Unknown Tragedy

 

Unknown Tragedy

 


(inno01.jpg)


(soren01.jpg)


(inno02.jpg)


(diane02.gif)

Kato. . . , are you talking about an unknown tragedy?


(kato3.gif)

Yes, that’s right. . . Diane, you don’t like it, do you?

Well . . . honestly, I prefer comedy to tragedy.

Yes, yes, yes,… of course, it’s understandable.

But, Kato, how come you pick up an unknown tragedy among all other things.

Good question! . . . Actually, a couple of days ago, I read the following passage from the book borrowed at Vancouver Public Library. . .


(soren01.jpg)

 

What is not well known in Japan is the rape done by the Soviet Union soldiers in the occupied area before arriving in Berlin.
This happened not only in Germany, but also in the countries of Eastern Europe, which lie between the Soviet Union border and Germany.
Thus, the total number of Soviet army rapes rose to a tremendous number.

Naturally, rape didn’t stop there because the women resisted, and the soldiers committed war crimes such as assault, injury and murder.

According to one theory, Soviet soldiers killed about 10% of raped women.
Besides, there were other women who committed suicide.
Naturally, sexually transmitted diseases spread among victims, and then transmitted to families as well.

It was even more miserable if the women got pregnant. . . .

The rate of pregnancy by rape done by the Soviet Union soldiers became as high as 20 percent. . . .

It is reported that 11,000 German women became pregnant by the Soviet army’s rape after the fall of Berlin, and 1,100 “Russian” children were born because they were not abandoned due to religious or other reasons. . . .

After all, although rape is a war crime that is unforgivable for women, it must be said that it is strange that only Japanese army is criticized in terms of “comfort woman” issue.

 


(arima01.jpg)

 


(translated by Kato)

237-238ページ 『こうして歴史問題は捏造される』
著者: 有馬哲夫
2017(平成29)年9月20日 初版発行
発行所: 株式会社 新潮社

I see. . . As a matter of fact, I once read a story about the Soviet Union army who raped the Japanese women when the Soviet Union army invaded Manchuria.

Oh, did you?

So, the Soviet Union army also raped the women while they advanced along the way to reach Berlin, didn’t they?

Yes, you’re telling me, Diane. . . In fact, I viewed a movie made based on those historical facts. . .

Did you?

Yes, I borrowed a DVD at Vancouver Public Library last November and watched the following movie. . .

 


(lib90610a.png)


“Zoom in”

“The actual page”


(inno01.jpg)

My Comment

November 28, 2018

Directed by Anne Fontaine in 2016 based on the real events, this French drama delves into the aftermath of mass rapes by Soviet soldiers at the convent in Poland.

The pregnant nuns go through an unprecedented crisis of faith.

Though it does not seem easy to watch, its nuanced exploration of the minds of the strict Mother Superior as well as the victimized nuns appears well worth watching.

 

The Innocents

 


(inno03.jpg)

 

The Innocents, also known as Agnus Dei, is a 2016 French film directed by Anne Fontaine, which features Lou de Laâge, Agata Kulesza, Agata Buzek and Vincent Macaigne in its cast.
The script is by Sabrina B. Karine, Pascal Bonitzer, Anne Fontaine and Alice Vial, after an original idea by Philippe Maynial.
Maynial took inspiration from the experiences of his aunt, Madeleine Pauliac, a French Red Cross doctor who worked in Poland after World War II, dealing with the aftermath of mass rapes by Soviet soldiers.

 


(inno04.jpg)

 

Producer Eric and Nicola Altmeyer (French version) who knew about the tragic incident that happened in the Polish monastery immediately after World War II from Dr. Pauliac’s diary, and the French director Anne Fontine I asked for a production.

Director Fontaine goes to the field with Polish historians to investigate.
And you get confirmation that the incident actually happened in the three abbeys.
Born in a Catholic family, Director Fontine has two nuns aunts.

In order to understand the movements of the nuns, I experienced life as a “practitioner” in a Benedictine abbey similar to a movie.
“Today the war and terrorism have killed the general public all over the world. The most important thing is strong solidarity. It is important to find hope even in a desperate situation,” said Fontaine.

 

Summary

In Warsaw, December 1945, a nun known as Sister Maria approaches a young French female student doctor, Mathilde Beaulieu, serving with an army unit. She says there are sick women in need and is not satisfied with a referral to the Polish Red Cross.

Beaulieu decides to go at night to the nun’s convent, where one woman has given birth.
The Mother Superior tells her that the nun was thrown out by her family and was taken in out of charity.
Beaulieu tells the Mother Superior (Abbess) that she works for the French Red Cross.

A novice nun at the convent is grieving the death of another nun.
Confined to her cell, she engages in morning prayer.

Later the Abbess discloses to Beaulieu that several nuns at the convent were raped by Russian soldiers, relating that the experience was nightmarish, and they wish to keep this a secret.
Seven of the nuns are pregnant.

Some of the pregnant nuns are reluctant to be examined intimately by the doctor, believing this will violate their vow of chastity.
One of the nuns confesses to Mother Superior that her faith has been deeply shaken by these events.

Soldiers come to the convent believing the nuns are harboring an enemy soldier.
However, Beaulieu convinces them she is there to deal with an emergency outbreak of typhus.

The Mother Superior is badly shaken by the threat of the soldiers, and thanks the doctor for her presence of mind.
Beaulieu realizes that she too was raped.

The Master of Novices tells the doctor that every day she is reminded of these harsh events.
She relates how faith has become more difficult for her but it is the cross she bears.

When Beaulieu returns to headquarters, her boss chastises her for having been away without leave.
He says that the military is a place of order and discipline.

At a later visit at the convent, Beaulieu is present when another novice nun gives birth unexpectedly.
This nun had not realized she was pregnant, and does not seem to know she has given birth.

The Abbess had given orders that she be notified of all births, but Beaulieu requests that she not be notified immediately.
The doctor needs to focus on care for the newborn.
A different nun, Sister Zofia, takes responsibility for the child.

Beaulieu asks the Master of Novices if she ever regrets her life as a nun.
The novice replies, “Faith is 24 hours of doubt with one minute of hope”, going on to describe her difficulties with the practice.

Beaulieu returns to the army medical unit, and discovers the unit is going to be transferred out of the area.

Several nuns are about to give birth at once.

 


(inno02.jpg)

 

Beaulieu returns to the convent with a male Jewish colleague.
She assures the nuns that he will keep their secret.
The doctor visits the baby whose existence has been kept secret from the Abbess.

The Master of Novices plans to take the baby to the Zofia’s family, but the baby is discovered by the abbess.
The Abbess is upset that she was lied to and tells the Master of Novices that she has been corrupted by “that French woman”, who has brought scandal and disorder to the convent.
The Master of Novices replies, “Forgive me, but scandal and disorder were already here”.

The Mother Superior has been telling everyone that she takes the babies to families who have agreed to adopt, but she abandons this baby in front of a crucifix on a country walking path, after baptising it.
Zofia is distraught, knowing the child is missing.
The Mother Superior privately prays that she have the courage to continue on the path she has chosen.

Meanwhile, Sister Zofia commits suicide by jumping from an upper ledge, dying shortly after her wounded body is discovered.

When the Master of Novices goes to Zofia’s family to report her death, she discovers that Zofia’s mother never knew Zofia had a child, nor that she has been caring for the baby.
The Master of Novices decides to not tell the mother the truth.
This is the Master of Novices’ first realization that the Abbess has been dishonest about the fate of the babies.

She confronts the Abbess demanding the truth.
She says she entrusted the child to God, saying “Don’t you believe in Providence?”

At the medical base, Beaulieu is getting ready to finally leave the area.
The Master of Novices brings three babies to the base to protect them from the Abbess.
Beaulieu first notices that many orphans living on the street have been helping personnel at the base from time to time.

It occurs to her that the nuns could start raising many of these children and open an orphanage, thus avoiding questions about where the babies are coming from.
One of the nuns decides to leave the convent and raise her own child, and another decides to leave, but allow her baby to be raised by the nuns.


Source: “The Innocents (2016 film)”
Free encyclopedia Wikipedia

Oh. . . What a heart-wrenching story it is!

Yes, it is. . . Anyway, it is said that Soviet troops rushed to the abbey and raped them one after another. . . Ten months later, many of them would give birth in the last month. . .

 


(inno05.jpg)

 

It looks like the convent has become a nursery. . .

In other words, Kato, are you defending the Japanese army who was to blame for the so-called “comfort woman” problem?

Oh no, I am NOT. . . But, I’d say that the above tragedy was much worse than the “comfort woman” problem. . . Don’t you thin so, Diane?

Well. . . The so-called “comfort woman” problem seems as bad as the above unknown tragedy.

Anyway, I’m NOT defending the Japanese army nor the Soviet Union army who did those bad things, but I’d say that during the war there were so many rapes in any of occupied countries. . . Even now, there has been news that Syrian government forces did “systematic rape”.

No kidding!?

If you cannot believe, read the following article.

UN probe accuses Syrian troops

of ‘systematic’ rape

 


(bomb001.jpg)

 

2018/03/16

Syrian troops and government-linked militia have systematically used rape and sexual violence against civilians, atrocities that amount to crimes against humanity, a UN-backed inquiry said Thursday, reports AFP.

Rebel fighters have committed similar violations, amounting to war crimes, but at a rate “considerably less common than rape by government forces and associated militia”, the Independent International Commission of Inquiry for Syria (COI) said in a new report.

The findings, submitted to the United Nations Human Rights Council, are based on 454 interviews with sources that include survivors, eye witnesses and medical workers.
The Damascus government has never granted COI investigators access to Syria.

Overall, the report adds to the overwhelming accounts of hellish suffering endured by Syrian civilians during the conflict that has claimed more than 350,000 lives as it enters its eighth year.

A woman from Syria’s third city of Homs told COI investigators that in 2012 “government forces entered her home and raped her daughter in front of her and her husband before shooting the daughter and the father”, the report said.

“The mother was then raped by two soldiers,” it added, in one of many examples of extreme violence.

Checkpoints controlled by the government or its allies, as well as detention centres, were identified as a main areas where sexual violence was perpetrated.

The COI notes that government troops detained “thousands of women and girls” from 2011 to the end of 2017, the period covered in the report.


SOURCE: Daily-Sun News

So, Kato, you defend the Japanese army because they resorted to “comfort women” so that they didn’t have to rape the women in the occupied countries, don’t you?

No, I don’t. . . I am not admiring the “comfort women system”. . .

So how come you let me know about the rapes of the Soviet Union army in Poland?

Well . . . , even the German troops had raped the Russian women during the Soviet invasion.

Oh really?

Yes, they did. . . Besides, even the American troops had raped the French women during and after the Normandy landing operation.

The Dark Side of Liberation

 


(usa800.jpg)

 

By Jennifer Schuessler
May 20, 2013

 

The soldiers who landed in Normandy on D-Day were greeted as liberators, but by the time American G.I.’s were headed back home in late 1945, many French citizens viewed them in a very different light.

In the port city of Le Havre, the mayor was bombarded with letters from angry residents complaining about drunkenness, jeep accidents, sexual assault — “a regime of terror,” as one put it, “imposed by bandits in uniform.”

This isn’t the “greatest generation” as it has come to be depicted in popular histories.
But in “What Soldiers Do: Sex and the American G.I. in World War II France,” the historian Mary Louise Roberts draws on French archives, American military records, wartime propaganda and other sources to advance a provocative argument: The liberation of France was “sold” to soldiers not as a battle for freedom but as an erotic adventure among oversexed Frenchwomen, stirring up a “tsunami of male lust” that a battered and mistrustful population often saw as a second assault on its sovereignty and dignity.

“I could not believe what I was reading,” Ms. Roberts, a professor of French history at the University of Wisconsin, Madison, recalled of the moment she came across the citizen complaints in an obscure archive in Le Havre.
“I took out my little camera and began photographing the pages. I did not go to the bathroom for eight hours.”

“What Soldiers Do,” to be officially published next month by the University of Chicago Press, arrives just as sexual misbehavior inside the military is high on the national agenda, thanks to a recent Pentagon report estimating that some 26,000 service members had been sexually assaulted in 2012, more than a one-third increase since 2010.

While Ms. Roberts’s arguments may be a hard sell to readers used to more purely heroic narratives, her book is winning praise from some scholarly colleagues.
“Our culture has embalmed World War II as ‘the good war,’ and we don’t revisit the corpse very often,” said David M. Kennedy, a historian at Stanford University and the author of the Pulitzer Prize-winning book “Freedom From Fear: The American People in Depression and War, 1929-1945.”

“What Soldiers Do,” he added, is “a breath of fresh air,” providing less of an “aha” than, as he put it, an “of course.”

Mary Louise Roberts has written “What Soldiers Do,” a book about sexual assaults by Americans fighting in France.

Ms. Roberts, whose parents met in 1944 when her father was training as a naval officer, emphasizes that American soldiers’ heroism and sacrifice were very real, and inspired genuine gratitude.
But French sources, she argues, also reveal deep ambivalence on the part of the liberated.

“Struggles between American and French officials over sex,” she writes, “rekindled the unresolved question of who exactly was in charge.”

Sex was certainly on the liberators’ minds.
The book cites military propaganda and press accounts depicting France as “a tremendous brothel inhabited by 40 million hedonists,” as Life magazine put it.
(Sample sentences from a French phrase guide in the newspaper Stars and Stripes: “You are very pretty” and “Are your parents at home?”)

On the ground, however, the grateful kisses captured by photojournalists gave way to something less picturesque.
In the National Archives in College Park, Md., Ms. Roberts found evidence — including one blurry, curling snapshot — supporting long-circulating colorful anecdotes about the Blue and Gray Corral, a brothel set up near the village of St. Renan in September 1944 by Maj. Gen. Charles H. Gerhardt, commander of the infantry division that landed at Omaha Beach, partly to counter a wave of rape accusations against G.I.’s.
(It was shut down after a mere five hours.)

In France, Ms. Roberts also found a desperate letter from the mayor of Le Havre in August 1945 urging American commanders to set up brothels outside the city, to halt the “scenes contrary to decency” that overran the streets, day and night.
They refused, partly, Ms. Roberts argues, out of concern that condoning prostitution would look bad to “American mothers and sweethearts,” as one soldier put it.

Keeping G.I. sex hidden from the home front, she writes, ensured that it would be on full public view in France: a “two-sided attitude,” she said, that is reflected in the current military sexual abuse crisis.

Ms. Roberts is not the first scholar to bring the sexual side of World War II into clearer view.
The 1990s brought a surge of scholarship on the Soviet Army’s mass rapes on the Eastern front, fed partly by the international campaign to have rape recognized as a war crime after the conflict in the former Yugoslavia.
At the same time, gender historians began taking a closer look at “fraternization” by American soldiers, with particular attention to what women thought they were getting out of the bargain.


SOURCE: NY TIMES article

Besides, although the Nazi Jewish extermination and slaughter operations are notorious and well known to the world, the systematic slaughter that the former Soviet Union did against Ukrainians was hardly known until recently.

Oh . . .? Are you saying, Kato, the high-level executives of the former Soviet Union had systematically slaughtered Ukrainians?

Yes, they did. . . Actually, I didn’t even know at all until recently, but I watched the following documentary. . .

 


(lib90615a.png)


“Zoom in”

“The actual page”


(genocide90.jpg)

My Comment

May 27, 2019

Directed by Yurij Luhovy in 2010, this 76-minute documentary delves into genocide against the Ukrainian nation with declassified rare footage while interviewing survivors and historians.

The Holodomor (killing by starvation) took place in Soviet Ukraine in 1932 and 1933 that killed millions of Ukraines.

During the Holodomor, millions of people of Ukraine, the majority of who were ethnic ethnic Ukrainians, died of starvation in a peacetime catastrophe unprecedented in the history of Ukraine.

Since 2006, the Holodomor has been recognized by Ukraine and 15 other countries as a genocide of the Ukrainian people carried out by the Soviet government.

Amazing, shocking and heart-wrenching!

 

Holodomor

 


(genocide92.jpg)

 

The Holodomor (derived from морити голодом, “to kill by starvation”) was a man-made famine in Soviet Ukraine in 1932 and 1933 that killed millions of Ukrainians.
It is also known as the Terror-Famine and Famine-Genocide in Ukraine, and sometimes referred to as the Great Famine or The Ukrainian Genocide of 1932–33.

It was part of the wider Soviet famine of 1932–33, which affected the major grain-producing areas of the country.
During the Holodomor, millions of inhabitants of Ukraine, the majority of whom were ethnic Ukrainians, died of starvation in a peacetime catastrophe unprecedented in the history of Ukraine.

Since 2006, the Holodomor has been recognized by Ukraine and 15 other countries as a genocide of the Ukrainian people carried out by the Soviet government.

Early estimates of the death toll by scholars and government officials varied greatly.
According to higher estimates, up to 12 million ethnic Ukrainians were said to have perished as a result of the famine.

A U.N. joint statement signed by 25 countries in 2003 declared that 7–10 million perished.
Research has since narrowed the estimates to between 3.3 and 7.5 million.
According to the findings of the Court of Appeal of Kiev in 2010, the demographic losses due to the famine amounted to 10 million, with 3.9 million direct famine deaths, and a further 6.1 million birth deficits.

Some scholars believe that the famine was planned by Joseph Stalin to eliminate a Ukrainian independence movement.
Using Holodomor in reference to the famine emphasises its man-made aspects, arguing that actions such as rejection of outside aid, confiscation of all household foodstuffs, and restriction of population movement confer intent, defining the famine as genocide; the loss of life has been compared to that of the Holocaust.
The causes are still a subject of academic debate, and some historians dispute its characterization as a genocide.


Source: “Holodomor”
Free encyclopedia Wikipedia”

Oh. . . How horrible! . . . Four to fourteen million Ukrainians died because they were deprived of livestock and farmland by forced relocation. . . It sounds much worse than the Holocaust by the Nazi, doesn’t it?

I suppose so. . . Horodomor is one of the biggest tragedies of the 20th century. . . There were others such as the Armenian massacre, the Holocaust, the Pol Poto massacre, the Rwanda massacre, etc.! . . . In other words, historically, wars and dictators have produced tragedies all over the world

I see. . .

At the time of the Communist Party dictatorship in general, and Mao Zedong in particular, China’s “Great Leap Forward” (1958-1962) was a reckless plan, which resulted in 10 million people dead. . . Moreover, even in North Korea, a former BBC reporter, British journalist Jasper Becker, points out based on data from the UN that the population of North Korea was 24 million, but in 2005 it dropped to 19 million. . . That is, five million North Koreans were starved to death in just 10 years. . .

Unbelievable! . . . Both wars and dictators create such horrible tragedies, huh?

Yes, you’re telling me.


(dianelin3.jpg)


(laughx.gif)

【Himiko’s Monologue】


(himiko22.gif)

Do you think that both wars and dictators create such horrible tragedies, too?

What? . . . You don’t like to talk about tragedies at all, do you?

“Tell me another interesting story!”

If you say so, I’ll show you the following clip:

Here’s a clip for a certain woman to use for making love.

 


(sexygal2.jpg)

 

How do you like the above music?

Are you tired of sexy music?

Well… here’s a mood-changing tune just for you.

Gess what?… You can now laught to the last tears.

 


(mrmathane.jpg)

  Mr. Mathane

 

In any road, I expect Kato will write another interesting article soon.

So please come back to see me.

Have a nice day!

Bye bye …


(hand.gif)


(renge400.jpg)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:


(cook002.jpg)

“JAGEL”

“JAGEL Again”

“Say NO!”

Happy Gal in Canada

Roof of Vancouver

Aftershock

Whiplash

Sex Appeal

Better Off Without Senate

Fire Festival

Sweets@Paris

Scary Quake

MH370 Mystery

Putin’s Way

Trump @ Vancouver

Otter & Trump


(juneswim.jpg)

Changeling

Fiddler on the Roof

Flesh and Bone

Maiden’s Prayer

Romeo & Juliet

Trump @ Joke

Halloween in Shibuya

Trump Shock

Happy New Year!


(biker302.jpg)

Life or Death

Way to Millionaire

Adele Hugo

Middle Sexes

Romance@Madison

Hacksaw Ridge

Eight the Dog

Halloween@Shibuya

Chef Babette


(dianesun.jpg)

Ramen Boom

from Korea

Omakase@Sushi

Crocodile Meat

Killer Floods

Climate of Doubt

Glory of Death

Big Mystery

Hitler and Trump

Hot October

2018 BC Ballot

Bach Collegium Japan

Dolly the Sheep

Golden Shower

Cleopatra

Strange Love

Quartet


(surfin2.gif)


(bare02b.gif)

Hi, I’m June Adams.

Kato is a real movie lover, who tries to watch 1001 movies.

As a matter of fact, he has already accomplished his goal.


(lib81126a.png)

『Actual List』


(june001.gif)

Kato watched “The Arabian Nights” or “One Thousand and One Nights” as his 1001th movie.

You might just as well want to view it.


(1001nite.jpg)


(1001nite10.jpg)

The stories in “the Arabian Nights” were collected over many centuries by various authors, translators, and scholars across West, Central, and South Asia and North Africa.

The tales themselves trace their roots back to ancient and medieval Arabic, Persian, Indian, Egyptian and Mesopotamian folklore and literature.

In particular, many tales were originally folk stories from the Caliphate era, while others, especially the frame story, are most probably drawn from the Pahlavi Persian work Hazār Afsān which in turn relied partly on Indian elements.

What is common throughout all the editions of the Nights is the initial frame story of the ruler Shahryār and his wife Scheherazade and the framing device incorporated throughout the tales themselves.

The stories proceed from this original tale.

Some are framed within other tales, while others begin and end of their own accord.

Some editions contain only a few hundred nights, while others include 1,001 or more.


(bellyan15.gif)

ところで、愛とロマンに満ちた

レンゲさんのお話をまとめて

『レンゲ物語』を作りました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

『愛とロマンのレンゲ物語』


(renge730.jpg)

『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。


(bikini901b.jpg)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

Cleopatra

 

Cleopatra

 


(colbert11b.jpg)


(colbert4.jpg)


(colbert7.jpg)


(diane02.gif)

Kato, how come you bring up Cleopatra?


(kato3.gif)

I happened to view the movie the other day.

 


(lib90325a.png)


“Enlarge it!”

“Actual Page”

 

Cleopatra (1934 film)


(colbert12.jpg)

 

Cleopatra is a 1934 American epic film directed by Cecil B. DeMille and distributed by Paramount Pictures.

A retelling of the story of Cleopatra VII of Egypt, the screenplay was written by Waldemar Young and Vincent Lawrence and was based on Bartlett Cormack’s adaptation of historical material.

Claudette Colbert stars as Cleopatra, Warren William as Julius Caesar, and Henry Wilcoxon as Mark Antony.

Nominated for five Academy Awards, Cleopatra was the first DeMille film to receive a nomination for Best Picture.

Victor Milner won the Academy Award for Best Cinematography.

 

PLOT

In 48 BC, Cleopatra vies with her brother Ptolemy for control of Egypt.
Pothinos (Leonard Mudie) kidnaps her and Apollodorus (Irving Pichel) and strands them in the desert.
When Pothinos informs Julius Caesar that the queen has fled the country, Caesar is ready to sign an agreement with Ptolemy when Apollodorus appears, bearing a gift carpet for the Roman. When Apollodorus unrolls it, Cleopatra emerges, much to Pothinos’ surprise. He tries to deny who she is. However, Caesar sees through the deception and Cleopatra soon beguiles Caesar with the prospect of the riches of not only Egypt, but also India. Later, when they are seemingly alone, she spots a sandal peeking out from underneath a curtain and thrusts a spear into the hidden Pothinos, foiling his assassination attempt. Caesar makes Cleopatra the sole ruler of Egypt, and begins an affair with her.

Caesar eventually returns to Rome with Cleopatra to the cheers of the masses, but Roman unease is directed at Cleopatra.
Cassius (Ian Maclaren), Casca (Edwin Maxwell), Brutus (Arthur Hohl) and other powerful Romans become disgruntled, rightly suspecting that he intends to abolish the Roman Republic and make himself emperor, with Cleopatra as his empress (after divorcing Calpurnia, played by Gertrude Michael).
Ignoring the forebodings of Calpurnia, Cleopatra, and a soothsayer (Harry Beresford) who warns him about the Ides of March, Caesar goes to announce his intentions to the Senate.
Before he can do so, he is assassinated.

Cleopatra is heartbroken at the news.
At first, she wants to go to him, but Apollodorus tells her that Caesar did not love her, only her power and wealth, and that Egypt needs her.
They return home.

Bitter rivals Marc Antony and Octavian (Ian Keith) are named co-rulers of Rome.
Antony, disdainful of women, invites Cleopatra to meet with him in Tarsus, intending to bring her back to Rome as a captive.
Enobarbus (C. Aubrey Smith), his close friend, warns Antony against meeting Cleopatra, but he goes anyway.
She entices him to her barge and throws a party with many exotic animals and beautiful dancers, and soon seduces him.
Together, they sail to Egypt.

King Herod (Joseph Schildkraut), who has secretly allied himself with Octavian, visits the lovers.
He informs Cleopatra privately that Rome and Octavian can be appeased if Antony were to be poisoned.
Herod also tells Antony the same thing, with the roles reversed.
Antony laughs off his suggestion, but a reluctant Cleopatra, reminded of her duty to Egypt by Apollodorus, tests a poison on a condemned murderer (Edgar Dearing) to see how it works.
Before Antony can drink the fatal wine, however, they receive news that Octavian has declared war.

Antony orders his generals and legions to gather, but Enobarbus informs him that they have all deserted out of loyalty to Rome.
Enobarbus tells his comrade that he can wrest control of Rome away from Octavian by having Cleopatra killed, but Antony refuses to consider it.
Enobarbus bids Antony goodbye, as he will not fight for an Egyptian queen against Rome.
A short montage sequence shows the fighting between the forces of Antony and Octavian, ending in the naval Battle of Actium.

Antony fights on with the Egyptian army, and is defeated.
Octavian and his soldiers surround and besiege Antony and Cleopatra.
Antony is mocked when he offers to fight them one by one.
Without his knowledge, Cleopatra opens the gate and offers to cede Egypt in return for Antony’s life in exile, but Octavian turns her down.

Meanwhile, Antony believes that she has deserted him for his rival and stabs himself.
When Cleopatra returns, she is heartbroken to find him dying.
They reconcile before he perishes.

Then, with the gates breached, Cleopatra kills herself with a poisonous snake and is found sitting on her throne, dead.

 


SOURCE: “Cleopatra (1934 film)”
From Wikipedia, the free encyclopedia

So, Kato, you’re a Cleopatra fan, huh?

Yes, I am.  Diane, have you seen this movie?

No, not this one, but I watched the 1963 version:

 


(cleo1963.jpg)

 

How did you like it?

Fabulous and spectacular!  I love it.  How about you, Kato?

I viwed both versions… The 1934 version seems better simply because I like Claudette Colbert more than Elizabeth Taylor.

So, is that the reson you bring up the 1934 version?

Yes, but there’s another reason.

Tell me, Kato.

Last night, Cleopatra showed up in my dream… That’s the main reason I’ve decide to write this article.

You gotta be kidding!

Nope, I’m quite serious.

Then tell me about your dream.

It goes like this:


(colbert2b.jpg)

 

Kato, you forget something quite important.

Hmm…? Do I? What is that?

So, I’ve come out this way. I can’t go home until I tell you my story.

Where are you going back?

Of course, I’ll go back up the heaven.

Do you wanna make me believe it?

Well… they say, if you believe it, you’ll be saved.

I’ve already been saved, so I don’t have to believe what you say.

Anyway, I’m the woman you’re talking about.

So, do you really mean that you’re Cleopatra, eh?

Yes, I do… I’m the one you’ve desperately wanted to meet.  How do I look?


(cleo004.jpg)

Well… You look great, but I’m worried about you.

Why is that?

You see, I like a naked woman, but if you remain naked for an hour or so, you’ll catch a cold.

Kato, I know you love to see a naked woman.

Yes, I do… but could you cover between your legs. Otherwise, I cannot concentrate on talking with you.

Alright…

Well…, now, how do I look?

You’re still wearing nothing.

But I’ve covered it between my legs, haven’t I?

Yes, but if I move to your left, I can see it.

Then don’t move, Kato.

Okay… I’ll stay here… Now please read the following passage:


(cleo02.jpg)

Cleopatra perhaps started to view Antony as a liability by the late summer of 31 BC, when she prepared to leave Egypt to her son Caesarion.

Cleopatra planned to relinquish her throne to him, taking her fleet from the Mediterranean into the Red Sea and then setting sail to a foreign port, perhaps in India, where she could spend time recuperating.

However, these plans were ultimately abandoned when Malichus I, as advised by Octavian’s governor of Syria, Quintus Didius, managed to burn Cleopatra’s fleet in revenge for his losses in a war with Herod that Cleopatra had largely initiated.

Cleopatra had no other option but to stay in Egypt and negotiate with Octavian.

Although most likely later pro-Octavian propaganda, it was reported that at this time Cleopatra started testing the strengths of various poisons on prisoners and even her own servants.

Cleopatra had Caesarion enter into the ranks of the ephebi, which, along with reliefs on a stele from Koptos dated 21 September 31 BC, demonstrated that Cleopatra was now grooming her son to become the sole ruler of Egypt.

In a show of solidarity, Antony also had Marcus Antonius Antyllus, his son with Fulvia, enter the ephebi at the same time.

Separate messages and envoys from Antony and Cleopatra were then sent to Octavian, still stationed at Rhodes, although Octavian seems to have only replied to Cleopatra.

Cleopatra requested that her children should inherit Egypt and that Antony should be allowed to live in exile in Egypt, offering Octavian money in the future and immediately sending him lavish gifts.

Octavian sent his diplomat Thyrsos to Cleopatra after she threatened to burn herself and vast amounts of her treasure within a tomb already under construction.

Thyrsos advised her to kill Antony so that her life would be spared, but when Antony suspected foul intent, he had this diplomat flogged and sent back to Octavian without a deal.

After lengthy negotiations that ultimately produced no results, Octavian set out to invade Egypt in the spring of 30 BC.


SOURCE: “Cleopatra”
From Wikipedia, the free encyclopedia

What about the above passage?

You see, Thyrsos advised you to kill Antony so that your life would be spared. Right?

Yes, he did.

Many people still believe that you were a femme fatal who simply took advantage of Anthony. You didn’t really love him at all.


(cleo005.jpg)

Kato, do you also believe that crap?

Well…, I’m not too sure, but you appear quite seductive, and you did indeed attract Julius Caesar and caused his downfall eventually.

Actually, that’s why I’m here to tell you the truth.

Oh…? Then tell me your story, Cleopatra.

Okay…


(phryne85.gif)

I’m a bit tired… You might feel easy if I lie down like this.

Suit yourself, Cleopatra…

Actually, I started to view Antony as a liability by the late summer of 31 BC, but I still loved him.

Oh, did you?

Yes, I did… And Anthony knew that Thyrsos advised me to kill Antony so that my life would be spared.

What happened beteen you and Anthony.

I wanted Anthony to know my heart somehow.

So what did you do?

About a week after Thyrsos’s advice, I was attractively dressed than usual and arrived at the dinner table.

To eat with Anthony?

Yes, that’s right.


(cleo011.jpg)


(cleo012.jpg)


(cleo013.jpg)

Anthony said he was thirsty and grabbed a glass of wine, but I talked about a domesticated lion to draw his attention.

Well then…?

Anthony listened to me. When he was listening to it, I picked flowers from the crown and put them in Anthony’s glass.

Why is that?

The flower was sprayed with poison.

I see… So if he drinks, he’ll die… Is that it?

Yes, that’s right. After I finished talking, Anthony tried to bring the glass to the mouth. And he was about to drink it.

Did he drink it?

Of course not. I took the glass from his hand.

Why is that? If you killed him, your life would be spared.

Instead, I told my maid Carmion to bring me one of death-row prisoners.

Why is that?

I gave the prisoner Anthony’s glass and told him to drink that wine.

Naturally, the prisoner died, didn’t he?

Of course, he did… He had to die sooner or later… It would be better off if he died while drinking wine, instead of being crucified.

Well then…?

Anthony appeared flabbergasted. So, I said to him. “If I could live without you, I would not take the glass from your hands.”

I see. . . Does that mean Anthony came to know your true heart and loved you more than before?

Yes, he did… Now, Kato, you finally come to know that I AM Cleopatra, don’t you?

Diane, how do you like my dream?

Quite interesting!  I didn’t know you’re such a romantic dreamteller.


(dianelin3.jpg)


(laughx.gif)

【Himiko’s Monologue】


(himiko22.gif)

Do you believe that Kato actually dreamed the above story?

What? You don’t really care about it, do you?

“Tell me another interesting story!”

If you say so, I’ll show you the following clip:

Here’s a clip for a certain woman to use for making love.

 


(sexygal2.jpg)

 

How do you like the above music?

Are you tired of sexy music?

Well… here’s a mood-changing tune just for you.

Gess what?… You can now laught to the last tears.

 


(mrmathane.jpg)

  Mr. Mathane

 

In any road, I expect Kato will write another interesting article soon.

So please come back to see me.

Have a nice day!

Bye bye …


(hand.gif)


(renge400.jpg)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:


(cook002.jpg)

“JAGEL”

“JAGEL Again”

“Say NO!”

Happy Gal in Canada

Roof of Vancouver

Aftershock

Whiplash

Sex Appeal

Better Off Without Senate

Fire Festival

Sweets@Paris

Scary Quake

MH370 Mystery

Putin’s Way

Trump @ Vancouver

Otter & Trump


(juneswim.jpg)

Changeling

Fiddler on the Roof

Flesh and Bone

Maiden’s Prayer

Romeo & Juliet

Trump @ Joke

Halloween in Shibuya

Trump Shock

Happy New Year!


(biker302.jpg)

Life or Death

Way to Millionaire

Adele Hugo

Middle Sexes

Romance@Madison

Hacksaw Ridge

Eight the Dog

Halloween@Shibuya

Chef Babette


(dianesun.jpg)

Ramen Boom

from Korea

Omakase@Sushi

Crocodile Meat

Killer Floods

Climate of Doubt

Glory of Death

Big Mystery

Hitler and Trump

Hot October

2018 BC Ballot

Bach Collegium Japan

Dolly the Sheep

Golden Shower


(surfin2.gif)


(bare02b.gif)

Hi, I’m June Adams.

Kato is a real movie lover, who tries to watch 1001 movies.

As a matter of fact, he has already accomplished his goal.


(lib81126a.png)

『Actual List』


(june001.gif)

Kato watched “The Arabian Nights” or “One Thousand and One Nights” as his 1001th movie.

You might just as well want to view it.


(1001nite.jpg)


(1001nite10.jpg)

The stories in “the Arabian Nights” were collected over many centuries by various authors, translators, and scholars across West, Central, and South Asia and North Africa.

The tales themselves trace their roots back to ancient and medieval Arabic, Persian, Indian, Egyptian and Mesopotamian folklore and literature.

In particular, many tales were originally folk stories from the Caliphate era, while others, especially the frame story, are most probably drawn from the Pahlavi Persian work Hazār Afsān which in turn relied partly on Indian elements.

What is common throughout all the editions of the Nights is the initial frame story of the ruler Shahryār and his wife Scheherazade and the framing device incorporated throughout the tales themselves.

The stories proceed from this original tale.

Some are framed within other tales, while others begin and end of their own accord.

Some editions contain only a few hundred nights, while others include 1,001 or more.


(bellyan15.gif)

ところで、愛とロマンに満ちた

レンゲさんのお話をまとめて

『レンゲ物語』を作りました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

『愛とロマンのレンゲ物語』


(renge730.jpg)

『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。


(bikini901b.jpg)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

1本の鉛筆

 

1本の鉛筆

 


(pencil3.jpg)


(pencil8.jpg)

 

件名:

世間ではすっかり正月気分も抜け

また日常がもどリました。


(kadoma2.jpg)

 

         

 


(nichijo2.jpg)

From: beautiful948@outlook.jp

To: barclay1720@aol.com

Time: Jan 16, 2019, 5:11 AM

はっきりとした年齢は知りませんが、私より2歳年上だったと思います。
昭和25年犬塚の甥が生まれて間もなく群馬県から男児の手代がきました。
名前はタモちゃん、私が小学校に入学した時期です。

名目は子守でしたが、実際は奉公人として働いた年端もいかない何せ背丈は馬の脚程で私より小さい子でした。
彼はお盆とお正月の16日藪入りと称して利根川を渡リ生家に2~3泊の帰省がありました。

私の母と 兄のお嫁さんは海苔巻きずし、赤飯や餅等を作ってあげ、
さらに、子だくさんの家族のためにお米は肩に括り付け、
父は些少の小遣いを与えていたのをおぼろげに記憶してます。

今日はその16日、世間ではすっかり正月気分も抜けまた日常がもどリました。
私も「よし!やるぞ」と鼓舞したいところですが、体調が思わしくありません。

憚りながら言い訳をしますが、
昨年から電話機のメモリーがいっぱいで消去せずおきました。

長男や三男が暮から新年にかけて毎日数回の電話をかけても
要件が伝わらず訪ねてきて事の真相がわかりました。

思い違いから来た着信音で恐怖を煽られ冗談ではなく
まさにヒチコックの世界……。
電話が鳴るたびに飛び上がり完全にストレス症候群陥ってしまいました。

睡眠がとれず昼はぼんやり、夜は副交感が活発化し
眩暈も生じて1週間前かかりつけ医をたずねました。

 


(doctor80b.png)

 

お医者さん曰く

「九条さん、ストレスをはじき返してください」

心療内科を受信するつもりは毛頭なく、
原因は押さえてあるのでこの程度のフィーリングが
私の自尊心に合っていてちょうどいいと強がりをいっています。

かつて高村光太郎の智恵子抄を大方が恋愛の、
夫婦愛の妙と評していましたが文学に化けたから言えるのであって、
実際は地獄絵だったに違いない、
あるいはそれを超越した静かな折がきたのではないか。

 


(kotaro01.jpg)

 

多くの著名人が狂いびととなっていますが、
私は幸にして才幹がない故その心配には及ばず、
しっかりと現実を見据えて行くことができます。

今このようにパソコンを触る気力が持てたのも快方に向いている印。
ですがいつ反転するかという弱さも掠めますが、
自分を上手にコントロールしていきます。

さて、ピーナツバターの感想は疲れたので次回に回します。
気分やなので何時になるかわかりませんが請うご期待。

これではあまりにもそっけないのと、
はるばるカナダからやってきたピーナツバター様に申し訳ないので一言もうします。

 


(sansho02.jpg)


(sansho03.jpg)

 

いろいろとアレンジしていただきました。
秩父のお土産あの山椒の葉漬けお餅の後の
さっぱり感が乙なあじで、どちらも大事に御馳走になりました。
ありがとう。

デンマンさんの配信してくれるDenman Blogは
鍵の マークがついていて開けません。

 


(denmanblog5.png)

『実際のページ』

 

私にパソコンを使いこなせる力がないのと、
以前お知らせした要注意が出るのでこの項は見ていません。

また突拍子もない記事には正直言ってついていけないので
一時打ち切り、今度来日した時に教えてください。​

日本は寒の真っただ中さむいです。
それではまた 身体に気をつけてください。

 


(aunt201.jpg)

かしこ

 

九条多佳子

 


(kato3.gif)

件名:

久しぶりに本を読んでいたら

梶井基次郎の“1本の鉛筆”に出会い

思い出がよみがえりました


(pencil4.jpg)

From: barclay1720@aol.com

To: beautiful948@outlook.jp

Time: Jan 16, 2019, 3:56 PM

電話が鳴るたびに飛び上がり完全にストレス症候群陥ってから、
少しは気持ちが上向いてメールを書けるようになったのは、良い兆候ですね。

多佳子さんは意外と言っては何ですが、神経が過敏なんですよ!
もう少し、神経を鈍感にした方が良いと思います。

。。。と言っても、“言うは易し行うは難し”でしょうが。。。
いづれにしても、何があっても、命だけは取られません!
そう思えば、神経を鈍感に構えることもできるのではありませんか!?

一度だけしか生きられない命ですから、
せいぜい、気持ちを鈍感にして、何があっても動じないような太い神経を持ってください。

武田信玄ではありませんが、“山は動かず!”の心境です!

高村光太郎にとって、智恵子のことでは、地獄で看病していたようなものでしょう!
普通の人では、それを文学などという高尚な領域に昇華することは困難だったでしょう!

 


(kotaro01.jpg)

 

それこそ、多佳子さんの言葉ではありませんが、
高村光太郎の神経が地獄の苦しみに、
ズタズタになってしまい、文学どころの話ではないでしょう!

食欲不振から、体調を崩して、普通の人ならば、
精神を病んで智恵子よりも先に亡くなっていたでしょう!

そういうわけで、長生きするには、非情なまでに
神経を鈍感にする必要があるのではないか!?
あるいは文学に生きがいを見出す!?
そう思います。。。

そう思ったところで、やろうとしてもできない人もいるでしょう!?
多佳子さんは、たぶんできないでしょう!?

なにはともあれ、多佳子さんが2019年を迎えて、
ピーナツバターと山椒の葉漬けを賞味できたことは喜ぶべきことです。
最近では、小生の身の回りで、亡くなってゆく人が1ヶ月に一人は居ますよ。

あと20年も生きようとしている小生は、
おそらく精神はかなり鈍感にできているのかもしれません。(笑)

「Denman Blog は鍵の マークがついていて開けません」

小生は、同じ記事を5つのブログに投稿しているので、
GOOGLE で「デンマン 九条多佳子」と入れて検索みてください。

 


(gog90203b.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

多佳子さんのメールを基にして書いた記事か? 
あるいは、独自に多佳子さんの事を書いた記事が見つかるはずです。。。

ところで、バンクーバー市立図書館で借りていた本を読んでいたら次の箇所に出くわしました。

檸檬

 


(lemon01b.png)

 

生活がまだ蝕まれていなかった以前の私の好きでった所は、例えば丸善であった。
赤や黄のオードコロンやオードキニン。

洒落た切子細工や典雅なロココ趣味の浮模様を持った琥珀色や翡翠色の香水壜。
煙管、小刀、石鹸、煙草。

私はそんなものを見るのに子一時間も費やすことがあった。
そして結局一等いい鉛筆を一本買うくらいの贅沢をするのだった。

しかしここももうその頃の私にとっては重くるしい場所に過ぎなかった。
書籍、学生、勘定台、これらはみな借金取りの亡霊のように私には見えるのだった。

 

(梶井基次郎・作)

 

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


153ページ 『京都好き』
編者: 早川茉莉
2016年5月20日 第1刷発行
発行所: 株式会社 PHP研究所

一等いい鉛筆を一本買うくらいの贅沢をするのだった、という箇所を読んで
懐かしい思い出がよみがえりました。。。

多佳子さんが当時の行田女子高校(現:進修館高等学校)に入学した時のことですから、
小生は小学校4年でした。
多佳子さんは旧・南河原村にある小生の母親の実家から自転車で通学していたのでした。

小生の母親が嫁いだ家が女子高から自転車で10分ぐらいのところにあったので、
多佳子さんは けっこう、しばしば小生の家に寄ったものです。。。

早世した兄弟を含めれば10人も兄姉がいた中で、小生の母親が長女で
多佳子さんが一番末の妹。。。
親と子どもほど 年が離れており、
多佳子さんは小生の母親と一緒に暮らしていた記憶がほとんどないと言っていたほどでした。

小生を産んでから、お袋が初めて実家に帰ったとき、7歳の多佳子さんは小生を見て
どうしても負んぶするんだと言って、聞かなかったそうです。。。

 


(komori2.gif)

 

仕方なく お袋が おんぶさせたというのです。。。
兄姉のうちでは多佳子さんは、小生の母親にとりわけ親しみを覚えていたようです。

セーラー服を着た女子高1年生の多佳子さんが学校の帰りに
小生の家によって、帰りに「いいものを買ってあげるね」と言って
自転車で、川島本屋へ連れて行ったことがありました。

 


(bike35.jpg+bike37.png)

         

 

何を買ってくれるのかと思っていたら、
それは、消しゴムの付いたカラフルな鉛筆でした。

 


(pencil7.jpg)

 

梶井基次郎にとって丸善へ行くことは日常の中の一つの楽しみだったに違いありません。
そこで、いろいろな目新しいモノを見て、手にとり、
たまには、レモンを爆弾と見たたて、本の上に残してきて
一人、爆弾が破裂するロマンを夢想したのでしょう。

多佳子さんもまた、丸善ではないけれど、川島本屋に出向いて
単行本を手にとって、立ち読みしながら一人でロマンに浸っていたのかも知れません。

そんなある日、お小遣いの中から消しゴムの付いたカラフルな鉛筆を1本買い、
甥に与えたことは、多佳子さんにとって、初めて「お姉さん」になったことを実感した瞬間だったのかもしれません。

本の中の「1本の鉛筆」から、このような思いで数十年ぶりによみがえりました。

バンクーバーもめっきり寒くなってきました。
でも、まだ雪は降っていません。

温暖化の影響なのでしょう!
20年前と比べれば暖かい冬です。

では、多佳子さんも神経をできるだけ鈍感にして
体調を整えて、長生きを心がけてください。。。

健康で長生きです!
じゃあねぇ~。。。

多佳子さんの好きな青春のメロディーに浸って
第2の青春を夢見てください。

 


(summer01.jpg)

 


(byebye5.gif)

デンマンより


(denman01.gif)


(foolw.gif)

【ジューンの独り言】


(bare02b.gif)

ですってぇ~。。。

あなたにも、忘れられない青春のメロディーがありますか?

わたしは最近、2016年に制作された

ドイツ映画『アンネ・フランクの日記』を観ましたわ。

この映画を見て10代の頃を懐かしく思い出しました。

 


(anne26.jpg)

 

ドイツ語が解らないと予告編を観てもつまらないと思うので、

アンネの記録映画を貼り出しますね。

 


(anne24.jpg)

 

ええっ。。。 「アンネは、もういいから何か面白い話をしろ!」

あなたは、そのように わたしに命令なさるのですか?

分かりましたわ。。。

じゃあ、あなたのために可愛らしいクリップを貼り出します。

可愛い動物たちのアクビを見て 楽しんでください。。。


(yawnpup.jpg)

あなたもつられてアクビをしましたか?

では、おやすみなさい。。。

またねぇ~。。。


(byebye.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事

■ 『埼玉りそな銀行 行田支店 悪い評判』


(linger49.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(june501.jpg)

『顔文字とオナラ』

『宝暦の恨みを明治維新で』

『デウキと紅葉@行田』

『薄い陰毛と紅のボートピープル』

『江戸の閨房術』

『ずるがしこい現代人』


(linger65.gif)

『おつまみミステリー』

『混浴風景を探して』

『ハレルヤ』

『マルタ島のロマンだ』

『宮沢りえ人気@海外』

『癒しを奏でるパンツ』

『マルタ島deロマン』

『生ログdeロマン散歩』


(curryind.jpg)

『宮沢りえ@クールジャパン』

『混浴風呂ガー』

『ウェルカムバック』

『コペンハーゲンからやって来た』

『ロシアからやって来た』

『海外美女ランキング』

『ブログを解剖する』

『スイスからトランプ見に来る』


(biker302.jpg)

『なせば鳴る音楽』

『日本人女学生行方不明』

『日本人女学生死亡』

『ガレット』

『那須高原の紅葉』

『希望とロマン』

『錯視 錯覚』

『マンボ@バンクーバー』


(rengfire.jpg)

『目覚めぬ夢』

『熱烈なファンの軌跡』

『花火とロマン』

『恋に染められ』

『恋に染めごろう』

『皆さん、ありがとう』


(noten15.jpg)

■ 『ジェミマおばさんのシロップ』

■ 『夏日に、お帰りなさい』

■ 『コイ、鯉、恋がいっぱい!』

■ 『スープカレーなのね』

■ 『忍城時代まつり』

■ 『夜道のルート66』

■ 『上を向いて歌おう』

■ 『霧積温泉のロマン』

■ 『明けましておめでとうございます』

■ 『車掌さんの松島音頭』

■ 『上州散策』

■ 『埼玉りそな銀行 行田支店 悪い評判』

■ 『ネットリンチ』

■ 『IPアドレス 0.0.0.0』

■ 『現実主義者のコメント』

■ 『寂しい現実主義者』

■ 『引きこもった現実主義者』

■ 『哀れな現実主義者』

■ 『愚かな現実主義者』

■ 『鼻であくびをする』

■ 『よしださん、久しぶり』

■ 『おもいきり生きてね』

■ 『オーロラに想いをはせて』

■ 『初夏 もうすぐ梅雨』

■ 『ピーナツバター』

■ 『クラムチャウダー』

■ 『マインドフルネス』

■ 『謹賀新年 2019』

■ 『突然変異の謎』


(bellyan15.gif)


(hand.gif)

マキアベリにビックリ

 

マキアベリにビックリ

 


(machiavel2.jpg)


(himiko92.jpg)



(himiko22b.gif)

デンマンさん。。。 今日はどういうわけで マキアベリを取り上げたのでござ~♪~ますか?


(kato3.gif)

卑弥子さんは不満なのですか?

不満というほどのことは ござ~ませんけれど、あたくしの専門の『源氏物語』とはかけ離れているのでござ~ますわァ~。。。

あのねぇ~、卑弥子さんも、かつて僕とマキアベリについて語り合ったことがあるのですよう。。。

マジで。。。? 

忘れてしまったのですねぇ~。。。

いつ頃のことでござ~ますかァ?

ちょっと次のリストを見てください。。。


(liv80531a.png)


『拡大する』

『病院の悪い評判』

『肩重い』

『アッと驚くマキアベリ!』

これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の5月30日の午後1時12分から31日の午前3時48分までの約14時間半の「生ログ」の一部なのです。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目して欲しいのですよ。。。

あらっ。。。 スマートフォンでGOOGLEのアンドロイドで検索して『病院の悪い評判』を読み、その次に『肩重い』を読んで、それから『アッと驚くマキアベリ!』を読んだのですわねぇ~。。。


(liv21105e.png)

『アッと驚くマキアベリ!』

2012年の11月5日に投稿した記事ではありませんか! 6年ほど前になりますわァ~。。。  忘れてしまったのも無理ありませんでござ~ますう。

卑弥子さんの記憶力は 最強ではないのですねぇ~。。。

『源氏物語』に関係あるのであれば、あたくしのオツムに刻印されているのですけれども、カタカナの人物は どうしてもオツムからすり抜けてしまうのでござ~ますわ。。。 おほほほほほ。。。 で、上のリストの写真の女性が『徒然ブログ』にアクセスしたのでござ~ますか?

そういうことです。。。 さいたま市に住んでいる安部 皐月(あべ さつき)さんが読んだのですよ。。。


(ip2694b.png)

皐月(さつき)さんは美人ですわねぇ~。。。 『徒然ブログ』の常連さんですか?

そうです。。。

。。。んで、マキアベリのどこにビックリなさったのでござ~ますか?

次の個所を読んでビックリしたのですよ。。。

Niccolo Machiavelli (machiavelli.jpg--172x216)
(machiavelli.jpg)

 

  1. 質問してみて理解の程度を観察

  2. 追及してみてとっさの反応を観察

  3. 間者をさしむけて内通を誘い誠実かどうかを観察

  4. 秘密を打ち明けてその人徳を観察

  5. 財政を扱わせて正直かどうかを観察

  6. 女を近づけてみて、人物の堅さを観察


    (hooker08.gif)

  7. 困難な任務を与えてみて勇気があるかどうかを観察

  8. 酒に酔わせてみてその態度を観察


    (drinker.gif)

確かに、皐月(さつき)さんがビックリなさるほど エゲツナイことを言ってますわねぇ~。。。

でもねぇ~、よ~く考えてみれば、人間の弱いところ、痛いところを見極めて、なかなか意味のあることを言ってるのですよう。。。 そう思いませんか?

だけどォ~、やることが ヤ~らしいですわよう。。。 女を近づけてみて、人物の堅さを観察するなんてぇ、ちょっと信じられませんわァ~。。。 デンマンさんなんて、すぐに鼻の下を伸ばしてしまうから、女にだらしない人物だと思われてしまいますわねぇ~。。。 うふふふふふふふ。。。

やだなあああァ~。。。 僕は、きれいな女性が近づいてきても、すぐに鼻の下を伸ばしたりしませんよう。。。

。。。んで、このことを言うためにわざわざマキアベリを持ち出してきたのですか?

いや。。。 それだけじゃないのですよ。。。 皐月(さつき)さんが意外だったのが 「呉服屋」さんの“呉服”が もともとは“呉の国の服”を売るお店だったということですよ。。。

Three Kingdoms in China (3goku2.gif--450x368)
(3goku.gif)

でも、呉の国が滅びたのは 西暦280年ですわ。。。 明治から昭和の呉服屋さんが“呉の国の服”を売るわけがないではござ~ませんかァ!

もちろん、呉の服を売っていたわけじゃありません。。。 聖徳太子が生まれる300年以上も前から、この呉からやってきた人たちが、今で言うなら、最新流行のパリのファッションとでも呼ぶべき呉服を持ち込んだということは、すっかり忘れていた。。。 でも、日本語として“ファッショナブルな服”として“呉服”が日本語としてすっかり定着したのですよ。。。 で、いまだに呉服屋さんという人たちが居るわけです。。。

その事を知って皐月(さつき)さんは、お利口になったと思ったのですか?

そうですよ。。。

つまり、この事を言うためにわざわざマキアベリを取り上げたのでござ~ますかァ?

いや。。。、もちろん、そればかりじゃありません。。。 記事を見たら次のリストが貼ってあるじゃありませんかァ!

 

海外からのアクセス

 


(wp21019map.gif)


(wp21019.gif)

あらっ。。。2012年の10月19日現在で Denman Blog にアクセスした日本語が解るネット市民が 約29,000人いたということですかァ?

そういうことです。。。 75カ国からアクセスしたのですよ。。。

。。。で、最近、 Denman Blog のアクセスがどうなっているのか? そのことを皐月(さつき)さんは知りたい、とデンマンさんに問い合わせたのでござ~ますか?

そうです。。。 ちょっと次のリストを見てください。。。

 

海外からのアクセス

 


(wp71201map.png)



(wp71201.png+wp71201b.png)

『現実主義者との夢の対談』

@Denman Blog

 

あらっ。。。 2017年12月1日現在で、アクセス者が 約390,000 人に。。。、つまり、5年間に 13倍に。。。 そして、75ヵ国から 134ヵ国に増えたということですわねぇ~。。。

そういうことです。。。 マキアベリもビックリです!

つまり、デンマンさんは、この事が言いたかったのですかァ~?

いや。。。 そればかりじゃありません。。。 あの悪名高い 愚か者の現実主義者も、この事実を知って マジで喜んでいるのですよ!


(fool920.jpg)


(smilerol.gif)


わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

やはり、仏のデンマンさんは

素晴らしいですゥ。。。

オイラが お札に載るように

有名にしてくれるのです。

 

デンマンさんのおかげで

日本語が解る134ヵ国の

ネット市民の皆様に

知れ渡ってしまいました!

 

オイラはマジで樋口一葉に

成り代わって

お札に登場できるかも…

きゃははははは。。。

 

オイラが友達もなく、

40ヅラさげて結婚もできずに

狭い部屋に閉じこもっているので

可哀相だと思って

心の優しいデンマンさんは

造幣局に推薦状を書いて

くれるのです!

 

お札にオイラの顔が載ったら

アインシュタインも草葉の陰で

喜んでくれると思いますゥ。


(einstein2.jpg)

 

オイラは偏差値30台のクソ大学を

卒業して以来、初めて

生きる喜びを感じています!

もうこうなったら、恥も外聞もなく

天にも舞い上がる気持ちで

スキップしたいと思います。


(smilejp.gif)

わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

ルンルンルン ランランラ~♪~ン

もう一つおまけに

ルンルンルン ランランラ~♪~ン

ああァ~、うれしいなあああァ~。。。

 


(foolw.gif)


馬鹿ですよねぇ~。。。

自分で「廃人です!」と言いながら

馬鹿を振りまいているのですよ!

この愚か者の顔がお札に出たら

偽札だと思って誰も使いませんよ!

 

どうして これほどまでに人間は

馬鹿になりきれるのかァ?

もし、この愚か者について

もっと知りたかったら

次のきじを読んでみてください。

『マーフィーの法則と現実主義者』


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif) 

ですってぇ~。。。

あの悪名高い自称「現実主義者」さんが マジで喜んでいる様子が笑えますわァ~。。。

うふふふふふふふ。。。

ところで、あたくしも有名になっているのですわよう。。。

おほほほほほほ。。。

ええっ。。。? 何で有名になっているのかってぇ~。。。?

“ヴィーナスのえくぼ”でござますわァ~。。。

ちょっと次の検索結果を見てくださいまし。。。


(gog60409a.png)

『拡大する』

『現時点での検索結果』

「卑弥子 女性の本当の魅力 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索したのですわァ。

あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てに あたくしの記事を読みにやって来る男性が たくさん居るのですわよう。。。


(buttdimp5.jpg)

どうですか? けっこう、イカスと思いませんかァ~!?

ええっ。。。 あたくしのお尻は、どうでもいいからフロントがどうなっているのか見たいのですかァ~?

分かりましたわァ。

あなたがそう言うなら ここでお見せしますわァ。


(curtain5.jpg

どうですかァ~? けっこうなものでしょう!?

いつまでも見とれていても仕方がありませんわよゥ。

あなたのために古代史の面白い記事を用意しました。

ぜひ お読みください。

では。。。

天武天皇と天智天皇は

同腹の兄弟ではなかった。 

天智天皇は暗殺された 

定慧出生の秘密 

藤原鎌足と長男・定慧 

渡来人とアイヌ人の連合王国

なぜ、蝦夷という名前なの?

平和を愛したアイヌ人

藤原鎌足と六韜

古事記より古い書物が

どうして残っていないの?

今、日本に住んでいる人は

日本人でないの?

マキアベリもビックリ、

藤原氏のバイブルとは?

とにかく、次回も興味深い記事が続きます。

だから、あなたも、また読みに戻ってきてください。

じゃあ、またねぇ~。。。


(hand.gif)

 

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』


(surfing9.gif)


(sayuri5.gif)

ところで、平成の紫式部こと、卑弥子さんは見かけによらず、京都の女子大学で腐女子に「日本文化と源氏物語」を講義している橘卑弥子・准教授という肩書きを持っています。

卑弥子さんの面白い話をもっと読みたい人は
下のリンクをクリックして読んでみてくださいね。


(annasalleh.jpg)

『オルフェと聖徳太子』

『源氏物語とおばさんパンツ』

『霊仙はなぜ毒殺されたの?』

『紫式部が地獄へ』

『破戒僧円載』

『アショーカ王の愛と苦悩』

『どら平太の世界』

『三四郎とデンマンさん』

『ヒトラーの姪』

『ゴヤと三島由紀夫』

『仏陀とキリストと娼婦』


(zurose2.jpg)

『ズロースと戦争』

『伊藤若冲ブーム?』

『ブッダと物理学』

『加藤清正ブーム?』

『愛憎と三輪山』

『松原智恵子 お尻ペンペン』

『坂本龍馬は流れ者か?』

『野ざらし』

『紫式部堕獄説』

『日本最古のポルノ?』

『源氏物語の性描写』

『寅さんの本棚と急行まつしま』

『ヒトラーは草食系?』

『ブッダとキリストと娼婦』

『顔文字とオナラ』


(hama10.jpg)

『宝暦の恨みを明治維新で』

『デウキと紅葉@行田』

『薄い陰毛と紅のボートピープル』

『江戸の閨房術』

『ずるがしこい現代人』

『春画@源氏物語』

『千早振る』

『あれっ、松本清張』

『キスと源信』

『伎楽は呉から…?』

『紺瑠璃杯に魅せられて』

『神聖娼婦 マリア』

『安徳帝は生きていた』

『白石川の桜』


(maria05.jpg)

『ブログ村のマリア様』

『萌える済子女王』

『ピンク桃色@徒然』

『富沢金山の桜』

『ピンク桃色村』

『紫式部@徒然』

『絵里香@ペルー』

『ペルシャ人の楊貴妃』

『ん?佐伯今毛人』

『文学と歴史とウソ』

『百人一首ミステリー』

『芭蕉と遊女再び』

『映画とロマン@仙台』

『源氏物语中的性描写』

『忘れられた歴史ロマン』


(costa04b.jpg)

『おばさんパンツ@サンホセ』

『聖徳太子のチューター』

『オナラの曲芸』

『死海』

『漱石とオナラ』

『絵里香さん』

『美女とオナラ』

『アンバパーリー』

『ゆっくりと愛し合う』

『見ちゃだめ!』

『二重マチ付きズロース』


(miya08.jpg)

『麻生元総理』

『ネットのバカ女を捜して』

『額田王の歌』

『聖女と娼婦』

『済子女王@萌える』

『ん?堀内亜里?』

『松平春嶽が黒幕?』

『旅行者的早餐』

『なぜ蝦夷なの?』

『プリキュアとヒトラー』

『戦争絶対反対よね』

『怨霊の歴史』

『色欲@歴史』

『紫式部と敗戦』

『ラピスラズリと源氏物語』

『性と愛@古代史』

『仙台を離れて』

『美人とブス@大奥』

『絵の中のウソ』

『阿倍仲麻呂@ベトナム』

『バイクガール』

『六条御息所』

『卑弥子さんの大学』

『元寇と捕虜』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)


(byebye.gif)

自由主義と現実主義者

 

自由主義と現実主義者

 


(liberl01.jpg)

你好(ニイハオ)!

自由主義の日本に居る

「現実主義者」と名乗る馬鹿は

素晴らしい「反面教師」なので

拉致して天安門広場で

公開処刑するのだ!


(tenan02.jpg)

デンマンさん! 毛沢東の亡霊が

オイラを拉致して 天安門広場で

公開で殺されようとしています!

助けてください!


(statue02.jpg)

オイラはあの世に逝ったら

自由主義の女神に

変身するつもりです!


(fool902.jpg)


(fool911.jpg)

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺
(masuo01e.png)

デンマンさん。。。 オイラが万が一 毛沢東の亡霊に拉致されて天安門広場で公開処刑されるようなことがあったら、助けてくれますかァ~?


(kato3.gif)

オマエは助かりたいのォ~?

当たり前じゃありませんかア~!

でも。。。、でも。。。、オマエは自分で「生きる価値のないクズの廃人」だと認めているじゃないかァ~! つまり、生きる価値がないということは、死んでもいいということだろう!?

それは言葉の綾(あや)ですよう! オイラは何がなんでも死にたくないのです!

だったら、どうして「生きる価値のないクズの廃人」だと自分で認めてしまったわけぇ~?

だってぇ~、オイラは「学歴社会」の落ちこぼれで偏差値30台のクソ大学を追い出されるように卒業させられたのです。。。 だから、オイラは悲観して「生きる価値のないクズの廃人」だと認めたんです。。。

だったら、天安門広場で公開処刑されても文句は言えないのじゃないのォ~?

でも。。。、でも。。。、オイラは毛沢東の亡霊に拉致されたくないのです。。。 オイラが拉致されたら、日本政府は絶対に助け出してくれないのですよう! 北朝鮮に拉致された被害者のことを考えると、そうとしか思えないのです。。。

オマエも、「生きる価値のないクズの廃人」だと自分で認めているわりには、往生際(おうじょうぎわ)が悪いのだねぇ~?

つまり、デンマンさんは天安門広場でオイラが公開処刑されたほうがいいのですかァ~?

あのさァ~、オマエの嫌がらせのコメントに心を痛めたネット市民は、オマエが天安門広場で公開処刑されることになったら、テレビの前でポップコーンのバケットを片手に、嬉し涙をためながら熱心に その様子を観戦すると思うのだよ!

ワールドカップのサッカーの試合じゃあるまいし、そのようなことはありませんてばあああァ~!

でも、オマエは多くのネット市民に嫌われまくっているのだよ!

マジで。。。?

信じられないのならば、次の記事に書き込まれたコメントを読んでごらんよ。。。

1 現実主義者よ! オマエのために

一生懸命に記事を書きました!

 

今度は、オマエにも「学歴社会」というのは、実は、犠牲者が出るのを予見できなかった政府の役人とマスコミが流したプロパガンダだったということが解ったと思うのだよ!
きゃはははははは。。。

大体世界を見渡すと「学歴社会」というのは、そもそも存在しないのだよ!

でも、日本のマスコミにすっかり慣れてしまった日本人は、愚かなオマエも含めて
「学歴社会」の中で生活しているという妄想に駆られているのだよ!

そんな幻想は初めからなかったのだよ!

ところが、オマエのような偏差値30台の犠牲者が出てしまった!

だから、そういう意味で「学歴社会」という魔術がおよぼした害悪が存在している!
でも、それはオマエのように妄想を信じている者だけなんだよ!

僕ちゃんは初めから「学歴社会」は“魔術”だと見抜いていたので、
その魔術を利用して無試験で松下電器産業に正社員として入社することができた!

現実を直視すれば、“魔術”を利用することもできるのだよ!

でも、愚かなオマエは、“魔術”を利用するどころか、
犠牲者になってしまったのだよ!

可哀想だけれど、それはオマエが自分の才能と素質を磨いてこなかったから、仕方のない結果なのだよ!

とにかく、理屈抜きにスキップして喜べよなァ~!
きゃはははははは。。。


(laugh16.gif)

 

barclay 2018-07-24 12:39:19


2 現実主義者よ! オマエ、もうこれ以上

馬鹿を自分で晒すなよ! (爆笑!)

 

次のリンクをクリックして検索結果を見るように!

『#現実主義者 のハッシュタグ検索)』

7月25日にオマエがコメントを書いたようだけれど、
オマエは「見苦しいブーメラン男」として馬鹿にされているのだよ!
きゃはははははは。。。

 


(baka23.png)

『見苦しいブーメラン男』

 

ネット中毒症・依存症に患わされているオマエは
結局、精神科のお医者さんの世話になる以外にないようだよ!

伊藤先生のブログにコメントを書いても、
オマエはますます「クズの廃人」として無駄な人生を生きるだけだよ!

この際、GOOGLEで検索して、オマエの家の一番近い精神科の医者を探すことだよ!


(doctor90.png)

その結果・顛末(てんまつ)をコメントで書くように!
お願いしますね。。。

モナリザの微笑と共に…。


(monalisa.jpg)

 

barclay 2018-07-25 11:40:12


引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

3 無題

 

格言なんかに溺れてるぐれぇなら、

自分の実像を直視し続けてる方がよほど現実的だ、

ドアホが!!

 

現実主義者 2018-07-25 21:30:56



(judged.png)

4 Re:無題

 

>現実主義者

ほぉ~自分の実像ですかw
また~自分の行動と伴わない事言って恥ずかしくないのかい?w
常識知ってから言おうねw妄想と現実が区別出来てから言おうねw

さて返答は?逃げてないで答えてみ
出来るだろ?

お前はでまかせばかり言ってるから返答出来ね~んだよ
お前喧嘩売っといて逃げるのなwまあ嘘吐きのお決まりの行動だよなw

お前西の京の事糞味噌に言ってるのに お前嘘吐きて言われるの嫌なのなw

認めろよ現実主義者と名乗ってますが嘘吐きです てw

お前先生のブログにコメントしてる奴がミチコに賛同してるのに何も言わないのなw
お前の見立てじゃミチコ達はネトウヨなんだろ?

なんで黙ってるんだ?
ほら言動と行動が伴わないのは嘘吐きの証拠だよw

次の書き込みは勇気を出して返答してね

がんばれ!嘘吐き現実主義者くん!

 

現実主義者は嘘吐き野郎 2018-07-26 05:04:19


5 現実主義者よ!

なぜ、まだ分からないのォ~?

救いようのないドアホは

オマエだろう!?(爆笑!)

 

あのさァ~、ネット中毒症・依存症の愚かなオマエがコメントを書く気持ちはよ~♪~く分かるよ!
でもなァ~、そうやって自分で馬鹿を晒しているのは みっともないのだよ!

だから、すでに指摘したように
7月25日にオマエがコメントを書いたようだけれど、
オマエは「見苦しいブーメラン男」として馬鹿にされているのだよ!
きゃはははははは。。。

 


(tenan02.jpg)

『見苦しいブーメラン男』

 

そこの記事には次のように的確な指摘がなされている!


(uncle006.gif)

 

全く現実が見えてないくせに

現実主義者を名乗る方が

よっぽど惨めで見苦しいぜ!

ニヤニヤニヒヒ笑い泣き

 

流石!ブーメラン男!

お前の人生は

他人に晒し者にされるためにあるんだぜ!

オマエは自己中心的なダメ男なのだよ!

自分で「クズの廃人」だと認めた段階で、
オマエは精神を救いようのないほど病んでいたのだよ!

自殺する人は、その時点で自殺するのだよ。。。
オマエが自殺しなかったのは、オマエが精神を病んでいるからなんだよ!

馬鹿は自殺しないのだア!
きゃはははははは。。。

でも、もちろん、僕ちゃんは、オマエに自殺しろと言ってるわけじゃない!
オマエにも「素晴らしい反面教師」としての生きる価値があるのだよ!
精神科のお医者さんに診てもらって、まともな人間になれ!

心の優しい仏様のよなデンマンでした!
モナリザの微笑と共に…!

 

barclay 2018-07-26 11:51:27


6 現実主義者よ! 可哀相だけれど、

オマエは誰からも嫌われるのだよ!

 

本当にオマエは可哀相だよ!
でも、仕方ないよなァ~。。。

そもそもオマエは家族からも見放されている!
家族に見放され、一般社会から嫌われ、
更に、ネットでも次のように嫌われまくっている!


(trump814.jpg)

 

こいつは何かあるとすぐに
滝川高校のイジメがどうのこうの言ってる笑い泣き

俺たちに虐められてるのは他でもない
このブーメラン男の方ではないかニヤニヤニヒヒ

自分のこれまでの人生のクズっぷりを棚に上げて
別の事件の被害者の話題を出してくる
卑劣なやつそれこそが「現実主義者ならぬ現実逃避」が
お得意のブーメラン男であるてへぺろ

流石!ブーメラン男!
期待を裏切らない清々しいまでの廃人っぷりだぜ!


『逆ギレwブーメラン男』より

そういうわけで、またオマエの事で記事を書くことになるのだよ!

オマエにとってマジで人生は生きる価値があるのか?

オマエは、ダメ人生を送っているけれど、幸福になれるのか?

期待して待っててねぇ~。。。
他に書きたいことがたくさんあるので、たぶん来週になると思うよ!
じゃあねぇ~。。。

 

barclay 2018-07-27 12:09:57


7 現実主義者よ! オマエが徹底的に

無視された面白いコメントを見つけたよ!

 (爆笑!)

 

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

 

もう許す以外に道あるんですか、あんだけの環境で…。 (略)

だいたい俺らは、加害者が勝ち誇って、
被害者側がどんなに怒りを露わにしても怒鳴り返されるわ、
ねじ伏せられるわ、そうなってしまいな社会に生まれてきてるんでしょう。(略)

 

現実主義者
2015/12/18 14:34


チェッ、現実挙げればスルーかよ!!

 

現実主義者
2016/11/18 00:02


あんたがその気なら、俺は徹底的に泣き寝入りを主張してやるぜ。

 

現実主義者
2017/08/05 01:12


どうせ現実社会じゃ、負け犬の遠吠えにしかなれねぇぜ。

 

現実主義者
2017/08/23 01:16


『大津市いじめ自殺 隠ぺいの構造』のコメントより

コメント欄の最後に書いて無視されてます!

2015年の12月の段階で、すでにオマエの悪名が
ネットでは知られていたのだよ!
知る人ぞ知る 悪名高い「現実主義者」になっていた!

今後は、さらにオマエはシカトされるか?
あるいは「ブーメラン男」として馬鹿にされるか?

とにかく、心を入れ替えて、第2の人生を踏み出すのだよ!
たぶん、当分は「クズの廃人」でいるのだろうけれど…。

馬鹿は死んでも治らないと言うからねぇ~(笑)


(monalaugh.jpg)

 

barclay 2018-07-28 11:57:05


8 現実主義者よ! 「5ちゃんねる」でも

相変わらず愚かな書き込みを

しているのだねぇ~(笑)

 

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

 

625名無しさん2018/07/23(月) 16:35:20.31
ID:ZTiI4dsv>>626

どうあがいても、奥田峻史やあのフェンシング部員にゃ

ネトウヨとかスピリチュアル中毒者しかついて来やんで。



(laugh55.png)

 

626名無しさん2018/07/24(火) 22:21:38.58
ID:mamIBvxF

>>625

お前は誰も着いて来ないよなw

お前アンチネトウヨに成りすますネトウヨだともっぱらの評判だぜ


『奈良県のこんなとこが嫌だ!! Part.2』より

オマエ、どこにコメント書いても、すぐに「現実主義者」だと見破られてしまうのねぇ~!?

つまり、それだけ、オマエはネットで悪名高くなっているのだよ!

滝川高校、イジメ自殺、そして、最近では「アンチネトウヨに成りすますネトウヨ」だと評判になっているのだよ!

悪い事は言わないから、オマエの家に一番近い精神科のお医者さんを探してすぐに診てもらえ!

そうじゃないと、オマエの「統合失調症」の症状がさらに悪化するぞ!


(doctor90.png)

「クズの廃人」だと自覚しているのなら、
ネットで愚かな書き込みをしないようにすることだよ!

ますますオマエの馬鹿さがネットで知れ渡るだけだぞ!(笑)

 

barclay 2018-07-29 13:03:44



(judged.png)

9 Re:現実主義者よ!

オマエが徹底的に無視された

面白いコメントを見つけたよ! (爆笑!)

 

>barclayさん

現実主義者の野郎アメブロから逃げて
爆サイの近畿雑談の神戸市 奈良市 大津市の各掲示板に必死になって書き込みしてますよw

行く所無くて自分で馬鹿にしてた爆サイに行ったのは笑えます。

現実主義者へ

逃げてるよねココに書き込みしないで爆サイに書き込みするのは逃げてる事になるよね?

ほれ がんばって返答してごらんw
会う会わない 公の場で白黒着ける 源氏の薀蓄の披露
好きなの選べw

 

現実主義者は嘘吐き野郎 2018-07-31 06:30:25


10 今日、これから「現実主義者」のことで

新しい記事を投稿します!

 

>現実主義者は嘘吐き野郎さん

「現実仕儀者」はネット中毒・依存症にかかっているようです。

どんなに嫌われようと、シカトされようと、とにかくネットで書き込みをすることだけが、
この男の残された「生きがい」になっているようです。。。

可哀相ですが、ネットは「クズの廃人」の最後の生きるための砦です。

毛沢東が生きていれば「素晴らしい反面教師」として
間違いなく中国に拉致されるはずです!

今日は、その事を記事のトップで紹介します。(爆笑!)


(monalaugh.jpg)

 

barclay 2018-07-31 10:23:57


赤字はデンマンが強調のため!

『クズの廃人 現実主義者』(PART 1)のコメント欄より
(2018年7月24日)

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

つまり、オイラがネットで嫌われ、馬鹿にされていると、デンマンさんは言いたいのですねぇ~。。。

その通りだよう。。。 あのさァ~、バンクーバー図書館で借りていた本を読んでいたら、次の箇所に出くわしたのだよ。。。


(happy80.jpg)

 

幸福度を測る

 

家族やコミュニティは、富や健康よりも幸福感に大きな影響を及ぼすようだ。

緊密で協力的なコミュニティに暮らし、強い絆で結ばれた家族を持つ人々は、家庭が崩壊し、コミュニティの一員にもなれない(もしくは、なろうとしたことのない)人々よりも、はるかに幸せだという。

結婚生活はとりわけ重要だ。

良好な結婚生活と高い主観的厚生、そして劣悪な結婚生活と不幸の間に、きわめて密接な相関関係があることは、研究によって繰り返し示されている。

 

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)



(sapiens2.jpg)

221-222ページ 『サピエンス全史 (下)』
著者: ユヴァル・ノア・ハラリ 訳者: 柴田裕之
2017年2月2日 第14刷発行
発行所: 株式会社 河出書房新社

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

つまり、オイラは家族にも見放され、ネットでも嫌われまくっているので、幸福な人生から程遠い不幸な人生を歩んでいる、とデンマンさんは断定するのですか?

いや。。。 別に断定しているわけじゃない! オマエが自分で、そのように言っているのだよ!

デンマンさんがオイラに言わせているのですってばあああああああァ~!

そのようにムキになってイラつくなよう!

つまり、この事を言うために、わざわざオイラを呼び出したのですか?

いや。。。 もちろんそればかりじゃないのだよ! 上の本には続きがあって、次の箇所を読んだ時にも、オマエのことが思い浮かんだのだよ! オマエもちょっと読んでごらんよ。


(uncle006.gif)

 

汝自身を知れ

 

幸福とは(快感であれ、意義であれ)ある種の主観的感情であり、ある人の幸福度を判断するためには、どう感じているのかを尋ねるだけで足りるというものだ。
多くの現代人にとって、これは理に適っているように思われる。
というのも、現代の最も支配的な宗教は自由主義だからだ。

自由主義が神聖視するのは、個人の主観的感情だ。
自由主義は、こうした感情を権力の至上の源泉とみなす。
物事の善悪、美醜、是非はみな、私たち一人ひとりが何を感じるかによって決定される。 (略)

アクション映画や舞台劇、メロドラマ、小説、人の気を惹くポップスなどは、たえずこう吹き込む。
「自分に正直であれ」
「心の声に耳を傾けろ」
「心の命じるままに行動するのだ」と。

この見方を最も端的に言い表しているのが、ジャン=ジャック・ルソーだ。
ルソー曰く、「私が良いと感じるものは良い。 私が良くないと感じるものは良くない」。

幼児期からこのようなスローガンを糧に育てられた人間は、幸福は主観的感情であり、自分が幸せであるか、不幸であるかは、本人がいちばんよくわかっていると考える傾向にある。
だがこれは、自由主義に特有の見方だ。

歴史上、大半の宗教やイデオロギーは、善や美、正義については、客観的な尺度があると主張してきた。
そして、凡人の感情や思考には信用を置いていなかった。

デルポイのアポロン神殿のいる入口では、「汝自身を知れ」という碑文が巡礼者たちを迎えた。

 


(knowyou5.jpg)

 

これは暗に、普通の人は自分自身の真の姿を知らず、それゆえに真の幸福についてもおそらく無知であることを示唆していた。 (略)

以上のような立場から、宗教や哲学の多くは、幸福に対して自由主義とはまったく異なる探求方法をとってきた。
なかでも特に興味深いのが、仏教の立場だ。

仏教はおそらく、人間の奉じる他のどんな信条と比べても、幸福の問題を重要視していると考えられる。
2500年にわたって、仏教は幸福の本質と根源について、体系的に研究してきた。
科学界で仏教哲学とその瞑想の実践の双方の関心が高まっている理由もそこにある。

 

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


235-237ページ 『サピエンス全史 (下)』
著者: ユヴァル・ノア・ハラリ 訳者: 柴田裕之
2017年2月2日 第14刷発行
発行所: 株式会社 河出書房新社

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

つまり、オイラは自分自身の真の姿を知らず、それゆえに真の幸福についてもおそらく無知であると、デンマンさんは断言するのですか?

だってぇ、そうだろう!? オマエは自分自身の真の姿を知らない。。。 知ろうともしない。。。

いいえ。。。 オイラはネットでも公言しているように 自分が「生きる価値のないクズの廃人」だと認めているのです! 自分自身の事を一番知っているのはオイラなのです。。。 上の本にも書いてあるじゃありませんか! 自由主義が神聖視するのは、個人の主観的感情だと、。。。

確かに、オマエは自分が偏差値30台のクソ大学を追い出されたようにして卒業させられたと思い込んでいる。。。

だってぇ、事実、そうなのですよ。。。 だから、オイラは「生きる価値のないクズの廃人」だと自分で認めているのです!

あのさァ~、それが間違っているのだよ! オマエは愚かだから、「学歴社会」「偏差値至上主義」を馬鹿丸出しで信じきっている!

だってぇ、それが現実です!

それは、僕が何度も言っているように、政府の役人とマスコミがでっち上げたプロパガンダなのだよ!

 


(teikoku01.jpg)

『現実主義者と学歴社会』

 

偏差値では、人間の価値や素質や才能は計れないのだよ! その証拠に、オマエのおじいさんは元校長先生だった。。。 つまり、隔世遺伝でオマエには、校長先生になれるだけの素質を受け継いでいるのだよ! ところが、オマエは勉強しない、努力しない、失敗から学ばない、嫌われても反省しない。。。 だから、自分でも認めれ「生きる価値のないクズの廃人」になっているのだよ!

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

オイラは、どうすればよいのでしょうか?

ちょっと次のビデオ・クリップを見てごらんよ!

 

積極思考

 

積極思考(positive thinking)は、「なんでも前向きに物事を考えればそれは実現し、人生はうまくいく」という考え方、物事の良い面を見ようと努め、ポジティブな姿勢を保ち、「思考そのもの」を変えることで現実を変えることを目指す思考法である。

ポジティブな思考はポジティブな現実を、ネガティブな思考はネガティブな現実をもたらすとされる。

引き寄せの法則(law of attraction)、精神科学(mental science)、実践的キリスト教(pragmatic Christianity)、心の科学(science of mind)、実用的形而上学(practical metaphysics)、神の科学(divine science)とも。
19世紀半ばにアメリカで起こったキリスト教の異端的潮流ニューソートに始まると言われる、比較的新しい考え方ある。

心や思考の性向が健康や経済状態として表れる(思いは現実になる)という考え方は、ニューエイジ、精神世界、スピリチュアル、自己啓発セミナーにも取り入れられており、現代の成功哲学やビジネス本、自己啓発本、就活本、スポーツやビジネスの成功のための様々なツール、健康や信仰など、現代社会への影響はかなり大きく、相当な広範囲に深く定着している。

アメリカでは「動機づけの心理学」とも呼ばれ、人生論などを分かりやすく書いたハウツー本、自己啓発本(セルフヘルプ本)に最もよく見られる考え方である。
このような発想はアカデミックな心理学に対し、ポップ心理学と呼ばれる。

積極思考は、時に認知を歪めることもある。
現実を楽観的に捉え正確に把握できない「楽観主義バイアス」、ポジティブな妄想を強めるという指摘もある。
積極思考では、自分の力が及ばないことが起こると考えたり、未来の破滅を恐れるのは、自己の変革が必要な証拠だとされる。

現実はすべてその人の思考次第という考えは、科学的に証明されておらず、疑似科学と呼ばれており、多くの科学者は支持者たちが科学概念を捻じ曲げて援用していることを批判している。
また、現実の環境への興味を失わせ、悪や災厄への注意を向けさせないようにする論理であり、論理的には飢餓や戦争など不幸な目に合うのはその人の自己責任、自業自得という結論を導くという指摘もある。
ビジネスや投資において正確な判断・決定を阻害し、サブプライムローンなど市場の問題へ影響を与えたという意見もある。

哲学の楽天主義、心理学のポジティブ心理学とは異なる。


出典: 「積極思考」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ポジティブな思考はポジティブな現実を、ネガティブな思考はネガティブな現実をもたらすのだよ! オマエのように「生きる価値のないクズの廃人」だと認めていることは、とりもなおさずネガティブな思考がネガティブな現実をもたらしているのだよ! 要するに、オマエは愚かでネガティブな現実主義者なのだよ。。。

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

でも。。。、でも。。。、現実はすべてその人の思考次第という考えは、科学的に証明されてないのですよう!

オマエは、「積極思考(positive thinking)」、「引き寄せの法則(law of attraction)」が信じられないのだねぇ~?

そうです。。。

仕方ない、じゃあ、次の寅さんのクリップを見てごらんよ!

 

 

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

この寅さんのクリップがどうだと言うのですか?

寅さんが語っているように、役者になる前は、何をしてもダメだったと言うのだよ! 何をしようとしても、どこに行っても全くお呼びでなかったと言っているのだよ! つまり、現在のオマエと同じように、嫌われるか、シカトされていたのだよ!

つまり、オイラと違って、努力して、失敗から学んで、楽天思考、積極思考で、寅さんの役にありついたとデンマンさんは言うのですか?

上のクリップの中で、寅さんがそう言ってるじゃないか!

つまり、オイラのDNAの中には、元校長先生のおじいさんの素質が眠っている。。。 オイラが、その素質を叩き起こして努力すれば、2代目の寅さんになれる、とデンマンさんは言うのですか?

そうだよ!


(fool920.jpg)


(smilerol.gif)


わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

やはり、仏のデンマンさんは

素晴らしいですゥ。。。

オイラが2代目の寅さんに

成れるかもしれないと、

言ってくれるのです!

 

オイラが友達もなく、

40ヅラさげて結婚もできずに

狭い部屋に閉じこもっているので

可哀相だと思って

心の優しいデンマンさんは

オイラを励ましてくれるのです!

もしかすると、オイラは寅さんの2代目として

国民栄誉賞がもらえるかも…

 


(fool06.png)

 


(smilerol.gif)

わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

やはり、仏のデンマンさんは

素晴らしいですゥ。。。

オイラを寅さんと同じか、

それ以上に有名にしてくれるのです。

 

アインシュタインも草葉の陰で

喜んでくれると思いますゥ。


(einstein2.jpg)

 

オイラは偏差値30台のクソ大学を

卒業して以来、初めて

生きる喜びを感じています!

もうこうなったら、恥も外聞もなく

天にも舞い上がる気持ちで

スキップしたいと思います。


(smilejp.gif)

わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

ルンルンルン ランランラ~♪~ン

もう一つおまけに

ルンルンルン ランランラ~♪~ン

ああァ~、うれしいなあああァ~。。。

 


(foolw.gif)


馬鹿ですよねぇ~。。。

自分で「廃人です!」と言いながら

馬鹿を振りまいているのですよ!

この愚か者は、僕には

全く手に負えません!

この底抜けの馬鹿は

すっかり可笑しくなってしまいました!

おめでたい愚か者です!

 

明日になれば、今日のことは

すっかり忘れて、また嫌がらせのコメントを

書き始めると思うのです。。。

 

どうして これほどまでに人間は

馬鹿になりきれるのかァ?

僕には、もう付き合いきれません!

そう言いながら付き合ってます。

もしかすると、この馬鹿は

芸能界に入ったら伸びるかもしれません!

おバカ番組に出て

笑いを振りまくと思うのです。


(laugh16.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

 

ですってぇ~。。。

馬鹿バカしいと思いながらも、最後までよく読んでくださいました。

デンマンさんも喜んでいると思います。

とにかく、ネットには、いろいろと変わった人がいますわァ。。。 

ヴァイアグラを飲みすぎて オツムがイカレた人もいれば、

他人に成りすまして ヤ~らしいコメントを書き込む人もいます。

また、誰彼かまわずに“スパム”を飛ばす嫌われ者もいます。

とにかく、ネットには。。。 特にアメブロには “めちゃキモい”人たちがウヨウヨしています。

まるで得意になって、愚かな事をして遊んでいます。

また、見かけは普通のブログでも、悪徳スパマーが手を変え品を変えて 悪徳サイトへ誘い込もうとしています。

コメントスパムで褒められると、ついついその気になって、相手のブログへ飛んでゆき、お返しに、あるいはお礼にと思って 読者に登録してしまったりするものですわァ。

どうか スパマーの思う壺にはまらないでくださいね。

悪徳スパマーは悪徳サイトへ誘おうと てぐすね引いて待っているのですから。。。

悪徳サイトを利用して、メールアドレスで登録したりすると、あなたのメールアドレスは第3者や第4者に売られてしまう危険性があります。

あなたは、そのようなスパム・コメントや 成りすましスパマーには騙されないと思い込んでいるでしょう?

でもねぇ~、もしかすると騙されているかもよ。。。

とにかく気をつけてくださいね。

次回も、さらに面白い話題が続きます。

あなたも、どうか、また記事を読みに戻ってきてください。

では。。。


(hand.gif)

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『ちょっと心にぐっと来る動物物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』



(spacer.png+betty5de.gif)
(hiroy2.png+betty5d.gif)
『スパマー HIRO 中野 悪徳業者』

 


(yuri03.jpg)

■ 『こーてがにゃんにゃん』

■ 『こーて@ブラックリスト』

■ 『スパマーつぶちゃんの悪戯』

■ 『スパマー平田由里子』

■ 『ハワイに恋したダメな敦子』

■ 『ハワイに恋した愚かな敦子と奈々』

■ 『アフリカ滞在スパマー』

■ 『ミスユニバース悪女』


(bikini901.jpg)

■ 『スパマー横尾真美』

■ 『悪名高い横尾真美』

■ 『ナンパ馬鹿の末路』

■ 『また柏原知美?』

■ 『ネットの異端者』

■ 『ネットの問題児』

■ 『ハフマヌーン帝国の愚劣隊長』

■ 『いいね50回記念』

■ 『ヴァイアグラ馬鹿と小百合パンツ』


(bigcash.jpg)

■ 『聖書バカスパマー』

■ 『大先輩、馬鹿やるの止めて』

■ 『世界一愚かなスパマー』

■ 『デリヘル嬢かずえを探して』

■ 『全財産300万円をせどりに』

■ 『はるかのランジェリー』

■ 『人気のデリヘル嬢』

■ 『悪徳10万円モニター』

■ 『ハヌマーン隊長』

■ 『駐米スパマー』

■ 『柏原知美 再起?』


(bitcoin20b.jpg)

■ 『ビットコインの危険性』

■ 『楽天バカ』

■ 『楽天バカ悪あがき』

■ 『スパム王 カーチス』

■ 『外国美脚サイト』

■ 『馬鹿の起源』

■ 『知性なきたわごと』

■ 『Hiro 中野 せどり スパマー』

■ 『Hiro 中野 せどり 悪徳』

■ 『Hiro 中野 せどり 悪質』

■ 『Hiro 中野 せどり 悪徳業者』

■ 『Hiro 中野 せどり いいね馬鹿』

■ 『悪徳業者に注意!』

■ 『Hiro 中野 せどり 不誠実』

■ 『悪事万里を走る!』


(uncg05b.jpg)

■ 『反知性主義でワロタ』

■ 『リファラスパム』

■ 『ビットコイン馬鹿』

■ 『サムネイル画像』

■ 『読者登録スパム』

■ 『噂の女@香港』

■ 『ビットコイン リファラ』

■ 『悪徳業者 ネット犯罪者』

■ 『心にしみるウンコ』

■ 『性具とビットコイン馬鹿』

■ 『マヒナ奈々 悪徳業者』

■ 『現実主義者との夢の対談』

■ 『現実主義者 馬鹿の見本』

■ 『カーチスの裏技』

ベクトル成城店に注意 悪徳 不誠実 いいねスパマー
(vector2.jpg)

■ 『現実主義者とブログ哨戒隊』

■ 『失われた20年の落し者』

■ 『トラバスパマー』

■ 『哀れで悲惨な現実主義者』

■ 『おめでたい現実主義者』

■ 『現実主義者@グアテマラ』

■ 『現実主義者@5ちゃんねる』

■ 『パクリブロガー look94288』

■ 『味もめんミステリー』

■ 『嫌われる現実主義者』

■ 『ネット犯罪 パクリブロガー』

■ 『ネットで笑われている現実主義者』

■ 『人気リンクスパマー』

■ 『反面教師の現実主義者』

■ 『チョー悪名高い現実主義者』

■ 『スパマー マイケル』

■ 『松永エロパクリ屋』

■ 『スパマー 早川えりこ』

■ 『ブラックリスト追加』

■ 『坑夫と現実主義者』

■ 『人気リンクを狙え!』

■ 『犯罪者 エロ松永』

■ 『タリアセン夫人をパクる』


(hooker08.gif)

■ 『世界一愚かな現実主義者』

■ 『中国情報ジャーナル スパマー fukachina』

■ 『ヴァイアグラスパマー』

■ 『村上春樹と現実主義者』

■ 『スパム女王 ノーマ』

■ 『ビットコイン・リファラスパマー』

■ 『ワールド・スパマー』

■ 『愚かな現実主義者@注目の的』

■ 『ATBコインスパマー』

■ 『迷惑スパマー 早川えりこ』

■ 『自殺と現実主義者』

■ 『樋口一葉と現実主義者』

■ 『悪徳スパマー 早川えりこ』

■ 『犯罪者 悪徳エロ松永』

■ 『美尻ビーナスをパクる』

■ 『スティーブ・ジョッブズと現実主義者』

■ 『悪質スパマー 早川えりこ』

■ 『めれちゃんと現実主義者』

■ 『悪徳エロ松永 犯罪者』

■ 『エロ犯罪者に注目』

■ 『早川えりこ 悪徳スパマー』

■ 『パクリ屋 ネット犯罪 エロ松永』

■ 『リファラスパマー Alexa』

■ 『マーフィーの法則と現実主義者』

■ 『悪徳ページスパマー』

■ 『Badbotスパマー』

■ 『愚かなパクリブロガー』

■ 『馬鹿の見本が読まれる』

■ 『現実主義者とDNA』

■ 『悪徳つぶちゃん再起』

■ 『現実主義者と学歴社会』

■ 『現実主義者と第2の人生』

■ 『ネチケットを知りません』

■ 『パクリブロガー撲滅!』

■ 『Kibsoilsスパマー』

■ 『ジョッブズさんと現実主義者』

■ 『クズの廃人 現実主義者』


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

クズの廃人 現実主義者

 

クズの廃人 現実主義者

 


(fool902.jpg)


(fool911.jpg)

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺
(masuo01e.png)

デンマンさん。。。 どういうわけで馬鹿バカしい YouTube のクリップを貼り付けたのですか?


(kato3.gif)

オマエは不満なのォ~?

だってぇ~、オイラは上のクリップに出てくるような馬鹿じゃありませんよう!

オマエ、それほど謙遜しなくてもいいのだよ!

謙遜してるんじゃありませんてばあああァ~!

あのさァ~、オマエは馬鹿な現実主義者としてネットでも有名なんだよ! 次の検索結果を見て欲しいのだよ。。。

 


(gog80724c.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

「馬鹿な現実主義者」と入れて検索すると 9,410,000件もヒットするのだよ。。。

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

でも。。。、でも。。。、デンマンさんが一生懸命にオイラの事で記事を書いて オイラが馬鹿だということをネットで広めているのですよう! 上の赤枠で囲んであるのは、デンマンさんが書いた記事です。。。

オマエは不満なのォ~?

オイラは「生きる価値がないクズの廃人であることをネット広めたい」と言ったのです。。。 オイラは自分が馬鹿だとは思ってません。。。

あのさァ~、世間の常識に従うならば、「生きる価値がないクズの廃人であることをネット広めたい」と言う人間のことを馬鹿というのだよ。。。

そうなんですかァ~?

当たり前田のクラッカー!

 


(maeda01.jpg)

 

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

デンマンさん! このギャグだけは、もう止めてください! オイラはこのギャグを見ると吐き気を催(もよお)すのですよ!。。。で、どういうわけでクズの廃人 現実主義者というタイトルにしたのですか?

どういうわけってぇ~、次のコメントのやり取り中で、僕はオマエに約束したじゃないかア!。。。 もう一度読んでごらんよ!。。。

1 現実主義者よ! オマエのために

一生懸命に記事を書いたぞ!(笑)

 

涙を流しながらスキップして喜べ!

オマエも そろそろ50歳になるのだよ!

少しはオマエも自分の年のことを考えて、第2の人生を歩むのだよ!

一般社会でも、ネットでも嫌われて相手にされなかった廃人のオマエが
これから生きてゆくには、ネット市民や一般社会の皆さんに迷惑にならないように
第2の人生を踏み出すのだよ!

ジョッブズさんが「愚か者であれ!」と言ったけれど、
オマエは間違いなく愚かな廃人なのだよ!

 


(jobs04.jpg)

『ジョッブズさんと現実主義者』

 

だから、嫌がらせのコメントを書いて、嫌われまくって、相手にされなかったオマエは、
ここで、何かを変えねばならないのだよ!
ところが、オマエは何も変えてない!

愚かな廃人のままなのだよ!

それでは駄目だとジョッブズさんは言っているのだよ!

でも、偏差値30台のオマエは、上の記事を読んでも理解できないだろうと思うよ!

最低でも 5度読め! ボケッ!!

心の優しい仏様のようなデンマンは、これからもオマエのことで記事を書くのだよ!

もちろん、オマエのためでもあるのだけれど、
オマエのような愚か者が、今後出てこないようにと願いながら書くのだよ!
きゃはははははは。。。 


(foolw.gif)

(僕も、かなり馬鹿になてるなあああァ~ 爆笑!)

 

barclay 2018-07-15 13:59:37


2 現実主義者よ!

もう、コメントを書かないように

決めたのォ~? (微笑)

 

下らないコメントを書きまわらないで、
自分のブログを立ち上げるのだよ!

オマエはネット中毒症・依存症を患っているのだよ!
50歳になろうというのに、誰からも相手にされず、
オマエが孤独で寂しいのは理解できるけれど、
わけの分からない下らない、嫌がらせのコメントを書きまわっている場合じゃねぇ~だろう!?

少しは、自分の年のことも考えて、
第2の人生を踏み出して、まともな人間になのだよ!

“憎まれっ子世にはばかる”で、オマエは、まず間違いなく80歳まで生きると思うのだよ!
まだこれから30年以上も“クズの廃人”で生きるつもりなのォ~?

少しは、常識というものをゲットしろよ!

たとえ、ジョッブズさんが“愚か者であれ!”と言ったからってぇ
いつまでも、馬鹿やってる場合じゃないのだよう!

あと、少なくとも3度『ジョッブズさんと現実主義者』を読むように!

 

『ジョッブズさんと現実主義者』

  

barclay 2018-07-16 12:12:05


引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

3 無題

 

だから、別にスキップして喜ぶかよ!

 

現実主義者 2018-07-16 15:37:07


4 現実主義者よ!

オマエの事がネットで広まったので、

今後は誰も相手にしないだろうよ!

 

今後、オマエがイジメ自殺のことでコメントを書いても
誰もまともに相手にしないと思うよ!

シカトされるか、「オマエ、デンマンにさんに さんざ晒されたなァ~!
俺のところにコメントを書いても、もう相手になるかよゥ!
味噌汁で顔を洗って、おととい出直せ!」と言われるのがオチだよ!

だから、アメブロでブログを立ち上げて
そこで「現実主義者のイジメ自殺ブログです!」というタイトルにするのだよ!(笑)

そうすれば、晒された馬鹿を見たさに、オマエのブログに
たくさんのネット市民がやってくることになるよ!

嘘だと思ったら、試してみろよ!
そうやって、第2の人生を踏み出すのだよ!
期待しているからねぇ~。。。

オマエがブログを立ち上げたら、
僕も、応援するためにコメントを書いてあげるから。。。

そうすれば、ネットにも平和と平穏が訪れて、
オマエも多くのネット市民の皆さんに
厄介者がいなくなったと感謝されるのだよ!
きゃはははははは。。。


(laugh16.gif)

 

barclay 2018-07-16 20:04:20



(judged.png)

5 Re:無題

 

>現実主義者

あれ?先生の時は有頂天になって爆サイや5ちゃんに勝ち誇った様に書き込みしてたのにw
ちょっと叩いたら逃げたよなお前w

いい加減逃げコメント止めたら?w返答してごらんよw

もう一つお前が返答出来ない事聞いてやろうか?w
先生が言ってた源氏の薀蓄披露してくれよw

お前が薀蓄披露出来なきゃ先生は嘘吐きになっちゃうよw

さて会う会わないの返答か 公の場で白黒つけるか 源氏の薀蓄披露するか
お前の好きなの選べやw

お前が逃げてるから妥協してやってんだよw
悔しくない?情けなくない?

俺にここまで言われて反論出来ないの?w
逃げコメントしか出来ないの?w

がんばれ!嘘吐き現実主義者くんよ

 

現実主義者は嘘吐き野郎 2018-07-17 05:37:44


6 現実主義者よ!

そろそろ嫌われるコメント馬鹿から

ブロガーに変身しろ!

 

「クズの廃人」と自分で認めているオマエも
下らないコメントを書いて馬鹿にされるよりも
ブログを立ち上げて、まともな人間として相手にされる方がいいだろう!?

今のままだったら、ネットでシカトされるだけだぞ!

伊藤先生のブログに何かコメントを書いてみろよ!
ぜひ、反応を見たいものだよ!
きゃはははははは。。。

オマエがブログを立ち上げたら応援するからねぇ~。。。

モナリザの微笑と共に…。


(monalisa.jpg)

 

barclay 2018-07-17 11:33:58


7 現実主義者よ! オマエは相変わらず、

理解力の無いコメントを

書いているんだねぇ~!(爆笑!)

 

もう伊藤先生のところでコメントを書いてないと思ったら、

次のようなコメントを発見したよ!


(kouishi02.jpg)

10. RE:無題

 

>現実主義者さん

私が記事で書いていることが理解できていませんね、
天才をつくるのが塾ではなくて並みの能力を持った人間の成績を嵩上げしてくれる程度のものだと、武蔵のことを例にあげて話しています。

才能なんか持たずに生まれてきた落ちこぼれの学力を、
嵩上げするのが正し塾の在り方だと言っているのであり、
「おお、よちよち」なんて話ではありません。

.huyunohi1684 2018-07-02 19:28:22


『伊藤先生のブログ』より

偏差値が30台のオマエは、相変わらず国語の読解力が無いのだよ!
やっぱり、学校の授業をサボっていたツケが、こうして回ってきているのだよ!

「クズの廃人」、偏差値30台の馬鹿だと自分で認めておきながら、
いまだに理解力の無いコメントを書いているのが、僕には不思議でならないよ!

自分の馬鹿を、これでもか、これでもかと晒しているだけなんだよ!
それが、愚かなオマエには見えてない!

つまり、「現実主義者」と名乗りながら、全く現実を見てないのだよ!
本当にオマエは馬鹿なんだよ! (爆笑!)

ブログを立ち上げても、オマエの馬鹿を晒すことになるだけかもねぇ~。。。

 

barclay 2018-07-17 11:56:31


8 現実主義者よ! オマエは相変わらず

イジメ自殺とネトウヨのトラウマに

縛られているのだなァ!

 

オマエは、伊藤先生だけに相手にされているので

今度は、「ネトウヨ」のことでコメントを書いている!

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

7. 無題

 

>huyunohi1684さん

一般社会を歩いていたら日常的に目にする事実の数々や

一般社会の人間たちが散々送っている返答の数々を

片っ端から無視して、見事なまでの責任転嫁の

ネトウヨ論法を垂れ流してるのは、

在日コリアン相手でも純日本人相手でも同じです。

 

現実主義者 2018-07-17 08:49:42


『伊藤先生のブログ』より

最近、「クズの廃人」と自分で認めている愚か者を相手にしているのは
どうやら伊藤先生とデンマンだけみたいねぇ~ (爆笑)

ネット中毒症・依存症のオマエにとって、
確かに伊藤先生は、オマエにとって救いかもしれない。

伊藤先生に排除されないように、がんばれよ!
きゃはははははは。。。

 

barclay 2018-07-18 11:42:25



引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

9 無題

 

学歴社会に逆らう奴は、バークレーのことも結局は

嘘吐き野郎扱いしてんだろうよ。

 

現実主義者 2018-07-18 19:45:18



(judged.png)

10 Re:無題

 

>現実主義者

はいはい その程度のコメントしか出来ないの?
お前俺に負けとるやんw
なにひとつマトモな反論出来て無いよ

逃げてるだけやんwそんなお前を嘘吐き野郎として扱って何か不都合でもあります?
アメブロの皆さんはお前の事嘘吐きて思ってますよw知れ渡ってますよw
悔しいだろ?w

くだらない逃げコメントしないで、現実と向き合って返答してみw
現実主義者だろお前w

次のコメントは返答よろしく

がんばれ!嘘吐き現実主義者くんよw

 

現実主義者は嘘吐き野郎 2018-07-18 20:39:29


12 現実主義者よ! オマエはネットで

コミュニケーションがとれてない!

 

伊藤先生もオマエのこれまでのオマエのコメントを読んで次のように書いている!


(kouishi02.jpg)

 

記事と無関係なコメントを付けまくる、
自分のブログをいくら言っても持とうとしない、

コメントの内容が極度に分かりづらい、
何度も同じ内容のコメントを付けて来る、

初めてのところに行っても挨拶も自己紹介もしない、
いずれもルール破りの反則行為です。

私もこの人が最初に書き込んできた時には、
なにを言いたいのか理解できませんでした。

大抵のブログでは、ここでブログ主がお前はなにを言っているのだと言い、
現実主義者氏が説明することなく独自の主張を繰り返すので、
ブログ主が怒って追い出されるという展開になります。

過去に私のブログに現れた、えびますとどんとかそらまめとかいったネトウヨは、
追い出されるとそれを逆恨みして自分のブログで誹謗中傷を書き連ねましたが、
自分のブログを持たない現実主義者氏は追い出された人への仕返しは行なわず、

別のところにいって、前と同じことを書き込みます、
そして同じような騒ぎを引き起こします。


『現実主義者氏に関する研究 その1』より
 (2018-04-27)

コメントを書くのはオマエの自由だけれど、
オマエは 伊藤先生も指摘しているように
記事と無関係なコメントや
何度も同じ内容のコメントをつけて回るのだよ!

しかも、相手のコメントに対して返答してない!
逃げ回っている!

さらに、相手の書いたコメントの内容を理解してない!
理解しようともしない!

常に、自己中心的、ひとりよがり、自分の馬鹿を無意識にさらけ出している! (爆笑!)

オマエは、結局、ネット中毒・依存症を患っているのだよ!

ネットでやり取りしていると自分で思い込みながら
意味のないコメントを書いて
孤独と寂しさを紛らわせている!

それが、オマエがコメントを書く動機なのだよ!

要するに、一般社会では相手にされず、
ネットでも嫌われまくっているオマエは、
コメントを書いて反応が返ってくるのを楽しんでいる。

それだけしか、オマエの生きがいがないのだよ!
現在、オマエのコメントに対して反応が返ってくるのは
伊藤先生とデンマンの記事だけだと思うよ。

“馬鹿を相手にするな!”という格言が日本にはあるけれど、
伊藤先生は「馬鹿を研究する」ために、オマエの相手をしている。

デンマンは、オマエを反面教師としてネットで晒すために相手にしているのだよ!(笑)

 

barclay 2018-07-19 12:15:43


13 現実主義者よ!

伊藤先生に相手にされようと思って

必死になって書き込みしてるけど

馬鹿丸出しだぞ!

 

オマエの理解力がないことを伊藤先生は次のように的確に指摘している!


(kouishi02.jpg)

4. Re:無題

 

>現実主義者さん

ネトウヨが学歴社会をねじ伏せていると思っているのは日本中で多分貴方だけでしょう。

まともなリベラルの人たちは、ネトウヨが自由と民主主義と人権をねじ伏せていると考えています。

 

huyunohi1684 2018-07-18 21:03:11


『伊藤先生のブログ』より

オマエは自分で偏差値が30台だと認めているように、
常識と教養と学力がないのだよ!
だから、ネトウヨと学歴社会と偏差値とイジメと自殺だけしか知らない!

これまでのオマエのコメントを読むと、それだけなんだよ!

だから、馬鹿丸出しで ネトウヨと学歴を結び付けて、必死で伊藤先生に相手にされよとしている!

見ていて哀れだよ! (爆笑、それから苦笑!)


(laugh16.gif)

なぜなのか?
オマエは自分を「生きる価値のないクズの廃人」と決め付けて、
自分をもっと教養のある人間にしようとする努力が全くないからなんだよ!

要するに、「井の中の蛙」で、自分の間違った思い込みから抜け出せないでいる!
だから、どこでコメントを書こうとも、まともに相手にされないのだよ!

現実を、自分自身を もっとよく見ろ! ボケっ!!

 

barclay 2018-07-20 12:22:06


14 現実主義者よ! オマエは、どうして

自己中心的で馬鹿丸出しなのォ~?

 

あのさァ~、伊藤先生から何度も何度も言われているのに、オマエは まだ馬鹿やってるんだねぇ~!(爆笑)


(kouishi02.jpg)

4. Re:無題

 

>現実主義者さん

その議論をどうしてご自身のブログを立ち上げてなさらないのですか、

いつまでこのような立場を続けるつもりなのですか。

.huyunohi1684201 8-07-21 00:19:24


『伊藤先生のブログ』より

何を書くのもオマエの自由だけれど、
「生きる価値のないクズの廃人」だと自分で認めているオマエが
ネットで何を書いても、まともに相手にされないのだよ!

伊藤先生は例外的に オマエの相手になっているのだよ!
ただし、オマエを相手に 「クズの廃人」を研究していても,
次回の選挙のためには何の役にも立たないだろうよ。

オマエを相手にしているので、また落選してしまうと思うのだよ!
迷惑をかけるなよ!

でも、僕は選挙に立候補しないので、
僕の記事ならば、オマエが自分で馬鹿を晒すのは歓迎するからねぇ~。
きゃはははははは。。。


(laugh16.gif)

  

barclay 2018-07-21 12:37:15


引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

15 無題

 

学歴社会に逆らう奴は、皆から指摘されるぞ。

「一般社会で生活してたら日常的に目にする事実、そして皆が散々送っている返答の数々をわざと完全無視してはぐらかすしか能が無い」ってな。

 

現実主義者 2018-07-22 11:37:22


16 オマエは、相変わらず馬鹿で

井の中の蛙だねぇ~!(爆笑!)

 

いつまでも「クズの廃人」で笑わせるなよう!
きゃはははははははは。。。

オマエの空想と妄想には呆れ果てるよ!

「皆が散々送っている返答の数々をわざと完全無視してはぐらかすしか能が無い」のは「クズの廃人」のオマエだろう!
(モナリザの爆笑!)


(monalaugh.jpg)

その証拠には事欠かないのだ!

オマエは伊藤先生のブログにも次のように書いた!

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

7. 無題

 

>huyunohi1684さん

俺はもうクズの虫けらの社会不適合でいてたらいいって誓った人間なんです。

治療はあえて受けません。

 

現実主義者 2018-05-02 18:44:20


『現実主義者氏に関する研究 その1』より
 (2018-04-27)

悪い事は言わないから精神科の医者に診てもらうのだよ!

治療を受けるのだよ! マジで。。。!

 

barclay 2018-07-22 12:59:00


17 「クズの廃人」の愚かなオマエにも

理解できるように、

オマエのことで、また

記事を書くからねぇ~…

 

オマエは毛沢東が生きていたら、素晴らしい反面教師として
拉致されて天安門広場で公開で処刑されるのだよ!

オマエは日本に生まれたことを天に感謝しなければならない!

とにかく、オマエの事では、たくさんの記事を書いてきたけれど、
オマエは偏差値が30台なので、僕の記事を読んでも理解できないのだよ!

でも、僕はオマエのためというよりも「反面教師」のオマエをネタに
オマエのような無責任で、嫌がらせのコメントを書く愚か者が出てこないようにと願いながら
またオマエの事で記事を書くつもりだよ!

期待して待っててね。。。
こうして記事を書けば、オマエがたとえ嫌がらせのコメントを書こうとも、
誰も本気になって愚かなオマエを相手にしないだろう
と思う。

そうすれば、オマエのコメントを読んでも
馬鹿が戯言(たわごと)を言っていると思って、シカトするだろうから。。。
(モナリザの微笑)

たぶん、タイトルは『クズの廃人 現実主義者』になる予定!(笑)

 

barclay 2018-07-22 13:09:21



(judged.png)

19 Re:無題

 

>現実主義者

で?返答は?

完全無視はお前だろw

お前現実主義者と名乗りながら現実から逃げてるよね 目を背けてるよね
俺からの問いに返答しないのはその証拠だよねw

ほら逃げてないで早よ返答してみ

がんばれ
嘘吐き野郎の現実主義者くん

 

現実主義者は嘘吐き野郎 2018-07-22 13:34:19


赤字はデンマンが強調のため!

『ジョッブズさんと現実主義者』(PART 1)のコメント欄より
(2018年7月15日)

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

つまり、こうして記事を書けば、オイラがたとえ嫌がらせのコメントを書こうとも、誰も本気になってオイラを相手にしないだろうと信じて、デンマンさんはクズの廃人 現実主義者というタイトルで記事を書くことにしたのですねぇ~。。。

そういうことだよ。。。

。。。で、デンマンさんは相変わらず学歴社会に逆らうのですか?

あのさァ~、すでに次の記事で書いたように、学歴社会というのは、実体のない政府とメディアのプロパガンダなのだよ。。。

 


(gakureki01.jpg)


(gakureki04.jpg)

『現実主義者と学歴社会』

 

このプロパガンダに乗せられて、オマエのような落ちこぼれが犠牲者になってしまったのだよ!

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

つまり、オイラは実体のない「学歴社会」を信じているので、いまだに犠牲者として自分が「生きる価値のないクズの廃人」の生活を送っていると、デンマンさんは断定するのですか?

その通りだよ。。。 オマエにも解るように説明するから、まず次の小文を読んで欲しいのだよ!


(waseda01.jpg)

 

正直言って、大学の勉強にはほとんど興味が持てませんでした。
結婚していましたし、仕事も始めていたし、いまさら大学の卒業証書をもらっても役にも立ちません。
でも当時の早稲田大学はとった講義の単位分だけ授業料を払えばいいという制度で、残した単位もそれほど多くはなかったので、仕事をしながら暇を見つけて講義に出て、7年かけて何とか卒業しました。

最後の年、安堂信也先生のラシーヌの講義をとっていたんですが、出席日数が足りず、また単位を落としそうになったので、先生のオフィスまで言って「実はこういう事情で、もう結婚して、毎日仕事をしておりまして、なかなか大学に行くことができず……」と説明したら、わざわざ僕の経営していていた国分寺の店まで足を運んでくださって、「君もいろいろ大変だね」といって帰ってゆかれました。

おかげで単位もちゃんともらえました。
親切な方だったですね。
当時の大学には(今は知りませんが)そういう柄の大きな先生がけっこうおられたみたいです。

 (38-39ページ)


いじめや登校拒否は大きな社会問題になっています。
いじめを受けた少なくない数の子供たちが、自らの命を絶っています。
これは本当に悲劇という以外に言いようがありません。(略)

何も生徒同士のいじめだけではありません。
教師の側にもかなり問題がありそうです。

けっこう前の話になりますが、神戸の学校で始業ベルとともに正門の重い扉を先生が閉めて、女生徒がそこに挟まれて亡くなってしまったという事件がありました。

 

 

「最近は生徒の遅刻があまりにも多く、そうせざるを得なかった」というのが、その教師の弁明でした。
遅刻するのはもちろんあまり褒められたことではありません。

しかし学校に数分遅刻することと、一人の人間の命とどちらが重い価値を持つか、そんなのは考えるまでもないことです。

この先生の中では「遅刻を許さない」という狭い目的意識が頭の中で異様に特化して膨らんで、世界をバランス良く見る視野が失われています。(略)
新聞には「でもあの先生は教育熱心な良い先生だったから」という父兄のコメントも載っていました。

しかしそういうことを口にする(口にできる)方にもかなりの問題がありそうです。
殺された側の、押しつぶされた痛みはいったいどこにやられてしまったのでしょう?

 (205-206ページ)

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)



(murakami73.jpg)

『職業としての小説家』
著者: 村上春樹
2015年9月17日 第1刷発行
発行所: 株式会社 スイッチ・パブリッシング

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

あれっ。。。 これはノーベル文学賞候補で、オイラのライバルの村上春樹のエッセーではありませんかァ!

その通りだよ! 教育というのは、そもそも人間の素質や才能を伸ばすためのものなんだよ!

そうです。。。 オイラもその点に関する限りデンマンさんに賛同します。

村上さんは、本来ならば出席日数が足りず、また単位を落としそうになったので卒業できなかったはずなんだよ。。。 そうだとしたら人生が変わって、小説家にはなっていなかったかもしれないのだよ!

そうです。。。 たぶん、村上さんは安堂信也先生にタダ酒を飲ませて、「袖の下」をやって、単位をくれるように説得したのだと思います。。。

そうじゃないのだよ! 安堂先生は、立派な教育者なのだよ。。。 なぜなら、村上さんの言葉を一応信じたのだけれど、念のために「裏をとろう」として、村上さんの店まで足を運んで、実態を確かめたわけだよ。。。 そして、更に話を聞いて、人物を確かめた。。。 それだけの手間・隙をかけて、村上さんの素質を見て単位を上げることにしたのだよ。。。

それってぇ、本当はルールに反することじゃないのですか?

あのさァ~、教育は人間をつぶすためにあるんじゃない! 人間の素質や才能を伸ばすためのものなんだよ! その事を安堂先生は理解していた。。。 ところが、神戸の門番先生は、規則に馬鹿みたいに忠実に従って、これから将来的に延びるかも知れない女生徒の命を奪ってしまった。。。 この女生徒は卑弥子さんのような「平成の紫式部」になったかもしれないのだよ!

それで、オイラのことはどうなったのですか?

あのさァ~、門番先生のような人間には“偏差値”という数値を持ち出さない限り、才能や素質を見極められない。。。

それで、“偏差値”を教育の現場に導入したのですか?

そういうことだよ。。。 そして“偏差値至上主義”が教育の現場で主流になってしまった。。。 オマエも含めて、愚か者たちは、この“偏差値至上主義”で入学が決められるシステムを「学歴社会」だと思い込んでしまったのだよ!

つまり、偏差値30台でクソ大学を卒業したオイラは、言ってみれば“偏差値至上主義”の落ちこぼれで、正門の重い扉に挟まれて死亡した女生徒に等しいとデンマンさんは断定するのですかァ~?

その通りだよ! その証拠に、オマエは自分の事を「生きる価値のないクズの廃人」だと自分で認めているのだよ! 実質的に、オマエの社会的生命は絶たれてしまったも同然なんだよ! そうだろう!?

確かに、そうかもしれません。。。 オイラは、どうしたらよいのでしょうか?

反省してやり直せばいいのだよ! ところが、オマエは、努力しない、勉強しない、失敗から学ばない、誰からも嫌われているにもかかわらず、一向に自分の生き方を変えようとしない!

それは、いけないことなのですか?

だから、ジョッブズさんの言葉に従うなら、オマエは何かを変えなきゃいけないのだよ! つまい、「生きる価値のないクズの廃人のままでいます」と言ってる場合じゃないのだよ! 第2の人生を踏み出すのだよ!


(fool920.jpg)


(smilerol.gif)


わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

やはり、仏のデンマンさんは

素晴らしいですゥ。。。

オイラを村上春樹さんと

同じか、それ以上に

有名にしてくれるのです。

 

オイラはマジで日本語が解る

世界の134ヵ国の

ネット市民の皆様の間で

チョー有名になるかも……

きゃははははは。。。

 

海外からのアクセス@Denman Blog

 


(wp71201map.png)



(wp71201.png+wp71201b.png)

『引きこもった現実主義者』@Denman Blog

 

オイラが友達もなく、

40ヅラさげて結婚もできずに

狭い部屋に閉じこもっているので

可哀相だと思って

心の優しいデンマンさんは

オイラを励ましてくれるのです!

もしかすると、村上春樹さんに代わって

今年の秋にはノーベル文学賞がもらえるかも…

 


(gohou99.jpg)

 

あのさァ~、スキップして喜ぶのは止めて欲しいのだよ! それに、何でオマエがノーベル文学賞をもらえるわけぇ。。。?

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

だってぇ~、村上春樹さんの本は、せいぜい50ヵ国語に翻訳されているだけですよ。。。 でも。。。、でも。。。、オイラは世界の134ヵ国のネット市民の皆さんに知れ渡っているのです! さらに、村上春樹さんの『ノルウェーの森』は250万部が売れたというけれど、オイラが書いてある記事だって300万以上のネット市民の皆さんに読まれているのですよ!


(gog80314a.png)


『拡大する』

『馬鹿の見本が読まれる』

『現時点での検索結果』

あのさァ~、村上春樹さんは小説を書いているのだよ。。。 でも、オマエは「生きる価値のないクズの廃人のままでいます」と言ってるだけなんだよ!

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

いいえ。。。 オイラは、この10年以上、「2ちゃんねる」、「ウェブリログ」、「Yahoo!」、「アメブロ」、「5ちゃんねる」。。。 で、イジメ自殺のことで被害者の家族から恨まれ、憎まれ、嫌われるよなコメントをたくさん書いてきました!

あのさァ~、それは文学とは何の関係もないのだよ!

でも。。。、でも。。。、とにかく、デンマンさんがオイラを有名にしてくれたのです! だから、この機会に、もう一度スキップして喜ばせてください!

 


(smilerol.gif)


わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

やはり、仏のデンマンさんは

素晴らしいですゥ。。。

オイラを村上春樹さんと

同じか、それ以上に

有名にしてくれるのです。

 

アインシュタインも草葉の陰で

喜んでくれると思いますゥ。


(einstein2.jpg)

 

オイラは偏差値30台のクソ大学を

卒業して以来、初めて

生きる喜びを感じています!

もうこうなったら、恥も外聞もなく

天にも舞い上がる気持ちで

スキップしたいと思います。


(smilejp.gif)

わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

ルンルンルン ランランラ~♪~ン

もう一つおまけに

ルンルンルン ランランラ~♪~ン

ああァ~、うれしいなあああァ~。。。

 


(foolw.gif)


馬鹿ですよねぇ~。。。

自分で「廃人です!」と言いながら

馬鹿を振りまいているのですよ!

この愚か者は、僕には

全く手に負えません!

この底抜けの馬鹿は

すっかり可笑しくなってしまいました!

おめでたい愚か者です!

 

明日になれば、今日のことは

すっかり忘れて、また嫌がらせのコメントを

書き始めると思うのです。。。

 

どうして これほどまでに人間は

馬鹿になりきれるのかァ?

僕には、もう付き合いきれません!

そう言いながら付き合ってます。

もしかすると、この馬鹿は

芸能界に入ったら伸びるかもしれません!

おバカ番組に出て

笑いを振りまくと思うのです。


(laugh16.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

 

ですってぇ~。。。

馬鹿バカしいと思いながらも、最後までよく読んでくださいました。

デンマンさんも喜んでいると思います。

とにかく、ネットには、いろいろと変わった人がいますわァ。。。 

ヴァイアグラを飲みすぎて オツムがイカレた人もいれば、

他人に成りすまして ヤ~らしいコメントを書き込む人もいます。

また、誰彼かまわずに“スパム”を飛ばす嫌われ者もいます。

とにかく、ネットには。。。 特にアメブロには “めちゃキモい”人たちがウヨウヨしています。

まるで得意になって、愚かな事をして遊んでいます。

また、見かけは普通のブログでも、悪徳スパマーが手を変え品を変えて 悪徳サイトへ誘い込もうとしています。

コメントスパムで褒められると、ついついその気になって、相手のブログへ飛んでゆき、お返しに、あるいはお礼にと思って 読者に登録してしまったりするものですわァ。

どうか スパマーの思う壺にはまらないでくださいね。

悪徳スパマーは悪徳サイトへ誘おうと てぐすね引いて待っているのですから。。。

悪徳サイトを利用して、メールアドレスで登録したりすると、あなたのメールアドレスは第3者や第4者に売られてしまう危険性があります。

あなたは、そのようなスパム・コメントや 成りすましスパマーには騙されないと思い込んでいるでしょう?

でもねぇ~、もしかすると騙されているかもよ。。。

とにかく気をつけてくださいね。

次回も、さらに面白い話題が続きます。

あなたも、どうか、また記事を読みに戻ってきてください。

では。。。


(hand.gif)

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『ちょっと心にぐっと来る動物物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』



(spacer.png+betty5de.gif)
(hiroy2.png+betty5d.gif)
『スパマー HIRO 中野 悪徳業者』

 


(hooker08.gif)

■ 『きさ☆51ヶ国訪問中に注意!』

■ 『Xenovisに注意!』

■ 『客室乗務員@ハワイに恋した敦子に注意』

■ 『ハワイに恋した敦子の欺瞞』

■ 『フォロワーになって晒されて…』

■ 『ハワイに恋した敦子の懺悔』

■ 『ハワイに恋した敦子の反省』

■ 『ハワイに恋した敦子ダントツ』

■ 『コスパ最高@悪徳商法』

■ 『つぶちゃんは悪質スパマー』

■ 『つぶちゃんは愚かなスパマー』

■ 『つぶちゃんは悪名高いスパマー』


(yuri03.jpg)

■ 『こーてがにゃんにゃん』

■ 『こーて@ブラックリスト』

■ 『スパマーつぶちゃんの悪戯』

■ 『スパマー平田由里子』

■ 『ハワイに恋したダメな敦子』

■ 『ハワイに恋した愚かな敦子と奈々』

■ 『アフリカ滞在スパマー』

■ 『ミスユニバース悪女』


(bikini901.jpg)

■ 『スパマー横尾真美』

■ 『悪名高い横尾真美』

■ 『ナンパ馬鹿の末路』

■ 『また柏原知美?』

■ 『ネットの異端者』

■ 『ネットの問題児』

■ 『ハフマヌーン帝国の愚劣隊長』

■ 『いいね50回記念』

■ 『ヴァイアグラ馬鹿と小百合パンツ』


(bigcash.jpg)

■ 『聖書バカスパマー』

■ 『大先輩、馬鹿やるの止めて』

■ 『世界一愚かなスパマー』

■ 『デリヘル嬢かずえを探して』

■ 『全財産300万円をせどりに』

■ 『はるかのランジェリー』

■ 『人気のデリヘル嬢』

■ 『悪徳10万円モニター』

■ 『ハヌマーン隊長』

■ 『駐米スパマー』

■ 『柏原知美 再起?』


(bitcoin20b.jpg)

■ 『ビットコインの危険性』

■ 『楽天バカ』

■ 『楽天バカ悪あがき』

■ 『スパム王 カーチス』

■ 『外国美脚サイト』

■ 『馬鹿の起源』

■ 『知性なきたわごと』

■ 『Hiro 中野 せどり スパマー』

■ 『Hiro 中野 せどり 悪徳』

■ 『Hiro 中野 せどり 悪質』

■ 『Hiro 中野 せどり 悪徳業者』

■ 『Hiro 中野 せどり いいね馬鹿』

■ 『悪徳業者に注意!』

■ 『Hiro 中野 せどり 不誠実』

■ 『悪事万里を走る!』


(uncg05b.jpg)

■ 『反知性主義でワロタ』

■ 『リファラスパム』

■ 『ビットコイン馬鹿』

■ 『サムネイル画像』

■ 『読者登録スパム』

■ 『噂の女@香港』

■ 『ビットコイン リファラ』

■ 『悪徳業者 ネット犯罪者』

■ 『心にしみるウンコ』

■ 『性具とビットコイン馬鹿』

■ 『マヒナ奈々 悪徳業者』

■ 『現実主義者との夢の対談』

■ 『現実主義者 馬鹿の見本』

■ 『カーチスの裏技』

ベクトル成城店に注意 悪徳 不誠実 いいねスパマー
(vector2.jpg)

■ 『現実主義者とブログ哨戒隊』

■ 『失われた20年の落し者』

■ 『トラバスパマー』

■ 『哀れで悲惨な現実主義者』

■ 『おめでたい現実主義者』

■ 『現実主義者@グアテマラ』

■ 『現実主義者@5ちゃんねる』

■ 『パクリブロガー look94288』

■ 『味もめんミステリー』

■ 『嫌われる現実主義者』

■ 『ネット犯罪 パクリブロガー』

■ 『ネットで笑われている現実主義者』

■ 『人気リンクスパマー』

■ 『反面教師の現実主義者』

■ 『チョー悪名高い現実主義者』

■ 『スパマー マイケル』

■ 『松永エロパクリ屋』

■ 『スパマー 早川えりこ』

■ 『ブラックリスト追加』

■ 『坑夫と現実主義者』

■ 『人気リンクを狙え!』

■ 『犯罪者 エロ松永』

■ 『タリアセン夫人をパクる』

■ 『世界一愚かな現実主義者』

■ 『中国情報ジャーナル スパマー fukachina』

■ 『ヴァイアグラスパマー』

■ 『村上春樹と現実主義者』

■ 『スパム女王 ノーマ』

■ 『ビットコイン・リファラスパマー』

■ 『ワールド・スパマー』

■ 『愚かな現実主義者@注目の的』

■ 『ATBコインスパマー』

■ 『迷惑スパマー 早川えりこ』

■ 『自殺と現実主義者』

■ 『樋口一葉と現実主義者』

■ 『悪徳スパマー 早川えりこ』

■ 『犯罪者 悪徳エロ松永』

■ 『美尻ビーナスをパクる』

■ 『スティーブ・ジョッブズと現実主義者』

■ 『悪質スパマー 早川えりこ』

■ 『めれちゃんと現実主義者』

■ 『悪徳エロ松永 犯罪者』

■ 『エロ犯罪者に注目』

■ 『早川えりこ 悪徳スパマー』

■ 『パクリ屋 ネット犯罪 エロ松永』

■ 『リファラスパマー Alexa』

■ 『マーフィーの法則と現実主義者』

■ 『悪徳ページスパマー』

■ 『Badbotスパマー』

■ 『愚かなパクリブロガー』

■ 『馬鹿の見本が読まれる』

■ 『現実主義者とDNA』

■ 『悪徳つぶちゃん再起』

■ 『現実主義者と学歴社会』

■ 『現実主義者と第2の人生』

■ 『ネチケットを知りません』

■ 『パクリブロガー撲滅!』

■ 『Kibsoilsスパマー』

■ 『ジョッブズさんと現実主義者』


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

ジョッブズさんと現実主義者

 

ジョッブズさんと現実主義者

 


(jobs001.jpg)


(fool911.jpg)

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺
(masuo01e.png)

デンマンさん。。。 今日は どういうわけで また あの有名なスティーブ・ジョッブズさんと生きる価値のないクズの廃人のオイラと並べたのですか?


(kato3.gif)

オマエは不満なのォ~?

いいえ。。。 もちろん、大喜びですよう。。。 ここでスキップして喜んでもいいですか?


(smilejp.gif)

あのさァ~、50歳になろうとする 洟垂(はなた)れ小僧の愚かなオマエがスキップして喜ぶのを見た多くのネット市民から苦情が出ているのだよ!

どのような。。。?

これまで愚かなオマエがスキップして喜ぶのを見た多くのネット市民の皆様から 「もう、あの馬鹿をスキップさせて喜ばすなア!」と僕は叱(しか)られているのだよ!

マジで。。。?

だから、スキップして喜ぶのだけは、止めて欲しいのだよ。。。

分かりました。。。 デンマンさんが、そのような苦しい立場にあるのでしたら、スキップするのは止めます。。。 で、どういうわけでスティーブ・ジョッブズさんとオイラが またタイトルで並ぶのですか?

あのさァ~、もしかすると、オマエも知っていると思うけれど、ちょっとジョッブズさんの経歴を読んでみて欲しいのだよ。。。

スティーブ・ジョッブズ

 


(apple01.jpg)

 

アップルコンピュータ設立

ジョブズは約8,000ドルの利益を手に、多忙で商談ができなかったブッシュネルの紹介でマイク・マークラに起業の話を持ちかける。
マークラは、インテルの中級社員だったが、目先の現金が欲しい同僚や友人からストックオプションの株を買い集め、インテルの株式公開時には、巨額の富を手に入れていた。
紹介されたジョブズらの話に興味を持ったマークラは、1976年11月にアップルに加わり、自身の個人資産の92,000ドルを投資し、1977年1月3日、3人でアップルコンピュータを法人化した。

1977年5月、マークラがナショナル・セミコンダクターから引き抜いたマイク・スコットが、5番目の社員(社員番号は007)かつ社長となった。
ジョブズの当時の肩書きは、事業統括担当副社長であった。

ウォズニアックはアップルに注力するために、ヒューレット・パッカードを退社し、Apple Iの再設計を開始する。
処理能力向上とディスプレー表示のカラー化、拡張スロット、内蔵キーボード、データ記録用カセットレコーダをもつApple IIをほとんど独力で開発した。

1977年6月5日、1,298ドルで発売されたApple IIは爆発的人気を呼び、1980年には10万台、1984年には200万台を超える売り上げで、莫大な利益をアップルにもたらした。
1980年、アップルはIPO(株式公開)を果たし、750万株を持っていたジョブズは、2億ドルを超える資産を手にした。

なお、ジョブズの実家のガレージで創業したと広く信じられ、2013年の伝記映画『スティーブ・ジョブズ』などでもそのように描写されたり、死後バラク・オバマ大統領によって言及されたりしているが、ガレージという部分については2014年12月にウォズニアックが「ちょっとした作り話」「誇張されたもの」と否定している。

1978年、Apple IIを打ち破る次世代パーソナルコンピュータとして、Lisa(リサ)・プロジェクトが立ち上げられた。

1979年、アップルに入社したジェフ・ラスキンは、Apple IIが一般向けには複雑すぎると考えていた1人だった。
ラスキンはカリフォルニア大学サンディエゴ校での教え子であったビル・アトキンソンを雇い、Apple IIのメンテナンス担当だったビュレル・スミスなど数人で、1979年、Macintoshプロジェクトを開始する。
このMacintoshは、誰にでも簡単に扱える、ノート代わりのコンピュータを目指していた。

一方ジョブズは、会社内での独断専行の立ち居振舞いから、社長のスコットによって、Lisaプロジェクトのメンバーから外されてしまう。
行き場を失ったジョブズは、1981年、突如としてMacintoshプロジェクトに参画を宣言する。
殴り込みを掛けるかのような展開ではあったが、数人で動いていたMacintoshプロジェクトはジョブズを迎え入れた。
そして、ハード担当がジョブズ、ソフト担当がラスキンとなり、取締役だったジョブズの働きで、予算も開発メンバーも増え、同時にLisaプロジェクトからもスタッフの引き抜きを行った。

しかし、Lisaを上回るものにしようとするジョブズは、ソフト(オペレーティングシステム)に関しても口を出し始めたために、ラスキンと激しく対立し、ラスキンは役員に対して「ジョブズの首を取るか、自分を新たな場に移すか」と直談判した。
最終的に役員サイドは、Macintoshプロジェクトにジョブズを押し込めておく方が、会社にとって悪影響が少ないと考え、ジョブズの考えを優先し、1982年3月、ラスキンはアップルを去った。

ジョブズは、Macintoshにはシンプルな美しさが必要だと考え、基板パターンが美しくないという理由で、設計案を幾度となく却下した。
また、同じく美しくないという理由で、拡張スロットの採用を拒否したり、みすぼらしいフロッピードライブのイジェクトボタンを無くし、オートイジェクトを導入させた。
筐体は、机上の電話の横に置かれる電話帳程の大きさが理想として、30cm四方のサイズに収まるように提案。
初代Macintoshの筐体デザインは、Apple IIcやMacintosh SEのデザインを行なったフロッグデザイン(ジョブズとエスリンガーが意気投合し、1982年からパートナーシップを組む)によるものではなく、ジェリー・マノック(Apple社員)によってデザインされたものである。

以上のように、手間を惜しまなかったがゆえに開発は難航し、Macintoshがデビューしたのは1984年1月のことだった。

 

アップルコンピュータ解任


(jobs05.jpg)

 

ジョブズと対立し、関係が悪化していたスコットが、1981年マークラに解雇された。

ジョブズはスコットの後任として、マーケティングに優れた人物を連れてくる必要に迫られ、ペプシコーラの事業担当社長をしていたジョン・スカリーに白羽の矢を立て、引き抜き工作を行った。
この時、スカリーを口説くために「このまま一生砂糖水を売りつづけたいか? それとも世界を変えたいか?」と言った。

熱烈なジョブズのラブコールもあり、1983年、ジョン・スカリーがアップルの社長の座に就いた。
当時は、ジョブズとスカリーは、強力なパートナーシップのために『ダイナミック・デュオ』と呼ばれ、アップルの経営を押し進めた。

1984年後半、ジョブズはMacintoshの需要予測を大幅に誤り、アップルは過剰在庫に悩まされ、初めての赤字を計上してしまった。
アップルは、従業員の1/5にあたる人数のレイオフ(人員削減)を余儀なくされた。

スカリーはアップルの経営を混乱させているのはジョブズだと考えるようになり、Macintosh部門からジョブズを解任することを取締役会に要求する。

それを察知したジョブズは、スカリーの中国出張中にスカリーの追放を画策するが、アップル・フランスで功績を上げていたジャン=ルイ・ガセーの密告により、スカリーはジョブズが自分をアップルから追い出そうとしていることを知る。

その後、スカリーは、1985年5月24日の取締役会で、ジョブズに自分の追放を画策した事について問いただし、この結果ジョブズは会長職以外、アップルでのすべての仕事を剥奪される。

(注)スカリーは自分がジョブズを追い出したのではないと主張している。


■2005年6月12日、スタンフォード大学の卒業式に招かれ、「Stay hungry, stay foolish」という『全地球カタログ』最終号からの引用で締めくくられたそのスピーチは、多くの共感を持って迎えられた。

■「17の時に、こんな名言に出会ったよ。“毎日を人生最後の日のように生きれば、間違いなく最高の人生を送れる”ってね。それ以来33年間、私は毎朝鏡を覗き込んで、こう自問し続けた。“もし今日死ぬなら、今日やろうとしていることを本当にやるか?”そして、その答えがNoである日が続いたときは、何かを変えなきゃいけないんだってわかったよ。


出典: 「スティーブ・ジョッブズ」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

なるほどォ~。。。 デンマンさんが、どういうわけで またスティーブ・ジョッブズさんを取り上げたのか解りましたァ~。。。

マジで。。。?

つまり、オイラとジョッブズさんには共通点がたくさんあるのですねぇ~。。。 うへへへへへへへ。。。

そうやって薄(うす)ら馬鹿笑いを浮かべているけれど、オマエはマジで理解できてるのォ~?

デンマンさんは疑り深いのですねぇ~。。。

あのなァ~、実は、重要な点で、オマエとジョッブズさんには大きな違いがある。。。 ちょっと次のクリップを観て欲しい。。。

 


(jobs02.jpg)

 

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

大きな違いってぇ何ですかァ~?

ジョッブズさんは大学に入学したけれど、中退しているのだよ。。。 つまり、卒業していない!。。。 ところが、オマエは偏差値30台のクソ大学だけれども卒業しているのだよ!

なるほどォ~。。。 その点に関する限り、オイラはジョッブズさんよりも優(すぐ)れているのですねぇ~。。。 うへへへへへへ。。。

その通りだよ! それに、ジョッブズさんはアップルという自分が始めた会社にもかかわらず、追い出されてしまった。。。 要するに、クビになったのだよ! 本人も、追い出された時には、もうぼろぼろになったと言っている。

 


(jobs03.jpg)

 

つまり、オマエが「生きる価値のない社会不適格者、クズの廃人」だと自分で認めたように、ジョッブズさんも、かなり落ち込んだのだよ! 廃人のようにボロボロになったわけだよ! ところが、オマエと大きく違うのは、ジョッブズさんは諦めずに第2の人生を踏み出した。

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

要するに、この事実をオイラに示すために、わざわざ またジョッブズさんを取り上げて、オイラを呼び出したのですねぇ~。。。

その通りだよ! でも、オマエは落胆する必要はないのだよ。。。

どうしてですか?

ジョッブズさんは、スピーチの最後に次のように言った。

 


(jobs04.jpg)

ハングリーであれ。 愚か者であれ!

 

オマエが愚か者であることは、おそらく、これまで僕の記事を読んできたネット市民の皆様は、十分知り尽くしていると思う。

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

そうでしょうか?

あのさァ~。。。 ネットで「生きる価値のない社会不適格者、クズの廃人」だとオマエは伊藤先生のブログで認めたのだよ! このような事を恥ずかしげもなくネットで言うことが、まさに愚か者の証拠なのだよ!

確かに、オイラは口を滑らせてしまいました! でも。。。、でも。。。、ジョッブズさんが愚か者であれ!と言ってるのですよう! オイラは、自分が愚か者であることを恥じるつもりはありません!

だから、オマエは馬鹿なのだよ! 素直に信じる馬鹿がいるかァ~! あのさァ~、オマエはジョッブズさんが愚か者だと信じてるのォ~?

だってぇ~。。。、だってぇ~。。。、ジョッブズさんは自分で愚か者であれ!と言ってるのですよう! だから、ジョッブズさんも愚か者に違いありません!

だから、オマエは偏差値が30台なのだよ! 国語の授業をサボっていたので国語の読解力がないのだよ! 

じゃあ、ジョッブズさんが愚か者であれ!と言ったのは、口から出たデマカセなのですかァ~? 

いや。。。 上のスピーチを見てわかるように、確かにジョッブズさんが愚か者であれ!と言った。。。 でも、それを素直に受け取るのが本当の馬鹿で、ジョッブズさんが本当に言いたいことは、「たとえボロボロの廃人になって落ち込んだとしても、それで諦めてはだめだ! 第2の人生を踏み出せ!」ということなのだよ!

その証拠でもあるのですか?

あるのだよ! ジョッブズさんは次のようにも言っている。


(jobs001.jpg)

 

“もし今日死ぬなら、

今日やろうとしていることを本当にやるか?”

そして、その答えがNoである日が続いた時は、

何かを変えなきゃいけない!

…ということがわかったよ。

つまり、オマエは努力しない、勉強しない、失敗からも学ばない、誰からも嫌われて相手にされない! 結局、何もすることがなく、それで、このまま「生きる価値のないクズの廃人」のままでいます、というような愚かな事をネットで公言したのだよ!

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

いけませんか?

ジョッブズさんは、そういう時には、何かを変えなきゃいけないと言ってるのだよ! 馬鹿だチョンだ!と言われるかもしれないけれど、自分が正しいと思うことや、いいアイデアだと思うことは、どんどんやるべきだと言っているのだよ!

だから。。。?

それで、失敗したら、反省してやり直せばいい! ところが、オマエは、努力しない、勉強しない、失敗から学ばない、誰からも嫌われているにもかかわらず、一向に自分の生き方を変えようとしない!

それは、いけないことなのですか?

だから、ジョッブズさんの言葉に従うなら、オマエは何かを変えなきゃいけないのだよ! つまい、「生きる価値のないクズの廃人のままでいます」と言ってる場合じゃないのだよ! 第2の人生を踏み出すのだよ!


(fool920.jpg)


(smilerol.gif)


わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

やはり、仏のデンマンさんは

素晴らしいですゥ。。。

オイラをスティーブ・ジョッブズさんと

同じか、それ以上に

有名にしてくれるのです。

 

オイラはマジで日本語が解る

世界の134ヵ国の

ネット市民の皆様の間で

チョー有名になるかも……

きゃははははは。。。

 

海外からのアクセス@Denman Blog

 


(wp71201map.png)



(wp71201.png+wp71201b.png)

『引きこもった現実主義者』@Denman Blog

 

オイラが友達もなく、

40ヅラさげて結婚もできずに

狭い部屋に閉じこもっているので

可哀相だと思って

心の優しいデンマンさんは

オイラを励ましてくれるのです!

もしかすると、村上春樹に代わって

今年の秋にはノーベル文学賞がもらえるかも…

 


(gohou99.jpg)

 

あのさァ~、スキップして喜ぶのは止めて欲しいのだよ! さっき、止めると言っただろう!? それに、何でオマエがノーベル文学賞をもらえるわけぇ。。。?

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

だってぇ~、村上春樹の本は、せいぜい50ヵ国語に翻訳されているだけですよ。。。 でも。。。、でも。。。、オイラは世界の134ヵ国のネット市民の皆さんに知れ渡っているのです! さらに、村上春樹の『ノルウェーの森』は250万部が売れたというけれど、オイラが書いてある記事だって300万以上のネット市民の皆さんに読まれているのですよ!


(gog80314a.png)


『拡大する』

『馬鹿の見本が読まれる』

『現時点での検索結果』

あのさァ~、村上春樹は小説を書いているのだよ。。。 でも、オマエは「生きる価値のないクズの廃人のままでいます」と言ってるだけなんだよ!

引きこもり 現実主義者 偏差値 ネットの嫌われ者 イジメ 自殺

いいえ。。。 オイラは、この10年以上、「2ちゃんねる」、「ウェブリログ」、「Yahoo!」、「アメブロ」、「5ちゃんねる」。。。 で、イジメ自殺のことで被害者の家族から恨まれ、憎まれ、嫌われるよなコメントをたくさん書いてきました!

あのさァ~、それは文学とは何の関係もないのだよ!

でも。。。、でも。。。、とにかく、デンマンさんがオイラを有名にしてくれたのです! だから、この機会に、もう一度スキップして喜ばせてください!

 


(smilerol.gif)


わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

やはり、仏のデンマンさんは

素晴らしいですゥ。。。

オイラをスティーブ・ジョッブズさんと

同じか、それ以上に

有名にしてくれるのです。

 

アインシュタインも草葉の陰で

喜んでくれると思いますゥ。


(einstein2.jpg)

 

オイラは偏差値30台のクソ大学を

卒業して以来、初めて

生きる喜びを感じています!

もうこうなったら、恥も外聞もなく

天にも舞い上がる気持ちで

スキップしたいと思います。


(smilejp.gif)

わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

ルンルンルン ランランラ~♪~ン

もう一つおまけに

ルンルンルン ランランラ~♪~ン

ああァ~、うれしいなあああァ~。。。

 


(foolw.gif)


馬鹿ですよねぇ~。。。

自分で「廃人です!」と言いながら

馬鹿を振りまいているのですよ!

この愚か者は、僕には

全く手に負えません!

この底抜けの馬鹿は

すっかり可笑しくなってしまいました!

おめでたい愚か者です!

 

明日になれば、今日のことは

すっかり忘れて、また嫌がらせのコメントを

書き始めると思うのです。。。

 

どうして これほどまでに人間は

馬鹿になりきれるのかァ?

僕には、もう付き合いきれません!

そう言いながら付き合ってます。

もしかすると、この馬鹿は

芸能界に入ったら伸びるかもしれません!

おバカ番組に出て

笑いを振りまくと思うのです。


(laugh16.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

 

ですってぇ~。。。

馬鹿バカしいと思いながらも、最後までよく読んでくださいました。

デンマンさんも喜んでいると思います。

とにかく、ネットには、いろいろと変わった人がいますわァ。。。 

ヴァイアグラを飲みすぎて オツムがイカレた人もいれば、

他人に成りすまして ヤ~らしいコメントを書き込む人もいます。

また、誰彼かまわずに“スパム”を飛ばす嫌われ者もいます。

とにかく、ネットには。。。 特にアメブロには “めちゃキモい”人たちがウヨウヨしています。

まるで得意になって、愚かな事をして遊んでいます。

また、見かけは普通のブログでも、悪徳スパマーが手を変え品を変えて 悪徳サイトへ誘い込もうとしています。

コメントスパムで褒められると、ついついその気になって、相手のブログへ飛んでゆき、お返しに、あるいはお礼にと思って 読者に登録してしまったりするものですわァ。

どうか スパマーの思う壺にはまらないでくださいね。

悪徳スパマーは悪徳サイトへ誘おうと てぐすね引いて待っているのですから。。。

悪徳サイトを利用して、メールアドレスで登録したりすると、あなたのメールアドレスは第3者や第4者に売られてしまう危険性があります。

あなたは、そのようなスパム・コメントや 成りすましスパマーには騙されないと思い込んでいるでしょう?

でもねぇ~、もしかすると騙されているかもよ。。。

とにかく気をつけてくださいね。

次回も、さらに面白い話題が続きます。

あなたも、どうか、また記事を読みに戻ってきてください。

では。。。


(hand.gif)

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

『センスあるランジェリー』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『ちょっと心にぐっと来る動物物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』



(spacer.png+betty5de.gif)
(hiroy2.png+betty5d.gif)
『スパマー HIRO 中野 悪徳業者』

 


(hooker08.gif)

■ 『きさ☆51ヶ国訪問中に注意!』

■ 『Xenovisに注意!』

■ 『客室乗務員@ハワイに恋した敦子に注意』

■ 『ハワイに恋した敦子の欺瞞』

■ 『フォロワーになって晒されて…』

■ 『ハワイに恋した敦子の懺悔』

■ 『ハワイに恋した敦子の反省』

■ 『ハワイに恋した敦子ダントツ』

■ 『コスパ最高@悪徳商法』

■ 『つぶちゃんは悪質スパマー』

■ 『つぶちゃんは愚かなスパマー』

■ 『つぶちゃんは悪名高いスパマー』


(yuri03.jpg)

■ 『こーてがにゃんにゃん』

■ 『こーて@ブラックリスト』

■ 『スパマーつぶちゃんの悪戯』

■ 『スパマー平田由里子』

■ 『ハワイに恋したダメな敦子』

■ 『ハワイに恋した愚かな敦子と奈々』

■ 『アフリカ滞在スパマー』

■ 『ミスユニバース悪女』


(bikini901.jpg)

■ 『スパマー横尾真美』

■ 『悪名高い横尾真美』

■ 『ナンパ馬鹿の末路』

■ 『また柏原知美?』

■ 『ネットの異端者』

■ 『ネットの問題児』

■ 『ハフマヌーン帝国の愚劣隊長』

■ 『いいね50回記念』

■ 『ヴァイアグラ馬鹿と小百合パンツ』


(bigcash.jpg)

■ 『聖書バカスパマー』

■ 『大先輩、馬鹿やるの止めて』

■ 『世界一愚かなスパマー』

■ 『デリヘル嬢かずえを探して』

■ 『全財産300万円をせどりに』

■ 『はるかのランジェリー』

■ 『人気のデリヘル嬢』

■ 『悪徳10万円モニター』

■ 『ハヌマーン隊長』

■ 『駐米スパマー』

■ 『柏原知美 再起?』


(bitcoin20b.jpg)

■ 『ビットコインの危険性』

■ 『楽天バカ』

■ 『楽天バカ悪あがき』

■ 『スパム王 カーチス』

■ 『外国美脚サイト』

■ 『馬鹿の起源』

■ 『知性なきたわごと』

■ 『Hiro 中野 せどり スパマー』

■ 『Hiro 中野 せどり 悪徳』

■ 『Hiro 中野 せどり 悪質』

■ 『Hiro 中野 せどり 悪徳業者』

■ 『Hiro 中野 せどり いいね馬鹿』

■ 『悪徳業者に注意!』

■ 『Hiro 中野 せどり 不誠実』

■ 『悪事万里を走る!』


(uncg05b.jpg)

■ 『反知性主義でワロタ』

■ 『リファラスパム』

■ 『ビットコイン馬鹿』

■ 『サムネイル画像』

■ 『読者登録スパム』

■ 『噂の女@香港』

■ 『ビットコイン リファラ』

■ 『悪徳業者 ネット犯罪者』

■ 『心にしみるウンコ』

■ 『性具とビットコイン馬鹿』

■ 『マヒナ奈々 悪徳業者』

■ 『現実主義者との夢の対談』

■ 『現実主義者 馬鹿の見本』

■ 『カーチスの裏技』

ベクトル成城店に注意 悪徳 不誠実 いいねスパマー
(vector2.jpg)

■ 『現実主義者とブログ哨戒隊』

■ 『失われた20年の落し者』

■ 『トラバスパマー』

■ 『哀れで悲惨な現実主義者』

■ 『おめでたい現実主義者』

■ 『現実主義者@グアテマラ』

■ 『現実主義者@5ちゃんねる』

■ 『パクリブロガー look94288』

■ 『味もめんミステリー』

■ 『嫌われる現実主義者』

■ 『ネット犯罪 パクリブロガー』

■ 『ネットで笑われている現実主義者』

■ 『人気リンクスパマー』

■ 『反面教師の現実主義者』

■ 『チョー悪名高い現実主義者』

■ 『スパマー マイケル』

■ 『松永エロパクリ屋』

■ 『スパマー 早川えりこ』

■ 『ブラックリスト追加』

■ 『坑夫と現実主義者』

■ 『人気リンクを狙え!』

■ 『犯罪者 エロ松永』

■ 『タリアセン夫人をパクる』

■ 『世界一愚かな現実主義者』

■ 『中国情報ジャーナル スパマー fukachina』

■ 『ヴァイアグラスパマー』

■ 『村上春樹と現実主義者』

■ 『スパム女王 ノーマ』

■ 『ビットコイン・リファラスパマー』

■ 『ワールド・スパマー』

■ 『愚かな現実主義者@注目の的』

■ 『ATBコインスパマー』

■ 『迷惑スパマー 早川えりこ』

■ 『自殺と現実主義者』

■ 『樋口一葉と現実主義者』

■ 『悪徳スパマー 早川えりこ』

■ 『犯罪者 悪徳エロ松永』

■ 『美尻ビーナスをパクる』

■ 『スティーブ・ジョッブズと現実主義者』

■ 『悪質スパマー 早川えりこ』

■ 『めれちゃんと現実主義者』

■ 『悪徳エロ松永 犯罪者』

■ 『エロ犯罪者に注目』

■ 『早川えりこ 悪徳スパマー』

■ 『パクリ屋 ネット犯罪 エロ松永』

■ 『リファラスパマー Alexa』

■ 『マーフィーの法則と現実主義者』

■ 『悪徳ページスパマー』

■ 『Badbotスパマー』

■ 『愚かなパクリブロガー』

■ 『馬鹿の見本が読まれる』

■ 『現実主義者とDNA』

■ 『悪徳つぶちゃん再起』

■ 『現実主義者と学歴社会』

■ 『現実主義者と第2の人生』

■ 『ネチケットを知りません』

■ 『パクリブロガー撲滅!』

■ 『Kibsoilsスパマー』


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)