機内映画

 

2018年11月8日 (木曜日)

 

機内映画

 


(aircan07.jpg)


(acanent2.jpg)


(salon22.jpg)


(foolw.gif)

Subj:おかげで楽しい思い出が

たくさんできました! ありがとう!

きゃはははは。。。


(chichibu02.png)

『七つ星ロマン』

From: denman123@gmail.com
To: sayuri456@yahoo.co.jp
Cc: barclay1720@aol.com
date: Nov 6, 2018, 2:54 PM
(日本時間: 2018年11月7日 午前7時54分)

いろいろとお世話になりました。

これまでの内では、もっとも小百合さんと会える機会が多くて、

おかげで楽しい思い出ができました。

水城公園の「緑の館」で食べた“古代米カレー”は思い出深い味わいでした。


(cafe201.jpg)


(curry66.jpg)


(cafe200.jpg)

『拡大する』

 

前日、11月5日の月曜日に「ものつくり大学」の学食で食べたカレーもうまかったねぇ~。

きゃははははは。。。

 


(mono001.jpg)


(mono003.jpg)


(mono002.jpg)

 

11月6日の朝は雨が降っていて、ボロ傘をさしてバス停まで行き

吹上駅行きのバスに乗る時に捨ててきました。(笑)

でも、バンクーバーに着いた時には晴れていて気温が13度でした。

思いの外に暖かくて、小百合さんにいただいた半そでシャツを着たままで、

バンクーバー図書館にやってきてパソコンに向かってます。

不思議にポカポカしているんだよねぇ~。

現在、午後12時50分です。

飛行機の中では眠らずに4本の映画を見ました。

 


(acanent2.jpg)

Air Canada Inflight Entertainment

 

1) Tap:The Last Show

 

 2017年制作の日本映画。

 タップダンスを題材にした映画で、
 水谷豊が23歳の時から40年間アイデアを温め続け、
 満を持して初監督と主演を務めた作品。
 撮影に当たって、総勢300人強の若いダンサーにオーディションを行い、
 5人の若手メインキャストが選ばれた。
 当初は水谷扮するタップダンサーを主演に撮る予定であったが、
 水谷の年齢を考慮し、大ケガを負い一線を退いた元タップダンサーが
 未来ある若者たちを導く“師弟物語”に変更された。

 タップダンスが多すぎて、ストリーは貧弱!
 たぶん、1985年公開のミュージカル映画
 『コーラスライン』(A Chorus Line)の
 真似だと思うんだよ。


2) 関ヶ原

 2017年制作の日本映画。石田三成と徳川家康を主人公に、
 豊臣秀吉の死から天下分け目の関ヶ原の戦いに至るまでの過程を描いた
 司馬遼太郎原作の歴史小説『関ヶ原』の映画化作品。
 監督・脚本は原田眞人、主な出演は岡田准一、役所広司、有村架純、
 平岳大、東出昌大、松山ケンイチらで、有村架純は時代劇初挑戦となる。

 バンクーバーから成田へ行くときにも観た。良かった。
 じっくりと観るだけの値打ちがあるよ。


3) 『MEG ザ・モンスター』

  2018年のアメリカ合衆国・中国合作のSF・アクション・スリラー映画。
  監督をジョン・タートルトーブ。
  200万年前に絶滅したはずの巨大なサメ、
  メガロドンに襲われた潜水艦を助けようとする
  レスキューダイバーの闘いが描かれる。

  馬鹿馬鹿しいけれど、観ていて面白い。 暇つぶしにはいい映画。


4) 『イコライザー2』(原題:The Equalizer 2)

 

 2018年にアメリカ合衆国で公開されたスリラー映画。
 監督はアントワーン・フークア、主演はデンゼル・ワシントン。
 『イコライザー』(2014年)の続編。

 残虐な殺しのシーンが出てくるちょっとショッキングな映画。
 現実にはありえないようなストーリー。
 デンゼル・ワシントンが主演するというので観たけれど、
 他の役者だったら、たぶん観なかった。

 



(library9.jpg)

 

今日は、記事を投稿して午後9時まで図書館でネットをやって帰り

今夜はぐっすり眠ります。

小百合さんの夢を見るつもりです!

きゃははははは。。。

じゃあねぇ~。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~~

あたくしを一緒にバンクーバーへお供させてくださいと申し上げたのに、

つれなくも、デンマンさんは拒んだのでした。

ふんとにもおおおォ~。。。

 

デンマンさんが住んでいるバンクーバーにある次のお店で

たい焼きクロワッサンをいただきたいと思ったのでござ~ますわァ。

 


(snowy01.jpg)


(snowy02.jpg)

『Snowy Village Dessert Cafe

  @ Robson Street』

 

バンクーバーでもクロワッサンたい焼きが食べられるのでござ~ますゥ。。。

仕方がないので、京都で“たい焼きパフェ”を食べて我慢しますゥ。

 


(taiyaki5.png)

 

ところで、小百合さんが なぜ「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれているのか?

ご存知でござ~♪~ましょうか?

なぜ。。。?

実は簡単な事なのですわよう。

 


(sayuri80.jpg)

 

小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。

小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですってぇ~。。。

分からない事ではござ~ませんわァ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。

現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。

 


(suikyu9.jpg)

 

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

 

軽井沢・雲場池の紅葉

軽井沢のイルミネーション

秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩

 

とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。

だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。

じゃあねぇ~~。


(hand.gif)


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』


(noten15.jpg)

■ 『月夜の美人』

■ 『ふるさと 行田』

■ 『愛の偶然と必然』

■ 『田中角栄と軽井沢』

■ 『うさぎ追いしかの山』

■ 『アブラッソ不在の美』

■ 『ロマンの昔話』

■ 『海を渡ったバレンタイン』

■ 『バレンタインが老人を狂わせた』

■ 『マルちゃん海を渡る』

■ 『銀座からバレンタイン』

■ 『仙台からバレンタイン』


(sayuri811.jpg)

■ 『パリからバレンタイン』

■ 『ジャズ@バンクーバー』

■ 『タイからバレンタイン』

■ 『たまご麺@バレンタイン』

■ 『愛犬とゴッド』

■ 『ザ・バレンタイン女』

■ 『週刊誌deヌード』

■ 『愛と天の夕顔』

■ 『ジェミマおばさんのシロップ』

■ 『夏日に、お帰りなさい』

■ 『コイ、鯉、恋がいっぱい!』


(fragran11.jpg)

■ 『スープカレーなのね』

■ 『忍城時代まつり』

■ 『夜道のルート66』

■ 『上を向いて歌おう』

■ 『霧積温泉のロマン』

■ 『元気が一番!』

■ 『行田のスープカレー』

■ 『パンツとブラジャーと餃子』

■ 『軽井沢を文学散歩する』

■ 『ばァ~の面影』

■ 『バレンタイン@行田』

■ 『軽井沢タリアセン夫人@遠藤家』

■ 『桃の節句@天国』

■ 『古代米カレー』

■ 『愛のジェローを探して』


(coffeeluv1.jpg)

■ 『コーヒーと愛の香り』

■ 『愛の馬車道』

■ 『亀姫と香芽子さん』

■ 『愛の夕顔を探して』

■ 『ケネディ暗殺の謎』

■ 『行田物語 ピラミッド』

■ 『由梨さん@コルシカ』

■ 『黒い行田市長』

■ 『ヒシしようよ』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『天の川de思い出』

■ 『天の川の思い出』

■ 『行田物語 古代蓮』

■ 『チーズ@シルクロード』

■ 『ラーメン@バクー』

■ 『行田物語 饅頭』

■ 『ぶんぶく茶釜だよ』

■ 『ぶんぶく阿波踊り』

■ 『食欲の秋です』

■ 『カレーdeパリ』

■ 『パワースポット』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『日本男児@パワースポット』

■ 『タケモトピアノ 苦情』

■ 『母と暮せば』

■ 『国道17号バイパスの奇跡』

■ 『伽哩夫人』

■ 『年賀状@富岡』

■ 『愛のジェローだよ』

■ 『愛の果実』

■ 『桜を想いながら』

■ 『去年の秋の食欲』

■ 『パンツとブラと餃子』

■ 『軽井沢タリアセン夫人@バンクーバー』

■ 『釜めし@バレンタイン』

■ 『タリアセン夫人と洋画』

■ 『ロマン@尾瀬ヶ原』

■ 『タリアセン夫人の夢』

■ 『夢の素遺伝子』

■ 『さけ茶づけ@バレンタイン』


(compie1b.jpg)

■ 『コンピエーニュから』

■ 『焼きそば@バレンタイン』

■ 『思い出のバレンタイン』

■ 『酒巻ミステリー』

■ 『縄文人と弥生人は惹かれあう?』

■ 『バレンタインを探して』

■ 『ラビオリ物語』

■ 『キャドバリーチョコ』

■ 『ジュネーブの休日』

■ 『定禅寺ジャズ』

■ 『いしぶみ』

■ 『軽井沢夫人@雲場池』

■ 『イタリアの空の下』

■ 『トロントの空の下』

■ 『チンチン@ロブソン』

■ 『バレンタイン@スイス』

■ 『熟女4人5脚@神戸』

■ 『中将湯と華宵御殿』

■ 『枯葉とチョコレート』

■ 『ロマン電車』

■ 『グルメの思い出』

■ 『上流夫人@水原市』

■ 『七つ星ロマン』

■ 『富士山@ルート66』

■ 『カフェdeロマン』


(bare02b.gif)

こんにちは。ジューンです。

日本のハーブティーは、なんといっても桜湯だそうですけれど、


(sakurate.jpg)

カナダ、アメリカ、イギリスではハーブティーとして

ローズティーが好まれています。

普通、ローズヒップティーと呼ばれます。

ローズヒップ(rose hip)とは

バラ科バラ属の植物の果実。

つまり、バラの実です。

ローズヒップ生産のため、バラの特定品種、

特にRosa canina(ドッグ・ローズ)が栽培されています。

ハイビスカスとブレンドしたハーブティとして飲用されることもあります。

また、ローズヒップオイルは食用油として、

ジャム、ジェリー、マーマレードにも用いられるほか、

スキンケアにも用いられます。

こんなエピソードがありました。

第二次世界大戦中、

イギリスはドイツ海軍Uボートの海上封鎖により

オレンジの輸入がストップしたのです。

ビタミンCの補給ができなくなったのです。

それで、英国の学童たちは生垣に生えている

ローズヒップの採集を命じられました。

ローズヒップティーにして飲んで

ビタミンCを補給したのですって。。。


(rosehip.jpg)

なんだか信じられないようなお話ですよね。

ところで、英語の面白い話を集めました。

時間があったら覗いてみてください。

■ 『あなたのための愉快で面白い英語』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。


(chirashi.jpg)


(bravo.gif)