休息と幸福

 

休息と幸福

 

(happy01.jpg+balloons2.gif)

(valent6.gif)


(breakup0.gif)





(renge62c.gif)


(renge807.gif)


(merange12.jpg)

デンマンさん。。。、どないなわけで 休息と幸福 というタイトルにしやはったん?


(kato3.gif)

実は、バンクーバー市立図書館で借りている本を読んでいたら次の箇所に出くわしたのやがなァ~。。。

 


(fireanim8.gif)

 

  Fire

 

What makes a fire burn

is space between the logs,

a breathing space.

 

Too much of a good thing,

too many logs

packed in too tight

can douse the flames

almost as surely

as a pail of water would.


   火

 

火が燃えるとき

薪木のあいだには空間がある

 

すてきなことも

火を焚く木々も

あまりにぎっしり詰めたなら

炎は消えてしまうだろう

ちょうどバケツで

水をかけたみたいに

 

組織であろうと個人であろうと、それが成長していくためには努力や頑張りだけではダメなんじゃ。
薪木を燃やし続けるためには、薪木のあいだの「空間」が欠かせん。
それこそが休息なんじゃとわしは考えとる。 (略)

休息についても、その場しのぎのリラックスなどではなく、より根本的・長期的な解決が求められておる。
その最前線こそが、脳科学の成果と結びついたマインドフルネスなんじゃよ。
マインドフルネスはただのリラクゼーションではないのじゃ。

こう考えると、世界のエリートたちがこぞって瞑想をしとるのも頷けるじゃろう。
彼らは本当に効果のあるものにしか手を出さんからな。
マインドフルネスは知る人ぞ知る「最高の休息法」何じゃ。

 (210-212ページ)

幸福度を高める生き方の因子として、繰り返し登場するのが感謝なんじゃよ。
他人や社会に対して感謝する気持ちを持っている人のほうが、幸福度が高いという結果が出ておる。
脳科学の分野でもそこことはデータで示されとるぞ。
感謝の気持ちは、怒り、恐怖、嫉妬など、さまざまなネガティブな感情をとかすんじゃ。

 (214ページ)


(rest01.jpg)

 

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


『世界のエリートがやっている 最高の休息法』
「科学脳X瞑想」で集中力が高まる
編者: 久賀谷 亮
2016年10月18日 第7刷発行
発行所: ダイヤモンド社

 

マインドフルネス

 


(mindful02.jpg)

 

マインドフルネス(mindfulness)は、今現在において起こっている経験に注意を向ける心理的な過程であり、瞑想およびその他の訓練を通じて発達させることができる。

マインドフルネスの語義として、「今、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、評価をせずに、とらわれのない状態で、ただ観ること」といった説明がなされることもある。

マインドフルネスという用語は、パーリ語のサティ(sati)の翻訳であり、サティはいくつかの仏教の伝統における重要な要素である。
仏教の教えにおいてマインドフルネスは、人を苦しみからの完全な解放や悟りと呼ばれるものへと徐々に導いていく自己認識や智慧を発達させることに役立っている。

近年の西洋におけるマインドフルネスの流行は、概してジョン・カバット・ジンから始まったと考えられている。

反すうや心配は、うつ病や不安のような精神疾患を引き起こす一因となるが、マインドフルネスに基づく医学的な介入は、反すうや心配を減らすのに有効であると複数の研究が示している。

1970年代以来の臨床心理学と精神医学は、様々な心理的な状態を経験している人々を助けるために、マインドフルネスに基づく多くの治療応用を開発してきた。
例えばマインドフルネスの実践は、うつ病の症状を和らげることや、ストレスや心配を減らすことや、薬物依存への手当に用いられてきた。

また、精神病の患者に対する多くの治療効果も示し、心の健康に関する問題を停めるための予防的な方策にもなっている。

異なる患者カテゴリーと、健康な成人および子供における、マインドフルネスによる身体的健康と精神的健康の両面への効果を、複数の臨床研究が記録している。
ジョン・カバット・ジンによるプログラムと、それに類似した方式のプログラムは、学校、刑務所、病院、退役軍人センターなどに広く採用されている。

マインドフルネスのプログラムは、健康的な老化、体重管理、運動能力の向上、特別なニーズをもつ子供への支援、周産期への介入などへも適用されている。
この分野での、より質の高い学術研究のために必要なことは、より多くの無作為化比較研究と、研究における方法論の詳細が提供されることと、より大きな標本数の使用である。


出典: 「マインドフルネス」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

そやけど、どないなわけで わたしをこのタイトルで呼び出しはったん?

めれちゃんは、かつて境界性人格障害を患っていたやろう?

そうですねん。。。 

 


(lonely15.jpg)

 

愛憎と苦悩

投稿日時: 2004-9-8 11:45

 

わたしは精神障害者です。
しかも、誰もが関わりたがらない
境界性人格障害者です。
時に、感情の爆発という
発作も起こります。

愛憎にあやつられる人生です。
わたしの世界には、
シロかクロしかありません。

誰かに愛着をかんじすぎると、
怖いのです。
見捨てられ感、迫害妄想で、
全面的に愛していた人のことを、
全面的に否定してしまうのです。

そのうえ、わたしはある人に対して、
“ほれこむ”ということも、よくあります。
でも、その場合でも、
相手から見れば全く理不尽な
理由で、ほれこんでいた人のことを、
全否定してしまうのです。

これらは、精神の発達が
未熟であるのはもちろん、
幼少時の体験によって
「見捨てられる恐怖」が、
頭にこびりついていて、
見捨てられる(つらさを味わう)くらいなら、
こっちから先に、
相手との関係を絶つ、という
逃げの行動なのです。

わたしは、この障害で苦しんでいます。
わたしに関わったことで、
理不尽な気持ちで去ってゆく
“被害者”の方々も、多いと思います。
治せるものなら治したい。
でも、幼い頃の心の傷が、
真人間になることを、
かたくなに拒み続けます。
二度と傷つきたくないから、
防衛するのです。
この硬い殻を、どうすればこわせるのか・・・

治療はうけていますが、今は目先の“うつ”
の治療が主です。
それも、最近容態が悪いようで、
心理テストなどばかり受けています。

長々と書いてしまいましたが、
こんな(迷惑な)人間もいるのだということを、
書き連ね、より自虐的に、とことんどんぞこまで
落ち込み、自分への罰としたいとおもいます。

 

by レンゲ


『性と愛と後悔』より
(2006年6月30日)

わたしが境界性人格障害を患っていたことと休息と幸福とが 何か関係してはるのォ~?

めれちゃんは精神科のお医者さんに診てもらいながら、やがて快方に向かい境界性人格障害を克服したのやろう?

そうです。。。

2006-11-02 18:08:07
posted by merange

ちょいとマジな話やねんけど・・・

(テーマ:日記のつもり)


(merange42.jpg)

反省しきり。

わたし気がついたんやけど、
自分のことをずーっと考えてくれてる人の気持ちを、もっと冷静になって、考える必要があったよ・・・

固定観念にしばられて、自分の尺度で相手のことを、評価するのは、あまりにも心のせまいことやった。
人それぞれの個性を考慮せずに、好きだの嫌いだの、いいとか悪いとか、決め付けたまんまで、態度を硬化させて、そのまんまで、再考しようともしなかった自分は、なんちゅー視野のせまい人間やったことか。

いくら相手に理解を求めても、いっこうに気持ちがつたわらないことがある。
それはお互いの個性が、相容れないものであって、どれだけの言葉をつくしても、関係は平行線のまんま。
まして相手が他人の性格や表現様式を、理解できなければ、気持ちをつたえることは、あまりにもむずかしい。


(pray08.gif)

わたしは長年、固定された評価でしか、その人の自分への気持ちを考えずにいた。
確かに人間として、相容れない部分はある。

でも、自分のものさしで、その人を判断して、その判断を、見直そうともせずに態度を硬化させたままだった。
人それぞれの表現法や、思考の違いを考慮せずに、一度拒絶の気持ちを持ったら、それを頑なに変えようとせず、そのままで、思考をストップさせたままだった。

自分のことを、どんなかたちであれ、考え続けてくれるということの意味を、もっと尊重すべきだったことに、ようやく気がついた。

あらためて「ごめんなさい」と言います。
少なくとも、あなたを精神的に拒絶することをやめます。
わたしの存在を忘れずにいてくれる人がいるということを、素直に受け入れるようにします。

それ以上のことは、
わたしにはできないけれど、
感謝の気持ちを忘れないようにしようと思います。


(girl100.jpg)


【デンマン注】 原文には全く手を加えていませんが、構成、背景や画像はデンマン流に変えてあります。

『めれんげの原材料』より

『めれちゃんと現実主義者』に掲載
(2018年5月18日)

(mereheart2.jpg)

めれちゃんは人格障害を克服して感謝の気持ち を持てるようになったのやがなァ~。。。

そうですねん。。。

つまり、上の本にも幸福度を高める生き方の因子として、繰り返し登場するのが感謝なんじゃと書いてある。。。 更に、感謝の気持ちは、怒り、恐怖、嫉妬など、さまざまなネガティブな感情をとかすとも書いてある。。。

要するに、わたしは人格障害を克服して幸福な生活を取り戻した、とあんさんは認めてくれはるのォ~。。。

そうやがなァ~。。。

。。。で、あんさんも幸せな人生を送ってはるのォ~。。。

もちろんやがなァ~。。。 ちょっと次の小文を読んでみィ~なァ~。。。

北極の原野での孤独

 


(nlight01.jpg)

 

本当に孤独になって寂しくなると、死ぬなんてことは全く頭から消えうせてしまうものですよ。むしろ本能的に生きようとするすさまじいまでの生に対する執着にとらわれるものですよ。


(manila05b.jpg)

どういうことですか?

北極の原野に一人で置き去りにされた事を考えてみてくださいよ。寂しいなんて言っているどころじゃない。その瞬間から生きなければならない。腹をすかせたハスキー犬が牙をむいて襲い掛かる。グリスリー・ベアに出会えば、命はないと思わなければならない。

デンマンさんは、北極の原野に放り出された事でもあるのですか?

もちろん、ありませんよ。でも、僕の宿舎から5分も歩くと人の姿は見えませんでした。30分も歩いたら、そこは上の写真のような原野ですよ。野生化したハスキー犬が獲物を狙い、牙をむいて近づいてきますよ。

ハスキー犬って何ですか?

 


(wolf3.jpg)

 

狼と犬の混血だと言われています。だから野生化したハスキー犬は人も襲いますよ。

怖いでしょう?

怖いなんてものじゃない。ハスキー犬の群れに襲われたら命がありませんよ。

それでハスキー犬に出会ったことでもあるのですか?

ありますよ。僕は2週間ほど休みをとって夏、北極の原野を歩きましたよ。せっかくイエローナイフに行ったのですからね。もう2度とそういう経験は出来ないと思いましたからね。

それで怖い思いをなさったのですか?

“怖い思い”と言っているうちは本当に怖くはないんですよ。

どういうことですか?

僕は“野生化する”という意味が初めて分かりましたよ。野生化するということは一口で言ってしまえば“死と隣り合わせ”で生きるということなんですよ。常にビクビクしていなければならない。感覚が研ぎ澄まされている。ライフルを背負っていないと安心していられない。

ライフルって、。。あの~。銃、。。。鉄砲のことですかあああ?

そうですよ。カップヌードルじゃないですよ。常に身を守る事を考えていますよ。ハスキー犬でもただの野犬でも、飛びかかって来る前にライフルを構えなければならないから、つねに辺りに気を配っていますよ。あんなに音に敏感になれるとは思ってもみませんでしたよ。葉っぱが擦れ合う音にさへ最初のうちはビクッとしましたよ。

それでどのような怖い思いをしたのですか?

夜でも横になっては寝られなかったですよ。

どのようにして眠るのですか?

座って寝るんです。とても横になって寝る気になれませんでしたよ。リュックを背にしてライフルを抱くようにしながら眠るんですよ。熟睡できない。1時間半から2時間おきに目が覚めますね。

それで。。。?

遠吠(とおぼ)えなんかが聞こえると実に嫌なものですよ。“お~い、獲物が居たぞォ~、みんなで襲おうじゃないかァ~~”そう仲間に呼びかけているように聞こえてくるんですよ。

それで。。。

よく西部劇で獣を寄せ付けないために一晩中火をたきながら眠るシーンがありました。でもね、あんな事は出来ませんでしたよ。

どうしてですか?

燃やす薪(たきぎ)がすぐになくなってしまうんですよ。上の写真で見るように森なんてありませんからね、潅木がチラホラ程度ですよ。燃やすものがなくなって火が消えて真っ暗になります。そういう時にオーロラが頭上を神秘的に踊っている。まさに踊っているようにサラサラ動いている。ゾォ~~とするような美しさですよ。でも、いつまでもボケーと見上げているわけにはゆかない。コソッとでも物音がしようものならすぐにライフルを引き寄せて構えますよ。最初のうちは、珍しいから撃ちたくってバンバン引き金を引きましたが、そのうち弾(たま)が減ってくるから、そうやたらに撃てなくなる。弾が無くなった時が僕の命が無くなる時ですよ。

それで。。。

最初の夜などは、かなりぶっ放しましたが5日ぐらい経つとライフルを撃つ事も面白くなくなる。それよりも弾の数が減ってくる事の方が心配になりますよ。

それで。。。

とにかく、近くにセブンイレブンはないんですよ。自動販売機もないんですよ。公衆電話もないんですよ。人っ子一人居ないんですよ。短波放送を聞く気になれば聞く事が出来ますが、ラジオなんかかけていたら、獣の物音が聞こえなくなる。ハスキーの群れに襲われたら、命は無いんですよ。耳を澄まして物音だけに神経を集中しますよ。そういう時には寂しいなんて気持ちにはならないものですよ。早く夜が終わってくれないか。そればかりを考えている。気を紛らせることができるのはオーロラを見上げる時ぐらいです。

それでどういう怖い事があったのですか?

1週間ぐらい経った頃ですかねぇ~。僕はもうやたらにライフルを撃たなくなりました。ある程度物音にも慣れてきました。“殺気”という言葉を聞いた事があるでしょう? 僕は初めてそういう経験をしましたよ。あれは、野生化した僕が本能的に感じたものだと思うんですよ。理屈ではどうにも説明できないんです。確かに物音を感じた。でも、それが獣だか潅木の葉っぱが擦れ合う音なのか?あまりはっきりしなかった。 とにかく“やばい”という胸騒(むなさわ)ぎがして僕はライフルを引き寄せてテントの入り口から外をソッとうかがった。

何が居たのですか?

目が2つ光って僕を見ているんですよ。ゾォ~としましたね。僕は引き金に手をかけていましたが撃つ気になれない。

それは何だったのですか?

おそらくハスキー犬か野犬でしょうね。瞬(まばた)きもせずに僕の方をジィ~と見ているんですよ。最初の夜だったら、僕は間違いなく、すぐにぶっ放していましたよ。でも、“殺気”はそれまでなんですよ。僕はもう怖さはない。すぐ撃てるからですよ。僕はブルックリンで人間の返り血を浴びた事があるから、結構そのような度胸はついている。“かかってくるなら来い、ぶっ放してやるだけだ!” そう思いながら僕も睨(にら)みつけましたよ。僕の目もおそらくオーロラの光を受けて光っていたでしょうね。僕には5分ぐらいに感じられたけれど、それ程長い間のことじゃなかったでしょう。とにかく、にらみ合いの挙句、その獣は諦めたようにクルッと身を翻(ひるがえ)すと帰っていきましたよ。

デンマンさんは撃たなかったのですか?

“殺気”が消えていたんですよ。喧嘩した後、さっぱりした気持ちになるでしょう。あの気持ちなんですよ。動物同士だって勝ち負けがついたら相手を殺さないものですよ。

それで、その夜はそれ以外には何もなかったのですか?

何もなかった。もうその獣はやって来ませんでしたよ。

それで、デンマンさんの寂しさって何ですか?

つまり、人間が野生に返って生きるなら、寂しさを感じている暇がないんですよ。僕はしみじみとそう感じたものですよ。そしてあの朝を迎えた時のなんとも言えない幸せな気分。僕はお日様に向かって感謝し、祈るような気分になりましたよ。“あああ。。。お日様さん、ありがとうございます。夕べも無事で命に別状はありませんでした。今夜もよろしくお願いします。どうか僕をお守りください” 朝日を浴びながら、実際そう思ったものですよ。レンゲさんに、この僕の伝えようとしている気持ちが分かりますかあああ?

 


(sunwind2.gif)


(pray03.gif)

『群衆の中の孤独!寂しくって死んでしまいたい』より
(2005年12月31日)

こないにして、わては毎日、無事に生きていることに お日様に手を合わせて感謝しているのやでぇ~。。。

なんやァ~、無理にこじつけてるように聞こえますやん。。。

さよかァ~。。。 (微笑)

。。。で、この事を言うためにわざわざ わたしを呼び出しはったん?

ちゃうねん。。。 そればかりやあらへん。。。 あのなァ~、自分で社会不適応者だと思っていても、めちゃんと違って 精神科のお医者さんのところには行けないチキンな男がおるねん。。。

ホンマかいなァ~?

「現実主義者」と名乗る あのアホのことやないかいなァ~。。。

 


(fool911.jpg)

『現実主義者 馬鹿の見本』

 

ちょっと次のコメントを読んでみィ~なァ~。。。

12 現実主義者よ! オマエはネットで

コミュニケーションがとれてない!

 

伊藤先生もオマエのこれまでのオマエのコメントを読んで次のように書いている!


(kouishi02.jpg)

 

記事と無関係なコメントを付けまくる、
自分のブログをいくら言っても持とうとしない、

コメントの内容が極度に分かりづらい、
何度も同じ内容のコメントを付けて来る、

初めてのところに行っても挨拶も自己紹介もしない、
いずれもルール破りの反則行為です。

私もこの人が最初に書き込んできた時には、
なにを言いたいのか理解できませんでした。

大抵のブログでは、ここでブログ主がお前はなにを言っているのだと言い、
現実主義者氏が説明することなく独自の主張を繰り返すので、
ブログ主が怒って追い出されるという展開になります。

過去に私のブログに現れた、えびますとどんとかそらまめとかいったネトウヨは、
追い出されるとそれを逆恨みして自分のブログで誹謗中傷を書き連ねましたが、
自分のブログを持たない現実主義者氏は追い出された人への仕返しは行なわず、

別のところにいって、前と同じことを書き込みます、
そして同じような騒ぎを引き起こします。


『現実主義者氏に関する研究 その1』より
 (2018-04-27)

コメントを書くのはオマエの自由だけれど、
オマエは 伊藤先生も指摘しているように
記事と無関係なコメントや
何度も同じ内容のコメントをつけて回るのだよ!

しかも、相手のコメントに対して返答してない!
逃げ回っている!

さらに、相手の書いたコメントの内容を理解してない!
理解しようともしない!

常に、自己中心的、ひとりよがり、自分の馬鹿を無意識にさらけ出している! (爆笑!)

オマエは、結局、ネット中毒・依存症を患っているのだよ!

ネットでやり取りしていると自分で思い込みながら
意味のないコメントを書いて
孤独と寂しさを紛らわせている!

それが、オマエがコメントを書く動機なのだよ!

要するに、一般社会では相手にされず、
ネットでも嫌われまくっているオマエは、
コメントを書いて反応が返ってくるのを楽しんでいる。

それだけしか、オマエの生きがいがないのだよ!
現在、オマエのコメントに対して反応が返ってくるのは
伊藤先生とデンマンの記事だけだと思うよ。

“馬鹿を相手にするな!”という格言が日本にはあるけれど、
伊藤先生は「馬鹿を研究する」ために、オマエの相手をしている。

デンマンは、オマエを反面教師としてネットで晒すために相手にしているのだよ!(笑)

 

barclay 2018-07-19 12:15:43


13 現実主義者よ!

伊藤先生に相手にされようと思って

必死になって書き込みしてるけど

馬鹿丸出しだぞ!

 

オマエの理解力がないことを伊藤先生は次のように的確に指摘している!


(kouishi02.jpg)

4. Re:無題

 

>現実主義者さん

ネトウヨが学歴社会をねじ伏せていると思っているのは日本中で多分貴方だけでしょう。

まともなリベラルの人たちは、ネトウヨが自由と民主主義と人権をねじ伏せていると考えています。

 

huyunohi1684 2018-07-18 21:03:11


『伊藤先生のブログ』より

オマエは自分で偏差値が30台だと認めているように、
常識と教養と学力がないのだよ!
だから、ネトウヨと学歴社会と偏差値とイジメと自殺だけしか知らない!

これまでのオマエのコメントを読むと、それだけなんだよ!

だから、馬鹿丸出しで ネトウヨと学歴を結び付けて、必死で伊藤先生に相手にされよとしている!

見ていて哀れだよ! (爆笑、それから苦笑!)


(laugh16.gif)

なぜなのか?
オマエは自分を「生きる価値のないクズの廃人」と決め付けて、
自分をもっと教養のある人間にしようとする努力が全くないからなんだよ!

要するに、「井の中の蛙」で、自分の間違った思い込みから抜け出せないでいる!
だから、どこでコメントを書こうとも、まともに相手にされないのだよ!

現実を、自分自身を もっとよく見ろ! ボケっ!!

 

barclay 2018-07-20 12:22:06


14 現実主義者よ! オマエは、どうして

自己中心的で馬鹿丸出しなのォ~?

 

あのさァ~、伊藤先生から何度も何度も言われているのに、オマエは まだ馬鹿やってるんだねぇ~!(爆笑)


(kouishi02.jpg)

4. Re:無題

 

>現実主義者さん

その議論をどうしてご自身のブログを立ち上げてなさらないのですか、

いつまでこのような立場を続けるつもりなのですか。

.huyunohi1684201 8-07-21 00:19:24


『伊藤先生のブログ』より

何を書くのもオマエの自由だけれど、
「生きる価値のないクズの廃人」だと自分で認めているオマエが
ネットで何を書いても、まともに相手にされないのだよ!

伊藤先生は例外的に オマエの相手になっているのだよ!
ただし、オマエを相手に 「クズの廃人」を研究していても,
次回の選挙のためには何の役にも立たないだろうよ。

オマエを相手にしているので、また落選してしまうと思うのだよ!
迷惑をかけるなよ!

でも、僕は選挙に立候補しないので、
僕の記事ならば、オマエが自分で馬鹿を晒すのは歓迎するからねぇ~。
きゃはははははは。。。


(laugh16.gif)

  

barclay 2018-07-21 12:37:15


引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

15 無題

 

学歴社会に逆らう奴は、皆から指摘されるぞ。

「一般社会で生活してたら日常的に目にする事実、そして皆が散々送っている返答の数々をわざと完全無視してはぐらかすしか能が無い」ってな。

 

現実主義者 2018-07-22 11:37:22


16 オマエは、相変わらず馬鹿で

井の中の蛙だねぇ~!(爆笑!)

 

いつまでも「クズの廃人」で笑わせるなよう!
きゃはははははははは。。。

オマエの空想と妄想には呆れ果てるよ!

「皆が散々送っている返答の数々をわざと完全無視してはぐらかすしか能が無い」のは「クズの廃人」のオマエだろう!
(モナリザの爆笑!)


(monalaugh.jpg)

その証拠には事欠かないのだ!

オマエは伊藤先生のブログにも次のように書いた!

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

7. 無題

 

>huyunohi1684さん

俺はもうクズの虫けらの社会不適合でいてたらいいって誓った人間なんです。

治療はあえて受けません。

 

現実主義者 2018-05-02 18:44:20


『現実主義者氏に関する研究 その1』より
 (2018-04-27)

悪い事は言わないから精神科の医者に診てもらうのだよ!

治療を受けるのだよ! マジで。。。!

 

barclay 2018-07-22 12:59:00


赤字はデンマンが強調のため!

『ジョッブズさんと現実主義者』(PART 1)のコメント欄より
(2018年7月15日)

なるほどォ~。。。 あの悪名高い「現実主義者」と自称している男は「俺はもうクズの虫けらの社会不適合でいてたらいいって誓った人間なんです。治療はあえて受けません」と諦めきっていますやん。。。

そうやァ~。。。 そやから、自分でも認めているように、ますます「クズの廃人」になりつつあるねん。。。 ネットで嫌がらせのコメントを書きながら、やがて朽ち果てるようにあの世に逝くねん。。。

なんやァ、ごっつう可哀想やんかァ~。。。

そやけど、どうすることもできへん。。。 本人が「治療はあえて受けません」と言うてるのやから。。。

あんさんから、もうすこし優しく諭してあげたらええねん。。。 あんさんの言葉が強すぎるので、あの男が反発してるねんでぇ~。。。

そうやろかァ~。。。? もしかしたら、めれちゃんが優しく諭してあげたら、あの馬鹿も精神科のお医者さんのところに行くかも。。。?

つまり、少しでも あの可哀想な男が幸せになるようにと思って、あんさんは、この記事を書く気になりはったん?

そういうことやがなァ~。。。 あの男が必ず この記事を読んで、涙を流して喜ぶと思うねん。。。

つまり、「現実主義者」と自称するあの愚かな男は、嫌がらせのコメントを書くことに忙しくて休息することを知らず、怒りと恐怖と嫉妬と劣等感に苛(さいな)まれて不幸な生活を送っている、とあんさんは思うてるん?

そうやがなァ~。。。 そやから、めれちゃんから優しい言葉をかけてあげてぇ~なァ~。。。

分かりましたわァ。。。

 

「現実主義者」と名乗るおバカさん。

あんさんは、実は隔世遺伝で

元校長先生のおじいさんの

素晴らしい遺伝子を受け継いでいるのよ。

そやから、嫌がらせのコメントを書くのに

忙しくしてないで、

休息して、デンマンさんに感謝して

ブログを立ち上げはったらええわァ~。。。

そうしやはったら、あんさんも幸せになれるのよ。

そないにしやはったら、わたしも

あなたにふさわしい優しい男性を

紹介してあげるわよう。

うふふふふふふ。。。

これで、ええかしらァ~? うふふふふふふ。。。


(tora764.jpg)

けっこう。。。 けっこう。。。 けっこう毛だらけ 猫灰だらけ、お尻しりのまわりはクソだらけっ。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。

あなたは、あの「現実主義者」と名乗る愚か者が、めれんげさんの助言を聞くと思いますかァ~?

ええっ。。。 「そんなことはどうでもいいから、何か もっとお面白い話をしろ!」

あなたは、そのような強い口調で、あたくしにご命令なさるのでござ~ますかァ?

分かりましたわ。。。

あなたは、結婚にやぶれたかもしれません。

でも、そんなに落ち込むことはないのですわよう。。。

なぜなら、あの有名なアインシュタインは次のように言ったのでござ~ますわァ。

結婚とは、ひとつの偶然から

永続的なものを作りだそうという、

成功するはずのない試みだ。


(einstein2.jpg)

—アルバート・アインシュタイン

分かるでしょう!

結婚は永続しないものでござ~♪~ますわァ。

だから、今晩も、近くの居酒屋によって一人でお酒を飲めば いいのでござ~ますわァ。

 

ええっ。。。? 「そのような、慰めはいいから、気晴らしに、もっと面白い話をしろ!」

あなたは、更に、あたくしにご命令なさるのでござ~♪~ますか?

分かりましたわァ。。。 では、ちょっと次の検索結果を見てくださいまし。。。

 


(gog60409a.png)

『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

「卑弥子 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわよう。

うふふふふふふ。。。

あなたも、ビックリするでしょう?

ジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわァ。

 


(buttdimp5.jpg)

 

どうでござ~ますかァ?

ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?

どうしてよう?

ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ~ますかァ~?

あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、

最後には上のようなおヌードになるのですわよう。

信じてくださいましなァ~。。。

ところで、話は変わりますけれど、

かつて、レンゲさんの親友の めれんげさんは 一生懸命にブログを更新していたのでした。

でも、時には、他のことに夢中になって、会費を滞納したことがあったのでござ~ますわァ。。。

そのために、サイトを削除されてしまったのです。

それでも、2013年の6月にライブドアで『即興の詩』サイトを再開しました。

めれんげさんの『即興の詩』サイト

再開して間もないのに 検索結果 3,960,000件中の 9位に躍り出るなんてすごいですよねぇ~。。。


(gog30703.gif)

『現時点での検索結果』

現在、めれんげさんは お休みしています。

でも、これからも、ブログを通して「愛のコラボ」を続けて欲しいですよねぇ~。。。

かつて めれんげさんの「即興の詩をはじめました!」の『極私的詩集』サイトは 次の検索結果で見るようにトップを占めていたのです。


(gog30928a.png)

また、ブログを更新して トップに返り咲いて欲しいものです。

ところで あなたは「どうしたら、上位に掲載されるのォ~?」と考えているかもしれません。

その秘訣を知りたかったらデンマンさんが面白い記事を書いていますわ。

次のリンクをクリックして読んでみてください。


(seo001.png)

『おばさんの下着に見るSEO』

話は変わりますけれど、めれんげさんは可愛い猫を飼っています。

あなたも、猫ちゃんを飼っていますか?

ええっ。。。 ワンワンちゃんを飼っているのですか?

そういえばデンマンさんが『ワンワンちゃん』という面白い記事を書いていました。

気が向いたら下のリンクをクリックして読んでみてください。


(dog202.jpg)

『ワンワンちゃん』

とにかく、次回も興味深い話題が続きます。

あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。

では、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事


(linger49.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(rengfire.jpg)

『パンツが並んだ』

『禁忌の愛を探して』

『淫らな恋を探して』

『オッパイ@アクセス数』

『熱狂的なファンのぬくもり』

『愛と心の構造探して』

『初めての接吻』

『夫婦de風呂』

『私を見つけたのね』

『や~らしか方言@坊さん』

『エロ文学』

『五重塔で心中』

『綺麗な写真に魅せられて』


(renge62e.jpg)

『双头爱染明王』

『性具@バンコク』

『愛de擬人法』

『ネットde世界』

『細川ガラシャと病める日本』

『愛と性の悦び』


(babdol6.jpg)

『ハレンチ@日本』

『ハレンチde日本』

『永遠の愛を探して』

『永遠の愛よね』

『yapoo家畜便器污』

『電脳海豚』

『死に誘われて』

『愛と心の構造なのね』

『愛の心が広まる』

『いとしき言霊』


(kimo911.jpg)

『カミュを読みたい』

『日本の神話』

『素敵な人』

『吉祥天に恋をして』

『ウィルスアタックだ!』

『めれちゃん、ありがとう!』

『萌える愛長歌』

『思い出のハロウィン』

『萌える愛』

『愛の死刑囚@バルセロナ』

『愛の地獄なのね』

『淫らな恋なのね』

『愛の構造』

『純毛のズロース』

『坊っちゃんとチンドン屋』

『あふれ出すしずく』


(renge37w.jpg)

『愛と性@破綻』

『淫らな恋』

『人間失格@マレーシア』

『身を焼く恋心』

『愛と性の悦び@東京』

『堺まち歩き』

『イギリス領インド洋地域』

『思い出の夕顔@ジャカルタ』

『大宮五郎と野口五郎』

『千代に再会@即興の詩』

『月岡芳年を探して』

『断絶夫婦』

『きみ追う心』


(sayuri201.jpg)

『ニンフォマニア』

『一人で酒を飲む女』

『ブチギレたの?』

『ノルウェイ@即興の詩』

『きくた まなみ』

『永遠の愛』

『平安の愛と性』

『猫に誘われて』

『わが青春に悔なし』

『日本で一番長い五月』

『出会えてよかった』

『月さえも』

『知られざる蚤』

『死刑囚の気持ち』

『私を見つけてね』

『未来は愛と共に』

『愛と心の旅路』

『片思いで絶望』


(june06.jpg)

こんにちはジューンです。

バンクーバーでは例年に無い暑さを記録しました。

1960年7月30日に記録した33.3度を破って

今年の7月30日に 33.8度を記録したのです。

でも、日本の暑さと比べれば

たいしたことはありませんよね。

Hottest Day Ever Recorded

in Vancouver

Source: The Canadian Press
Posted: 07/30/09 8:09AM
VANCOUVER, B.C.


(june08c.jpg)

The city of Vancouver has registered its hottest day on record.

Environment Canada says a temperature of 33.8 C was recorded at Vancouver airport on Wednesday, shattering the previous high of 33.3 C that was set in 1960.

“A very strong ridge of high pressure is currently dominating all of B.C.,” said Gary Dickinson, a meteorologist with Environment Canada.

“The ridge of high pressure also brought up from the south very warm air, which was responsible for the record-breaking temperatures.”

ところで、今日は8月7日ですけれど、

最高気温は18度でした。

夏というよりも、もう秋という感じです。

わずか1週間しか経っていないのですが

変われば変わるものです。

あなたの地方では、いかがですか?

まだまだ暑さが続いているのでしょう?


(valent1.gif)

話は変わりますが、

デンマンさんがレンゲさんの記事を集めて

一つにまとめました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

■ 『最近のレンゲ物語 特集』


(wildrose.jpg)

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。


(bikini84b.jpg)


(kissx.gif)

出世の秘訣

 

出世の秘訣

 


(shusse01.jpg)


(shusse03.jpg)


(kato3.gif)

件名:

その後、体調はいかがですか?

 


(question.gif)

 

From: barclay1720@aol.com

To: beautiful948@outlook.jp

Time: Feb 3, 2019, 12:58 PM

病気は気から、と申します。
すべてがすべて、そうであるとは限りませんが、
おそらく病気の80パーセントは、気からだと思います。

例えば、風邪ですが、これは、もう体が弱っていて
免疫力が低下したときにかかるものです。。。
これは、自分で体験済みです。

寝不足しているときなどは、マジで風邪にかかりやすいものです。

そういうわけですから、なるべく栄養をあるものを食べて、
睡眠をしっかりとることです。

多佳子さんの場合は、精神が繊細、敏感にできているので、
電話一本で、眠れなくなる気質なのですよ。

今年は、体調よりも、どちらかといえば気質を変革してください。。。
それには、Yogaか座禅がいいと思います。 (笑)

 


(mindful02.jpg)

『マインドフルネス』

 

ところで、多佳子さんのメールと小生の返信に基づいて、また記事を書きました。
題して『1本の鉛筆』。

梶井基次郎の『檸檬』を読んでいたら“1本の鉛筆”に出くわしました。
それが小生にインスピレーションを与えたのでした。

ぜひ読んでみてください。。。

 


(pencil8.jpg)

『1本の鉛筆』

 

この記事は『次郎のブログ』に投稿したので
上のリンクをクリックすれば読めるはずです。。。

2月3日には次の記事を投稿しました。

 


(hana01.jpg)

『花のまわりで』

 

上の記事は、小生が小学校にあがる前に、
オヤジに連れられて家族でNHK合唱コンクールを見に行った思い出です。

多佳子さんの一番上の姉(小生の母親)にとっても、
思い出深い家族旅行だったようです。。。

では、まだ寒さが厳しくなると思いますが、
神経をできるだけ鈍感にして
体調を整えて、長生きを心がけてください。。。

健康で長生きです!
じゃあねぇ~。。。


(hand.gif)

デンマンより


(denman01.gif)

 

件名:

気楽に向き合って春を待ちます


(winter20.jpg)

 

         

 


(spring20.jpg)

From: beautiful948@outlook.jp

To: barclay1720@aol.com

Time: Feb 6, 2019, 11:53 PM

体調は3段階で中程です。

今更ですが私がここに在るのは、生きるに欠くことのできない食や思考に大きくかかわっており、その応報であろうと認識しています。

この流れを浚いながら、食や心また身体の療法と気楽に向き合って春を待ちます。

1月末 ピーナツバターの残量をはかったところ270g、随分楽しみながら食しました。

とりわけさつまいもで作る子たちが幼き頃からの正月のティピカル料理栗きんとん、栗は値が張るので花豆を入れてピーナツバターとコラボさせてみたらよりなめらかで美味でした。

このところ鼻の機能が殆どありませんが、なぜかピーナツの香りというよりは臭いを強く感じまさに Kraft ですね!

 


(peanut10.jpg)

 

実のところ罐を解く前にラベルの和訳をし内容を一応つかみました。

例えば Tbsp の意味は初めてで日本では馴染みのない語だと思います。
右半分はウムラウトから察して独語ではなく仏語ですかね?
こんな文字遊びって私にはこの上なく楽しいことですが、完訳するのに1時間近くかかってしまいました。

秋の帰省にまたお願いできれば!
その時までにリクエストの品を2~3個チョイスしておきます。
寒が行ったり来たりの如月、狭い花壇に菊の花が数本 残菊というより遅れ華がしっかり咲いています。

新聞にこんな川柳がありました。

 


(shusse03.jpg)

“鈍感に生きる奴ほど出世する”

 

メールの返信が頻繁にできませんが悪しからず。

身体を大事にしてください。

 


(aunt201.jpg)

かしこ

 

九条多佳子

 


(kato3.gif)

件名:

青春の曲を聴きながら、

しばし癒されてください


(moonriver.jpg)

From: barclay1720@aol.com

To: beautiful948@outlook.jp

Time: Feb 7, 2019, 6:16 PM

体調が中ぐらいというのは、最善でないにしても、最悪でないということで喜ぶべきですよ!

 


(spring20.jpg)

“食や心また身体の療法と

気楽に向き合って春を待ちます”

 

そうです。。。そうです。。。
「明けない夜は無い」と申しますが、草木のが芽吹く春は必ずやって来ます。

夜明けを迎える喜び、春を迎える喜びをかみしめながら、
1日、1日の命のありがたさを味わいつつ暮らしてください。

それは、小生にも言えることですが。。。(笑)

1月末 ピーナツバターの残量をはかったところ270gということは、
随分に楽しみながら食べたことでしょう!

たぶん、ブラッドピットのイメージを思い浮かべながら味わったと推測します!(笑)

 


(peanut02.jpg)

『ピーナツバター』

 

「栗きんとん」。。。 懐かしいですねぇ~。。。
そう言えば、お袋も「栗きんとん」を作ってくれたことがありましたよ。
その母親も、今はあの世です。。。

改めて、命の儚さを感じます。
それだけに、1日1日を充実させて暮らそうとも思います。

。。。とは言っても、バンクーバー市立図書館で本を借りて読むとか、
DVDを借りて映画を見るとか。。。
ブログの記事を書くとか。。。
こうしてメールを書くとか。。。
その程度のことです。

 


(lib90214a.png)


『拡大する』

『実際のページ』

 

思い返せば、今日までに 2,222本の映画を見ました!

世知辛い考えですが、日本のDVDレンタルの「つたや」で1枚100円として

2,222 x 100 = 222,200円 儲けたことになります。 (笑)

それが、充実した生き方かどうか?

ダラダラと寝ながらテレビの「お馬鹿番組」を見て暮らすよりも、充実しているでしょう!

多佳子さんは罐を解く前にラベルの和訳をしたのですか!?

それも勉強の一つでしょう!


(aunt201b.jpg)

 

例えば Tbsp (テーブルスプーン=大さじ)

TSP (ティースプーン=小さじ)の意味は

初めてで日本では馴染みのない語だと思います。

確かにそうです。。。

日本語ではまず TBSP/TSP は使わないでしょう!

 

右半分はウムラウトから察して独語ではなく

仏語ですかね?

フランス語です。

カナダでは英語とフランス語が公用語ですから、すべての商品は英語とフランス語の概略説明が必要です。

そうじゃないと、売り場に陳列することは禁止されてます。

 

秋の帰省にまたお願いできれば!

その時までにリクエストの品を2~3個チョイスしておきます。

多佳子さんが日本ではイワシがけっこう高く売られている!と言っていたのですが
カナダではイワシは安いです。

これまでに一番旨いイワシの缶詰は次の商品です。

 

 

155グラム
唐辛子の入ったトマトソースに漬けられたイワシで
ころが小生にとって今まだ食べたうちでは一番旨かった。

すぐそこの安売りスーパーで 88セントでした。

London Drug という「薬屋さん」の名前ですが、小さなデパートのような店です。

ここでは99セントで売っています。

高い店だと 1ドル39セントです。

安売りスーパーの近くに住んでいるので、とても経済的な生活をすることができます。(微笑)

 

新聞にこんな川柳がありました。

“鈍感に生きる奴ほど出世する”

そうです。。。そうです。。。 
良い意味でも、悪い意味でも、鈍感に生きる奴ほど出世しますよ!
特に日本では。。。

先日、次の記事にも書きました。

 


(kurimoci2.jpg)

『栗餅』

 

ノーパンしゃぶしゃぶ事件


(nopan01.png)

 

大蔵省接待汚職事件とは、1998年(平成10年)に発覚した大蔵省を舞台とした汚職事件である。
ノーパンしゃぶしゃぶ事件とも言われている。

官僚7人(大蔵省4人、大蔵省出身の証券取引等監視委員会の委員1人、日本銀行1人、大蔵省OBの公団理事)の逮捕・起訴に発展。
起訴された官僚7人は、執行猶予付きの有罪判決が確定した。
この責任を取り三塚博大蔵大臣と松下康雄日本銀行総裁が引責辞任し、財金分離と大蔵省解体の一つの要因となった。

第一勧業銀行総会屋利益供与事件における、大蔵省の検査の甘さが総会屋への焦げ付き融資拡大になった問題が浮上したことがきっかけで、東京地方検察庁特別捜査部(東京地検特捜部)は捜査を開始(第一勧業銀行総会屋利益供与事件)。
特捜部は過去の強制捜査や任意提出で都市銀行、長期信用銀行、大手証券会社などから業務日誌や接待伝票を把握した。

1998年1月18日、東京地方検察庁特別捜査部は日本道路公団の外債発行幹事証券会社の選定に際し、野村證券から贈賄があったとして、公団経理担当理事(大蔵省OB)と、野村證券の元副社長らを贈収賄罪の容疑で逮捕。

1月26日、東京地検特捜部はあさひ銀行・第一勧業銀行・三和銀行・北海道拓殖銀行から収賄を受け検査日程を漏らしていたとして、大蔵省検査官2名を逮捕。

3月5日、東京地検特捜部は、大蔵官僚2名を野村証券への便宜供与と収賄にて逮捕。

3月11日、東京地検特捜部は日本興業銀行・三和銀行から収賄を受け機密情報を流出させたとして、日本銀行証券課長を逮捕。

4月27日、大蔵省は民間金融機関に関する内部調査の結果を公表し、銀行局審議官の杉井孝を停職、証券局長の長野庬士らを減給とする等、計112人(停職1人・減給17人・戒告14人、訓告22人、文書厳重注意33人、口頭厳重注意25人)に対する処分を行った。

逮捕された者

■日本道路公団 経理担当理事(大蔵省OB)
■大蔵省 証券局総務課 課長補佐
■大蔵省 証券取引等監視委員会 上席証券取引検査官
■大蔵省 金融検査部金融証券検査官 室長
■大蔵省 金融検査部管理課 課長補佐
■日本銀行 営業局証券課長

自殺者

■大蔵省 銀行局 金融取引管理官
■日本銀行理事(1998年5月2日)
■第一勧業銀行元頭取(元会長) 宮崎邦次


出典: 「大蔵省接待汚職事件」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

かつて「ノーパンしゃぶしゃぶ事件」がありました!
逮捕者、自殺者がでましたが、この人たちは素直で真面目な神経が敏感な人たちだったのですよ。

逮捕されなかった、また自殺しなかった、この人たちの上司こそ、部下を犠牲にして道徳的にも精神的にも鈍感になって、罪悪感にも鈍感になって、メタボに悩みながらも外見上健康に何とか生きながらえているのです!(苦笑)

でも、多佳子さんは良い意味で鈍感になってくださいね。 (微笑)

では、いつものように青春の曲を聴きながら、しばし癒されてください。

じゃあねぇ~。。。

 


(summer01.jpg)

 


(byebye5.gif)

デンマンより


(denman01.gif)


(foolw.gif)

【ジューンの独り言】


(bare02b.gif)

ですってぇ~。。。

あなたにも、忘れられない青春のメロディーがありますか?

わたしは最近、2016年に制作された

ドイツ映画『アンネ・フランクの日記』を観ましたわ。

この映画を見て10代の頃を懐かしく思い出しました。

 


(anne26.jpg)

 

ドイツ語が解らないと予告編を観てもつまらないと思うので、

アンネの記録映画を貼り出しますね。

 


(anne24.jpg)

 

ええっ。。。 「アンネは、もういいから何か面白い話をしろ!」

あなたは、そのように わたしに命令なさるのですか?

分かりましたわ。。。

じゃあ、あなたのために可愛らしいクリップを貼り出します。

可愛い動物たちのアクビを見て 楽しんでください。。。


(yawnpup.jpg)

あなたもつられてアクビをしましたか?

では、おやすみなさい。。。

またねぇ~。。。


(byebye.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事

■ 『埼玉りそな銀行 行田支店 悪い評判』


(linger49.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(june501.jpg)

『顔文字とオナラ』

『宝暦の恨みを明治維新で』

『デウキと紅葉@行田』

『薄い陰毛と紅のボートピープル』

『江戸の閨房術』

『ずるがしこい現代人』


(linger65.gif)

『おつまみミステリー』

『混浴風景を探して』

『ハレルヤ』

『マルタ島のロマンだ』

『宮沢りえ人気@海外』

『癒しを奏でるパンツ』

『マルタ島deロマン』

『生ログdeロマン散歩』


(curryind.jpg)

『宮沢りえ@クールジャパン』

『混浴風呂ガー』

『ウェルカムバック』

『コペンハーゲンからやって来た』

『ロシアからやって来た』

『海外美女ランキング』

『ブログを解剖する』

『スイスからトランプ見に来る』


(biker302.jpg)

『なせば鳴る音楽』

『日本人女学生行方不明』

『日本人女学生死亡』

『ガレット』

『那須高原の紅葉』

『希望とロマン』

『錯視 錯覚』

『マンボ@バンクーバー』


(rengfire.jpg)

『目覚めぬ夢』

『熱烈なファンの軌跡』

『花火とロマン』

『恋に染められ』

『恋に染めごろう』

『皆さん、ありがとう』


(noten15.jpg)

■ 『ジェミマおばさんのシロップ』

■ 『夏日に、お帰りなさい』

■ 『コイ、鯉、恋がいっぱい!』

■ 『スープカレーなのね』

■ 『忍城時代まつり』

■ 『夜道のルート66』

■ 『上を向いて歌おう』

■ 『霧積温泉のロマン』

■ 『明けましておめでとうございます』

■ 『車掌さんの松島音頭』

■ 『上州散策』

■ 『埼玉りそな銀行 行田支店 悪い評判』

■ 『ネットリンチ』

■ 『IPアドレス 0.0.0.0』

■ 『現実主義者のコメント』

■ 『寂しい現実主義者』

■ 『引きこもった現実主義者』

■ 『哀れな現実主義者』

■ 『愚かな現実主義者』

■ 『鼻であくびをする』

■ 『よしださん、久しぶり』

■ 『おもいきり生きてね』

■ 『オーロラに想いをはせて』

■ 『初夏 もうすぐ梅雨』

■ 『ピーナツバター』

■ 『クラムチャウダー』

■ 『マインドフルネス』

■ 『謹賀新年 2019』

■ 『突然変異の謎』

■ 『1本の鉛筆』


(bellyan15.gif)


(hand.gif)

クリスマスプレゼント

 

クリスマスプレゼント

 


(xmas912.jpg)


(kanro01.jpg)


(kanro03.jpg)


(kanro04.jpg)


(kato3.gif)

件名:

バンクーバーはこのところ

雨が続いています​。


(vancrain2.jpg)

From: barclay1720@aol.com

To: beautiful948@outlook.jp

date: Dec 13, 2018, 6:27 PM

でも、雪が降るよりはましです。
やっぱり、寒いのはいただけません。

ホワイト・クリスマスとミーちゃん、ハーちゃんは言いますが、
雪が降る寒いクリスマスよりは、暖かいクリスマスの方がいいですよね。

でも、もともとクリスマスなど祝ったことがない家庭に育った小生にとって、
休日が増えるだけはありがたいですが、
クリスマスなど、はっきり言って、どうでもいいことです。

 


(xmastree2.gif)

 

クリスマスの思い出と言えば、
小学校2年生か3年生でしたか?

サンタクロースがプレゼントを持ってきてくれるなど信じてはいませんでしたが、
珍しく母親が、そのような話をしたので、
嘘だと解っていても、そうだね、そうだね、と同意して、
この分だと、クリスマスプレゼントを買ってきてくれるのかな?

そう期待してクリスマスの朝を迎えたものでした。
目覚めたら、枕元に プレゼントらしきものが置いてあるではありませんか!?

いったいどんな素晴らしいプレゼントなのか?
子供だから、ずいぶんと期待しましたよ。
そう思って、袋を開けたら、なんと甘露飴でしたよ!

 


(kanro02.jpg)

 

これにはムカつきましたねぇ~。
甘露飴などクリスマスにもらって喜ぶ子供がいるだろうか?
これ以上ムカつくことがあろうか?

それほどムカついて甘露飴を袋ごと母親の目の前に投げ出したものです。

それ以降、クリスマスの話は一切母親はしませんでした!(笑)

ところで、12月13日には次の記事を投稿しました。

 


(mindful02.jpg)

『マインドフルネス』

 

記憶にあるかもしれませんが、多佳子さんのメールの返信にマインドフルネスのことに、ちょっとばかり触れました。

上の記事では多佳子さんのメールと小生のメールを基にして
マインドフルについて詳しく書きました。

多佳子さんも興味を持って読めると思うので、
ぜひクリックして読んでみてください。

多佳子さんも、せいぜい徒然に、思うところを作品に書いて
最優秀賞に選ばれなくても、
佳作として認めてもらえるぐらいに頑張ってください。

本当に良い作品は並みの審査員には理解できないものだと小生は考えています。

だから、例えば、宮沢賢治にしても
死後に 彼の作品が評価されたのです。

あの有名なカフカにしても、彼の友人が遺作を発表したからこそ
死後に認められたのです。

そういう訳で、作品を残すことが重要です。
審査員に認められなくても、
例えば、小生が多佳子さんの“遺作”をブログで紹介すれば、
20年後には、センセーションを巻き起こすほど世間に認められ
有名になるかもしれません。

もちろん、小生が20年後も生きていればの話ですが。。。(笑)

当然、そのつもりで健康管理に気をつけています。
マジで。。。

多佳子さんも、そういう事も可能性としてあることを胸に刻んで
最善を尽くして作品を書き残してください。

では、心が軽やかになる音楽でも聴いてください。

 


(renge62e.jpg)

 

それと、幸せな気分を味わうために、
半分残して、今、ピーナツバターをしみじみと味わってもいいのでは。。。? (笑)

じゃあねぇ~。。。


(hand.gif)


(denman01.gif)

 


(xmas.gif)

件名:

メリークリスマス!

そしてよいお年を!


(kadoma2.jpg)

From: beautiful948@outlook.jp

To: barclay1720@aol.com

date: Dec 23, 2018, 2:37 AM

この時期になると、私はAM8.5のラジオを聴きます。
たぶん短波放送だと思うのですが日本語なしCMなしで
今は季節柄クリスマス一色で盛り上がっています。

残念ながら英語の語り口なので殆どわかりませんが、
知っている単語の羅列が重なった時は音楽と連結させ雰囲気で勝手に納得しています。
とにかく内容が解らない分読み書きに邪魔にならないという利点があるのがいいですね。

時々私を鷲掴みするような楽曲がながれます。
もちろんその場合ちょうど私の立ち位置とリンクしている時ですが、
2~3日まえサイモンとガーファンクルの映画卒業のテーマソングです。

 

 

聴きながら「ああ、 私は随分と歩いたんだ」としみじみと感じ入りました。
光陰矢のごとし!
月日の経つのは早いものです。

ところで芳江さんからのクリスマスプレゼント、カンロ飴についてですが
最初は思わず笑ってしまいましたが、
やがてこれは実は神妙な出来事なんだと思いました。

NHK2ラジオ “漢詩を読む”あるいは “宗教の時間”どちらかで甘露についての話がありました。
うろ覚えですが、遠くはインドの宗教文献から中国に伝わり、
良い行いをすると天が甘味の雨を降らすというような話です。

 


(kanro04.jpg)

 

カナダ特産のメープルシロップなどももしかしたら

原住民は神の樹液と崇め楓は神木となっていませんか?

 


(maple23.jpg)

 

要するにキーワードは ”良い行いをすること またいかに甘味が重宝されていたか”ということです。
芳江さん(注:デンマンの母親)からの説明がなくともデンマンさんに甘露という響きを教えたのだとおもいます。

デンマンさんは最高学府の識見を取得したのですから甘露について調べてみると
母である芳江さんを再認識しますよ「ああ そうなんだ」ということがあったら私にも教えてください。

大晦日もカウントできるように迫ってきました。
私は独立した家庭を持って33年、ほぼパイオニア時代ですが
その間年の瀬は「私に任せて!」とばかり走り回リ、その習慣が未だに抜けません。

あれもこれも目について心がざわつきます。
体は漸く就いていっているのにまだどこかに半生の部分があるようです。

本当は私って季節の行事が大好きです。
昨日は冬至、私の家の菩提寺となった法要寺で⒏人の僧侶の読経の中星供養がありました。
一年でいくつもある折々、その中の大晦日と新年も大事にしています。

お正月はゆっくりします。
ブラット ピットの成りすまし感想は10日過ぎに送信します。

それでは メリークリスマス!

そして良いお年を!

 


(aunt201.jpg)

かしこ

 


(kato3.gif)

件名:

母親には、実は

和歌の心得があったのです!


(ise001.jpg)

From: barclay1720@aol.com

To: beautiful948@outlook.jp

Date: Dec 23, 2018, 1:10 PM


(aunt201.jpg)

 

芳江さんからのクリスマスプレゼント、カンロ飴についてですが
最初は思わず笑ってしまいましたが、
やがてこれは実は神妙な出来事なんだと思いました。

NHK2ラジオ “漢詩を読む”あるいは “宗教の時間”どちらかで甘露についての話がありました。
うろ覚えですが、遠くはインドの宗教文献から中国に伝わり、
良い行いをすると天が甘味の雨を降らすというような話です。

カナダ特産のメープルシロップなども
もしかしたら原住民は神の樹液と崇め楓は神木となっていませんか?

要するにキーワードは ”良い行いをすること またいかに甘味が重宝されていたか”ということです。
芳江さんからの説明がなくともデンマンさんに甘露という響きを教えたのだとおもいます。

デンマンさんは最高学府の識見を取得したのですから
甘露について調べてみると母である芳江さんを再認識しますよ。
「ああ そうなんだ」ということがあったら私にも教えてください。

う~♪~ん。。。 なるほど。。。

多佳子さんは、お袋のために、善良に解釈したのですねぇ~。。。(笑)

『ウィキペディア』で調べると、次のように書いてあります。


(kanro05.jpg)

 

甘露とは、中華世界古代の伝承で、天地陰陽の気が調和すると天から降る甘い液体。
後世、王者が高徳であると、これに応じて天から降るともされ、
また神話上の異界民たる沃民はこれを飲んでいるとされている。

後にインドから仏教が伝来すると インド神話の伝承で不死の霊薬とされたアムリタを、
漢訳仏典では中国の伝承の甘露と同一視し、甘露、あるいは醍醐と訳すようになった。
転じて中華王朝や隣接諸国の年号。

■甘露 (漢):前漢の宣帝劉詢の年号(紀元前53-紀元前50)。

■甘露 (魏):三国時代、魏の高貴郷公曹髦の年号(256年-260年)。

■甘露 (呉):三国時代、呉の末帝孫皓の年号(265年-266年)。

■甘露 (前秦):五胡十六国時代、前秦・苻堅の年号(359年-364年)。

■甘露 (高昌):高昌の麴光の年号(525年頃- 530年頃)。

■甘露 (東丹):東丹国の東丹王耶律倍(やりつばい)の年号(926年-936年)。

飲み物が美味であることの喩え: 甘露水や甘露酒など。また、甘く味付けされていることの喩え: 甘露煮など。

マクワウリの地方呼称(北海道・東北地方) – カンロ、味瓜(あじうり)など(品種:北海カンロなど)。

上質の煎茶。

アブラムシやカイガラムシ、ツノゼミなどの篩管液を主食とする半翅目昆虫が排泄する糖分に富んだ液体。

唐の文宗の治世に発生した政変未遂事件。甘露の変を参照。

なるほどねぇ~。。。

“甘露”というのは、昔から“良い物”とされていたのですねぇ~。。。

でも、やはり悪い奴は、歴史を通して必ず居るもので、
上の説明に出てきた「甘露の変」というのが面白い!

甘露の変


(kanro06.jpg)

 

文宗(唐の第17代皇帝 在位:827-840)は即位当初より、
文宗を擁立した宦官の王守澄に権力を握られており、その専横を憎んでいた。

その文宗の意を受ける礼部侍郎李訓及び太僕卿鄭注は
仇士良という宦官を王守澄と対立させ、
両者を抗争させ共倒れさせるという謀議を献策した。

この下準備として鄭注は軍を動員できる節度使(鳳翔節度使)となった。

この策は当初順調に推移し、王守澄は実権を奪われ冤罪により誅殺された。

この後、返す刀で王守澄の葬儀に参列した仇士良及び主立った宦官勢力を、
鄭注が鳳翔より兵を率いて粛清する予定であった。

しかし功績の独占を目論んだ李訓は、
鄭注が出兵する王守澄の葬儀前に宦官を一堂に会させる機会を作るため、
「瑞兆として甘露が降った」ことを理由に宦官を集めようとした。

これは瑞兆の真偽の確認には宦官全員が確認することが慣例であったからである。

太和9年11月壬戌の日、左金吾衛大将軍の韓約が朝会にて、
「左金吾役所(左金吾衛)裏庭の石に昨夜、甘露が降った」と上奏、
慣例に従いほとんどの宦官が確認に赴いた。

この時、左金吾衛の裏庭には幕が張られ、
その陰に郭行余、羅立言らが兵を伏せていた。

しかし、幕間から兵が見えてしまい、
事態に気づいた仇士良らは文宗を擁して逃亡、
宦官に取り囲まれた文宗は李訓、鄭注らを逆賊とする他なく、
李訓らは腰斬により処刑された。

この事件以降、宦官は文宗を傀儡にし権力を行使、
失意の文宗は「朕は家奴(宦官)に制されている」と嘆き4年後に病死した。

もし、芳江母が“甘露”の意味を知っていたならば
その意味の素晴らしさに、お金には換えがたい“良い物”を小生にプレゼントしたつもりなのでしょう。

でも、それは表面的な意味を借りて、下心では、できるだけ安いものをプレゼントしたかったということなのだと思うのですよ。(笑)

つまり、甘露が“良い物”だとしても、母親には下心があったのです。

ちょうど、「甘露の変」で宦官を一堂に会させる機会を作るため、
「瑞兆として甘露が降った」と言ったように、
“甘露”を出して陰謀を遂行したのです。(笑)

世の中、すべて裏には秘められた下心が潜んでいるということなのでしょう!?
ちょっと、これは考えすぎでしょうか? (笑)

ところで、芳江母の知られざる教養について。。。

オヤジが他界する5,6年前から、両親は皇室が主催する「宮中歌会始」に
毎年自作の歌を二人そろって応募していたのですよ。
ある時、その話が出て、お袋が言ったものです。

「私の歌をちょっと見せてみろと言ったので、見せたら、自分の歌だけ郵送したのよ。
あとで尋ねたら、オマエの歌だけが入選したら、みっともないから自分の歌だけ郵送したんだよ」

その時の母親の歌を読ませてもらったのですが、
尋常高等小学校しか出ていない母親が歌ったものとは思えないようなできばえでした。

苦労人の母親は、目に見えないところで、教養を積んでいたようです。
その事については次の記事で書きました。

 


(3galsb.jpg)

『行田物語 社長』

 

 


(maruhaka53.jpg)

 

春すぎて
 

夏来にけらし
 

白妙の
 

衣たなびく
 

丸墓山
 

 

デンマン注:

 

歌会始の事では確か10年ほど前に記事を書いたことがあったのですが、
最近、もう一度書こうとして母親の歌を探し出したのだけれど、見つからない!

どうやら掲示板に書き留めたようで、3つの掲示板を小生が立ち上げたのですが、
現在、その掲示板を無料で作らせてくれたプロバイダーがすべて消滅してしまって
ネット上には残ってない!

ただし、小生のパソコンのハードディスクには、どこかに保存されているのです。

つまり、オフラインでならば、掲示板として立ち上げて見ることができるのです。

しかしオフラインで、その掲示板を立ち上げるのが煩わしいので、いまだに見つけてないのです。

いつか暇ができたら、その歌を基にして、再度、記事を書きたいと思っています。

ちなみに、上の和歌は次の記事の中から取った持統天皇の和歌をパロディ化したものです。

 


(tokuko05.jpg)

『白妙の和歌を探して』

 

 

つまり、親父の見識からしても、自分の歌より妻の和歌の方が良い出来だと思えたので、
自分の歌だけ郵送したのですよ!

(オヤジも、了見の狭いところがあるのです! 苦笑)

ちなみに、オヤジが、当時の美智子皇太子妃殿下の詩を基にして作曲して、
お手元に郵送したというけれど、
その曲は、美智子さんが感動するほどのものではなかったようです。
だから、本人ではなく、秘書の方の礼状が届いたばかりでした。

その事については次の記事に書きました。

 


(nakamura2.jpg)

『中村紘子とワンワン』

 

長々と書いてきましたが、
多佳子さんも良いクリスマスと正月を迎えてください。。。

ピーナツバターの感想を楽しみにしています。
では。。。

軽快な“G線上のアリア”を聴いてみてねぇ~。。。

 


(gsen02.jpg)

 

次は、もともとのクラシック。。。

 

 


(byebye5.gif)

デンマンより


(denman01.gif)


(foolw.gif)

【ジューンの独り言】


(bare02b.gif)

ですってぇ~。。。

あなたはクリスマスを楽しみましたか?

では、動物たちの面白いクリスマスを見てみましょう!

 


(catxmas3.gif)

 

ええっ。。。 「クリスマスは終わったので、もうどうでもいいから、もっと面白い話をしろ!」

あなたは、そのように わたしに命令なさるのですか?

分かりましたわァ~。。。

じゃあ、あなたのために可愛らしいクリップを貼り出します。

可愛い動物たちのアクビを見て楽しんでください。。。

 


(yawnpup.jpg)

 

あなたもつられてアクビをしてますわねぇ~!?

では、おやすみなさい。。。

またねぇ~。。。


(byebye.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事

■ 『埼玉りそな銀行 行田支店 悪い評判』


(linger49.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(june501.jpg)

『顔文字とオナラ』

『宝暦の恨みを明治維新で』

『デウキと紅葉@行田』

『薄い陰毛と紅のボートピープル』

『江戸の閨房術』

『ずるがしこい現代人』


(linger65.gif)

『おつまみミステリー』

『混浴風景を探して』

『ハレルヤ』

『マルタ島のロマンだ』

『宮沢りえ人気@海外』

『癒しを奏でるパンツ』

『マルタ島deロマン』

『生ログdeロマン散歩』


(curryind.jpg)

『宮沢りえ@クールジャパン』

『混浴風呂ガー』

『ウェルカムバック』

『コペンハーゲンからやって来た』

『ロシアからやって来た』

『海外美女ランキング』

『ブログを解剖する』

『スイスからトランプ見に来る』


(biker302.jpg)

『なせば鳴る音楽』

『日本人女学生行方不明』

『日本人女学生死亡』

『ガレット』

『那須高原の紅葉』

『希望とロマン』

『錯視 錯覚』

『マンボ@バンクーバー』


(rengfire.jpg)

『目覚めぬ夢』

『熱烈なファンの軌跡』

『花火とロマン』

『恋に染められ』

『恋に染めごろう』

『皆さん、ありがとう』


(noten15.jpg)

■ 『ジェミマおばさんのシロップ』

■ 『夏日に、お帰りなさい』

■ 『コイ、鯉、恋がいっぱい!』

■ 『スープカレーなのね』

■ 『忍城時代まつり』

■ 『夜道のルート66』

■ 『上を向いて歌おう』

■ 『霧積温泉のロマン』

■ 『明けましておめでとうございます』

■ 『車掌さんの松島音頭』

■ 『上州散策』

■ 『埼玉りそな銀行 行田支店 悪い評判』

■ 『ネットリンチ』

■ 『IPアドレス 0.0.0.0』

■ 『現実主義者のコメント』

■ 『寂しい現実主義者』

■ 『引きこもった現実主義者』

■ 『哀れな現実主義者』

■ 『愚かな現実主義者』

■ 『鼻であくびをする』

■ 『よしださん、久しぶり』

■ 『おもいきり生きてね』

■ 『オーロラに想いをはせて』

■ 『初夏 もうすぐ梅雨』

■ 『ピーナツバター』

■ 『クラムチャウダー』

■ 『マインドフルネス』


(bellyan15.gif)


(hand.gif)

マインドフルネス

 

マインドフルネス

 


(mindful01.jpg)


(mindful02.jpg)


(mindful03.jpg)

 


(baiu002.jpg)

件名:

お正月は、デンマンさんが調達してくれた

ピーナッツバターとこんがりと焼いたパン、

それと私にはお御馳走の

インスタントラーメン、

時々お雑煮でグータラ生活をするつもり


(kadoma2.jpg)

From: beautiful948@outlook.jp

To: barclay1720@aol.com

Time: Dec 8, 2018, 5:09 AM

帰途に着いてから一か月、もうという気持ちもありますが、
今の私にはずっ以前のような感じがします。

変わりなくお元気ですか?

昨日当たりから日本海沿岸に冬将軍が坐り、
中国、北陸地方は初雪ということですが、
関東一円は私には有り難くまだ晩秋の入口で立ち止まっています。
自称私の書斎である二階は、19℃ー51% 15:00PM

この4日、先達てのエッセイの発表があり当然といえば当然ですが没でした。
けっこう気合を入れたのでめげました。

これより2週前大きな風邪をひき
当日も治癒したわけではなく引きずっている最中だったので、
気持ちまで壊れて自棄的な状態に、
人とはこんな繰り返しで一生を閉じるのかしらと。

今朝凹みからはい上がリました。
きっかけがあったわけではありません。
強いて言えば、鼻呼吸ができ、気菅の詰まリも軽くなり、微量ですが匂いも戻ってきた。
人の心身は健康できれいなバランスを保つことだと改めて自戒しました。

けっこう私の一日は忙しない。
前に工夫することを覚えたと言いましたが、
実は詰まる所出費を抑えるがための下らない情けないものだとおもいしらされました。
時間や体力を必要外に使っている。

しかし、この積み重ねで日々生活をしているわけだから、
これからも常にバカな能力を使って続行するするのみです。
合間を縫って、夏に書き上げるべきものを浚いはじめました。

何時頃からか「父と息子」をテーマに、
もしかしたらこの永遠のテーマは私の幼い頃から脳裡にあったのではないかと。

父が、息子が、愛惜や尊敬や憎悪等をいとおしさで
色づきしたストーリーの相関図を作りすでに書き始めていました。

途中我が息子夫婦の理不尽な話が舞い込んで前に進めなくなったが、
今は少しずつ受け入れる態勢ができてきている。

人はそれぞれなんだと自身を納得させています。
気張らず焦らず行こうかと。

 


(peanut07.jpg)

『ピーナツバター』

 

従来 この時期は、年の瀬や正月に振り回されていましたが、

今回は見ぬふりを、何もしないで疲れ切った心身を

休めることに専念するつもり。

デンマンさんが調達してくれた例のピーナッツバターとこんがりと焼いたパン、

それと私にはお御馳走(父の遺産語)のインスタントラーメン、

時々お雑煮でグータラ生活をするつもり。

 


(anne23.jpg)

 

Laziness may appear attractive,

but work gives satisfaction.

何もしないでグータラ生活することは、

楽しいようにも思えるけれど、

満ちたりた気持ちを味わいたいなら

働くことよ。

 


(digger1.gif)


『アンネフランクの言葉』より
(2018年12月12日)

アンネの日記には、こう書いてありましたけれど、
でも、1年に一度ぐらいグータラ生活してもいいですよね。

デンマンさんのようにタフなマラソン式TV鑑賞は無理ですが、
番組をピックアップして映画を見る予定です。

WOWOWのチャンネルで無料放映があり、
映画の紹介をしていますが、
私は入会すると映画三昧になる恐れがあるので
このチャンネル権は持っていません。

最近、話題沸騰の「ボヘミアン・ラプソディ」や
「葡萄畑に帰ろう」なんかぜひロードショーで観たいと思いきや、
その勢いはありません。
もう遠出は無理。

 

 

デンマンさんが帰りの機内で観た、
デンゼン・ワシントンの出演作品の話がありましたね。

少し前にNHKBS3でアンストッパブルが放映されたが、
途中で寝入ってしまいました。
でも、10日前BS6だったか ペリカン文書の2度目をあじわいました。

若かりし頃のデンゼン・ワシントンですが
さすがに名作、映画はいいですね。

 


(pelican01.jpg)

 

それではまた、体に気をつけて!

 


(aunt201.jpg)

かしこ

 


(kato3.gif)

件名:

マイペースでやってゆこうという

多佳子さん意気込みにエールを送りますよ


(ohen02.gif)

From: barclay1720@aol.com

To: beautiful948@outlook.jp

Time: Dec 8, 2018, 3:34 PM

体の不調にもめげず、エッセイが佳作に選ばれなかったことにもくじけずに
とにかくマイペースでやってゆこうという多佳子さん意気込みにエールを送りますよ。

最近、欧米でも、もともとヨガや禅で言われていた「マインドフルネス」がもてはやされていますが、
要するに、過去のことを考えても、やり直すことだできず、
将来のことを考えたところで、現在の時点では、はっきりとした事は何も予測できない。

だから、現在、目の前のことに集中して、
最善の努力をする、というような事を言ってるようです。
もっともだと思いますよ。

何も、現在、誰かが初めて言ったことではなく、
古くは お釈迦様も言ったようです。

そういうわけで、多佳子さんも目の前のことに専念して
体調を考えながら、こつこつと、前向きにプラス思考で
一日一日をルンルン気分で過ごしてください。。。

 


(mindful02.jpg)

 

マインドフルネス

 

マインドフルネス(mindfulness)は、今現在において起こっている経験に注意を向ける心理的な過程であり、瞑想およびその他の訓練を通じて発達させることができる。

マインドフルネスの語義として、「今、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、評価をせずに、とらわれのない状態で、ただ観ること」といった説明がなされることもある。

マインドフルネスという用語は、パーリ語のサティ(sati)の翻訳であり、サティはいくつかの仏教の伝統における重要な要素である。
仏教の教えにおいてマインドフルネスは、人を苦しみからの完全な解放や悟りと呼ばれるものへと徐々に導いていく自己認識や智慧を発達させることに役立っている。

近年の西洋におけるマインドフルネスの流行は、概してジョン・カバット・ジンから始まったと考えられている。

反すうや心配は、うつ病や不安のような精神疾患を引き起こす一因となるが、マインドフルネスに基づく医学的な介入は、反すうや心配を減らすのに有効であると複数の研究が示している。

1970年代以来の臨床心理学と精神医学は、様々な心理的な状態を経験している人々を助けるために、マインドフルネスに基づく多くの治療応用を開発してきた。
例えばマインドフルネスの実践は、うつ病の症状を和らげることや、ストレスや心配を減らすことや、薬物依存への手当に用いられてきた。

また、精神病の患者に対する多くの治療効果も示し、心の健康に関する問題を停めるための予防的な方策にもなっている。

異なる患者カテゴリーと、健康な成人および子供における、マインドフルネスによる身体的健康と精神的健康の両面への効果を、複数の臨床研究が記録している。
ジョン・カバット・ジンによるプログラムと、それに類似した方式のプログラムは、学校、刑務所、病院、退役軍人センターなどに広く採用されている。

マインドフルネスのプログラムは、健康的な老化、体重管理、運動能力の向上、特別なニーズをもつ子供への支援、周産期への介入などへも適用されている。
この分野での、より質の高い学術研究のために必要なことは、より多くの無作為化比較研究と、研究における方法論の詳細が提供されることと、より大きな標本数の使用である。


出典: 「マインドフルネス」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

 

病気も、人生も、気の持ちようだと思います。
一度きりの人生、せいぜい思いきり生きてください。

消極的に生きるのも、積極的に生きるのも、人生は一度。。。
落ち込んで生きるのも、ルンルン気分で生きるのも人生は一度です。
ならば、ルンルン気分で生きようじゃありませんか!(笑)

話は変わりますが、確かに、最近、「ボヘミアン・ラプソディ」や
「葡萄畑に帰ろう」が日本のネットで検索していると
しばしば見かけます。

成田からバンクーバーに帰りの機内では、
一睡もしないで映画ばかり4本見ましたよ。

 


(acanent2.jpg)

『機内映画』

 

デンゼン・ワシントンが主演した作品は次の映画でした。

 

4) 『イコライザー2』(原題:The Equalizer 2)

 

2018年にアメリカ合衆国で公開されたスリラー映画。
監督はアントワーン・フークア、主演はデンゼル・ワシントン。
『イコライザー』(2014年)の続編。

残虐な殺しのシーンが出てくるちょっとショッキングな映画。
現実にはありえないようなストーリー。

感心したり感動できる映画ではありませんでした。

デンゼル・ワシントンが主演するというので観たけれど、
他の役者だったら、たぶん観なかった。

 

『ペリカン文書』(The Pelican Brief)ですが、調べてみたら小生は、
なんとバンクーバー市立図書館でDVDを借りて観ていたのですよ。

 


(lib81211a.png)

『実際のページ』

 

2013年の9月30日に観てコメントを書き込んでいます。
このコメントを見るまで、この映画を観たとは思ってなかった!

なんと、5つ星のうち半分の星しか評価していないのですよねぇ~。。。
こき下ろして酷評しているのです!

最後まで見るに耐えなくて、退屈して途中で観るのを止めてしまった、と
コメントには書いてあるのです!

でも、改めてあらすじを読んでみると、面白そうなのですよね。
もう一度DVDを借りて観てみたいと思います。

では、多佳子さんも寒さに負けないで
良いクリスマスと素晴らしい正月、
積極的に生きられると思えるような新年を迎えてください。

 

 

それと、幸せな気分で、

ブラッドピットが出演する映画を観ながら

ピーナツバターをしみじみと味わってください。(笑)

では。。。


(byebye5.gif)

デンマンより


(denman01.gif)


(foolw.gif)

【ジューンの独り言】


(bare02b.gif)

ですってぇ~。。。

あなたは洋画にハマッていますか?

わたしは最近、2016年に制作された

ドイツ映画『アンネ・フランクの日記』を観ましたわ。

 


(anne26.jpg)

 

ドイツ語が解らないと予告編を観てもつまらないと思うので、

アンネの記録映画を貼り出しますね。

 


(anne24.jpg)

 

ええっ。。。 「アンネは、もういいから何か面白い話をしろ!」

あなたは、そのように わたしに命令なさるのですか?

分かりましたわ。。。

じゃあ、あなたのために可愛らしいクリップを貼り出します。

可愛い動物たちのアクビを見て 楽しんでください。。。


(yawnpup.jpg)

あなたもつられてアクビをしましたか?

では、おやすみなさい。。。

またねぇ~。。。


(byebye.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事

■ 『埼玉りそな銀行 行田支店 悪い評判』


(linger49.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(june501.jpg)

『顔文字とオナラ』

『宝暦の恨みを明治維新で』

『デウキと紅葉@行田』

『薄い陰毛と紅のボートピープル』

『江戸の閨房術』

『ずるがしこい現代人』


(linger65.gif)

『おつまみミステリー』

『混浴風景を探して』

『ハレルヤ』

『マルタ島のロマンだ』

『宮沢りえ人気@海外』

『癒しを奏でるパンツ』

『マルタ島deロマン』

『生ログdeロマン散歩』


(curryind.jpg)

『宮沢りえ@クールジャパン』

『混浴風呂ガー』

『ウェルカムバック』

『コペンハーゲンからやって来た』

『ロシアからやって来た』

『海外美女ランキング』

『ブログを解剖する』

『スイスからトランプ見に来る』


(biker302.jpg)

『なせば鳴る音楽』

『日本人女学生行方不明』

『日本人女学生死亡』

『ガレット』

『那須高原の紅葉』

『希望とロマン』

『錯視 錯覚』

『マンボ@バンクーバー』


(rengfire.jpg)

『目覚めぬ夢』

『熱烈なファンの軌跡』

『花火とロマン』

『恋に染められ』

『恋に染めごろう』

『皆さん、ありがとう』


(noten15.jpg)

■ 『ジェミマおばさんのシロップ』

■ 『夏日に、お帰りなさい』

■ 『コイ、鯉、恋がいっぱい!』

■ 『スープカレーなのね』

■ 『忍城時代まつり』

■ 『夜道のルート66』

■ 『上を向いて歌おう』

■ 『霧積温泉のロマン』

■ 『明けましておめでとうございます』

■ 『車掌さんの松島音頭』

■ 『上州散策』

■ 『埼玉りそな銀行 行田支店 悪い評判』

■ 『ネットリンチ』

■ 『IPアドレス 0.0.0.0』

■ 『現実主義者のコメント』

■ 『寂しい現実主義者』

■ 『引きこもった現実主義者』

■ 『哀れな現実主義者』

■ 『愚かな現実主義者』

■ 『鼻であくびをする』

■ 『よしださん、久しぶり』

■ 『おもいきり生きてね』

■ 『オーロラに想いをはせて』

■ 『初夏 もうすぐ梅雨』

■ 『ピーナツバター』

■ 『クラムチャウダー』


(bellyan15.gif)


(hand.gif)