軽井沢の夜光

 

2018年12月9日 (日曜日)

 

軽井沢の夜光

 


(karulite4.jpg)


(karulite2.jpg)


(karulite3.jpg)


(salon22.jpg)


(foolw.gif)

Subj:12月らしい寒さです


(vancold2.jpg)

From: denman@infoseek.jp
To: sayuri@hotmail.com
Cc: barclay1720@aol.com
Date: Dec 5, 2018, 3:37 PM

今朝、午前8時に目覚めたら、気温がマイナス2度でしたよ。
12月らしい寒さです。

12月の寒い朝を迎えると、軽井沢で見たクリスマスに向けて飾られた夜のイルミネーションを思い出します。
三男がまだ小学校へ上がる前でしたよね。

 


(karulite5.jpg)

 

あの晩は、思っていたよりも寒くて どうしてこんな寒い夜に、イルミネーションを見ているのだろうか?
そう思いながらも、小百合さんが三男の手を引いて 楽しそうに眺めているので、
「まあ、仕方ないか?」
そう思いながら付き合っていたのでした。

イルミネーションを見てから、軽井沢駅の近くの小百合さんが行きつけの
焼き鳥を食べさせてくれる居酒屋風の小さな店に入ったのだけれど、
三男が落ち着かなくて、ドアを開けて出たり入っていたりして、
小百合さんも困ったような表情を浮かべていました。

 


(yakitori2.jpg)

 

でも、しっかりと焼き鳥を食べていました。(笑)

あれから10年の月日が流れたのですねぇ~。。。
その三男も中学生になったとか。。。
月日の経つのは本当に早いものです。

あの時は、三菱の軽トラじゃなくてベンツのセダンに乗っていましたよ!
きゃははははは。。。

 


(benz452.jpg)

 

確か、その日の昼間、そのベンツで軽井沢タリアセンへ行ったのでした。
寒かったので、ほとんど人はいなくて
土産物屋にも、誰もいなくて店員の男と女がふざけあっていましたよ!
他に何もすることがなかったのでしょう!(笑)

それからレストラン ソネットでチーズケーキを食べたのですよ。
(1階がレストランで2階は「深沢虹子・野の花美術館」)

覚えてますか?

 


(tanabat2.jpg)

『思い出@天の川』

 

懐かしいですねぇ~。。。

では、ちょっぴりメランコリックな曲を聴いて
軽井沢を懐かしんでね。

 


(charade90.jpg)

 

はい、では、寒さにも負けず、元気にルンルン気分で
今日一日を過ごしてねぇ~。。。

じゃあねぇ~。。。


(byebye5.gif)


(denman01.gif)


(sayuri55.gif)

デンマンさん。。。 あの時、それほど寒い思いをしたのですか?


(kato3.gif)

あれほど寒くなるとは思いませんでした。。。 でも、零下4度か、5度ぐらいでしたよねぇ~。。。 気持ちの準備ができたなかったのですよ。。。

バンクーバーは朝晩冷え込むようになったのですか?

温暖化現象で暖かくなるのを期待していたから、気温はそれほど下がってないけれど、やはり北国の冬だという感じですよ。。。 でも、雪はまだ降ってないけれどねぇ~。。。

バンクーバーは、もうクリスマス気分でしょうねぇ~。。。

そうなのですよ。。。 12月にはいると、どこでもクリスマスツリーを飾り始めますよ。。。 僕のマンションでも、12月に入ってすぐにケアテーカーがロビーにクリスマスツリーを飾り付けましたよ。。。

 


(xtree9.png)

 

こうして、プレゼントの箱までいくつか置いてね。。。

デンマンさんのことですから、すでに箱を開けて見たのではないですか?

どうせ何も入ってないから、開けるまでもないですよ。。。 

。。。で、ダウンタウンの中心部にも大きなクリスマスツリーが飾られたのですか?

そうです。。。 10メートルぐらいのツリーがロブソンスクウェアに立ちました。。。

 


(xtree7.jpg)

 

。。。で、デンマンさんはツリーに登って先端にあるベツレヘムの星を取ってきたのですか?

いくらなんでも、寒くてツリーに登る気など毛頭おきませんでした。。。

ヴァンドゥーセン・ガーデンのイルミネーションは今年も盛大に光をともすのですか?

恒例になったから、今年のクリスマスにも当然 光であふれますよ。。。

 


(vandusen4.jpg)


(vandusen2.jpg)


(vandusen3.jpg)

 

小百合さんもバンクーバーに滞在していた時に見に行ったのですか?

私がバンクーバーに滞在していたのは たいてい夏でしたから、見たことがありませんわァ~。。。 ところで、ダウンタウンで行われるクリスマスパレードは、今年も行われたのですか?

12月にはいって すぐにやってましたよ。。。

 


(parade10.jpg)


(parade11.jpg)


(parade12.jpg)


(parade13.jpg)

 

私も、いつかクリスマスの時期にバンクーバーを訪ねたいですわァ~。。。

ぜひ、来てくださいよ。。。

ところで、軽井沢の夜光というタイトルにしたのには、何か訳(わけ)でもあるのですか?

ありますよ。。。 小百合さんに出したメールを見ていたらレストラン ソネットでチーズケーキを食べたと書いてあるじゃありませんか!

それがデンマンさんにとって特別なことだったのでですか?

いや。。。 僕よりも小百合さんにとって特別だったのではありませんか?

どういうことですか?

ちょっと次の箇所を読んでみてください。。。

 

軽井沢タリアセン

 

 

デンマンさんとご一緒に出かけた時には閉まっていましたわね。


(taliesin20.jpg)

 レストラン 湖水

小百合さんは、このレストランを知っていたのですか?

私は軽井沢タリアセンには子供をつれて何度か行ったことがありましたから知っていますわ。


(taliesin2.gif)


(asabuki32.jpg)

 

 睡鳩荘(すいきゅうそう)

 

小百合さんと一緒に行った時には睡鳩荘(すいきゅうそう)を見て、それからレストラン・ソネットへ行ったのですよね。


(taliesin10.jpg)

 レストラン ソネット
(1階がレストランで2階は「深沢虹子・野の花美術館」)


(cheesecake6.jpg)


(coffee3.gif)

そうでしたわ。 チーズケーキをいただきながらコーヒーを飲んだのでしたわね。

そうでした。 寒い日で、園内には数えるほどの人しか居なかった。 「レストラン湖水」 が閉まっていたのも納得がゆきましたよう。 確か11月の寒い日で、季節外れだったのですよね。

でも、またいつか行く機会があると思いますわ。

じゃあ、来年の秋に、小百合さんと一緒にブイヤベースを食べましょう。


(bouilla.jpg)

ブイヤベースはないと思いますわ。 うふふふふ。。。

マジで。。。?

デンマンさんは、何かといえばブイヤベースですわね? 他に気のきいた料理の名前を覚えてないのですか?

もちろん、他にも料理の名前ぐらい覚えていますよう。。。でもねぇ、ブイヤベースの響きが、なんとなく格調高くありませんか?

そうでしょうか?


『思い出@天の川』より
(2012年8月8日)

上の記事がどうだと言うのですか?

レストラン ソネットの建物をじっくりと見てください。。。

この建物がデンマンさんにとって印象的なのですか?

いや。。。 小百合さんにとって思い出に残っていたはずですよ。。。

デンマンさんは、どうして そう思うのですか?

だってぇ~、行田市の水城公園で「緑の館」を見たら、どうしてもこの中に入って食事がしたいと言ったのですよ。。。 覚えているでしょう?

 


(taliesin10.jpg)

レストラン ソネット

 

 


(cafe201.jpg)

水城公園 ヴェール カフェ(Vert Café)

 

小百合さんが水城公園のヴェール カフェを訪れたいという理由には無意識の内に「軽井沢タリアセン」の“レストラン ソネット”がオツムの片隅にあったからですよ。。。

そうかしら。。。?

そういうものです。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~~

あなたは、どう思いますか?

ええっ。。。 「軽井沢タリアセンやクリスマスの話題はあきたから、何か他の面白い話をしろ!」

あなたは、あたくしに そのようにご命令なさるのでござ~ますかァ~?

分かりましたわァ。。。 あなたがそのようにおっしゃるのであれば、

個人的なお話ではありますけれど、

次の検索結果を見てくださいまし。。。

 


(gog60409a.png)

『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

「卑弥子 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわよう。

うふふふふふふ。。。

あなたも、ビックリするでしょう?

ジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわァ。

 


(buttdimp5.jpg)

 

どうでござ~ますかァ?

ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?

どうしてよう?

ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ~ますかァ~?

あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、

最後には上のようなおヌードになるのですわよう。

信じてくださいましなァ~。。。

 

ところで、小百合さんが なぜ「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれているのか?

ご存知でござ~♪~ましょうか?

なぜ。。。?

実は簡単な事なのですわよう。

 


(sayuri80.jpg)

 

小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。

小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですってぇ~。。。

分からない事ではござ~ませんわァ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。

現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。

 


(suikyu9.jpg)

 

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

 

軽井沢・雲場池の紅葉

軽井沢のイルミネーション

秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩

 

とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。

だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。

じゃあねぇ~~。


(hand.gif)


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』


(noten15.jpg)

■ 『月夜の美人』

■ 『ふるさと 行田』

■ 『愛の偶然と必然』

■ 『田中角栄と軽井沢』

■ 『うさぎ追いしかの山』

■ 『アブラッソ不在の美』

■ 『ロマンの昔話』

■ 『海を渡ったバレンタイン』

■ 『バレンタインが老人を狂わせた』

■ 『マルちゃん海を渡る』

■ 『銀座からバレンタイン』

■ 『仙台からバレンタイン』


(sayuri811.jpg)

■ 『パリからバレンタイン』

■ 『ジャズ@バンクーバー』

■ 『タイからバレンタイン』

■ 『たまご麺@バレンタイン』

■ 『愛犬とゴッド』

■ 『ザ・バレンタイン女』

■ 『週刊誌deヌード』

■ 『愛と天の夕顔』

■ 『ジェミマおばさんのシロップ』

■ 『夏日に、お帰りなさい』

■ 『コイ、鯉、恋がいっぱい!』


(fragran11.jpg)

■ 『スープカレーなのね』

■ 『忍城時代まつり』

■ 『夜道のルート66』

■ 『上を向いて歌おう』

■ 『霧積温泉のロマン』

■ 『元気が一番!』

■ 『行田のスープカレー』

■ 『パンツとブラジャーと餃子』

■ 『軽井沢を文学散歩する』

■ 『ばァ~の面影』

■ 『バレンタイン@行田』

■ 『軽井沢タリアセン夫人@遠藤家』

■ 『桃の節句@天国』

■ 『古代米カレー』

■ 『愛のジェローを探して』


(coffeeluv1.jpg)

■ 『コーヒーと愛の香り』

■ 『愛の馬車道』

■ 『亀姫と香芽子さん』

■ 『愛の夕顔を探して』

■ 『ケネディ暗殺の謎』

■ 『行田物語 ピラミッド』

■ 『由梨さん@コルシカ』

■ 『黒い行田市長』

■ 『ヒシしようよ』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『天の川de思い出』

■ 『天の川の思い出』

■ 『行田物語 古代蓮』

■ 『チーズ@シルクロード』

■ 『ラーメン@バクー』

■ 『行田物語 饅頭』

■ 『ぶんぶく茶釜だよ』

■ 『ぶんぶく阿波踊り』

■ 『食欲の秋です』

■ 『カレーdeパリ』

■ 『パワースポット』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『日本男児@パワースポット』

■ 『タケモトピアノ 苦情』

■ 『母と暮せば』

■ 『国道17号バイパスの奇跡』

■ 『伽哩夫人』

■ 『年賀状@富岡』

■ 『愛のジェローだよ』

■ 『愛の果実』

■ 『桜を想いながら』

■ 『去年の秋の食欲』

■ 『パンツとブラと餃子』

■ 『軽井沢タリアセン夫人@バンクーバー』

■ 『釜めし@バレンタイン』

■ 『タリアセン夫人と洋画』

■ 『ロマン@尾瀬ヶ原』

■ 『タリアセン夫人の夢』

■ 『夢の素遺伝子』

■ 『さけ茶づけ@バレンタイン』


(compie1b.jpg)

■ 『コンピエーニュから』

■ 『焼きそば@バレンタイン』

■ 『思い出のバレンタイン』

■ 『酒巻ミステリー』

■ 『縄文人と弥生人は惹かれあう?』

■ 『バレンタインを探して』

■ 『ラビオリ物語』

■ 『キャドバリーチョコ』

■ 『ジュネーブの休日』

■ 『定禅寺ジャズ』

■ 『いしぶみ』

■ 『軽井沢夫人@雲場池』

■ 『イタリアの空の下』

■ 『トロントの空の下』

■ 『チンチン@ロブソン』

■ 『バレンタイン@スイス』

■ 『熟女4人5脚@神戸』

■ 『中将湯と華宵御殿』

■ 『枯葉とチョコレート』

■ 『ロマン電車』

■ 『グルメの思い出』

■ 『上流夫人@水原市』

■ 『七つ星ロマン』

■ 『富士山@ルート66』

■ 『カフェdeロマン』

■ 『機内映画』

■ 『洲浜を探して』

■ 『夢のような話』


(bare02b.gif)

こんにちは。ジューンです。

日本のハーブティーは、なんといっても桜湯だそうですけれど、


(sakurate.jpg)

カナダ、アメリカ、イギリスではハーブティーとして

ローズティーが好まれています。

普通、ローズヒップティーと呼ばれます。

ローズヒップ(rose hip)とは

バラ科バラ属の植物の果実。

つまり、バラの実です。

ローズヒップ生産のため、バラの特定品種、

特にRosa canina(ドッグ・ローズ)が栽培されています。

ハイビスカスとブレンドしたハーブティとして飲用されることもあります。

また、ローズヒップオイルは食用油として、

ジャム、ジェリー、マーマレードにも用いられるほか、

スキンケアにも用いられます。

こんなエピソードがありました。

第二次世界大戦中、

イギリスはドイツ海軍Uボートの海上封鎖により

オレンジの輸入がストップしたのです。

ビタミンCの補給ができなくなったのです。

それで、英国の学童たちは生垣に生えている

ローズヒップの採集を命じられました。

ローズヒップティーにして飲んで

ビタミンCを補給したのですって。。。


(rosehip.jpg)

なんだか信じられないようなお話ですよね。

ところで、英語の面白い話を集めました。

時間があったら覗いてみてください。

■ 『あなたのための愉快で面白い英語』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。


(chirashi.jpg)


(bravo.gif)