんの言うことが信じられますか?

ええっ。。。 「そんなことはどうでもいいから、他に何か面白いことを話せ!」

あなたは、そのように わたしにご命令なさるのですか?

分かりましたわ。。。 じゃあ、面白い動画をお目にかけますわ。。。

ワンワンちゃんが人間の言葉をしゃべります!

 


(dog810.jpg)

 

ええっ。。。? 「そんな馬鹿バカしい動画など、どうでもいいから、何か他に面白い話をしろ!」

あなたは、また そのような命令口調で わたしに強要するのですか?

わかりましたわァ。。。

では、たまには日本の歴史の話も読んでみてくださいなァ。

日本の古代史にも、興味深い不思議な、面白いお話がありますわァ。

次の記事から興味があるものをお読みくださいねぇ~。。。


天武天皇と天智天皇は

同腹の兄弟ではなかった。 

天智天皇は暗殺された 

定慧出生の秘密 

藤原鎌足と長男・定慧 

渡来人とアイヌ人の連合王国

なぜ、蝦夷という名前なの?

平和を愛したアイヌ人

藤原鎌足と六韜

古事記より古い書物が

どうして残っていないの?

今、日本に住んでいる人は

日本人でないの?

マキアベリもビックリ、

藤原氏のバイブルとは?

ところで、他にも面白い記事がたくさんあります。

興味のある方は次の記事も読んでみてくださいね。

 


(sunwind2.gif)


『宮澤理恵@Macao(2013年2月28日)』

『チョコレートと軍産複合体』

『チョコレートと甘い権力』

『CIAの黒い糸』

『美しい日本語再び』

『宮沢りえブーム?』

『また、宮沢りえ?』

『浅間山噴火とフランス革命』

『なぜアクセスが急増したの?』

『気になる検索ワード』

『なぜ塩野七生批判』

『その検査、ムカつく!』


(miya08.jpg)

『宮沢りえと床上手な女』

『MH370ミステリー』

『なぜ死刑廃止?』

『真犯人はそこにいる』

『MH370ミステリー裏話』

『お裁きを信じますから』

『ジャルパックと国際化』

『古代ローマのセックス』


(nopan05.png)

『CIAとノーパン』

『エロいローマ再び』

『エロいけれどためになる話』

『えろあくにめ温泉』

『エロいけれどためになる』

『地球上のネット普及率』

『原発はダメだったのに』


(sylvie500.jpg)

『スカートをはいた兵隊』

『行田シンドローム』

『幻の暴走機関車』

『CIA@NOパンツ』

『エリュトゥラー海案内記』

『伊藤若冲 ランブータン』

『知的快楽』


(teacher9.jpg)

『シャフリ・ソフタ』

『閨房でのあしらい』

『漱石とグレン・グールド』

『女性の性欲@ラオス』

『美学de愛と性』

『女の本音』

『にほん村からの常連さん』

『日本初のヌードショー』

『可愛い孫』

『ネットで広まる』

『なぜブログを書くの?』

『アルゼンチンから』

『潮吹き』

『ヨッパライが帰ってきた』

『後家殺し』

『奇想天外』

『下女のまめは納豆』

『オペラミニ』

『三角パンツ』

『サリーの快楽』

『ラーメン@ゲブゼ市』

『安心できない@病院』

『ブルマー姿@自転車』

『女性の性欲研究』

『頭のいい馬』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に
ネットサーフィンしましょう。
じゃあね。バーィ。


(hand.gif)



(spacer.png+betty5de.gif)
(hiroy2.png+betty5d.gif)
『スパマー HIRO 中野 悪徳業者』

 


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)

『卑弥子の源氏物語』

『平成の紫式部』

■ めれんげさんの『即興の詩』

■ めれんげさんの『極私的詩集』

Jagel - Soft Japanese Bagel
(bagel702.jpg)

■ “JAGEL – Soft Japanese Bagel”


(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(beach02.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(rengfire.jpg)


(byebye.gif)

ゴールデンシャワー

 

ゴールデンシャワー

 


(gshower6.jpg)


(gshower4.jpg)


(gshower8.jpg)


(gshower9.jpg)


(sylvie702.jpg)


(sylviex.jpg)

ケイトー。。。、トランプ大統領の写真が出ているけれど、ゴールデンシャワーとトランプ大統領が何か関係あるのォ~?


(kato3.gif)

関係あるのですよ。。。

ゴールデンシャワーというのは、あのきれいなナンバンサイカチのことでしょう!?

 


(gshower3.jpg)

 

あれっ。。。 シルヴィーはよく知ってるねぇ~。。。

インド、スリランカ、ミャンマーが原産のマメ科の落葉樹なのよ。。。 黄色い5弁の花を付けて、満開の時期には、まるで黄色いシャワーを浴びているようなところから、ゴールデン・シャワーと呼ばれるのよ。。。 

シルヴィーはインドネシアの出身だけれど、子供の頃に見たことあるわけ?

見たことあるわよう。。。 果実は薬用とされ、樹皮からはタンニンが取れるのよ。。。 日本にはないのォ~?

日本では沖縄以外では開花しないらしくて、僕は見たことがないよ。。。

。。。で、トランプ大統領がその花を見て感激したとでも言うのォ~?

まさかァ~。。。? その程度のことなら記事で取り上げませんよう。

じゃあ、いったいケイトーのいうゴールデンシャワーというのは、どういうものなのよ?

実は、先月 バンクーバー市立図書館でDVDを借りて次の映画を見たのですよ。。。

 


(lib90208a.png)


『拡大する』

『実際のページ』

 

ケイトーは1月30日に観てコメントを書き込んだのねぇ~。。。 で、どういう話なの?

次のようなアラスジなのですよ。。。

 


(sparrow01.jpg)

レッド・スパロー

 

『レッド・スパロー』(Red Sparrow)は、2018年にアメリカ合衆国で製作されたスパイ映画。
監督のフランシス・ローレンスと主演のジェニファー・ローレンスは『ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション』以来のタッグである。

ネタばれ注意!

類稀な才能と美貌を備えたロシアのバレリーナ、ドミニカは、演技中のパフォーマンスパートナーとの事故により左足を骨折し、バレリーナとしての道を断念する。

手術を終えて退院した彼女のもとに叔父のワーニャが現れる。
彼はドミニカに「長くて半年だぞ」と、国家支援の中で生活する彼女とその母の身を案じる言葉を投げかけ、3ヶ月前に起きた彼女の骨折事故の真実を知らせる。
ドミニカは真実を確かめるために劇場へ足を運び、見てはいけない裏切りを目撃する。
怒りに我を忘れたドミニカは二人の裏切り者を叩きのめすが、政府に勤める叔父の力添えにより罪を免れる。

ドミニカにバレリーナとは別の才能を見出した叔父は、彼女を暗殺事件に巻き込んで逃れられない状況に追い詰めた上で、彼女に“スパロー”(スパイ)としての道を教える。
国に仕えるか殺されるかの二択を迫られたドミニカは、母を想いスパローへの道を選ぶ。

ドミニカが選んだスパローとしての道のりは険しく、国家に仕える娼婦となるための訓練内容は、彼女の羞恥心やプライドを脅かす。
それでもドミニカは、母に言われた「相手に全てを売ってはならない」というアドバイスを忘れず、上官の命令に対し反抗的な態度を見せながらも、他の訓練生とは異なる形で才能を見せつけていく。

やがて上層部における叔父の存在もあって、彼女は政府に認められスパローとしてデビューする。

カテリーナという新しいIDを与えられ、スパイ活動を開始した彼女は、アメリカ人のCIA諜報員であるネイト・ナッシュを標的とする。
ナッシュはカテリーナ(ドミニカ)がロシア側のスパイであることを突き止めるが、彼女は逆に自分がナッシュのために二重スパイとして働くことを提案する。


出典: 「レッド・スパロー」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

トランプ大統領は出てこないじゃない!?

この映画には出てこないのですよ。。。

でも、この映画とトランプ大統領が関係あるのォ~?

関係あるのですよ。。。 あのねぇ~、映画を観て、僕は直感的にトランプ大統領が思い浮かんだのです。。。 それで次のコメントに書いた。

デンマンのコメント

Jan 30, 2019

Directed by Francis Lawrence in 2018 based on the 2013 novel of the same name by Jason Matthews, this American spy thriller depicts a complicated intelligent story.

Based on historic Soviet sexpionage and contemporary Russian use of kompromat, the film makes a difference and stands out among ordinary spy thrillers.

However, it puts too much focus on graphic violence and sex.

Although it seems like a mere fiction, the State School 4, a specialist training school for ‘Sparrows’ or whore-agents, looks real because the infamous Golden shower episode of President Trump might have been created based on such an agent.

I enjoyed the film to the hilt.


2013年に出版されたジェイソン・マシューズの同名の小説に基づいて2018年にフランシス・ローレンス監督によって制作されたこの作品は、複雑怪奇なスパイ映画です。

ソ連がかつて悪用したハニートラップ(セックスピオナージ)や現在のロシアがコンプロマート(政治的弱み/中傷情報)を握る手法などを取り入れて、他のスパイ映画とは違った面白さを演出している映画です。

しかし、ショッキングな暴力やセックスに焦点を当てすぎている嫌味が感じられます。

この映画は、もちろんフィクションですが、プロスティチュート兼エージェントを養成する「国立学校ナンバー4」は実在するような気がします。

 


(sparrow02.jpg)


(sparrow03.jpg)


(sparrow04.jpg)

 

なぜなら、トランプ大統領がかつて大統領になる以前に実業家として2013年にロシアを訪問した時の あの悪名高い“ゴールデンシャワー”エピソードは、この実在の学校で要請された「プロスティチュート兼エージェント」が関わっていたと思われるからです。

とにかく、最後まで充分に堪能しました。

(デンマン訳)

いったい、その“ゴールデンシャワー”エピソードというのは、どういうことなのよ?

次の記事に中で暴露されています。


(gshower1.jpg)

 

ゴールデンシャワー疑惑は一時モスクワで勤務していた英国の元情報機関因果作成した資料を基にしたのもので、トランプ氏が大統領就任前の2013年にモスクワのホテルに宿泊した際の行状がロシアの情報機関によりビデオ撮影されていたという内容だ。

宿泊場所は高級ホテル、ザ・リッツ・カールトンのスイートルームで、同部屋にかつてモスクワを訪問したオバマ前大統領夫婦が宿泊したことを知ったトランプ氏が、複数の売春婦を呼び、ベッドの上で放尿(ゴールデンシャワー)させたという。

“政敵”オバマ氏への腹いせのためとされている。

 


(gshower7b.jpg)

 

こうした情報は、米情報当局が大統領就任が決まっていたトランプ氏やオバマ前大統領に報告。

ロシア情報機関がトランプ氏のダメージとなりえる私生活や財務に関する情報をつかんでいると警告した。

ロシア当局によるビデオ撮影は、ロシアが将来的にトランプ氏を脅迫するための「コンプロマット(中傷情報)」収集一環とされる。


『ゴールデンシャワー巡るトランプ氏とコミー氏の会話』より
47 NEWS 地方紙と共同通信のよんななニュース

なりほどォ~。。。、最近のトランプ大統領のロシア疑惑は、こういうことに端を発しているわけねぇ~。。。 でも、プロスティチュート兼エージェントを養成する「国立学校ナンバー4」はマジで実在するのかしら?

あのねぇ~、こういうことは昔からソ連の常套手段の一つだったのですよ。。。

マジで。。。?

ちょっと次の小文を読んでみてください。。。

ハニートラップ


(trap01.jpg)

 

ハニートラップは、女性スパイが行う色仕掛けによる諜報活動。

「ハニー・トラップ」という言葉はイギリスの小説家、ジョン・ル・カレの造語で、『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』(1974年)で用いられてから一般的に広まった。

女性工作員は、対象男性を誘惑し、性的関係を利用して懐柔するか、これを相手の弱みとして脅迫し、機密情報を要求する。
ヒューミント(英語: Humint、Human intelligenceの略)の一種である。

また、隙を見せた標的をその場で殺害することもある。
ただし、必ずしも女性スパイが仕掛けるものとは限らず、東ドイツ国家保安省(シュタージ)のロミオ諜報員のように、男性スパイによって対象となる女性を罠にかけることもある。
こういった要素から、色仕掛けによる諜報活動といえる。

なお、ハニートラップは直訳すると「蜜の罠」や「甘い落とし穴」となり、同じような意味合いで使用されるセクシャル・エントラップメント(英語: Sexual Entrapment)は「性的な囮(おとり)」という意味である。

冷戦時代、ソビエト連邦で頻繁に行われた(特に、KGBの十八番であったとされる)。

 


(trap02.jpg)

 


出典: 「ハニートラップ」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日本人でも、このハニートラップに引っかかって命を落とした人がいるのですよ。。。

マジで。。。?

次の記事を読んでみてください。。。


(stalin01.jpg)

 

スターリンの謀略

 

ロシア語専門の情報将校であった小松原は、ソ連大使館付武官時代、モスクワでハニートラップにかかり、それ以降、ソ連側に脅かされていた。

同時期に駐在武官を務めた、海軍の小柳喜三郎大佐は、同様にハニートラップにかかったものの、自らの不明に恥じ、1929年3月にモスクワの武官官舎で割腹自殺した。

自殺の背景にスパイ工作があったことは、当時、朝日新聞(1929年4月4日付夕刊)でも報道されている。

小柳の自殺後、小松原は、何もなかったかのように振る舞い、昇進を重ね、1932年から1934年まで、ハルビンの特務機関長を務める。
この時期、ハルビンではソ連への重要情報漏洩が相次ぐ。

公開された旧ソ連機密文書によって、ソ連軍が一定の時期だけ、日本、中国および満州に関する、大量の政治軍事情報を得ていたことがわかっている。
それが、1932年から1934年、つまり、小松原が特務機関長だった時期と一致しているのだ。 (略)

小松原の日本国内での死に、ソ連工作員が関わっていたことを示唆するようにもみえる。
小松原に関しては確かな証拠がないものの、用済みのソ連スパイが、事故や病気に見せかけて殺害された例は多い。

 

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


112-113ページ
『日本人が知らない最先端の「世界史」』
著者: 福井義高
2016(平成28)年10月15日 第3刷発行
発行所: 祥伝社

ソ連、それにロシアはえげつないことをするのねぇ~。。。

どうしても、男はきれいな女性に会うと鼻の下を伸ばしてしまうのですよ。。。

ケイトーもハニートラップにかからないように充分に注意してねぇ~。。。

僕がハニートラップに引っかかるように見えるゥ~?

見えるわよう。。。


(laugh16.gif)

【ジューンの独り言】


(bare02b.gif)

ですってぇ~。。。

あなたは、どう思いますか?

デンマンさんも、ハニートラップにかかりそうだと思いますか?

 

ところで、シルヴィーさんが出てくる面白い記事は他にも たくさんあります。。。

次の記事の中から面白そうなものを選んで読んでください。


(sylvie500.jpg)


『角さんと原発と天罰(2013年1月5日)』

『真紀子落選(2013年1月14日)』

『野火(2013年1月18日)』

『タイタニックと国際化(2013年2月1日)』

『宮澤理恵@Macao(2013年2月28日)』


(sunwind2.gif)

『チョコレートと軍産複合体』

『チョコレートと甘い権力』

『CIAの黒い糸』

『美しい日本語再び』

『宮沢りえブーム?』

『また、宮沢りえ?』

『浅間山噴火とフランス革命』

『なぜアクセスが急増したの?』

『気になる検索ワード』

『なぜ塩野七生批判』

『その検査、ムカつく!』

『宮沢りえと床上手な女』


(mh370a.jpg)

『MH370ミステリー』

『なぜ死刑廃止?』

『真犯人はそこにいる』

『MH370ミステリー裏話』

『お裁きを信じますから』

『ジャルパックと国際化』

『古代ローマのセックス』

『CIAとノーパン』

『エロいローマ再び』

『エロいけれどためになる話』

『えろあくにめ温泉』


(jump009.jpg)

『エロいけれどためになる』

『地球上のネット普及率』

『原発はダメだったのに』

『スカートをはいた兵隊』

『行田シンドローム』

『幻の暴走機関車』

『CIA@NOパンツ』

『やっぱり、セックス』

『セックス風呂具村』

『CIAの黒い手再び』


(banana82e.jpg)

『アダムとイブは何を食べたの』

『舞踏会 明子』

『波乱の人生』

『国際化だよね』

『イングナさんを探して』

『美しい日本語 チェーホフ』

『横の道@ニコライ堂』

『また塩野七生批判』

『日航スチュワーデス』


(cleopara2.jpg)

『クレオパトラ@塩野批判』

『テルモピュライの戦い』

『思い出の蓮』

『角さんと天罰』

『ラーメン@リガ』

『角さんと天罰がなぜ?』

『南京事件と反知性主義』

『あけびさんの卒論』

『愛は降る星の彼方に』

『サイバー戦争』

『エロくて、ごめんね』

『モバイル社会とガラケー』

『元老のアメリカ』

『ケネディ家の呪い』

『欧米を敵に回す』

『ソフィアからこんにちわ』

『ドイツが原爆をロンドンに』

『いまだに謎』

『さらば大前研一』

『空飛ぶスパイ』

『愛情はふる星@ベトナム』

『ヒラリーと塩野七生』

『ケネディ夫人@インドネシア』

『究極の大前研一批判本』

『フェルメールの謎』

『女に文句を言う女』

『あなたの祖国』

『宮沢りえ@韓国』

『正しい戦争』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。 バーィ。


(hand.gif)


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)

『卑弥子の源氏物語』

『平成の紫式部』

■ めれんげさんの『即興の詩』

■ めれんげさんの『極私的詩集』

Jagel - Soft Japanese Bagel
(bagel702.jpg)

■ “JAGEL – Soft Japanese Bagel”


(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(beach02.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(rengfire.jpg)


(byebye.gif)

女に文句を言う女

 

女に文句を言う女

 


(angrygal.gif)


(shiono9.jpg)


(sylvie702.jpg)


(sylviex.jpg)

ケイトー。。。、今日も塩野七生さんを批判するわけぇ~?


(kato3.gif)

いけませんか?

ちょっと批判しすぎじゃないのォ~?

そうかなあああァ~?

だってぇ~、次の検索結果を見てよ!

 


(gog90116a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

ケイトーの別名“デンマン”と塩野さんを並べて 「塩野七生批判 デンマン」を入れて検索すると 6,700件もヒットするのよ。。。 すべてがケイトーの塩野さん批判じゃないと思うけれど、かなりの数の記事で塩野さんを批判していることは確かなのよ。。。

塩野さんが批判されていることは、塩野さんの本がよく読まれていることですよ。。。 だから、塩野さんは感謝していると思うのです。。。

でも、ケイトーは本屋さんで塩野さんの本を買わないでバンクーバー市立図書館で塩野さんの本を借りて読んで批判してるじゃない。。。

そうです。。。 いけませんか?

だってぇ~、それじゃあ、塩野さんにケイトーの分の印税が入ってこないわけよ。。。 本を買わずに批判だけするのってぇ、ちょっと可哀想じゃない。。。

あのねぇ~、塩野さんは、僕が批判したぐらいで落ち込んで自殺するようなことはないのですよ。。。 だから、シルヴィーも、それほど心配する必要はないのです。。。

。。。で、今回はバンクーバー市立図書館で どの本を借りて読んだわけ?

次の本です。。。

 


(shiono11.jpg)

 

。。。で、この本の中で塩野さんが女性に文句を言ってるわけなのォ~?

そうです。。。 ちょっと読んでみてください。。。


(women5.jpg)

 

女の政治家たちに一言。

なぜバカの一つ覚えみたいに、白や赤や黄色やピンクばかり着るのですか。
原色のスーツで男の同僚たちとのちがいを示せると思っているとしたら、それだけで政治家失格。

「ジャパン・イズ・バック」を確実にするには、「ブラザーズ」だけでなく「アンド・シスターズ」でなければダメ。
それには、スーツの色はグレイでもちがいは示せる気概は欠かせない。
原色を捨てたところで、ほんとうの勝負に出てはいかが?

 (26ページ)


男女間の格差は存在しない組織と一つとされてきた大新聞では、入社時に女の記者は、男と同等の仕事をするように言われるのだという。

こういわれて女記者たちはふるい立つらしいけれど、私ならばバカねえあんたたちも、と言うだろう。
入社時の幹部の言は、無意識にしろ男たちの仕掛けた「罠」なのだ。 (略)

自分は「デキル」と思い、やる気もある女たちに、老婆心ながら進言したい。
それは、男たちの多くから女らしいと思われたいと言う、心底では女たちの持っている願望はきっぱりと捨てることである。

その理由の第一は、仕事に対しては男も女もないこと。
理由の第二は、女らしいと思ってくれた男たちの全員と寝るわけにはいかない以上、寝たいと思う男一人が思ってくれればそれでよし、とするしかないという現実。

 (65ページ)


今より500年昔のルネサンス時代、芸術大好きのローマ法王レオ10世が、(略)財源確保に一策を案じた。
金属製の小箱を多数作らせ、その中に金貨を投じるとチャリンと鳴る音で天国行きは保障された、とする免罪符キャンペーンを展開することにしたのである。
だがイタリア人に対しては成功の見込みはないと見て、キャンペーンの地はドイツにしたのだった。

これに、ドイツ人がだまされたのだ。
そして、ローマ法王によるこの詐欺に怒ったのがドイツ人のルターで、プロテスタンティズムとは、だまし取られたカネへの恨みから始まったのであった。

最近ならば、偽札作りでは世界一の技能を誇るイタリア人による300ユーロ紙幣事件がある。 (略)
ドイツに持っていって使用回路に乗せるという冒険に挑んだのである。
これが成功したのだ。

数万ユーロ分はさばけたというのだから、ちょっとした数のドイツ人がだまされたのである。
あまりにも恥ずかしい話なのでドイツのメディアは報道しないが、一時期、ヨーロッパ中が笑ったエピソードであった。

家計簿的発想しかできないメルケルの厳しくもまじめな顔をテレビで見るたびに、この種の話を思い浮かべるのも、涼夏対策になるかと思うのだけれどどうでしょう。

 (127-128ページ)



(merkel01.jpg)

 

ドイツの首相メルケルーーーEU第一の強国ドイツを率いる立場にありながら、自ら先頭に立って引っ張っていくと言う気概なり肝っ玉なりが、この人からはまったく感じられない。

彼女の口から出る言葉は「ナイン」だけで、拒否するからには代案を出さねばならないのに、そのようなことはまずしない。

 (184ページ)


ヒラリーの敗因


(trump812.jpg)

 

生涯の大勝負に二度も、初回の相手はオバマ、二度目の敵はトランプ、で敗れたヒラリーの政治キャリアはこれで終わりだろう。
それでもなお彼女の敗因を探るのは、野望に燃えている日本の女たちへの参考になるかと。

まず、ヒラリーにとっての最大の敵はヒラリー自身であることへの自覚の欠如。
ガラスの天井とか男社会の壁とか、そんじょそこらのフェミニストが口にする薄っぺらな責任転嫁は、大統領を目指した女ならば口にすべきではない。

第二に、「初めての女性大統領」を強調しすぎたこと。
これをしたことによって、もともとからして自信喪失気味の白人男たちに、これまでは黒人、次は女、その次はゲイか、という恐れを抱かせてしまったのではないか。

敗因の第三だが、何かをやりたいから大統領になるのではなく、何が何でも大統領になりたいという印象を、有権者に与えてしまったこと。
野心的であるのは、悪いことではない。
だが、それだけというのでは男であっても見苦しいし、支持者の拡大にバイアスがかかったのも当然だ。

デンマン注: トランプだって、見苦しいほどに、何が何でも大統領になって見せるという態度だった!

 (206-207ページ)

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


『逆襲される文明』
著者: 塩野七生
2017年9月20日 第1刷発行
発行所: 株式会社 文藝春秋

つまり、ケイトーが赤字で強調したところで、塩野さんを批判したくなったわけぇ~?

そういうことです。。。 あのねぇ~、上の本は塩野さんが文藝春秋に毎回連載したコラムをまとめて本にしたものなんですよ。。。

だから、どうだと言うのォ~?

作家というのは、例えば、村上春樹さんのように書きたい時に書きたいモノを書く。。。 原則として そうすべきだと思うのですよ。。。 そうじゃないと、読者に対して本当に責任を持って いい作品が書けない。。。 読者にお金を払ってもらって本を買ってもらうんだから、いい作品を書くのが作家の義務ですよ。。。

でも。。。、ケイトーは絶対に本を買わずに図書館で借りて読むのでしょう!?

そうです。。。 第1の理由は、買ってみたけれど読んだ後で、買っただけの値打ちがない作品だと判った時には、ダメな作家に お金を奪われてしまったような マジで損した気分になるのですよ。。。 上の本がそういう本ですよ。。。 僕は買って読んでないから、それほどムカつかないけれど、もし買って読んでいたら、2度と彼女の本は買いませんよ!

それで、第2の理由は。。。?

図書館には、まず くだらない本は置いてない! だから、只で良い本に巡り合った時には、経済的にも得をしたようで、人生的にも人間的にも教えられたような気分になるわけです。。。 要するにルンルン気分でハッピーになるわけです。。。

でも、上の本は、図書館にあった本でしょう? つまり、くだらない本じゃない、ということじゃない!

あのねぇ~、なんにでも例外があるのですよ! だから、中にはくだらない本もある!

それってぇ、こじつけじゃないかしら?。。。 とにかく、ケイトーのような人間が増えたら、作家は喰ってゆけないじゃない!?

あのねぇ~、どの世界だって競争は厳しいのですよ。。。 いい作品を書き続ければ、絶対に喰えないということはない。。。 要するに、どうでもいいような作品を書いている作家は、他の職業につくべきなんですよ。。。

ケイトーは塩野さんがダメな作家だと言うのォ~?

いや。。。 『ローマ人の物語』とか いい作品も書いてますよ。。。 でもねぇ~、上の本に書いてある随筆を読むと、引き受けた連載を、しょうがないから締め切りまでに何とか書いた、というような作品が多い! 僕が引用した作品は、素人が友人や、家族や、同級生たちと、ベチャクチャ話をするような調子で書いたものですよ。。。

要するに、よく調べもせずに、根拠もなく、茶飲み話のような書き方になっているというわけぇ~?

その通りですよ! 作家を50年もやっているならば、素人が書くような作品は本にすべきではないのですよ! 上の本の作品は、僕が書いたような、シルヴィーが書いてもおかしくない、要するに、誰でも書けそうな茶飲み話のようなものですよ。。。 例えば、塩野さんは書いている。 「なぜバカの一つ覚えみたいに、白や赤や黄色やピンクばかり着るのですか」 そんなことは、本人の好き嫌いで、どうでもいいことでしょう!? 政治とは全く関係ないことですよ! その辺のミーちゃん、ハーちゃんが言うことと全く変わり映(ば)えがしない。 こんな作品を読むために金を払ったと思うと腹が立ちますよ! だから、僕は本を買わずに図書館で借りて読むのです。。。 そうすれば、ダメな本を仮に読んだとしても、それほどムカつかずにすむ。

でも。。。、でも。。。、それってぇ~、かなり特別な本の読み方じゃないの? 普通の人は本屋さんで本を買って読むわよう。。。

あのねぇ~、カナダでは、日本のようにやたらと週刊誌や本を買う人は少ないですよ。。。 図書館を見ても、日本と比べたら比較にならないほど 図書館を利用する市民が多いですよ。。。

私は日本へ行ったことがないから比較のしようがないけれど、 確かにバンクーバー市立図書館を利用する市民は多いわねぇ~。。。

。。。でしょう!? 図書館で読んでみて、本当に自分で何度でも読みたい 素晴らしい本だけを買うのですよ。。。

要するに、上の本はケイトーにとって、どうでもいい本なわけねぇ~?

そうですよ。。。 「家計簿的発想しかできないメルケル」 彼女の口から出る言葉は「ナイン」だけ。。。 もし、これが本当だったら、メルケルはドイツの首相になれなかったよ! こんな事をまともなドイツ人が読んだら、塩野という作家は教養もないミーハーだと言われてしまいますよ!

そうかしら?

あのねぇ~、塩野さんは、とりわけ同性に対しては、かなり厳しい批判を浴びせるという もっぱらの評判なのですよ。。。

確かに、塩野さんはヒラリー・クリントンに対して、かなり辛辣な事を言ってるわねぇ~。。。

。。。でしょう!?

そう言えば、ケイトーは塩野七生がクレオパトラを馬鹿呼ばわりしていたというので、記事を書いて塩野さんを批判していたわねぇ~!

 


(cleo200.jpg)

『クレオパトラと塩野七生』

 

塩野さんというのは、独断と偏見で、こうだ、ああだと決め付けることが多いのですよ。。。 その点、たとえば歴史小説を書く司馬遼太郎さんなどは、文献に当たって小説を書く。。。 資料集めへの執念はすさまじいものがあった。

たとえば。。。?

『坂の上の雲』を書く時には、神田神保町の神田古書店街の古書店主らに依頼し、「日露戦争」という記述のある本を片っ端から買い集め、当時同じ題材の戯曲を書いていた井上ひさしが古書店に行っても資料がなかったという逸話が残っているのですよ。。。

マジで。。。?

この話は、いろいろな所に書いてありますよ。。。 大河小説になると一度に何千万円単位という巨費を投じて買い集めたらしい。。。 軽トラックで古本屋に乗り込むや否や手当たり次第に乱読購入し、助手と一緒に荷台に乗せて帰ったというのですよ。。。

ホントかしら。。。?

とにかく、それぐらいにして司馬さんは資料を探してウラを取ってから小説を書き始めたのです。。。 ただ面白いからといって、ウラも取らずに書き散らすタイプではなかった。。。 そういうところが元新聞記者だったらしい。。。 ところが、塩野さんは、面白い話を集めて書き散らすというタイプですよ。。。

確かに、上の引用文を読んでみると、個人的な意見を、そのまま書いているに過ぎないわよねぇ~。。。

。。。でしょう!? そういうところが歴史小説を書く作家としては問題があると僕には思えるのですよ。。。 

。。。で、ケイトーはヒラリーの敗因は、何だったと思うのォ~?

敗因はいくつか考えられるけれど、大きな敗因はメール問題ですよ。。。

トランプ大統領を生んだインテリジェンス力


(tejima01.jpg)

 

トランプ大統領誕生の報に接して、「パナマ文書」が秘めていた起爆力に言い知れぬ戦慄を覚えた。
中米パナマに本拠を置いて富裕層をタックスヘイブンへ誘った法律事務所から漏洩した機密情報。
それは世界の大富豪や独裁者が巨万の富をカリブ海の島々などに隠している実態を生々しく暴き出した。

「パナマ文書」こそ、額に汗して働く庶民の怒りに火をつけ、その炎はめらめらと燃え広がった。
超大国アメリカでも、プア・ホワイトと呼ばれる人々が、民主党を見限り、共和党のトランプ陣営に雪崩れ込んでいった。

だが不動産王トランプこそ5000億円を超える資産を持ち、納税申告所の公表を拒み続ける超富裕層に他ならない。
なんという皮肉なのだろう。

一方で国家機密を認めないアサンジの「ウィキリークス」は、ヒラリーの国務長官時代のメール3万通余りを暴露した。
メール問題こそ選挙に弱い彼女を最終版まで苦しめ、敗北の引き金となった。

いまもロンドンで亡命生活を送るアサンジは、人種差別発言を繰り返す暴言王に手を貸す意図などなかったはずだ。
これまた何という皮肉なのか。

これら世紀のリークがアメリカに稀代のアウトサイダー政権を誕生させたことに誰より衝撃を受け、そのインテリジェンス力に当惑しているのも機密を漏らした張本人たちだろう。

 
 
(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


3ページ 『汝の名はスパイ、裏切り者、あるいは詐欺師』
著者: 手嶋龍一
2016年12月21日 第5刷発行
発行所: 株式会社 マガジンハウス

メール問題ってぇ、それほどの影響力があったのかしら?

あったのですよ。。。

ヒラリー・クリントンのメール問題


(hillary08.jpg)

 

2016年3月16日にはウィキリークスが、2010年6月30日から2014年8月12日までにヒラリーの個人サーバが送受信した3万322通の電子メールおよび添付ファイルを公開した。
このうちでヒラリー自身の手による記事は7570件にのぼる。

これら電子メールは夫のビルが署名した情報公開法によりPDF形式で入手できるが、最後にPDF化されたのは2016年2月29日であり、まだ周知されていない事実を相当含むと目される。

選挙戦ではバーニー・サンダースらを破り、2016年7月26日、党内予備選挙を経て大統領候補となった。

しかし秋ごろには、HSBCなどと関連するクリントン財団が先の電子メールを手がかりに様々な媒体から叩かれるようになった。

また、2016年夏ごろから演説中に咳が出て止まらず、9月に行われたアメリカ同時多発テロの追悼式典に出席した際に体調不良で途中退席し車に乗り込む時に卒倒してシークレットサービスに抱えられる所が撮影される等、健康不安説がささやかれた。

2016年11月8日の大統領選挙の結果、得票数ではヒラリーが共和党候補のドナルド・トランプを僅差で上回るものの、選挙人は232人と、306人を獲得したトランプに破れ落選した。
一般投票で勝利し、選挙人投票で敗北したのは、2000年の選挙のアル・ゴア(民主党)以来16年ぶりであった。

 

外交政策

対リビア…2011年にはオバマ政権の国務長官として、リビア内戦を解決するためのリビアへの軍事攻撃を行う様に、オバマ大統領を強く説得した。

カダフィの殺害を聞いて『来た、見た、勝った』をもじった ”来た、見た、死んだ”(”We came, we saw, he died”)と歓喜していたことが報じられている。

鉱産資源を目標にデーヴィッド・キャメロンとニコラ・サルコジを作戦に関係させ、また攻撃に最終的発言権をもったことが、ヒラリーの送受信したメールで示唆されている。


出典: 「ヒラリー・クリントン」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

なるほどねぇ~。。。 ネットを調べれば、ヒラリー・クリントンの好戦的な様子が見て取れるというわけねぇ~?

そういうことですよ。。。 だから、同性であるヒラリー・クリントンに対して、塩野さんが同性の目から スカートの丈が短すぎるとか、ジャケットの色がダサいとか、口紅が濃すぎるとか、皺を隠すために整形したとか。。。、そういう個人的なことを問題にするのじゃなくて、もうちょっとジャーナリスティックに、ウラを取るようにして政治的な問題に言及して欲しいのですよ。。。


(laugh16.gif)

【ジューンの独り言】


(bare02b.gif)

ですってぇ~。。。

あなたは、どう思いますか?

デンマンさんのお話に共感しましたか?

 

ところで、シルヴィーさんが出てくる面白い記事は他にも たくさんあります。。。

次の記事の中から面白そうなものを選んで読んでください。


(sylvie500.jpg)


『角さんと原発と天罰(2013年1月5日)』

『真紀子落選(2013年1月14日)』

『野火(2013年1月18日)』

『タイタニックと国際化(2013年2月1日)』

『宮澤理恵@Macao(2013年2月28日)』


(sunwind2.gif)

『チョコレートと軍産複合体』

『チョコレートと甘い権力』

『CIAの黒い糸』

『美しい日本語再び』

『宮沢りえブーム?』

『また、宮沢りえ?』

『浅間山噴火とフランス革命』

『なぜアクセスが急増したの?』

『気になる検索ワード』

『なぜ塩野七生批判』

『その検査、ムカつく!』

『宮沢りえと床上手な女』


(mh370a.jpg)

『MH370ミステリー』

『なぜ死刑廃止?』

『真犯人はそこにいる』

『MH370ミステリー裏話』

『お裁きを信じますから』

『ジャルパックと国際化』

『古代ローマのセックス』

『CIAとノーパン』

『エロいローマ再び』

『エロいけれどためになる話』

『えろあくにめ温泉』


(jump009.jpg)

『エロいけれどためになる』

『地球上のネット普及率』

『原発はダメだったのに』

『スカートをはいた兵隊』

『行田シンドローム』

『幻の暴走機関車』

『CIA@NOパンツ』

『やっぱり、セックス』

『セックス風呂具村』

『CIAの黒い手再び』


(banana82e.jpg)

『アダムとイブは何を食べたの』

『舞踏会 明子』

『波乱の人生』

『国際化だよね』

『イングナさんを探して』

『美しい日本語 チェーホフ』

『横の道@ニコライ堂』

『また塩野七生批判』

『日航スチュワーデス』


(cleopara2.jpg)

『クレオパトラ@塩野批判』

『テルモピュライの戦い』

『思い出の蓮』

『角さんと天罰』

『ラーメン@リガ』

『角さんと天罰がなぜ?』

『南京事件と反知性主義』

『あけびさんの卒論』

『愛は降る星の彼方に』

『サイバー戦争』

『エロくて、ごめんね』

『モバイル社会とガラケー』

『元老のアメリカ』

『ケネディ家の呪い』

『欧米を敵に回す』

『ソフィアからこんにちわ』

『ドイツが原爆をロンドンに』

『いまだに謎』

『さらば大前研一』

『空飛ぶスパイ』

『愛情はふる星@ベトナム』

『ヒラリーと塩野七生』

『ケネディ夫人@インドネシア』

『究極の大前研一批判本』

『フェルメールの謎』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。 バーィ。


(hand.gif)


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)

『卑弥子の源氏物語』

『平成の紫式部』

■ めれんげさんの『即興の詩』

■ めれんげさんの『極私的詩集』

Jagel - Soft Japanese Bagel
(bagel702.jpg)

■ “JAGEL – Soft Japanese Bagel”


(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(beach02.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』


(rengfire.jpg)


(byebye.gif)

現実主義者のバカ人気

 

現実主義者のバカ人気

 

現実主義者 学歴社会 ネットの嫌われ者 偏差値 イジメ自殺
(fool911d.jpg)


(fool902.jpg)


(fool911.jpg)

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺
(masuo01e.png)

デンマンさん、オイラはトランプ大統領並みに人気が出ているのですか?


(kato3.gif)

そうだよ。。。

マジで。。。?

ちょっと次の検索結果を見てごらんよ!

 


(gog81121a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

「現実主義者 コメント」を入れて検索すると、21,100,000件もヒットするのだよ!

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

オイラは、これほど有名になるとは思いませんでした。。。 スキップして喜びたいと思います。。。

 


(smilerol.gif)

わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

40過ぎても 結婚できない

オイラのために デンマンさんが

オイラの事で記事をたくさん

書いてくれました。

 

このぶんだと、読者の中から、

オイラにプロポーズしたい女性が

現れると思います。

オイラはウハウハしながら

男性ホルモンを全開しているのです。

きゃははははは。。。

 

こうなったら、もう無条件に

スキップして喜びたいですゥ!


(smilejp.gif)

わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

ルンルンルン ランランラ~♪~ン

もう一つおまけに

ルンルンルン ランランラ~♪~ン

ああァ~、うれしいなあああァ~。。。

オマエは、検索結果を見て、それほど うれしくなってしまったわけぇ~?

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

そうです。。。 いけませんかァ~?

あのさァ~、この記事を読み始めたネット市民の皆様が、呆れているのだよ! 少しは、真面目に僕と対談しないと、ネット市民の皆様が他のブログに飛んでしまうのだよ。。。 お願いだから、もう少し真面目になって欲しい。。。

分かりました。。。 デンマンさんが それほどまでに言うのでしたら、スキップして喜ぶのは止めようと思います。。。 でも、よく考えてみたら「現実主義者 コメント」を入れた検索結果が21,100,000件もヒットするのを見ただけで喜ぶのは早とちりだと思うのですよ。。。

確かに、それだけで喜ぶのは、オマエが馬鹿だからだよ。。。

だけど、デンマンさんがオイラを飛び跳ねて喜ばせるように仕向けてるのですよ。。。

でも、オマエはマジで喜んでもいいのだよ。。。

検索以外にもオイラが人気者になっている証拠があるのですか?

あるのだよ。。。 次のリストを見てごらんよ!

 


(ame81121m.png)

『拡大する』


(tenan02.jpg)

『現実主義者 馬鹿の見本』

 

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

うわああああァ~。。。 ちれいな女の子がたくさん出てきて オイラを応援しているのですねぇ~。。。 オイラはマジでチョ~うれしくなってしまいました。。。 デンマンさん! またスキップして喜んでもいいですかあああァ~!?

あのさァ~、オマエの喜ぶ気持ちはよ~く分かるのだけれど、これ以上オマエがスキップして喜んだら、この記事をここまで読んできたネット市民の皆様が馬鹿バカしくなって他のブログへ飛んでしまうのだよ! だから、絶対にスキップして喜ばないで欲しい。。。

分かりました。。。 でも、よく見ると可愛い女の子が次のように言ってますよ。。。


現実主義者さん
 

あなたは女性に
 

人気があるのよ!
 

 

でも、それは
 

「ベルバラ」さんが
 

書いたコメントと
 

彼女の詩が素晴らしくて
 

『現実主義者 馬鹿の見本』
 

が読まれてるの。。。
 

 

あなたは反省して
 

まともな人間に
 

ならない限り絶対に
 

結婚できないのよ!
 

 

(girl209e.png)

そうだよ。。。 その通りだよ! 『現実主義者 馬鹿の見本』がダントツで読まれて“いいね”がたくさん付いているのは多くの女性が「ベルバラ」さんが書いたコメントと彼女の素晴らしい詩に感動して“いいね”を付けているのだよ!

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

。。。つうことわあああァ~。。。 オイラは無視されているということですか?

いや。。。 無視されてるのじゃなくて、オマエのような「馬鹿の見本」が書いたコメントと比較すると、「ベルバラ」さんが書いたコメントと彼女の素晴らしい詩が引き立つわけだよ。。。

つまり、オイラの書いたコメントが 「ベルバラ」さんの書いたコメントと彼女の素晴らしい詩を引き立てているわけですねぇ~。。。?

その通りだよ!

要するに、オイラの存在のおかげで、「ベルバラ」さんは素晴らしい女性だと認められて、“いいね”がたくさん付いたのですねぇ~?

そうだよう。。。

じゃあ、もしかして「ベルバラ」さんはオイラと結婚してくれるでしょうか?

どうして、オマエはそのように飛躍した質問をするわけぇ~?

だってぇ、オイラと「ベルバラ」さんがコラボしたので“いいね”がたくさんついてるのですよ。。。 だったら、現実の生活でもオイラと「ベルバラ」さんはコラボすべきだと思うのですよ。。。 つまり、結婚すべきです。。。 うへへへへへへへ。。。

あのさァ~、そうやってうすら馬鹿笑いを浮かべている場合じゃないのだよ!

つまり、デンマンさんはオイラと「ベルバラ」さんが結婚することに反対なのですか?

あのなァ~、オマエは誰とも結婚する資格がないのだよ! もし結婚資格試験があったとしたら、オマエの偏差値が30台であるように、オマエは合格点に達しないのだよ!

オイラは、どうしたら結婚できるのでしょうか?

あのさァ~、その答えをネットで探したのだよ! 次の検索結果を見てごらんよ!

 


(gog81127a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

現実主義者の馬鹿は結婚できるか と入れてネットで探しても『現実主義者 馬鹿の見本』が出てくるのだよ。。。

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

でも、その記事の中に答えは書いてありません。。。

あのさァ~、その答えは、すでにコメントに書いたのだよ! オマエは伊藤先生のブログで下らないコメントを書くのに忙しいので、まだ見てないと思うのだよ。。。 だから、ここに書き出すから、じっくりと読んでみたらいいよ。。。

1 ネット中毒症・依存症の現実主義者よ!

「生きる価値のないクズの廃人」であることを

ネットで広めたいんだよなァ~!

 

オマエがそのように伊藤先生のブログで宣言したのだよ!

僕は、オマエの望みをかなえてあげるために、
たくさんの記事を書いたのだよ!
きゃはははははは。。。

伊藤先生が誰よりもオマエのためにと思って、応援しているとオマエは信じているようだけれど、
それは、オマエの大きな間違いなのだよ!

実は、仏様のように心優しいデンマンが、この世で一番オマエのことを考えてあげてるのだよ!
きゃはははははははは。。。

この記事を読んで、オマエにプロポーズする女性は絶対に現れないだろうけれど、
でもなァ~、もし永山則夫死刑囚のように、少しでもオマエが反省して
ブログを立ち上げれば、その可能性は無いとは言えない!

だから、オマエも少しは反省して 嫌がらせのコメントを書くのは止めにして
書きたかったら自分のブログを立ち上げて、
そこで心ゆきまで「ネトウヨ!」と喚いて
書きたいことを書けばいいのだよ!

じゃあ、期待しているからねぇ~。。。

心の優しいモナリザのような微笑を浮かべるデンマンでした!
きゃはははははは。。。


(monalisa.jpg)

 

barclay 2018-11-19 11:42:52


2 現実主義者よ!

オマエは女性に人気があるのだよ!

スキップして狂喜しながら喜べ!

 

その証拠に『現実主義者 馬鹿の見本』に

“いいね”が 104個も付いてダントツ!!!

きれいな女性がたくさん出てくるので、オマエのオツムが男性ホルモンでいっぱいになってしまって
狂い死にしてしまうかも。。。
きゃははははは。。。

 


(inui01.jpg)


(mikiko02.jpg)


(girl209e.png)

 

オマエは落ち込んでコメントが書けないようだけれど、
上の画像を見れば、男性ホルモンが全開して、
きっとコメントが書けるようになるよ!
(モナリザの爆笑)


(monalaugh.jpg)

じゃあ、反省して まともな人間になったオマエが書くコメントを期待しているからねぇ~!
いつものように「ネトウヨ!」と喚いてはダメだよ!

“いいね”を付けた女性たちもガッカリするぞ!
きゃはははははは。。。

 

barclay 2018-11-20 11:43:07


3 現実主義者よ!

オマエ、また馬鹿な事を

コメントに書いてるなァ!~ (笑)

 

オマエはブログを攻撃するためにコメントを書いていることを自分で認めているのだよ!
馬鹿だねぇ~!

攻撃するのじゃなくて批判すべきなんだよ!

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

41 それに

 

それに、俺が黒い7連星のブログを攻撃するのは、
黒い7連星に薬を与えて希望通りにしてやる為なんです。

だってありゃ、伊藤さんやその同志の皆さんから
捻り潰される為にブログをやってるんですから。

黒い7連星は倉野さんやカバさんに対しても感謝すべきですな。

 

現実主義者 2018-11-20 03:06:31


『伊藤先生のブログ』より

オマエの性格の悪さがにじみ出ているのだよ!

オマエのことが書いてある記事がたくさんの女性に読まれていても、
このままオマエが馬鹿なコメントを書いているのでは
プロポーズする女性は絶対に現れないぞ!

心優しいデンマンがオマエをまともな人間にさせるために、
一生懸命に記事を書いているのに、
オマエは馬鹿だから ますます「反面教師」こなってゆくのだよ!

“馬鹿は死んでも治らない!”と昔の人は言ったけれど、
オマエは どう思ってるのォ~?

聞かせてぇ~。。。 お願い! (笑)

 

barclay 2018-11-20 11:58:28



(judged.png)

4 Re:現実主義者よ! オマエ、また

馬鹿な事をコメントに

書いてるなァ!~ (笑)

 

>barclayさん

約1ヶ月前の記事にコメントするなんて現実主義者もヘタレですな
常連の目に止まらぬ様にするなんて

やはり間抜けブログには間抜けしか集まらないのね
アンチネトウヨと言ってるが現実主義者の事や擁護する先生にも
物申せぬ常連達は結局はただの間抜けとは

情けない

先生もその仲間も 常識を持ち合わせてる人達と思ってたが
現実主義者を擁護しアメブロのテロリスト支援とは

所詮ネトウヨが馬鹿なら ネトウヨを相手にしてる奴らも馬鹿なのねw

 

現実主義者は嘘吐き野郎 2018-11-21 06:58:29


5 Re:Re:現実主義者よ! オマエ、

また馬鹿な事をコメントに

書いてるなァ!~ (笑)

 

>現実主義者は嘘吐き野郎さん

伊藤先生は、現実主義者をかなり批判し、迷惑がっていたにもかかわらず、
最近では“大切な支持者”として 現実主義者とシコシコ、つるんでいるようです!(笑)

“類は類を呼ぶ”と昔の人は言いましたが
伊藤先生も現実主義者とつるむようになったということは
結局、“同じ穴の狢(むじな)”ということでしょう!

お互いに傷を舐め合うようなコメント書きなぐっています。
笑えます。

現実主義者は、IPアドレスを晒されるので、
最近、僕のブログにもコメントを書かなくなりました。

でも、アイツはネット中毒症・依存症だから、必ず戻ってきて
また「ネトウヨ!」と喚きながら 教養の感じられない非常識なコメントを書きますよ! (笑)

そのうち、馬鹿の見本の現実主義者は伊藤先生のブログに、
また馬鹿なコメントを書いて、批判され、嫌われて、相手にされなくなります。

すると、他に行き場所がなくなって、中毒症状に抗しきれずに
僕のブログに、またコメントを書くはずです。

とにかく、ネット中毒症・依存症にオツムがすっかり冒されているのですから。。。
(モナリザの爆笑)


(monalaugh.jpg)

 

barclay 2018-11-21 11:54:15


引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

6 無題

 

貴様なんか一般社会から捻り潰される為に

このブログやってるだけなんだからな。

 

現実主義者 2018-11-22 08:45:57


7 現実主義者よ!

ネトウヨ!」と喚かなくなっただけ

進歩したなァ~! きゃははははは。。。

 

でもさァ~、一般社会からも、ネット社会からも捻り潰されて
伊藤先生のブログに“駆け込み寺”してるのは「馬鹿の見本」のオマエだろう!

それが理解できないところにオマエの人間としての欠陥があるのだよ!

でも、今回、「ネトウヨ!」とコメントに書かなかったことだけは、

ほめてあげるからねぇ~。。。

スキップして喜んでもいいよ!
きゃはははははは。。。

 

barclay 2018-11-22 11:51:37


8 現実主義者が使っている

IPアドレスの履歴(古い順)

 

1) 202.215.40.193

d193.InaraFL1.vectant.ne.jp

アルテリア・ネットワーク株式会社 接続サービス

2) 49.104.28.146

sp49-104-28-146.msf.spmode.ne.jp

ドコモのスマートフォン用プロバイダ「spモード」

3) 49.98.77.54

sp49-98-77-54.mse.spmode.ne.jp

ドコモのスマートフォン用プロバイダ「spモード」

4) 49.104.32.212

sp49-104-32-212.msf.spmode.ne.jp

ドコモのスマートフォン用プロバイダ「spモード」

5) 49.106.209.53

sp49-106-209-53.msf.spmode.ne.jp

ドコモのスマートフォン用プロバイダ「spモード」

 

barclay 2018-11-22 11:52:43



(judged.png)

9 Re:無題

 

>現実主義者

約半年お前からの返答を待ってるが 未だに無いのは逃げてる証拠

会う会わないの一言さえ言えないのに一般社会を持ち出すとは何とも愚かなw

そして先生も逃げてるよなw

徴用工や和解いやし財団 原爆Tシャツと

韓国大好き先生がこれらの話題を記事にしないのは

ネトウヨが怖いからだよなw

反論されるのが怖い臆病者なんだよ先生はw

お前先生のそう言うとこ見えないだろ?

お前が現実見てない証拠だよ

 

現実主義者は嘘吐き野郎 2018-11-23 03:13:18


10 現実主義者よ!

伊藤先生のブログに書いた

コメントの使い回しは止めろ!

 

このページの #6のオマエのコメントは 伊藤先生のブログに書いた次のコメントの使い回しなのだよ!

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

3 無題

 

一般社会への八つ当たりの為の特権なんか、
どうせその場で踏み潰されますから。

古波蔵なんか、一般社会から捻り潰される為に
ここを利用してるんです。

 

現実主義者 2018-11-20 09:07:54


『伊藤先生のブログ』より

オマエのオツムが単細胞の「馬鹿の見本」だということの証拠なんだよ!

自分で「生きる価値のないクズの廃人」だと認めている馬鹿のオマエが
ブロガーの記事に コメントを書くということが
そもそも間違っているのだよ!

オマエには常識も教養も、当然、良識もないのだよ!

永山則夫死刑囚のように オマエも独学して 本を出版できるぐらいに
教養と良識をゲットしろ!

そうでない限り、オマエのコメントはシカトされるか 笑われるだけなんだよ!
きゃははははははは。。。

明日の朝、目覚めたら味噌汁で顔を洗って
自分のブログを立ち上げて そこで 何でも喚け! ボケっ!

 

barclay 2018-11-23 11:46:10


11 現実主義者よ!

オマエはホンマに

「馬鹿の見本」やねぇ~♪~!

アホ!

 

伊藤先生も「コメントの使い回しは止めろ!」と言ってるのだよ!

オマエは何度言われたら分かるのォ~?

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

 

9 Re:Re:Re:Re:Re:無題

 

>huyunohi1684さん

当たり前です。

アメブロの利用者は、伊藤さんやその同志の皆さん以外は、
一般社会への負け犬の遠吠えでしか自分をアピールできないんです。

 

現実主義者 2018-11-23 07:29:55



(koushi02.jpg)

10 Re:Re:Re:Re:Re:Re:無題

>現実主義者さん

 

コメント内容が以前のものと同じなのですが。

 

huyunohi1684 2018-11-23 14:20:35


『伊藤先生のブログ』より

偏差値30台のドタマしかないオマエは、
そもそもコメントを書くだけの教養も常識もないのだよ!

だから、同じ事をくどくどと、何度も何度も喚いているだけなんだよ!

学歴社会、偏差値、イジメ、自殺、ネトウヨ、。。。今度は古波蔵真理か?

馬鹿の一つ覚えだけれど、オマエのボキャブラリーは せいぜい50か?100か?

とにかく、五十歩百歩なんだよ! ボケっ!

コメント書くのを止めて、オマエのブログを立ち上げ、
そこで、何でもいいからほざけ!
きゃははははは。。。

そうすれば、オマエの嫌がらせのコメントで
心を痛めるブロガーがいなくなるのだよ!

ネットの平和と平穏に貢献しろ! ボケっ!

 

barclay 2018-11-24 11:51:17


12 現実主義者よ!

また馬鹿の一つ覚えで

ネトウヨ!」かよ!?

 

オマエは馬鹿の一つ覚えでしかコメントが書けないのだよ!

だから、ネットでは「馬鹿の見本」として有名になってるのだ!

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

1 無題

 

どうせネトウヨなんか、それ以外の分野では四方八方から
図星突かれて捻り潰されるでしょう。

 

現実主義者 2018-11-23 20:06:40


『伊藤先生のブログ』より

伊藤先生のブログに書かれたコメントを見ると
オマエが書いたコメントが 最も読みごたえがない!

偏差値30台の愚かなオツムで書いたということが
ありありと にじみ出ている!

まったく説得力のない、落書きになっているのだよ!
自分で馬鹿を晒しているようなものなんだよ!

だから、オマエ自身ブログを立ち上げて維持してゆく自信がない!
ずぼしだろう!?
きゃはははははは。。。

悔しかったら自分のブログを立ち上げてみろ! ボケっ!

 

barclay 2018-11-25 12:32:08


13 現実主義者よ!

ネトウヨ!」を指摘されたので、

今度は「奥田峻史」と

「クラウダー祐美」かよ!

きゃはははははは。。。

 

いずれにしても「馬鹿の見本」の馬鹿の一つ覚えだろう!
(モナリザの爆笑!)


(monalaugh.jpg)

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

23 無題

 

奥田峻史と共にクラウダー祐美の乳でも吸ってろ。

 

現実主義者 2018-11-26 09:49:59


『永山則夫と現実主義者(PART 1)』より

オマエは、教養と常識がないので、僕の指摘・質問に対して、
まともに答えられないのだよなァ~!?

それで『永山則夫と現実主義者』の記事にコメントを書いた!

オマエは永山死刑囚のように反省して
教養と常識を身につけて
本を書くぐらいに努力するのだよ!

そしてオマエ自身のブログを立ち上げるのだよ!
そうすれば、すでに人気のあるオマエが書いたブログを読んで
プロポーズする女性が現れるのだよ!

永山死刑囚も獄中で独学して本を出版して、
それに共鳴・共感した女性が獄中で永山死刑囚と結婚したのだよ!

だから、オマエも反省して努力すれば、
結婚できるのだよ! (笑)

そしたら、馬鹿の見本のオマエと結婚する女性の顔が見たいというネット市民が
わんさとオマエのブログに押し寄せるのだよ!
きゃはははははは。。。


(laugh16.gif)

 

barclay 2018-11-26 11:22:56


『パクリブロガーと現実主義者』 (PART 1)のコメント欄より
(2018年11月19日)

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

つまり、オイラは永山則夫死刑囚を見習う必要があるのですか?

当たり前だろう! 永山死刑囚は、反省して獄中で独学し、1971年に手記『無知の涙』を発表し、それを読んだ読者が感動し、共感して永山死刑囚と1980年に獄中結婚したのだよ。。。

オイラにも結婚できる可能性があるでしょうか?

あるのだよ。。。 刑務所に入らなくてもいいから、オマエも独学して努力して佐藤愛子さんも認めるような相手にしたら、滋養も吸い取れ、教養も高まるような人物になるのだよ。。。 そしてブログを立ち上げるのだよ!

そうすれば、平あかねさんや、35歳ヘルシーギャルや、野田女史がオイラのブログを読んで プロポーズするかもしれないとデンマンさんは言うのですか?

その通りだよ! あのさァ~、オマエだって、おじいさんが元校長先生だったのだから、隔世遺伝で オマエのDNAの中には文学的才能が眠っているかもしれないのだよ。。。 

マジで。。。?

でも、これまでのオマエは勉強しない、努力もしない、失敗から学ばない、嫌われまくっているのに反省しない。。。 だから、眠っている才能も開花しなかったのだよ! しかも、更に悪いことには、ネット市民の皆様から憎まれ、恨まれ、蛇蝎(だかつ)のごとく嫌われているのだよ! それでも、オマエはちっとも反省しない!

やっぱり、オイラは永山死刑囚のように反省して独学して教養を高めて、ブログを立ち上げる必要があるのでしょうか?

そうだよ。。。 そうすれば、必ずオマエのブログの記事に感動して共感して結婚したい女性が現れるのだよ。。。


(fool920.jpg)


(smilerol.gif)


わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

やはり、仏のデンマンさんは

素晴らしいですゥ。。。

オイラが結婚できるように

心のこもった助言を

与えてくれるのでしたァ~。。。

デンマンさんは、オイラを馬鹿にしてません!

 

オイラは友達もなく、

40ヅラさげて結婚もできずに

狭い部屋に閉じこもっているのです。

これではいけません。。。

少しは反省して

独学しようと思います。

 

残念ながら2018年のノーベル文学賞は

選考委員のセクハラ問題が起きたので

オイラはもらえませんでしたけれど、

もしかすると、オイラは寅さんの2代目として

国民栄誉賞がもらえるかも…

 


(fool06.png)

 


(smilerol.gif)

わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

やはり、仏のデンマンさんは

素晴らしいですゥ。。。

オイラを寅さんと同じか、

それ以上に有名にしてくれるのです。

 

アインシュタインも草葉の陰で

喜んでくれると思いますゥ。


(einstein2.jpg)

 

オイラは偏差値30台のクソ大学を

卒業して以来、初めて

生きる喜びを感じています!

もうこうなったら、恥も外聞もなく

天にも舞い上がる気持ちで

スキップしたいと思います。


(smilejp.gif)

わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

ルンルンルン ランランラ~♪~ン

もう一つおまけに

ルンルンルン ランランラ~♪~ン

ああァ~、うれしいなあああァ~。。。

 


(foolw.gif)


馬鹿ですよねぇ~。。。

自分で「廃人です!」と言いながら

馬鹿を振りまいているのですよ!

この愚か者は、僕には

全く手に負えません!

この底抜けの馬鹿は

すっかり可笑しくなってしまいました!

おめでたい愚か者です!

 

明日になれば、今日のことは

すっかり忘れて、また嫌がらせのコメントを

書き始めると思うのですよ。。。

 

どうして これほどまでに人間は

馬鹿になりきれるのかァ?

僕には、もう付き合いきれません!

そう言いながら付き合ってます。

もしかすると、この馬鹿は

芸能界に入ったら伸びるかもしれません!

おバカ番組に出て

笑いを振りまくと思うのです。


(laugh16.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

 

ですってぇ~。。。

馬鹿バカしいと思いながらも、最後までよく読んでくださいました。

デンマンさんも喜んでいると思います。

とにかく、ネットには、いろいろと変わった人がいますわァ。。。 

ヴァイアグラを飲みすぎて オツムがイカレた人もいれば、

他人に成りすまして ヤ~らしいコメントを書き込む人もいます。

また、誰彼かまわずに“スパム”を飛ばす嫌われ者もいます。

とにかく、ネットには。。。 特にアメブロには “めちゃキモい”人たちがウヨウヨしています。

まるで得意になって、愚かな事をして遊んでいます。

また、見かけは普通のブログでも、悪徳スパマーが手を変え品を変えて 悪徳サイトへ誘い込もうとしています。

コメントスパムで褒められると、ついついその気になって、相手のブログへ飛んでゆき、お返しに、あるいはお礼にと思って 読者に登録してしまったりするものですわァ。

どうか スパマーの思う壺にはまらないでくださいね。

悪徳スパマーは悪徳サイトへ誘おうと てぐすね引いて待っているのですから。。。

悪徳サイトを利用して、メールアドレスで登録したりすると、あなたのメールアドレスは第3者や第4者に売られてしまう危険性があります。

あなたは、そのようなスパム・コメントや 成りすましスパマーには騙されないと思い込んでいるでしょう?

でもねぇ~、もしかすると騙されているかもよ。。。

とにかく気をつけてくださいね。

次回も、さらに面白い話題が続きます。

あなたも、どうか、また記事を読みに戻ってきてください。

では。。。


(hand.gif)

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『ちょっと心にぐっと来る動物物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』



(spacer.png+betty5de.gif)
(hiroy2.png+betty5d.gif)
『スパマー HIRO 中野 悪徳業者』

 


(yuri03.jpg)

■ 『こーてがにゃんにゃん』

■ 『こーて@ブラックリスト』

■ 『スパマーつぶちゃんの悪戯』

■ 『スパマー平田由里子』

■ 『ハワイに恋したダメな敦子』

■ 『ハワイに恋した愚かな敦子と奈々』

■ 『アフリカ滞在スパマー』

■ 『ミスユニバース悪女』


(bikini901.jpg)

■ 『スパマー横尾真美』

■ 『悪名高い横尾真美』

■ 『ナンパ馬鹿の末路』

■ 『また柏原知美?』

■ 『ネットの異端者』

■ 『ネットの問題児』

■ 『ハフマヌーン帝国の愚劣隊長』

■ 『いいね50回記念』

■ 『ヴァイアグラ馬鹿と小百合パンツ』


(bigcash.jpg)

■ 『聖書バカスパマー』

■ 『大先輩、馬鹿やるの止めて』

■ 『世界一愚かなスパマー』

■ 『デリヘル嬢かずえを探して』

■ 『全財産300万円をせどりに』

■ 『はるかのランジェリー』

■ 『人気のデリヘル嬢』

■ 『悪徳10万円モニター』

■ 『ハヌマーン隊長』

■ 『駐米スパマー』

■ 『柏原知美 再起?』


(bitcoin20b.jpg)

■ 『ビットコインの危険性』

■ 『楽天バカ』

■ 『楽天バカ悪あがき』

■ 『スパム王 カーチス』

■ 『外国美脚サイト』

■ 『馬鹿の起源』

■ 『知性なきたわごと』

■ 『Hiro 中野 せどり スパマー』

■ 『Hiro 中野 せどり 悪徳』

■ 『Hiro 中野 せどり 悪質』

■ 『Hiro 中野 せどり 悪徳業者』

■ 『Hiro 中野 せどり いいね馬鹿』

■ 『悪徳業者に注意!』

■ 『Hiro 中野 せどり 不誠実』

■ 『悪事万里を走る!』


(uncg05b.jpg)

■ 『反知性主義でワロタ』

■ 『リファラスパム』

■ 『ビットコイン馬鹿』

■ 『サムネイル画像』

■ 『読者登録スパム』

■ 『噂の女@香港』

■ 『ビットコイン リファラ』

■ 『悪徳業者 ネット犯罪者』

■ 『心にしみるウンコ』

■ 『性具とビットコイン馬鹿』

■ 『マヒナ奈々 悪徳業者』

■ 『現実主義者との夢の対談』

■ 『現実主義者 馬鹿の見本』

■ 『カーチスの裏技』

ベクトル成城店に注意 悪徳 不誠実 いいねスパマー
(vector2.jpg)

■ 『現実主義者とブログ哨戒隊』

■ 『失われた20年の落し者』

■ 『トラバスパマー』

■ 『哀れで悲惨な現実主義者』

■ 『おめでたい現実主義者』

■ 『現実主義者@グアテマラ』

■ 『現実主義者@5ちゃんねる』

■ 『パクリブロガー look94288』

■ 『味もめんミステリー』

■ 『嫌われる現実主義者』

■ 『ネット犯罪 パクリブロガー』

■ 『ネットで笑われている現実主義者』

■ 『人気リンクスパマー』

■ 『反面教師の現実主義者』

■ 『チョー悪名高い現実主義者』

■ 『スパマー マイケル』

■ 『松永エロパクリ屋』

■ 『スパマー 早川えりこ』

■ 『ブラックリスト追加』

■ 『坑夫と現実主義者』

■ 『人気リンクを狙え!』

■ 『犯罪者 エロ松永』

■ 『タリアセン夫人をパクる』


(hooker08.gif)

■ 『世界一愚かな現実主義者』

■ 『中国情報ジャーナル スパマー fukachina』

■ 『ヴァイアグラスパマー』

■ 『村上春樹と現実主義者』

■ 『スパム女王 ノーマ』

■ 『ビットコイン・リファラスパマー』

■ 『ワールド・スパマー』

■ 『愚かな現実主義者@注目の的』

■ 『ATBコインスパマー』

■ 『迷惑スパマー 早川えりこ』

■ 『自殺と現実主義者』

■ 『樋口一葉と現実主義者』

■ 『悪徳スパマー 早川えりこ』

■ 『犯罪者 悪徳エロ松永』

■ 『美尻ビーナスをパクる』

■ 『スティーブ・ジョッブズと現実主義者』

■ 『悪質スパマー 早川えりこ』


(rengey5.jpg)

■ 『めれちゃんと現実主義者』

■ 『悪徳エロ松永 犯罪者』

■ 『エロ犯罪者に注目』

■ 『早川えりこ 悪徳スパマー』

■ 『パクリ屋 ネット犯罪 エロ松永』

■ 『リファラスパマー Alexa』

■ 『マーフィーの法則と現実主義者』

■ 『悪徳ページスパマー』

■ 『Badbotスパマー』

■ 『愚かなパクリブロガー』

■ 『馬鹿の見本が読まれる』

■ 『現実主義者とDNA』

■ 『悪徳つぶちゃん再起』

■ 『現実主義者と学歴社会』

■ 『現実主義者と第2の人生』

■ 『ネチケットを知りません』

■ 『パクリブロガー撲滅!』

■ 『Kibsoilsスパマー』

■ 『ジョッブズさんと現実主義者』

■ 『クズの廃人 現実主義者』

■ 『自由主義と現実主義者』

■ 『自虐私観と現実主義者』

■ 『JosephRed スパマー』

■ 『いいねスパマーゆりこ』

■ 『不倫と検索スパマー』

■ 『佐藤愛子と現実主義者』

■ 『久坂葉子と現実主義者』

■ 『Zafv1999スパマー』

■ 『永山則夫と現実主義者』

■ 『高橋まつりさんと現実主義者』

■ 『Briandrell スパマー』

■ 『ネットのエロ事師』

■ 『アタマにくる一言@現実主義者』

■ 『DerekLootaスパマー』

■ 『パクリブログ ビットコイン』

■ 『東大バカと現実主義者』

■ 『いいねボタン廃止?』

■ 『片山さつきと現実主義者』

■ 『Unurl スパマー』

■ 『パクリブロガーと現実主義者』

■ 『skato スパマー』


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

政治について

 

政治について

 


(todai002.jpg)


(beethov3.jpg)


(music987.jpg)


(ireba03.jpg)


(laugh16.gif)


(ohta03.png)

デンマンさん。。。、どういうわけで政治についてというタイトルでオイラをお呼びになったのですか?


(kato3.gif)

オマエは不満なのォ~?

だってぇ~、オイラはクラシックを語るために呼び出されるのが常ではありませんか!

今日もクラシックを語るためにオマエを呼び出したのだよ!

でも。。、でも。。。、冒頭を見るとベートーベンを貼り出してあるのに、政治について語るというのは、不自然じゃありませんかァ!

でも、オマエが“間奏曲集”の中で書いた記事の中でベートーベンを取り上げ、政治についても語っているのだよ。。。 嘘だと思ったら次の記事を読んでごらんよ!

1.5 Ludwig van Beethoven (1770 – 1827)

L.v. Beethovenの<<Fidelio>>(Op. 72)は、初演の当時から幾多の論議を呼んできた。それがとりもなおさず、この四つの序曲をもつ彼の唯一のオペラが、他ならぬBeethovenの作品であるが故であることは、とかく忘れられがちであるのではないであろうか。
その議論の一つに、夫婦愛などをテーマとしたオペラが成功するはずがない、というのがあった(草子地:結婚したことのない彼、Beethovenが描く夫婦の理想像?などと半畳を入れるのはやめよう。こんなことは、結婚などをしていないからこそ出来るのであるから)。しかし、たとえ登場人物が夫婦ではなかったとしても、恋人同士であったとしても、話の筋道は大体つくであろうのに、それを、ことさらに、夫婦とした台本を使用したところに、私は、むしろ、Beethovenの破天荒な意思、意欲を感じるのである(草子地:その、彼らしい作品の説得力の力強さだけは、私にとって、私が結婚する前も後も変りがなかった)。
この作品は良い作品ではあるが、それでも、W.A. Mozartのオペラに較べれば、太陽を前にした星である、ということを誰かが言っていた(草子地:巧く表現したものである)。それはそうであろう。舞台は、貴族の館などではなくして、監獄の中での出来事である。何も、Beethovenの作品に、Mozartの音楽を聴こうとすることもなかろう。そんな風な聴き方は、Mozartだって野暮だと言うであろうし。
第三に、これは、この作品に限らないが、Beethovenの声楽の扱い方に対する批判が後をたたないことである。しかし、思い切って乱暴に言ってしまえば、彼は、彼のやり方で人声を扱ったまでで。それはそれで完成されたものではなかったか、と私は思うのである。器楽的で、唱うのに無理がある? 当り前であろう。苦悩を唱うのには苦しい発声も必要である。彼が、譲歩に譲歩を重ねて、何度も書き直したのは、その苦悩を聴いて欲しかったからであろう。繰り返すが、Beethovenは、Beethoven の声楽を書いたのであって、それが器楽的である、ということではあるまい。それを言うのならば、J.S. Bachの声楽曲だって充分に器楽的である。彼も、Mozartも同様な批判を受けたことがあることはあったが、それは途絶えて、Beethovenのそれだけが、今日なお指摘されている。奇妙なことには、誰も、BeethovenのFugeは、あまりにも和声的だ、などとは言わない。Beethovenは、BeethovenのFuge を書いた、ということは受け入れられている。
しかし、このオペラの筋書きには重大な欠陥がある。もし、FlorestanがFernandoの呼ぶように<Mein Freund!>であったのなら、何故、Leonoreは、あれだけの苦労、辛苦、危険を冒す必要があったのか、ということである。そもそも、直接Fernandoを訪れ、事情を説明すれば、それですんだことではなかったか。
それにも拘らず、抑圧からの解放、これは、常に現代的、現在的である。ただ、その解放がDon Fernandoの鶴の一声では成らぬことを知るのには、人類は、未だ、一世紀余りを要した。さもなくば、この作品中にDon Fernandoなどが出て来る幕などは無かったであろう。これを、また、Beethovenのせいにはすまい。そもそも、彼といえども、何らの見通しの無い時代には、強固の意志に貫かれた、信仰にも近いような信念なくしては、理想などはもち得ないではないか。その意味では、共和主義者Beethoven は古典的であった。
現代的であること、現代人であることは、必ずしも幸いなことではない。今、ソヴィエト社会主義連邦共和国や東欧諸国で起きている事態、あれは何であろうか。この様にして、この二十世紀最大の実験は無に帰するのであろうか。それでは、革命に血を流した勇敢なる闘士は浮かばれないであろう。それこそ、Stalinismeによる犬死に、それで終わるのであろうか。
犬死、と言えば、先の太平洋戦争で散った兵士たちの死もまた、全て犬死であった。遺族は、それぞれに、戦死者に何らかの意味を見い出したいと思い、それもまた当然すぎる心情ではあ
ろうが、私は、敢えて言いたい、それは犬死であったと。それである故にこそ、その無意味な悲惨を繰り返してはならない、と。犬死という認識ではなかったら、その悲惨さは権力によって薄められるのである。はっきり言おう。遺族団体は、現在、政府に媚びる圧力団体に堕しているではないか。言うべきことが言える間に、言うべきことは、きちんと言う、それしか出来ない私である。また、私は共産主義者でもないが、それを強調するまでもあるまい。
それにしても、私の知る限り、Beethovenの失恋の相手は、貴族の令嬢ばかりであった。奇妙な共和主義者ではあった、と思わざるを得ない。しかしながら、彼のmessageは、いまだ有効である。

追記(コーダ):
仮に、USAという国が世界で一番悪い国だったとすると(草子地:仮定文で書かないで理由も言わねば道義に反する。理由が余りに多すぎるので、煩雑になるが故に、仮定文にしたのである。)、アメリカ人というのは、世界で一番悪い連中である、ということになるであろう。何故かと言うと、USAは、一応は<民主主義の国>(草子地:見られる通り、括弧つきである。)である、ということになっているからである。故に、政府は悪いけれど、その国の国民は悪くはないなどと、あたかも独裁者のいる国に対するようには言えないであろうからである。せめて、国民は、政治家を選び、投票する権利はあるけれど、その投票には、何らの道義的な責任もない、と開き直って言うほどには、ずうずうしくはない、と期待したい。その道義的な責任を果たす手段が見つかり難い、ということだけが、私のみる民主主義の欠陥ではあるが、だからと言って、責任も手段も全く無い、とは言えないであろう。さもなくば、民主主義とは、全くの衆愚主義である。問題は、むしろ、その自覚がアメリカ人に無い、ということであろうか。
(1990年12月12日。2006年5月29日改訂。)


13-14ページ
『間奏曲集―主題なき変奏-作品 2』より

デンマン注: 太田将宏が会費を滞納したようで上のリンク先は削除されてます!

あのさァ~、いつも思うのだけれど、オマエの文章はとっても読みづらいのだよ! 英語やドイツ語やイタリア語やラテン語が入り混じっている。。。

デンマンさん! 人のことは言えませんよ! デンマンさんの文章だってぇ、長くて読み始めると、じきに飽きてしまうのですよ。。。

それは、オマエの個人的な見解だと思うのだよ! 僕の記事は、日本語が解る世界のネット市民の多くの皆様に読まれているのだよ!

134ヵ国のネット市民の皆様に読まれていることを自慢したいのですか?

いや。。。 自慢したいわけじゃない! オマエが「デンマンさんの文章だってぇ、長くて読み始めると、じきに飽きてしまうのですよ」と言ったから、僕の長い記事でも まめに読んでくれる常連さんが居る、と言いたかったまでだよ。。。 とにかく、オマエの文章は読みづらいので、多くの人が上の文章を読み飛ばしたと思うのだよ。。。

マジで。。。?

僕だってぇ、読みたくなかった。。。 でも、この記事を書く都合があるので、次のように読み易くして読んだのだよ。

1.5 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

    (1770 – 1827)


(beethov2.jpg)

 

ベートーヴェンの<<フィデリオ>>(Op. 72)は、初演の当時から幾多の論議を呼んできた。

 


(fidelio02.jpg)

フィデリオ

 

この作品は、ベートーヴェンの作品群の中でも特に難産に見舞われた作品のひとつであり、成功を収める版が完成するまでに何度も書き直しがなされている。

このオペラはベートーヴェン中期の代表作に挙げられる。
ブイイの原作の英雄主義的な性格や、当時のヨーロッパの知識人層に浸透し始めていた自由主義思想へのベートーヴェン自身の強い共感を背景として、英雄的な中期の作風が存分に反映されている。

ベートーヴェンの声楽曲によくあることだが、このオペラも歌手にとっては必ずしも歌いやすい音楽ではない。
特に、レオノーレとフロレスタンのパートを歌うには高度な技術を要し、そうでなければ要求された緊張感を表現することは到底不可能である。
このため、これらの配役を見事に演じた歌手は賛美の的となる。

囚人達の合唱、政治犯達の自由を謳う合唱、フロレスタンをレオノーレが助けにきた場面、そして救出が成功した場面などは、特筆に価する。
最後は、ソリストや合唱が代わる代わるレオノーレの勝利を讃えて、フィナーレを迎える。

多くの楽曲分野で後世の指標となる業績を残したベートーヴェンとしては完全な成功作とは言えない(ドイツオペラの最初の成果としても「魔笛」や「魔弾の射手」が挙げられることの方が多い)との批判もあるが、いちおう代表作のひとつとして今なお上演回数も多い。

これによって作曲者はモーツァルトとともに、主要音楽分野のほとんどに代表作を残した稀有の存在となった。
ドイツ圏ではバッハ以来、オペラをまったく残していない(または成功作がない)作曲家が多いだけに、貴重な作である。

 

主な登場人物

フロレスタン(囚人) テノール

レオノーレ(フロレスタンの妻) ソプラノ

ロッコ(刑務所員) バス

マルツェリーネ(ロッコの娘) ソプラノ

ヤキーノ(ロッコの補佐官) テノール

ドン・ピツァロ(刑務所長) バリトン

ドン・フェルナンド(大臣) バス


出典: 「フィデリオ」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

それがとりもなおさず、この四つの序曲をもつ彼の唯一のオペラが、他ならぬベートーヴェンの作品であるが故であることは、とかく忘れられがちであるのではないであろうか。
その議論の一つに、夫婦愛などをテーマとしたオペラが成功するはずがない、というのがあった。
(草子地:結婚したことのない彼、ベートーヴェンが描く夫婦の理想像?などと半畳を入れるのはやめよう。こんなことは、結婚などをしていないからこそ出来るのであるから)。

しかし、たとえ登場人物が夫婦ではなかったとしても、恋人同士であったとしても、話の筋道は大体つくであろうのに、それを、ことさらに、夫婦とした台本を使用したところに、私は、むしろ、ベートーヴェンの破天荒な意思、意欲を感じるのである。
(草子地:その、彼らしい作品の説得力の力強さだけは、私にとって、私が結婚する前も後も変りがなかった。)

この作品は良い作品ではあるが、それでも、モーツァルトのオペラに較べれば、太陽を前にした星である、ということを誰かが言っていた(草子地:巧く表現したものである)。
それはそうであろう。
舞台は、貴族の館などではなくして、監獄の中での出来事である。

何も、ベートーヴェンの作品に、モーツァルトの音楽を聴こうとすることもなかろう。
そんな風な聴き方は、モーツァルトだって野暮だと言うであろうし。

第三に、これは、この作品に限らないが、ベートーヴェンの声楽の扱い方に対する批判が後をたたないことである。
しかし、思い切って乱暴に言ってしまえば、彼は、彼のやり方で人声を扱ったまでで。
それはそれで完成されたものではなかったか、と私は思うのである。

器楽的で、唱うのに無理がある?
当り前であろう。
苦悩を唱うのには苦しい発声も必要である。

彼が、譲歩に譲歩を重ねて、何度も書き直したのは、その苦悩を聴いて欲しかったからであろう。
繰り返すが、ベートーヴェンは、ベートーヴェンの声楽を書いたのであって、それが器楽的である、ということではあるまい。
それを言うのならば、バッハの声楽曲だって充分に器楽的である。

彼も、モーツァルトも同様な批判を受けたことがあることはあったが、それは途絶えて、ベートーヴェンのそれだけが、今日なお指摘されている。
奇妙なことには、誰も、ベートーヴェンのフーガは、あまりにも和声的だ、などとは言わない。
ベートーヴェンは、ベートーヴェンのフーガ を書いた、ということは受け入れられている。

しかし、このオペラの筋書きには重大な欠陥がある。
もし、フロレスタンがドン・フェルナンドの呼ぶように<私の友よ!>であったのなら、何故、レオノーレは、あれだけの苦労、辛苦、危険を冒す必要があったのか、ということである。
そもそも、直接ドン・フェルナンドを訪れ、事情を説明すれば、それですんだことではなかったか。

それにも拘らず、抑圧からの解放、これは、常に現代的、現在的である。
ただ、その解放がドン・フェルナンドの鶴の一声では成らぬことを知るのには、人類は、未だ、一世紀余りを要した。

さもなくば、この作品中にドン・フェルナンドなどが出て来る幕などは無かったであろう。
これを、また、ベートーヴェンのせいにはすまい。

そもそも、彼といえども、何らの見通しの無い時代には、強固の意志に貫かれた、信仰にも近いような信念なくしては、理想などはもち得ないではないか。
その意味では、共和主義者ベートーヴェン は古典的であった。
現代的であること、現代人であることは、必ずしも幸いなことではない。

今、ソヴィエト社会主義連邦共和国や東欧諸国で起きている事態、あれは何であろうか。
この様にして、この二十世紀最大の実験は無に帰するのであろうか。

それでは、革命に血を流した勇敢なる闘士は浮かばれないであろう。
それこそ、スターリニズムによる犬死に、それで終わるのであろうか。

犬死、と言えば、先の太平洋戦争で散った兵士たちの死もまた、全て犬死であった。
遺族は、それぞれに、戦死者に何らかの意味を見い出したいと思い、それもまた当然すぎる心情ではあろうが、私は、敢えて言いたい、それは犬死であったと。

それである故にこそ、その無意味な悲惨を繰り返してはならない、と。
犬死という認識ではなかったら、その悲惨さは権力によって薄められるのである。

はっきり言おう。遺族団体は、現在、政府に媚びる圧力団体に堕しているではないか。
言うべきことが言える間に、言うべきことは、きちんと言う、それしか出来ない私である。
また、私は共産主義者でもないが、それを強調するまでもあるまい。

それにしても、私の知る限り、ベートーヴェンの失恋の相手は、貴族の令嬢ばかりであった。
奇妙な共和主義者ではあった、と思わざるを得ない。
しかしながら、彼のメッセージは、いまだ有効である。

 

追記(コーダ):

 

仮に、アメリカという国が世界で一番悪い国だったとすると(草子地:仮定文で書かないで理由も言わねば道義に反する。
理由が余りに多すぎるので、煩雑になるが故に、仮定文にしたのである。)

アメリカ人というのは、世界で一番悪い連中である、ということになるであろう。
何故かと言うと、アメリカは、一応は<民主主義の国>(草子地:見られる通り、括弧つきである。)である、ということになっているからである。


(trump804b.jpg)

故に、政府は悪いけれど、その国の国民は悪くはないなどと、あたかも独裁者のいる国に対するようには言えないであろうからである。
せめて、国民は、政治家を選び、投票する権利はあるけれど、その投票には、何らの道義的な責任もない、と開き直って言うほどには、ずうずうしくはない、と期待したい。

その道義的な責任を果たす手段が見つかり難い、ということだけが、私のみる民主主義の欠陥ではあるが、だからと言って、責任も手段も全く無い、とは言えないであろう。
さもなくば、民主主義とは、全くの衆愚主義である。
問題は、むしろ、その自覚がアメリカ人に無い、ということであろうか。

(1990年12月12日。2006年5月29日改訂。)


赤字はデンマンが強調)

13-14ページ
『間奏曲集―主題なき変奏-作品 2』より

デンマン注: 太田将宏が会費を滞納したようで上のリンク先は削除されてます!

あのさァ~、オマエは このように1990年12月(2006年5月に改訂)の記事の最後でアメリカの政治と民主主義について語っていたのだよ。

つまり、オイラがアメリカという国が世界で一番悪い国だと仮定したことが、デンマンさんの気に触ったのですかァ?

いや。。。 むしろ、「民主主義とは、全くの衆愚主義である。 問題は、むしろ、その自覚がアメリカ人に無い、ということであろうか」とオマエが書いたことに、僕は珍しく賛同したのだよ。。。

つまり、オイラとデンマンさんがこの点に関する限り、意見を同じくしたということですか?

そういうことだよ。。。

それで、オイラを呼び出してデンマンさんは感謝の気持ちを伝えようとしたのですか?

いや。。。 特にオマエに感謝の気持ちを伝えようとして呼び出したわけじゃないのだよ。。。

じゃあ、他にどのような理由でオイラを呼び出したのですか?

今回の中間選挙の結果を見るまで、僕は確かに「民主主義とは、全くの衆愚主義である。 問題は、むしろ、その自覚がアメリカ人に無い、ということであろうか」というオマエの意見に99%賛成したのだよ。

つまり、あとの1%はオイラと意見を異(こと)にしたのですか?

そのとおりだよ。。。

。。。で、アメリカの中間選挙の結果を見て、どう思ったのですか?

 


(demowin2.jpg)

 

今回、共和党の議員が選挙に勝って下院の議席の半分以上を占めたら、「民主主義とは、全くの衆愚主義である。 問題は、むしろ、その自覚がアメリカ人に無い、ということであろうか?」というオマエの意見に100%賛成するつもりだったのだよ。。。

要するに、アメリカ人の中にも民主主義とは、全くの衆愚主義であることを自覚して、トランプ大統領の政治に反対して民主党議員に票を入れた教養ある国民がいたのですねぇ~。。。

そうなのだよ。。。 それで、うれしくなってオマエを呼び出したというわけ。。。

ただそれだけのために、オイラを呼び出したのですか?

いや、もちろんそれだけじゃないよ。。。 僕は上のオマエの記事を読んで「民主主義とは、全くの衆愚主義である。 問題は、むしろ、その自覚が日本人にも無い、ということであろうか?」と思ったのだよ!

マジで。。。? でも、どういうわけでそう思ったのですか?

ちょっと次のクリップを見て欲しい。。。

 


(todai002.jpg)

『片山さつき大臣「100万円口利き疑惑」』

 

あれっ。。。、片山さつきは、ひょっとすると犯罪になるようなことに手を染めてますねぇ~。。。

そうなのだよ。。。、週刊文集によると、片山大臣は次のように言ったと書いてある!

製造業のX氏は2015年7月、税の優遇措置が受けられる青色申告を取り消される事態になり、当時、片山議員の私設秘書だった税理士の南村博士氏を紹介され、「着手金100万円が必要」というので、南村氏の口座に振り込んだ。

しかし、2か月たっても音沙汰がないので、議員会館に片山を訪ねた。

 


(todai003.jpg)

 

片山は「なんですか。忙しいのよ」といったが、100万円の件を話すと、秘書に「こっちに振り込みさせなさい」と怒鳴ったという。

南村氏とは連絡がつかず、「やっておきますよ。うまくいったら100万円なんて高いものじゃない」といい、国税局長に伝えておくと話したそうだ。


『片山さつき大臣「100万円口利き疑惑」』より

つまり。。。、つまり。。、証拠を握られているのに、片山さつき議員は「名誉棄損」で週刊文春を訴えたのですか?

そういうことだよ!

でも。。。、でも。。。、それでは、片山さつき大臣は自分で自分の首を絞めてるようなものではありませんかア!

そうだよ。。。 それが、片山さつき議員には理解できないのだよ! 理解しているかもしれないけれど、大臣の椅子を失いたくないために片山さつき議員は何が何でも「税理士の南村博士氏は私設秘書じゃない!」と屁理屈を捏(こ)ねているのだよ!

要するに、「ダメな政治家が選ばれてしまう。 問題は、むしろ、その自覚が日本人にも無い、ということであろうか?」とデンマンさんは思ったのですか?

その通りだよ。。。

でも。。。、でも。。。、事件が発覚する前には、日本人の多くが片山さつき氏をダメな人間だと思わなかったのじゃありませんか?

いや。。。 片山さつき氏を知っている多くの日本人は、片山さつき氏が政治家にふさわしくないと思っていた。

マジで。。。?

上のクリップをもう一度じっくりと見て欲しい。。。 片山氏の前の夫である元都知事の舛添要一氏が、2016年3月に、2015年度における海外出張費が、総額5700万円に上るということが発端で問題を起こし、週刊文春などのメディアによって、悪事が暴露された。。。 それで、責任を取って舛添氏は2016年6月21日付けで都知事を辞職した。。。 その事について片山さつき議員は「セコイ、小さい、哀しい人、公私混同の極み」と言った。。。 ところが、今回、片山さつき議員自身が「セコイ、小さい、哀しい人、公私混同の極み」になってしまったのだよ。

つまり、片山さつき議員と元夫の舛添氏は“同じ穴の狢(むじな)”だとデンマンさんは言いたいのですか?

その通りだよ。。。 昔の人は“類は類を呼ぶ”と言ったのだよ。。。 確かに、片山口利き事件の報道を見れば、結局、片山さつき議員と舛添要一氏は“似通った者同士が、自然に寄り集まって結婚した”のだよ。

つまり、二人ともに同じ穴の狢なのですねぇ~!?

そういうことだよ。。。 だから、公私混同をする人間を政治家に選ばないように、日本人はもっと気をつけねばならないのだよ! そうじゃないと、マジで民主主義じゃなく、衆愚主義になってしまう!


(laugh16.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。

珍しくデンマンさんが太田さんに共感しているのですわァ。

でも、たいていデンマンさんは 太田さんに対して かなり辛らつな批判をしています。

太田さんにしてみれば、コケにされたと思えるので、

次のサイトで抗議録を公開したのですわァ。。。


(kogiroku9.png)

『実際の抗議録』

デンマン注:しかし太田将宏が上の抗議録を掲載したサイトは消滅してしまいました!

 

デンマンさんも上の抗議録を読んで ムキになって反論しています。

『嘘を書く日記』

 

太田さんは、これに対しては反論ができないのか、それ以降 無言で通しています。

でも、そのうち 忘れた頃にまたコメントを書き込むかもしれません。。。

あなたは、どう思いますか?

とにかく、ネットには “めちゃキモい”人たちがウヨウヨしています。

太田将宏さんは、まだ良い方ですわ。

中には、まるで得意になって、愚かな事をして遊んでいる オツムの足りない人たちがたくさん居ます。

また、見かけは普通のブログでも、悪徳スパマーが手を変え品を変えて 悪徳サイトへ誘い込もうとしています。

スパムコメントで褒められると、ついついその気になって、

相手のブログへ飛んでゆき、お返しに、あるいはお礼にと思って

読者に登録してしまったりするものですわァ。

どうか スパマーの思う壺にはまらないでくださいね。

悪徳スパマーは悪徳サイトへ誘おうと

てぐすね引いて待っているのですから。。。

悪徳サイトを利用して、

メールアドレスで登録したりすると、

あなたのメールアドレスは第3者や第4者に売られてしまう危険性があります。

あなたは、そのようなスパム・コメントや 成りすましスパマーには

騙されないと思い込んでいるでしょう?

でもねぇ~、もしかすると騙されているかもよ。。。

とにかく気をつけてくださいね。

次回も、さらに面白い話題が続きます。

あなたも、どうか、また記事を読みに戻ってきてください。

では。。。


(hand.gif)

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『ちょっと心にぐっと来る動物物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』


(yuri03.jpg)

■ 『クラシックを愛すれど』

■ 『女性を愛せない老人ボケ』

■ 『ボダとキレた老人』

■ 『母という病』

■ 『日本人は嘘つき』

■ 『マジでピッタリ!』

■ 『成りすまし老人』

■ 『バカな大人にならない』

■ 『成りすまし老人の告白』

■ 『だまそうとする老人』

■ 『バカの壁の増設』

■ 『ウソの雪ダルマ』


(satomi02.jpg)

■ 『知らずの自分史』

■ 『新渡戸稲造と太田将宏』

■ 『ショーペンハウエルと太田将宏』

■ 『ホーキング博士と太田将宏』

■ 『加藤清正と太田将宏』

■ 『老人の性と太田将宏』

■ 『ノブレス・オブリージュと太田将宏』

■ 『世渡りの道と太田将宏』

■ 『フェアプレーと太田将宏』

■ 『ネット恋愛と太田将宏』

■ 『日本語と太田将宏』

■ 『坊主の袈裟と太田将宏』


(hokusai08.jpg)

■ 『葛飾北斎と太田将宏』

■ 『女の性的飢餓感』

■ 『敵に塩を送る』

■ 『虚構とウソ』

■ 『手紙と絶交』

■ 『短気は損気』

■ 『不思議な日本語』

■ 『乙女の祈りだわ』

■ 『自作自演じゃないよ』

■ 『マリリンdeアイドル』

■ 『マリリンに誘われて』

■ 『かい人21面相事件』

■ 『悪名と名声』

■ 『嘘を書く日記』

■ 『増長慢』

■ 『自然に耳を傾ける』

■ 『老人極楽クラブ』

■ 『伯母と叔母』

■ 『民主主義とロックンロール』

■ 『後奏曲集@危険』


(hooker08.gif)

■ 『女3人で姦しい』

■ 『クラシック鑑賞 1』

■ 『クラシック鑑賞 2』

■ 『クラシック鑑賞 3』

■ 『クラシック鑑賞 4』

■ 『クラシック鑑賞 5』

■ 『クラシック鑑賞 6』

■ 『クラシック鑑賞 7』

■ 『クラシック鑑賞 8』

■ 『クラシック鑑賞 9』

■ 『クラシック鑑賞 10』

■ 『クラシック鑑賞 11』

■ 『レゲエ@ジャマイカの夜』

■ 『クラシック鑑賞 12』

■ 『クラシック鑑賞 13』

■ 『クラシック鑑賞 14』


(yuri02.jpg)

■ 『クラシック鑑賞 15』

■ 『ヒルデガルトとジャンヌ・ダルク』

■ 『クラシック鑑賞 16』

■ 『クラシック@ルブリン』

■ 『田原総一郎と出版業界』

■ 『クラシック鑑賞 17』

■ 『ヒルデガルトと紫式部』

■ 『グールドとバッハ』

■ 『乙女の祈りと子猫のワルツ』

■ 『クラシック鑑賞 18』

■ 『クラシック鑑賞 19』

■ 『信じて跳べ』

■ 『クラシック鑑賞 20』

■ 『クラシック鑑賞 21』

■ 『クラシック鑑賞 22』

■ 『愛と赦し』

■ 『テルミン』

■ 『ヘンデルと自殺』

■ 『バッハとビートルズ』

■ 『人生と偏差値』

■ 『サルトルと現実主義者』


(juneswim.jpg)


『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』


(byebye.gif)