ジューンさんの下着を探して

 

ジューンさんの下着を探して

 


(lookanim.gif)


(june1231.jpg)


(june901.jpg)


(june001.gif)

デンマンさん。。。 わたしの下着をネットで探したのですか?


(kato3.gif)

なんで、僕がネットでジューンさんの下着を探さねばならないのですかァ~。。。

だってぇ~、デンマンさんは次の記事を書いたことがあったでしょう!?

 


(joso110b.jpg)

『下着女装するとワクワクする』

 

確かに 僕は上の記事を書きました。。。

だから、デンマンさんが今度、女装する時の下着を見つけるためにネットで わたしの下着を物色したのでしょう?

なんで、僕がネットでジューンさんの下着を物色する必要があるのですかァ~。。。

デンマンさんが下着女装すると、決まって わたしの下着がなくなっているのですわァ~。。。 今回も、心配なのです。。。

あのねぇ~、ジューンさんは、そのように誤解を招く事を言わないでくださいよ! 僕には下着女装趣味はないのですから。。。

でも。。。、でも。。。、上の記事はデンマンさんが書いたのですわァ~。。。

確かに、そうなのだけれど、記事を面白くするために、僕が下着女装している写真を貼り出したのですよ。。。 記事をじっくりと読んでもらえば分かるけれど、僕が下着女装しているわけではないのですよ。。。

別に、そのように弁解しなくてもいいのですわァ。。。

ジューンさん! んもおおおおおおおおおおおおお~♪~! この記事を初めて読む人は、僕がワクワクしながら下着女装していると信じてしまうではありませんかァ!

だってぇ、そうでしょう!

やだなああああァ~。。。 悪い冗談は誤解のモトだから言わないでくださいねぇ~。。。

じゃあ、いったい、どなたがわたしの下着を探しているのですか?

ちょっと次のリストを見てください。。。

 


(goo90806d.png)


『拡大する』

『おばさんの下着姿』(PART 1)

『笑える電報』

『ニャースと大介 反省』(PART 1)

『ニャースと大介 反省』(PART 2)

 

これは、バンクーバー時間で8月6日の午前11時51分現在のアクセス解析のリストなのですよ。。。 アクセス元ページ の9番に注目してください。。。

あらっ。。。 GOOGLEで画像検索して わたしが寝室で“おばさんパンツ”を穿いている姿を探したネット市民がいたのですわねぇ~。。。

そうですよ。。。 9番のリンクをクリックすると次のページが表示されるのです。。。

 


(gog90807c.jpg)


『拡大する』

『実際のページ』

 

あらっ。。。 わたしの写真がでっかく出るのですわねぇ~。。。

そうですよ。。。 他の写真を見ても判るように、画像検索したネット市民は、明らかに“おばさんパンツ”に興味があるのです。。。 なぜなら、他の女性は誰もが小さなパンツを穿いているのです。。。 上の写真のジューンさんだけが“デカパン”を穿いているのですよ。。。

つまり、画像検索したネット市民は“おばさんパンツ”を探していたのですわねぇ~。。。

その通りです。。。

。。。ということは、別にわたしの“おばさんパンツ”でなくてもいいわけですわねぇ~。。。

いや。。。 ジューンさんの“おばさんパンツ”でなければダメだったのです。。。

だから、やっぱりデンマンさんが わたしの下着を盗むために、画像検索したのでしょう!?

やだなあああァ~。。。 誤解を招くようなことだけは言わないでくださいよう! 何度も言うように、僕には下着女装趣味はないのだから。。。

でも。。。、でも。。。、わたしの“おばさんパンツ”でなければダメだ、と言うような 画像検索するのを見てきたようなことを言うのは、検索したのがデンマンさん自身だからですわァ~。。。

あのねぇ~、ジューンさん。。。 僕は“おばさんパンツ”の記事を 自作自演で書くほど暇人ではないのですよ! たまたまネット市民の中に ジューンさんの“おばさんパンツ”に拘っている人物がいたから、こうして画像検索を取り上げて、ジューンさんを呼び出したのですよ。。。

要するに、わたしの“おばさんパンツ”でなければダメだ、という証拠があるのですか?

あるのですよ。。。 そうでなければ、僕はこの記事を書き始めなかったでしょう! 次の検索結果を見てください。。。

 


(gog90807d.jpg)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

あらっ。。。 「ジューンさんの下着姿」と入れて検索したのですわねぇ~。。。

これは、僕が検証するために「ジューンさんの下着姿」と入れて検索したのです。。。 他の女性の“おばさんパンツ”ではなく、ジューンさんの“おばさんパンツ”でなければならない! そう思って画像検索したネット市民が居なければならない。。。 僕はそう信じたので、「ジューンさんの下着姿」と入れて検索したら、案の定、ジューンさんの“おばさんパンツ”の写真が出てきたわけですよ。。。

でも。。。、でも。。。、そもそも、画像検索したネット市民は どうして わたしを指定しなければならなかったのですか?

アクセス解析のリストをもう一度見てください。。。

 


(goo90806d2.png)


『拡大する』

『おばさんの下着姿』(PART 1)

 

画像検索する前に、まず「おばさんの下着姿」を入れてBINGで検索したのです。。。 すると次の検索結果がでてきます。。。

 


(bin90807a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

『おばさんの下着姿』(PART 1)

 

こうして検索結果に出てきた赤枠で囲んだ『おばさんの下着姿』(PART 1)を読んだわけです。。。

 


(goo30223e.png)


『拡大する』

『おばさんの下着姿』(PART 1)

この記事を読んでジューンさんの“おばさんパンツ”姿に魅せられたわけですよ。。。 それで画像検索したわけです。。。

でも、それは可笑しいと思いますわァ~。。。

何が可笑しいのですか?

だってぇ~、『おばさんの下着姿』(PART 1)を読んだ時点で わたしの“おばさんパンツ”姿に魅せられたのだったら、更に画像検索する必要はないではありませんかァ!

だから、それが女性の考え方の限界なのですよ。。。 下着女装する男の欲望は、ただ一つの“おばさんパンツ”では 物足りない。。。 それで、ジューンさんの“おばさんパンツ”姿が、まだ他にも たくさんネット上に掲載されているのではないか?。。。そう思って画像検索したわけですよ。。。

そういうものでしょか?

そういうものなのです。。。

それで、画像検索したネット市民はどこのどなたなのですか?

大江戸亀雄君です。。。

 


(ip194177b.png)

 

ジューンさんの熱烈なファンになりました。。。

なんとなくダサい感じですわねぇ~。。。

実物は、もっとハンサムだと大江戸亀雄君は言ってましたよ。。。 “ジューンさんのおばさんパンツ”を穿いて下着女装したら写真を撮って送ってくれるそうです。。。

見たくありませんわァ~。。。


(laugh16.gif)


(june902.jpg)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。

あなたは大江戸亀雄君の“おばさんパンツ”を穿いた下着女装姿を見たいですか?

ええっ。。。 「そんなことはどうでもいいから、他にもっと楽しい話をしろ!」

あなたは、そのような命令口調で あたくしに強要するのでござ~ますわねぇ~。。。

分かりましたわぁ。。。 では、ちょっと次のクリップを見てくださいなァ。。。

思わず笑ってしまいますわ。。。

 


(dog807.jpg)

 

ええっ。。。? 「犬や猫のことは どうでもいいから他のもっと面白い話をしろ!」

あなたは、更に あたくしに そのような強い口調でご命令なさるのでござ~ますかァ~?

分かりましたわァ~。。。

あなたが、そうおっしゃるのならば、あたくしの個人的なお話しをいたしますわァ。

実は、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”が殿方の注目を集めているのでござァ~ますわよう。

うふふふふふふふ。。。

ええっ。。。 信じられないのでござ~ますかァ?

じゃあ、ちょっと次の検索結果を見てくださいまし。。。

 


(gog60409a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

「卑弥子 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわァ~。。。

うふふふふふふ。。。

あなたも、ビックリするでしょう?

ジムで汗を流して “ヴィーナスのえくぼ”をゲットいたしました。。。


(buttdimp5.jpg)

スタイルもよくなったのでござ~ますわァ~。。。


(curtain5.jpg)

いかがでござ~ますか?

でも。。。、でも。。。、“天は二物を与えず”と申します。。。

これほどスタイルが良くなったというのに、あたくしは未だに独身でござ~ますのォ。。。

世の中は、なかなか思うようにゆかないものですわァ~。。。

ところで、あなたは『万夜一夜物語』を読んだことがござ~ますかァ~?

“千夜一夜物語”ではなくてぇ、“万夜一夜物語”ですわ。


(manya02.jpg)

『万夜一夜物語』

デンマンさんが書いたのでござ~ますわよう。

ええっ。。。 10,001の話が書かれているのかってぇ~。。。?

とにかく、上のリンクをクリックして読んでみてくださいませぇ~。。。

あなたも、絶対にビックリするようなお話が出てきますわァ。

『万夜一夜物語』だけでは、物足りないのでしたら、

ジューンさんが登場する面白いお話もたくさんあります。

興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましねぇ~。。。

(roten101.jpg+cleoani.gif)

『マルタ島のロマンだ』

『宮沢りえ人気@海外』

『癒しを奏でるパンツ』

『マルタ島deロマン』

『生ログdeロマン散歩』

『宮沢りえ@クールジャパン』

『混浴風呂ガー』

『ウェルカムバック』

『コペンハーゲンからやって来た』

『ロシアからやって来た』

『海外美女ランキング』

『ブログを解剖する』

『スイスからトランプ見に来る』


(fan004.jpg)

『海外美女を探して』

『パンツde大晦日』

『Tバック@三賀日』

『とっちゃん坊や』

『また千夜一夜』

『初恋の思い出』

『乳房振動とブラ』

『白木屋お熊』

『肥後ズイキ@セルビア』

『紐パン熟女』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『美尻のビーナス』

『紐パン熟女に惹かれて』

『あの二人が気になって』

『肥後ズイキ@セルビア』

『私は下着女装です』

『ドリアンを探して』

『パリの日本人』

『ペンタゴン式己を疑う』

『薄命な女と映画』

『ラーメン@ベリーズ』

『うるさい夏』

『芭蕉と英語』

『晩香坡物語 生誕150年』

ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『エレクトラde中国』

『熟女パンツ』

『ラーメン@カイロ』

『スパム@クルーズ』

『えくぼ@ヴィーナス』

『孀婦岩』

『モナリザ描きたい』

『ジューンさんの下着』

『やっぱり熟女下着』

『じゅくじょのぱんてー』

『事実と芸術』


(miro0018.jpg)

『パクられたパンツ』

『タイタニック@スリランカ』

『蜂@泣きっ面』

『外人が知っている美しい日本』

『腰使い 熟女』

『熟女の下着姿』

『腰を使う熟女』

『ブログランキング』

『曇ってきた@英語』

『出会い系より腰を使う熟女』

『ブリスベンの従妹』

『アヒルが行く』

『英語ペラペラ勉強法』

『ブラウザとOS』

『二千二夜物語』

『大晦日のおばさんパンツ』

『下着の人類学』

『万夜一夜@ロンドン』

『ヒトラーとトランプ』


(malata019c.jpg)

『ロマン@マルタ島』

『下着の人類学@大阪』

『ハロー@ロックビル』

『孀婦岩の人気 なぜ』

『マグダラのマリア 娼婦か聖女か?』

『マグダレンの祈り』

『女子大生の多い混浴』

『アンネフランクの言葉』

『ビクトリア朝の慎み』

『銭湯と円タク』

『女装ブログ』

『注目記事』


(sylvie122.jpg)

『風邪が治るまで』

『ひょうたんde徒然』

『アヒルが並んだ』

『なぜ骨なの?』

『にべもない』

『やぶさかでない』

『おかしなパンツ』

『みもふたもない』

『自動翻訳はダメ』

『慫慂』

『ヤンキー』

『及び腰と二の足』

『ジューンさんの従妹』

『ナマズにされた』

『美術解剖学』

『太ったチャンス』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)

 


(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。 バーィ


(juneswim.jpg)


『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』


(byebye.gif)

パンツと戦争

 

パンツと戦争

 


(himiko32.jpg)


(atombomb.jpg)


(war001.jpg)


(zurose2.jpg)


(himiko25.gif)


(himiko22b.gif)

デンマンさん。。。 なんで あたくしのズロース姿を貼り出したのでござ~ますかァ~?


(kato3.gif)

卑弥子さんのズロース姿がネットで人気が出てきたのですよ。

マジで。。。?

卑弥子さんは信じられないのですか?

だってぇ~、これまでにもデンマンさんは あたくしがネットで人気が出てきたと何度も何度もおっしゃったのですわァ~。。。 でも。。。、でも。。。、あたくしには未だに素敵な殿方が現れず、プロポーズしてくださらないのでござ~ますわァ~。。。

あのねぇ~、今度の人気は確かですよ。

その証拠でもあるのでござ~ますかァ~?

ちょっと次のリストを見てください。


(goo90710d.png)


『拡大する』

『4番のリンク』

『ズロースと戦争』

これはGOOの僕の『デンマンブログ』の7月10日の午前11時15分現在のアクセス解析のリストですよ。。。 赤枠で囲んだ 4番のリンクに注目してください。

あらっ。。。 Yahoo!で検索してデンマンさんのブログにアクセスしたのですわねぇ~。。。

そういうことですよ。。。 上の4番のリンクをクリックすると次のページが出てくるのですよ。。。


(goo60403e.png)


『拡大する』

『ズロースと戦争』

あらっ。。。 『ズロースと戦争』を読んだのでござ~ますわねぇ~。。。

そうです。。。 

あたくしの魅力的なズロース姿が登場するのでござ~ますわねぇ~。。。 うふふふふふふ。。。

その通りです。。。(微笑)


(himiko32.jpg)

『ズロースなの?』

でも。。。、でも。。。、まだプロポーズのメールをいただいておりませんわァ~。。。

あのねぇ~、いくらなんでも、そんなに早く結婚のプロポーズのメールが卑弥子さんのメールボックスに入っているわけないでしょう!

でも、どういうわけで あたくしのズロース姿が人気があるとデンマンさんは判断したのですか?

ちょっと次の画像検索結果を見てください。


(yah60402b.png)

『拡大する』

『現時点での検索結果』

あらっ。。。 「ズロース」と入れて画像検索したのですわねぇ~。。。

そうです。。。 赤枠で囲んだズロースに注目してください。


(zurose3.jpg)

これはマジで卑弥子さんが身に着けているズロースと全く同じものなのですよ。

 


(himiko25.gif)

 

あらっ。。。 マジですわァ~。。。 つまり、このズロースの魅力に惹かれて あたくしが登場する記事を突き止めて読んだ素晴らしい殿方が3名いたということでござ~ますかァ~?

その通りですよ。。。 

 


(goo90710d2.png)

 

つまり、画像検索で探し当てたズロースを身につけている卑弥子さんを捜し求めて記事を読んだというわけですよ。

あらっ。。。 うれしいわあああァ~。。。 じゃあ、今年こそはマジで結婚ができるかしらあああァ~。。。?

期待してもいいと思いますよ。

でも。。。、でも。。。、どうして“ズロースと戦争”というような衝撃的なタイトルの記事を読んだのでござ~ますか?

実は、検索した男性は次の映画のタイトルを思い出そうとしても思い出せなかった。。。 でも、卑弥子さんがズロースを穿いて登場した記事に、映画のクリップが出ていたことだけははっきりと覚えていた。。。

それで、あたくしのズロース姿を探して、映画が紹介されている記事を突き止めたというわけでござ~ますか?

そういうことですよう。。。

つまり、あたくしにプロポーズするために記事を読んだのではなく、映画のタイトルを突き止めるために記事を探したのですわねぇ~。。。


(lib60402a.png)

『実際のカタログページ』

金陵十三釵


(flowers2.jpg)

『金陵十三釵』(英語題:The Flowers Of War)は、2011年公開の中国映画。
張芸謀(チャン・イーモウ)監督作品。
日本未公開。
題名は『紅楼夢』の『金陵十二釵』に由来する。

南京事件を題材としたフィクション作品で、中国映画史上最高額となる製作費6億元(約78億円)を投じた超大作であり、2011年の中国の年間総興行第1位(約71億円)と大ヒットし、中国社会に大きな影響を与えた。
第84回アカデミー賞外国語映画賞中国代表作品。

ストーリー

舞台は日中戦争下、1937年の南京。

南京へ侵攻してきた日本軍から迫害を受け教会の建物の中へ逃げ込んだ中国人女子学生ならびに娼婦らを米国人納棺師ジョン(クリスチャン・ベール)が聖職者になりきり匿い救う。

日本軍士官長谷川は女学生たちを保護する約束をするが、同時に彼女等がパーティーで賛美歌を合唱するよう要求する。

女子学生たちを助けるために、一緒に避難していた12人の娼婦と1人の少年侍者が女子学生に扮装し身代わりとして日本軍の南京陥落パーティーに赴き、その隙にジョンは修理された教会のトラックと密かに入手した通行証で女子学生たちを南京から救出する。

中国社会への影響

日本兵によるリアルで残虐な戦闘シーンや、中国人女性への強姦や輪姦、殺戮シーンなど反日感情を刺激する日本軍の残虐性を強調するシーンが多く、上映中、中国の映画館内では、すすり泣きと日本人を罵倒する声があちこちから聞こえ、またインターネット上にはこの映画の影響を受け反日を叫ぶ書き込みが溢れたという。

この映画を鑑賞した人気歌手の韓紅が中国版ツイッター・新浪微博に日本を罵倒する書き込みをしたところ、インターネット上ではそれに対する賞賛の書き込みがあふれる。

一方で、韓紅の書き込みは「愛国主義の濫用」「品位に欠ける」などの批判もなされるなど、賛否両論の論争となった。


(flowers3.jpg)

  予告編


出典: 「金陵十三釵」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

でも。。。、でも。。。、この映画が“ズロース”と関係あるのでござ~ますか?

「舞台は日中戦争下、1937年の南京」と書いてあるでしょう。。。 だから、この時代の女子学生も娼婦たちも、皆 “ズロース”を身に着けているのですよ。

あらっ。。。 デンマンさんは その当時のズロースを見るために、映画を観たのでござ~ますか?

もちろん違いますよ。。。 でも、卑弥子さんのズロース姿が人気が出てきたのは、この映画と関係あるようです。。。

それで上の映画に女子学生や娼婦がズロースを身に着けていることにデンマンさんは感動したのでござ~ますか?

ズロースに感動したわけではないのです。。。

じゃあ、何に感動したのでござ~ますか?

あのねぇ~、卑弥子さんも上の予告編を観て映画に興味を持ったら、全編をゲットしたのでぜひ次のリンクをクリックして じっくりと観てください。


(flowers5.jpg)

  全編

この映画の原作は短編小説『金陵十三钗』なのですよ。。。 でも、作者の嚴歌苓・女史は、僕がコメントでも書いたけれど、程瑞芳・女史(Minnie Vautrin)の日記を読んで作品を書いた。

あらっ。。。デンマンさんは、けっこう詳しいのですわねぇ~。。。

かつて程瑞芳・女史のことを取り上げて記事を書いたことがあるのですよ。。。

「程瑞芳日記」


(minnie13.jpg)

私が「程瑞芳日記」に出会ったのは、2005年のことでした。 その2年前から、私達日本側研究者と南京師範大学の歴史研究者が共同で、実践的な南京大虐殺研究のために「南京大屠殺研究援助基金」という研究組織を設立しました。 この基金を基に、南京大虐殺当時に書かれた新たな日記についての研究論文が発表されると南京師範大学の張連紅教授から知らされました。 (中略) 程瑞芳日記とは、1937年当時の南京大虐殺の惨状を克明に記録した日記だと聞いておりました。 (中略) 日記を書き綴った程瑞芳という女性は、ミニー・ヴォートリンと共に金陵女子文理学院に留まり、南京大虐殺と性暴力を目の当たりにし、中国人女性たちを日本兵の暴力から守った人でした。

 (中略)

私は何度もこの程瑞芳日記を読み、傍線を引き、また日本兵の書いた日記や証言の資料を読み返しました。 程瑞芳日記が記述している内容と日本兵が南京で見たり体験したことを話しているたくさんの事例が、驚くほど重なり合っていました。 つまり、安全区や女子学院その他の地域でも、女性への性暴力、市民の連行、集団虐殺、略奪などに関しての出来事が具体的にしかも細部にわたって一致していたからでした。

 (中略)

日本側研究者の多くが、中国人の「証言」は、南京大虐殺や南京レイプの事実として証拠にならないと退けてきました。 日本では、「証言を裏づけがなく時代を経て増幅されるもの」「証言は信憑性がない」「感情がはいっていて客観性がない」と言う人がいます。 侵略戦争を美化する勢力はもちろん、歴史研究関係の部門でも証言者の語る「証言」は取り上げられませんでした。

今回発見された程瑞芳日記は、日本軍が金陵女子大学で起こしたさまざまな暴行を詳しく書き記しています。 南京大虐殺当時、程瑞芳は、毎日体験したことを夜間せっせと、時には深夜に及ぶまで記録として書き記しました。 (中略) 金陵女子文理学院に避難していた多くの女性達やその近くにいた多くの男性達、さらにそこに駐屯していた元日本兵の証言と重ねあわす時、南京国際安全区にある金陵女子文理学院でおきた南京レイプ南京大虐殺の実態が如実に浮かび上がってきます。


(minnie12.jpg)

(注:写真はデンマン・ライブラリーから貼り付けました。
赤字はデンマンが強調)


214 – 218ページ 『戦場の街南京』
著者・編者: 松岡環
2009年8月15日 初版第1刷発行
発行所: 株式会社 評論社

『裸眼で見る』に掲載
(2011年3月30日)

それで。。。、それで。。。、ズロースを穿いていたであろう程瑞芳・女史が懐かしくなったのですか?

。。。と言うよりも、卑弥子さんが穿いているズロースを画像検索で探して、更に『ズロースと戦争』を読んだ。。。 おそらく、同一人物だと思うのだけれど、Yahoo!で検索した後で、3度も『ズロースと戦争』にアクセスした。。。

。。。ということわァ~、どういうことなのでござ~ますかァ?

だから、卑弥子さんはがっかりする必要はありません。。。 これだけ努力して『ズロースと戦争』を探して読んだネット市民は、もしかすると卑弥子さんにプロポーズすることを考えているかも知れませんよ。。。 映画のタイトルだけを思い出そうとしただけとは考えられない!

マジで。。。?

近いうちに卑弥子さんのメールボックスに「お付き合いしてください」というメールが届くかもしれません。。。

やっと、あたくしの望みがかなうことになるのかしら?

そうです。。。 そうです。。。 期待して待っていてください。。。


(foolw.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif) 

ですってぇ~。。。 

あなたも、あたくしのメールボックスに、星の王子様から「お付き合いしてください」というメールが届くと思いますかァ~?

ええっ。。。 「そんな事は、どうでもいいから、もっと他に面白い話をしろ!」

あなたは、そのように あたくしにご命令なさるのでござ~ますか?

いけすかないお方ァ~。。。

分かりましたわ。

では、話題を変えて 天の川の不思議に迫るクリップを お目にかけますわ。。。

 


(milkyway2.jpg)

 

どうでした?

ええっ。。。 「夜眠れなくなるから、そういう動画は見せるな! 気分直しに何か他に もっと面白いことを話せ!」

あなたは、あたくしに向かって、更にご命令なさるのでござ~ますか?

いけすかないお方ァ~。。。!

分かりましたわァ。。。 あなたが、そうおっしゃるのだったら、まずジューンさんの次の写真をご覧になってくださいまし。。。

 


(senya020b.jpg)

 

千夜一夜物語の衣装を着たジューンさんに魅せられて、女性に成りすます男性が たくさん居るのでござ~ますわァ!

ええっ。。。 信じられないのですかァ?

じゃあ、ちょっと次のYouTubeのクリップを見てくださいまし。。。

 


(xdress02.jpg)

 

いかがでござ~ますかァ~?

男性が女装していると思いますかァ?

あたくしは、素直に信じることができませんわァ~。。。

どうですかァ~? けっこうなものでしょう!?

いつまでも見とれていても仕方がありませんわよゥ。

あなたのために古代史の面白い記事を用意しました。

ぜひ お読みください。

では。。。

天武天皇と天智天皇は

同腹の兄弟ではなかった。 

天智天皇は暗殺された 

定慧出生の秘密 

藤原鎌足と長男・定慧 

渡来人とアイヌ人の連合王国

なぜ、蝦夷という名前なの?

平和を愛したアイヌ人

藤原鎌足と六韜

古事記より古い書物が

どうして残っていないの?

今、日本に住んでいる人は

日本人でないの?

マキアベリもビックリ、

藤原氏のバイブルとは?

とにかく、次回も興味深い記事が続きます。

だから、あなたも、また読みに戻ってきてください。

じゃあ、またねぇ~。。。


(hand.gif)

 

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』


(surfing9.gif)


(sayuri5.gif)

ところで、平成の紫式部こと、卑弥子さんは見かけによらず、京都の女子大学で腐女子に「日本文化と源氏物語」を講義している橘卑弥子・准教授という肩書きを持っています。

卑弥子さんの面白い話をもっと読みたい人は
下のリンクをクリックして読んでみてくださいね。


(maria05.jpg)

『ブログ村のマリア様』

『萌える済子女王』

『ピンク桃色@徒然』

『富沢金山の桜』

『ピンク桃色村』

『紫式部@徒然』

『絵里香@ペルー』

『ペルシャ人の楊貴妃』

『ん?佐伯今毛人』

『文学と歴史とウソ』

『百人一首ミステリー』

『芭蕉と遊女再び』

『映画とロマン@仙台』

『源氏物语中的性描写』

『忘れられた歴史ロマン』


(costa04b.jpg)

『おばさんパンツ@サンホセ』

『聖徳太子のチューター』

『オナラの曲芸』

『死海』

『漱石とオナラ』

『絵里香さん』

『美女とオナラ』

『アンバパーリー』

『ゆっくりと愛し合う』

『見ちゃだめ!』

『二重マチ付きズロース』


(miya08.jpg)

『麻生元総理』

『ネットのバカ女を捜して』

『額田王の歌』

『聖女と娼婦』

『済子女王@萌える』

『ん?堀内亜里?』

『松平春嶽が黒幕?』

『旅行者的早餐』

『なぜ蝦夷なの?』

『プリキュアとヒトラー』

『戦争絶対反対よね』

『怨霊の歴史』

『色欲@歴史』

『紫式部と敗戦』

『ラピスラズリと源氏物語』


(annasalleh.jpg)

『性と愛@古代史』

『仙台を離れて』

『美人とブス@大奥』

『絵の中のウソ』

『阿倍仲麻呂@ベトナム』

『バイクガール』

『六条御息所』

『卑弥子さんの大学』

『元寇と捕虜』

『マキアベリにビックリ』

『痴漢が心配』

『びた一文』

『卑弥子@ブカレスト』

『エロい源氏を探して』

『ラピスラズリの舟形杯』

『平成の紫式部』

『隠元豆と国性爺合戦』

『おばさんと呼ばれて』


(zurose2.jpg)

『女帝の平和』

『アタマにくる一言』

『悪女レオタード@昌原市』

『スウィートビーン』

『ガチで浦島太郎やし』

『ご苦労さま』

『デンマンのはなし』

『卑弥呼の墓』

『室生犀星と人間学』

『松平春嶽ダントツ』

『英語は3語で伝わる』

『くだらない物』

『漢字で体操』

『面白い漢字テスト』


(hama10.jpg)

『放屁女に罰金』

『アヤメとカキツバタ』

『日本の閨房術』

『大団円』

『ペルシャ人@Anzio』

『紀元前のメイフラワー号』

『あたまにくる一言』

『更級日記の作者も見た』

『平安のスバル』

『行田市長選挙@黒い霧』

『日本のエロい文化』

『女のオナラ』

『紫式部と宮本武蔵』

『頼朝の死の謎』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)


(byebye.gif)

カラスとおばさんパンツ

 

カラスとおばさんパンツ

 


(karasu89.jpg)


(karasu60.jpg)


(valent6.gif)


(full102.jpg)


(sayuri55.gif)

デンマンさん。。。 今日はなんだかヤ~らしいお話ですわねぇ~。。。


(kato3.gif)

あれっ。。。 小百合さんにとってカラスとおばさんパンツというタイトルを見るとヤ~らしいイメージが思い浮かぶのですかァ~?

だってぇ~、なにも、よりによってカラスとおばさんパンツを結びつけることはないじゃありませんかァ!

あのねぇ~、僕が結びつけたわけじゃないのですよう。。。

でも、上のタイトルを書いたのはデンマンさんでしょう!?

確かに、タイトルを書いたのは僕ですよ。。。 でも、そのタイトルを書くように促したのは、愛媛県松山市に住む加瀬 亀雄(かせ かめお)君なのですよ。。。 ちょっと次のリストを見てください。。。

 


(liv90120a.png)


『拡大する』

『カラスの初飛行』

 

これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の日本時間で1月19日の午後11時50分から 20日の午前3時23分までの約3時間半の「生ログ」の一部です。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目して欲しい。。。

あらっ。。。 1月20日の午前1時30分にGOOGLEで検索して『カラスの初飛行』を読んだネット市民がいたのですわねぇ~。。。

その記事を読んだネット市民が愛媛県松山市に住む加瀬 亀雄(かせ かめお)君なのですよ。。。

また、IPアドレスを調べて、亀雄君が読んだことを突き止めたのですか?

そうです。。。


(ip14314b.png) 

 

デンマンさんの記事にアクセスしたネット市民が男性の場合だと、上のイラストを貼り付けるのがデンマンさんの癖ですわねぇ~。。。

いけませんか?

たまには、写実的な写真を貼り出して欲しいですわァ~。。。

でもねぇ~、さきほど小百合さんが「今日はなんだかヤ~らしいお話ですわねぇ~。。。」と言ったように、この記事を読み始めた読者は先入観を持つかもしれないのですよ。。。 だから、その人を特定できるような写真を貼り出すと、あとで僕は訴えられるかもしれない。。。

つまり、裁判になると煩わしいので、問題のないようにイラストを貼り出したのですかァ~?

そういうことです。。。

。。。で、亀雄君は愛媛県の松山市で何をしているのですか?

愛媛大学に通う学生ですよ。。。

 


(matsuyama1.jpg) 


(matsuyama2.jpg)


(matsuyama3.jpg)

 

亀雄君は愛媛大学で何を勉強しているのですか?

法文学部で人文社会学科を専攻しているのです。。。

あらっ。。。 理学部の生物学科ではないのですかァ~?

どうして小百合さんは亀雄君が理学部の生物学科の学生だと思うのですか?

だってぇ~、『カラスの初飛行』を読んだのでしょう!? カラスを研究しようとしているのではありませんか?

いや。。。 亀雄君はカラスには興味がないのです。

それなのに、どういうわけで『カラスの初飛行』を読んだのですか?

あのねぇ~、その質問に答えるには、上のリストの赤いアンダーラインで示したリファラーをクリックすると判るのです。。。 すると次の検索結果が出てくるのですよ。。。


(gog90120a.png) 


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

あらっ。。。 「おばさん パンツ」と入れて画像検索したのですわねぇ~。。。

そういうことです。。。 亀雄君はカラスよりも「おばさんパンツ」に興味があるのです。

なぜ、「おばさんパンツ」に興味があるのですか?

あのねぇ~、さっきも言ったように亀雄君は法文学部で人文社会学科を専攻しているのですよ。。。 それで、「おばさんパンツ」をプレゼントする男性がいるだろうか? そのことを人文社会学的に調べようとしたわけです。。。

それで、上のように「おばさん パンツ」と入れて画像検索したのですかァ~?

そういうことですよ。。。

でも。。。、でも。。。、亀雄君が、上のリストから次の画像を選んだのはどういうわけですか?

 


(full102.jpg)

 

このパンツが亀雄君の美的感覚にもっとも魅力的に映ったわけです。。。 それで、もしかすると、この「おばさんパンツ」を女性にプレゼントした男性がいるのではないか? そう思って上の「おばさんパンツ」をクリックしたら『カラスの初飛行』の記事が表示されたわけです。

それで、記事を読んでみたら、亀雄君が思ったとおりに上の「おばさんパンツ」を女性にプレゼントした男性がいたのですか?

そうです。。。 その箇所を読んでみてください。。。

Subj:小百合さん、おはよう!

日本は、そろそろ梅雨ですか?

元気でがんばってね。

きゃははははは。。。


(ajisai02.jpg)

Date: 25/05/2010 12:17:07 PM
Pacific Daylight Saving Time
日本時間: 5月26日(水)午前4時17分
From: denman@coolmail.jp
To: sayuri@hotmail.com
CC: barclay1720@aol.com

5月27日の記事を夕べ書いたよ。
題して「パンツをツンパする」です。


(smilerol.gif)

『パンツをツンパする』

(2010年5月27日)

5月にはいって、これまでに2回ほどパンツのことで記事を書きました。

それで“おばさんパンツ”を入れてGOOGLEで画像検索したら、2008年に書いたパンツの記事が出てきたよう。


(full102.jpg)

小百合さんにパンツのプレゼントをした記事ですよう!
きゃはははははは。。。

それで、あのパンツを小百合さんは穿いただろうか?
ふと、そう思ったのですよう。


(angry13.gif)

“しょうもないものをくれやがって!

んもお~~”

こう言って小百合さんは捨ててしまったのかな…?


(funny2.gif)

きゃははははは。。。

安子さんがかつて言っていたことだけれどカナダで売っている安物のパンツは、たいてい中国製なのだそうです。
ひどいのになると一度はいただけで縫製部分がほころびてくると言うのですよ。
だから、パンツは日本製に限ると言ってました。

男性用ブリーフも安物の中国製になると、2,3度でほころびますね。
日本製はパンツでも品質がしっかりしているようです。

添付した記事は5月25日に書いた『パンツを旅する』です。

 


(ass350.gif)

『パンツを旅する』

(2010年5月25日)

 

面白いから読んでみてね。


(vancouver.jpg)

今日のバンクーバーはどんよりとしていますよ。

カラスの母子は、ちょっとじゃれているように見えたけれど、母カラスが子供にかなりきつい口調で次のように言っているように見えました。


(karasu60.jpg)

“オマエ!。。。いつまでも

ヒナじゃないんだから

いい加減に

空を飛んでみたらどうなのよ!”


“でも。。、なんだか おっかないよ。”

子供カラスは母カラスと同じくらい大きくなったのだけれど、やっぱり、巣の外は不安なのか?巣から一歩も出ないのですよう。

母カラスが心配になって、いろいろと手を尽くしているように見えます。


(laughx.gif)

きゃはははははは。。。

では、いつものように小百合さんがバンクーバーにやってくることを祈りながら、バンクーバー・タリアセン夫人になれるように応援しますね。


(pray08.gif)


(funny3.gif)

ラーメン。。。

きゃはははははは。。。


(denman01.gif)


(sayuri55.gif)

思い出しましたわ。。。 そうです。。。 そうです。。。 デンマンさんはキモいプレゼントをするヘンな人だと思ったのですわ。。。


(kato3.gif)

。。。で、ムカついて捨ててしまったのですか?

もちろん捨てませんわ。。。 もったいないですもの。。。 2度洗濯して穿いてみましたわ。。。

なんで、2度も洗濯するのですか?

デンマンさんの手垢がついていると思って、気持ちが悪かったのですわ。。。 うふふふふふふふ。。。

やだなああああァ~。。。 僕に恥をかかせるようなことを言わないでくださいよう。。。

つまり、こういう馬鹿バカしいことを私に言わせるために、カラスとおばさんパンツというタイトルで記事を書いたのですか?

そうです。。。 いけませんか?

 (小百合さん、無言で呆れています。)

 


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~~

あなたは下着を女性にプレゼントしたことがありますか?

ええっ。。。 「そういう変態趣味はないので、くだらない事を言わずに、他にもっと面白い話をしろ!」

あなたは、あたくしに そのようにご命令なさるのでござ~ますかァ~?

分かりましたわァ。。。 あなたがそのようにおっしゃるのであれば、

元旦にバンクーバーで第99回寒中水泳があったのでござ~ますわよう。

その模様をお見せしますわねぇ~。。。

 


(polswim03.jpg)


(polswim01.jpg)


(polswim02.jpg)


(polswim04.jpg)

 

ええっ。。。 「寒中水泳など つまらんから、もっと面白い話をしろ!」

あなたは、さらに、そのような強い口調で あたくしにご命令なさるのですかァ~?

分かりましたわァ~。。。

個人的なお話ではありますけれど、

次の検索結果を見てくださいまし。。。

 


(gog60409a.png)

『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

「卑弥子 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわよう。

うふふふふふふ。。。

あなたも、ビックリするでしょう?

ジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわァ。

 


(buttdimp5.jpg)

 

どうでござ~ますかァ?

ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?

どうしてよう?

ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ~ますかァ~?

あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、

最後には上のようなおヌードになるのですわよう。

信じてくださいましなァ~。。。

 

ところで、小百合さんが なぜ「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれているのか?

ご存知でござ~♪~ましょうか?

なぜ。。。?

実は簡単な事なのですわよう。

 


(sayuri80.jpg)

 

小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。

小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですってぇ~。。。

分からない事ではござ~ませんわァ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。

現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。

 


(suikyu9.jpg)

 

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

 

軽井沢・雲場池の紅葉

軽井沢のイルミネーション

秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩

 

とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。

だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。

じゃあねぇ~~。


(hand.gif)


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』


(fragran11.jpg)

■ 『スープカレーなのね』

■ 『忍城時代まつり』

■ 『夜道のルート66』

■ 『上を向いて歌おう』

■ 『霧積温泉のロマン』

■ 『元気が一番!』

■ 『行田のスープカレー』

■ 『パンツとブラジャーと餃子』

■ 『軽井沢を文学散歩する』

■ 『ばァ~の面影』

■ 『バレンタイン@行田』

■ 『軽井沢タリアセン夫人@遠藤家』

■ 『桃の節句@天国』

■ 『古代米カレー』

■ 『愛のジェローを探して』


(coffeeluv1.jpg)

■ 『コーヒーと愛の香り』

■ 『愛の馬車道』

■ 『亀姫と香芽子さん』

■ 『愛の夕顔を探して』

■ 『ケネディ暗殺の謎』

■ 『行田物語 ピラミッド』

■ 『由梨さん@コルシカ』

■ 『黒い行田市長』

■ 『ヒシしようよ』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『天の川de思い出』

■ 『天の川の思い出』

■ 『行田物語 古代蓮』

■ 『チーズ@シルクロード』

■ 『ラーメン@バクー』

■ 『行田物語 饅頭』

■ 『ぶんぶく茶釜だよ』

■ 『ぶんぶく阿波踊り』

■ 『食欲の秋です』

■ 『カレーdeパリ』

■ 『パワースポット』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『日本男児@パワースポット』

■ 『タケモトピアノ 苦情』

■ 『母と暮せば』

■ 『国道17号バイパスの奇跡』

■ 『伽哩夫人』

■ 『年賀状@富岡』

■ 『愛のジェローだよ』

■ 『愛の果実』

■ 『桜を想いながら』

■ 『去年の秋の食欲』

■ 『パンツとブラと餃子』

■ 『軽井沢タリアセン夫人@バンクーバー』

■ 『釜めし@バレンタイン』

■ 『タリアセン夫人と洋画』

■ 『ロマン@尾瀬ヶ原』

■ 『タリアセン夫人の夢』

■ 『夢の素遺伝子』

■ 『さけ茶づけ@バレンタイン』


(compie1b.jpg)

■ 『コンピエーニュから』

■ 『焼きそば@バレンタイン』

■ 『思い出のバレンタイン』

■ 『酒巻ミステリー』

■ 『縄文人と弥生人は惹かれあう?』

■ 『バレンタインを探して』

■ 『ラビオリ物語』

■ 『キャドバリーチョコ』

■ 『ジュネーブの休日』

■ 『定禅寺ジャズ』

■ 『いしぶみ』


(noten15.jpg)

■ 『軽井沢夫人@雲場池』

■ 『イタリアの空の下』

■ 『トロントの空の下』

■ 『チンチン@ロブソン』

■ 『バレンタイン@スイス』

■ 『熟女4人5脚@神戸』

■ 『中将湯と華宵御殿』

■ 『枯葉とチョコレート』

■ 『ロマン電車』

■ 『グルメの思い出』

■ 『上流夫人@水原市』

■ 『七つ星ロマン』

■ 『富士山@ルート66』


(sayuri811.jpg)

■ 『カフェdeロマン』

■ 『機内映画』

■ 『洲浜を探して』

■ 『夢のような話』

■ 『軽井沢の夜光』

■ 『恋人たちの小径』

■ 『サワークリームグレーズド』

■ 『優美な日本女性』

■ 『氷河期がやってくる』


(bare02b.gif)

こんにちは。ジューンです。

日本のハーブティーは、なんといっても桜湯だそうですけれど、


(sakurate.jpg)

カナダ、アメリカ、イギリスではハーブティーとして

ローズティーが好まれています。

普通、ローズヒップティーと呼ばれます。

ローズヒップ(rose hip)とは

バラ科バラ属の植物の果実。

つまり、バラの実です。

ローズヒップ生産のため、バラの特定品種、

特にRosa canina(ドッグ・ローズ)が栽培されています。

ハイビスカスとブレンドしたハーブティとして飲用されることもあります。

また、ローズヒップオイルは食用油として、

ジャム、ジェリー、マーマレードにも用いられるほか、

スキンケアにも用いられます。

こんなエピソードがありました。

第二次世界大戦中、

イギリスはドイツ海軍Uボートの海上封鎖により

オレンジの輸入がストップしたのです。

ビタミンCの補給ができなくなったのです。

それで、英国の学童たちは生垣に生えている

ローズヒップの採集を命じられました。

ローズヒップティーにして飲んで

ビタミンCを補給したのですって。。。


(rosehip.jpg)

なんだか信じられないようなお話ですよね。

ところで、英語の面白い話を集めました。

時間があったら覗いてみてください。

■ 『あなたのための愉快で面白い英語』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。


(chirashi.jpg)


(bravo.gif)

英語は3語で伝わる

 

英語は3語で伝わる

 


(eigo003.jpg)


(question.gif)


(himiko92.jpg)

 


(himiko22b.gif)

デンマンさん。。。 マジで英語は3語で伝わるのでござ~ますかァ~?


(kato3.gif)

すべての英語が3語で伝わるなら、学校で英語を教える必要はないでしょう!

それなのに、どういうわけで上のようなタイトルをつけたのでござ~ますか?

あのねぇ~、バンクーバー市立図書館で借りていた本を読んでいたら次の箇所に出くわしたのですよ。。。

1) 和英辞書を引くのをやめて、

知っている単語で乗り切ろう

 

三角形には、3つの辺がある。

昔「トライアングル」っていう楽器を使ったことがあるな、と思いを巡らせば、「三角形=triangle」というように単語を探し当てることができるかもしれません。

 


(triangle3.gif)

 

「辺」がわからなかったら、line(線)でも、別によいのではないかと思います。
知っている単語で何とか乗り切るのです。
なお、「辺」は実際には side といいます。 (略)

A triangle has three lines.
A triangle has three sides.

これで完成です。
なお、「辺」と和英辞書で引くと、辞書には、例えば次のような定義が出てきます。

1 〔漠然とした場所〕a part; alocality; a region; a district;
〔方面〕a direction; a quarter; 〔付近〕a neighborhood; a vicinity.

2 〔漠然とした事情・程度〕

3 〔多角形の各線分〕 a side; a member

<『新和英大辞典』 研究社第5版>

複数の単語が出てくると、どれを使えばよいのかがわからなくなってしまうことがあります。
その結果、例えば1〔漠然とした場所〕の最後にあるvicinityを適当に選んでしまったとしましょう。

A triangle has three vicinities. (?)

この英作文は、私が担当する英語の授業で、数名の学生が実際に書いたものです。
何を伝えているのかわからない、誤った英文となってしまいました。

vicinity は「周辺」をあらわす名詞であって、三角形の「辺」を表す単語ではありません。
これほど極端ではないにしても、和英辞書から知らない単語を使った結果、大きく誤ってしまったということはよく起こります。(略)

どんなときも、知っている単語、見たことのある単語を選んで、その場を乗り切るようにするとよいでしょう。

 (50-51ページ)


2) 単語を対訳で「覚える」のではなく、

「イメージ」をつかもう

 

例えば、exploreという単語を例にとります。
この単語を「覚えた」としても、使いこなすことがなかなかできない場合があります。
辞書には、explore=「探求する」と書いてあります。

「覚えたい」と思う単語があれば、このように「活字」の対訳で記憶しようとするのではなく、次の図のように、画像で頭に残すようにするとよいでしょう。
そうすれば、さまざまな文脈で使うことが可能になります。

このような「画像」の入手については、インターネット検索エンジンGOOGLEの「画像検索」が有効です。

exploreと入力欄に入れて、「画像」検索をクリックすれば、exploreにまつわるさまざまな画像が出てきます。
ざっと見渡すだけでも、その単語が持っている意味を大まかに把握することが可能です。

 


(explore5.gif)

 

ちなみに、このexploreという単語は、日常のカジュアルな場面でも使うことができます。
例えば、友人とどこのお店に入ろうかと迷いながらレストラン街を歩いているとしましょう。

イタリア料理、和食、中華、「何にする?」と友人に聞かれたら、”Let’s explore.”と答えることができます。
日本語の「ちょっと見回ってから決めよう」といった意味になります。

explore=「探求する」と対訳で覚えていたら、そのような場面で使いこなすことは難しいでしょう。

また、exploreという単語はより正式な場で、「新しい手法を探す」といった意味でも使うことが可能です。
例えば、We will explore a new approach.
(新しい手法を探す)などと表すことができます。

 (55-56ページ)


3) 朝飯前を英語にすると?


(asameshi.png)

 

「そんなの朝飯前!」ということを伝えるためには、英語でどう表現すればよいでしょう?

It’s before breakfast! (それは朝飯の前!)

このように直訳してしまっては、何を伝えているのかがまったくわかりません。

どう伝えればよいのでしょうか?
It’s a piece of cake!(そんなの朝飯前です!)という英語の表現があります。
「ケーキ一切れ」、a piece of cake を使って、「朝飯前」、つまり「とても簡単であること」を表します。

(知らなかったらどうするのか?)

そんなとき、より簡単で、より自身を持って使える表現を考えることをおすすめします。

例えば、次のように表現することができます。

It’s easy! (そんなの簡単です)

また、次のようにも表現できます。

I can do that! No problem. (できます。 簡単です)

(中略)

「英語で伝える」ということは、「朝飯前」をbefore brealfastのように単語を置き換えることではありません。
また、it’s a piece of cake!のような「決まり文句」を、場面に合わせていくつも覚えるというわけでもありません。

「英語で伝える」ということは、(略)誰でも知っていて、誰にでも使える英語表現で、新たな英語を組み立て直すことです。

中身が簡単に伝わり、誤りが起こりにくく、自信を持って使える英語を目指しましょう。

 (68-69ページ)

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真とイラストはデンマン・ライブラリーより)


『英語は3語で伝わります』
著者: 中山裕木子
2017年5月9日 第13刷発行
発行所: ダイヤモンド社

あらっ。。。 上の本の題名は『英語は3語で伝わります』というものではござ~♪~ませんかァ!

そです。。。

でも。。、でも。。。、30年以上も英語圏で英語を話しているデンマンさんが「すべての英語が3語で伝わるなら、学校で英語を教える必要はないでしょう!」と言ったばかりではありませんかァ~!

そうです。。。

それなのに『英語は3語で伝わります』という本をデンマンさんは、わざわざ借りて読んでのですか?

あのねぇ~、もちろん、初めから馬鹿バカしいとは思ったけれど、このようなタイトルをつければ、本を手に取る庶民がたくさんいるだろうと出版社の宣伝部長は思ったのですよ。

それで、誇大表示をしたわけなのですか?

たぶん、そういうことでしょう。。。 すべての英語が3語で伝わるなら、わざわざ英語学校で英語を勉強しようなどとは、誰も思わないですよ。。。

それは、そうですわよねぇ~。。。 もし、本当ならば、あたくしだってぇ、本を買ってすぐに読みますわ。。。

でもねぇ~、僕が手に取った本は第13刷なのですよ。。。 つまり、この本はベストセラーではないかもしれないけれど、売れているのですよ。。。 要するに、ためになるのですよ。。。 だから、13回も印刷して売っているのですよ。。。

でも。。。、でも。。。、すべての英語は3語では伝わらないのでしょう?

もちろんです。。。

それなのに、どういうわけで売れてるのですか?

あのねぇ~、正確に言うならば、「英語は3つのエレメント(要素)で伝わります」ということなのですよ。。。

どういうことですか?

英語を話すときや、書くときには3つの要素で組み立てれば、簡単に話すことができ、容易に書くことができる、と言っているのですよ。。。

その3つの要素とは。。。?

それは、卑弥子さんも図書館で借りるか、本屋で買って読んでみてください。。。 買って損した、とは思わない本ですよ。。。

。。。で、この本のどこを読んでデンマンさんは感銘を受けたのですか?

僕が改めて役に立つと感じたのは、上の3箇所ですよ。。。 その中でも特に2番目ですよ。。。

単語を対訳で「覚える」のではなく、「イメージ」をつかもうということですか?

そうです。。。 GOOGLEで画像検索すると次のようなページが出てきます。

 


(explore.png)

『現時点での検索結果』

 

このように画像検索すれば、確かに explore にまつわるさまざまな画像が出てきます。 ざっと見渡すだけでも、その単語が持っている意味を大まかに把握することができます。

つまり、この事を言うために、わざわざ上の本を持ち出してきたのですか?

もちろん、それだけじゃありませんよ。。。 昔の人は“百聞は一見にしかず!”と言ったのですよ。。。 まさに、その通りだと思ったわけです。。。

でも、そのような事は今更デンマンさんに言われなくても、ほとんどのネット市民の皆様がわかっていると思いますわァ~。。。

でも、それを英語の勉強に活用している人は、めったにいないと思いますよ。。。 だから、上の本でも単語をイメージとして覚えることを強調しているわけです。。。 もちろん、僕も本を読んで、改めて、そうだと実感したわけです。。。

つまり、この事が言いたかったわけですねぇ~。。。

いや、他にもまだ言いたい事があるのです。。。

どのような。。。?

卑弥子さんは、英語はそれほどでもないけれど、“百聞は一見にしかず!”ということを自分を売り込むときに、実に活用しているのですよ。。。

あらっ。。。 マジで。。。?

卑弥子さんの次の自己宣伝を見てください。。。

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~~

あなたは、どう思いますか?

ええっ。。。 「新渡戸稲造の別荘など どうでもいいから、何か他の面白い話をしろ!」

あなたは、あたくしに そのようにご命令なさるのでござ~ますかァ~?

分かりましたわァ。。。 あなたがそのようにおっしゃるのであれば、

個人的なお話ではありますけれど、

次の検索結果を見てくださいまし。。。

 


(gog60409a.png)

『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

「卑弥子 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわよう。

うふふふふふふ。。。

あなたも、ビックリするでしょう?

ジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわァ。

 


(buttdimp5.jpg)

 

どうでござ~ますかァ?

ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?

どうしてよう?

ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ~ますかァ~?

あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、

最後には上のようなおヌードになるのですわよう。

信じてくださいましなァ~。。。


『恋人たちの小径』より
(2018年12月21日)

そういうわけで、卑弥子さんは英語を勉強すれば上達が早いと思いますよ。。。

そうでしょうかしら?

あのねぇ~、昔の人は“信じる者は救われる!”とも言いましたからねぇ~。。。 僕の言うことを信じて英語を勉強すれば、すぐに上達します。。。

でも、あたくしは、英語上達よりも、結婚してくださる殿方を上のお写真で射止めたいのでござ~ますわァ~。。。 うふふふふふふふ。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif) 

どうですか?

うえのお写真を見て、あたくしの魅力がお分かりになりましたでしょか?

ええっ。。。 「そんな話はどうでもいいから、何か他に面白いことを話せ!」

あなたは、あたくしに向かって、そのようにご命令なさるのでござ~ますか?

いけすかないお方ァ~。。。!

分かりましたわァ。。。 あなたが、そうおっしゃるのだったら、まずジューンさんの次の写真をご覧になってくださいまし。。。

 


(senya020b.jpg)

 

千夜一夜物語の衣装を着たジューンさんに魅せられて、女性に成りすます男性が たくさん居るのでござ~ますわァ!

ええっ。。。 信じられないのですかァ?

じゃあ、ちょっと次のYouTubeのクリップを見てくださいまし。。。

 


(xdress02.jpg)

 

いかがでござ~ますかァ~?

男性が女装していると思いますかァ?

あたくしは、素直に信じることができませんわァ~。。。

どうですかァ~? けっこうなものでしょう!?

いつまでも見とれていても仕方がありませんわよゥ。

あなたのために古代史の面白い記事を用意しました。

ぜひ お読みください。

では。。。

天武天皇と天智天皇は

同腹の兄弟ではなかった。 

天智天皇は暗殺された 

定慧出生の秘密 

藤原鎌足と長男・定慧 

渡来人とアイヌ人の連合王国

なぜ、蝦夷という名前なの?

平和を愛したアイヌ人

藤原鎌足と六韜

古事記より古い書物が

どうして残っていないの?

今、日本に住んでいる人は

日本人でないの?

マキアベリもビックリ、

藤原氏のバイブルとは?

とにかく、次回も興味深い記事が続きます。

だから、あなたも、また読みに戻ってきてください。

じゃあ、またねぇ~。。。


(hand.gif)

 

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』


(surfing9.gif)


(sayuri5.gif)

ところで、平成の紫式部こと、卑弥子さんは見かけによらず、京都の女子大学で腐女子に「日本文化と源氏物語」を講義している橘卑弥子・准教授という肩書きを持っています。

卑弥子さんの面白い話をもっと読みたい人は
下のリンクをクリックして読んでみてくださいね。


(annasalleh.jpg)

『オルフェと聖徳太子』

『源氏物語とおばさんパンツ』

『霊仙はなぜ毒殺されたの?』

『紫式部が地獄へ』

『破戒僧円載』

『アショーカ王の愛と苦悩』

『どら平太の世界』

『三四郎とデンマンさん』

『ヒトラーの姪』

『ゴヤと三島由紀夫』

『仏陀とキリストと娼婦』


(zurose2.jpg)

『ズロースと戦争』

『伊藤若冲ブーム?』

『ブッダと物理学』

『加藤清正ブーム?』

『愛憎と三輪山』

『松原智恵子 お尻ペンペン』

『坂本龍馬は流れ者か?』

『野ざらし』

『紫式部堕獄説』

『日本最古のポルノ?』

『源氏物語の性描写』

『寅さんの本棚と急行まつしま』

『ヒトラーは草食系?』

『ブッダとキリストと娼婦』

『顔文字とオナラ』


(hama10.jpg)

『宝暦の恨みを明治維新で』

『デウキと紅葉@行田』

『薄い陰毛と紅のボートピープル』

『江戸の閨房術』

『ずるがしこい現代人』

『春画@源氏物語』

『千早振る』

『あれっ、松本清張』

『キスと源信』

『伎楽は呉から…?』

『紺瑠璃杯に魅せられて』

『神聖娼婦 マリア』

『安徳帝は生きていた』

『白石川の桜』


(maria05.jpg)

『ブログ村のマリア様』

『萌える済子女王』

『ピンク桃色@徒然』

『富沢金山の桜』

『ピンク桃色村』

『紫式部@徒然』

『絵里香@ペルー』

『ペルシャ人の楊貴妃』

『ん?佐伯今毛人』

『文学と歴史とウソ』

『百人一首ミステリー』

『芭蕉と遊女再び』

『映画とロマン@仙台』

『源氏物语中的性描写』

『忘れられた歴史ロマン』


(costa04b.jpg)

『おばさんパンツ@サンホセ』

『聖徳太子のチューター』

『オナラの曲芸』

『死海』

『漱石とオナラ』

『絵里香さん』

『美女とオナラ』

『アンバパーリー』

『ゆっくりと愛し合う』

『見ちゃだめ!』

『二重マチ付きズロース』


(miya08.jpg)

『麻生元総理』

『ネットのバカ女を捜して』

『額田王の歌』

『聖女と娼婦』

『済子女王@萌える』

『ん?堀内亜里?』

『松平春嶽が黒幕?』

『旅行者的早餐』

『なぜ蝦夷なの?』

『プリキュアとヒトラー』

『戦争絶対反対よね』

『怨霊の歴史』

『色欲@歴史』

『紫式部と敗戦』

『ラピスラズリと源氏物語』

『性と愛@古代史』

『仙台を離れて』

『美人とブス@大奥』

『絵の中のウソ』

『阿倍仲麻呂@ベトナム』

『バイクガール』

『六条御息所』

『卑弥子さんの大学』

『元寇と捕虜』

『マキアベリにビックリ』

『痴漢が心配』

『びた一文』

『卑弥子@ブカレスト』

『エロい源氏を探して』

『ラピスラズリの舟形杯』

『平成の紫式部』

『隠元豆と国性爺合戦』

『おばさんと呼ばれて』

『女帝の平和』

『アタマにくる一言』

『悪女レオタード@昌原市』

『スウィートビーン』

『ガチで浦島太郎やし』

『ご苦労さま』

『デンマンのはなし』

『卑弥呼の墓』

『室生犀星と人間学』

『松平春嶽ダントツ』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)


(byebye.gif)

ピラミス 美術館

 

ピラミス 美術館

 


(piramis5.jpg)


(vga10.jpg)


(blackcat5.jpg)


(mayumi55.jpg)

今日はピラミス美術館を紹介してくれるのですか?


(kato3.gif)

。。。ん? ピラミス美術館?

だってぇ、タイトルにそう書いてあるじゃありませんか。。。

あのねぇ~、ピラミスと美術館の間に空白があるのですよ。。。 ピラミス美術館という名の美術館はありません。。。

つまり、ピラミスと美術館は全く関係ないのですか?

全く関係ないというわけではないのです。。。 ちょっと次のリストを見てください。。。

 


(liv81103a.png)


『拡大する』

『ピラミス@美術館』

 

これはライブドアの 僕の「徒然ブログ」の日本時間で11月2日の午後1時44分から3日の午前9時28分までの約20時間の「生ログ」の一部です。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目して欲しい。。。

あらっ。。。 GOOGLEで検索して デンマンさんが投稿した『ピラミス@美術館』を読んだのですわねぇ~。。。

そうです。。。

もしかして上の写真の女性が読んだのですか?

そうなのですよ。。。 3人で写っている真ん中の女性が読んだのです。。。

女子大生ですか?

そうです。。。 実は山口大学の人文学部の学生で、名前を山名沙代美 (やまな さよみ)さんと言うのです。。。

 


(yamau02.jpg)

 

いつものようにIPアドレスを調べて沙代美さんが読んだことを突き止めたのですか?

そうです。。。

 


(ip255251b.png)

 

。。。で、沙代美さんは、何を勉強しているのですか?

人文学部で歴史学コースを取っているのですよ。。。

『ピラミス@美術館』を読んだということは、その記事の中に歴史に関係することがでてくるのですか?

そういうことです。。。

。。。で、沙代美さんは、どのように検索したのですか?

次のように検索したのです。。。

 


(gog81103a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

あらっ。。。 「ピラミス 美術館 徒然」と入れて検索したのですわねぇ~。。。

そうです。。。 沙代美さんは「徒然ブログ」の常連さんなので“徒然”を加えて検索したわけです。。。

。。。で、歴史的な事実が記事の中に語られているのですか?

真由美ちゃんは忘れてしまったのですか? 『ピラミス@美術館』の中で僕と真由美ちゃんが対談しているのですよ。。。

でも、その記事はデンマンさんが 2015年の4月24日に投稿したのですもの。。。 デンマンさんと何を語りあったのか?すっかり忘れてしまいましたわァ~。。。

じゃあ、思い出してください。。。 次のようなことが書いてあるのです。。。

真由美ちゃんが注文したチーズケーキのような食べ物ですよ。 僕も半分もらって食べたけれど、初めて“ピラミス”を食べたのですよ。 これまで “ピラミス”という言葉を日本語でも英語でも聞いたことも無ければ、見たことも無かった。 もちろん、そういう食べ物があることも知らなかった。

あらっ。。。 そうだったのですか? 日本では、けっこうポピュラーな食べ物で、ちょっと気のきいたカフェならば。。。、 例えば“モンブラン”を置いてあるカフェならば、“ピラミス”も必ずといっていいほど置いてありますわ。

僕は“モンブラン”は好物なのだけれど、ショーケースの中に“ピラミス”という名前のカードを見た覚えが無いですよ。

たぶん、見逃していたのだと思いますわ。

あのねぇ~、実は、この記事を書くので調べてみたのですよ。 まず日本語の『ウィキペディア』で検索したのですよ。 その結果を見てください。


(piramis3.png)


『拡大する』

『実際のページ』

あのねぇ~、上の結果を見れば解るけれど、日本語の『ウィキペディア』に“ピラミス”というエントリーはまだ無いのです。

あらっ。。。 マジで ありませんわねぇ~。。。

でしょう?!。。。 でも、「ギザの大ピラミッド」という項目の中に、“ピラミス”のことが書いてある。

あらっ。。。 ホントですわァ~。。。 ピラミッドの語源になったというのがギリシャ語の“ピラミス”—つまり、pyramis で、もともとは 三角形のパンやお菓子を意味するものなのですわねぇ~。。。知りませんでしたわ。


(piramis5.jpg)

そういうことなのですよ。 画像検索してみると、驚いたことにケーキらしいものは出てこないのです。


(piramis1.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

あらっ。。。 ホントですわねぇ~。。。 それらしい食べ物は出てませんわねぇ~。。。

。。。でしょう!?。。。 で、“ピラミス ケーキ”と入れると、初めてケーキらしいものが出てくるのですよ。


(piramis2.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

あのねぇ~、真由美ちゃんは“お菓子職人、ベーグル職人”だから、当然のように“ピラミス”を知っていたけれど、日本では まだ一般の人は 食べ物の“ピラミス”という言葉を知らない人の方が多いと思いますよ。

そうかしら。。。?

試しに「ピラミス ケーキ」を入れて GOOGLE でウェブ検索してみたのですよ。 その結果を見てください。


(gog50423b.png)

『現時点での検索結果』

204,000件ヒットするのだけれど、実際に、食べ物の“ピラミス”のことが書いてあるのは、最初のページの2,3のサイトだけなのですよ。 真由美ちゃんは“お菓子職人、ベーグル職人”だから、当然のように“ピラミス”を知っているけれど、まだミーちゃん、ハーちゃんは知らない人の方が多いと思いますよ。 リストのトップのNHKのサイトでも、「ピラミスとは小麦のケーキです」と書いている。 これなどは、どう見ても、間違っていると思いますよね。 やっぱり三角形のような形をしたパンかお菓子のようなものだ、と言うのが正しいと思います。 つまり、それほど、まだ日本では知られてないのですよ。

英語では、どうなっているのですか?

“pyramis”を入れて検索すると次のような結果になるのですよ。


(gog50424a.png)

『現時点での検索結果』

672,000件ヒットするのだけれど、最初のページに表示されたどのページにも食べ物の“ピラミス”について書いてあるページは出てきません。 画像検索してみると 次のような結果になります。


(gog50424b.png)

『現時点での検索結果』

やっぱり、食べ物の“ピラミス”は出てこないのですよ。

どのようにして検索すると食べ物の“ピラミス”が出てくるのですか?

次のようにするのです。


(gog50424c.png)

『現時点での検索結果』

“pyramis cheesecake”と入れると、自動的に“pyramid cheesecake”と変換して表示するのですよ。

ピラミッドの形をしたチーズケーキということですわね。

そういうことです。。。 英語圏では、たぶん “ピラミス”というのは“ピラミッド チーズケーキ”と呼ばれているのでしょうね。

でも、Vancouver Art Gallery のカフェでは “Pyramis” と書いてありましたわ。

だから、“美術館”のカフェだから、格調高く、語源のギリシャ語に近い名前にしたのですよ。 たぶん。。。


『ピラミス@美術館』より
(2015年4月24日)

でも、この“ピラミス”は日本では“ティラミス”と呼ばれる方が普通ですわァ。。。

マジで。。。?

日本では“ティラミス”が1990年頃のバブル期に大ブームになり、デニーズを皮切りに、多くのファミリーレストランでメニューに加えられたのですわァ~。。。

 


(maccha8.jpg)

 

日本のバブル期に“ティラミス”が大ブームになったってぇ、知らなかったなあああァ~。。。

バブル期当時は、ティラミスとパスタしか扱わないイタリア料理店も存在したほどだったのです。。。 その後も、一定の人気を保っているそうですわァ~。。。

つまり、沙代美さんは“ピラミス”と“ティラミス”が同じものかどうか? それを調べるために『ピラミス@美術館』を読んだのだねぇ~。。。

たぶん、そうだと思いますわァ~。。。


(laugh16.gif)

【デンマンの独り言】


(kato3.gif)

真由美ちゃんは僕の従妹(今田 とも子)の娘です。
僕の言う事は素直に信じてくれる、とても性格のいい子です。(笑)

カナダにやって来てからはノース・バンクーバーでホームステーしながら
VCC (Vancouver Community College)にかよって
パン職人・ベーグル職人の勉強と実習に励んでいました。

2016年9月に卒業式を終えて、現在、バンクーバー市内の
旨いベーグルを提供するカフェ・レストランで働いています。

学生時代には、先生やクラスメートとの英会話には、まごつくことがあったそうです。
外国語というのは習得するのが実に大変です。

あなたは英会話を勉強してますか?
できれば、英語を話している国へ行って英会話を勉強するのが一番です。

でもねぇ~、英会話を勉強する方法に王道はありません。
人それぞれです。。。
自分に合った勉強法を見つけるのが、英会話の上達の早道だと僕は思いますね。

同じことを同じように勉強しても、人によって上達が違うのですよ。
僕の経験で言っても、人によって、語学の才能というのはまちまちです。

太田将宏老人のように、40年もカナダに住んでいるのに
英会話が満足にできずに 6人に成りすまして日本語でブログにコメントを書きなぐって余生を過ごす人もいます。

なかには、日本語を忘れてしまうほど、英語にどっぷりと浸かってしまう人もいます。
20年以上英語圏で英語を話してますけれど、
僕は、漢字を忘れることはあっても、日本語を忘れることはありません。

もちろん、今でも、英語を話すよりも日本語を話す方が楽に話せます。
僕自身は語学の才能があるとは思ってませんが、
僕が、カナダ人と笑いながら話しているのを聞いていると、
真由美ちゃんには さっぱり 何を話しているのか解らないと言うのですよね。

僕がペラペラと英語を話しているように見えるのだそうです。
早くデンマンさんのように 英語がしゃべれるようになりたい、と真由美ちゃんは言います。

しかし、僕は、常に、英語を日本語のように しゃべれたら いいなと思っているのですよ。
外国語を母国語のように話すのは、本当に難しいと思います。

いずれにしても、真由美ちゃんは小さい頃からの夢が叶ってぇバンクーバーにやって来たのです!


(inflight2.jpg)


(airport1b.jpg)

ところで、あなたはバンクーバーに行ったことがありますか?

とっても素敵な街ですよ。


(stanley50.jpg)


(seawall3.jpg)


(seawall2.jpg)

世界で最も住みやすい街バンクーバー


(wetsuit.jpg)


(wetsuit3.jpg)


(gastown20.jpg)


(canplace22.jpg)

ビデオを見ても、なんだかワクワクしてくるでしょう?

卑弥子さんが バンクーバーにやって来たのは 2008年の元旦の2週間ほど前でした。

クリスマスをバンクバーで過ごして、それから元旦の“Polar Bear Swim (寒中水泳)”に参加したのです。


(polar10.jpg)

上のビデオを見ると、まるで真夏のようでしょう?

ところが気温は確か2度ぐらいでした。 

水の中の方が暖かかったのです。

とにかく、バンクーバーには面白い人たちがたくさん居ますゥ。

あなたも、お暇と お金の余裕があったらぜひ出かけてみてください。

では、また興味深い、面白い記事を書くつもりです。

だから、どうか、あなたも またやって来てくださいねぇ~~。
じゃあね。


(hand.gif)

 

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:


ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』


(santa85b.jpg)

『ピラミス@美術館』

『夢のバンクーバー』

『バンクーバーの屋上で』

『オランダ移住』

『カナダ移住の夢』

『ディープコーヴ』

『浴衣のバンクーバー』

『黒豚テリマヨ』

『イタリアのベーグルとサルサ』

『花火大会』

『乙女老い易く学成り難し』

『真由美ちゃん@英語』

『真由美ちゃんダントツ』

『日本よい国天国だ!』

『やっぱりどこか狂ってる』

『日本で再会』


(utsunomiya10.jpg)

『乙女力@宇都宮』

『いい出会いの連鎖』

『笑顔の乞食おばさん』

『ニュートンの暗い秘密』

『新年@バンクーバー』

『スープキッチン@新年』

『猫と癒し』

『猫と犬と癒し』

『大通りde水の滑り台』

『イルカとワンちゃん』

『カワウソ@スタンレー公園』

『生パンツ系男子とベトナム兵』

『愛と癒しの涙』

『ダンスとノーベル賞』

『おもてなし』

『思い出ポロポロ』

『ロブソンの5月』


(biker302.jpg)

『ネットが不倫を連れて来る』

『ペットと良心』

『夢のデニッシュ』

『パンツァネッラ』

『12歳少女の短命』

『行田の伯母さん』

『パン職人修行』

『タイムマシーン』

『ルンルンdeサルサ』

『天国のワンちゃん』

『万の風になって』

『プロシュット』


(mayumi76.jpg)

『なせば鳴る音楽』

『日本人女学生行方不明』

『日本人女学生死亡』

『ガレット』

『那須高原の紅葉』

『希望とロマン』

『錯視 錯覚』

『マンボ@バンクーバー』

『オリーブオイル』

『スコーンとプディング』

『5月のロブソン』

『病院食の間違い』

『プレミアム・ジャパン』

『自然の摂理を無視すると…』

『夢のデニッシュ・悪夢のマーガリン』


(juneswim.jpg)

『パリ風カフェ』

『どこか狂ってるわ』

『行田遠野物語』

『行田物語 ピアノ』

『行田物語 猫』

『行田物語 母の懐』

『行田物語 ケネディ暗殺』

『行田物語 病院食』

『行田物語 お股の花々』

『晩香坡物語 ジャズ』

『行田物語 悪夢』

『行田物語 社長』

『行田物語 棺桶に入るまで』

『宝田百合子@インド』

『行田物語 ちゃぶ台』

『行田物語 アカギレ』

『行田物語 にぼし』

『ノーベル賞がなぜ?』


(dance011.jpg)

『トゥーランドットとかぐや姫』

『ゲソとワケギ』

『シェフ バベット』

『まんじゅう@富岡』

『ん?トゥーランドット』

『女の子の夢』

『イヴォワールのレストラン』

『151歳の誕生日』

『お皿をぺろぺろ』

『ポップス@蕎麦屋』

『検便と回虫』

『スコーンとプディング』

『スコーン姉妹』


(surfin2.gif)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

軽井沢夫人@雲場池

 

軽井沢夫人@雲場池

 


(miwa100.jpg)


(salon22.jpg)


(sayuri55.gif)

デンマンさん。。。 どういうわけで軽井沢夫人@雲場池というタイトルにしたのですかァ~?


(kato3.gif)

小百合さんは雲場池が懐かしくありませんかァ~。。。

でも、軽井沢と言えば雲場池ですわァ~。。。 滋賀県と言えば琵琶湖で。。。 あまりにも当然過ぎて、とりわけ懐かしいとは思いませんわァ~。。。

そういうものですかねぇ~。。。?

デンマンさんは、それほど雲場池に思い入れがあるのですかァ~。。。

僕は小百合さんと一緒に雲場池のぐるりをロマンチックに巡ったことががあるのですよゥ。。。 うしししししし。。。

 


(kumoba83.jpg)

 

あらっ。。。 そのようなことがありましたァ~?

ほらっ。。。 小百合さんはすっかり忘れているのですよう。。。 紅葉がとても素敵ですわァ~!と言ったでしょう! 小百合さんは、まだ物忘れする年ではないですよう! んもおおおォ~。。。

つまり、私と雲場池のぐるりを散歩したのを思い出したので、記事のタイトルにしたのですか?

そう言いたいのですけれど、実は違うのですよ。。。 ちょっと次のリストを見てください。。。


(liv80715a.png) 


『拡大する』

『雲場池の巡り会い』

こらはライブドアの僕の『徒然ブログ』の日本時間で7月14日の午前10時49分から午後2時15分までの約3時間半の「生ログ」の一部です。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目して欲しい。。。

あらっ。。。 7月14日の午前11時39分にGOOGLEで検索して『雲場池の巡り会い』を読んだネット市民がいたのですわねぇ~。。。

そうなのですよ。。。 実は、埼玉県さいたま市に住んでいる高田亀雄君が読んだのです。。。

また、IPアドレスを調べて、亀雄君が読んだと突き止めたのですか?

そうです。。。


(ip9117b.png) 

。。。で、生ログのリファラのリンクをクリックすると、どのような検索結果が出てくるのですか?

実は、亀雄君はGOOGLEで画像検索したのです。。。 その結果を見てください。。。


(gog80716a.png) 


『拡大する』

『実際のページ』

。。。で、赤丸で囲んだ Visit をクリックすると生ログのリファラのリンクをクリックすると、『雲場池の巡り会い』が表示されるのですか?

そういうことです。。。


(liv90115e.png) 


『拡大する』

『雲場池の巡り会い』

でも。。。、でも。。。、亀雄君は明らかに、私ではなく高田美和さんが演じる“軽井沢夫人”を探していたのですわァ~。。。

そうなのですよ。。。

 


(miwa212.jpg)


(miwa213.jpg) 

 

でもねぇ~、『雲場池の巡り会い』を読んで、軽井沢夫人が泊まった「ニューグランドロッジ」がどこにあったのか? どのような外見をしていたのか? それが分かったので亀雄君はスキップして喜んだのですよ。。。

 


(lodge23d.gif) 


(hotel22.jpg)


(lodge24.jpg)


(lodge25.jpg)


(lodge26.jpg)


(lodge27.jpg)


(smilejp.gif)

 

信じられませんわァ~。。。

それに、軽井沢タリアセン夫人の女子高2年生のときの写真が見られて感激したのですよ。。。


(coco015b.jpg)

小百合さんは1982年に製作された

日活ロマンポルノ『軽井沢夫人』

のことを知ってた?

当時、清純女優として知られていた高田美和さんが初めて脱いで大胆なセックスシーンを見せたので話題になった映画です。
美和さんは当時35歳でした。

1982年と言うと、小百合さんは17歳。
花も恥らう館林女子高の2年生!


(sayuri85.jpg)

中学生のときに『エマニエル夫人』を観て
感銘を受けた小百合さんでした。
『軽井沢夫人』と聞けば、小百合さんにとって聖地の軽井沢の夫人のことだから、無関心では居られなかったでしょうね?

実は、小百合さんが近いうちに“軽井沢夫人”になるので、僕はこの日活ロマンポルノを懐かしく思い出したのですよう。

なぜ、小百合さんが日活ロマンポルノ『軽井沢夫人』のことを知っているような気がしたのか?
なぜなら、次の小百合さんの“軽井沢夫人”についてのメールを読んだからです。

小百合物語は 終わるの?
それで、軽井沢物語が始まるの?

でも、 やっぱ 「軽井沢夫人」 ではタイトルが やらしーから
軽井沢日記 とか 紀行 とか?
他のタイトルにしたら?

小百合が 軽井沢で遊んでるのを だれも喜ばないし、
今まで覗いて くれた人達が ブログから 離れてしまうよー


『やらしい軽井沢夫人 (2008年7月7日)』より

信じられませんわァ~。。。

あのねぇ~、昔の人は「信じる者は救われる!」と言ったのですよ。。。 だから、小百合さんも素直に信じてルンルン気分で、今日一日を過ごしてねぇ~。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~~

ところで、小百合さんが なぜ「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれているのか?

ご存知でござ~♪~ましょうか?

なぜ。。。?

実は簡単な事なのですわよう。

 


(sayuri80.jpg)

 

小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。

小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですってぇ~。。。

分からない事ではござ~ませんわ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。

現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。


(suikyu9.jpg)

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

軽井沢・雲場池の紅葉

軽井沢のイルミネーション

秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩

とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。

だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。

じゃあねぇ~~。


(hand.gif)


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』


(noten15.jpg)

■ 『月夜の美人』

■ 『ふるさと 行田』

■ 『愛の偶然と必然』

■ 『田中角栄と軽井沢』

■ 『うさぎ追いしかの山』

■ 『アブラッソ不在の美』

■ 『ロマンの昔話』

■ 『海を渡ったバレンタイン』

■ 『バレンタインが老人を狂わせた』

■ 『マルちゃん海を渡る』

■ 『銀座からバレンタイン』

■ 『仙台からバレンタイン』


(sayuri811.jpg)

■ 『パリからバレンタイン』

■ 『ジャズ@バンクーバー』

■ 『タイからバレンタイン』

■ 『たまご麺@バレンタイン』

■ 『愛犬とゴッド』

■ 『ザ・バレンタイン女』

■ 『週刊誌deヌード』

■ 『愛と天の夕顔』

■ 『ジェミマおばさんのシロップ』

■ 『夏日に、お帰りなさい』

■ 『コイ、鯉、恋がいっぱい!』


(fragran11.jpg)

■ 『スープカレーなのね』

■ 『忍城時代まつり』

■ 『夜道のルート66』

■ 『上を向いて歌おう』

■ 『霧積温泉のロマン』

■ 『元気が一番!』

■ 『行田のスープカレー』

■ 『パンツとブラジャーと餃子』

■ 『軽井沢を文学散歩する』

■ 『ばァ~の面影』

■ 『バレンタイン@行田』

■ 『軽井沢タリアセン夫人@遠藤家』

■ 『桃の節句@天国』

■ 『古代米カレー』

■ 『愛のジェローを探して』


(coffeeluv1.jpg)

■ 『コーヒーと愛の香り』

■ 『愛の馬車道』

■ 『亀姫と香芽子さん』

■ 『愛の夕顔を探して』

■ 『ケネディ暗殺の謎』

■ 『行田物語 ピラミッド』

■ 『由梨さん@コルシカ』

■ 『黒い行田市長』

■ 『ヒシしようよ』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『天の川de思い出』

■ 『天の川の思い出』

■ 『行田物語 古代蓮』

■ 『チーズ@シルクロード』

■ 『ラーメン@バクー』

■ 『行田物語 饅頭』

■ 『ぶんぶく茶釜だよ』

■ 『ぶんぶく阿波踊り』

■ 『食欲の秋です』

■ 『カレーdeパリ』

■ 『パワースポット』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『日本男児@パワースポット』

■ 『タケモトピアノ 苦情』

■ 『母と暮せば』

■ 『国道17号バイパスの奇跡』

■ 『伽哩夫人』

■ 『年賀状@富岡』

■ 『愛のジェローだよ』

■ 『愛の果実』

■ 『桜を想いながら』

■ 『去年の秋の食欲』

■ 『パンツとブラと餃子』

■ 『軽井沢タリアセン夫人@バンクーバー』

■ 『釜めし@バレンタイン』

■ 『タリアセン夫人と洋画』

■ 『ロマン@尾瀬ヶ原』

■ 『タリアセン夫人の夢』

■ 『夢の素遺伝子』

■ 『さけ茶づけ@バレンタイン』

■ 『コンピエーニュから』

■ 『焼きそば@バレンタイン』

■ 『思い出のバレンタイン』

■ 『酒巻ミステリー』

■ 『縄文人と弥生人は惹かれあう?』

■ 『バレンタインを探して』

■ 『ラビオリ物語』

■ 『キャドバリーチョコ』

■ 『ジュネーブの休日』

■ 『定禅寺ジャズ』

■ 『いしぶみ』


(bare02b.gif)

こんにちは。ジューンです。

日本のハーブティーは、なんといっても桜湯だそうですけれど、


(sakurate.jpg)

カナダ、アメリカ、イギリスではハーブティーとして

ローズティーが好まれています。

普通、ローズヒップティーと呼ばれます。

ローズヒップ(rose hip)とは

バラ科バラ属の植物の果実。

つまり、バラの実です。

ローズヒップ生産のため、バラの特定品種、

特にRosa canina(ドッグ・ローズ)が栽培されています。

ハイビスカスとブレンドしたハーブティとして飲用されることもあります。

また、ローズヒップオイルは食用油として、

ジャム、ジェリー、マーマレードにも用いられるほか、

スキンケアにも用いられます。

こんなエピソードがありました。

第二次世界大戦中、

イギリスはドイツ海軍Uボートの海上封鎖により

オレンジの輸入がストップしたのです。

ビタミンCの補給ができなくなったのです。

それで、英国の学童たちは生垣に生えている

ローズヒップの採集を命じられました。

ローズヒップティーにして飲んで

ビタミンCを補給したのですって。。。


(rosehip.jpg)

なんだか信じられないようなお話ですよね。

ところで、英語の面白い話を集めました。

時間があったら覗いてみてください。

■ 『あなたのための愉快で面白い英語』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。


(chirashi.jpg)


(bravo.gif)

エロい源氏を探して

 

エロい源氏を探して

 


(genjiero2.png)


(kunisada97b.jpg)


(genjiero4.jpg)


(himiko92.jpg)

 


デンマンさん、どういうわけでエロい源氏を探しているのでござ~♪~ますかァ?

いや。。。 僕が探しているわけではないのですよ。。。

じゃあ、いったい どなたが探しているのですか?

ちょっと次のリストを見てください。。。。


(liv80630a.png)


『拡大する』

『エロい源氏物語』

これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の日本時間で6月29日の午後10時57分から30日の午前2時36分までの約3時間半の「生ログ」の一部です。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目して欲しい。。。

あらっ。。。 6月29日の午後11時58分にGOOGLEで検索して『エロい源氏物語』を読んだネット市民がいたのですわねぇ~。。。

そうです。。。 実は、名古屋市に住んでいる江路井 亀雄(えろい かめお)君が読んだのですよ。。。

デンマンさんは、またIPアドレスを調べて亀雄君が読んだ事を突き止めたのでござ~ますかァ?

そうです。。。


(ip21880b.png)

。。。で、上のリストのリファラの URL をクリックすると どのような検索結果が出てくるのですか?

次のページが表示されます。


(gog80630a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

あらっ。。。 「源氏物語エロ」と入れて画像検索したのですわねぇ~。。。

そういうことです。。。 亀雄君はエロい源氏を探していたのですよ。。。

。。。で、上の画像のどれをクリックしたのでござ~ますか?

亀雄君が選んだ画像は次の写真です。


(gog80630b.png)


『拡大する』

『実際のページ』

赤丸で囲んだ 表示 をクリックすると次の記事が出てきます。


(liv30208e.png)


『拡大する』

『実際のページ』

亀雄君はエロい源氏にハマッていて、次の画像もクリックして Denman Blog の記事まで読んだのです。。。


(gog80630c.png)


『拡大する』

『実際のページ』

あらっ。。。赤丸で囲んだ 表示 をクリックするとDenman Blogの『エロい源氏物語』が表示されるのですわねぇ~。。。

そうです。。。 


(wp30208e.png)


『拡大する』

『実際のページ』

亀雄君は、これでも満足せずに次の画像もクリックしたのですよ。。。


(gog80630d.png)


『拡大する』

『実際のページ』

あらっ。。。Denman Blogの『源氏物語の性描写』も読んだのでござ~ますかァ~。。。

そうです。。。 表示 をクリックすると次のページが出てきます。。。


(wp60719e.png)


『拡大する』

『実際のページ』

亀雄君は、マジでエロい源氏にハマッているのですわねぇ~。。。

上の記事を読んでも、まだ満足できずに次の画像もクリックしたのです。。。


(gog80630e.png)


『拡大する』

『実際のページ』

あらっ。。。 今度はアメブロのデンマンさんのブログで『源氏物語エロいの?』を読んだのですわねぇ~。。。

そうです。。。 表示 をクリックすると次のページが出てきます。。。


(ame50108e.png)


『拡大する』

『実際のページ』

亀雄君は、エロい源氏にハマッているようですけれど、エロい記事だけを読んで源氏物語を理解しようとするのは邪道ですわァ~。。。

卑弥子さん。。。 そのような固い事ばかり言わないでくださいよう。。。 例え、エロい源氏にハマッても それがきっかけで古典の源氏物語を読むようになるのですから。。。

そうでしょうか? あたくしはちょっと信じられませんわ。。。

あのねぇ~、昔の人は“信じる者は救われる!”と言ったのですよ。。。

デンマンさんは、いつもこの格言を持ち出してオチにするのですわねぇ~。。。

あのねぇ~、僕もエロい源氏にハマッて それがきっかけで古典の源氏物語を読むようになったのですよ。。。 だから、亀雄君も、まず間違いなく僕と同じ道をたどるのです。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif) 

ですってぇ~。。。

あなたも、そうだったのですかァ?

ええっ。。。? あなたは源氏物語など全く興味がなかったのですかァ~?

でも、この記事をここまで読んだじゃないのォ~!

“嘘は泥棒の始まり!” と昔の人は言ったのでござ~ますわァ。

だめよう。。。 ウソをついちゃあああァ~。。。!

 

ええっ。。。? そんなことはどうでもいいから、

「何か面白い話をしろ!」と言うのでござ~ますかァ?

分かりましたわァ。。。

あなたが、そうおっしゃるのだったら、あたくしの魅力的な写真をここでお目にかけますわァ~。。。

 

  タラァ~♪~

 


(curtain5.jpg

 

どうですかァ~? けっこうなものでしょう!?

いつまでも見とれていても仕方がありませんわよゥ。

あなたのために古代史の面白い記事を用意しました。

ぜひ お読みください。

では。。。

天武天皇と天智天皇は

同腹の兄弟ではなかった。 

天智天皇は暗殺された 

定慧出生の秘密 

藤原鎌足と長男・定慧 

渡来人とアイヌ人の連合王国

なぜ、蝦夷という名前なの?

平和を愛したアイヌ人

藤原鎌足と六韜

古事記より古い書物が

どうして残っていないの?

今、日本に住んでいる人は

日本人でないの?

マキアベリもビックリ、

藤原氏のバイブルとは?

とにかく、次回も興味深い記事が続きます。

だから、あなたも、また読みに戻ってきてください。

じゃあ、またねぇ~。。。


(hand.gif)

 

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』


(surfing9.gif)


(sayuri5.gif)

ところで、平成の紫式部こと、卑弥子さんは見かけによらず、京都の女子大学で腐女子に「日本文化と源氏物語」を講義している橘卑弥子・准教授という肩書きを持っています。

卑弥子さんの面白い話をもっと読みたい人は
下のリンクをクリックして読んでみてくださいね。


(annasalleh.jpg)

『オルフェと聖徳太子』

『源氏物語とおばさんパンツ』

『霊仙はなぜ毒殺されたの?』

『紫式部が地獄へ』

『破戒僧円載』

『アショーカ王の愛と苦悩』

『どら平太の世界』

『三四郎とデンマンさん』

『ヒトラーの姪』

『ゴヤと三島由紀夫』

『仏陀とキリストと娼婦』


(zurose2.jpg)

『ズロースと戦争』

『伊藤若冲ブーム?』

『ブッダと物理学』

『加藤清正ブーム?』

『愛憎と三輪山』

『松原智恵子 お尻ペンペン』

『坂本龍馬は流れ者か?』

『野ざらし』

『紫式部堕獄説』

『日本最古のポルノ?』

『源氏物語の性描写』

『寅さんの本棚と急行まつしま』

『ヒトラーは草食系?』

『ブッダとキリストと娼婦』

『顔文字とオナラ』


(hama10.jpg)

『宝暦の恨みを明治維新で』

『デウキと紅葉@行田』

『薄い陰毛と紅のボートピープル』

『江戸の閨房術』

『ずるがしこい現代人』

『春画@源氏物語』

『千早振る』

『あれっ、松本清張』

『キスと源信』

『伎楽は呉から…?』

『紺瑠璃杯に魅せられて』

『神聖娼婦 マリア』

『安徳帝は生きていた』

『白石川の桜』


(maria05.jpg)

『ブログ村のマリア様』

『萌える済子女王』

『ピンク桃色@徒然』

『富沢金山の桜』

『ピンク桃色村』

『紫式部@徒然』

『絵里香@ペルー』

『ペルシャ人の楊貴妃』

『ん?佐伯今毛人』

『文学と歴史とウソ』

『百人一首ミステリー』

『芭蕉と遊女再び』

『映画とロマン@仙台』

『源氏物语中的性描写』

『忘れられた歴史ロマン』


(costa04b.jpg)

『おばさんパンツ@サンホセ』

『聖徳太子のチューター』

『オナラの曲芸』

『死海』

『漱石とオナラ』

『絵里香さん』

『美女とオナラ』

『アンバパーリー』

『ゆっくりと愛し合う』

『見ちゃだめ!』

『二重マチ付きズロース』


(miya08.jpg)

『麻生元総理』

『ネットのバカ女を捜して』

『額田王の歌』

『聖女と娼婦』

『済子女王@萌える』

『ん?堀内亜里?』

『松平春嶽が黒幕?』

『旅行者的早餐』

『なぜ蝦夷なの?』

『プリキュアとヒトラー』

『戦争絶対反対よね』

『怨霊の歴史』

『色欲@歴史』

『紫式部と敗戦』

『ラピスラズリと源氏物語』

『性と愛@古代史』

『仙台を離れて』

『美人とブス@大奥』

『絵の中のウソ』

『阿倍仲麻呂@ベトナム』

『バイクガール』

『六条御息所』

『卑弥子さんの大学』

『元寇と捕虜』

『マキアベリにビックリ』

『痴漢が心配』

『びた一文』

『卑弥子@ブカレスト』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)


(byebye.gif)